ドギー ハウザー。 Disney+が「天才少年ドギー・ハウザー」をリメイク 主人公は白人少年からアジア系少女に変更

『天才少年ドギー・ハウザー』がリブート!Disney+で配信へ! | ガジェット通信 GetNews

ドギー ハウザー

com ニュース] 1989~93年に米ABCで放送された人気ドラマ「天才少年ドギー・ハウザー(原題:Doogie Howser MD)」が、ディズニーの動画配信サービス「Disney+」向けにリメイクが企画されていることが明らかになった。 米ハリウッド・レポーターが報じている。 オリジナル版「天才少年ドギー・ハウザー」は、史上最年少で医師になった天才少年ドギー・ハウザーが、医療と10代の若者の問題に葛藤するコメディドラマ。 主人公ハウザー役は「ママと恋に落ちるまで」「レモニー・スニケットの世にも不幸なできごと」のニール・パトリック・ハリスが演じていた。 そしてこのほど、「ママと恋に落ちるまで」や「フアン家のアメリカ開拓記」の脚本家コートニー・カンがリメイク版「Doogie Kealoha MD(原題)」を企画中であることが明らかになった。 オリジナル版の主人公は白人少年だったが、リメイク版はハワイで医師として働くアジア系少女という設定に変更になるという。 なお、オリジナル版を制作した20世紀フォックステレビジョンが引き続き制作を行うことになる。 ディズニーは、「Disney+」で自社ライブラリーの再活用を行っており、「スター・ウォーズ」シリーズ初の実写ドラマ「マンダロリアン」や、「ハイスクール・ミュージカル:ザ・シリーズ(原題)」などが既に配信されている。 現在は、大ヒットアニメで実写映画化もされた「美女と野獣」の前日譚をはじめ、トム・ハンクス主演映画「ターナー&フーチ すてきな相棒」 1989 や、エミリオ。 エステベス主演のアイスホッケー映画「飛べないアヒル」 92 シリーズのリメイクが準備されているという。

次の

Disney+が「天才少年ドギー・ハウザー」をリメイク 主人公は白人少年からアジア系少女に変更

ドギー ハウザー

NHKで1992年より放送されていた医療ドラマの先駆け的作品、『天才少年ドギー・ハウザー』。 media-amazon. jpg 『天才少年ドギー・ハウザー』は、1992年に18時台にNHKで放送されていた医療ドラマで、天才的頭脳を持つ少年が、医師として働きながら成長していく物語です。 当時では、医療ドラマが少ないながらも様々な問題を取り上げていて、当時でもとても人気の高いドラマでした。 アメリカのVARIETYで取り上げられ、話題になっています。 までディズニー側からは正式な発表は出てない模様、ですが製作陣など物語のプロットなどは公開に至っているためガセではないとのこと。 現在は、まだ企画のスタート段階であり、今後さらなる詳細が詰められ、本格的にスタートとなる見込みです。 女性を主人公に据えて、新たな天才少女として展開していく。 アジアと白人のハーフの16歳の少女が医師として働く様を描いた、医療ベースのドラマとなるとのこと。 ハワイが舞台となることからも、日本人にとっては馴染みの深い物語になることも大いに予想される。 このアジア人という民族性を感じさせるのは、脚本を担当するコートニー・カンの体験も大きく影響されているのだといいます。 ちなみに、オリジナル版でドギー役を演じたニール・パトリック・ハリスは、今回は関わっていないとのこと。 まだ企画が進んでいる段階なので、詳しくどのようになるのか… キャスティングなども未発表。 今後の続報を待つほかないようです。 関連記事 今でも再放送を望む声多数!懐かしのドラマ『天才少年ドギー・ハウザー』を振り返る。 media-amazon. jpg 日本では1992年にNHKで放映されていた、『天才少年ドギー・ハウザー』について、簡単ながら振り返っていきます。 当時NHKの教育テレビの海外ドラマ枠が平日の18時代にあり、この他にも『素晴らしき日々』など子供向けの海外ドラマが放映されていました。 少し前にも『アイ・カーリー』や『ヴィクトリアス』などがあり、今でもその系譜は受け継がれています。 その先駆けともされる海外ドラマ枠で、人気だったシリーズが『天才少年ドギー・ハウザー』です。 media-amazon. jpg 主演となった、主人公ドギー・ハウザーを演じたのはニール・パトリック・ハリス。 近年で最も有名な出演作は、デビッド・フィンチャー監督の『ゴーン・ガール』で演じたストーカー気質の嫌な男。 舞台から声優まで、幅広くこなしている俳優です。 そんなニール・パトリック・ハリスが演じたドギー・ハウザーは、天才少年。 高校の教育課程を9秋雨感で終了し、10歳でプリンストン大学を卒業。 4年で医学博士となり14歳で臨床医となり、16歳からのドギーの成長が描かれる。 media-amazon. jpg 『天才少年ドギー・ハウザー』の代名詞とも言えるのは、ラストシーンに登場します。 リブートでも登場するのか注目を集めるのですが… 今の時代となっては、ごく当たり前の光景にもなるのであえて脚光を与える必要性もないかもしれません。 『天才少年ドギー・ハウザー』は、アメリカでは1989年に放送がスタートしています。 日本でも1992年です。 その当時では、斬新なものでした。 パソコンに、日記を書くのです。 当時において、一家に1台パソコンがあるというものではありません。 それが当たり前になった今の時代では、特に珍しくもない光景ですが当時では、とても珍しい光景だったのです。 media-amazon. jpg さらには医療ドラマとしても、一癖ありました。 『天才少年ドギー・ハウザー』は、たんある医療ドラマではありません。 いくら頭が良い天才少年だからと言って、ドギー・ハウザーはまだ16歳の少年です。 その少年が医療の現場に立っているのですから、学ぶべきことの方が多く、様々な問題と直面していました。 今回のリブート版では同じ16歳とはいえ、時代が20年以上経過した現代では生じる問題も大きく変わります。 果たして、このリブート版ではどんなものが取り上げられていくのか… そして主人公が女性に変わることでも、大きく注目を集める作品です。

