郵便 局 年賀状。 年賀状2020 無料 イラスト 郵便局

郵便局「年賀状」2020年販売時期・種類、返品や交換の対処法・出し方

郵便 局 年賀状

未使用の年賀状や書き損じたはがきは、「切手」や「普通郵便はがき」と交換することができます。 交換場所は、最寄りの郵便局。 交換の際、 手数料として年賀状1枚につき5円かかります。 この手数料は現金か切手で支払う必要があり、手数料分を年賀状で差し引きすることはできません。 また、書き損じはがきは、販売期間内であれば新しい年賀状と交換できます。 2019年用の年賀状販売期間は、2018年11月1日 木 ~2019年1月11日 金 です。 この期間内であれば、書き損じにより年賀状が足りなくなっても、郵便局に行って手数料を支払えば交換してもらえます。 年賀状の交換自体には、特に期限が設けられておりません。 そのため、家に保管してある数年前の年賀状でも「切手」や「普通郵便はがき」と交換することが可能です。 ただし、過去の年賀状を「今年度分の年賀状」に交換することはできません。 例えば、「2018年用の年賀状を、2019年用の年賀状には換えられない」ということです。 たとえ2019年用の年賀状販売期間であっても古い年賀状とは交換できないため、注意しましょう。 郵便局では使わなくなった年賀状を現金に換えることはできません。 特殊切手にも交換できませんが、郵便書簡(ミニレター)や特定封筒(レターパック)ならば交換可能です。 「どうしても現金に換えてほしい!」という方は、金券ショップで相談してみましょう。 未使用の年賀状や書き損じはがきを、1枚20~40円で買い取ってくれる場合があります。 郵便局では現金に換えてくれませんが、こういった金券ショップでの交換方法があるのも知っておくと便利です。 喪中になってしまった場合でも、年賀状をはがきに交換できる 年賀状販売期間内であれば、喪中により使えなくなった年賀状を「無料」で交換してくれます。 すでに完成した年賀状でも、消印がなければ交換が可能です。 誤って別の種類の年賀はがきを買った場合でも交換できます。 これは、簡易郵便局を除く全国の郵便局で交換が可能です。 窓口の方に喪中である旨を伝えて、備え付けの請求書に「住所・氏名・亡くなられた方との続柄」を記入します。 手続きが終われば、持参した年賀状は「通常切手」「普通郵便はがき」「郵便書簡(ミニレター)」「特定封筒(レターパック)」のいずれかに交換できます。 喪中であっても、特殊切手や来年用の年賀状に換えることはできません。 未使用の年賀状でお年玉が当選したら、交換できるの? 未使用の年賀状や書き損じたはがきでも、お年玉付き年賀はがきが当選すれば賞品と引き換えることができます。 また、賞品引き換え後に「通常切手」「普通郵便はがき」「郵便書簡(ミニレター)」「特定封筒(レターパック)」のいずれかに交換することもできます。 お年玉当選後には、はがきの抽選番号にハンコが押されます。 このハンコは「賞品と引き換えしたことを証明する印」のため、切手や普通郵便はがきに交換しても問題ないのです。 そのため、 未使用の年賀状や書き損じのはがきは「お年玉の抽せん日以降に交換する」ようにしましょう。 2019年の抽せん日は1月20日 日 であり、賞品との引き換え期間は1月21日 月 ~7月22日 月 です。 賞品は、特別な切手シートで当選本数は1万本です。 切手や普通郵便はがきに交換するのは、いつでも可能です。 しかし、その交換した年賀状が「実は当選番号だった」という事態も考えられます。 2019年の賞品の1等は、「現金30万円」か「30万円相当のセレクトギフト」です。 せっかく当選しても当選した年賀はがきが手元になければ悔やまれるため、お年玉の抽せん日まで大切に持っておくといいでしょう。 当選数は総数約24億1,281万枚のうち、2,412枚に1等景品が当たります。 下6桁がそろっていれば1等当選であり、100万本に1本が当たるとされています。 2等の賞品は、ふるさと小包などです。 下4桁がそろっていれば当選であり、1万本に1本の確率です。 3等の賞品は、お年玉切手シート。 下2桁ぞろいで当選し、100本に3本の確率で入っています。 (手数料を支払えば、切手に交換するなどができるそうです。 ) まとめ 使わなくなった年賀状は、「通常切手」「普通郵便はがき」「郵便書簡(ミニレター)」「特定封筒(レターパック)」のいずれかに交換できます。 また、年賀状販売期間であれば、書き損じはがきを新しい年賀状と交換できます。 ただし、交換の際には1枚5円の手数料がかかり、古い年賀状を新しい年賀状に交換することはできません。 喪中であれば年賀状販売期間中に「手数料無料」で交換できますが、来年用の年賀状に引き換えるサービスを行っていません。 交換には何かと条件があるため、注意しましょう。 郵便局では現金に換えることができませんが、金券ショップならば年賀状1枚20円~40円で交換してくれるところがあります。 また、未使用の年賀状や書き損じはがきを、福祉団体に寄付することも可能です。 使わなくなった年賀状には、さまざまな活用方法があります。 余ったから、書き損じたからとごみ箱に捨てず、自分に合った方法で年賀状を活用しましょう。

