マツコ nhk。 立花孝志がマツコデラックスと裁判をする本当の目的と理由がヤバい!都知事選挙は大丈夫?

【N国民党】立花孝志の経歴や宗教観がヤバい!?マツコの出待ちや私人逮捕が酷すぎる!

マツコ nhk

「NHKから国民を守る党(N国)」代表の立花孝志参院議員が、TOKYO MXの「5時に夢中!」でのマツコ・デラックス氏の「これから何をしてくれるか判断しないと。 今のままじゃね、ただ気持ち悪い人たち」等の発言に激怒し、同番組が生放送された都内のスタジオに突撃した件が話題になっている。 支援者ら約100人もその場に集まり、警察官が警備に当たった。 TOKYO MX のホームページより マツコ氏を選んだN国の戦略 結局、マツコ氏は現れず、立花氏は「局側から説明や謝罪があるまでは、来週以降も毎週月曜日の午後5時にスタジオへ行く」「NHKをぶっ壊す。 マツコ・デラックスをぶっ壊す」と言い放って去ったが、党としてもMX側に立花氏を出演させるよう要求している、という。 参議院選挙で議席を獲得したN国について、批判的なコメントは他にもあった。 だが、路上から直接スタジオに抗議するという「絵になるパフォーマンス」を展開できる場を選び、マツコ氏という著名で発信力のあるタレントをターゲットに定めたのは、ことさら賑々しい言動を展開しては、「目立ちたいからです!売名です!」と行ってはばからない立花氏のメディア戦略だろう。 批判と擁護 こうした立花氏の言動に対して、こんな批判の声が挙がっている。 「よくぞ言ってくれた!(中略)大体、発言力のあるタレントさんが、絶対に反論できない弱い立場の人達を叩きまくる、現在の地上波の弱い者いじめの加速には、心からうんざり」(田中紀子「ギャンブル依存症問題を考える会」代表) 「公党の党首ですので、番組で発言させればよいのでは」(紀藤正樹弁護士) 日頃「水に落ちた犬」を叩きまくったり、マイナー政党を無視しがちなテレビへの嫌悪感を抱く人は少なくなく、こうした擁護論が出ることも、立花氏にとっては計算のうちだろう。 巨大な既得権者に挑む構図 NHKという巨大メディアに挑むドン・キホーテを演じることで一定の票を得た立花氏の手法は、既得権益者・エリート層を「ぶっ壊し」たり引きずり下ろしたりする「下克上」を訴えて人々の関心や支持を集めるポピュリズムそのものと言える。 TOKYO MXは地方局だが、それでも東京のテレビ局であり、各局で冠番組を持つマツコ氏を含めて既得権益者と位置づけて、ミニ政党であるN国が挑む、という構図を作り出した。 しかし、今回の出来事は、これ一件を単体の出来事として扱うのではなく、これまでの同党や立花氏の言動と併せて考える必要があるのではないか。 気に入らない発言は力尽くで封じるN国の素顔 N国は、今月4日に投開票が行われた千葉県柏市議選挙に候補者を擁立。 その選挙戦で立花氏が街頭演説をしている最中に飛んだ批判的なヤジに対する執拗な対応からは、一般市民に対して牙をむく彼らの素の姿が見てとれる。 「嘘つき!」と一言叫んだ男性を、立花氏はマイクを持って追いかけ、「選挙妨害だ」などと詰め寄り、支援者らが取り囲んで口々に怒鳴りつけた。 「参議院議員の立花孝志です」と肩書きをつけて警察に通報して警官を呼び、支援者が撮影しながら、どこまでも男性を追いかけ、タクシーを止めて乗り込もうとすると、それを妨害し、「私人逮捕」と称して身体を拘束し、罵声を浴びせた。 道路を塞いでのこうした振る舞いに、通りがかりの女性が見かねて抗議をすると、N国の候補者や支援者は彼女に対しても怒鳴り、追い返した。 しかも、一連の映像を「柏市議会議員選挙中に選挙妨害があり妨害者が逃亡を企てたので現行犯逮捕して柏警察に引き渡しました」というタイトルで、一般人である男性の顔にモザイクをかけることもなく、そのままYouTubeにアップした。 N国のYouTubeから、男性がタクシーに乗り込もうとするのを妨害するN国候補者 ちなみに、この程度のヤジが犯罪に当たらないことは言うまでもない。 このように、N国が気に入らない発言や質問をした人を力尽くで排除したり、「私人逮捕」と称して大立ち回りを演じたりすることは、この時だけではない。 昨年6月の松戸市長選では、ごく当たり前の質問をした市民メディア関係者を追い回し、腕をつかんで転倒させ、けがをさせたりもしている。 被害者は、「N国は揉め事を起こして人気を取る。 