嫌いな女性タレントランキング。 嫌いなママタレントランキング 1位~5位…まさかのあの人がランクイン!?

嫌いな女性芸能人(2020年)のランキング、1位は和田アキ子

嫌いな女性タレントランキング

また2008年に殿堂入りした高島彩さんも、かわいらしいルックスと確かな実力で不動の人気を誇っていましたね。 安定したアナウンス技術と、気の効いた受け答えなどが本当に素晴らしいアナウンサーでした。 2019年には、『激レアさんを連れてきた。 』での進行ぶりが好評な弘中綾香さんがニューフェイスとして登場しました。 男性アナは清潔感と進行技術がポイント 女性ほど注目されない、好きな男性アナウンサーですが歴代の男性アナのキャラクターには共通点が多いですね。 フレッシュな新人よりも、安定感のあるベテランの方が好感度が高い傾向があります。 スポンサードリンク 嫌いなアナウンサーランキング歴代(男性・女性) 年度 嫌いな女子アナ1位 嫌いな男性アナ1位 2019年 加藤綾子 フリー 宮根誠司(フリー) 2018年 加藤綾子 フリー 宮根誠司(フリー) 2017年 加藤綾子 フリー 宮根誠司(フリー) 2016年 加藤綾子 フジ 宮根誠司(フリー) 2015年 加藤綾子 フジ 古舘伊知郎(フリー) 2014年 加藤綾子 フジ 古舘伊知郎(フリー) 2013年 高橋真麻(フリー) 古舘伊知郎(フリー) 嫌いな女性アナは好きの裏返し? 2015年から2019年まで、嫌いなアナウンサーを独走している加藤綾子さんですが、実は2011年、2012年には好きなアナウンサーにも選ばれたこともある人気者です。 なぜこのような現象が起こるかというと、局アナ時代はタレントさんを補佐する役割や、出番も少なめなのですが、 フリーになると、タレント的な立ち位置に変わることで露出が増え、それと同時にアンチも多くなっていくからです。 しかし、局アナからフリーになったことで好感度をあげたアナウンサーもいます。 露出の高い服をきたり、男性タレントに媚びを売ったりし、「アナウンサーというより、グラビアアイドルなれば?」という厳しい意見もありました。 そして忘れてはならないのが、元フジテレビアナウンサーの高橋真麻さん。 表現する憧れからフジテレビに入社するも、「ブサイク」「親の七光り」として批判され好感度は低いものでした。 しかし一転、フリーになると「好きな女性アナウンサー」部門にランクインすることも多くなり、ニュース番組意外にもバラエティなどで重宝されています。 フリーになってからは、 自虐ネタ(ブスいじり)などを寛容に受け止めつつ、社会派なコメントもきっちり出来るということで現在の活躍にいたっています。 嫌いな男性アナは二人が独走 男性では、「報道ステーション」のMCに就任して以降ずっと嫌いなアナウンサーを独走してきた古舘伊知郎さんですが、2016年からは宮根誠司さんに、その座を譲っています(笑)。 どちらもクセがあり、かなり個性が強いアナウンサーなので、好き嫌いが分かれるのでしょうね。 など、散々な理由が並びます(笑)。 宮根さんなんかは、「なんぼもらってねん」「ええギャラやろな」など、お金にがめついイメージや、「人がしゃべっているのにさえぎる」「自分の意見が正しいように誘導する」などのから好感度は低くなっているようですね。 今後も宮根さんの独走は、続きそうです。 最後に 「好きなアナウンサーランキング」と「嫌いなアナウンサーランキング」をまとめてみると、どちらにも名前が挙がっているアナも多かったですね。 「嫌いなアナウンサー」に選ばれているということは、それだけテレビの露出が多く、活躍しているということでしょうか。 局アナはフリーになると明暗が分かれることが多いので、今後フリーに転身する人には、ぜひ注目していきたいです。

次の

【最新版】女性タレントの人気ランキングTOP50!好感度1位はあの人!

