腎盂炎 原因。 腎盂腎炎

腎盂腎炎の原因・メカニズム [腎臓・膀胱・尿管・尿道の病気] All About

腎盂炎 原因

糖尿病の人 は 血糖値を下げる インスリンという ホルモンが不足しているか十分作用しないために、血糖値を正常に保つことができず、 高血糖の状態が続く病気です。 高血糖が続くと身体にさまざまな影響を及ぼします。 その影響の1つに免疫力の低下があります。 免疫力が低下しているために感染症が起こりやすく、感染した後も治りにくくなります。 そのため重症化して敗血症を起こす危険性が高くなります。 の人で血糖値のコントロールが悪い場合は、敗血症になる危険性が高くなっています。 食事療法や運動療法、薬物療法を見直して血糖値を適切な値にコントロールすることが敗血症対策として最も重要です。 についてさらに詳しく知りたい人は「」を参考にしてください。 肝硬変の人 とはやアルコール性肝炎などが長期間続いて肝臓が壊れ、 線維化した状態のことです。 の人は免疫機能が低下していることが知られています。 このため、健康な人なら問題にならない感染症でも敗血症になりやすいことが知られています。 特に、の人が腸炎ビブリオという細菌に感染すると重症化しやすいことが分かっているので特に注意が必要です。 腸炎ビブリオは海水中に生息しており、汚染された魚介類を生で食べると感染が起こるので、避けたほうがよい状況があります。 ただし、生魚を避けるべき状況については明確な線引はないのでお医者さんに相談してみてください。 生魚を避けるように言われた場合は加熱した調理法で摂取することが勧められます。 がん治療中の人 がん治療を行っている人は免疫力が低下していることが多いです。 また、がんの影響でもともと免疫機能が低下していることが多いところに、 抗がん剤治療や 放射線治療を行うとさらに免疫機能が低下してしまい、感染症にかかりやすく重症化しやすくなっています。 特に、 好中球という 白血球の一種が少ないときに起こる「発熱性」は細心の注意が必要です。 外来を受診したときには「検査時の好中球の値」と「好中球が低下する時期」をお医者さんに必ず聞いておいて、発熱したときの対応についても確認しておいてください。 「好中球が低下する時期」に発熱した場合は「発熱性」である可能性が高く、すみやかに抗菌薬治療が行なわれなければならないからです。 また、がん治療中の人は日常から手洗いやうがいなどを行い感染予防に努めることも大切です。 手術後の人 手術後にも感染が起こりやすく注意が必要です。 手術は身体に大きな負担がかかり、免疫機能も低下していることが予想されるからです。 また、手術によってできた傷口は皮膚のバリア機能がなくなっているので、感染が起こりやすいですし、傷の痛みのために横になることが多いとにかかりやすいことも知られています。 傷口の感染は自分で防ぐことは難しいですが、早く気付くことはできます。 傷口が赤くなったり痛みが増してきたりした場合は感染が起こった可能性があります。 傷口の処置を受けているときに見た目の変化や痛みの変化についてお医者さんに相談してみてください。 また、の予防はできるだけベッドから離れて身体を動かすことが有効です。 手術した直後は特に傷が傷んでベッドにいがちになってしまいます。 痛み止めなどを上手に使って、なるべく身体を動かせるような取り組みをしてみてください。 人工物が埋め込まれている人 身体の中に人工物を埋め込まれている人は感染が起こりやすく、感染した後も重症化しやすいことが知られています。 主に人工物は病気や怪我の治療で埋め込むことが多いです。 人工物の具体例としてはに対する「人工心臓弁」や関節の異常に対する「人工関節」などです。 人工物が身体の中にあると細菌が繁殖しやすいことに加えて、一度感染が起こると抗菌薬だけの治療では治すことが難しくなります。 人工物が感染を起こした場合には手術によって人工物を取り出して交換することも検討されなければなりません。 とはいえ、生きていく上で人工物は必要なものなので、上手に付き合っていくしかありません。 手洗いうがいなどの一般的な感染予防に加えて、人工物に感染が起きた場合の徴候について知っておくと早期に発見できて手術をせずに治すことにもつながるかもしれません。 かかりつけのお医者さんから感染が疑われる徴候について正しい知識を得ておいてください。