私を訴えようとして住所を教えた人に10万円の懸賞金をかけた。 私は『えじき』にされた気がします」と語っている。 これまで、「独自の戦い」をする「無頼系独立候補」を地道に取材してきた畠山氏は言う。 「(大メディアは)今まで諸派の人たちの取材をして来なかったので、まさかこういう(乱暴な)ことをする人たちが(国政選挙に)当選してくるとは思っていなくて、どう対処したらいいか分からないのではないか」 都合の悪い言動は力尽くで排除する。 それを見せつけ、「ここに関わると面倒なことになる」という印象を与え、黙らせる。 これがN国の手法で、今回の対マツコ氏の言動も、その一環と見るべきではないか。 N国のメディア戦略 参院選後、立花氏とN国は賑々しく振る舞い続け、メディアアテンションを引き続けている。 北方領土の元島民の「ビザなし交流」に同行し、泥酔しての言動が問題となって日本維新の会を除名となり、国会で糾弾決議を受けた丸山穂高衆議院議員が入党。 参議院では、渡辺喜美参院議員(無所属)と会派を組み、さらには秘書へのパワハラで捜査を受けている石崎徹衆院議員(自民)に声を掛け、NHKに乗り込んで受信料支払い拒否を通告する……。 立花氏らは、記者会見を開いては、こうした話題をメディアに提供する。 NHK訪問の時には、同局玄関前に民放各社のテレビクルーが集結するなどというから、事前にメディアに知らせておいたのだろう。 こうして、自ら情報を作って人々の関心を引きつけるのが、N国のメディア戦略なのだろうし、今回のマツコ氏を相手にした言動も、そのひとつだろう。 それに、日本民間放送連盟(民放連)の反対にも関わらず、5月の放送法改正で、NHKのインターネット同時配信が可能になったという事情もある。 民放各局の現場には、番組制作にふんだんな予算を投じることができるNHKへの日頃の羨望ややっかみもある。 そんなこんなで、民放やスポーツ紙などは、N国の国政登場によりNHKが困っている状況を、半ば面白がって(あるいは、内心「いい気味」だと思って)見ているのではないか。 問題となった番組で、マツコ氏はこうも語っている。 「常識からかけ離れた言動で炎上すれば注目が集まる。 敵は作るが、それ以上に味方もできる。 反NHKの団体があることが周知されれば、一定の票が入る、ということを彼らは、たくさんの地方選挙に出て体験的に学んだ。 なので、文句を言われてもへっちゃら。 炎上した方がおいしい、と思っている。 そのうえ、参議院で議席を得て力を持ったことで、批判したメディアを取材拒否するなど、新たな動きも出て来た」 メディアは取り上げ方を考えて 確かに、NHKにはネット配信に伴う受信料の問題や番組の内容などについて、いろんな意見があり、議論すべきことも多い。 けれども、こうした雰囲気や荒っぽく雑な物言いで、公共放送を「ぶっ壊す」ことに抵抗感が薄れていくとしたら危うい。 そればかりか、今回のマツコ氏とTOKYO MXに対する対応を見ていてもよく分かるように、国会議員という立場と資金力を得たことで、メディアに対しても、気に入らないものには圧力をかけ、「触らぬ神に……」とばかりに批判をしにくい雰囲気が広がるのもよくない。 メディアは、N国の取り上げ方をよくよく考えてもらいたい。

次の

メディアはN国の取り上げ方をよく考えて(江川紹子)

マツコ nhk

活動期間 立花孝志(旧) 2012年9月3日 - 2016年12月2日 孝志立花 2013年2月2日 - チャンネル閉鎖 立花孝志 2018年 - 2020年4月 2020年5月28日 - 立花孝志エンタメチャンネル 2020年2月2日 - 同年6月17日 ジャンル エンターテイメント、宣伝 登録者数 立花孝志(旧) 約1. 15万人 孝志立花 約16. 8万人 (チャンネル閉鎖時点) 立花孝志 約46. 9万人 立花孝志エンタメチャンネル 約7. 67万人 総再生回数 立花孝志(旧) 約564万9093回 孝志立花 約9714万1620回 (チャンネル閉鎖時点) 立花孝志 約2億736万5967 立花孝志エンタメチャンネル 約495万5910回 事務所() キャッチフレーズ NHKをぶっ壊す! チャンネル登録者数、総再生回数は2020年6月21日時点。 立花 孝志(たちばな たかし、 - )は、の、。 所属の前(1期)。 NHKから国民を守る党 兼選挙対策委員長兼次期選挙戦略本部長、代表取締役、マツコ・デラックス被害者の会株式会社の代表取締役社長。 