アイソ レーション ダンス。 ダンスの基礎トレ 上達するための2つのトレーニング | ダンスの上達 大人女子の始め方

初心者ダンサー必見!! ダンスの基礎『アイソレーション』のやり方

アイソ レーション ダンス

ダンスの基礎『アイソレーション』 さて今回紹介します基礎トレーニングは『アイソレーション』という練習です。 これを日本語に訳すと『分離、独立』というように訳すことができます。 簡単に説明しますと体のある一部分だけを『独立』させて動かすこと、がアイソレーションの意味するところです。 アイソレーションが出来ると、踊れる幅が広がる このアイソレーションはダンスをする際にはとても重要な役割を果たしており、欠かすことのできない基礎の部分になります。 これができるようになりますと、ダンスの踊れる幅が格段に広くなります。 そして、どのジャンルにも共通して必要不可欠な要素ですので毎日練習することをお勧めします。 具体的な『アイソレーション』の練習方法 さて具体的な練習方法を紹介していきますが、言葉での説明になってしまいますので、動画での確認はYoutubeにて『ダンス アイソレーション練習』と検索していただければ練習方法がありますのでそちらで活用してみてください。 以上がアイソレーションの練習方法でした!! アイソレーションなどの基礎の練習はとても地味で、なかなか効果がすぐに現れにくいので、途中で折れてしまう方も多いのですがダンスには必要不可欠なものですので諦めることなく挑戦していただければと思います。 ダンスは初心者でもできる? そんなダンスですが、 「ダンスはまったくの初心者なんですが、出来ますか?」という質問を頂くことがあります。 その答えは 「もちろん、できます」の一択です。 ダンスはもともと、体を動かして楽しむためのものですから、 上手下手なんてありませんし、 初心者もベテランも、同じです。 ベテランは初心者の人より、ほんの少しだけステップを知っていたり、 音楽に合わせて体を動かすことに慣れているだけです。 体力もあまり関係がありませんし、還暦を過ぎてから始められる方も多いです。 白髪でダンスを踊っている方は、 メチャクチャかっこいいですよ! もちろん、歩き始めたばかりの2歳から始めるお子さんも多いですし、 要するに、ダンスは年齢も性別も関係ないってことです。 好きなように踊って、ダンスを、音楽を楽しみましょう! ダンスジャンルや様式や振付なんてものは、『ついで』です、『ついで』。 自由にのびのびと踊る事こそが、ダンスの本質ですから!).

