縄跳びダイエット 短期間。 なわとびダイエットの効果が凄いの!?短期間で痩せたい人必見!

縄跳びダイエットのメニューや時間と消費カロリー!口コミは?

縄跳びダイエット 短期間

「短期間で痩せられる効果的な運動は?」 「自宅で簡単にできる運動は?」 「でも筋トレは続ける自信がない。 」よくこんな声を聴くんですよね。 私はこういう友人には 縄跳びをすすめています。 なぜ、縄跳びをすすめるかというと 縄跳びダイエットは脂肪燃焼に非常に効果的で長期間継続して行える簡単な運動なのです。 かつてボクシングジムに通っていた私も、 多くのボクサーが減量のために縄跳びを飛んでいる様子を見ました。 彼らの中には2週間で10kgもの減量をして試合に臨む選手もいました。 もちろんボクサーの減量とダイエットは別物ですが、「脂肪をそぎ落として筋肉を残す」という目的は同じです。 それでは、自宅で簡単にできる縄跳びダイエットのやり方や口コミを紹介していきます。 天気にも季節にも左右されない自宅トレで、数々の運動に挫折したあなたでも絶対に続けられる! >> 縄跳びダイエットの効果とは? 縄跳びダイエットの効果について解説していきます。 脂肪燃焼に最も適した運動! 数年前までは、ダイエットの代名詞といえばウォーキングでした。 それもゆっくりひたすら長い時間を 歩けば歩くほど脂肪は燃焼されると思われていました。 しかし、 有酸素運動で脂肪燃焼するには心拍数が非常に重要だということが分かってきました。 従来のほぼ平脈に近い超低負荷の有酸素運動より、 1分間に100回程度の心拍数の有酸素運動が脂肪燃焼には効果的だったのです! 1分間に100回といえば、 結構な早歩きや、若干息が切れる速度のランニングのイメージであり、 縄跳びの負荷であればちょうど脂肪燃焼に理想的な心拍数で運動することができるのです。 憧れの引き締まった下半身をゲットできる! 縄跳びダイエットは女性に非常におすすめです。 その理由は、縄跳びの 下半身引き締め効果にあります。 ジャンプすることは、歩くことや走ることよりも負荷のかかる運動ですが 縄跳びなら無理なく低負荷高回数のジャンプ運動をすることができます。 徐々にふくらはぎから太ももが引き締まっていくことが実感できるはずです。 基礎代謝アップで痩せやすいカラダになれちゃう 縄跳びを継続することで、脚力、体幹の筋力もついていきます。 全身の筋肉の維持活動に基礎代謝の多くは費やされるので 筋力がつくことでカロリー消費量も自然にアップし、 痩せやすいカラダになることができます。 また、ジャンプすることで内臓が揺られるため、 内臓機能の活性化も期待できるのです! 