パチスロ リング 終焉 ノ 刻 ゾーン。 パチスロ リング 終焉ノ刻 掲示板

リング終焉ノ刻 G数解除ゾーン振り分け【スロット・パチスロ】

パチスロ リング 終焉 ノ 刻 ゾーン

その中でも551~650Gゾーンが強力で、ピンポイントで狙うことができればかなり効率的に立ち回れそうですね。 また、手前の400~450Gゾーンの当選率も高めになっているので、 400Gのギリギリ手前からなら650G付近まで打ち切ってしまってもいいと思います。 ただ、ゾーン狙いは打ち始めとやめどきをシビアに見極める必要があるので、打ち始めは妥協しても390Gあたりということで。 フォローするゾーンが長くなればなるほど、時間効率も落ちてしまいますしね。 天国ゾーン狙いも有効 新台リングのもう一つの特徴として、天国天井と思われる101~150Gゾーンでの当選にも期待が持てるということ。 最近は中々天国移行率やループ率が高い機種がありませんでしたが、終焉ノ刻は珍しく天国にもそれなりに移行、もしくは通常モードにも解除振り分けがあるのかもしれません。 ただし、実践値を見る限りでは100G以内の当選にはあまり期待できないようなので、 70G付近から天国を否定までフォローするのがいいでしょう。 導入当初の狙い目通り、 通常時800Gハマリを目安にして立ち回ってみます。 やはり天国は最深部に向かって振り分けが高くなっており、通常Bに関しては期待度の高いゾーンと低いゾーンのメリハリがついていますね。 通常Aは天井を除いて最も期待度が高いのは577~640G。 577~640Gゾーンは通常Bゾーンでもあるので、実践値からも読み取れた通り、間違いなく狙い目のゾーンと言えるでしょう。 また、通常A・Bは天国ゾーンでの解除振り分けはほぼないようですが、実践値を見る限りでは天国天井付近での当選が目立つため、 天国移行にもそれなりに期待が持てる、もしくは天国ループが強めの台ということが推測できます。 このことから、通常Bゾーンと天国内でのゲーム数解除時には、毎回天国否定までフォローしておくのが無難そうですね。 <解析まとめ・記事一覧>.

次の

リング 終焉ノ刻 ART中のBGM(楽曲)変化の恩恵&示唆内容

パチスロ リング 終焉 ノ 刻 ゾーン

その中でも551~650Gゾーンが強力で、ピンポイントで狙うことができればかなり効率的に立ち回れそうですね。 また、手前の400~450Gゾーンの当選率も高めになっているので、 400Gのギリギリ手前からなら650G付近まで打ち切ってしまってもいいと思います。 ただ、ゾーン狙いは打ち始めとやめどきをシビアに見極める必要があるので、打ち始めは妥協しても390Gあたりということで。 フォローするゾーンが長くなればなるほど、時間効率も落ちてしまいますしね。 天国ゾーン狙いも有効 新台リングのもう一つの特徴として、天国天井と思われる101~150Gゾーンでの当選にも期待が持てるということ。 最近は中々天国移行率やループ率が高い機種がありませんでしたが、終焉ノ刻は珍しく天国にもそれなりに移行、もしくは通常モードにも解除振り分けがあるのかもしれません。 ただし、実践値を見る限りでは100G以内の当選にはあまり期待できないようなので、 70G付近から天国を否定までフォローするのがいいでしょう。 導入当初の狙い目通り、 通常時800Gハマリを目安にして立ち回ってみます。 やはり天国は最深部に向かって振り分けが高くなっており、通常Bに関しては期待度の高いゾーンと低いゾーンのメリハリがついていますね。 通常Aは天井を除いて最も期待度が高いのは577~640G。 577~640Gゾーンは通常Bゾーンでもあるので、実践値からも読み取れた通り、間違いなく狙い目のゾーンと言えるでしょう。 また、通常A・Bは天国ゾーンでの解除振り分けはほぼないようですが、実践値を見る限りでは天国天井付近での当選が目立つため、 天国移行にもそれなりに期待が持てる、もしくは天国ループが強めの台ということが推測できます。 このことから、通常Bゾーンと天国内でのゲーム数解除時には、毎回天国否定までフォローしておくのが無難そうですね。 <解析まとめ・記事一覧>.

次の

パチスロ リング 終焉ノ刻 (リング2 終焉ノ刻) スロット,天井,設定判別,解析,打ち方まとめ

パチスロ リング 終焉 ノ 刻 ゾーン

【その1】最恐のパチスロここに誕生!! 本機は2014年にホール導入され、ユーザーを恐怖と興奮のドン底に突き落とした『パチスロ リング 呪いの7日間』の正統後継機。 スペックは主に純増約2. 0枚のART「呪縛RUSH」にて出玉を獲得していくタイプ。 ARTへは主に「貞子ボーナス」を経由して突入するなど、ゲーム性は前作を継承しているが、上乗せ特化ゾーンなどがパワーアップしている点が特徴だ。 ART中は2種類の上乗せ特化ゾーンが存在。 「絶恐乱舞」はARTと特化ゾーンのゲーム数をダブルで上乗せ、「リングバースト」は毎ゲームARTストックかゲーム数上乗せが行われるSTタイプの特化ゾーンとなっている。 いずれも強力な仕様になっているぞ。 パチンコ・パチスロ問わず「リング」シリーズの目玉アクションである「呪いの手役モノ」の落下は今作でも大チャンス。 片手が落下すればチャンスゾーンの「召魂ゾーン」へ、両手なら「貞子ボーナス」確定となるため、召魂ゾーン中や前兆ステージ「真相究明」中は落下に期待しよう。 また、今作は新筐体「Fusion Core フュージョンコア 」を使用した、ラッキーパトやラッキエアーといった数々の役モノを搭載。 これにより前作以上の恐怖や喜びを与えてくれるぞ。

次の