サンデー う ぇ ぶり 無料。 アプリ「サンデーうぇぶり」で「犬夜叉」が5月15日まで全話無料! 「ありがたく拝読いたします」「太っ腹」歓喜の声続出 | ガジェット通信 GetNews

サンデーうぇぶりが「MAJOR」や「うしおととら」を全巻無料公開、3月8日から順次

サンデー う ぇ ぶり 無料

対象タイトルと期間は以下の通り。 いや、もう、名作漫画ばかりで実家の本棚を探せば見つかるはずなんですが、スマホで手軽に全巻読みをできるのは素晴らしいですね。 』(39巻) 『リベロ革命』(13巻) 『うしおととら』(33巻) うーむ。 『みゆき』と『サイケまたしても』以外はすべてリアルタイムに雑誌で最終回を読んだ作品なので、本当に思い出深いものがありますね……。 (CoCoが歌うオリジナル曲も好きですけど、DoCoが歌うカバー版も好きでした。 『らんま』はキャラソンの充実ぶりも神だったんですよね。 漫画を読み直すたび、いまだにアニメ版の美神令子の声(鶴ひろみさん)で脳内再生されちゃいますねー。 『うしおととら』については、本編を読むと『うしおととら外伝』も読みたくなっちゃうから、本棚を探しとかないとなあ。 そしてそのまま『からくりサーカス』『月光条例』『双亡亭壊すべし』と、藤田和日郎先生の作品をリレー読みしちゃうところまでがテンプレです。 大好評【単行本全巻無料】の作品追加が決定!?? キミは、読み切る事ができるか…?? 少年サンデー春休み応援企画?? ちょいお色気が強いかもだけど、この機会にスマホで読ませてみようかな。 まあ、紙でも持ってるんだけど(笑)。

次の

サンデーうぇぶりが「MAJOR」や「うしおととら」を全巻無料公開、3月8日から順次

サンデー う ぇ ぶり 無料

2020年6月26日以降はご利用できなくなります。 キャンペーン期間終了後もお楽しみいただくには、通常版(有料)をご利用ください。 怪物VS超能力者。 意味深パニックホラー! ごく普通の会社員・内藤は態度の悪いコンビニ店員にぶち切れ、突如巨大な怪物に変身する。 そのまま一夜にして名古屋市を壊滅させ、内藤は世界で最も危険な存在となる。 その一方、内藤に呼応するかのように、不思議な「力」に目覚めた高校生・タスクとクロ。 この力を何に使うべきか…答えは一つ。 絵に描いたようなヒロイック展開には大きな秘密が…!! 意味深展開続々の、ニューウェイブパニックホラー!! 「メタフィクション」というものを、初めて読んだとき、驚いた経験のある人なら、 この物語、ピンと来るものがあるはず。 もしかして、今、認識している世界は、「そんな風には出来ていない」のではないだろうか? そんな疑念をチラッとでも考えたことがある人なら、是非この漫画を読んでほしい。 衝撃のメタフィクション体験。 あの頃の瑞々しい感覚を蘇らせてくれるはずだ。 作者の宇津江広祐先生は、存在の不安を抱えているタイプの作家。 SFに造詣が深く、グロテスクなものに、心が魅かれてしまう傾向にある。 どうしても漫画としてのストーリーが 内から湧き上がって来てどうしようもない状態なのだろう。 この漫画、今年の「このマンガがスゴイ!」の候補には選ばれるのではないだろうか?.

次の

内藤死屍累々滅殺デスロード(1)【期間限定 無料お試し版】 (サンデーうぇぶりコミックス)

サンデー う ぇ ぶり 無料

2020年6月26日以降はご利用できなくなります。 キャンペーン期間終了後もお楽しみいただくには、通常版(有料)をご利用ください。 怪物VS超能力者。 意味深パニックホラー! ごく普通の会社員・内藤は態度の悪いコンビニ店員にぶち切れ、突如巨大な怪物に変身する。 そのまま一夜にして名古屋市を壊滅させ、内藤は世界で最も危険な存在となる。 その一方、内藤に呼応するかのように、不思議な「力」に目覚めた高校生・タスクとクロ。 この力を何に使うべきか…答えは一つ。 絵に描いたようなヒロイック展開には大きな秘密が…!! 意味深展開続々の、ニューウェイブパニックホラー!! 「メタフィクション」というものを、初めて読んだとき、驚いた経験のある人なら、 この物語、ピンと来るものがあるはず。 もしかして、今、認識している世界は、「そんな風には出来ていない」のではないだろうか? そんな疑念をチラッとでも考えたことがある人なら、是非この漫画を読んでほしい。 衝撃のメタフィクション体験。 あの頃の瑞々しい感覚を蘇らせてくれるはずだ。 作者の宇津江広祐先生は、存在の不安を抱えているタイプの作家。 SFに造詣が深く、グロテスクなものに、心が魅かれてしまう傾向にある。 どうしても漫画としてのストーリーが 内から湧き上がって来てどうしようもない状態なのだろう。 この漫画、今年の「このマンガがスゴイ!」の候補には選ばれるのではないだろうか?.

次の