驚きの口コミも!! その他にも、口コミをみていくと 「 縄跳びダイエットで食欲が減った」という驚きの口コミが多数みられました。 科学的にも早稲田大学の研究チームにより、 縄跳びの上下運動で腸が混乱することで食欲を司るホルモンの分泌が減退するという結論が出されています。 ちょっと小腹が空いたときに縄跳びをやるといいかもしれませんね。 」と身支度を始めたと思います。 肝心なことを言い忘れていました。 縄飛びは、要りません! エア縄跳びで十分です。 エア縄跳びのススメ! 縄跳びをおススメする理由は何といっても自宅でできること。 「雨ニモ負ケズ、風ニモ負ケズ」いつでもできちゃいます。 とはいえ 「ウチではそんなスペース無い」って人もいると思います。 でも、実際の縄跳びを使用しないエア縄跳びなら半帖のスペースがあれば、自宅でできます。 そのため エア縄跳びは最強の自宅トレなのです。 簡単エア縄跳びメニュー まず縄はないものの 手は縄跳びがある前提で動かしましょう。 物足りない方は「エア縄跳び」という エア縄跳び専用の商品まで売られているので購入するといいでしょう。 時間は1回3分間を、1分程度の休憩をはさみながら3回行いましょう。 週に1回10回やるより、 週に3回3回ずつやる方が効果的ですので、なるべく 週に3回以上を目指しましょう。 基本のとび方~ボクサー飛び~ まず最初にマスターしてもらいたいのはボクサー飛びです。 ボクサーが飛ぶ飛び方ですが、やり方はいたって簡単。 片足2回ずつ飛ぶだけです。 ケンケンを2回ずつ足を入れ替えるイメージですね。 慣れてくると両足飛びより楽に3分間続けられるようになります。 ちょっとステップアップ~走り飛び~ 次もボクサーが行う飛び方ですが、今度は片足ずつ交互に飛びます。 ポイントは、 地面につかない足のももを大きく上げること。 慣れてきたら、飛ぶスピードも走るぐらいの速度まで上げます。 これを、1で紹介したボクサー飛び3分間のうち45秒経過から15秒間、1分45秒経過から15秒間、2分45秒経過から15秒間、つまり 毎分ラスト15秒間行いましょう。 走り飛びで一時的に心拍数があがるのでインターバルトレーニングの効果も得られるようになります。 まとめ エア縄跳びダイエットについて紹介してきましたが、非常に取り組みやすいダイエット方法であることがご理解いただけたかと思います。 ダイエット方法は数多存在しますが、 1ヶ月で10kg痩せてその後リバウンドしちゃうダイエットより、 1ヶ月で2kgしか落ちないけど継続できるダイエットの方が絶対にいいです。