また、YouTuberとしてに所属している。 職員、 、を経て政界入りし、(1期)、(1期)などを務めた。 来歴 生まれ(現住所は東京都1丁目 )。 卒業後、、教師の勧めで(NHK)に入局し、庶務部に配属される。 、経理部に異動。 、でNHKの不正経理を内部告発し 、7月に自身の不正経理でを受けNHKを依願退職する。 その後として活動。 また、立花はNHK退職後8年間はで生計を立てていたと自称している。 、を設立し同名のを開設した。 政治活動 大阪での選挙運動などを手伝った 後、、「」(設立時はNHK受信料不払い党、7月に党名変更)を設立し、初代代表に就任。 、議会議員選挙に立候補したが、落選。 、議員選挙に立候補したが、落選。 、に立候補し、2622票で当選。 系・系会派「研政会」に所属。 、船橋市議会議員を任期中に辞任してに立候補したが、落選。 NHKので「NHKをぶっ壊す! 」などとNHK批判を展開した。 、大阪府議会議員選挙、、(選挙区)に立候補するも落選。 、東京都葛飾区議会議員選挙で、2954票で当選。 、に本社を置く「」と専属契約を交わしたことを発表する。 2018年6月、に「立花孝志」の名義でチャンネルを開設する。 、に党公認で立候補して落選(これに伴い葛飾区議会議員を失職)。 、に行われるに出馬することを表明。 自らが代表となって新規に立ち上げた「ホリエモン新党」の公認(NHKから国民を守る党推薦)候補として立候補した。 なお、同選挙には同党から立花を含め3人が立候補している。 国政政党の党首として 2019年投開票のにから立候補し当選した。 同時に同党は政党要件を満たしたため、国政政党のとなった。 同年、参議院議員を辞職(失職)し、同月10日に告示される予定の参議院のに出馬する意向を表明した。 同月10日、立候補を届け出て、参議院議員を自動失職した。 参議院議員に当選してからわずか3ヶ月足らずでの辞職であり、2025年までの任期(残り任期約6年)の参議院議員を辞職して2022年までの任期(残り任期約3年)の参議院議員の補欠選挙に出馬するというのも珍しい。 なお、この失職により、新人のがした。 10月27日の投開票の結果、前のに敗れ落選した。 同月19日の会見で、同補欠選挙で落選した場合、11月10日に投開票が行われるに立候補する意向を示し 、落選の2日後正式に表明した。 投開票の結果、現職のに敗れ落選した。 11月12日、同月24日投開票の長選挙への立候補の意向を示した。 投開票の結果、現職のに敗れ落選した。 落選後、12月8日投開票の長選挙への立候補の意向を示した。 投開票の結果、現職のに敗れ落選した。 2020年1月31日、4月に行われるに立候補の意向を示した。 しかし、後に撤回した。 5月26日、7月5日投開票のへの立候補の意向を示した。 投開票の結果、現職のに敗れ落選した。 政策・主張• のスクランブル放送化。 緊急的なものや教育や福祉の番組についてはスクランブルをかける必要はないとしている。 を使ったの導入。 2017年12月27日、の所有者にの契約義務があるかを争った訴訟の判決でが請求を棄却する。 2018年6月、も地裁の判決を支持し敗訴。 結党初期には費の現物支給も掲げていたが、現在は公約として掲げていない。 党のには参院選の直後まで記載が残されていたが、削除漏れであったと釈明している。 にあたる2019年8月15日、にとして参拝した。 の改正に向けた国会発議には当面は反対とし、安倍政権がNHKのスクランブル放送の実現をするのなら交換条件で賛成するとしている。 そのものの是非については、2019年8月時点では「あえて私の思想は公表しない」と述べていた が、同年10月の参議院埼玉選挙区補欠選挙の際はについては改正し、の存在を明記すべきだが、教育の充実を図るための改正は不要との認識を示した。 堺市長選挙では、市のNHK受信料不払いのほか、・購入助成、利用促進のための廃止などを公約に掲げた。 また、が推し進める、いわゆる「」については、個人的見解と前置きした上で、「大阪市は政令市の歴史が長く十分やることはやった」とし大阪市域での設置には賛意を示し、「堺市は政令市になったばかりなのでまだ早い」として堺市の都構想への参加には反対した。 また、「堺市民が決めるべきで、住民投票は必要」とも述べた。 