かえる か 現象。 蛙化現象の彼女にはどう対応するべきか?男側がすべき事は?

蛙化現象とは?好きな人に好意を持たれると気持ち悪い原因と治し方も

かえる か 現象

蛙化現象の由来 自分が全然好きではない相手や、あまり知らない相手から好意を寄せられて「気持ち悪い」と感じるのは何となく分かる気がします。 自分は相手のことを全く知らないのに、相手が自分のことを詳しく知っていたりするとちょっと不気味に感じたりもしますよね。 しかしそれまで自分が好意を寄せていた相手と両想いになった途端「気持ち悪い」と感じるのはどうしてなのでしょうか。 蛙化現象という名前は、グリム童話「かえるの王さま」(児童書では「かえるの王子」となっていることもあります)が由来なんだとか。 「かえるの王さま」ってこんなおはなし。 ある国の王女が、泉に金の鞠(まり)を落としてしまう。 そこへカエルが「自分を王女様のお友達にしてくれて、隣に座って同じ皿から食事を取って、あなたのベッドで寝かせてくれるのなら、池に落とした金の鞠を拾ってきてあげよう」と申し出る。 王女は鞠を取り戻したい一心で、その条件をのむ。 しかし、王女は鞠を取り返すと約束を破ってカエルを置いて帰る。 王女が家族と夕食を取っている最中、カエルが城に現れて王女に約束を守るように要求する。 王は王女から事の次第を訊き、交わした約束を守るように命じる。 王女が嫌々ながらもカエルと一緒に夕食をとった後、カエルは王女のベッドでの同衾を要求する。 王女は恐怖と嫌悪から泣きながら拒むが、王の命令によって寝室へ行くこととなる。 事の成り行きに腹を立てた王女はカエルを掴み、寝室の壁に叩きつけるが、そのおかげでカエルの魔法が解け、立派な王に戻る。 これまでの無礼を詫びた王の求婚を受け、二人は幸福な結婚をする。 スポンサーリンク 「気持ち悪い」と感じるのはなぜ?3つの原因と心理 恋愛が「ゲーム」になっている 恋愛が「相手を落とすゲーム」になっているため、相手を落とす(クリアする)ためには夢中で打ち込むのですが、それをクリアしたらおしまい。 ターゲットとして興味を持っていただけなので、相手が振り向けば執着心も一瞬でなくなってしまいます。 恋に恋している 自分の中の「理想の男性像」を相手に重ねて、本来の相手の姿を見ていないパターン。 本来の相手の内面が見えてくるたびに、理想像とのギャップが大きくなり幻滅してしまい「気持ち悪い」「がっかり」と感じてしまうことも。 自分に自信がない 自分のことが嫌いで自己肯定感が低い人ほど、好意を寄せられると「私にはそんな価値はない」「この人の見ている私と本当の私は違う」と感じたり、「私なんかを好きなんてこの人はおかしい」「見る目がない」と相手を見下してしまったりします。 男性は純粋に好意を持っているだけなのに、それを受け入れられないため相手に対して嫌悪感が生まれてしまうのです。 3つ目は、毒親育ちの人は結構当てはまるのではないでしょうか。 スポンサーリンク 克服して相手からの好意と向き合うためには? 恋愛の考え方を変えてみる 両想いは片想いのゴールかもしれませんが、恋愛は相手を落としたらクリアではなく、そこはまだスタート地点に過ぎないはずです。 何で読んだのか忘れてしまったのですが、印象に残っている言葉で「恋愛は相手の長所を見つけること、結婚は相手の短所を認めること」という言葉があります。 理想を持つことは良いことだと思います。 でも自分の理想像を相手に押し付けるばかりでは、結局自分自身がそのギャップに苦しむことになるのかもしれません。 自分の魅力を知る 魅力がないから自分が嫌いなのか?自分が嫌いだから魅力がないと思うのか? なんだか「鶏が先か、卵が先か」みたいなジレンマがありますが、実際誰かに好きになってもらえるのは自分に何かしらの魅力があるからです。 「魅力がある」というのは人より優れているとか、美しいとか、順位が高いとかだけではなく、相手にとって「いいな」と感じられるものがあるということです。 仕草や雰囲気、考え方など「相手が心地よいと感じられる」というのも、立派な魅力です。 そして好きだと言ってくれる相手は、自分でも気づいていないあなたの魅力にいちばん気づいてくれている人だということです。 相手が「いいな」と思ってくれたところに自信を持つことで、ちょっと自分を好きになれるのではないかと思います。 好かれた途端気持ちが冷めてしまうのは、恋愛をゲーム化していたり、理想を求めすぎたり、自分が嫌いな気持ちが強いということが原因にあります。 蛙化現象を克服して、素敵な恋愛を楽しんでくださいね。

次の

死が近い人に現れる現象。死期が近い人には特徴がある!?

