厚生 労働省 職業 安定 局。 職業能力開発局

「厚生労働省職業安定局」に関するQ&A

厚生 労働省 職業 安定 局

厚生労働省職業安定局雇用保険課から身に覚えのないお手紙が届きました。 皆さんの中にも届いた方はおられますでしょうか? このお手紙は一体何のお手紙なのでしょうか?ちょっと調べてみましょう。 お手紙の中身は お手紙には、5枚の書類と1通の返信封筒が入っていました。 紹介していきましょう。 1.雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願い• こちらは今回の経緯を説明しています。 厚生労働省が所管する統計について、長年に渡り不適切な取扱いをしていたことが発端であることがわかります。 ただ、書き方が少々回りくどくて、何だか伝わりにくいですね。 簡単に言うと、厚労省がミスをし放置していたので、雇用保険で支払われるべきお金を支払っていなかったから、きちんと調査し必要であれば支払うので個人特定情報と振込先を教えてほしいということのようです。 私は、過去に転職したことがあり、その際働いていなかった期間が少しあります。 その間に失業手当はいただかなかったのですが、勤め始めたときに頂いたお祝い金(再就職手当)が足りなかったかもしれないということのようです。 裏面にはその期間についても書かれていました。 2.(表)雇用保険の追加給付に関する回答票 (裏)払渡希望金融機関指定(変更)届• 今回記入が必要な書類はこれだけです。 この回答票と金融機関指定(変更届)にはそれぞれ記入例も同封されています。 この書類に記入し、返送することでお金が戻ってくるようですね。 3.雇用保険制度の各種給付の概要• 厚生労働省の「毎月勤労統計調査」の影響により、平成16年8月以降、雇用保険の各種給付を受けていた方の給付額が低く計算されている可能性があります。 と冒頭に書かれています。 あとは制度の説明が事細かに書かれていますね。 ですが、これですと「そもそも、なぜこの手紙が来ることになったのか?」がいまいちわからないですね。 せっかくなので、もっと調べていきましょう。 厚労省のWebサイトを探してみる 厚労省のWebサイトにはこのような表記がありました。 本日公表を行った毎月勤労統計調査において全数調査するとしていたところを一部抽出調査で行っていたことにより、平成16年以降の同調査における賃金額が低めに出ていたことから、同調査の平均給与額の変動を基礎としてスライド率等を算定している雇用保険制度等における給付額に影響が生じております。 このため、平成16年以降に雇用保険、労災保険、船員保険の給付を受給した方の一部及び雇用調整助成金など事業主向け助成金を受けた事業主の一部に対し、追加給付が必要となりました(現在受給中の方も該当する場合があります。 統計において、全数調査すべきであったところをサンプリング調査(一部抽出調査)で行っていたのが原因で、平均給与額の給付額に影響があり、支払額が少なかったことがわかります。 とはいえ、サンプリング調査でも適切に扱えば、統計結果として何ら問題はありません。 統計処理の仕方に何らかの問題があったのでしょうか。 当時のニュースを振り返る ITメディアさんのという記事が詳しくまとまっていたので紹介します。 要約しますと、そもそも勝手にサンプリング調査に切り替えていたのと、適切な統計処理を行っていなかったということのようですね。 2019年に国会をにぎわせた厚労省の不正統計問題を覚えてられますでしょうか?あの不正統計の結果がこのような形で跳ね返っていたのですね。 NHKのではまさにこの問題を正面から扱っていました。 影響範囲は相当に大きく、支払われなかった給付金の総額は600億とも800億ともいわれています。 但し、関係する人が約2000万とあまりにも多いため、一人あたりの受給額はそれほどの額にはならないのでしょうね。 ミスを隠し通した結果、リカバリーするのにいったいどれくらい税金をつぎ込むというのは気になるところですが、とりあえず、いくらかでも貰えるのはうれしいところ。 この件は、また詳しくわかりましたら加筆していきたいと思っています。 カテゴリー, , タグ, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , 投稿ナビゲーション.

次の

厚生労働省職業安定局雇用保険課から封書が届く!俺が一体何をしたんか?

厚生 労働省 職業 安定 局

会社員人生を15年近く続けているが、雇用保険を給付されたのは過去に一度だけだったと記憶していたからだ。 14年前、新卒で入社した会社を1年弱で退社し、ハローワークに通っていたころにお世話になった。 再就職後は無職の期間はなく、雇用保険を支払い続けてきた。 手紙を開封してみることにした。 すると、返信用の封筒など書類一式が出てきた。 「雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願い」と書かれた書類を読んでみると、次のことが分かった。 毎月勤労統計調査をはじめとする厚労省が所管する統計について、2019年に不正が発覚した。 全数調査をしなければならないのに、一部抽出調査が行われていたのだ。 そのため、雇用保険や労災保険などで多くの受給者が支払い不足の状態に陥っていた。 厚労省は対象者に対して支払いをする準備を進めており、ハローワークで保有する氏名・生年月日などをもとに調査。 記者が追加給付の対象であることが分かったという。 関連記事• セブンが実証実験を継続的に行う拠点がある。 実際に行ってみると「たばこは無言で買う時代」というコピーがあった。 どんな意味があるのか? 実際にたばこを買ってみた。 転職市場が活性化しており、何度か退職を経験した人も多いだろう。 退職時にこそ猛烈に仕事に取り組むべきだと筆者は主張する。 どういうことかというと……。 「隣接する商業施設からテナントが撤退」「水筒の持ち込み禁止」などのニュースで注目を浴びているレゴランド。 ネット上では酷評する声もあるが、実際はどうなのだろうか。 記者が家族を連れて遊びに行ってみた。 ドン・キホーテのノウハウを取り入れた共同実験店が6月にオープンした。 店舗の売れ筋商品を分析したところ、ある商品が上位に食い込んだ。 ファミマの幹部は「なぜ売れるのか分からない」と原因を分析しきれていない。 マンション内に「モンスター住民」が増えつつあるようだ。 実態はどうなっているのか。

次の

障害者の雇用促進について

厚生 労働省 職業 安定 局

先日、なんなん?これ?って封書が届きました。 「厚生労働省職業安定局雇用保険課」からなんですよね。 確かに私はセミリタイアする時に、雇用保険を受給してたしな~ お前もっとちゃんと仕事探して、金稼いで税金納めろ!とでも督促されたのかなって思いました。 スポンサードリンク 内容はこんなのでしたね。 雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願いでした(^^) ふぅ~追加で徴収されるんやなく、給付って文字にホッとした。 なぜ追加の給付になったのか? 厚生労働省が所管する統計で、長年にわたり不適切な取り扱いをしていたとのこと。 雇用保険、労災保険、船員保険、事業主向け助成金で、多くの方の給付が支払い不足の状態となっていたってわけ。 未だ無職の私は、少しでもいただけるのならありがたい。 一体いくらくらいなんやろな?って思いました。 すると、1人あたりの支払額平均は 1400円程度(^^;) 微々たるもんですけどね・・・ しかし、いただけるもんはきちんといただきますよ。 しっかりと長年サラリーマンやって来て、きちんと税金を納めてきた身ですもん。 避寒旅に出る前、年内にちゃんと返送しときましょう。 スポンサードリンク.

次の