NHKのスクランブル放送化を達成したら、NHKから国民を守る党を解党し、議員を引退するとしている。 参議院埼玉選挙区補欠選挙での候補者アンケートの回答は以下の通り。 制を導入するべきだ。 は成果を上げていると思う。 年金や医療、介護といった社会保障制度は国民負担を増やして維持すべきだ。 の受け入れに反対。 今後のの存続に賛成。 の移設に向けたの埋め立て工事を政府がこのまま進めるのはやむを得ない(工事を中止すべきでない)。 の米国第一主義の外交は理解できる。 日朝首脳会談は無条件で行うべき。 今後の国際情勢によっては日本の核武装を検討すべきだ。 を制度的に認めるべき。 の創設に賛成。 「NHKをぶっ壊す! 」を公言しており 、などを通じてNHKと受信料に関連する訴訟について解説している。 趣味はと、。 自宅で3匹の猫を飼う。 離婚歴があり、前妻との間に娘と息子がいる。 不祥事・批判 森友学園問題 関係者が死亡した件について、摂津市議会議員の渡辺慎吾市議が遺体の状態を知っていたことなどから、渡辺が殺害に関与した疑いがある、取材に圧力をかけた旨の発言をした動画をアップロードした。 渡辺は立花をで及び請求を起こした。 刑事告訴では嫌疑不十分でになった もののでは名誉毀損を認定し30万円の慰謝料を命じられた。 この慰謝料の支払いを立花側は拒否したための差し押さえとなった。 原告となった渡辺は根拠なく物事を主張する人間、支払いを拒否するなど遵法精神に問題があると批判した。 NHKへの業務妨害 2015年8月にNHKの委託業者の従業員が女性宅に訪問しを行ったとして、女性とともに10万円を求めNHKを提訴したが敗訴。 その後、NHK側から「業務を妨害するため訴訟に関与した」との理由で訴訟を起こされ、2017年に費用54万円の支払いを命じられた。 受信料不払いを巡るNHKとの裁判 参議院議員に当選後、にテレビを設置し、NHKと受信契約を締結した上で不払いすることを宣言している。 あえて受信契約を締結することについては、法律上NHKとの契約の義務があることや、契約後の不払いであれば5年で時効となり、申し立てにより過去の受信料は消滅する 他、時効分は裁判でも請求できないことから、立花は受信契約を締結し、インターネット等の受信料窓口から振込用紙による支払いへ変更手続きを行った上で不払いをすることを推奨しており、議員会館についても同様に契約して不払いをするという。 これに対しNHKは未払いの受信料の支払いを求める裁判を起こした。 マツコ・デラックスへの抗議活動 がの「」でNHKから国民を守る党に投票した有権者を批判した。 、立花はこれに抗議するために、にあるの1階の前で約1時間にわたり、動画の生配信を行いながらマツコとTOKYO MXを批判した。 代表でのや・の、の 、の らは立花の行動を非難した これに対し、立花も太田やシバターなどに強く反論している。 その上数日後には自身のYouTube上で「5時に夢中! 」のスポンサー(TOKYO MXのみ)であるの商品のを呼びかけた。 立花孝志ひとり放送局への疑惑 から株主の募集をしながら、増資をせず株主総会も一度もなければ配当もない詐欺行為の疑惑がにより報道された。 立花は会社の資金ではなく自身の貸付行為として処理したことを同誌のインタビューで認めている。 ジャーナリストへのスラップ訴訟 2019年9月19日、久保田学・議員がフリーによるサイト上の記事において「に居住実態がない」などと書かれたことについて、これをであるとしてを求めて提訴、これに対しフリージャーナリストも久保田が経済的な負担を課すことを目的に裁判を起こしたとして慰謝料を求めてした裁判の判決が松戸支部で言い渡された。 同判決は久保田の訴えを棄却した上、その提訴自体がであるとして、していたフリージャーナリスト側の弁護士費用を含む約78万5000円の賠償を久保田に命じた。 立花自身が訴訟と公言していた上、判決でも立花の関与を指摘、訴訟であることが認定された。 なお、立花は週刊誌の取材に対し「スラップ訴訟は日本では違法ではない」と正当性を述べている。 ジェノサイド発言 元議員のとの対談の中で「世界平和をするためには、人口コントロールだと思っている。 馬鹿な国ほど子どもを産むから。 馬鹿な民族というかね」と発言し、「 アホみたいに子どもを産む民族はとりあえず虐殺しよう」「 ある程度賢い人だけを生かしといて、後は虐殺して」と、(集団虐殺)について言及した。 