次の

腎盂腎炎について

腎盂炎 原因

腎盂炎の症状!女性の場合は? そもそもが腎盂炎ってなに?という話なのですが、 分かりやすく言うと、腎臓の中心にある腎盂(じんう)という部位が、 細菌の侵入によって炎症を起こすことです。 膀胱炎や風邪と間違われることが多く、その症状も一部はよく似ています。 膀胱炎が悪化して腎盂炎になることも多いので、 膀胱炎+風邪のような症状が出ることが多いです。 急性の腎盂炎と慢性の腎盂炎がありますが、名前の通り一時的なものと何らかの理由で繰り返すものとがあります。 腎盂炎の症状としては以下のようなものが挙げられます。 吐き気• 倦怠感• 発熱(38度以上)• わき腹・背中、腰の痛み• 残尿・頻尿・血尿・白濁尿など排尿時の痛みや違和感• 女性の腎盂炎 さて、ここでひとつ覚えておいて欲しいのが、女性の腎盂炎は男性のそれと比べて少しばかり異なる点があります。 そもそも 膀胱炎も腎盂炎も女性の方がかかりやすいのです。 先ほども申しあげたように、腎盂炎は膀胱炎が悪化してなるケースも多いので、症状としても重症化する場合も多いのですね。 上記の症状に加えて、 むくみや貧血・高血圧などが伴うケースもあります。 妊娠中にかかりやすかったり、性行為で発症しやすかったりするのも女性の腎盂炎の特徴といえます。 Sponsored Links 腎盂炎の検査方法は? 続いて腎盂炎はどんな検査で分かるのかご紹介していきます。 基本的にまずは問診からはじまりますよね。 問診や症状で分かる範囲で言うと、 発熱が決め手になることが多いようです。 ただこれだけではなかなか断定できないうえに、風邪や膀胱炎の症状が出ることもありますからしっかりと検査をして判断したほうが安心です。 腎盂炎の検査方法はいくつかありますので、それぞれ解説していきます。 尿検査 最も簡単かつ欠かせないのがこの尿検査です。 血尿・白濁尿であればこの段階で異常に気付きますし、尿を調べれば細菌が入り込んでいるかもわかります。 細菌が見つかれば風邪の可能性は低く、膀胱・腎臓に異常があることがはっきりと分かりますね。 さらに尿の培養検査というものもあり、その名の通り尿を培養して検査します。 ただの尿検査と何が違うのかというと、排泄時の尿道などに付着している細菌なのか、体内の細菌なのかを判別することができるのです。 血液検査・血清反応検査 尿検査では十分な判断ができない場合や疑わしい場合には血液検査がおこなわれます。 医師によっては同時に行う場合もあるので、血液検査をされたからといって何か不安がることはありませんよ。 スポンサードリンク 血液検査では主に 白血球・赤沈・C反応性蛋白の数値をチェックします。 その際に他の数値にも異常がないかチェックしておき、確実に腎盂炎かどうかを確認します。 超音波検査・X線検査・CT検査 ほかの検査とあわせて行われることが多いですが、省略する場合も多いです。 (特に女性だとあまりやらないことも) 尿路結石や腎臓に異常がないか・腎臓の大きさなどをチェックします。 逆流しているかどうかを確認する際には造影剤を使って検査をします。 私の母の場合 上で挙げたすべての検査を行い、異常が出たのは血液検査。 「こんな高い数値が出るのはおかしい!」と言いながらも、原因を突き止めることができなかったお医者様。 そして他のお医者様でも「腎盂炎」だと診断が出るまでに相当な時間がかかった理由はなぜだったのでしょう。 私なりに考えた最大の原因は、 「高齢者」だったからだと思います。 上でもお話ししたように、高齢者の場合は発熱しないことがあります。 「こんな異常な数値が出ている場合、ものすごく高熱が出ているはずなのに・・・」とお医者様はつぶやいていらっしゃいました。 そうなんです。 母は75歳で高齢だったので、熱は出ず、意外と元気な状態だったのです。 とは言え、高齢者ということを考慮すると「発熱しない」ということもお医者さまならもちろんご承知だと思いますので、 本来ならもう少し早い診断をお願いしたいところですが。 Sponsored Links 腎盂炎はどんな治療をするの?入院は必要? 腎盂炎になった場合には、どのような治療をするのでしょうか? 原因が何であるかにもよりますが、一般的には 安静と排尿が最も初歩の治療法です。 それに、 抗生物質や菌を殺す薬を飲んでいって、慢性化を防ぐのです。 細かいところでいうと、 陰部を清潔に保つ・体を温める・尿を我慢しないなどがあります。 それを踏まえて、いくつかのポイントと入院について詳しく解説していきましょう。 安静と排尿 まず腎盂炎の場合にはしっかりと睡眠と休養をとり、規則正しい生活を送りましょう。 食事もしっかりと3食食べて、バランスよくすると尚良いです。 そして水分を良く摂り、しっかりと排泄することで菌を追い出していくのですね。 薬での治療 抗生物質や菌を殺す抗菌薬によって治療を進めていきます。 細菌を殺したり増殖を防いだりすることで、排泄時の痛みを軽減したり治りを早めることができるんですね。 飲み薬の場合と 点滴の場合があります。 慢性化・他の異常がある場合 慢性化していたり、腎盂炎に細菌以外の原因があったり、ほかの疾患も併発している場合にはそちらの治療から、もしくは同時に治療を進めていきます。 入院について 腎盂炎は基本的には自宅療養で問題ありませんが、乳幼児や高齢者の発症の場合には、数日入院して様子見を勧められる場合もあります。 さらに重症化すると入院して、点滴で抗生物質・抗菌薬・水分補給などをする場合も多いです。 通常自宅療養であれば1週間~2週間程度で良くなりますので、それ以上続くようであれば、入院や再検査をしておいたほうが良いでしょう。 私の母の場合 上でもお話ししたように、発症して2~3日はグッタリとしていましたが、それ以降は意外と元気な様子だったため 入院はせず、自宅療養になりましたが、毎日通院して点滴を打っていました。 腎盂炎の診断は意外と難しいのかも 腎盂炎は、放置して悪化しつづけると腎盂不全など取り返しのつかないことに発展してしまうこともあります。 もちろん腎盂炎以外の疾患である可能性も高く、発熱や背中・腰の激痛で診断される場合が多いものの、 類似した疾患が多いのも事実です。 細かな症状もしっかりと把握し、お医者様に伝えることが大切なのかな.. と今回改めて感じました。 サイト内検索 この記事が人気です• 20,024件のビュー• 14,930件のビュー• 12,364件のビュー• 8,797件のビュー• 8,695件のビュー• 8,214件のビュー• 6,609件のビュー• 5,120件のビュー• 4,859件のビュー• 4,380件のビュー カテゴリー• 最近の投稿•

