容赦 意味。 「ご容赦ください」の知っておきたい意味と使い方

容赦の意味

容赦 意味

「悪しからず」と「ご容赦」の違い 「悪しからず」と「ご容赦」の違いを分かりやすく言うと、 「悪しからず」は悪く思わないでくださいという気持ちを表す連語であり、「ご容赦」は相手の器量の広さによって大目に見てもらうことを意味しているという違いです。 「悪しからず」という言葉は、この言葉だけで使用されることはあまりなく、例えば「悪しからずご了承ください」や「悪しからずご容赦ください」などのように他の言葉とセットになって使用される表現です。 これを連語と言います。 「悪しからず」は、悪く思わないでください、気を悪くしないでください、という意味を含む言葉です。 相手の希望や意向に添えないことを申し訳なく思い、そのことを謝罪する心情を含んでいる表現であると考えます。 一方の「ご容赦」というのは、容赦という言葉を丁寧語にしたものです。 「ご容赦くださいますよう、お願いいたします」などのように使用されるものです。 目上の人や立場が上の人、サービス業ではお客様などに対しても使用する言葉です。 「ご容赦」というのは、相手のしたことを許したり、大目に見たり、控えめに見たりすることを表現するものです。 相手に対して許しを乞うかたちで使用されます。 非はこちらにありますが、寛大な心持ちでどうぞお見逃しください、という意味だと考えます。 このように、「悪しからず」は、相手に悪く思わないで、気分を悪くしないで、と気遣う気持ちを示しているのに対し、「ご容赦」は、大目に見てください、広い心で見てくださいと、許しを願う気持ちを示しているという違いがあると言えます。 「悪しからず」の意味 「悪しからず」とは、 相手の希望や意向に添えない場合などに使う言葉で、気を悪くしないでくださいということを意味しています。 「悪しからず」という言葉は連語であり「悪しからず」の後に後述で説明をする「ご容赦」という言葉が続く場合もあります。 ここで言うところの連語というのは、二つ以上の単語が連結して、一つの単語と似たような働きをもつものを意味しています。 「悪しからず」という言葉は、それだけで使われることがあまりなく、他の言葉とセットで使用されるものだということです。 例えば「今回はお断りしますが、悪しからずご容赦ください」などのように使用されるものです。 この例文の意味としては「今回は断るけれど、悪気はないので、どうか気を悪くせずに許してください」というような表現であると言えます。 「悪しからず」以外の連語としては「~に違いない」や「~かもしれない」「~てはならない」などが挙げられます。 どの表現も、その言葉だけで成り立つことは難しく、他の言葉とセットになって使用されるものです。 この「悪しからず」という表現はビジネスシーンなどでもよく使用されるものです。 「悪しからずご了承ください」などのように使用されます。 また、文章の末尾を濁すかたちで「悪しからず……」という言葉で終える場合もあります。 このように「悪しからず」という言葉は、「悪く思わないでください」「気を悪くしないでください」「悪気はないので許してください」という意味を持つ言葉であると覚えておくようにしましょう。 「悪しからず」の「悪」という字を使った別の単語としては、物事を改めてかえって悪くすることを意味する「改悪」、粗末で質が悪いことやその様子を意味する「粗悪」、道徳や宗教の教えに背くことを意味する「罪悪」などがあります。 「ご容赦」の意味 「ご容赦」とは、 容赦という言葉を丁寧語にしたもので、許すことや大目に見ること、手加減することや、控えめにすることなどを意味しています。 「ご容赦」という言葉は、大体の場合「ご容赦ください」などの形で使用されるものです。 「ご容赦」というのは、容赦という言葉を丁寧語にして、相手に許しを乞う意味を持たせたものです。 ビジネスシーンなどでもよく使用される言葉で、目上の人や立場が上の人に対して「何卒、ご容赦くださいませ」などのように使用します。 これは、何か相手にとってあまり良くない出来事があったような場合に、「どうか今回のことは大目に見て許してください」というような意味で使用されるものです。 取引先の相手や、サービス業の場合にはお客様などに対しても使用されます。 ご容赦の「容」という漢字は、器に入れる、収めるという意味を持つものです。 また「赦」という漢字は、罪や過ちを許すという意味を持ちます。 つまり、漢字の意味だけで考えても、容赦とは「相手の罪を自分の器に入れて許す」意味を持つと言えます。 器に入れる、収める、というのは、自分の器量の広さを表現しているものです。 「ご容赦ください」と相手に求める場合には、「こちらが悪かったことは間違いないのですが、あなたの器量の広さによって、許してください」という意味になります。 「ご容赦」の「容」という字を使った別の単語としては、器物の中に入れることのできる分量を意味する「容量」、広い心で相手を受け入れることを意味する「包容」、良いとして認め許すことを意味する「容認」などがあります。 「悪しからず」の例文 5.商品売り切れの際には、悪しからずご了承くださいませ。 この言葉がよく使われる場面としては、相手の希望や意向に添えない場合などに、気を悪くしないでくださいという思いを表現したい時などが挙げられます。 「悪しからず」という言葉は連語であり、他の言葉とセットで使用されることの多いものです。 「悪しからず」という言葉を使う場合には、例文のように「悪しからずご了承ください」や「悪しからずご容赦ください」というように使用されることが多いものですが、場合によっては文末を濁す形で「悪しからず……」と記して締める場合もあります。 ビジネスシーンなどでもよく使用される言葉であり、相手に対して申し訳ない気持ちを表現しています。 また、相手の機嫌を取るような意味合いも含まれる言葉であると覚えておくようにしましょう。 「ご容赦」の例文 5.おめでたい席ですが、生憎仕事の都合が付きません。 欠席しますこと、ご容赦ください。 この言葉がよく使われる場面としては、容赦という言葉を丁寧語にして、相手に許しを乞うことや、大目に見てもらうことなどを表現したい時などが挙げられます。 「ご容赦」とは、目上の人や立場が上の人に対して使用する表現です。 また、サービス業などの場合には、お客様などに対しても使用します。 「ご容赦」だけで使われることはなく「ご容赦くださいませ」などのように敬語と共に使用されます。 あなたの大きな器に免じて許してくださいという意味の言葉です。 自分の側に非があることを完全に認めた上で、相手に対して許して欲しい時などに使う表現であると覚えておくようにしましょう。