また、日本語版は「 差別やいじめは神様が作った摂理」といった発言があったとも報道している。 これらの発言が報道された後、動画にて「(集団虐殺について)そんなつもりは更々ない、そんな事しようとする人には大反対」と全否定している。 社民党からの抗議 この発言に対し、幹事長のは「人種差別の正当化であり断じて容認できない。 即刻撤回・謝罪し、議員を辞職すべきだ」として立花の議員辞職を求める談話を発表した。 記者への暴行事件 2018年の松戸市で行った選挙運動で記者に暴行を加えたとする記事 を掲載した扶桑社を名誉毀損提訴、200万円の損害賠償を求めた。 2019年11月15日東京地裁は「腕を掴んでいるので暴行は真実である」と判断し立花の請求を棄却した。 不正競争防止法違反 2020年3月14日、NHKと受信契約を結ぶ顧客の情報を不正に取得したなどとして、違反と容疑でから任意の事情聴取とN国関係者の家宅捜索を受けた。 2019年9月、都内の路上でNHK受信料の集金スタッフの男性の業務用端末に表示させたNHKの営業秘密である顧客情報を動画で撮影して不正に取得した上、前や会長(当時)宅前で 撮影で得た契約者の個人情報を念頭に「インターネット上に拡散する」などと発言しNHKを脅し、会長への面会を迫るなどした疑いが持たれている。 集金スタッフの業務用端末を撮影する様子は関係者によってYouTubeに公開されていた。 当該動画は既に削除されている。 4月7日、不正競争防止法違反と威力業務妨害の疑いで元集金スタッフと共に書類送検された。 4月9日、不正競争防止法違反などの罪で在宅起訴された。 『NHKをぶっ壊す! 『[新版]NHKをぶっ壊す! 『ぶっ壊す力』 2020年1月、)• 『NHKから国民を守る党立花孝志かく闘えり』(2020年4月20日、) ディスコグラフィー 配信シングル 発売日 タイトル 備考 1st NHKをぶっ壊す シンガーソングライター・MAYAが作詞・作曲を手掛け、コラボレーション。 「 立花マヤ」名義でのリリース。 脚注 [] 注釈• NHKから国民を守る党公式サイト. 2019年8月8日閲覧。 Spotlight編集部 2016年8月11日. 2016年8月16日時点のよりアーカイブ。 2019年1月9日閲覧。 FRIDAY DIGITAL. 2019年7月29日. 2019年9月25日閲覧。 Business Journal 2019年8月8日. 2019年11月4日閲覧。 2005年9月6日号• 小金井市選挙管理委員会 2019年12月1日. 2019年12月2日閲覧。 週刊文春 2005年4月14日号• 毎日新聞. 2019年5月28日. 2019年8月20日閲覧。 2019年8月22日閲覧。 毎日新聞. 2019年7月30日. 2019年7月30日閲覧。 2018年6月9日閲覧。 2頁 2018年6月9日閲覧。 2018年6月9日閲覧。 2018年6月9日閲覧。 2018年1月5日閲覧。 2018年6月9日閲覧。 2018年6月9日閲覧。 2018年6月9日閲覧。 YouTube. 2019年8月22日閲覧。 -日刊スポーツ• INC, SANKEI DIGITAL 2019年10月8日. 産経ニュース. 2019年10月8日閲覧。 朝日新聞 2019年10月10日. 2019年10月10日閲覧。 東京スポーツ 2019年10月8日. 2019年10月14日閲覧。 時事ドットコム 2019年10月10日. 2019年10月11日時点のよりアーカイブ。 2019年10月10日閲覧。 2019年10月24日閲覧。 2019年10月29日閲覧。 2019年10月29日閲覧。 毎日新聞. 2019年10月18日. 2019年10月29日閲覧。 首都圏 NEWS WEB(NHK. 2019年11月10日. 2019年11月12日閲覧。 共同通信. 2019年11月12日. 2019年11月13日閲覧。 毎日新聞. 2019年11月30日. 2019年12月1日閲覧。 日本経済新聞. 2020年1月31日. 2020年1月31日閲覧。 時事通信. 2020年5月26日. 2020年7月6日閲覧。 2019年7月9日. 2019年7月26日閲覧。 AbemaTIMES. 2019年7月29日閲覧。 2017年12月27日付、同日閲覧。 デジタル. 2018年6月21日. の2018年6月21日時点におけるアーカイブ。 