近鉄ひのとり 座席表。 近鉄「ひのとり」試乗「ひのとりレッド」の気品、座席・料金も魅力

近鉄特急ひのとりの車内デザイン、所要時間や停車駅は?予約や記念乗車券も

近鉄ひのとり 座席表

もくじ• 近鉄特急「ひのとり」とは? 筆者撮影 ひのとり 「ひのとり」という名称は、先進的でスピード感ある車体フォルム、深い艶感のあるメタリックレッドといった外観デザインに加え、ゆったりとした空間や上質なサービスを提供する気品ある車両のイメージを、翼を大きく広げて飛翔する「ひのとり」に重ね合わせて命名しました。 引用 近鉄HP ひのとりは名古屋と大阪間を約2時間で走る特別特急です。 前から見るとガラス張りで、窓が大きく、シュッとした印象です。 速そう。 停車駅は下記の5つです。 近鉄名古屋• 大和八木• 大阪上本町 車両 筆者撮影 車内案内パンフレット プレミアム車両とスタンダード車両があります。 プレミアム車両は全席3列の本革シート、電動リクライニングです。 その他設備 筆者撮影 設備案内パンフ カフェスポット、大型荷物を収納できるロッカー、全席禁煙ですが3号車に喫煙室があります。 多目的トイレには着替えスペース、ベビーベッドがあり、オスメイト対応設備が設けられています。 無線LANもあります。 筆者撮影 車内案内パンフレット ベンチスペースもあるようです。 小さいお子さん連れの方や、気分転換をするのに良いですね。 ひのとりの運行ダイヤ、運賃はいくら? 筆者撮影 ひのとりマーク 運行ダイヤ 近鉄HPより抜粋 朝から夜まで定期的に運行しているので、時間を合わせやすく使い勝手は良さそうだと思います。 タイミングが合えば乗りたいですね。 運賃 今回、津駅から大和八木駅に向かいました。 通常の乗車賃に加え、特急運賃が1340円、プラスでひのとりのプレミアム車両の料金が600円です。 レギュラー車両だと、プラス料金は200円でした。 ちなみに名古屋ー大阪間だと、特急代金は1930円。 それにプラスして、ひのとりのプレミアム車両代が900円、レギュラー車両は200円です。 詳しくはでご確認ください。 予約、購入方法は?• 近鉄窓口• 旅行会社(近畿日本ツーリスト・JTB・日本旅行など) で購入可能です。 インターネット予約サービスは、通常の特急に乗る際もチケットレス対応ですし、自分で空席状況を見ながら座席も選べてかなり便利なサービスなのでぜひオススメしたいです。 オススメポイント・プレミアム車両 筆者撮影 座席番号 今回は大阪方面に向かう一番前の車両(6号車)、座席は1C窓側に座りました。 一番前の席に座ると前の景色が丸見え!! 筆者撮影 運転席 運転席と客席の間が大きなガラス張り。 さらに、フロントガラスも大きなガラス張りなのでかなりの開放感です。 目線も高いので、線路も丸見えです。 まるで運転している気分! こんなに前の様子を見ながら電車に乗るのは初めてかもしれません。 快晴だったので、遠くまで見渡せました。 強めの雨の日の景色も気になるところですね。 リクライニングシート 筆者撮影 シート ファーストクラスか?と思うようなリクライニングシート!ふわふわでしっかりした座りごごちです。 頭部分は枕のようになっていて、そのすぐ横の黒い部分はライトです。 