北九州 市立 大学 ひびき の。 ●●●ひびきの響嵐祭ホームページ●●●

北九州市立大学の情報満載|偏差値・口コミなど|みんなの大学情報

北九州 市立 大学 ひびき の

建築デザイン学科• 概要 環境共生をキーワードに、21世紀のより良い建築・まちづくりを学ぶ 我々が暮らしを営む都市や建築物は、これまでのフロー・大量廃棄型からストック・資源循環型に変わる必要があります。 さらに、低環境負荷を前提とした技術を学ぶことで、安全で信頼できる快適な空間であり、新発想や創造を生む器として、 美しい 建築・都市空間をデザインする能力を身につけます。 教育課程・教育方法の特色 生態系に調和する建築・都市空間の創造 建築デザイン学科は、省資源・低環境負荷のための建築・地域システムを創造するため、従来の建築学の領域を拡大し、建築・地域システムと環境を主軸として新しい時代に対応させた学科です。 資源・エネルギーやエコロジーに関わる研究分野と実践領域を統合し、望ましい人間環境を創りだすことを追求します。 また、生活環境を構成する環境要素を的確に把握分析し、人間の生活活動を見直していくなど、環境に関する諸問題を解決するために、建築学を基礎にして教育・研究する学科です。 i-central. 純粋な工学系技術だけでなく、環境マネジメント、経営、経済等、人文・社会科学的教養も身につけます。 また、少人数編成の英会話・テクニカルライテイング等により実践的な英語運用能力を習得します。 これにより、自分で環境問題に対する解決策を考えるとともに、共同作業・ディスカッション・報告書作成・プレゼンテーションなど調査研究の一連の流れを体験します。 「見学・ワークショップ演習」(2年生・3年生では建設現場などの見学を通じて観察力と研究能力を養うとともに、一つ一つの見学に対して課せられたテーマにグループで取り組み、グループ発表を通じてディスカッションやプレゼンテーション技術を体得します。 自ら問題を発見し、様々な情報を一つの知識へと体系化する設計型教育科目を各年次に適切に配置しています。 また、設計支援ツールを活用したシミュレーション技術、設備設計などコンピュータ活用技術も習得し、CAD活用による多彩な建築表現方法を身につけます。 さらに、多種多様な実験・演習系授業も適切に取り入れており、各種計測・解析技術を習得した上で実現像と照らし合わすことで、学習した内容をより深く理解します。 4年次には大学生活の集大成として卒業研究・卒業設計に取り組みます。 自分のデザインを発表する学生 2年生課題 集合住宅 校舎棟を活用した環境・エネルギー教育の実践 左:校舎棟に導入された各種環境配慮技術、右:ライトシェルフ、太陽電池) 建築構造・保全技術を体感的に学ぶ教育の実施 (左:乾麺を用いた構造模型の製作、右:外壁タイル仕上げの剥離診断) 現場見学(北方キャンパス新図書館工事) 木材梁の強度コンテスト 学科長メッセージ 次世代の建築分野を担う設計者・技術者を目指しませんか? 建築デザイン学科長 白石 靖幸 Yasuyuki Shiraishi) 建物の基本的な目的は、風雨や外敵から身を守り、快適な室内環境を形成することにあります。 しかし、快適な室内環境を維持するためには膨大なエネルギー消費を伴うことも多いため、近年では、低炭素社会の実現を目指し、ZEH(ゼロエネルギーハウス)やZEB(ゼロエネルギービル)を前提とした、新しい住宅や建物のあり方が模索されています。 また我が国では2011年の東日本大震災や2016年の熊本地震において甚大な被害を経験し、更なる建物の耐震、防災、減災への対応や取組みも求められています。 このような様々な社会的要求に応えるために、建築デザイン学科では、「構造・施工」、「材料デザイン」、「建築環境エネルギー」、「空間デザイン」の4つの領域を専門とする教職員が連携し、省エネ・省資源(低炭素)且つ人にとって望ましい建築・都市環境(安心、安全、健康、快適など)の実現に資する教育、研究に日々取り組んでいます。 これからの建築・都市環境のあり方やそれらを支援する技術について、我々教職員と共に考え、学び、次世代の建築分野を担う設計者・技術者を目指してみませんか?皆さんとひびきのキャンパスでお会いできることを楽しみにしています。