かえる か 現象

蛙化現象と言う言葉の読み方や由来についてご存知ですか?蛙化現象とは「かえるかげんしょう」と読みます。 恋と蛙という言葉を組み合わせたときに思い浮かぶのは、『蛙の王様』という人は多いと思いますが、この『蛙の王子様』が蛙化現象の由来とされています。 『蛙の王様』というのは、点態的な童話の一つで、蛙に変えられてしまった王子様が、お姫様のキスで元に戻るという内容です。 有名なので知っている方も多いでしょう。 ですが、蛙に変えられていた王子様がお姫様のキスで人間に戻る童話とは違います。 お姫様がキスを許した相手が蛙に変わってしまうという、いわば『蛙の王様』の逆転現象が、現代、そして現実世界における蛙化現象なのです。 好意を抱かれた瞬間にカエル化して相手の男性を気持ち悪いと感じる 蛙化現象が起こって、好意を抱いてくれた男性を気持ち悪く感じてしまうのは、それまでの気持ちの大きさとは関係ありません。 好きだという気持ちが小さいことが原因で、気持ち悪いと感じる現象が起こるわけではないのです。 むしろ、燃え上がった片想いであるほど、蛙化現象は大きくなってしまう可能性があります。 燃え上がっていても蛙化現象を避けることはできないので、むしろ、相手のことを猛烈に好きな片想いだと、その落差を激しく感じてしまいます。 落差が激しいと落胆の気持ちも大きくなりますし、ショックも大きくなります。 その瞬間に、まさに「百年の恋も冷めた」状態になってしまうのです。 蛙化現象は、好きな人に好意を持ってもらえた瞬間に、相手のことが気持ち悪くなってしまう現象のことです。 以下の関連記事でも、男性の行為を気持ち悪いと感じてしまう女性の特徴について紹介しています。 ぜひ、こちらも合わせてご覧くださいね。 蛙化現象を起こす女性の特徴の二つ目は、飽きっぽい性格であるというものです。 何に対しても情熱を傾け続けることができないので、恋愛に対しても情熱を注ぎ続けるようなことができません。 その人のことに飽きてしまったり、自分の恋心に飽きてしまったときには、すぐに自分の気持ちが冷めていくのを感じるでしょう。 飽きっぽい性格の女性は、飽きてしまえば、もうそこで終わりなのです。 好きな人が自分のことを好きになってくれるというのは、恋愛の中では一区切りです。 普通はそこから恋の第二段階が始まるのですが、飽きっぽい人はそこで終わってしまう可能性が高いので、急に相手のことが気持ち悪く感じるのです。 女性の中には一定数、恋に対して夢を見てしまう人がいます。 少女漫画やドラマの中では素敵な恋愛がたくさんありますから、それらになじみがあると、「自分の中での恋の理想」が作られてしまうのです。 両想いでは、理想の恋の中では素敵だった諸々がすべて現実のものとなるのですから、失望することの方が多いでしょう。 片想いの間は自分の好きなようにできますが、両想いになると、否応なく現実の恋が始まります。 「現実の恋」が始まると考えると、げんなりして、急に好きな人のことも気持ち悪いと思ってしまうのです。 片想いと言うのは、夢の世界の中での出来事です。 プライベートで現実的に起こっている現象だとしても、片想いが現実になるか分からない以上、フワフワ夢を見て幸せな気分になっている状態と考えられるでしょう。 ですが、好きな人が好意を抱いてくれると、そこから恋は現実のものとなります。 いわば、生活の一部となるのです。 仕事や私生活の中でシビアに物事を見てしまう人は、片恋ではなくなった瞬間に、好きな人を「現実」のカテゴリに入れます。 急に、彼にかけるフィルターが変わるのです。 それによって気持ち悪く見えるのです。 恋愛経験がないので、どんなことが起こるか分からずに怖くなってしまうのが、相手への気持ち悪さの原因です。 自分がどうなってしまうか分からないので、恋愛自体から逃げたくなってしまっているのです。 恋愛が怖いと思ってしまった場合には、相手に対する恋愛感情をなくせば良い話ですよね。 目の前にいるのは、自分の不安の原因となる男性です。 自分に好意を抱いてくれた男性で、さらに言えば自分の好きな人だったはずなのに、好きと言ってくれた瞬間から、その相手は不安を運んでくる人になります。 それが気持ち悪いのです。 恋愛経験が少ない人の特徴に関しては、以下の関連記事も参考にしてみましょう。 関連記事では、恋愛記事が「ゼロ」の女性の特徴についてまとめています。 恋愛経験がないという女性、恋愛経験がない女性を落としたい男性には特におすすめですよ。 蛙化現象の治し方の一つ目は、自然な恋愛をできるようになるまで待つというものがあります。 蛙化現象が起こってしまうのは、自分の気持ちが恋愛に最適な状態ではないというものがあります。 だからこそ、自然な恋愛をできるようになるまで、無理に誰かに恋をするのはやめましょう。 恋愛を休んでしまうのです。 自分の気持ちをだましながら誰かのことを好きになっても、それは本当の「好き」ではありません。 だから、好意を抱いてくれた相手が気持ち悪いと思ってしまうのです。 自然に「あ、良いな」と思えるまで恋愛を自然に休んでいれば、今度は好きな人のことを気持ち悪いと思うこともなくなるでしょう。 片思いの間には、確かに恋愛のゴールは両想いのように感じてしまうでしょう。 確かに、好きな人に好意を抱いてもらうというのは、目標の一つであることは間違いありません。 ですが、それを全てだと思ってしまうと、それ以上は望めません。 蛙化現象を起こるのは、片想いが実った段階でゴールに到達してしまうからです。 だからこそ、片恋のゴールを両想いの「後」にすることが大切なのです。 どんなカップルになりたいのか、どんな関係性を築きたいのか、そう言ったところに焦点を置きながら恋をすれば、蛙化現象は起こりにくいはずですよ。 自分のことをきちんと認めてあげれば、自分のことを好きになってくれた人のことも、心の中で受け入れることができるでしょう。 「自分なんて」と自分を卑下している以上、そんな自分を好きな人を気持ち悪いと感じる現象はなくなりません。 蛙化現象を治して「両想い後の恋愛」に前向きになろう! 好意を抱いてくれた人を気持ち悪いと思ってしまう蛙化現象について理解することはできましたでしょうか。 蛙化現象は、両想いの後の恋愛に対する不安や自信のなさ、恋愛への経験不足が原因となっていることがほとんどです。 治し方は人によりますが、カップルとしての恋愛にポジティブな気持ちがあれば、なくなるでしょう。 恋に対する気持ちの持ち方で蛙化現象も収まりますが、時には、自分に原因がないということもあります。 完全に相手が「気持ち悪い」人であるということもあるのです。 気持ち悪いと感じたときには無理に付き合う必要はありません。 関連記事では別れた方が良い彼氏の特徴についてまとめています。 ぜひご覧ください。