次の

下半身痩せに効果大!縄跳びダイエットのやり方と要注意ポイント | 女性の美学

縄跳びダイエット 短期間

エア縄跳びダイエットは足と二の腕痩せに効果抜群! エア縄跳びは、ウォーキング、ジョギングと同じく有酸素運動なので、跳ぶことによって脂肪を燃焼するのに効果的。 ピョンピョン跳ねる動作では下半身の筋肉をたくさん酷使します。 縄跳びの動きが鍛えてくれる筋肉は、全身の広範囲に及びます。 跳び方を工夫すれば、 足や二の腕痩せなどのパーツやせ効果も期待できます。 なわなしなわとびなら、いつでも、どこでも、運動が苦手でも簡単に行えます。 ジャンプの種類も沢山あるので飽きずにチャレンジできます。 腹部から脚部にかけての下半身を鍛える効果! お腹 太もも ふくらはぎ といった、腹部から脚部にかけての下半身の大きな筋肉は、ジャンプによって効率的に鍛えることができます。 ふくらはぎの筋肉が発達すれば脚の血流も促されますから、冷えが緩和されて基礎代謝も上がるでしょう。 カロリーを消費しやすい体質になり、下半身のむっちり具合を解消させられます。 ブヨブヨの二の腕を改善したい人におすすめ! 下半身のシェイプアップ効果ばかりが注目されがちですが、 エア縄跳びは二の腕をシェイプさせる効果も持っています。 縄跳びをする動作をエアで真似するわけですから、拳を握って肘を軽く曲げ、それをくるくる回しながら飛びます。 脚と二の腕を動かす有酸素運動により、二の腕も同時に鍛えることができます。 エア縄跳び用のグリップを握ってエア縄跳びをすれば、二の腕痩せの効果もさらに高められます。 二の腕のみならず、縄を回す動きで肩や腕回り、手首の筋肉を鍛えることができるのです。 このように下半身痩せだけでなく、ぽっこりお腹やぷよぷよ二の腕も引き締めることができる。 それが、縄跳びダイエットの大きなメリットです。 基礎代謝量もアップ 筋肉が鍛えられると、脂肪燃焼効率が良くなり、基礎代謝量もアップします。 基礎代謝とは、じっとしている間に消費できるカロリーのことです。 基礎代謝量が多い人は、ただ座っている間も、寝ている間も、効率よくカロリーを消費し続けることができます。 筋肉をつけることで、じっとしていても痩せやすく太りにくい身体になるのです。 1回3分!エア縄跳びダイエットで5kg痩せ実践方法! 基本は、なわとびと一緒です。 腕もしっかり回すエアなわとびの基本は、ずばり通常のなわとびと一緒! ジャンプしたときにしっかり膝を曲げて着地の衝撃を吸収するのはもちろん、腕もなわとびを回しているかのようにしっかりと振ることが大切です。 また「家の中でジャンプをするのが気になる…」という方は、ヨガマットなどを活用すると衝撃が吸収されて足への負担が少なく、着地の際の音も響きにくくなります。 まずは3分間、この基本を実践してみてくださいね。 Sponsored Link エア縄跳びのやり方!応用編 くびれには「下半身ツイスト」が効く! <動画>エアなわとびダイエット くびれを作りたいなら、基本のエアなわとびに下半身にツイストの動きをプラスしたものが最適! なるべく上半身を動かさず、下半身だけで体をひねるのがポイントです。 両ひざをそろえ、1分間続けてみてくださいね。 スリムな下半身は「ケンケン」でつくる! <動画>エアなわとびダイエット「ケンケン」 ふくらはぎや太ももといった足痩せに効果絶大なのは、ケンケンの動きを追加すること! なお ケンケンするときは、ひざを90度に曲げてしっかり腰の高さまで上げることがポイント!片足ケンケン8回ずつを1分間続けて行います。 ほっそり二の腕は「アーム」で強化! <動画>エアなわとびダイエット「アーム」 ノースリーブが似合うほっそり二の腕は、エアなわとびの「アーム」という方法を使って強化してみましょう! 両腕を前横、後ろの順番で大きく伸ばし、肩からしっかり回して二の腕の筋肉を使うことが効果を上げるポイント! 1分間しっかり腕の付け根や肩を意識しながら回してみてくださいね。 エア縄跳びダイエットの注意点 手軽&簡単にできるエア縄跳びですが、以下の点に注意しましょう。 大きく飛び跳ねない ジャンプは小さくても十分に効果は期待できます。 大きく飛び跳ねると膝や腰への負担が大きくなり、怪我を招くことがあります。 騒音を注意する 天気を選ばずに室内で気軽にできるのが魅力ですが、マンションやアパート等にお住まいの場合は、 防音用のマットを敷くなど、周囲への騒音にはしっかりと配慮するようにしましょう。 バストの揺れ予防する 室内で人目を気にせずにできるエア縄跳びですが、ノーブラやサポート力の弱いブラで行うとバストは上下に揺れ、下垂につながってしまいます。 ジョギング用のスポーツブラなど、運動時に適切なブラジャーを着用しましょう。 まとめ エアなわとびで夏までに完璧ボディに、エアなわとびを活用すれば、夏までに理想のボディラインが作れるはずです。 お天気や気温に左右されず、自分のペースで続けられるエア縄跳びで、有酸素運動効果を実感してみてはいかがでしょうか。 ぜひ3分間の基本編と1分間の応用編を組み合わせて、毎日続けて実践してみてくださいね。