次の

初心者ダンサー必見!! ダンスの基礎『アイソレーション』のやり方

アイソ レーション ダンス

「アイソレーション」の意味とは? そもそも「アイソレーション」にはどのような意味があるのでしょうか?英語表記と併せて紹介します。 「アイソレーション」は英語の「isolation」 「アイソレーション」とは英語の「isolation」のことで、「孤立させる」「分離する」などの意味を持つ動詞「isolate」の名詞形が「isolation」です。 「アイソレーション」の本来の意味 意味も「孤立」「分離」となり、全体的なニュアンスは「集団から離れて孤立し生活をしていること、または状態」のことを言います。 カタカナ語の「アイソレーション」は、これらの意味から派生し、独特の表現として誕生したものと考えらえれます。 次の章で分野別で見る「アイソレーション」を見てみましょう。 「アイソレーション」の分野別での使い方は? 「アイソレーション」は分野や業界によって言葉の意味や使い方が異なります。 医療では「症候群」「病棟の隔離」 医療分野での「アイソレーション」には「アイソレーション症候群」という「孤立感を極めて強く感じる兆候」を指す医療用語がります。 また、感染症や重い病気にかかった人を他の患者と分離し、別の病棟で看護にあたることを「アイソレーション」と呼び、医療スタッフが患者と接する際には「アイソレーションガウン」と呼ばれる感染を防ぐためのガウンを着用することがあります。 電気では「導体の分離」 電気の電子回路には電位の分離や感電を防ぐために工夫がなされていますが、「アイソレーション」もその一つです。 電気における「アイソレーション」は日本語で「絶縁」とも呼ばれ、電子回路内で電力をさせながら、「導体が分離している状態」のことを意味しています。 また、似た言葉に「インシュレーション(insulation 」がありますが、「アイソレーション」と同じように「絶縁」のことで、二つのポイント間で許容範囲を超えた電圧がかかっても電流が流れないことを意味しています。 ダンスや筋トレでは「首などの部位を単独で動かすこと」 ダンス分野での「アイソレーション」とは「身体の各部位を、それぞれ単独で動かす基本的な技術」を指す言葉です。 上半身や下半身を別々に動かしたり、首や肩、腕や手首などの細かい部位まで、単独に動かすトレーニングを積んでから、本格的なダンスレッスンや筋トレに入ります。 ロゴデザインでは「余白のこと」 企業やブランドを代表するのが「ロゴ」です。 ロゴをデザインする時には気を付けなければならない点がいくつかありますが、その中で企業が設定する規定の一つが「ロゴのアイソレーション」です。 「ロゴのアイソレーション」とはロゴの周囲を埋める「余白」のことで、ロゴの作成において重要な役割を果たしています。 また、ロゴのアイソレーション部分を「アイソレーション・ゾーン」と呼び、この面積が少なすぎると「ロゴが際立たない」「美しくさに欠ける」「バランスが悪い」「別のロゴと間違えられる」などの問題が生じてくることがあります。 IT分野のキーボードでは「キーの間に隙間がある形態」 IT分野ではキーボードの形態に「アイソレーション」が使われています。 通常のキーボードはキーの間に隙間がありませんが「アイソレーションキーボード」はキーの間に隙間があるのが特徴です。 「アイソレーションキーボード」は押し間違いやホコリが詰まりを防ぐことができるというメリットがあり、各メーカーが力を入れているキーボードの形態でもあります。 「アイソレーション」のビジネスでの使い方と例文 最後にカタカナ語の「アイソレーション」のビジネスでの使い方と例文を紹介しましょう。 商品陳列の「アイソレーション」の意味 たとえば、マーケティングにおいては商品の差別化や特徴のアピールはとても重要な要素です。 店頭に並ぶ商品は品ぞろえが豊富な方が顧客にとっては魅力がありますが、加えて、新商品や店が押している商品の陳列を他の商品と分ける、つまり「アイソレーション」するのも顧客心理に着目した戦略の一つと言えます。 また、ビジネスシーンにおいては、思考を「アイソレーション」させて、さまざまな視点で戦略を練ることも重要でしょう。 考えを孤立させることで、新たなひらめきや斬新な思考が生まれることも期待できます。 「アイソレーション」を使ったビジネス例文 「アイソレーション」という表現を用いたビジネス例文を挙げてみます。 既存の商品と新商品をアイソレーションして、顧客の目を引こう。 一つの戦略にとらわれないように、思考をある程度アイソレーションさせるのも重要だ。 商品開発に力を注ぐため、開発事業部を一部アイソレーションさせた。 まとめ 「アイソレーション」は英語の「isolation」のことで、「孤立」「分離」「隔離」を表す言葉です。 「アイソレーション」は広い意味を持つ言葉であるため、業界や分野によって意味合いや使い方が異なります。 状況に合わせて意味の解釈をするように努めましょう。

