国民 年金 基金 メリット。 国民年金基金とそのメリット、デメリット

国民年金基金とそのメリット、デメリット

国民 年金 基金 メリット

POINT• 国民年金基金は、個人事業主にとっての国民年金の「上乗せ」である• 国民年金基金に加入できるのは、「第1号被保険者」と「任意加入被保険者」• 国民年金基金の掛金は、その「全額」が所得控除の対象となる 会社員と個人事業主では、こんなに年金構造に差がある そもそも会社員と個人事業主の年金額に大きな差が生じる一番の原因は、その年金制度の「構造」にあります。 会社員の場合:「国民年金」+「老齢厚生年金」+「厚生年金基金」 個人事業主の場合:「国民年金」 このように、会社員の場合は国民年金に上乗せする形で老齢厚生年金や厚生年金基金があるため、十分な年金額が確保できるのですが、自営業者の場合は原則として国民年金のみであるため、これが年金額に差が生じる原因となっています。 国民年金基金で、個人事業主の年金を上乗せ 個人事業主の老後の生活を安定させる財源として、小規模企業共済があまりにも有名ですが、こちらはあくまで退職金という位置づけです。 こと年金については、会社員との差が著しいのは前述の通り。 【参考記事】 そこで、個人事業主にも国民年金に上乗せできる年金制度を創設しようという動きが高まり、平成3年に国民年金基金制度が創設されました。 これに個人事業主の方が加入する事で、会社員との年金額の差がなくなり、老後も安心して生活できるようになるのです。 国民年金基金の加入資格について 国民年金基金は個人事業主の年金の上乗せが目的ですので、加入できるのは日本に居住している20歳以上60歳未満の個人事業主、その家族、自由業、学生などの国民年金の「第1号被保険者」と60歳以上65歳未満の「任意加入被保険者」が対象となります。 国民年金基金の2大メリット メリット1:十分な年金額が確保できる 総務省統計局の家計調査によれば、いわゆる年金生活者である高齢者世帯が1ヶ月に必要とする金額はおよそ27万円だそうです。 さて、この金額に対し国民年金のみに加入していた個人事業主夫婦が受け取れる年金額は、およそ3,000万円です。 つまり、なにも対策をとらないと本来必要となる金額のおよそ半分以下の年金しかもらえないことになってしまいます。 そこで、国民年金基金に加入することにより、任意の掛金で年金を積み立てて、残り半分を補うことができるのです。 これにより、個人事業主であっても老後の年金の心配はなくなるでしょう。 メリット2:節税対策になる 国民年金基金に支払う掛金は、その「全額」が社会保険料控除(所得控除)として、所得から控除することができ、その年の「所得税」や「住民税」、「健康保険料」などを節税することができるのです。 確定申告をする際は、毎年11月頃に送付されてくる「社会保険料控除証明書」を申告書に添付するだけ。 なお、国民年金基金の掛金は、月額68,000円の範囲内で選択する事が可能です。 また、1年分の掛金を前払いする事で、0. 1ヶ月分掛金が割引となります。 将来の「年金対策」と目下の「節税対策」を同時に実現できるのが、「国民年金基金」の大きな魅力と言えるでしょう。