手元のボタンで点灯できます。 電車の席と思えない快適さ。 このままずっと乗っていた〜い。 筆者撮影 ボタン 電動リクライニングシートは、手元のボタンで細かく角度を変えられます。 シートヒーター付きです。 一気に最大のリラックス状態まで背もたれを倒せたり戻せるボタンもあります。 背もたれを倒しても、バックシェルタイプになってるので後ろの席の人に影響は出ません。 さらに足元のレッグレストも上げ下げ出来るのは嬉しいですね。 さすがに寝てる状態までは無理ですが、かなり身体を伸ばせる状態までシートを倒すことができました。 筆者撮影 コンセント穴 座席の間にコンセントの穴があるから充電もできます。 その上には、ドリンクホルダーがあります。 足元広々 筆者撮影 足元 座った状態でまっすぐ足を伸ばしても前に届きません。 前も広々です。 これは一番前の席だからより広いというのもありますが、他の座席も(ここまでとはいきませんが)余裕のある造りでした。 窓のふちも広いので、駅で購入したお菓子なども置けます。 床は赤い絨毯で、歩きやすく高級感があります。 カーテンもボタン カーテンもボタンで上下できます。 スマートですね。 折りたたみテーブル 筆者撮影 テーブル テーブルは通常の特急と同じく肘掛のところに収納されています。 折りたたみテーブルを出す時に引っ張る紐も革でこだわりを感じますね。 荷物置きはシースルー 筆者撮影 荷物おき 上部にある荷物置きはシースルーです。 荷物の様子が下から見れて安心ですね。 天井も高く見えます。 電光掲示板では、行き先や車内の案内、ニュースの情報が流れています。 オススメポイント・その他設備 カフェスポット 現金のみですが、セルフサービスで1杯200円で挽きたてコーヒーが飲めます。 (両替機もあります) カフェメーカーの隣には小さいお菓子の自販機がありました。 乗車時はココアのパック、紅茶のパック、クリーム玄米ブラン、ソイジョイが売ってました。 通常のドリンクの自販機は2号車と3号車の間にあるようです。 無料ロッカー 筆者撮影 ロッカー 各車両の間に無料ロッカーがあります。 筆者撮影 ロッカー 交通ICカードが鍵になるタイプと普通の鍵のタイプがありました。 トイレ・洗面 洗面 洋式トイレは温水洗浄便座。 便座除菌クリーナーも備わっています。 トイレの近くには、手洗いコーナーがあり、おしぼりも置いてあります。 パウダールームは、入り口がカーテンで通路と仕切れます。 鏡に明るいライトがついていて顔色も綺麗に見えたので化粧直しにも使えそうでした。 その他感想 今回はプレミアム車両でしたが、スタンダード車両も座席はバックシェルで足元広々しておりました。 そちらでも優雅な気分が味わえそう。 しかし次もやっぱりプレミアム車両に乗りたいですね〜! プレミアム車両は、1列がAとBCの3席で座席が少ないので争奪戦になりそうです。 ひとりで乗るなら、ひとり席のAに乗ってみたいです。 ちなみに、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で2020年5月23日に運転する特急列車の前売り発売から予約のタイミングが変わっているようです。 (1カ月前から1 週間前に変更) 詳しくはで確認してください。