次の

縄跳びダイエットの効果が出る期間と継続のコツ

縄跳びダイエット 短期間

気温が上がり、薄着になる機会が増えてくると、気になりだすのが自分の身体のラインです。 「ぽっこりしたお腹を引っ込めたい」• 「どっしり下半身を細くしたい」• 「ぷよぷよの二の腕を引き締めたい」 「でも、ジムに通う時間や気力はないし……」とお悩みの、あなた。 忙しいあなたにおすすめの運動、それが「縄跳びダイエット」です。 縄跳びダイエットは、 1日10分からチャレンジできて、気になる全身の脂肪を燃やし、筋肉を引き締めることができる、運動によるダイエット法。 ただし、簡単にできて引き締め効果も大きい分、やり方を間違えてしまうと「胸が小さくなる」「足を傷める」などの弊害を引き起こす可能性があるので、注意も必要なのです。 そこで今回は、 縄跳びダイエットの効果的なやり方や、注意すべきポイントを解説します。 正しいやり方を学んで、効率的にエクササイズしていきましょう! この記事の目次• 【1】さまざまな効果が嬉しい!縄跳びダイエットのメリット 縄跳びダイエットには、数々のメリットがあります。 低コストで気軽に始められる 縄跳びダイエットは、とても気軽に始められます。 必要な道具は• 縄跳び用の縄 たったこれだけ!縄跳び用の縄は、最近では100円ショップでも売っていますから、思い立ったらすぐ手に入れることができますよね。 価格も安く、スポーツショップで専用のものを買ったとしても数百円〜数千円程度です。 基本的に長持ちしますから、頻繁に買い替える必要もありません。 そして、広い場所も必要ありません。 公園や広場だけでなく、• 家の前の空きスペース• 駐車場 など、タタミ1畳程度のスペースがあればチャレンジすることができます。 1日10分からでOK!短時間でできる 縄跳びダイエットのメリットは、時間の短さにもあります。 縄跳びにつきもののジャンプの動きは、全身の筋肉を使って行う全身運動です。 これを繰り返す縄跳びダイエットは、比較的 たくさんのカロリーを短時間で消費することができるのです。 具体的な消費カロリーは年齢や体型によって異なりますが、縄跳びで消費されるカロリーは、同じ時間のジョギングやウォーキングに比べて「1. 3〜2倍」程度。 有酸素運動の中でも、非常にカロリー消費効率が高い運動なのです。 また通常、有酸素運動によって身体が体脂肪を燃焼し始めるのには、20分間ほどその運動を続ける必要があります。 縄跳びダイエットでもこれは同じですが、 縄跳びを始める前に筋トレ、ストレッチなどのウォーミングアップをしっかり行うことで、1日10分程度の縄跳びでもカロリーを消費することが充分可能になります。 短時間で効果が出るので、忙しい人にもピッタリですね。 有酸素運動・筋トレ効果で効率的に脂肪燃焼 縄跳びは、ウォーキングやジョギングと同じ、有酸素運動です。 有酸素運動では、脂肪を燃やすのに必要な酸素を常に取り込みながら運動できるため、身体がぐんぐん脂肪を燃やします。 だから、ダイエットには有酸素運動が推奨されているのです。 さらに、縄跳びダイエットの良いところは、単なる有酸素運動にとどまらず、 全身の筋肉を刺激し、鍛えられるところにあります。 縄跳びの動きが鍛えてくれる筋肉は、全身の広範囲に及びます。 中でも、• 太もも• ふくらはぎ といった、腹部から脚部にかけての下半身の大きな筋肉は、ジャンプによって効率的に鍛えることができます。 さらに、• 二の腕• 手首 など、肩や腕回りの筋肉も、縄を回す動きで鍛えることができるのです。 下半身痩せだけでなく、ぽっこりお腹やぷよぷよ二の腕も引き締めることができる。 それが、縄跳びダイエットの大きなメリットです。 筋肉が鍛えられると、脂肪燃焼効率が良くなり、基礎代謝量もアップします。 基礎代謝とは、じっとしている間に消費できるカロリーのことです。 基礎代謝量が多い人は、ただ座っている間も、寝ている間も、効率よくカロリーを消費し続けることができます。 筋肉をつけることで、じっとしていても痩せやすく太りにくい身体になるのです。 血行・新陳代謝がよくなり、むくみを改善 縄跳びのジャンプの動きで全身の筋肉が刺激されると、血流やリンパも刺激され、スムーズに流れるようになります。 