次の

海外ドラマ『天才少年ドギー・ハウザー』、女性主人公でリメイクへ

ドギー ハウザー

ストーリー ドギー(ドゥギーとも発音される)ことダグラス・ハウザーは10代の。 神童で、高校教育を9週間で終え、わずか10歳でを卒業。 その後4年で医学博士となり、14歳にして華奢で最年少の臨床医になった(毎回同じセリフのナレーションがオープニングに流れる)。 劇中では16歳から19歳までの成長が描かれている。 ドギーは天才少年という役柄であるが知能が高い点以外は性格も普通の少年であり、親友のビニーを始め、同い年の大学生たちと普段は何も変わらず、いやみな点が強調されることは無い。 ビニーと喧嘩もすれば仲直りもする、ガールフレンドとデートの約束をする、父親の愛車を貸して欲しいと頼むなど、ごく普通の少年・青年である。 ドギーの父も()、母は。 親友ビニーは隣に住んでおり、朝食のコーヒーを勝手にもらいにきたり、窓をよじ登ってドギーの部屋に入ってきたりする。 ドギーの家族も半ば家族として認めており、ビニーも自分の家のように遠慮なくコーヒーを勝手に入れたりする。 そんな図々しいところもあり、迷惑をかけるビニーはしばしばドギーにとって良き相談相手であり、他者の観点から正しい忠告をする。 ドギーが医者である設定上、病院内での出来事や医学にまつわる出来事が多いのだが、それらを解決するには必ずしもの高さだけが必要では無い。 親友ビニーが諭すように理屈だけでは解らない人の心の内側、その他の登場人物がドギーにみせる喜怒哀楽などが「知能指数が高いだけで全てが解決できるわけではない」ことをドラマを通して知らせるように描かれている。 各エピソードの最後は必ずドギーが自分のパソコンに向かい、その日の日記を綴るところで終了する(オリジナル版にはナレーションは一切無いが、NHKで放送された吹き替え版には綴りにあわせてドギーの独白が挿入された)。 ドラマは4年で終了したが、『』で引用されるなど、ドギー・ハウザーは天才少年の代名詞となっている。 ()内は吹替え声優• ドギー・ハウザー:()• ビニー・デルピーノ:()• デビッド・ハウザー(ドギーの父):()• キャンフィールド院長:()• ジャック:ミッチェル・アンダーソン()• カーリー:キャスリン・レイン()• レイモンド:マーカス・レドモンド()• ワンダ:リサ・ディーン・ライアン()• ジェニー:ルーシー・ボーヤー()• オープニング・ナレーション:.

次の