次の

近鉄運用表

近鉄ひのとり 座席表

近畿日本鉄道は2月5日、新型車両80000系「ひのとり」の報道関係者向け試乗会を実施した。 大阪上本町~榛原間を往復し、沿線の人々も熱い視線を送っていた。 「ひのとり」は3月14日にデビューし、大阪難波~近鉄名古屋間を中心に運行される。 近鉄80000系「ひのとり」が大阪上本町駅に入線。 車体のメインカラーとして、「ひのとり」のシンボルである「ひのとりレッド」を採用した 当日は大阪地区・名古屋地区でそれぞれ試乗会を実施。 大阪地区の試乗会は午前・午後の2回に分けて行われ、午後の部では13時頃、「ひのとり」が大阪上本町駅を発車した。 列車は大阪線を走行し、13時49分に榛原駅に到着し、5分ほど停車した後、折り返して大阪方面へ。 大阪上本町駅には14時30分頃に到着した。 「ひのとり」を見ての第一印象は、「気品とスピード感を兼ね備えた車両」というものだった。 車体のメインカラーに、「ひのとり」を象徴する「ひのとりレッド」を採用している。 近鉄の一般車両も赤系の塗装をまとっているが、「ひのとりレッド」は赤ワインのような深みのある色に感じられた。 メタリックレッドのカラーリングを施した先頭車。 「ひのとり」のロゴマークもある• 大阪上本町駅では旧塗装の特急車両12200系と並んだ 先頭車はメタリックレッドのカラーリングに加え、形状も相まってスピード感がある。 車体側面のラインとロゴマークは「プレミアムゴールド」のカラーリングとし、「ひのとりレッド」との相乗効果で気品ある魅力的な特急列車を演出している。 「プレミアムシート」には読書灯、シートヒーター、大型テーブル、カップホルダー、コンセントなどが備え付けられている。 肘掛には電動リクライニングや読書灯などを操作できるボタンがある。 試しにシートを倒すと、座面も連動し、「座る」というより「寝る」感覚に近い。 ヘッドレストも高さ・角度を調整できる。 座席間の前後間隔は日本の鉄道車両で最大級という130cm。 足を気兼ねなく伸ばせるのがうれしい。 「ひのとり」における最大の特徴が、「プレミアム車両」「レギュラー車両」の全座席にバックシェルを採用したことだ。 座席を覆うバックシェルのおかげで、後列の乗客を気にすることなく背もたれを倒せることは特筆に値する。 「プレミアム車両」の車内。 横3列の「プレミアムシート」が並ぶ• 「プレミアムシート」を後ろに倒すと、「座る」より「寝る」感覚に近い• 「プレミアムシート」を覆うバックシェル• 収納式の大型テーブルなどを出した状態 「プレミアム車両」はハイデッカー構造のため、通常より目線が高くなり、見晴らしが良い。 運転台からの前面展望では、後列であっても迫力満点の車窓を楽しめる。 このように、車内からの眺望の良さも「プレミアム車両」の特徴といえる。 「プレミアム車両」では、観光特急「しまかぜ」からグレードアップした電動式のフルアクティブサスペンションを採用しているため、横揺れが少なく、滑るように快走する。 2~5号車の「レギュラー車両」は、JRの新幹線・特急列車だと普通車に該当する車両だが、車内の「レギュラーシート」は新幹線・特急列車のグリーン車と比べても遜色ない印象だった。 「レギュラーシート」もリクライニングと同時に座面が動くため、背もたれを倒しても腰に違和感がない。 「プレミアムシート」と同様、各座席にバックシェルが装備され、後列の乗客を気にすることなくリクライニングできる。 「レギュラーシート」はグレーを基本にしたシックな雰囲気• リクライニングすると、連動して座面も動く• 「レギュラーシート」のバックシェル• 背面テーブルなどを出した状態 座席の前後間隔にも注目したい。 「レギュラーシート」の座席間隔は116cmとなっており、標準的な新幹線グリーン車と同じ値である。 「レギュラーシート」にもコンセントと大型テーブルが設置されているため、パソコン等を使っての仕事にも打ち込める。 ハイレベルな座席が注目されがちな「ひのとり」だが、座席以外の設備も忘れてはいけない。 「プレミアム車両」のデッキ部には「カフェスポット」があり、1杯200円で挽きたてのコーヒーを楽しめる。 他に紅茶やお菓子も販売する予定だ。 「プレミアム車両」のデッキ部には「カフェスポット」があり、1杯200円でコーヒーが楽しめる。 大型荷物対応のロッカーも設置された• 「レギュラー車両」の一部車両のデッキ部に設けられた「ベンチスペース」• 喫煙室もあるが、地下区間の大阪難波~大阪上本町間や一部の駅では利用できない 「レギュラー車両」の一部車両のデッキ部に設けられた「ベンチスペース」は、携帯電話の使用や気分転換などに使えるスペースとなっている。 大阪難波~近鉄名古屋間を走る「ひのとり」は停車駅の少ないタイプの特急列車に使用される予定のため、「ベンチスペース」にいても、それほど乗降客を気にすることなく過ごせるだろう。 大型荷物を持っている場合は、デッキ部のロッカーや荷物置きスペースを利用したい。 ロッカーは鍵タイプとICカードタイプがあり、無料で利用できる。 近鉄特急らしい設備としては、喫煙室を設置したことが挙げられる。 近鉄特急は2月から喫煙車を廃止し、一方で喫煙室の設置を進めてきた。 「ひのとり」にも喫煙室が設けられたが、地下区間である大阪難波~大阪上本町間をはじめ、大阪難波駅や近鉄名古屋駅などホームが屋内にある駅では喫煙室を利用できない。 先頭車からは迫力ある前面展望が楽しめる。 途中、高安検車区で近鉄の特急車両・一般車両なども見ることができた 「ひのとり」で大阪難波~近鉄名古屋間を利用した場合、料金の合計金額は「プレミアム車両」が5,240円、「レギュラー車両」が4,540円。 一方、東海道新幹線の名古屋~新大阪間で普通車自由席を利用した場合の料金は5,940円 通常期。 新幹線よりも安い料金で国内最高級の座席を利用できることが、「ひのとり」最大のセールスポイントといえるだろう。 3月14日にデビューする「ひのとり」の活躍に、大いに期待したい。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

