韓国 ドラマ バガボンド。 バガボンド

Vagabond

韓国 ドラマ バガボンド

チャ・ダルゴン … イ・スンギ コ・ヘリ … ペ・スジ ここからネタバレになりますので注意してください!! バガボンド【韓国ドラマ】第16話のネタバレとあらすじ ダルゴンと連絡がつかないことを心配したヘリは、ダルゴンの自宅へ向かいます。 すると ダルゴンの自宅アパートには、警察の姿が…。 キム・ウギの拉致現場から、ダルゴンの指紋が検出されたという警察。 キ・テウンの連絡を受けたヘリは、爆発のあった工場から、キム・ウギの焼死体が発見されたと聞かされます。 そして、 遺体はもう一体あり…。 爆発現場から押収された遺留品の中に、自分がダルゴンにあげた銃弾のペンダントを見つけたヘリ! ダルゴンの納骨堂の前で、声を出して泣き崩れるヘリ。 そして、 そんなヘリの姿を物陰から見ていたダルゴンもまた、涙をこらえることができません。 あの日、キム・ウギの行方を追うリリーらは、工場を爆発させるエドワードの姿を目撃します。 なんとか、間一髪ダルゴンは救出されますが、キム・ウギを助けようとした男は、爆発に巻き込まれてしまいます。 大統領の弾劾をうけ、大統領代理として記者会見に応じるホン・スンジョ。 『サマエル』から呼び出され、約束の場所へ向かったホン・スンジョと甥のホン弁護士は、 そこにたたずむエドワードの姿を見て驚きます! すぐさま、ダイナミック社と次世代戦闘機の契約を進めるよう促すエドワード。 「組織はいつだって、あなたの大統領の座を交代させることができます」 エドワードの言葉に、黙って従うしかないホン・スンジョ。。 エドワードの指示のもと、飛行機事故に関する、すべての捜査が打ち切りとなってしまいます。 ダルゴンの死を不審に思うヘリでしたが、チームは解散を余儀なくされます。 一方、リリーのアジトで過ごすダルゴンは、「コ・ヘリには連絡しないの?」というリリーの言葉に、「もう関係ない」と答えます。 エドワードが、遺族やヘリをいつでも殺すことができることを知るダルゴンは、ヘリには知らせず、一人エドワードに立ち向かうことに。 大統領に会いに行き、大金を手に入れたダルゴンは、そのお金でリリーを雇います。 リリーから、 サマエルがエドワードであることを聞くジェシカ! ジェシカはカン局長に連絡し、サマエルの追手から、自分を守ってほしいと訴えます。 拘置所に潜入したヘリは、ジェシカからサマエルの正体を聞きだします。 そんなヘリのもとに、エドワードが面会にやってきます。 ダルゴンを殺したのはジェシカだと話すヘリ。 拘置所をあとにしたヘリは、 待っていたジェシカと手を組み、ロビーストになると言います。 一方、エドワードの正体を掴もうと、 『レッドサン』に潜伏するダルゴン。 ミッションに参加したダルゴンは、そこで次のテロに使用されると思われる化学兵器を発見します。 そして、 その化学兵器を回収にやってきたのは、他でもないジェロムでした! ジェロムを前に、化学兵器を爆発させて、組織の正体を聞き出そうとするダルゴン。 ジェロムの口から発されたのは、 秘密組織の名前と新たなターゲット『キリア』という地名。。 次なるターゲット『キリア王国』へ向かうエドワード。 そんなエドワードの脇には、ユン・ハンギとミン・ジェシクの姿が…。 砂漠の真ん中で、ターゲットを待つダルゴンは、車から降りた女性を見て、目を見開きます! そこに立っていたのは、ロビーストに転身したヘリ…! ヘリを射殺するよう命じられるも、ダルゴンは隣にいる同僚を殺し、そのまま逃走してしまいます。 そして、 その場にダルゴンがいたことを、知る由もないヘリ。。 -完- Sponsored Link バガボンド【韓国ドラマ】第16話の感想 結局、黒幕の正体がエドワードだと分かったものの、 エドワードの後ろにも大きな組織の影が…。 そして、 ダルゴンはフニを殺したテロリストを殺し、砂漠の真ん中でヘリと再会します! 第1話の冒頭で流れたシーンは、ここに繋がっていたんですね。 それにしても、続編をほのめかすような終わり方に、ちょっと拍子抜け。。 果たして、続編はあるのでしょうか? 甥っ子の死をきっかけに、事件の真相を突き止めようと奮闘したダルゴンでしたが、最終回にはなんと傭兵になってしまうという…。 一方のヘリは、 国家情報院をやめ、ロビーストに転身することに。 この展開にも、驚きでした! ジェシカと手を組んだヘリは、未だダルゴンは死んだと思い込んだまま、またしても命を狙われてしまいます。 ダルゴンのおかげで、命を助けられたヘリですが、当の本人はそれを知りません。 なんだか勝手に、 最終回はエドワードを逮捕して一件落着、なんてお気楽に考えていましたが、そう簡単にはいきませんね。 続編に期待したいです! アクションシーンは本当に見ごたえがあり、迫力がすごかったです。

