塩素ガス 自殺。 ガス中毒〔がすちゅうどく〕|家庭の医学|時事メディカル

テラスハウス木村花の死因は自殺?リストカット画像公開!アンチの誹謗中傷が原因か?

塩素ガス 自殺

シェーレが発見した、有毒な黄緑色の気体 酸素や窒素の発見に関わったスウェーデンの シェーレは、「自分が酸素の発見者だ!」などと威張ったりせずに、コツコツと研究を続ける控えめな人でしたよね。 酸素の発見者の称号は、プリーストリに譲っている 彼はその才能により、もう一つの気体を発見しました。 ある日彼は、 二酸化マンガンと 塩酸を混ぜ、それを熱して遊んでいました。 すると、 黄緑色でキツイ 刺激臭のする気体を取り出すことができました。 これが、シェーレが発見した気体 『塩素』です。 無色透明な二酸化炭素などとは違い、気体が 黄緑色であることからも、少し特別な気体であることが分かります。 金属を溶かす塩酸から出てくる気体ですから、 強力な毒性があります。 刺激臭が強く、瓶の中に動物を入れればすぐに死にますし、人間が吸ってしまえば喉や肺がやられ、高確率で死にます。 また、この黄緑色の塩素は、空気よりもとても 密度が大きく、重いことが分かりました。 空気の約2. 5倍も重いのです。 毒ガスとしての塩素 シェーレが亡くなって100年以上が経つ 1914年に、ヨーロッパで第一次世界大戦が始まります。 シェーレが発見した塩素は、その強い毒性がゆえに、残念ながら第一次世界大戦では 「毒ガス」として使われることになってしまいます。 塩素を毒ガスとして化学兵器にすることを決めたのは、塩素を大量に保有していた ドイツでした。 塩素による毒ガスはとても協力で、ドイツは 数分のうちに5000人の敵兵士を殺害できたといいます。 最低でも敵の目をつぶせますし、助かった兵士も後遺症でそれ以上戦うことができません。 塩素は、化学兵器として最高の気体だったわけです。 ドイツは強力な武器を手にしてしまいました。 毒ガスの開発者、ハーバー その毒ガスは、誰が開発していたのでしょう? ドイツが第一次世界大戦に勝利するため、毒ガスの開発者として任命した人物は、なんと でした。 ハーバーは、兵士を殺す毒ガスとして 『塩素』を選びました。 塩素は毒ガスとして文句のない毒性を持っていますし、何より 密度がとても大きな気体だったからです。 空気よりも2. 5倍重い塩素は、ずっと地面に溜まります。 地下に逃げても、塩素は沈んで追いかけていきます。 人間を殺すための気体としては、とても優秀なのです。 「化学兵器の父」ハーバー 対するフランスなどの国は、ガスマスクを使う他、塩素を無毒化する化学成分を使い、塩素ガスに対抗しました。 また、報復として毒ガス攻撃をやり返しています。 0, CC BY-SA 3. wikimedia. php? wikimedia. php? この頃にハーバーたちが行った毒ガス研究は、第一次世界大戦だけでなく、この後の世界中の戦争で利用されるようになってしまいました。 その結果、ハーバーは 「化学兵器の父」と呼ばれるようになっています。 同じドイツ出身の物理学者アインシュタインも、ハーバーに 「君は天才的な頭脳を、間違った目的に使っている」と言いました。 ドイツの2人の天才科学者。 左がハーバー、右がアインシュタイン 自殺により、ハーバーに抗議したクララ ハーバーには、同じ化学者である妻がいました。 クララ・イマーヴァールです。 彼女は、夫である ハーバーの毒ガス開発に強く反対していました。 「あなたは科学をねじ曲げている!」といって強く非難します。 ハーバーの妻、クララ しかしハーバーは、 「強力な毒ガスの開発が進めば、戦争を早く終わらせることができる!」 という強い信念を持っており、クララの願いが届くことはありませんでした。 実際は、毒ガスの応戦のせいで戦争は逆に長引き、たくさんの死者を出すことになりました。 その結果、第一次世界大戦中の1915年、クララは自宅でピストルで胸を撃ち、自殺してしまいました。 ハーバーのノーベル賞受賞 クララの自殺後も、めげずに毒ガス研究を続けたハーバーでしたが、ドイツは第一次世界大戦で敗北してしまいます。 当然、敗戦国のドイツで毒ガス開発を指揮したハーバーは、戦勝国から強い非難を浴びることになります。 しかし!窒素からアンモニアを作るハーバー・ボッシュ法の実績が認められ、彼は ノーベル賞を受賞することになります。 第一次世界大戦が終了した、1919年のことです。 左上が、です。 ハーバーは、• 空気中の窒素から アンモニア肥料を作り出し、世界中の人を飢餓から救った化学者• 塩素を中心とした毒ガスを開発し、おそろしい化学兵器を作った化学者 という2つの顔を持つことになりました。 『アンモニア』と 『塩素』という2つの気体に深く関わり、喜びと悲しみの両方経験した化学者だったのです。 塩素の殺菌・漂白効果 シェーレが発見し、ハーバーが毒ガスとして応用した 塩素ですが、もちろん人々の役にも立っています。 塩素の殺菌効果 塩素はとても強力な毒性を持っているので、 殺菌作用に優れています。 身の回りでは、 水道やプールの 消毒のためによく使われています。 塩素系消毒剤ですね。 消毒に使われるので、プールはたまに塩素のにおいがする 水道やプールなど水の中には、見えない病原菌がたくさん潜んでいます。 そのままでは食中毒など、深刻な影響を及ぼす場合があります。 だからこそ、強力な 殺菌作用のある塩素がとても役に立ちます。

次の

「まぜるな!危険」っていう洗剤をつかって実際に自殺したとうニュー...