血行やリンパの流れが促進されると、老廃物や毒素がどんどん排出されて、身体に必要な栄養素はぐんぐん取り込めるようになります。 このことにより、 お肌の調子が良くなったり、気になるむくみが改善される効果もあるんです。 ストレス解消・気分転換になる 適度な運動は、ストレス解消にも役立ちます。 とくに縄跳びは すぐに始められて短時間で終わるため、「ちょっと気分転換したいな」というときにもってこいです。 縄跳びの動きは、同じリズムで同じ動きを繰り返す「リズム運動」の一種ですよね。 人は、リズムを刻む動きをすると、 ストレスが緩和され、集中力がアップします。 ガムを噛んだり、ウォーキングしたりするのと同じように、縄跳びのリズムでストレスを緩和してみましょう。 持久力・眠りの質など暮らしに良い変化をもたらす 縄跳びダイエットは、最初は意外とキツいかもしれません。 縄跳びは、見た目以上にハードな運動なので、数分も経たないうちにギブアップしてしまう人も多いはず……。 でも、安心してください!続けていくうちにだんだんと長く、疲れずに跳べるようになってきます。 これは、 縄跳びによって心肺機能が向上し、持久力が身についた証拠です。 縄跳びダイエットを取り入れることで、疲れにくく動きやすい身体を手に入れることができるのです。 また、ジャンプの動きは心地よい疲労感をもたらします。 縄跳びを行った日は、運動していない日に比べ、ぐっすりとよく眠れるでしょう。 縄跳びで筋肉を動かし、汗を流し、気持ちよく眠ることで、スッキリと目覚めて爽やかな朝を迎えることもできそうですね。 【2】要注意!縄跳びダイエットのデメリット メリットの大きい縄跳びダイエット。 でも冒頭でもお伝えしたとおり、デメリットや、間違ったやり方による怪我のリスクも無視できません。 次に、気をつけるべきデメリットなどを見ていきましょう。 関節などへの負担が大きい 縄跳びダイエットで最も気をつけなくてはいけないのが、怪我のリスクです。 ジャンプして着地する瞬間には、全身の体重が一気に足に負担をかけます。 とくに、• 足首 といった部位や、身体の関節部分への負担は、できるだけ軽減する必要があります。 場所の確保が必要 縄跳びは、前述のとおりタタミ1畳ほどのスペースがあればできますが、広さよりも性質により、できる場所は限られてきます。 具体的には、• 人の多い場所 などでは、 危険であったり周囲の住民に迷惑であったりするため、縄跳びダイエットを行うのは難しいでしょう。 そして、 夜間は音にも注意が必要です。 縄跳びの音は、静かな場所では意外と響くものです。 女性の場合はあまりないかもしれませんが、夜中に外で行う場合などにはとくに場所が問題になってきます。 胸が「小さくなる」「垂れる」ことがある 女性の場合、縄跳びダイエットをして「バストが小さくなった」「胸が垂れてしまった」という声が聞かれるケースがあります。 これは、縄跳びのジャンプの動きで胸が大きく上下に揺れたとき、• 胸の肉を支えている靭帯• 毛細血管 などを傷つけたり、切ったりしてしまうことがあるためなのです。 バストを持ち上げて支えている靭帯は、一度切れてしまうと元には戻りません。 そのため、 縄跳びダイエットをする際には必ず、スポーツブラやさらしなどでバストをしっかりホールドする必要があります。 これは、縄跳びだけでなく、ジョギングなど上下運動を含む全てのスポーツに共通の注意点です。 運動する際には、女性は注意しましょう。 【3】これで安心!縄跳びダイエットの正しいやり方 これらのメリット・デメリットをしっかり踏まえた上で、 縄跳びダイエットを安全に、そして最も効率的に行うためのポイントを見ていきましょう! ポイント1:1日10〜20分、毎日続ける 縄跳びダイエットで効果をあげるには、時間を長くすることよりも、続けることが大切です。 できれば毎日行うことを目標にします。 ただ、初心者は筋肉痛にもなりやすく、無理をするのは怪我のもと。 慣れるまでは「週3日」「1日おき」など、とにかく期間をあけすぎず、こまめに続けることを意識しましょう。 1回の時間は、10〜20分が適切です。 