就活 志望 動機 例。 物流業界志望の就活生必見!志望動機の3つのポイント

物流業界志望の就活生必見!志望動機の3つのポイント

就活 志望 動機 例

エントリーシートの志望動機の基本は結論先行型で! エントリーシートだけでなく、履歴書や自己PRでも同じなのですが、基本は結論を先頭に持ってきましょう。 なぜなら、それが一番相手に話が伝わる論理構成だからです。 内定を獲得する文章構造PREP 文章が上手い人はなぜ上手いかわかりますか? 実は、文章にはいくつかのパターンがあります。 その中で最適なパターンを選べてるから文章が上手い人はいい文章がかけるのです。 なので、志望動機でも最適な文章パターンを使うのがいいですよね? その最適な文章パターンがPREPなのです。 PREPは、よくプレゼンなどでも使われるのですが、これは1つのことをわかりやすく伝えることができる文章構造なのです。 PREP(プレップ)法とは、「Point ・ Reason ・ Example ・ Point」の略です。 Point = ポイント・結論 Reason = 理由 Example = 実例・事例・具体例 Point = ポイント・結論を繰り返す 上記のような順番で構成していきます。 結論重視で、1つのことを具体的に伝えるので説得力があります。 R:なぜ結論が言えるのか、その理由(志望動機の理由)• E:理由の詳細(理由を詳しく話す)• 志望動機に入れるべき3つの内容 志望動機には、実は入れたようが良い内容が3つあります。 受ける企業の業界を選んだ理由• 同業他社からあなたが企業を選んだ理由(同じ業界の企業との差)• 企業に対して貢献できること・成し遂げたいことは何か 関連記事: この3つを入れて志望動機を作るとかなり完成度が高い志望動機になります。 業界を選んだ理由:こだわりが強くNo1を目指す性格 同業他社からその企業を選んだ理由:プロフェッショナル集団を目指している 貢献できること:粘り強い性格で、プロの中のプロを目指し、他の誰にも負けないプロとして御社を引っ張っていく 上の3つから志望動機を一言で プロの中のプロエンジニアになりたい。 例を見るとわかりますが、 この3つを文章に盛り込めば志望動機が作れる気がしてきますよね? PREPとこの3つの基本を合わせれば、• 志望動機を一言で• 志望動機の具体的な内容• 受ける企業の業界を選んだ理由• 同業他社からあなたが受けた企業を選んだ理由(同じ業界の企業との差)• 最初に伝えたことを、再度伝える。 これを参考に例文をみたりして、志望動機を書くコツを掴むといいかなと! 志望動機の例文を参考にせよ 一番いいのはあなただけのオリジナルの表現で志望動機を伝えることです。 が、それは非常に難しい。 文章力が求められるので単純に難易度が高いです。 なので、ひとまずは例文を参考にして、そこに自分の色を足すように作る。 そうすれば、そこそこのクオリティの志望動機が素早くかけるかなと。 出ないものは出ないので、最初のうちは例文を参考にしていきましょう。 各業界の志望動機をまとめたので、ここから参考にしてくださいませ。 就活エージェントって知ってる? 就職活動をする上で ライバルに差をつける方法はズバリ就職エージェントを利用することです。 当サイト一押しであるを利用することで以下のサポートを 全て無料で受けることができます。 カウンセリング• 就活のプロであるアドバイザーがマンツーマンサポート• 厳選された企業の中から、利用者にあった求人を紹介• ESや履歴書の添削• 面接対策・練習• 紹介された企業の選考スケジュールの調整• 登録者限定、セミナーへの出席• 通常より採用ステップが減る(面接だけなど) 利用から 最短で1週間で内定がとれる学生も存在し、利用者全体の内定率は8割超えと高い水準を誇るサービスです。 無料で登録できるので情報収集のつもりでも構いません。 1度利用してみることで就活の幅は広がるでしょう!.