塩素ガス 自殺

ガス中毒は、一酸化炭素、硫化水素、プロパンガス、塩素ガスの順で、日本中毒情報センターの相談件数が多くみられます。 頻度の高いガス中毒の特徴を表に示します。 不完全燃焼によって発生するため、火災現場の事故死や、練炭による自殺例が多くみられます。 無色、無臭、無刺激性であるため、気づかれないうちに、意識をなくして、犠牲になることも多いガスです。 毒性としては、血液中で酸素を組織に輸送する血色素・ヘモグロビンとの結合性が、一酸化炭素は、酸素よりも250倍強いため、細胞・組織における酸素不足を生じることによります。 症状は、ヘモグロビンと一酸化炭素の結合性を評価する、一酸化炭素ヘモグロビンの測定を実施します。 頭痛から意識障害、けいれん、昏睡に至る中枢神経症状が主体ですが、心筋細胞の酸素不足や、不整脈、収縮力低下などの循環症状をきたすほか、ガス曝露後、数週間ほど経過してから、再度意識状態が低下する、慢性期の合併後遺症をきたすこともあります。 現場では換気につとめ、新鮮な空気を吸入させるとともに、頭痛や意識障害があきらかな場合は、躊躇(ちゅうちょ)なく、救急車を要請します。 病院では、搬送中からヘモグロビンと結合した一酸化炭素を凌駕(りょうが)する、高濃度酸素の投与や、場合によって人工呼吸管理、高気圧酸素療法を実施することがあります。 硫化水素ガス中毒は、硫黄泉などで自然に発生したり、石油精製過程や染料工場での偶発性事故で発生したりするほか、昨今では、入浴剤と洗浄剤を混入させて、故意に硫化水素を発生させる自損行為手段としての報告がみられます。 硫化水素の毒性は、細胞レベルにおいて、酸素摂取を阻害して、細胞内窒息にするほか、脳幹への直接的な作用によって、呼吸停止、昏睡をきたします。 また、直接的な心筋障害、伝導障害をきたします。 現場での注意として、異臭を感じたら、救急車の要請と同時に、警察への通報をおこない、むやみに現場に入らないように、現場の外側から、窓の開放、換気をおこないます。 安易に現場に救出に入ると、自分自身が犠牲者となることを、よく覚えておく必要があります。 病院での治療についても、対症療法が中心であり、亜硝酸酸剤を用いた治療が実施されることもありますが、効果については定まっていません。 鼻腔(びくう)・口腔〜気管粘膜に至るまで、粘膜の刺激症状のほか、眼の灼熱感、流涙(りゅうるい)などの角・結膜刺激症状、呼吸困難、遅発性に生じる肺水腫などが、中毒症状としてみられることがあります。 病院でも、対症療法しかなく、人工呼吸管理を要することがあります。 現場では、救助者が巻き込まれないように、十分な換気が必要です。