長く続けすぎても身体に大きな負担がかかってしまいます。 プロのアスリートでもない限り、これで充分な運動量と言えます。 きついと感じたら、「(1)跳び続ける時間」を短くするか、「(2)休憩時間」を長くとりましょう。 このペースに慣れてきたら、「(1)跳び続ける時間」を3分、5分……と延ばしていったり、繰り返す回数を増やしたりして、運動量を上げてみてくださいね。 ポイント2:準備体操・クールダウンは念入りに行う 縄跳びダイエットでは、他の有酸素運動に比べ、関節への負担がどうしても大きなものになります。 怪我のリスクを軽減するには、• 準備運動• ストレッチ• クールダウン• マッサージ これらを念入りに行うことが重要です。 縄跳び運動を始める前には、準備体操やストレッチを必ず行いましょう。 また、さらに脂肪燃焼効果をアップしたいなら、縄跳びを始める前に20分ほどかけて筋トレやウォーキングを行い、身体をあたためるのもおすすめです。 たとえば公園で縄跳びをするのであれば、玄関から公園まで軽くランニングして行くとちょうど良い運動になりますよ! そして、運動を終えた後も油断は禁物。 縄跳びのあとは、身体をしっかりクールダウンさせましょう。 ストレッチしたり、疲れた足やふくらはぎの筋肉をマッサージするなど、アフターケアを忘れないようにしてください。 ポイント3:足腰に負担をかけないように注意する 繰り返し書いているとおり、縄跳びのジャンプの動きは、足や腰に大きな負担をかけます。 その 負担をやわらげるための工夫として、• コンクリートなど固い地面の上は避ける• 芝生や土の上で行う• クッション性の高い運動靴を履く など、ちょっとしたことを心がけることも、とても大切です。 痩せよう、身体を鍛えようとして始めた運動で、怪我をしてしまっては悔しいですよね。 できるだけ足腰への負担を軽くするよう、意識していきましょう。 ポイント4:迷惑をかけない安全な場所で行う 縄跳びを行う際には、場所選びや時間帯に注意が必要です。 場所・時間選びのポイントは、• 周囲(縄がぶつかる可能性のある範囲)に人がいないこと• 車など傷つけてはいけないものが近くにないこと• コンクリートなど固い地面の上でないこと• 夜間など音が迷惑になる時間帯でないこと この3つ。 これらを踏まえて、縄跳びをする場所や時間を選びましょう。 向いているのは、• 玄関前など空いているスペース• 自宅の庭• グラウンド• 駐車場 などで、迷惑がかからない場所です。 芝生や土の上など、柔らかい地面があるところだとベストです。 ポイント5:跳びやすい道具をチョイスする 縄跳びの縄は、個人によって「跳びやすい重さ・長さ」が異なります。 重さについては、一般的には「少し重みがある方が跳びやすい」とされますが、中には「軽い方が負担がなくて続けやすい」という人もいるようです。 ちなみに、100円ショップで売っているものは非常に軽いことが多く、逆にスポーツショップなどに置いてある本格仕様のものは少し重めのものが多いです。 実際お店で持ってみて、比べてみると良いでしょう。 また、長さについては、ほとんどの縄跳びがロープの部分を切って調節することができます。 自分にとって跳びやすい、適切な長さを知る方法は、意外と簡単。 まず、両手でグリップ部分を持ちます。 次に、片足でロープ部分の中心を踏んで押さえます。 この状態でロープの両端が「肩と胸の中間」くらいに来るのが、ちょうどいい長さです。 長さや重さが自分に合うものを選ぶと、跳びやすさがグンと変わりますので、試してみてください。 ポイント6:さらに効果アップのポイント 縄跳びダイエットに慣れてきた際には、次のようなポイントに気をつけて跳ぶと効果がさらにアップします。 胸を張って顎を引き、目線は正面を見て跳ぶ• 膝を少し曲げ、つま先で跳ぶ(踵をつけない)• ロープを大きく回さず、なるべく小さく跳ぶ こうしたポイントを意識することで、 効率的に脂肪を燃やしながらも、疲れにくく長く跳び続けることができるようになります。 また、 脂肪燃焼効果をアップしたい、お腹を引っ込めたい、という場合には、• お腹をヘコませた状態で跳ぶ• サウナスーツを着用する といった方法もあります。

次の