次の

蛙化現象とは? 意味や由来、読み方、なりやすい人の特徴をチェック!|GLOBO

かえる か 現象

蛙化現象と言う言葉の読み方や由来についてご存知ですか?蛙化現象とは「かえるかげんしょう」と読みます。 恋と蛙という言葉を組み合わせたときに思い浮かぶのは、『蛙の王様』という人は多いと思いますが、この『蛙の王子様』が蛙化現象の由来とされています。 『蛙の王様』というのは、点態的な童話の一つで、蛙に変えられてしまった王子様が、お姫様のキスで元に戻るという内容です。 有名なので知っている方も多いでしょう。 ですが、蛙に変えられていた王子様がお姫様のキスで人間に戻る童話とは違います。 お姫様がキスを許した相手が蛙に変わってしまうという、いわば『蛙の王様』の逆転現象が、現代、そして現実世界における蛙化現象なのです。 好意を抱かれた瞬間にカエル化して相手の男性を気持ち悪いと感じる 蛙化現象が起こって、好意を抱いてくれた男性を気持ち悪く感じてしまうのは、それまでの気持ちの大きさとは関係ありません。 好きだという気持ちが小さいことが原因で、気持ち悪いと感じる現象が起こるわけではないのです。 むしろ、燃え上がった片想いであるほど、蛙化現象は大きくなってしまう可能性があります。 燃え上がっていても蛙化現象を避けることはできないので、むしろ、相手のことを猛烈に好きな片想いだと、その落差を激しく感じてしまいます。 落差が激しいと落胆の気持ちも大きくなりますし、ショックも大きくなります。 その瞬間に、まさに「百年の恋も冷めた」状態になってしまうのです。 蛙化現象は、好きな人に好意を持ってもらえた瞬間に、相手のことが気持ち悪くなってしまう現象のことです。 以下の関連記事でも、男性の行為を気持ち悪いと感じてしまう女性の特徴について紹介しています。 ぜひ、こちらも合わせてご覧くださいね。 蛙化現象を起こす女性の特徴の二つ目は、飽きっぽい性格であるというものです。 何に対しても情熱を傾け続けることができないので、恋愛に対しても情熱を注ぎ続けるようなことができません。 その人のことに飽きてしまったり、自分の恋心に飽きてしまったときには、すぐに自分の気持ちが冷めていくのを感じるでしょう。 飽きっぽい性格の女性は、飽きてしまえば、もうそこで終わりなのです。 好きな人が自分のことを好きになってくれるというのは、恋愛の中では一区切りです。 普通はそこから恋の第二段階が始まるのですが、飽きっぽい人はそこで終わってしまう可能性が高いので、急に相手のことが気持ち悪く感じるのです。 女性の中には一定数、恋に対して夢を見てしまう人がいます。 少女漫画やドラマの中では素敵な恋愛がたくさんありますから、それらになじみがあると、「自分の中での恋の理想」が作られてしまうのです。 両想いでは、理想の恋の中では素敵だった諸々がすべて現実のものとなるのですから、失望することの方が多いでしょう。 片想いの間は自分の好きなようにできますが、両想いになると、否応なく現実の恋が始まります。 「現実の恋」が始まると考えると、げんなりして、急に好きな人のことも気持ち悪いと思ってしまうのです。 片想いと言うのは、夢の世界の中での出来事です。 プライベートで現実的に起こっている現象だとしても、片想いが現実になるか分からない以上、フワフワ夢を見て幸せな気分になっている状態と考えられるでしょう。 ですが、好きな人が好意を抱いてくれると、そこから恋は現実のものとなります。 