次の

要注意!「ご容赦ください」の正しい意味と使い方【例文あり】

容赦 意味

何卒ご容赦ください、という表現の類義語に、「許してください」「ご寛恕(ごかんじょ)」「勘弁」という言葉があります。 その他の使い方に、「ご容赦願います」というものもあります。 使用するときと場合によって、まったくその使い方は変わってくるものです。 「どうかご勘弁ください」などの表現は、あまりことわりの言葉としての使い方はしません。 「何卒ご容赦ください」という言葉は先に自分の非礼を詫びる際などに用いられます。 このように、「何卒ご容赦」という言葉の使い方を知ることによって、「お忙しい折のご連絡ではございますが、何卒ご容赦くださいませ」など相手や取引先ととても気持ちよくコミュニケーションを行うことができます。 この言葉の使い方が綺麗にはまると相手に良い印象を与えるでしょう。 そのほかの様々な表現も状況にあわせて使うなど、交流のなかでしっかりと言葉を選び、より良い関係を築いていきたいものです。 ・こちらは関係者以外立ち入り禁止となっております。 お引取りいただけますようどうかご了承下さい。 ・審査の結果、こちらの意向にそぐわない場合に、お断りする可能性もありますのでご了承ください。 ・お返事にお時間を頂く場合がございます、ご了承下さい。 宜しくお願い致します。 ・契約内容に付いては予告無く変更される場合があります。 あらかじめご了承下さいませ。 ・こちらの記事は一切の転載、改変不可となっております。 どうかご了承下さい。 「ご了承願います」 ・GW期間中は運休となりました。 ご利用予定の皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、予めご了承願います。 ・道路状況により到着が遅くなってしまう場合がありますことをご了承願います。 ・明日、街頭演説を行う予定です。 事情により変更する可能性もございます。 予めご了承願います。 ・また試験等もあるため、8月までのイベント出演が少なくなること、ご了承願います。 ご理解、ご了承のほどよろしくお願い致します。 ・現在、システムの不具合を調査中です。 今暫くお待ち下さいますと幸いです。 ご了承のほど宜しくお願い致します。 ・9日月曜日と17日火曜日は臨時でお休みを頂きます。 誠に恐れ入りますが何卒ご了承のほどお願い申し上げます。 ・急遽、予定を変更させて頂くことになりました。 ご迷惑をお掛けして大変申し訳ございませんが、何卒ご了承のほど宜しくお願い申し上げます。 ・館内メンテナンスのため休館とさせていただきます。 お客様には大変ご迷惑をお掛けしますが、ご了承のほどよろしくお願い致します。