次の

韓国ドラマ【バガボンド】のテレビ放送予定は?無料動画・見逃し配信視聴方法も

韓国 ドラマ バガボンド

2019. アクション俳優として成功し、将来の世界のアクション映画界を牛耳るという抱負を持った、総合格闘技(テコンドー、柔道、ブラジリアン柔道、剣道、ボクシング)まで総合武術18段。 自信と図々しさが空を突く、クレイジーな性格で、青天の霹靂のような飛行機墜落事故を経験した後、その中に隠された巨大な陰謀と直面することになる。 スジ(miss A出身) コ・ヘリ役 国家情報院ブラック要員 戦死した海兵隊の父親の後を継いで、国家情報院ブラック要員に。 愛国と奉仕という、うわべだけ良い名分を掲げているが、世の中の実情をまったく知らない母と弟を扶養するために、国家情報院の7級公務員を選択した人物。 シン・ソンロク キ・テウン役 優れた知力、並外れた業務能力、理知的なワーカホリックの国家情報院の情報チーム長。 冷徹で慎重に事件を探るが、熱い本音を隠す多面的な人物 大統領官邸の人々 ペク・ユンシク チョン・グクピョ役 大韓民国の現職大統領 包み隠さない性格、政策を強く推し進める圧倒的なカリスマ性 ムン・ソングン ホン・スンジョ役 大韓民国首相 保守性向の同国日報論説委員の出身。 長い間親しい関係にあったチョン・グクピョが大統領に当選したときの選挙戦略本部長を務めた。 特に敵作らない特有の親和力で政界の偏平足で通したが、 無色無臭の透明人間首相というメディアの皮肉も聞いている。 キム・ミンジョン ユン・ハンギ役 大統領民政首席室秘書官 本音を出さない静かな性格、きめ細かな仕事の処理。 チョン・グクピョが与党国会議員時代の時から補佐官を務めた。 政局表意中を正確に判断して、まず動きであり、仕事を解決してから遅れて報告した。 チェ・グァンイル パク・マニョン役 国防部政策室長 陸軍中将出身で軍部の実力者である。 次世代戦闘機事業を計画して総指揮し、放散不正の中心にいる人物である。 本来の任務だけ充実したベテラン要員が要職から押し出され、政治的性向が強い疑似要員が組織を掌握した。 閑職に押し出さ酒に依存したまま敗者のように人生を生きていた時に、飛行機墜落事故が起きた。 真実の決定的な手がかりを見つけた彼は意欲的に復活した。 しかし、飛行機テロ捜査を終了するように上部の命令が下さ彼強く反発した。 彼は密かに捜査を強行し、結局は罷免される。 チョン・マンシク ミン・ジェシク役 国家情報院7局長 心理情報局長とはライバル関係である。 優れた処世術では、政治的出世志向的な性格である。 チョン・グクピョ政権が入ると、組織内で常勝疾走し、最もパワーのある桁を横取りした。 チョン・グクピョ側近であり、政権の実力者であるユン・ハンギ民政首席とは故郷の先輩と後輩の関係である。 ファン・ボラ コン・ファスク役 国家情報院7局 スタッフ業務が終わって帰宅した瞬間、彼女の変身が始まる。 