嫌いな女性タレントランキング

嫌いなママタレント 気になる順位は?? 2人の女の子ママ。 ユッキーナは同性からの好感度が低い。 インスタ炎上は毎度の事。 ヤンキー気質で、自分を中傷するコメントに対しては真っ向勝負を挑む。 言葉使いの悪さもあり、全く共感出来ない。 年の差婚で旦那が優しい事もあり、好き勝手やっていると思われている様だ。 フジモンには、もっとシッカリ嫁の管理をして欲しいものだ!!!! 翌年、男児を出産するも…5年ほどで離婚。 過去に坂上忍も益若の事を、「自己中な人」「楽屋が隣でも挨拶に来ない」「何様のつもり」と発言している。 これらからも、性格の悪さを感じとる事が出来る。 一番引いたのが…自分の親友のきゃりーぱみゅぱみゅ の元彼Fukaseと交際を始めた事だろう。 今でもきゃりーと仲良し発言をしているが、有り得ない話だ!!!! 笑 第3位 土屋アンナ 1984年3月11日生 33歳 東京都渋谷区出身。 楽しければいい!! スタイル。 個性が強く、口調もキツイ。 自由奔放なイメージが強いですよね。 現在3人の子供の母親だが、3度の出来婚に2度の離婚を経験している。 学習はしないのか!? どうせまた離婚するんでしょ?? と感じている人も少なくないでしょう!! 現在3人の子供のママだ。 辻は人気ブロガーだが、プライベートをさらけ出し過ぎている。 非常識な行動が目立ち、外食三昧。 お金の使い方がザル… 社会には大いに貢献してくれていますよね 笑 顔も…モー娘。 時代とは全然違いますよね。 イヂッてない訳がない!! 過去の映像や写真が沢山残っているので何回も見比べましたが…もはや別人です!! 笑 そして第1位は… 紗栄子 本名 道休 紗栄子 どうきゅう 紗栄子 1986年11月16日生 30歳 宮崎県宮崎市出身。 O型 157cm 2007年、プロ野球選手のダルビッシュ有と結婚し2人の子供を授かる。 野球選手は体が資本なのに、料理をしなかったり、育児を放棄したりと自由奔放な結婚生活を送っていたのだとか…。 離婚の際も、10億円を要求した事も有名ですよね。 離婚後も、「zozotown」の社長 前澤 友作さんなどと付き合って、セレブ生活をブログで公開しているので、嫉妬もありつつ…批判も絶えません!! まとめ どれも納得!! な意見でしたよね?? 5人共に我が道を行くタイプなので、自分をちゃんと持っている!! という点では尊敬もできますが… あまり自分自分!! は受け入れられない世の中ですよね。 嫌われる=注目されている という事も言えるので、5人にはこれからも多岐に渡り活躍して頂きたいですね!!!!