次の

国民年金基金のメリットとデメリット

国民 年金 基金 メリット

目次情報• 国民年金基金の概要 国民年金基金とは自営業やフリーで働いている方が老後の生活を安定しておくれるようにするために出来た公的な年金制度です。 下記画像のように、国民年金 老齢基礎年金)部分については自営業だろうが、サラリーマンだろうが、公務員だろうが同じです。 しかしながら、サラリーマンの場合には厚生年金、公務員の場合には共済など老齢基礎年金部分に上乗せ(いわゆる2階建て部分)される年金制度(厚生年金や共済年金 が有ります。 出展: ちょっと、画像が小さくて申し訳ないのですが平成26年4月以降に加入した人の場合は予定利率は1. 昔の人は良いね! すると、自営業やフリーランスの方は1階部分の国民年金 老齢基礎年金)しか受給できないのか?というとそういうわけではなく、じゃあそういう人達のための2階建て部分の年金制度を作りましょうか。 ということで出来たのが 国民年金基金です。 国民年金基金は国民年金(老齢基礎年金)のように強制加入ではなく(保険料を支払う支払わないは別として)、任意加入です。 しかしながら、一旦加入すると脱退する事は基本的に不可とされています。 加入資格が有るのは20歳~60歳未満の自営業やフリーランスで活躍する国民年金の第1号被保険者もしくは国民年金に任意加入している60歳~65歳未満の方だけです。 国民年金の第2号被保険者(主にサラリーマン)、第3号被保険者の方は加入ができません。 更に、加入の要件としては1階部分の国民年金を支払っている必要があります。 各種税制面でも優遇された国民年金基金を使うなら大元になる年金部分を支払って下さいと言うことですね。 なお、国民年金保険料の免除を受けている方も国民年金基金に加入することは出来ませんので注意が必要です。 給付のタイプ 国民年金基金は終身年金だけの国民年金とは違い幾つもの給付パターンが存在しています。 最初の一口目は終身年金A,B型のどちらかを選ぶ必要があり、その後は確定年金の金額が終身年金を上回らない範囲で自由に選択することが可能です。 なお、 終身年金は死ぬまで年金が貰える制度で、確定年金は有期で年金が貰える制度だと考えて下さい。 また保証付のタイプを選んだ場合には保証期間内に本人が無くなってしまった場合に遺族に一時金が支給される一時金制度が有ります。 例えば終身年金A型だけを選択していた場合で、65歳に支給を受けて70歳に亡くなってしまった場合には残り10年分の年金原資が一時金として支払われます。 終身年金B型だけを選択していた場合には、同様に70歳で亡くなってしまっても、遺族一時金は支払われません(実際には1万円だけ支払われます。 ) また、支給開始年齢に達する前に例えば50歳や55歳などの保険料納付期間中に亡くなってしまった場合でも遺族一時金は支払われます(終身年金B型はこの場合でも1万円 掛金及び年金受給金額について 掛金は加入時の年齢や加入口数、性別、給付の型などによって異なりますが、概ね年齢が若ければ若いほど安くで加入できます。 女性は男性よりも統計的に平均寿命が長いことから男性よりも女性の掛金の方が若干多くなります。 実際に自分の掛金の金額そして想定される年金受給金額を知りたい方は下記を参照して下さい。 これは個人型確定拠出年金 日本版401K)と合わせての掛金の額になります。 国民年金の一部免除、学生納付特例、若年者納付免除などを使用しており、遡って保険料を支払った場合には国民年金基金の保険料を最長5年間、月額102,000円に増額出来る制度が有ります。 なお、基礎年金の付加年金を払っていると基金には加入できません。 付加年金をストップして基金に加入する事になります。 掛金の支払 国民年金はクレジットカードや現金払いも可能でしたが、国民年金基金は口座振替による支払のみです。 1年分の前納をすることにより 0. 1ヶ月分の保険料が割引になるので活用すると良いと思います。 予定利率について 国民年金基金の財政状況が悪かったことも有り、予定利率は年々引き下げられています。 出展:P32より) 国民年金と国民年金基金との違い 最初に説明したように、国民年金は強制加入 保険料の支払は別として であり、国民年金基金は任意加入であるという点が一つ違いとして挙げられます。 そしてもう二つ大きな違いがあります。 一つ目が 国民年金基金は賦課方式ではなく積立方式で有るという事。 現役世代が現在の高齢者の年金をサポートするという制度ではなく、自分で年金の原資を支払ってその部分が自分に返ってくるという制度です。 但し積立方式だから安全というわけでは有りません。 そしてもう一つが 物価スライド制に対応していない事。 つまり国民年金基金は物価の上昇・下落が起こった場合でも最初に決められた名目のお金を貰うに過ぎないということです。 しかしながら、国民年金基金に加入しておけば会社員と同じような感じで手厚い年金を受け取る事が出来るため老後の生活にゆとりを出し、安心感を得ることが出来ます。 掛金を支払う時 具体的には 国民年金基金の掛金は全額社会保険料控除として所得控除されるため、所得税・住民税共に下げることが出来る。 自分が支払った掛金がどれくらい税金を少なくしてくれるかは下記の表にそって計算できる。 意味のないキャッシュアウトを伴う経費の無駄遣いによる節税はその期の税金負担額を減らすがそれだけである。 手元には何も残らない。 しかし国民年金基金への加入は同じように税金負担額を軽減できるし、将来年金としてお金も返ってくるので合理的な節税であることが分かりますね。 年金を受給する時 国民年金基金から年金を受け取る場合雑所得の公的年金等控除が受けられるが、民間の保険会社の年金を使用した場合には同じ雑所得では有るものの公的年金等控除は受けられない。 