エアコン ドライ 除湿。 エアコンは冷房よりも除湿のほうが電気代が高くなるって本当!?

どう使えばいい?エアコンの“除湿モード”のかしこい使い方

エアコン ドライ 除湿

飽和水蒸気量とは空気中に存在できる水蒸気の量で、空気の温度が低くなるほど存在できる量が少なくなります。 飽和水蒸気量を超えると、水蒸気は液体になります。 エアコンが除湿をする機能はこのような流れです。 夏場に冷たい飲み物のグラスに水滴がつくのと仕組みは同じです。 あれはグラスで冷やされた空気の飽和水蒸気量が下がって、空気中に存在できなくなった水蒸気がグラスに水滴として現れる現象です。 実は冷房も除湿も機能は同じ ここ重要です。 冷房も除湿も機能的な仕組みは一緒です。 機能としては、 冷房を入れても湿度は下がるし、除湿しても室温が下がるということです。 これを冒頭に書いたように、 温度を基準にするか、湿度を基準にするかの違いだけです。 除湿の場合は、除湿を開始すると同時に冷房も始まります。 そして、設定の湿度になるまで冷房も続きます。 逆に言えば、湿度が下がるまで冷房し続けるということ。 これが、除湿にしたのになぜか寒くなる原因ですね。 指標が湿度なので、部屋の温度が何度になろうが関係なく、除湿が完了するまで冷房が入った状態になるということです。 冷房入れてるのと同じですから。 弱冷房除湿と再熱除湿 弱冷房除湿と再熱除湿についても説明します。 弱冷房除湿とは、一般的な除湿機能のことです。 上に書いた「空気を冷やして除湿している」というものです。 つまり冷房機能を弱めに稼働させているだけのもの。 機能的に、除湿するために空気を冷やす必要があると書きましたが、その 冷やした空気を温め直して室内に戻す機能が再熱除湿です。 再熱除湿は部屋を冷やしすぎること無く除湿ができるので、 寒がりな人には便利な機能ですね。 ただ、残念ながらデメリットもあります。 それは 電気代がかかること。 空気を一旦冷やして温め直すというとても非効率的な動きをさせてるので、当然電気代が高くなるのは理解できると思います。 除湿で寒いときにできる対策 エアコンを使った除湿は仕組み上、絶対に寒くなる 除湿はエアコンの仕組み上、絶対に寒くなります。 弱めの冷房をずっとつけているのと同じことになります。 これはエアコンの機能的にどうしようもないことなので、 寒いのを我慢するか、湿度が高いのを我慢するかのトレードオフになります。 温度と湿度の両方を見て、自分が一番快適な妥協点を探すのが1つの解決策です。 寒くなりすぎたと感じたら、除湿を止めるなどですね。 再熱除湿を使う 再熱除湿機能があるエアコンの場合は、再熱除湿を使うことでなるべく室温を下げないまま除湿が出来ます。 ただ、冷房や除湿と比較して電気代がかかるのがデメリット。 そして、それなりの高機能モデルのエアコンにしか再熱除湿機能が無いというところですね。 どうしても温度と湿度の両立を目指したい人、快適性のためには多少のお金は惜しまないという人はこれ。 ちなみにエアコンに搭載されている除湿機能は3パターン。 弱冷房除湿のみ• 再熱除湿のみ• 弱冷房除湿と再熱除湿の切り替え可能 エアコンを選ぶときの参考にどうぞ。

次の

エアコンは冷房よりも除湿のほうが電気代が高くなるって本当!?