次の

好きなアナウンサーランキング歴代(男性・女性)!嫌いなアナウンサーも│歴代.com

嫌いな女性タレントランキング

芸能界、政界、スポーツ界…さまざまな業界で多くの女性たちが活躍していますが、良い意味でも悪い意味でも、毎年たくさんの女性たちの話題が世間を賑わしています。 当然、話題になる=好かれるだけでなく、嫌われることもあるわけです。 そこには、嫉妬ややっかみもあるでしょうが、態度や発言が嫌われる…ということも往々にしてありますよね? そんな、「嫌いな女」をアンケート調査でつまびらかにしてしまおうという企画を、週刊文春と週刊女性が不定期で行っています。 そこで今回は、 ・嫌いな女ランキング 週女版 ・女が嫌いな女ランキング 文春版 の結果をご紹介します。 1位に輝いたのは、前回に引き続き和田アキ子さん。 やはりこの牙城は崩れません。 TBS「アッコにおまかせ」では、和田アキ子さんから発せられる失言が物議を醸す…なんてこともたびたび。 相変わらずの太鼓持ち芸能人とのやり取りにも、いい加減辟易ではないでしょうか? 2位は安定の泉ピン子さん。 1位アッコ2位ピンコ。 嫌われ女の1位2位はやはりこのコンビでこそしっくりくるのかも!?なお、嫌われる理由は説明しなくても、大体の人は感じ取ることができると思われるので割愛。 3位は前回2位の鈴木奈々さん。 <嫌いな女ランキング2019> 2019年5月13日 月 、週刊女性プライムが「嫌いな女ランキング2019」を発表しました。 どうしてここまで嫌われてしまったのか…については不明ですが 棒 、芸能界のご意見番としてさまざまな意見を求められるも、以前と比べて時代錯誤なコメントが増えたような…?また、取り巻き芸能人の持ち上げっぷりも、なんだかね…って感じが否めません ぼやっとしておきます。 2位は鈴木奈々さん。 同じ言葉を何度も繰り返すうるささが、嫌われる一番の要因ではないでしょうか? 我が家ではこの方がテレビに映ると消します! 3位はベッキーさん。 ゲス不倫のイメージはいまだ消えず…なのかもしれません。 とはいえ、ご結婚もされたので、世間に嫌われようと幸せな結婚生活を続けてほしいと願うばかりです。 さて、以下では、週女プライムが合わせて紹介した、過去の嫌いな女ランキングワースト10です。 最近こそそれほどでもなくなった気がしますが、2015年ころはかなり時代錯誤な発言が多かったころだったかもしれません。 人に厳しく自分に甘い。 人には嫌なことをさせるくせに、自分は泣いて逃げる…。 バラエティー番組ではそんなイメージが…。 ちょうど2012年の1月にダルビッシュ有さんと離婚した紗栄子さん。 超高額な慰謝料を請求した…なんて噂がまことしやかに囁かれ、嫌いな女として脚光を浴びたのかもしれません。 なお、後日、慰謝料の件は虚偽であり、事実でないことをダルビッシュさん側が発表しました。 もう15年も前なので、さとう珠緒さんを知らない人も多いかもしれません。 戦隊ヒーロー出身のさとう珠緒さんは、当時タレントとして大活躍していました。 ただし、そのあまりにもあざとすぎるぶりっ子キャラは、一部男性には受けていたかもしれませんが、女性からは総スカン…といってもいいくらい嫌われていたと記憶しています。 <女が嫌いな女ランキング2018> 週刊文春が毎年行っているアンケート企画はいくつかありますが、その中でも人気とみられるが「女が嫌いな女ランキング」です。 ここでは、2018年9月6日 木 発売号の週刊文春が発表した、「女が嫌いな女ランキング2018」の結果をご紹介します。 後ろの 内の数字は獲得票です。 見事?1位を獲得したのは、歌手の工藤静香さん。 SMAP分裂解散騒動で注目された木村拓哉さんの妻でもありますが、裏で糸を引いている…とか噂され、キムタクが何かで注目されるたびに、妻の静香さんは悪目立ちする…と言う構図がこの結果となったのかもしれません。 そして、2位は前回1位だった松居一代さん。 肩書は元・ユーチューバーでOKかな?ちなみに、元夫の船越英一郎さんは、最近フジで放送された2時間ドラマ「船越英一郎殺人事件」にて、元妻・松居一代さんとの騒動をちょろっとネタにしていたのには感服しました! 3位にランクインしたのは、元フリーアナウンサーの伊藤綾子さん。 嵐の二宮和也さんとは結婚間近とも噂されており、文春には「モルディブ婚前旅行」をすっぱ抜かれていました。 11位以降のランキングはこちら。 <女が嫌いな女ランキング2017> 「女が嫌いな女ランキング2017」の結果は、週刊文春2017年8月9日発売号にて発表されました。 後ろの 内の数字は獲得ポイントです。 1位はおおかたの予想通り、例の騒動で肩書が女優からユーチューバーに代わった松居一代さんです。 騒動の詳細は割愛しますが、あんなエキセントリックな嫁がいたら、船越さんが離婚したくなる気持ちもわかります…。 それと、今回の騒動で個人的に危惧していたことが1つ。 松居さんが船越さんの「とある秘密」を暴露するんじゃないか…ということ。 船越さんといえば、「2時間ドラマの帝王」の異名があるのは周知の事実。 そして、昔から2時間ドラマを見てきた人にとっては、船越さんのとある部分が昔よりもフサフサになっているのはスルー案件です これ以上は言わない。 そして、危惧していた通り、あの女は、言ってはいけない秘密を暴露したんです!! これは許せません!! …ということで、「女が嫌いな女ランキング2017」の1位が松居一代さんということは、大・大・大納得です!! さて、2位にランクインしたのは稲田元防衛大臣。 …非常にお粗末な政治家…。 「女が女の地位を貶めている」とはよく言ったもので、まさにそれを体現しているのが彼女ではないでしょうか!? はい。 で、3位にランクインしたのは上西小百合議員。 …なんですかね?勘違いした痛い人でしょうか。 「ささやき女将」ならぬ「怒鳴りつけ秘書」にいろいろ助言してもらわないとインタビューにもまともに答えられない、自我だけが暴走したロクデナシですね! 11位以降のランキングはこちら。 <女が嫌いな女ランキング2016> ここでは、週刊文春が2016年11月3日号で発表した「女が嫌いな女ランキング2016」をご紹介します。 1位 01 和田アキ子 /654 2位 24 ベッキー /472 3位 44 蓮舫 /338 4位 15 藤原紀香 /326 5位 37 工藤静香 /283 6位 02 泉ピン子 /205 7位 03 安藤美姫 /168 8位 04 久本雅美 /163 9位 07 上西小百合 /154 10位 - 高畑淳子 /139 11位 10 鈴木奈々 /129 12位 08 矢口真里 /113 13位 27 神田うの /111 14位 34 指原莉乃 /108 15位 16 石原さとみ /80 16位 - メリー喜多川/77 17位 - 上沼恵美子 /70 18位 - 吹石一恵 /63 19位 12 紗栄子 /57 20位 05 谷亮子 /55 後記 「男が嫌いな女」と「女が嫌いな女」というのは比較的イコールにならない場合が多いですよね。 たとえば、 「女性は、男性に媚びるタイプの女性を嫌うが、男性は逆にそれが好きな場合が多い」 ということ。 また、 「女性は、女性全体の名誉を損なう行動を取る女性を嫌う場合も多い」 ような気がします。 ということで、「女が嫌いな女ランキング」の結果は、毎回のごとく、女の敵が多かったような気がします。 あとは、可愛い 美人 女優さんへのやっかみも垣間見れますが… 笑.

次の