税金的にはやはり国民年金基金から年金を受給した場合の方が優遇されている。 予め定められた名目の掛金を支払えば、予め定められた名目の年金額を受給することが出来ます。 国民年金基金は物価スライド制に対応していないので、仮に年金を貰うまでの間に物価が大きく上昇してしまった場合には、実質的な年金額は下がってしまいます。 反対に物価が下落すれば実質的な年金額は上がります。 ここ数十年の物価指数の移り変わりは下記の表から確認できます。 (出展:) ここ15年位 1990年台後半~2015年)は、デフレなので物価は上がっていません。 そうなれば1980年~1995年位ほどは行かないまでも、結構な上昇率が続く可能性も有ります。 その場合には受給した年金の価値は下がる事になるでしょう。 これが国民年金との大きな違いです。 途中脱退出来る場合としは以下の様なものが挙げられます。 ・60歳になったとき ・60歳以上で加入した方が65歳になったとき、または国民年金の任意加入被保険者でなくなったとき ・サラリーマンになったときなど、国民年金の第1号被保険者でなくなったとき 海外に転居したときを含みます ・結婚してサラリーマンなどの被扶養配偶者になったとき 第3号被保険者 ・地域型基金に加入していた方が他の都道府県へ転居したとき ・職能型基金に加入していた方がその職業に従事しなくなったとき ・農業者年金に加入したとき ・国民年金保険料が免除 一部免除・学生納付特例・若年者納付猶予を含みます。 されたとき ・加入員本人が死亡したとき また、脱退される際に、脱退一時金等お預かりした加入期間に係る掛金が返金されることは有りません。 脱退されるまでにお預かりした掛金は、いかなる場合でも将来年金として支給されるそうです。 上記に該当しない場合には基本的に脱退することが出来ませんが、どうしても年金を支払えない場合には2年間支払をストップさせることが出来ます。 その後余裕が出て来た時に未納分を支払えば年金も満額貰えます。 なお、本当にどうしても支払えない場合には2年間の支払をストップしてその後も掛金を払わないで置くということも有りだそうです。 その場合でも掛金に見合った年金を60歳もしくは65歳から受け取ることが出来ます。 千葉国民年金基金のQ&Aに以前記載されていました。 現在はHPがリニューアルされそのQ&Aが削除されていますが、普通に考えれば今も同じと判断してもいいかなと思います。 ) なぜ国民年基金は脱退にうるさいのでしょうか? というのも国民年金基金の運用は ・ 国内債券 ・ 国内株式 ・ 外国債券 ・ 外国債券 円ヘッジ ・ 外国株式 ・ 短期金融資産 といった様々な金融商品に投資をして行われます。 適切にポートフォリオを組んで利益が出るように運用しているものの、必要な年金原資を作り出すためにはどうしても国債と比べてリスク有る資産に投資をすることになるので短期では望ましい成果を上げることが出来ない可能性が有ります。 そのため、基本的に一旦加入した場合には途中脱退不可として長期的なスパンで安定的な運用を出来るようにしているのです。 少し古い記事になりますが、下記記事を御覧ください。 またとして、国民年金基金HPに下記のようなことが書かれています。 基金は公的な制度として、国民年金法に基づきその設立から運営について厚生労働省から指導、監督を受け、代議員会での議決を経て運営されております。 また基金の財政状況を毎年チェックし、健全な運営に努めております。 基金の財政状況は決算書に記載されていますので、随時閲覧できます。 仮に当基金が解散した場合は国民年金法に基づき、基金の解散時点での残余財産額を加入員および受給者等で分配することとなっており、それまで支払われた掛金額を下回ることがあります。 なお、分配される額を国民年金基金連合会へ移管して、将来年金として受け取ることができるような措置を講じております。 基金が解散した場合には分配額が掛金を下回る可能性も有ると書かれていますし、国が保証をしてくれるとも書いてはいません。 しかしながら掛金支払時、年金受取時の税制面での優遇を考えるとそれでも入っておく価値は有るのかなと思います。 金額は減ろうが老後のための資金をある程度確保出来ますしね。 それに、国民年基金の財政に不安があるなら同じ税制面でのメリットを享受できる確定拠出型年金 個人型 や小規模企業共済との分散投資などを考えればいいだけです。 平成26年度末の状況 アベノミクス相場のおかげもあって、大分実質過不足が圧縮されています。 運用収益率の推移は以下の通り。 主として個人事業主の2段階部分の年金を担保する事が目的• 物価スライド制に対応していない• 掛金は全額所得控除 国民年金基金は社会保険料控除、確定拠出年金は小規模企業共済等掛金控除• 年金受取時の税制優遇 一方異なる点としては 国民年金基金が運用を自分では行えないのに対して、確定拠出型年金は自分で購入する銘柄を指定して運用を行える点です。 またそれに伴って確定拠出型の場合は自分で運用指図をするため事前に年金としても貰える額は確定していません。 自分で運用するからこそ掛金よりも少なくなってしまう可能性はあるものの、基金解散の恐れもなく税制優遇を受けながら投資が出来るという意味では非常に良い制度だと思います。 なお、その他年金的な制度としては小規模企業共済が有ります。 小規模企業共済は掛金の範囲内で貸付を受けることも出来るし、脱退した場合の解約返戻金も有るので、小規模企業共済を節税策と年金の一環として行なっているフリーランスも多数いるのでそちらを検討するのも一つの手段だと思いますよ。