次の

【ブライダルの志望動機の書き方】例文5選やNG例をご紹介

就活 志望 動機 例

こんにちは、ワンキャリ編集部です。 就職活動において内定を得るための最重要項目といえば志望動機の作成です。 人事が最初に着目するポイントであり、面接でも志望動機は掘り下げて聞かれます。 それだけに企業から共感を得る志望動機の書き方・作り方に頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。 特にエントリーシート(ES)の提出や面接が重なってくる就活中盤以降は志望動機作りに追われてしまい、面接対策まで時間が回らないということもありえます。 ですが、これでは本末転倒ですよね。 志望動機は難しいものではありません。 企業を応募すると決めた時点で、既に要素はそろっているともいえます。 大切なのは「内容をうまくまとめて書き方・伝え方のコツをつかむ」こと。 当記事では「書き方のポイント・よくある志望動機を深める方法・業界ごとの特徴」など志望動機を作成するステップを例文付きで紹介しています。 就活の第一歩ともいえる企業研究。 ホームページをくまなく調べたり、OB・OG訪問をしたりと大変なイメージがありますよね。 しかし、 ある攻略法を用いると、企業研究は10分で終わる簡単なものになるんです。 下記の記事では、とっておきの裏技を紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。 ・ 自己分析とは、過去の経験・エピソードから「自分がどういう人間で、何ができるかを言葉にするプロセス」のことです。 自己分析はいわば就職活動の基礎であり、無視して通り過ぎることはできません。 しかし「自己分析のやり方が分からない」のが就職活動中の学生に共通する悩み。 自分の過去の経験から「得意なこと」「需要があること」「好きなこと」の3軸を用いた自己分析の方法を参考にしてみてください。 ・ 就活の面接において、志望動機を問われる場面が多くあるでしょう。 特に多くの学生が応募する企業では、説得力のある志望動機を自分なりの言葉で話すことが、入社意欲を示す上でも重要です。 とはいえたくさんの企業を受ける場合、1社ごとに志望動機を用意するのは大変ですよね。 そこで、テンプレートを用意しておくと、前日であっても魅力的な志望動機を作れます。 ネット上の情報から企業研究をするだけで、 面接官をうならせる志望動機を作る方法をお伝えしましょう。 ポイントは企業の強みと弱み、企業の人事や面接担当者が採用したい人物像を分析することです。 ・ 就活をしているとよく聞く「就活の軸」というワード。 自分の就活の軸を持っていると志望動機は確固たるものになります。 就活の軸を見つけるにはまず、自己分析をして自分の「本音」と「建前」を整理しましょう。 自ずと自分ならではの就活の軸が姿を現すはずです。 ・ 志望動機で学生がよく答える「自己成長」「グローバル」「社会貢献」。 高みを目指したい、スキルを磨きたいという就活生であればキャリア形成においてこれらを重視するのは当然といえます。 これらは企業の事業内容や業務内容を深堀りすることで洗練されていきます。 入社後のイメージを明確に持ち、説得力のある志望動機を作って選考でアピールしましょう。 ・ 多くの学生が企業選びのときに重要視する「裁量」「仕事の幅広さ」「人の魅力」。 どの志望理由も、合否を分けるのは 「その先に何を目指しているか」を説明できるかどうかです。 ありきたりになりがちな回答をどう深めればいいか、想定質問と深掘りされるポイントをお伝えします。 ・ 面接で出会った社員や会社の雰囲気にひかれ、志望動機に盛り込みたいという場面に遭遇することがあるかもしれません。 魅力的な社員にひかれたという志望動機はどんな業界、企業にも応用が利くメリットがあります。 では、デメリットはあるのでしょうか? 志望動機に「社員にひかれた」を挙げる場合に質問されやすいポイントと対策をおさえておきましょう。 ・ メガバンクにおける志望動機は一つ一つの銀行に合わせて作り込んでいますか? ひとくくりに銀行とはいっても行風や求める人材像は明確に異なります。 それぞれの企業の社風をしっかりと調べ、自分がその銀行で活躍できる人物だと期待を抱いてもらう必要があります。 そのために、自分のすべきことを整理しておきましょう。 志望動機に書くことが見えてくるはずです。 メガバンクは、「幅広い業務を遂行できること」と「それぞれの行風への興味を示すこと」がポイントです。 <三井住友銀行> 「三井住友銀行を志望する理由についてお答えください。 