2018年10月15日閲覧。 弁護士ドットコムニュース. 2019年8月2日. 2019年8月2日閲覧。 共同通信社. nor.. 2019年8月15日. 2019年8月16日閲覧。 産経新聞 2019年7月24日. 2019年7月29日閲覧。 産経新聞. 2019年8月2日. 2019年8月20日閲覧。 毎日新聞. 2019年10月18日. 2019年10月22日閲覧。 東京新聞. 2019年10月21日. 2019年10月22日閲覧。 毎日新聞. 2019年5月27日. 2019年8月20日閲覧。 産経新聞. 2019年5月25日. 2019年8月20日閲覧。 産経新聞. 2019年10月20日. 2019年10月22日閲覧。 毎日新聞. 2019年10月20日. 2019年10月22日閲覧。 日本語. AbemaTIMES. 2019年4月24日. 2019年4月24日閲覧。 ハフポスト 2019年7月25日. 2019年7月26日閲覧。 2018年12月19日閲覧。 週刊文春. 2019年10月5日閲覧。 2018年8月17日閲覧。 2018年12月19日閲覧。 2017年7月19日. 2017年12月27日閲覧。 テレ朝news. 2019年7月31日. 日本放送協会. 2019年8月11日閲覧。 2019年8月2日閲覧。 産経新聞社. 2019年11月16日閲覧。 www. sponichi. スポニチ 2019年8月12日. 2019年8月13日閲覧。 デイリースポーツ online 2019年8月12日. 2019年8月13日閲覧。 SANSPO. COM(サンスポ) 2019年8月13日. 2019年8月13日閲覧。 スポニチ. 2019年8月14日. 2019年8月14日閲覧。 サンスポ. 2019年8月14日. 2019年8月14日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2019年8月4日. 2020年4月9日閲覧。 スポーツ報知. 2019年8月14日. 2019年8月14日閲覧。 日刊スポーツ. 2019年8月14日. 2019年8月14日閲覧。 スポーツ報知. 2019年8月14日. 2019年8月14日閲覧。 また、「」で立花と電話で議論を行っている• 文春オンライン. 2019年9月26日閲覧。 弁護士ドットコム 2019年9月24日. 2019年9月24日閲覧。 朝日新聞デジタル 2019年9月24日. 2019年9月24日閲覧。 日本放送協会 2019年9月24日. NHK NEWS WEB. 2019年9月25日閲覧。 集英社「週刊プレイボーイ」2019年12月16日号No. 50 168頁• 2019年9月27日. 2019年10月5日閲覧。 ハフポスト日本版編集部. 2019年9月28日. 2019年10月5日閲覧。 産経新聞. 2019年10月3日. 2019年10月5日閲覧。 扶桑社. 2019年11月16日閲覧。 毎日新聞社. 2019年11月16日閲覧。 産経新聞社. 2019年11月16日閲覧。 時事ドットコム 時事通信社. 2020年3月14日. 2020年3月15日閲覧。 産経ニュース 産経デジタル. 2020年3月14日. 2020年3月15日閲覧。 読売新聞オンライン. 2020年3月15日. の2020年3月15日時点におけるアーカイブ。 2020年4月7日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2020年4月7日. 2020年4月7日閲覧。 共同通信. 2020年4月9日閲覧。 関連項目• - 同党党首を務めている政党• - 同党代表を務めている政党• - 同局代表を務めている局• - 元NHK職員で『NHKはもういらない! 』という本を執筆 外部リンク• tachibanat -• - チャンネル• - チャンネル• - チャンネル(旧チャンネル)• - チャンネル(ガイドライン違反による閉鎖) 党職 先代: 結成 (元代表) 初代:2013年 - 次代: (現職) 先代: NHKから国民を守る党選挙対策委員長 第2代:2019年 - 次代: (現職) 先代: (新設) NHKから国民を守る党次期選挙戦略本部長 初代:2019年 - 次代: (現職).

