みなみ 新 体操。 みなみ新体操クラブの口コミ・評判《愛知県名古屋市西区上名古屋の子ども体操スクール》

映画『オーバー・ザ・リミット 新体操の女王マムーンの軌跡』

みなみ 新 体操

「あなたは人じゃない。 アスリートなの! オリンピックに向けて、鬼コーチたちからの強烈な指導を受け、日々の練習に励む。 アリーナ・カバエワなど、数多くのオリンピック金メダリストを育て上げたイリーナ・ヴィネルの指導は、特に精神面において厳しい。 リタは優雅にリングをキャッチし、ボールを肩で転がすが、コーチたちは更なる高みを求め、何度も何度も繰り返させる。 わずかな自由時間には、彼氏と電話で話したり家族と穏やかに過ごすが、すぐにまた激烈なトレーニングが始まる…。 本作はリタがリオ・オリンピックで金メダルを獲得するまでの道のりを追ったドキュメンタリー。 美しく華やかな表舞台で栄光を勝ち取るため、 アスリートはその裏で何をしているのか。 想像を絶する世界に迫る。 米エンタテインメント業界紙Varietyの「注目すべき10人のヨーロッパ人」にも選出された俊英監督マルタ・プルスは、粘り強い交渉によって、秘密のベールに包まれていたロシア新体操のトレーニングの撮影を許され、ドキュメンタリーでありながら『セッション』や『ブラック・スワン』などと比較される強烈な世界を映し出した。 その衝撃が遂に日本に上陸する!• 新体操日本代表 フェアリー ジャパン POLA 団体メンバー• 苦しい道のりの先には花が咲く。 まさに今回の映画はこの言葉通りだと思いました。 新体操は反復練習の日々。 その苦しく厳しい中でもマムーン選手は一人で耐え、乗り越えている姿に胸がいっぱいになりました。 ロシアは、絶対王者だから「優勝が当たり前《というプレッシャーの中、やらなければならないとは分かっていたけれど、自分が想像していた以上に重圧は大きく、命をかけて戦っていて、とても心打たれました。 今回この映画を見て、絶対王国のロシアで新体操をやるという事は、ものすごいプレッシャーや重圧がある事を改めて感じました。 私達はチャレンジャーとして東京オリンピックも伸び伸びやり切りたいです。 見終わった時の息苦しさは、自分が経験している事を思い出したせいもあるし、絶対王者のロシアが、日々重圧を背負って闘っている事を改めて感じたからだと思います。 みんな戦っている事を忘れないでいたいです。 マムーン選手のあの優雅な演技の裏には、こんなにも壮絶な日々があったことに、とても衝撃を受けました。 どんな状況においても演技を磨き続け、日々の練習を乗り越えていったマムーン選手の強さを見習いたいです。 華麗に美しく演技していたマムーン選手。 しかし裏では相当なプレッシャーや重圧と戦っていて、本当にすごいなと思いました。 私達も最後に笑って終わるために、今を大切に全力で戦っていきたいと改めて思いました。 鈴木 歩佳 日本体育大学• この映画を見て、どんなに重圧やプレッシャーがある毎日でも試合となれば美しく華麗な自分の演技ができるという気持ちの切り替えがとてもすごいなと思いました。 私もどんな事でも乗り切ろうと強く思いました。 マムーン選手は新体操選手の中でもすごく好きな選手で、映画をみてものすごいプレッシャーの中闘っていたんだなとより深く感じました。 その中オリンピックでやりきれる強さは本当に見習いたいと思いました。 今回の映画を見て、マムーン選手の美しい演技の裏には、壮絶な戦いがあった事を知り、とても心を打たれました。 また、オリンピックの舞台で自分の演技をやりきるマムーン選手の強さに感動しました。 マムーン選手の表現豊かで美しい演技の裏で、こんな闘いがあったとは思いませんでした。 ロシア代表というプレッシャーもありながら、オリンピックという最高の舞台でやりきれたのはすごいなと思いました。 マムーン選手は、美しい演技が魅力な選手ですが、その裏ではとても過酷な練習を積み重ねていたんだと思うと心が痛みます。 