次の

腎盂腎炎

腎盂炎 原因

症状 急性と慢性で症状は大きく異なります。 急性腎盂腎炎 非常に強い炎症反応が生じ、高熱や悪寒、強い腰痛などが生じます。 早期に適切な治療を行わなければ、に至ることもまれではありません。 また、結石や腫瘍が誘因となっている場合には、尿の量が少なくなったり、血尿がみられたりすることもあります。 多くは適切な治療で治り、急性にならないことも特徴のひとつです。 慢性腎盂腎炎 一般的に自覚症状が少ないのが特徴です。 長引くや倦怠感があり、徐々に腎臓の機能が低下することで、尿を濃縮する能力が低下し、夜間の多尿や尿の色が薄くなるなどの症状が現れます。 自覚症状が少ないため気づかれないことも多く、治療せずにいると慢性腎不全に移行することがあります。 検査・診断 腎盂腎炎では、さまざまな検査により診断や治療方針の決定が行われます。 血液検査 炎症反応の程度と腎機能を評価します。 また、が疑われる場合には、血小板や凝固因子などが治療方針を決定するうえで重要な項目となります。 尿検査 尿への細菌や血液の混入、尿中の白血球数などを確認します。 また、尿培養検査にて腎盂腎炎の原因菌を特定することが可能であり、抗菌薬の選択に必須の検査となります。 異形細胞がみつかった場合、などを疑うきっかけとなります。 超音波検査 腎臓は、超音波で観察しやすい臓器です。 超音波検査は簡便に行える画像検査であり、腎盂腎炎のほとんどで行われます。 急性の場合には、腎盂の拡張や尿管の閉塞などを確認することができます。 慢性の場合では、腎臓の萎縮や腎杯の拡張などがみられます。 CT検査 腎機能が正常であれば造影剤を用いたCT検査が行われます。 腎盂拡張の程度やの位置・大きさ、解剖学的異常などを詳しく評価することが可能です。 治療 腎盂腎炎の治療の主体は、抗菌薬の投与です。 原因菌に適した抗菌薬の使用が必要ですが、腎臓に効きやすいペニシリン系やセフェム系、ニューキノロン系などが多く使用されます。 通常は、発症時のみに使用されますが、乳幼児の繰り返す腎盂腎炎には予防的に抗菌薬を長く服用することもあります。 その他、結石の排出を促すために点滴が行われたり、痛みに対して鎮痛剤が使用されたりします。 また、などの重篤な合併症が生じた場合には、全身管理を含めた集中治療が行われます。 慢性腎盂腎炎の場合には、長期の抗菌薬療法が基本となります。 また、解剖学的異常に対しては手術が行われることが多く、慢性に移行した場合には人工透析やが必要となります。

次の