」 社会経済の心臓を担う銀行マンとして人々の豊かさを根底から支える基盤になりたい。 もっと長い時間軸で大きな影響力をもつ仕事に携わりたいと考えていたところ、他人ごとではなく責任感をもって顧客と一蓮托生 (いちれんたくしょう)の姿勢で接し、多岐にわたる企業活動の基盤となっている貴行のビジネスを知った。 裁量の大きい少数精鋭かつ数字がシビアに要求される貴行は、自分次第でどこまでも成長できるフィールドがある点で群を抜いている。 高い負荷をかけた厳しい環境下で無形商材を扱うことで個として大きく成長ができると考えており、アルバイトを契機に培ってきた相手志向を本格的に磨き、モノではなく人で勝負する人材を目指す。 グループ間の連携の陣頭指揮を執りながら、自分自身が付加価値となって顧客の課題解決に尽力したい。 各社が求めるスキルや人材像とマッチしているか、ギャップが少ないかを念頭に、過去の経験をひも付けた志望動機を書き上げていくとよいでしょう。 三菱商事では、「なぜ三菱か」より「なぜ商社か」が重視されます。 コンサルや投資銀行など、他業界と比較した志望動機を語れるか否かが選考のポイントです。 <三菱商事> 「あなたが三菱商事で挑戦したいこと、実現したい夢について教えてください。 その際、特に興味のある分野や事業があれば、具体的に触れていただいても構いません。 」(250字以内) 私は貴社で、多くの利害関係者をまとめる経営人材になりたいと考えています。 サークルでの営業を通じて、スポンサーとメンバーの板挟みになりながらも解決策を模索し、お金を頂く大変さ、信頼される喜びを知りました。 この経験から、より多くの人と人を繋 (つな)ぎ、協働できる仕事に就きたいと考えています。 そこで、現状に満足せず先を見据えて事業を強化し、世界中のパートナーと強い信頼関係を築く貴社の環境に身を置きたいと考えています。 なぜなら社員訪問を通じて、自分を磨き、夢を叶 (かな)えることができるインフラがあると感じたからです。 <三井物産> 「三井物産というフィールドにおいて、あなたが挑戦したいことについて記述してください。 」(全半角200文字以内) 私はさまざまな関係者を巻き込み、事業を成功に導くことに挑戦したい。 ゼミやインターンの経験から、さまざまな考えを聞き、チームの方向性を考え、行動し、結果を残すことにやりがいを感じてきた。 こうした経験から、事業全体を考え、会社を巻き込み、事業を成功に導く総合商社に魅力を感じ、上記の夢を抱くに至った。 中でもOB訪問を通じて最も社員に惹 (ひ)かれた貴社で、自分の尊敬する先輩方とともに自分の夢を実現したい。 また、カンパニー制を採っているため、希望する事業をある程度絞っているなど、適性の高い学生を求めていると考えられます。 <伊藤忠商事> 「伊藤忠商事を志望する理由を教えてください。 」(50文字以下) ベトナムでのビジネスプログラムを経て、海外で0から新規ビジネスを開拓することにやりがいを感じたから。 住友商事の人・社風が好きだという思いを、自身の経験と関連させると「住友商事である理由」を答えることができるでしょう。 <住友商事> 「住友商事に伝えたいこと。 」(300文字以下) 御社が米国のシェールガスの事業で巨額減損を計上したことは記憶に新しい。 だが、そんな今だからこそ、私は御社に入社しなければならない、と考える。 御社は今、総合商社の中で最も苦しく、辛い境地に立たされている会社であろう。 私はアメリカ留学中、劣等生という立場から這 (は)い上がるためにラジオ局のニュースキャスターになり、成績優秀者にまでのぼりつめて逆転した経験がある。 人間は、会社は、今までにない困難に陥ったときに本当の強さを発揮する。 逆境こそがはじまりであり、チャンスである。 御社はここからが勝負だ。 ぜひ御社とともに、業績を早期回復させ、住友商事の本当の強さを世に見せ、信頼を回復するために全力を尽くしたい。 特徴として、他社よりも「若いうちからグローバルに挑戦できる環境が整っている」ことが挙げられます。 関心のある事業の説明の準備もしておきつつも、配属リスクの高い商社の志望動機は社風や人に絡めた他の理由を推すのが良策といえるでしょう。 <丸紅> 「あなたが丸紅で成し遂げたい夢や目標は何ですか。 今までの経験やご自身の考えをふまえて、そのように考える理由と併せて教えてください。 」(300文字以下) 私は、【さまざまな企業を取りまとめる立場で事業に関わり、事業を成功に導くこと】が目標である。 ゼミやインターンの経験から、さまざまな考えを持つメンバーの意見を聞き、その上でチームの方向性を考え示しながら活動をともに進め結果を残すことにやりがいを感じてきた。 