次の

塩素ガスの危険性とは? 症状や人体への影響について

塩素ガス 自殺

325 kPa 3. 6 , -101. 11 , -34. 9 , 7. 991 MPa Cl 2 6. 16(ポーリングの値) 第1: 1251. 709 - Cl 24. 名称 [ ] にのが「脱海塩酸気」と命名。 日本語に直訳すれば 緑気(りょっき)である。 日本語の「塩素」は、食塩の主成分である点による命名である。 617 )。 単体(塩素ガス)は、常温常圧では特有の臭いを有する黄緑色の。 非常に反応性が高く、多くの金属や有機物と反応しを形成する。 強い・作用を持つため、や衣類の漂白剤や、やの殺菌剤として使用される。 ただし、気体を扱うのは困難であり、また保存性の点から NaOH 水溶液と反応させたの形で利用されることが多い。 地球上の塩素の存在 [ ] 地球上において、92ある天然のうち18番目に多く存在し、鉱物やイオン、気体などとしてに99. 6パーセント、に0. 3パーセント、に0. 1パーセントが保有されている。 地殻 - 塩素が地殻の総重量の0. 火山噴火により毎年0. 4 - 11(0. 海水 - 約1. 大部分が海洋に戻るが、一部は揮発性塩素となる。 - 極地や大陸の氷原には、0. 5(0. - 大気中では主にやの状態で存在し、塩化水素は地表近くでは100 - 300pptv(1pptvは1兆分の1 10 -12 )、都市部の高濃度域では3,000pptvが測定される。 クロロメタンや、より高層の塩化水素、海水からのエアロゾルなどを含めると、5. 3Tgが存在していると推測される。 対流圏から成層圏へは年間約0. 03Tgが放出され、成層圏から対流圏へもほぼ同量が移動する。 - 成層圏には約3pptvの塩素が含まれ、約0. 4Tgの塩素が存在すると推測される。 生産 [ ] 現在では一般的に、水溶液からイオン交換ととを併用する法によって、とともに生産される。 塩素ガスの2016年度日本国内生産量は343万9,341トン、消費量は296万9,305トン、液体塩素の2016年度日本国内生産量は47万3,016トン、消費量は30万909トンである。 に基づく容器保安規則により、いに保管するように決められている。 また液化塩素専用のも塗装は黄色である。 やなど各種塩化物の原料、やなどの原料として多方面で使用されるほか、合成中間体としてや、各種など塩素を含まない製品の製造にも用いられる。 人体・環境への影響 [ ] 消毒 [ ] 塩素はのに使用されており、の規定で、各家庭の蛇口で1リットルあたり0. 一方、と塩素が反応することにより、塩素臭(カルキ臭)が発生するほか 、が疑われるを生成するといわれ、同様に塩素で汚水処理を行うと水路に塩素化有機物が流れ出てしまうのではないかという懸念の声もある。 日本の水道基準値はWHOよりも厳しく、発がん性を問題視する必要はない。 などの病気がほとんどの国で駆逐されたのは、塩素を含んだ水道水のおかげでもある。 近年は水道水の高度処理が進み、塩素臭は以前に比べて弱まっている。 単体の毒性 [ ] 塩素は強い毒性を持つため、人類初の本格的なとしても使われた。 中の、戦線でのことである。 このときにの化学兵器部隊の司令官を務めていたのは、後年()を受賞するである。 また塩素ガスは、色がついて重いためすぐにばれたり、周りへの被害が少ない。 支給されたマスクは中和液を含ませたガーゼマスクだった。 塩素を吸引するとまずに損傷を与える。 中である程度以上のでは、のを強く刺激する。 や呼吸器の粘膜を刺激してやを催し、重大な場合にはでに至る場合もある。 液体塩素の場合には、塩素に直接触れた部分が炎症を起こす。 塩素を浴びてしまった場合、ただちにその場から離れ、着ていたを脱ぎ、に包まるなどして体を温めなければならない。 ただちにでの処置を要する。 が停止している場合には一刻も早くによるを行わなければならない。 呼吸が苦しい場合にはの着用を要する。 特に塩素を含む漂白剤()と酸性の物質(おもに用の洗剤)を混合すると、有毒な単体の塩素ガスが遊離し危険な状態となる。 このため、漂白剤や酸性のトイレ用の洗剤には「混ぜるな危険」との大きく目立つ表示がある(しかしこれだけの表示では、具体的に何と混ぜると危険なのかが示されていない)。 このような表示がされる前(当時も小さな注意書き自体は存在した)には1986年には徳島県で、1989年には長野県で、実際に塩素系漂白剤と酸性洗浄剤を混ぜたことにより、塩素ガスが発生し死亡した事故が起こっている。 毒物および劇物取締法により劇物に指定されている。 オゾン層への影響 [ ] 「」も参照 塩素はの原因物質としても指摘されている。 などの塩素原子を含む化合物がに当たると、結合が切断され が生じる。 塩素ラジカルは周囲のと反応して触媒的にオゾンを分子へと分解するため、の破壊効果が大きい。 歴史 [ ] にのが、海塩酸()とを加熱させることによって単体を分離。 にが元素であると認めた。 塩素の化合物 [ ] 塩化物イオンあるいは置換基として塩素を含む化合物は 塩化物あるいは 塩素化合物と呼ばれる。 塩素はほとんどすべての元素と安定な化合物を形成し、また有機化合物にも塩素を含むものが多く知られている(記事に詳しい)。 個々の化合物については、「」および「」を参照されたい。 は、安定で、かつ安価に合成できるために、やのような代表的なとして、あるいはポリ塩化ビニルなどのとして、大量に生産・使用されている。 反面、多くは毒性を持ち、中に放出された際にされにくい点、さらに焼却時にはを発生する点から、法令などで規制されている物質も多い。 塩素のオキソ酸 [ ] 塩素のオキソ酸は慣用名を持つ。 次にそれらを挙げる。 31)。 亜塩素酸塩は。 塩素酸塩はでやなどの剤として用いられる。 過塩素酸塩は。 塩素のオキソ酸はいずれもが強い。 代表的な化合物に次のようなものがある。 (2004年3月24日時点の), in Handbook of Chemistry and Physics 81st edition, CRC press. 日本化学会(編)『化学便覧 基礎編』丸善、1993年、改訂4版。 『化学大辞典』共立出版、1993年。 『塩素白書』p10-21• コットン、G. ウィルキンソン、中原勝儼(訳)『コットン・ウィルキンソン無機化学』培風館、1987年。 『塩素白書』p45• 参考文献 [ ]• 編、宮本純之監訳『塩素白書』、2000年。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 - 「健康食品」の安全性・有効性情報()•

次の