次の

「iDeCo」と「国民年金基金」はどちらが得か 2つの年金制度のメリットとデメリットを比較 | マネーの達人

国民 年金 基金 メリット

また、 終身年金なので、長生きすればするほど年金を受け取れます。 国民年金基金の利用するデメリット 掛金の2口目以降は途中で減額可能ですが、 1口目の掛金をゼロとすることや1口目の型を変更することができません。 収入状況の変化があっても最低1口は掛金の拠出を継続しないといけません。 iDeCoの概要 iDeCoは、毎月一定の金額を積み立て、あらかじめ用意された定期預金・保険・投資信託といった金融商品で自ら運用し、60歳以降に年金または一時金で受け取れる制度です。 日本在住の20歳以上60歳未満の加入資格対象者であり、月額5,000円から開始できます。 それ以上積み立てたい場合は1,000円単位で上乗せでき、その 上限は6万8,000円です。 ただし、 国民年金基金にも加入している場合は、その掛金と合わせて6万8,000円以内となります。 また、最低金額5,000円から1,000円単位で上積みでき、 金額の拠出を運用開始後に停止することも可能です。 iDeCoを利用するデメリット 将来受け取る年金額は運用の成果によりますし、 運用中は、継続的に口座管理料等のコストがかかります。 国民年金基金とiDeCoとの比較 いずれも一長一短であり、一概にどちらが優れているとはいえません。 ただ、おおまかには下記の傾向があると考えられます。 運用や長生きリスクが恐い方 運用リスクが恐い方、長生きのリスクが気になる方は、拠出金額や将来の受取額があらかじめ決まっていて、終身年金である 国民年金基金の利用がおすすめです。 柔軟に運用したい、リスクがあっても積極的に老後資金をつくりたい方 ライフステージに応じて柔軟に運用したい方、運用リスクがあっても積極的に老後資金をつくりたい方は、拠出金額・運用方法ともに自由度が高く、運用成績次第で大きな老後資産をつくることのできる iDeCoの利用がおすすめです。 どちらか一方を選べない方は併用する方法もあり 国民年金基金とiDeCoは、毎月6万8,000円の枠内で併用することが可能です。 しかも、両者とも開始時期は自由に選べます。 ですので、1つに絞れない方は両方を同時に利用してみることも1つの方法だと言えます。 例えば、老後資産作りに、なかなかお金を回すことのできない方は、まずは5,000円から利用可能なiDeCoをまず始めます。 途中で毎月の拠出が厳しくなったら途中でも中止が可能です。 ある程度まとまった金額を回すことができるようになったら、国民年金基金を利用するという方法もありでしょう。 相互のメリットとデメリットとを勘案しながら、自分なりの利用方法をぜひ考えてみてください。 (執筆者:佐藤 彰).

次の