こうした経験を背景に私は上記の目標を抱き、全体の調整役として、さまざまな企業とともに事業のあるべき方向を考え、泥臭く行動し、事業を成功に導く総合商社に魅力を感じた。 中でも、会社説明会等を通じて、魅力溢 (あふ)れる社員のいらっしゃる貴社で働くことで、目標の実現に挑戦したい。 事業分野としては、人々の生活の根幹に関わる「農業」「水」「電力」分野のビジネスに携わりたいと考える。 志望動機を書く上でも企業分析の材料となる情報が少なく、苦心している方もいるのではないでしょうか。 ワンキャリアでは外資系を含め 大手投資銀行の女性社員にインタビューを行っています。 志望動機を深めるためにもぜひ参考にしてみてください。 <UBS> 「世界が変わる瞬間を見たい」と漠然と思っていて、就活でもそれが叶 (かな)いそうなフィールドを志望していました。 そのうえで、金融機関の方がより具体的な課題解決ができると感じたのと、数字が絡む仕事に興味があったので、今の仕事を選びました。 ワンキャリアではメーカーならではの理由を3つに分けて解剖しています。 合否を分けるターニングポイントを見定められるかが選考突破のキーといえるでしょう。 <住友化学> 「志望動機をご記入ください」(全角250文字以内) 「社会を支え多くの人に必要とされている企業である」「自分らしく働ける環境の整った企業であること」という私の企業選びの軸に貴社が一致していると感じたため、志望します。 私は、企業が新たな価値を創造し社会に提供し続けるためには、やはりその時々の社会課題やニーズを捉えて対応していく必要がある考えています。 その点、貴社は幅広い事業領域と技術で人々の暮らしに貢献しており、強く惹かれました。 また座談会等でお話を伺う中で、貴社の社員の方々のお仕事に誠実に前向きに取り組む姿勢が、自分に合っているように感じました。 ・ 広告代理店の国内大手3社はどのような違いがあるのでしょうか。 「営業スタイルに違いはない」など、ワンキャリアでは3社の社員それぞれから他社との違いを語ってもらったインタビュー記事があります。 各社の視点からライバルはどのように映っているのでしょうか。 志望動機を作るうえで参考になる切り口が満載の企画です。 <電通> 「電通の総合職に興味を持ったきっかけ」 自分の頭で考えて、課題に対する解決策を形にする職業に就きたかったため。 また、一つの業界・業種にこだわりたくなかったため、幅広いクライアントがいるような会社に興味があった。 当初はコンサルティング業界が第一志望だったが、ロジックだけではなく、且 (か)つ成果物が形になるような仕事がしたいと思い、広告代理店を志望するようになった。 そこで困るのが志望動機です。 「なんとなくいいな」とエントリーしてしまった企業のESに「なんとなく」の志望動機を書いていませんか? その企業は自分の人生を変える運命の会社かもしれません。 せっかく作るなら、洗練されたベストな志望動機を提出しましょう。 第一志望に限らず、良い志望動機を書くポイントは、 実際の仕事で求められるスキルと自分が持つエピソードを合体させ 、接点と根拠を明らかにすることです。 ・ 面接では必ずといっていいほど、志望動機をさらに掘り下げて、具体的な理由や過去の経験を聞かれます。 面接官から「将来成し遂げたいこと」「それを成し遂げたいと思ったきっかけ」「他の業界ではない理由」「他の企業ではない理由」「入社後にしたいこと」といった質問をされたことがある就活生も多いのではないでしょうか。 とはいえ多くの業界・企業を受けている場合、志望動機の作成には手間がかかり、悩ましい存在でもあります。 しかし、実はどんな企業の選考でも答えるべき志望動機のポイントは決まっています。 ワンキャリアでは全業界、全企業に通用する、面接での質問も想定に入れた 「志望動機の作り方に関する5つのポイント」をお伝えします。 志望動機に時間がかかってしまう方は参考にしてみてください。 ・ 自己PR・自己紹介と並んで非常に重要な志望動機。 ここまで読み進めていただいた方であれば、就活における志望動機の書き方・作り方をご理解いただけたかと思います。 志望動機とは企業の採用担当者や面接官の心を知り、それにあった自分の強みを知ること。 こちらで紹介した志望動機の書き方や例文集が、きっと内定に近づく助けになるはずです。 時につらく厳しい就職活動ですが、ワンキャリアの記事が解決の糸口になれば幸いです。 OB・OG訪問や企業研究を重ねて、エントリーシートや面接で自信を持って回答できるよう準備をしておきましょう。