近鉄の新型名阪特急ひのとりの予約方法や時刻表、車内、設備、料金などを解説。ゆったり広々のプレミアムシート体験情報も記載。メタリックレッドの斬新な車両と上質な車内で快適|のぞみは西へ、みずほは九州へ

近鉄ひのとり 座席表

ということでこちら、大阪上本町駅の地上改札を出たところです。 何やら人だかりがあり、近づくと… 近鉄百貨店との間のコンコースに体験コーナーが! そしてこちらがその新車用のシート。 着席体験は10:00から16:00までです。 けっこう並んでいましたが、1回1-2分とのことで、それほどかからなさそうだったので並んでみます。 シート脇にはまさに製作中の80000系の映像を含む動画が流れており、見ながら待つことができます。 あとパンフレットも配られていました。 で、それらを見ながら待っていると… 順番が回ってきました。 こちらがそのシート。 高級感ありますね。 流行りの電動バックシェル構造でで、前や後ろが気にならない構造です。 まあ、前に夜行バスでこちらのヘッドレストに足を載せてきやがったクソ野郎がいましたので、世の中何があるかわかりませんが… 話が完全に逸れましたが、着席。 下がリモコンです。 右上のボタンが左肩上付近にある読書灯が点灯。 その下ふたつは、「倒す」「起こす」のプログラム動作。 シートの絵柄に描かれている4つの「>」のボタンは背もたれ・フットレストの独立動作です。 また、シートの絵柄・中央にある赤いボタンは背中部分にあるヒーターを点けるものだそうです。 そんなのもあるんですね。 またリモコンが付いている肘掛けは上に開いて机が出てきます。 折りたたんで片側のみという形と、開いて両側に渡すこともできます。 ところで、シートをリクライニングすると、靴が前の座席に接触。 まあまあガッツリ当たるというか、フットレストと前の席で「靴がはさまる」という表現が適切なくらい。 下の写真のようにフットレストを上げると足が衝突します。 「え、コレ大丈夫なん?」と思っているとすかさず係の女性が「実車ではこれより30cmほど広い作りですので、大丈夫です」。 どうやら展示用に少し狭く作っているらしいですね。 びっくりしましたが、こちらの視線を見てすぐに言いに来たところを見ると、体験した人みんな思うことのようですね。 確かに、下のモニター画面に表示されている座席のCGと展示されている座席では、幅が違うようにも見えます。 30cmも広い実車なら靴が挟まるなんてことにはならないでしょうが、この展示用座席に関しては、前の座席の後ろ側は1ヶ月したらボロボロになっているのでは…? 座り心地はとても良かったですよ。 あと、後ろのボードやイメージ映像を見る限り、プレミアムシートは西武001系「Laview」ばりに窓位置が低くなりそうですね。 これも今後の流行りになっていくのでしょうか。 【JR】 【Osaka Metro】 【近鉄】 【京阪】 宇治 【南海】 【阪神】 【阪急】 能勢 泉北 カテゴリー• 104• 998• 290• 107• 155• 141• 271• 3 新着記事•

次の