濃い化粧にカラフルなかつらの毛、超ミニスカート姿で、クラブでひとしきり遊ばなければ適性が解ける、 別名遊ぶ姉だ。 ヘリとは、国家情報院の同期で最も近い友人であり姉である。 ヘリのお願いならあらゆる情報を集め手伝ってくれる。 キム・ジョンス アン・ギドン役 国情院長 シン・スンファン キム・セフン役 国家情報院のスタッフ。 テウンの忠僕。 釜山出身 キム・ミンソ ハンギス役 国家情報院のスタッフ。 ミン・ジェシクの右腕。 武器のラウンジグループの人々 イ・ギョンヨン エドワード・パク役 韓国の名前:パク・ギピョ ダイナミックシステムコーポレーション傘下のグループである「DKP(ダイナミックKP)」の首長である。 偶然の一致だろうか?国際的に発生した謎の事件の背後に、いつも彼があった。 ムン・ジョンヒ ジェシカ・リー役 ジョンエンマーク社アジア担当社長 秘密を持つ武器ロビイスト 多くの偏見と差別を克服してトップに上り詰めた人物。 アメリカで大学を卒業した年に、世界の武器博覧会でアルバイトをして、世界的な武器中継商人アドナンカショギの目にとまる。 特別な才能を発見したカショギは彼女をロビイストであるエドワード・パクに紹介させてくれた。 キム・ジョンヒョン ホン・スンボム役 国際弁護士スマートな頭脳と果敢な決断力、実行力が目立つ。 ジェシカ・リーの忠僕で活動が反転の要素を持っている。 パク・アイン リリー役 傭兵出身 気まぐれな性格。 米国傭兵会社「ブラックサン」の教官だったお父さんが、イラクの「砂漠の狐」作戦中に戦死した。 これ衝撃を受けて麻薬と暴力にさまようた彼女はお父さんの傭兵会社に入った。 二十代半ばには、お金を稼ぐという一念で傭兵生活を倒すキラー団体を結成した。 その時からエドワード・パクと縁を結び、ジェシカとも知った。 ジェシカの要請でハリーをなくすために縦横無尽する。 遺族 コ・ギュピル パク・グァンドク 誘導体育館館長 誘導大学を卒業した後、しばらくごろつきの世界に足を踏み入れたが 今の妻に会って変わった。 妻と一緒に、新しい出発をするが幸福はとても短かった。 飛行機事故で妻を失ったのだ。 その他の人物 ユ・テオ ジェロム役 飛行機のテロリスト 幼い時、フランスに養子になり、フランス国籍を持っている。 「ブラックサン」所属の傭兵であり、韓国語と英語、スペイン語にも長けている。 アクシスの指令で民航旅客機を墜落させて脱出した。 チャン・ヒョクジン キム・オギ 航空機副機長 巨額を受けジェロムを助け飛行機を墜落させた。 死者に処理されたが、ジェロムと一緒に事故飛行機から脱出して姿を消した。 カン・ギョンホン オ・サンミ キム・オギの妻 飛行機事故の後、特有の楽しい人格に遺族たちの信頼を受け、対策委員長まで務める。 しかし、優しく穏やかな笑顔の裏にお金のために素晴らしいこだわりと俗物根性が隠されている。 夫のキム・オギとは実質的に共犯関係である。 キム・オギの行方を知っている唯一の人物。 