次の

マツの雄花と雌花-中学

マツコ nhk

マツコ・デラックスさん 当選の確率は低いと思われていた「NHKから国民を守る党」だが、参院選の結果は少なからず世間に衝撃を与えている。 マツコ・デラックスさんが7月29日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)で、「N国」が正式に政党になったことについて、 「この目的ためだけに税金払われたら、受信料もそうだけどそっちのほうが迷惑」 などとコメントした。 同党は、「受信料を支払った人だけがNHKの放送を視聴できるスクランブル化」ひとつを公約として訴え、参院選の比例代表で1議席を獲得した。 選挙期間中に立花孝志代表が、「NHKをぶっこわす!」と叫んだ政見放送が大きな話題を呼び、動画サイトで320万回も再生されている。 (文:okei) 「一体これから何をしてくれるか判断しないと、今のままじゃただ気持ち悪い人たち」 意見を求められたマツコさんは、「まあ、これからじゃないですか」として、 「この人たちがホントにこれだけの目的ために国政に出て、それで税金払われたら、受診料もそうだけどそっちのほうが迷惑だし。 一体これから何をしてくれるか判断しないと、今のままじゃただ気持ち悪い人たちだから」 と釘を指すようにコメント。 MCのふかわりょうさんが「票数が伸びた一因」を訊ねると、「さあ、なんだろう。 冷やかしじゃない?」と回答し、 「もちろん受信料を払うことに真剣に疑問を持ってる人もいるだろうけど、ふざけて入れてる人も相当数いるんだろうなーとは思う」 と推察した。 N国の政見放送は、NHK放送センターで放送しているにも関わらず、極端な笑顔で「さあNHKのみなさんもご一緒に。 "NHKを、ぶっこわそー"」と唱和を求めるなど、立花氏の過激な言動が目につく放送で話題になっていた。 たまたま政見放送を見たという株式トレーダーの若林史江さんは、「本当に国民の不満に訴えるならあの政見放送は無かったよね」などと、冷やかしとも取れる政見放送を酷評した。 真面目に語ったら話題になったか?あの気持ち悪い政見放送で効果が出た ただ、マツコさんは「じゃあ逆に、真面目に受信料問題について語ったとして、そしたらここまで話題になったかというと難しい」と指摘し、 「あの気持ち悪い政見放送で効果が出たっていう意味もある」 などと感想を述べた。 ふかわさんが「色んな感じ方があって、嫌悪感を抱かずに感情移入出来た人も少なくなかったという」と補足しようとすると、マツコさんたちは「いやーあれ、笑顔が……」と苦笑い。 「ちょっと宗教的なところがあるんだよね。 『NHKをぶっこわす教』みたいな。 ちょっと気持ち悪い」と、立花代表はじめ候補者たちの不自然な笑顔について違和感を語り、 「でも結局こうやって楽しんで見ちゃっている側面はあるわけじゃないですか。 だから、こうやって騒いじゃってる時点で、ある意味彼らの思う壺なのではないかなと」 とまとめた。 確かに、お堅い演説で政治にあまり興味がない層の関心を引くことは難しいだろう。 ふざけた言動は良くも悪くも多くの人に強い印象を残した。 政党要件を満たして正式に「政党」となったN国は、年間約320億円の政党交付金を得票率に応じて配分される。

次の