次の

【ダンス基礎】アイソレーションとは?ダンスが上手くなりたいならアイソレーションを極めよう

アイソ レーション ダンス

ダンスの基礎トレといったら何だと思いますか? 初心者の方は何をすれば上手くなるのか、どんな基本練習をしたらいいのか? はっきりわからない人もいると思います。 基本練習といったら ストレッチ、アイソレーション、リズムトレーニング、筋トレ等があげられます。 でもこの中で2つ! ここでは2つのトレーニングを ダンスの基礎トレとしてピックアップして解説していきたいと思います。 ダンスの基礎トレはアイソレーション アイソレーションとは? 1つめ、 ダンスの基礎トレはアイソレーションになります。 アイソレーションとは? どんなジャンルの踊りでも必要となってくる練習です。 もちろんストレッチ、筋トレ等も自分の身体を動かすことの基本になりますが、踊ることに対しての基本の1つとしてはアイソレーションになります。 アイソレーションをすることで、自分の身体を理解して動かしていけるようになるし、各筋肉を十分に意識して動かせるようになるので、必須トレーニングになります。 私がダンスを始めたロサンゼルスのスタジオでは、特にヒップホップダンスのクラスではあまりアイソレーションはしなかったんですよね。 ではアイソレーションではどんなことはすればいいのか? アイソレーションで動かす部分は首、肩、胸、腰、脚、手などになってきます。 アイソーレーションをするとどんな効果が? アイソレーションをすることによってどんな効果が得られるのかと言うと、まずは 自分の身体をイメージした通りにコントロールできるようになるということです。 よくあることですね。 アイソレーションをすることによって、自分のイメージした動きに近づいていきます。 もちろんその動かす身体自体も使える身体でなくてはいけませんが。。 下記ではそもそもの自分の体の使い方についてもう少し詳しく載せているので合わせてお読みくださいね。 突き詰めていくと踊りの世界は芸術であるので、やっぱり魅せる部分が大きいと思うのです。 そこには表現力などまた違う要素も必要になってきますが。 ですがまずは動く自分の身体です。 アイソレーションによってこれは可能になってきます。 アイソレーションはどんな練習が必要なの? アイソレーションの中でもここでは肩に注目していきたいと思います。 特にヒップホップダンスでは肩の動きは重要になってくるので、肩を動かせるようになっておきましょう。 やり方としては ・両肩の上げ下げ ・片方の肩を上げもう片方の肩を下げる ・両肩を前後に動かしていく この方法で反復練習になります。 最初は上手く動かないかもしれませんが、繰り返し練習すれば一連の動作が滑らかに流れ出すので頑張ってみてください。 下記動画では肩のアイソレーションをかなり丁寧に説明してくれています。 合わせてご覧ください。 ダンスの基礎トレ アイソーレーションのコツとは? 初心者の方がアイソーレーションをやっていてたぶん感じるのが、その部分だけを動かそうとすると隣の部分も一緒にくっついてきてしまう・・ではないでしょうか。 はじめはみんなそうだと思います。 アイソーレーションのコツはとにかく 意識した部分以外は動かさない! これにつきます。 練習をしていて、どうしても隣接する部分が動いてしまうのなら、まず真ん中に戻して少し動きをコンパクトに行ってみましょう。 最初から大きく動かそうとすると流れてしまうので、まずは小さめでもいいので自分の身体をコントロールするということを理解して丁寧に繰り返していってください。 そしてもう一つ、 必ず 鏡を見ましょう。 ヒップホップではなくてはならないもの、リズムになります。 そもそもリズム感がある人とない人はどういった違いがあるのでしょう? 一定の拍に合わせてテンポよく身体を動かすことができればリズム感はあると言えるし、外してしまうようだと残念ながらリズム感はないかもしれませんね。 でもリズム感は生まれつきで一生ものなわけじゃないんですよ。 練習によっていくらでも改善できるし、大人になってからでもリズム感はよくなります。 ダンスの基礎トレでどんなリズムトレーニングしたらいい? 最初は理解しやすいダウンのリズムから取っていく練習をするといいでしょう。 日本人は音楽を聞くと基本うなづく人が多いと言われています。 下に取ることは慣れている場合が多いのでリズムトレーニングもダウンからのがわかりやすいかもしれません。 ダウンはオンカウントで膝が曲がり身体が下に下がります。 逆に膝を伸ばして上にあがる方がアップのリズムになります。 まずはその場で足だけでリズムを取る練習をしてみましょう。 足が上手く動かなかったら、クラップで音を取る練習をしてもいいでしょう。 リズムを取ることに苦手意識があっても、もちろん独学でもリズムトレーニングすることによって十分改善の期待ができるので、ダンスが上達したいと思うなら地道な練習ですが繰り返し練習していきましょう。 リズムトレーニングの詳しい練習法は下記で載せているので合わせてご覧ください。

次の