でも、これを乗り越えた人がいつか報われるんだと映画を見て学べたので私も頑張ります。 マムーン選手の練習に対する貪欲な姿勢やなぜ沢山の観客の人の心を動かす演技が出来たのかなどマムーン選手の人間性が詰まった映画になっていると思います。 私はこの撮影現場を目の前で観ながら、一緒に練習をさせて頂いていたので、本当に沢山の事をマムーン選手から学ばせて頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。 ひと演技たった1分半、されど1分半。 新体操王国の重圧は計り知れないと思いました。 同じ代表のヤナ選手との関係も素晴らしい。 新体操はもちろん、スポーツの素晴らしさをも、改めて教えてくれたように思います。 この映画を見ると、オリンピックの見方がきっと変わるはず。 畠山 愛理 スポーツキャスター・フェアリー ジャパン POLA 公式アンバサダー• 驚愕!日本では失われた昭和のスポ根が、現代のロシアに蘇るドキュメンタリー。 何度も、これマンガ原作ではないよな?と目を疑ってしまう。 水道橋博士 タレント• これは本当にドキュメンタリーなんだろうか、と何度も疑ってしまうくらい、主要登場人物たちのキャラクター性が映画的だ。 姉か母親のようなコーチ、派手なアクセサリーに金の掛かった衣装で、暴言を吐きまくる新体操の総裁。 唇を噛み締めるリタ。 まずは観てほしい。 美内 すずえ 漫画家• 真っ先に『フルメタルジャケット』の前半を思い出したぞ。 すなわち優秀な兵士を作るようにアスリートを完成させるザ・ノンフィクションなのだ。 極めて毒性の強いイリーナ・ヴィネルの言葉にリタは最後トイレにこもってライフルぶっ放すんだなと思ってたらそうはならんかった。 その果てにある栄光と美しい演技。 さぁあんたはどうする?どっちを選ぶ!? ダイノジ 大谷ノブ彦 漫才師・ラジオDJ・DJ• 映画を観始めてから観終わるまでずっと同じことを思ってました。 「彼女は何を求め、何を感じているのだろう」 最後まできっと分からないけれど、そこには危うく、強く、美しい女の子がいました。 木竜 麻生 女優• バレエを超える程の身体能力で美しさを表現する新体操。 しかしそれを牽引するロシア新体操界には、陰で機関銃のように毒を吐き続けるコーチの存在が。 ドキュメントである事を忘れさせる自然なカメラワークに思わず「負けるなマムーン!」と叫びたくなるのは私だけではないはず。 ……と月並みなコメントだけれど「いや、実際これはひどいわ」 山岸 凉子 漫画家• オリンピックでのあの美しい演技の裏でこんな事が…体操王国ロシアの秘密を知った気がしました。 身も心も追い込まれていく中で家族を心配し彼氏に癒され仲間と海辺ではしゃぐ…その全てが演技と同じぐらい美しかったです。 鬼コーチ二人の罵倒からのハグ……アメとムチなのか、それとも両方ともムチなのか判断不能で、思考フリーズ。 無心になったマムーンの心には慢心や虚栄心が入り込むスキがなく、それこそが超人的な強さの理由なのかもしれないと心が震えました。 辛酸 なめ子 漫画家・コラムニスト• 過剰なストレスの反動で生まれる身体運動の美学……って、昭和か! 強烈過ぎる新体操の舞台裏。 日本で一度でも「ザ・体育会系」を経験していたらシンパシー、かしらね。 よしひろ まさみち 映画ライター• 強烈に怖い鬼コーチと、可憐で美しい体操選手…という漫画みたいな設定なのに、事実を描いた正真正銘のドキュメンタリーで強烈すぎる!世界最高峰のアスリートの世界って、決して美談では終わらない何という恐ろしい高み。 佐々木 俊尚 作家・ジャーナリスト• 新体操に明け暮れていた日々が懐かしくなりました。 マムーンは1日にして成らず…マムーン選手の心轟くほど人生をかけた戦いは誰かに勇気となって届くと知りました。 私は100歳まで新体操をやりたくなりました! 雷鳥お姉ちゃん お笑い芸人・日本最高齢現役新体操選手 順不同・敬称略.