エアコン ドライ 除湿

飽和水蒸気量とは空気中に存在できる水蒸気の量で、空気の温度が低くなるほど存在できる量が少なくなります。 飽和水蒸気量を超えると、水蒸気は液体になります。 エアコンが除湿をする機能はこのような流れです。 夏場に冷たい飲み物のグラスに水滴がつくのと仕組みは同じです。 あれはグラスで冷やされた空気の飽和水蒸気量が下がって、空気中に存在できなくなった水蒸気がグラスに水滴として現れる現象です。 実は冷房も除湿も機能は同じ ここ重要です。 冷房も除湿も機能的な仕組みは一緒です。 機能としては、 冷房を入れても湿度は下がるし、除湿しても室温が下がるということです。 これを冒頭に書いたように、 温度を基準にするか、湿度を基準にするかの違いだけです。 除湿の場合は、除湿を開始すると同時に冷房も始まります。 そして、設定の湿度になるまで冷房も続きます。 逆に言えば、湿度が下がるまで冷房し続けるということ。 これが、除湿にしたのになぜか寒くなる原因ですね。 指標が湿度なので、部屋の温度が何度になろうが関係なく、除湿が完了するまで冷房が入った状態になるということです。 冷房入れてるのと同じですから。 弱冷房除湿と再熱除湿 弱冷房除湿と再熱除湿についても説明します。 弱冷房除湿とは、一般的な除湿機能のことです。 上に書いた「空気を冷やして除湿している」というものです。 つまり冷房機能を弱めに稼働させているだけのもの。 機能的に、除湿するために空気を冷やす必要があると書きましたが、その 冷やした空気を温め直して室内に戻す機能が再熱除湿です。 再熱除湿は部屋を冷やしすぎること無く除湿ができるので、 寒がりな人には便利な機能ですね。 ただ、残念ながらデメリットもあります。 それは 電気代がかかること。 空気を一旦冷やして温め直すというとても非効率的な動きをさせてるので、当然電気代が高くなるのは理解できると思います。 除湿で寒いときにできる対策 エアコンを使った除湿は仕組み上、絶対に寒くなる 除湿はエアコンの仕組み上、絶対に寒くなります。 弱めの冷房をずっとつけているのと同じことになります。 これはエアコンの機能的にどうしようもないことなので、 寒いのを我慢するか、湿度が高いのを我慢するかのトレードオフになります。 温度と湿度の両方を見て、自分が一番快適な妥協点を探すのが1つの解決策です。 寒くなりすぎたと感じたら、除湿を止めるなどですね。 再熱除湿を使う 再熱除湿機能があるエアコンの場合は、再熱除湿を使うことでなるべく室温を下げないまま除湿が出来ます。 ただ、冷房や除湿と比較して電気代がかかるのがデメリット。 そして、それなりの高機能モデルのエアコンにしか再熱除湿機能が無いというところですね。 どうしても温度と湿度の両立を目指したい人、快適性のためには多少のお金は惜しまないという人はこれ。 ちなみにエアコンに搭載されている除湿機能は3パターン。 弱冷房除湿のみ• 再熱除湿のみ• 弱冷房除湿と再熱除湿の切り替え可能 エアコンを選ぶときの参考にどうぞ。

次の

エアコンのドライ機能を知れば湿気も電気代の悩みも吹き飛んでいく話|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

