お腹 が グルグル なる。 お腹がぐるぐる鳴る4つの原因!病気の可能性もチェック!

お腹が張って、グルグル音がします

お腹 が グルグル なる

胃のぜん動運動 胃や腸などの消化器官では、食べたものを次の器官へ送り出すために筋肉の伸縮運動を行います。 これを ぜん動運動といいます。 胃に入ってきたものはぜん動運動により小腸へと送られています。 食べたものが小腸へ送られ、お腹が空くと、胃は次の消化に備えてぜん動運動を開始します。 この時、胃は空っぽの状態なので唾液などと一緒に入ってきた空気が動かされてぐるぐると音が出ます。 これが空腹時の音の原因です。 空腹時に鳴るのは病気ではありませんが、肝心な時に鳴ると緊張感がないと思われたり、恥ずかしい思いをしたりします。 どうしてもお腹の音を鳴らしたくない時はゆっくり消化される食事をとっておくと良いですよ。 朝は時間がないからと、軽くパンなどを一気に食べて終了という方はいませんか? パンは消化が早く、それ自体に空気を多く含んでいますので、空気と一緒に飲み込んでしまいお腹の音が鳴りやすくなります。 ごはんをよく噛んで落ち着いて食事をとると良いですね。 また、一時的にお腹の中を膨らませることで音が出ないようにするという方法もあります。 これはお腹に意識を集中してしまうので他のことに集中できなくなる場合があります。 これは、あくまでも緊急手段です。 呑気症(どんきしょう) 空腹時に胃のぜん動運動で音が鳴るのは仕方がないことですね。 空気を全く飲み込まないというのは難しいものです。 しかし、必要以上に空気を飲み込んでしまう 呑気症という症状があります。 これは 不安やストレスなどが原因で多量の空気を飲み込んでしまう症状です。 空気を飲み込むとその分お腹が鳴りやすいのです。 呑気症は、職場でのプレッシャーなどから不安や緊張が生じ、強いストレスを感じた時に無意識に起こってしまいます。 思い当たる方は少しでもストレスを軽減できるようにリラックスできる時間を作るようにしてみましょう。 下痢や吐き気を伴う場合 お腹がぐるぐるなる場合で、下痢や吐き気を伴うときは、胃腸系の病気の可能性も考えられます。 代表的な2つの原因について紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。 胃腸の機能低下 不安や緊張により強いストレスを感じると、自律神経のバランスが崩れ胃酸を過剰に分泌させてしまうことがあります。 胃酸を分泌させる際にはぐるぐると音が鳴りますが、空腹であればこの音はより大きく聞こえてしまうのです。 この場合、お腹の音も気になりますが、胃腸の機能低下により 下痢・嘔吐などの症状が現れることも多いので改善したいところです。 胃腸の機能を回復させるため、規則正しい食生活を心がけましょう。 過敏性腸症候群 お腹がぐるぐる鳴ると同時に、 胃の痛み・下痢・便秘などを伴う症状がある場合、 過敏性腸症候群の疑いがあります。 消化状態によって大腸では多少のガスが発生します。 便秘の方はこのガスが多く発生し、このガスが圧縮されることでぐるぐると音がします。 過敏性腸症候群は大腸カメラでの検査をしても異常が見られないため、ストレスなどによる心因性の原因で起こると言われています。 自身の環境の中で感じているストレスを少しでも軽減できるよう心がけましょう。 まとめ 空腹時にお腹がぐるぐる鳴るのは病気ではありませんが恥ずかしいですよね。 食事の仕方を工夫すると解決するかもしれませんので試してみましょう。 空腹が原因でない場合は心因性による場合がほとんどですので、お腹が鳴っても気にしないようにして、少しでも自身が感じているストレスを軽減できるようにしていきましょう。 どうしても気になる場合は心療内科などで相談してみると良いですね。 誰かに話すだけでも気持ちが楽になり、気にならなくなるかもしれません。