不可歳は、国家情報院のブラック要員として活用できる南北の経済協力交流が締結され、解体された。 事故が事件へと変わり、主人公が相手するのは国家!その不正を暴いていく過程がダイナミックで面白い! イ・スンギとMiss A出身のペ・スジ共演の話題作! 国家情報院のエージェントとスタントマンの主人公が飛行機墜落事故の真相を追うドラマで、アクション映画をみるような迫力のあるアクションシーンが楽しめるドラマです。 海外ロケはモロッコとポルトガルで、韓国ソウルを舞台に繰り広げられるストーリーは予想外の展開を続け、緊張感のある展開を求めている方には、お薦めしたいドラマでした。 イケメンとは決して言えないけど、独特の魅力が溢れるイ・スンギ。 これまでイ・スンギが出演したドラマはどれも、ドラマの進行と共に、徐々にイ・スンギがカッコよく見えてくるという、不思議な力を持った俳優。 個人的な意見ですが、役作りがとても上手で役を演じるというよりは、役に成りきる能力が高い俳優だと思ってきましたが、このドラマではワイルドで無鉄砲。 状況判断が早く、本能的に他人を信じないタイプの主人公で、胸キュンするシーンは少なかったような気がしました。 甥が乗った飛行機が目的地に到着する前に墜落、墜落前の飛行機の中の様子を映す動画を見たチャ・ダルゴン(イ・スンギ)が事故の原因を追究し、テロによる墜落事故だと気づくところから始まるドラマ、、、その後、飛行機テロ事故に隠された大きな陰謀に気づいていきます。 その過程で明かされる真実や逆転等、息をのむほどの緊張するエピソードも登場し、最終話まで結末を予想できないハラハラする展開が続きます。 ドラマの枠を超えた壮大なスケールで描かれたスパイアクションドラマとして大ヒットした「アイリス」や「アテネ」等のアクションドラマが好きな方は楽しめる作品だと思います。 国家情報院、大統領、民情首席室秘書官、ロビイスト、キラー、傭兵などが登場するドラマなので、多様な登場人物と内容面では面白いので、一生懸命に見ちゃった作品でした。 ヒロインを演じるペ・スジは、2013年「九家の書~千年に一度の恋~」でイ・スンギと共演し、2度目の共演となるため、二人の息はピッタリ。 「むやみに切なく」や「あなたが眠っている間に」ではまだあどけなさが残っていましたが、このドラマでは女性らしさも十分アピールでき、演技力もアップしたように感じました。 アッと驚くほど綺麗な表情を見せるので、女性の視線からでも魅力を感じる女優です。 最終話のエンディングは、シーズン2を予想させるものでした。 スパイアクションドラマには必ず登場する悪の存在、、、巨大な権力を持った組織が隠れていることを示唆し、主人公チャ・ダルゴン(イ・スンギ)はスタントマンから傭兵へ、コ・ヘリ(ペ・スジ)は国家情報院のエージェントからロビイストに変身?し、二人のストーリーは続く。。。 ヨン・ウジン、gugudanのキム・セジョン、ソン・ジェリム、T-ARAのジヨン まずは30日間お試し.