エアコン ドライ 除湿

冷房とドライ機能って何が違うの? エアコンについている 「冷房」と 「ドライ」、2つの機能の違いはご存知ですか? 意外と知らないこの違いは、じめじめした季節を過ごすための必須知識! 仕組みや目的をわかりやすく紹介していきます! 冷房機能 冷房はその名の通り、 室内の「温度」を低くすることを第一に考えた機能のこと。 部屋の空気を取り込み、熱を取り除いて冷やした空気を送りなおすことで、部屋を涼しくするのです。 また、温度が低くなると、空気に含まれる水分量は減ります。 ジメジメした空気から熱をとって水分を出し、心地よいサラサラした空気を送り出すことで、 部屋全体の湿度を下げます。 ドライ機能には2つの種類が! 実はドライ機能には2つの種類があります! 弱冷房除湿と 再熱除湿という2つですが、その違いを知ることで、より快適に過ごすことができるので紹介していきますね。 弱冷房除湿 弱冷房除湿は通常のドライ機能のこと。 ドライ機能は先ほど紹介したように、湿度を下げる過程で熱を取り除くので、温度を下げる効果も期待できます。 冷房と比べて弱い冷却効果なので、 弱冷房除湿という名前なんです。 部屋の温度と湿度を少し下げたいときはこの機能をオススメします。 再熱除湿 弱冷房除湿に対して、 再熱除湿は湿度を下げても、空気を冷やさない運転方法です。 通常の除湿運転は運転中に空気を冷やしてしまいます。 しかし、再熱除湿は 一度冷やした空気を、温めなおして戻す方法。 冷え性の方や「ジメジメとした空気をなくしたいけど、寒すぎるのは嫌」といった方の要望に応えるために作られた機能なんです! 弱冷房除湿・再熱除湿 うちのエアコンはどっち? 「うちのエアコン、ドライとしか表示されないけどこれはどっちの機能なの?」 2019年最新のエアコンでは、再熱除湿と弱冷房除湿を切り替えられるエアコンが発売されているそうです。 ですが、それ以前のエアコンだと片方の機能だけを採用していたり、弱冷房でも温度に配慮した機能を搭載していたりと 機種によってかなり違います。 気になる方は 取扱説明書を確認するか、 メーカーのホームページなどで確認してみましょう。 気になる電気代は機能で変わる! エアコンを使う時に気になる電気代ですが、実は 使う機能で電気代が変わるんです。 弱冷房除湿<冷房<再熱除湿の順で、値段が高くなっていきます。 具体的には1時間の弱冷房除湿が4円ほどなのに対し、 再熱除湿は3倍以上の15円ほどもかかってしまうんです。 再熱除湿の電気代が高い理由は、一度冷やした空気を温めなおすから。 余分なエネルギーがかかり,電気代が高くなってしまいます。 電気代が気になる方は、再熱除湿の使用をできるだけ控えるのが賢明かもしれません。 電気代をもっと安くするには ドライ機能を使う場合もそうではない場合も、電気代は常に節約したいですよね。 「エアコンの電気代をもっと安くするにはどうしたらいいの?」 気になる疑問にお答えいたします。 つけっぱなしにすればいい!? エアコンの節約について検索してみると、 「頻繁にオンオフするよりも、つけっぱなしの方が良い」 という情報をよく見かけます。 そこで調べてみたところ、 つけっぱなしで電気代は節約できるものの、24時間つけっぱなしで良い訳ではないということが分かりました。 使用しているエアコンの年式にもよりますが、冷房や暖房をつけっぱなしにしていてお得になる目安は 30~60分程度。 近所のコンビニやスーパーへ買い物に出かけたり、手紙を出しに行ったり、軽く散歩をしてきたり。 この程度であれば、つけっぱなしの方が電気代を節約できそうです。 夏の寝苦しい夜など、何度も目を覚ましてオンオフするような状態なら、一晩中つけっぱなしにしておきましょう。 逆に、朝から夕方まで仕事へ行く、寝るときにエアコンをつけて次は寝起きで大丈夫など、 長時間使わなくて良い場合は、スイッチをオフにしておいた方がエアコン代を節約できます。 基本的な節約方法である、フィルターや室外機掃除、室外機の周辺に物を置かない、といった点にも注意しながら、エアコン代をしっかり節電していきましょう。 冷房温度をもっと低くしていたり、暖房温度をもっと高くしていたりした方が、多いのではないでしょうか? この温度では過ごしにくいように感じますが、実際に試してみると案外過ごしやすいことに気付きます。 夏場は扇風機やサーキュレーターを併用して、冬場は首元を温めたり、カイロをプラスしたりしても良いですね。 温度設定だけでなく、エアコンを自動運転にしておくことも大切です。 エアコンは、設定温度になるまでがもっとも電気代を使うのですが、弱モードの場合は、設定温度になるまでに時間がかかり、電気代が高くなってしまいます。 強モードの場合は、設定温度になった後も強い力でエアコンを回し続けるため、やはり電気代が上がる原因に。 まとめ 2つのドライ機能と冷房、状況に応じて使い分けましょう! とにかく部屋を涼しくしたければ 冷房! 部屋をちょっと涼しく、湿気もなくしたいなら 弱冷房除湿。 弱冷房除湿で部屋が寒く感じるようなら、 再熱除湿、という風に使い分けましょう。 ドライ機能はカビ防止にも 梅雨や雨の多く降る時期は、 ドライ機能を積極的に使いましょう。 なぜならドライ機能をこまめに使うことで、 エアコン内部や部屋全体のカビ防止にもつながるからです!.

次の