次の

竹中七海(フェアリージャパン)のかわいい私服画像!出身大学や実績も!

みなみ 新 体操

新体操教室では年齢・経験等で各クラスに分かれて練習を 実施しています。 演技指導とともに、基本運動を中心として 正しい立ち姿勢や・あいさつ・礼儀面も指導に導入しています。 引き締まった雰囲気の中で練習し、「目標を達成する喜び」 「仲間とのかかわり合いの大切さ」「感謝の気持ちを持てること」 など、新体操を学んでいく中で大きく成長してほしいと願っています。 さらに、リズム感・柔軟性・跳躍力・平衡感覚などが身につき、 芸術的な感性が養われます。 指導の中にバレエレッスンを 取り入れることにより、美しい立ち方や正しい姿勢が身につきます。 前面に大きな鏡があり、自分の姿勢・動きを確認しながら レッスンに取り組めます。 また、床は大きな動きをしても 膝や腰への負担を和らげるつくりになっております。 キッズ(3才~小1) ボール・ロープ・フープを使いながら、 親しみやすい曲を取り入れ 音楽に合わせて楽しく踊れるようにしていきます。 ジュニア(小2~中学生) ボール・ロープ・フープ・リボン・クラブを使いながら 基本を大切にし、基本運動を身につけていきます。 初めて新体操に触れ合うお子様でも 安心してご参加できるように指導させていただきます。 いろいろなことを学びながら新しいお友達との触れ合いを 大切に子供たちの夢を育てていくお手伝いができたらと 常に心に描きながら取り組んでいます。 《講師紹介》 松延 沙耶(みなみ新体操クラブ専属講師) 《みなさんへ》 大勢の子供達に新体操の楽しさを知ってもらいたい! 長く新体操を続ける子供達をたくさん育てたい!.

次の

チャレンジCUP(みなみ新体操クラブ): おしゃべりRoom

みなみ 新 体操

新型コロナウイルスの影響で史上初の中止となった、鹿児島県高校総体の代替試合・かごしまメモリアルマッチが県内各地で行われています。 各試合会場では、新型コロナ感染防止対策が取られる中、新体操とフェンシングで、高校3年間の部活動の集大成となる「一本」に懸ける熱い姿がありました。 20日に行われた新体操競技には、県内4校から、男女合わせて3年生16人を含むおよそ30人が参加しました。 このメモリアルマッチでは採点も順位付けもありません。 これまで練習してきた全てを「一本」の演技に懸け、披露します。 個人の部に出場した鹿児島純心女子3年の田畑志摩選手。 栗山菜々緒監督と二人三脚でこの日の演技を作り上げてきました。 これまでの汗も涙も…全て、1分30秒に込めました。 (田畑志摩選手)「いままでの試合では悔しい思いをしてきたが、今日は自分らしく自分を信じて最後までやり切れた。 今まで頑張ってやり続けてよかったです」 21日に行われたフェンシング競技には、鹿児島南と鹿児島高校の2校からおよそ40人が参加。 女子サーブルで決勝に進出したのは、鹿児島南高校の尾崎世梨選手と久保綾香選手。 3年間一緒に切磋琢磨してきた同級生対決です。 国際大会にも出場するなど経験豊富な尾崎選手に、久保選手が迫ります。 一本を争うチームメイト同士の白熱した「節目」の一戦。 勝ったのは尾崎選手でしたが、久保選手も晴れやかな表情でした。 (久保綾香選手)「この大会がフェンシングをするのが最後で、世梨にいつも負けていたので、15本取られるまではずっと強い気持ちでいった。 両親にメダルをかけてあげるのを目標にしていた。 父とかがベンチでアドバイスをしてくれて、両親の支えがなかったら出来ていなかった」 (尾崎世梨選手)「(チームメイト)ひとりひとりが、この試合にかける思いが強かったので、チームメイトに負けないぞという強い気持ちになって挑めたので優勝出来た」 06月28日 日• 06月27日 土• 06月26日 金• 06月25日 木• 06月24日 水• 06月23日 火• 06月22日 月• 06月21日 日•

次の