次の

北九州市立大学国際環境工学部 大矢研究室

北九州 市立 大学 ひびき の

大矢研究室について 本研究室では、リサイクルについて学び、その技術開発課題を研究します。 主に経済的なリサイクル対象物は金属ですが、昨今の金属価格は乱高下しており、リサイクル業界を取り巻く状況は不安定です。 しかし、国内では失われた20年と言われる不況が続き、景気回復もなかなか期待できない情勢です。 そのような背景で、ものづくりで蓄えた日本の技術をうまく利用した環境、リサイクル産業の創生はこれからの日本の経済復興には不可欠となります。 都市鉱山という考え方は古くから使われていましたが、いわゆるレアメタルパニックと呼ばれた資源枯渇が叫ばれた時代を通じて廃棄物の資源的価値が社会的に認識され、資源を持たない日本におけるリサイクルについて今一度見直すことが重要となります。 これからの新しい産業創出と経済発展に向けて、一緒にリサイクルについて考えていきませんか。 企業の方へ: 本研究室での大学院、学部での研究は、その内容はすべて産学連携に関してのテーマとなっております。 リサイクルをはじめ、環境やエネルギーに関することでお困りの事、共同で開発したい技術などがあれば、お気軽に連絡を頂ければ幸いです。 学生諸君へ: リサイクルや環境に興味のある学生で、企業の人と一緒に技術開発をしたい、意欲のある学生は是非研究室に来てください。 ともかく、どんな研究を行っているかを知りたい学生は研究室を訪問するか、大矢まで連絡をもらえれば、時間がある限り対応します。

次の

建築デザイン学科

北九州 市立 大学 ひびき の

建築デザイン学科• 概要 環境共生をキーワードに、21世紀のより良い建築・まちづくりを学ぶ 我々が暮らしを営む都市や建築物は、これまでのフロー・大量廃棄型からストック・資源循環型に変わる必要があります。 さらに、低環境負荷を前提とした技術を学ぶことで、安全で信頼できる快適な空間であり、新発想や創造を生む器として、 美しい 建築・都市空間をデザインする能力を身につけます。 教育課程・教育方法の特色 生態系に調和する建築・都市空間の創造 建築デザイン学科は、省資源・低環境負荷のための建築・地域システムを創造するため、従来の建築学の領域を拡大し、建築・地域システムと環境を主軸として新しい時代に対応させた学科です。 資源・エネルギーやエコロジーに関わる研究分野と実践領域を統合し、望ましい人間環境を創りだすことを追求します。 また、生活環境を構成する環境要素を的確に把握分析し、人間の生活活動を見直していくなど、環境に関する諸問題を解決するために、建築学を基礎にして教育・研究する学科です。 i-central. 純粋な工学系技術だけでなく、環境マネジメント、経営、経済等、人文・社会科学的教養も身につけます。 また、少人数編成の英会話・テクニカルライテイング等により実践的な英語運用能力を習得します。 これにより、自分で環境問題に対する解決策を考えるとともに、共同作業・ディスカッション・報告書作成・プレゼンテーションなど調査研究の一連の流れを体験します。 「見学・ワークショップ演習」(2年生・3年生では建設現場などの見学を通じて観察力と研究能力を養うとともに、一つ一つの見学に対して課せられたテーマにグループで取り組み、グループ発表を通じてディスカッションやプレゼンテーション技術を体得します。 自ら問題を発見し、様々な情報を一つの知識へと体系化する設計型教育科目を各年次に適切に配置しています。 また、設計支援ツールを活用したシミュレーション技術、設備設計などコンピュータ活用技術も習得し、CAD活用による多彩な建築表現方法を身につけます。 さらに、多種多様な実験・演習系授業も適切に取り入れており、各種計測・解析技術を習得した上で実現像と照らし合わすことで、学習した内容をより深く理解します。 4年次には大学生活の集大成として卒業研究・卒業設計に取り組みます。 自分のデザインを発表する学生 2年生課題 集合住宅 校舎棟を活用した環境・エネルギー教育の実践 左:校舎棟に導入された各種環境配慮技術、右:ライトシェルフ、太陽電池) 建築構造・保全技術を体感的に学ぶ教育の実施 (左:乾麺を用いた構造模型の製作、右:外壁タイル仕上げの剥離診断) 現場見学(北方キャンパス新図書館工事) 木材梁の強度コンテスト 学科長メッセージ 次世代の建築分野を担う設計者・技術者を目指しませんか? 建築デザイン学科長 白石 靖幸 Yasuyuki Shiraishi) 建物の基本的な目的は、風雨や外敵から身を守り、快適な室内環境を形成することにあります。 しかし、快適な室内環境を維持するためには膨大なエネルギー消費を伴うことも多いため、近年では、低炭素社会の実現を目指し、ZEH(ゼロエネルギーハウス)やZEB(ゼロエネルギービル)を前提とした、新しい住宅や建物のあり方が模索されています。 また我が国では2011年の東日本大震災や2016年の熊本地震において甚大な被害を経験し、更なる建物の耐震、防災、減災への対応や取組みも求められています。 このような様々な社会的要求に応えるために、建築デザイン学科では、「構造・施工」、「材料デザイン」、「建築環境エネルギー」、「空間デザイン」の4つの領域を専門とする教職員が連携し、省エネ・省資源(低炭素)且つ人にとって望ましい建築・都市環境(安心、安全、健康、快適など)の実現に資する教育、研究に日々取り組んでいます。 これからの建築・都市環境のあり方やそれらを支援する技術について、我々教職員と共に考え、学び、次世代の建築分野を担う設計者・技術者を目指してみませんか?皆さんとひびきのキャンパスでお会いできることを楽しみにしています。

次の