次の

【ブライダルの志望動機の書き方】例文5選やNG例をご紹介

就活 志望 動機 例

1.志望動機の書き出しには「結論」を書くべき! 志望動機の書き出しには結論を書くようにしましょう。 何故結論から先に書くのかというと、 結論を先に書くことで読む人はこの先の文章が頭に入りやすくなるからです。 結論を先に書かずに具体例から書いてしまうと、読む人にとっては何の話なのか、イメージがしづらくなってしまいます。 では結論とは何なのかというと、なぜこの業界、この企業を志望したのか、その理由です。 そこから具体的にどういった理由でその企業を志望したのかを書いていくと、読みやすい志望動機になります。 そして、書き出しで結論を述べたら、あとはPREP法にのっとって文章を構成することで、面接官に伝わりやすい志望動機をつくりあげることができます。 2.志望動機全体はPREP法で書こう 志望動機の全体はPREP法で書いてみましょう。 PREP法とは、結論(POINT)、理由(REASON)、具体例(EXAMPLE)、結論の繰り返し(POINT)によって作られた文章の手法です。 なぜPREP法で志望動機を書くのがいいのかというと、PREP法で書かれた文章は理論的で要点がわかりやすく、読む人の頭にスラスラ入っていくからです。 また、短い文章で志望理由を説明できるのも大きなメリットです。 PREP法での志望動機の書き方は以下の通りです。 また、スウェーデンに1年間留学した経験から自分の強みである語学力を活かしてグローバルに企業の問題解決をしたいと考えています。 362文字) 3.業界別の志望動機の書き出し例7つ ここからは、業界別の志望動機の書き出しの例文を紹介します。 自分が将来成し遂げたいビジョンを簡潔に結論として書くことを意識しているので、これらの例文を参考に簡潔に書く練習をしてみてくださいね。 今回紹介する例文は、以下の7つです。 順に紹介します。 (1)コンサル業界の志望動機書き出し例 1つ目はコンサル業界です。

次の