次の

やっぱり郵便局がツカエル

郵便 局 年賀状

年賀状当選番号 2020年(令和2年)お年玉年賀はがき当選番号 年賀状当選番号 お年玉付年賀はがき 2020年(令和2年) Sponsored Links 郵便年賀状当選番号2020年の抽選結果をお知らせします。 日本の郵便年賀状には親しい人と新年のご挨拶を交わす大切な役割と、年賀状当選番号抽選をチェックして当たりを調べる楽しみがありますね。 100万分の1の確率で現金30万円が当たるのは、すでに宝くじの領域ともいえそうです。 お年玉賞品の詳細は下記に掲載しましたのでご覧ください。 新年の年賀状当選番号では一部の券種限定で、特等が当たります。 東京2020大会の開会式と閉会式のペアチケットがそれぞれ2本、そして競技観戦ペアチケットが1000万分の1の確率で当たります。 これらは旅費に充当できる旅行券がセットになっています。 さて、1月19日発表の年賀状当選番号のお年玉賞品はいつまでに引き換えれば良いかというと、夏頃までの半年間の期限があります。 このページで郵便局での引き換え方法についても解説いたします。 昨年2019年 亥年の抽選結果 2019年(H31年) 年賀状お年玉当選番号一覧 昨年1月20日(日)抽選日結果! こちらは前回の年賀状当選番号となります。 通常1等から3等は各組共通のため、左側のAまたはBから始まる組番号は特等以外は必要がありません。 これまで過去に行われたお年玉付き年賀はがきの抽選結果は過去の年賀状当選番号で詳しくお調べ頂けます。 年賀はがき当選番号をチェックする 年賀状当選番号欄は、それぞれが個性的なイラストデザインになっています。 特にスタンダードな無地のものは毎年、可愛い仕上がりとなっていますね。 郵便切手部分のイラストとお年玉抽選のイラストが対になり、素敵な子年のストーリーを演出しています。 見本は4種類の年賀状の切手部分です。 そして下の見本は2020年賀状当選番号欄の絵柄で、両者のイラストのイメージが味わい深く描かれています。 100万本に1本の割合で当たります。 郵便切手は美しいデザインで収集家も多くコレクションにも最適な逸品です。 郵便局で賞品と引き換える方法について 年賀状の当選番号をチェックしたら郵便局へ賞品引換に行きましょう!引換期間は抽選日翌日の1月20日(月)から7月20日(月)まで。 応援賞も後日郵送となります。 東京オリンピック関連の特等は郵便局での引換受付時に、本人確認書類が必要です。 郵便窓口にて詳しいご案内となります。 また、一緒に住むご家族の年賀状や1等と2等の申請の場合にも、当たりのハガキと本人確認の免許証や保険証なども持参しましょう。 もちろん交換ではありませんのでハガキは持って帰れます。 親しい人から新年のご挨拶をいただく喜びと一緒に、今年もどうぞ素敵な幸運が皆さまに届きますように!.