次の

「行き違い・ご容赦」を相手に伝える使い方【請求書編】

容赦 意味

「ご容赦ください」の使い方とは? 「ご容赦ください」は、許してくださいという意味が含まれた言葉です。 ミスしたことを詫びる言葉ですが、自分のミスを謝るときに相応しい言葉は「申し訳ございません」です。 「ご了承ください」は「ご容赦ください」と同じような意味の言葉です。 しかし、「ご了承ください」の意味合いは、自分のミスを詫びるようなものはそれほどないので、間違って使えば気配りが不足していると思われるので注意しましょう。 「ご容赦ください」の使い方としては、次のようなものがあります。 「無料期間は終わりましたので何卒ご容赦ください」 この使い方は、お詫びとして無料で使える期間が終わったときなどに述べる言葉です。 「ご了承ください」という表現であればちょっと図々しいイメージがありますが、「ご容赦ください」であれば柔らかいイメージになります。 「ご容赦ください」と「ご理解ください」や「ご了承ください」の違いとは? 「ご容赦ください」と同じような言葉として、「ご理解ください」や「ご了承ください」があります。 このような言葉は、「許す」強さが違っています。 「ご理解ください」や「ご了承ください」も、相手に理解を求めるときに「ご容赦ください」と同じように使います。 しかし、「ご容赦ください」には「許してください」という意味がありますが、「ご理解ください」や「ご了承ください」にはこのような意味はありません。 そのため、「ご理解ください」や「ご了承ください」の意味は、自分のミスに対して詫びるものがないため、相手に対して気配りが場合によっては不足するイメージを与えるときがあります。 当然ですが、詫びる意味合いをシチュエーションによっては入れる方が自然でないときもあります。 このようなときは、「ご理解ください」や「ご了承ください」を使う方が「ご容赦ください」を使うよりもいいでしょう。 「ご容赦ください」の敬語とは? どうしても「ご容赦ください」という言葉を使いたいときは、敬語を使いましょう。 ここでは、「ご容赦ください」の敬語についてご紹介します。 「ご容赦いただきたく存じます」 意味は「許して欲しいと思います」になります。 「いただきたく」は、「いただく」という「してもらう」の謙譲語に「たい」という願望をプラスしたものです。 「存じます」は、「存じる」という「思う」の謙譲語に「ます」という丁寧語をプラスしたものです。 このように敬語になっているため、目上の方や上長や取引先に使える非常に丁寧な言葉です。 敬語表現の「いただきたく存じます」は、ビジネスメールで依頼・お願いするときによく使います。 「いただきたく存じます」の使い方としては、次のようなものがあります。 「ご確認いただきたく存じます」 「ご連絡いただきたく存じます」 「ご容赦いただければ幸いです」 意味は「許してもらえると嬉しいです」になります。 「いただければ」は、「してもらう」の謙譲語の「いただく」に仮定の「れば」をプラスしたものです。 「幸いです」は、「幸い」に「です」という丁寧語をプラスしたものです。 このように敬語になっているため、目上の方や取引先・上長に使える非常に丁寧な言葉です。 敬語表現の「いただければ幸いです」は、ビジネスメールで依頼・お願いするときによく使います。 「ご容赦いただければ幸いです」の使い方としては、次のようなものがあります。 「ご確認いただければ幸いです」 「ご連絡いただければ幸いです」 「ご容赦くださいますようお願い申し上げます」 意味は「許してくれるようお願いします」です。 「くださいますよう」は、尊敬語の「くれる」の命令形である「くださる」に「ます」という丁寧語と「よう」をプラスしたものです。 「ください」だけの意味としては、「して欲しい」「してくれ」の丁寧語と考えることができます。 しかし、「ください」は敬語ですが、最終的に命令形になるので口調が強くなります。 そのため、「ますようにお願い」をつけることによって、柔らかい表現になり、非常に丁寧な敬語表現になります。 例えば、「くださいますよう」の使い方としては、次のようなものがあります。 「ご検討くださいますようお願い申し上げます」 「ご査収くださいますようお願い申し上げます」 このような表現は、命令形の「してください」というものですが、「くださいますようお願い申し上げます」にすることで相手に対して柔らかい表現になります。 ビジネスシーンにおいては、基本的に下手になることが大切であるため、このような使い方をして口調が強くなるのを防ぐために有効であると推定します。 「ご容赦ください」を使うときに注意することとは? ここでは、「ご容赦ください」を使うときに注意することについてご紹介します。 「ご容赦ください」を多く使うのは止める 一つの文章において、何回も「ご容赦ください」を使うのは、説得力が無くなるため止めましょう。 自分からの要望を全部伝えておいてから、「ご容赦ください」は最後の言葉として使いましょう。 自分のミスが大きいときは「申し訳ございません」を使う 「ご容赦ください」は許しを相手に求めるための言葉であるため、自分が悪いことを認めるイメージが弱いものです。 そのため、相手に大きな被害を与えたときや迷惑を与えたときは、謝罪のきちんとした意味がある「申し訳ありません」や「申し訳ございません」という言葉を使いましょう。 「ご容赦ください」は、「申し訳ない」という意味合いを含んでいるのみであるということを把握しておきましょう。

次の