次の

バガボンド

韓国 ドラマ バガボンド

チャ・ダルゴン(イ・スンギ)は亡くなった兄の子フンを引き取り一緒に暮らす平凡な男。 甥を養うために熱血スタントマンとして一生懸命働く毎日。 しかし甥のフンは、叔父であるダルゴンが自分のせいでアクション映画監督という夢を諦めたことが気にかかっており、参加費用がかかるからとモロッコで開催されるテコンドー大会に参加するのをためらう。 そんな甥の姿に落ち込むダルゴン。 それでも予定通り大会に参加することになり、フン含むテコンドー示範団は飛行機へ搭乗、会場となるモロッコへと向かう。 そんな中、飛行機墜落事故が発生。 その飛行機こそがまさに、甥のフンを含むテコンドー示範団が乗っていたモロッコ行きの飛行機だったのだ。 生存者はゼロ…可愛い甥も亡くしてしまう。 機材欠陥が原因という事故調査結果が発表されたが、実は本当は違った。 この事故には陰謀が隠されていたのだ。 この事故をきっかけに、ダルゴンはバガボンド 放浪者 として巨大な国家の陰謀を探り、真実を暴いていく。 leeseunggi. official がシェアした投稿 — 2019年10月月25日午後9時34分PDT 【プロフィール】• 名前:イ・スンギ(이승기)• 生年月日:1987年1月13日• 所属事務所:hookエンタテインメント• 主な出演作品:ドラマ『華麗なる遺産』『キング 〜Two Hearts』『僕の彼女は九尾狐』 本作品では、甥が巻き込まれた飛行機墜落事故をきっかけに平凡だった人生が一変、バガボンド 放浪者 として国家の陰謀を暴いていく役を演じています。 イ・スンギは私が初めて彼を見た作品「華麗なる遺産」のわがままなおぼっちゃま役、かつ実は優しい!というイメージなのですが 笑 、今回はアクションにチャレンジしており、新たな姿が見れるのかと思うと新鮮でワクワクします。 コ・ヘリ役:ペ・スジ skuukzky がシェアした投稿 — 2019年11月月12日午前3時56分PST 【プロフィール】• 名前:ペ・スジ(배수지)• 生年月日:1994年10月10日• 所属事務所:Soop Entertainment• 主な出演作品:ドラマ『ドリームハイ』『九家の書』、映画『建築学概論』 本作品では、戦死した海兵隊の父の跡を継いで国家情報院のブラック要員となったコ・ヘリを演じています。 「スジ=可愛らしい女の子」というイメージが強かったのですが、可愛らしさを残しつつもすっかり綺麗で素敵な女性になった印象。 女性らしいイメージですが、今回はサングラスをかけ銃を握るシーンも。 格好良くてちょっとダークなスジも、今までにない感じで楽しみですね。 名前:シン・ソンロク(신성록)• 生年月日:1982年11月23日• 所属事務所:HBエンターテイメント• 主な出演作品:ドラマ『星から来たあなた』『空港に行く道』『パフューム』 本作品では、病院長である父・大学教授の母を持った裕福な家庭の出身であり、知力・能力ともに並外れた国家情報チーム長、キ・テウンを演じています。 『星から来たあなた』では執念深くダークな一面を見せ、『空港に行く道』では軍隊出身の厳しい夫を演じていました。 他作品での「強い男性」像は、きっと今回のシリアスな部分にも生かされて、見事に演じてくれることと期待しています。 それから彼、なんとミュージカル出身の俳優さんなんです!高い演技力に注目です。 その他の出演キャスト• ユン・ハンギ役:キム・ミンジョン(김민종)• ミン・ジェシク役:チョン・マンシク(정만식)• コン・ファスク役:ファン・ボラ(황보라) その他のキャストさんも、「あ!あのドラマで見たことある!」となるような大御所・名脇役揃いです。 見覚えのある方が多いと勝手に親近感が沸いてしまいます…! 個人的には、チョン・マンシクさんがとても好きです。 一度見ると忘れられない顔!存在感があります。 コワモテかな?と思っていたのですが、笑顔がとてもかわいいんです 笑 スポンサーリンク 『バガボンド』を見た感想とレビュー アクションドラマは、恋愛ものを見ることが多い私にとっては正直あまり馴染みのないジャンル。 タイトルを見た時も、最初はどんなドラマなのか全然想像がつきませんでした。 ですが、予告を見ただけどもうハラハラドキドキ!本格的なアクションに、美しい映像、そして、主演のイ・スンギ&スジの今までに見たことのない表情…。 一瞬で引き込まれてしまいました。 SNSでも• 「イ・スンギのアクションがカッコいい!」• 「スケールもアクションも圧倒的」• 本格的なアクションシーン満載で、イ・スンギやスジの今までにない新しい姿が見られそうです! また制作陣もヒットメーカー揃いなので、ストーリー展開も大いに期待できそうですね。 SNSでの評判も上々! たまには恋愛もの以外も見てみたいな、新鮮さがほしいな、と思っているそこのあなた!きっとこのドラマはぴったりだと思います。 ぜひチェックしてみてください!.

次の