次の

ぽすくまガチャ年賀

郵便 局 年賀状

未使用の年賀状や書き損じたはがきは、「切手」や「普通郵便はがき」と交換することができます。 交換場所は、最寄りの郵便局。 交換の際、 手数料として年賀状1枚につき5円かかります。 この手数料は現金か切手で支払う必要があり、手数料分を年賀状で差し引きすることはできません。 また、書き損じはがきは、販売期間内であれば新しい年賀状と交換できます。 2019年用の年賀状販売期間は、2018年11月1日 木 ~2019年1月11日 金 です。 この期間内であれば、書き損じにより年賀状が足りなくなっても、郵便局に行って手数料を支払えば交換してもらえます。 年賀状の交換自体には、特に期限が設けられておりません。 そのため、家に保管してある数年前の年賀状でも「切手」や「普通郵便はがき」と交換することが可能です。 ただし、過去の年賀状を「今年度分の年賀状」に交換することはできません。 例えば、「2018年用の年賀状を、2019年用の年賀状には換えられない」ということです。 たとえ2019年用の年賀状販売期間であっても古い年賀状とは交換できないため、注意しましょう。 郵便局では使わなくなった年賀状を現金に換えることはできません。 特殊切手にも交換できませんが、郵便書簡(ミニレター)や特定封筒(レターパック)ならば交換可能です。 「どうしても現金に換えてほしい!」という方は、金券ショップで相談してみましょう。 未使用の年賀状や書き損じはがきを、1枚20~40円で買い取ってくれる場合があります。 郵便局では現金に換えてくれませんが、こういった金券ショップでの交換方法があるのも知っておくと便利です。 喪中になってしまった場合でも、年賀状をはがきに交換できる 年賀状販売期間内であれば、喪中により使えなくなった年賀状を「無料」で交換してくれます。 すでに完成した年賀状でも、消印がなければ交換が可能です。 誤って別の種類の年賀はがきを買った場合でも交換できます。 これは、簡易郵便局を除く全国の郵便局で交換が可能です。 窓口の方に喪中である旨を伝えて、備え付けの請求書に「住所・氏名・亡くなられた方との続柄」を記入します。 手続きが終われば、持参した年賀状は「通常切手」「普通郵便はがき」「郵便書簡(ミニレター)」「特定封筒(レターパック)」のいずれかに交換できます。 喪中であっても、特殊切手や来年用の年賀状に換えることはできません。 未使用の年賀状でお年玉が当選したら、交換できるの? 未使用の年賀状や書き損じたはがきでも、お年玉付き年賀はがきが当選すれば賞品と引き換えることができます。 また、賞品引き換え後に「通常切手」「普通郵便はがき」「郵便書簡(ミニレター)」「特定封筒(レターパック)」のいずれかに交換することもできます。 お年玉当選後には、はがきの抽選番号にハンコが押されます。 このハンコは「賞品と引き換えしたことを証明する印」のため、切手や普通郵便はがきに交換しても問題ないのです。 そのため、 未使用の年賀状や書き損じのはがきは「お年玉の抽せん日以降に交換する」ようにしましょう。 2019年の抽せん日は1月20日 日 であり、賞品との引き換え期間は1月21日 月 ~7月22日 月 です。 賞品は、特別な切手シートで当選本数は1万本です。 切手や普通郵便はがきに交換するのは、いつでも可能です。 しかし、その交換した年賀状が「実は当選番号だった」という事態も考えられます。 2019年の賞品の1等は、「現金30万円」か「30万円相当のセレクトギフト」です。 せっかく当選しても当選した年賀はがきが手元になければ悔やまれるため、お年玉の抽せん日まで大切に持っておくといいでしょう。 当選数は総数約24億1,281万枚のうち、2,412枚に1等景品が当たります。 下6桁がそろっていれば1等当選であり、100万本に1本が当たるとされています。 2等の賞品は、ふるさと小包などです。 下4桁がそろっていれば当選であり、1万本に1本の確率です。 3等の賞品は、お年玉切手シート。 下2桁ぞろいで当選し、100本に3本の確率で入っています。 (手数料を支払えば、切手に交換するなどができるそうです。 ) まとめ 使わなくなった年賀状は、「通常切手」「普通郵便はがき」「郵便書簡(ミニレター)」「特定封筒(レターパック)」のいずれかに交換できます。 また、年賀状販売期間であれば、書き損じはがきを新しい年賀状と交換できます。 ただし、交換の際には1枚5円の手数料がかかり、古い年賀状を新しい年賀状に交換することはできません。 喪中であれば年賀状販売期間中に「手数料無料」で交換できますが、来年用の年賀状に引き換えるサービスを行っていません。 交換には何かと条件があるため、注意しましょう。 郵便局では現金に換えることができませんが、金券ショップならば年賀状1枚20円~40円で交換してくれるところがあります。 また、未使用の年賀状や書き損じはがきを、福祉団体に寄付することも可能です。 使わなくなった年賀状には、さまざまな活用方法があります。 余ったから、書き損じたからとごみ箱に捨てず、自分に合った方法で年賀状を活用しましょう。

次の