いわば、生活の一部となるのです。 仕事や私生活の中でシビアに物事を見てしまう人は、片恋ではなくなった瞬間に、好きな人を「現実」のカテゴリに入れます。 急に、彼にかけるフィルターが変わるのです。 それによって気持ち悪く見えるのです。 恋愛経験がないので、どんなことが起こるか分からずに怖くなってしまうのが、相手への気持ち悪さの原因です。 自分がどうなってしまうか分からないので、恋愛自体から逃げたくなってしまっているのです。 恋愛が怖いと思ってしまった場合には、相手に対する恋愛感情をなくせば良い話ですよね。 目の前にいるのは、自分の不安の原因となる男性です。 自分に好意を抱いてくれた男性で、さらに言えば自分の好きな人だったはずなのに、好きと言ってくれた瞬間から、その相手は不安を運んでくる人になります。 それが気持ち悪いのです。 恋愛経験が少ない人の特徴に関しては、以下の関連記事も参考にしてみましょう。 関連記事では、恋愛記事が「ゼロ」の女性の特徴についてまとめています。 恋愛経験がないという女性、恋愛経験がない女性を落としたい男性には特におすすめですよ。 蛙化現象の治し方の一つ目は、自然な恋愛をできるようになるまで待つというものがあります。 蛙化現象が起こってしまうのは、自分の気持ちが恋愛に最適な状態ではないというものがあります。 だからこそ、自然な恋愛をできるようになるまで、無理に誰かに恋をするのはやめましょう。 恋愛を休んでしまうのです。 自分の気持ちをだましながら誰かのことを好きになっても、それは本当の「好き」ではありません。 だから、好意を抱いてくれた相手が気持ち悪いと思ってしまうのです。 自然に「あ、良いな」と思えるまで恋愛を自然に休んでいれば、今度は好きな人のことを気持ち悪いと思うこともなくなるでしょう。 片思いの間には、確かに恋愛のゴールは両想いのように感じてしまうでしょう。 確かに、好きな人に好意を抱いてもらうというのは、目標の一つであることは間違いありません。 ですが、それを全てだと思ってしまうと、それ以上は望めません。 蛙化現象を起こるのは、片想いが実った段階でゴールに到達してしまうからです。 だからこそ、片恋のゴールを両想いの「後」にすることが大切なのです。 どんなカップルになりたいのか、どんな関係性を築きたいのか、そう言ったところに焦点を置きながら恋をすれば、蛙化現象は起こりにくいはずですよ。 自分のことをきちんと認めてあげれば、自分のことを好きになってくれた人のことも、心の中で受け入れることができるでしょう。 「自分なんて」と自分を卑下している以上、そんな自分を好きな人を気持ち悪いと感じる現象はなくなりません。 蛙化現象を治して「両想い後の恋愛」に前向きになろう! 好意を抱いてくれた人を気持ち悪いと思ってしまう蛙化現象について理解することはできましたでしょうか。 蛙化現象は、両想いの後の恋愛に対する不安や自信のなさ、恋愛への経験不足が原因となっていることがほとんどです。 治し方は人によりますが、カップルとしての恋愛にポジティブな気持ちがあれば、なくなるでしょう。 恋に対する気持ちの持ち方で蛙化現象も収まりますが、時には、自分に原因がないということもあります。 完全に相手が「気持ち悪い」人であるということもあるのです。 気持ち悪いと感じたときには無理に付き合う必要はありません。 関連記事では別れた方が良い彼氏の特徴についてまとめています。 ぜひご覧ください。

次の