次の

お腹がグルグル?となるのですが

お腹 が グルグル なる

「お腹がグルグル鳴るのってどうして?」 「毎日グルグル鳴るから恥ずかしい!止める方法はないの?」 このように悩んでいませんか? ざっくり言ってしまうと、 ほとんどが自然現象で鳴っている場合が多いです。 空腹時• 食べた後など さまざまな場面で、ギューッとかグルグルと聞こえてきます。 でも、自然現象とは言え会社やテスト中とか、静かなところでお腹が「グルグル」や「ゴロゴロ」と鳴ってしまうと、恥ずかしいですね。 また、あまりに鳴り過ぎていると病気なのかと心配になってきます。 そこで今回は、お腹がグルグル鳴る原因と止める方法をまとめています。 また、お腹がグルグル鳴ることで考えられる病気も、一緒にご覧になって頂ければ嬉しいです。 それでは、原因から見て行きましょう。 お腹がグルグル鳴る原因はこれ! お腹が突然鳴ると嫌ですよね。 「周りにはきこえてないかな?」 「また、鳴ってしまったらどうしよう」 こんな状態になって、仕事や勉強どころでは無くなってしまう事があります。 でも、どうしてお腹が鳴るのか? その原因は、大きく分けると3つになります。 自然現象によるもの• 食べ物や飲み物によるもの• ストレスや病気によるもの それでは、1つずつ見ていきましょう。 自然現象によるもの 人は、胃に入ってきた食べ物を消化し、波打つように伸縮運動が起き、次の消化器官へ運びます。 この伸縮運動のことを、 ぜん動運動と言います。 ぜん動運動によって起こる音は、自然現象ですので、あなただけが鳴っているわけではないので安心してください。 重大な病気ではないので心配いりませんが、恥ずかしいですよね。 ちょっとだけ空腹時と満腹時に、どうして音が鳴ってしまうのか!をご説明します。 空腹時にお腹が鳴る 一度は、お腹が空いて「グ~」とか「グルグル」といった音が鳴った経験がありますよね。 なぜ空腹時に鳴るのかというと、 胃や十二指腸、小腸が 空腹期収縮という強い収縮を繰り返し行うためです。 これは、胃の中のものを消化し、次の消化器官へ運び終えて少し時間が経つと、次の受け入れ準備をしようとします。 要するに、次の食べ物が入ってくる前に、残っている食べカスや水分をキレイにしているのです。 大掃除みたいなものです。 この時に、腸内部のガスも一緒に動くので「グ~」とか「グルグル」と鳴るのです。 満腹時にお腹が鳴る ご飯を食べて少したつと、お腹がゴロゴロなることがありますね。 満腹時にお腹が鳴る理由は、 消化された食べ物が腸内に入りガスを発生させ、そのガスが腸を動かす時の音です。 このガスというのは、おならの源です。 腸内ガスは、空気と腸内細菌が食べカスを分解する時に発生するため、絶えず発生しています。 その為、ゴロゴロ鳴ることは自然現象であり、腸内が一生懸命働いている証拠ですので、心配いりません。 食べ物や飲み物によるもの 胃腸にとって刺激が強い、辛いものや、熱いもの、冷たいものを食べるとグルグル鳴る場合があります。 つまり、 あまりに度が過ぎるものを食べると、胃腸に刺激を与えてしまい活発になるからです。 また、炭酸飲料を摂取する時には注意が必要です。 ゲップを出さないままだと、炭酸ガスをストレートに溜めてしまい、お腹が鳴ることに繋がります。 周りに人がいなければ、思いっきりゲップをするように心がけましょう。 また、食べ物や飲み物以外に食べ方によっても、お腹が鳴る原因を作ります。 その食べ方は、 早食いです! 早食い選手権や、挑戦をしない限りなることはありません。 ですが、 ゆっくりと食べる時間がなく無意識のうちに、早食いになっていませんか? 実は、急いで食べると無意識のうちに空気をたくさん飲み込んでいるのです。 上記で、お伝えしましたが、その空気が腸内に溜まり、それが腸内のガスの元になり、ゴロゴロ鳴ってしまうというわけです。 もし、時間がなく急いで食べる際は、飲み込む前に鼻から空気を出すイメージで飲み込めばよいです。 スポンサーリンク ストレスや病気によるもの 毎日お腹が鳴っているとマンネリ化してしまいます。 お腹が鳴るのはいつものことだから、あまり気にしていない!なんて思っていませんか? いつもより感覚や音の大きさ、お腹が鳴ったら必ず下痢になるなど、体調に変化があったら、それは何かのサインかもしれません。 明らかに普段と違う場合は、すぐに病院へ行きましょう。 それでは、見て行きましょう。 ストレスなどによる胃の炎症 継続的にストレスを受けていると、自律神経のバランスが崩れてしまい、胃酸が過剰に分泌されてしまいます。 その時に、グルグルと音が鳴ります。 また、過剰なストレスによって胃炎になった場合も、お腹がゴロゴロ鳴るという症状があります。 胃炎の場合は、腹部の痛み、吐き気などの症状も伴う為、違いがわかりやすいです。 食べ過ぎやコーヒーの過剰飲料などでも、胃が荒れてしまうことがありますので、気をつけましょう。 あなたはストレスを感じていなくても胃は正直ですから、胃痛がある場合は炎症を起こしている可能性があります。 呑気症(どんきしょう) 聞きなれない言葉ですね。 これは、不安な気持ちになったり、ストレスなどで無意識のうちに、たくさんの空気を吸い込んでお腹に空気が溜まってしまう病気です。 お腹はパンパンに張ってしまい、溜まった空気は外に出ようとします。 その為、ゲップが多くなったり、おならが異常に多かったりします。 私の母親がこれで、空気が多いせいなのかわかりませんが、おならは臭くありません。 とにかく ゲップとおなら(臭くない)が多くなるので、その場合は疑ってみましょう。 大腸ポリープ・大腸がん お腹が鳴るだけではなく、お腹がずっと強く張っているような感覚がある場合は、疑いましょう。 但し、大腸がんなどは症状が出にくいと言われております。 その為、• 消化不良を起こしている• 便秘が長く続いている• 下痢が続いている• 排便に血が混じっている お腹の張りや、音などで判断するのではなく、このような症状からも判断していきます。 早めに症状を見極めるか、おかしいと思ったら、まず検査をしてみてください。 過敏性腸症候群 過敏性腸症候群は、 大腸や小腸などの消化管が過敏になり、腹部の不快感や便秘、下痢が起きる病気です。 その他、ゴロゴロ鳴ったり、お腹が張るなどの症状がでます。 実は、私はストレスによる過敏性腸症候群なんです。 この症状の特徴として• 下痢と便秘が交互 この3つに分かれますが、私は3番目の下痢と便秘が交互にきます。 私が一番困っているのは、下痢です。 食後突発的に起きることが多く、突き刺さるような痛みが断続的にありますが、一度出してしまえば起きません。 しかし翌日から数日間は便秘という繰り返しです。 逆流性食道炎 実は、これにも私なってしまったことがあります。 私の場合は食べた後に、すぐに寝ることが原因でした。 逆流性食道炎は、その名の通り胃酸が逆流して、食道が炎症を起こす病気です。 主な原因は、• 私のように食べたらすぐに寝る• 食べ過ぎ• 過度なストレス 症状は、胸やけや吐き気などがありますが、私は胸やけがひどく大好きなキムチが痛くて食べれませんでした。 また、胃酸が逆流するときにギュルルルと音がなる時があります。 胃などから酸っぱいものがせりあがってきたら、まずは内科で受診して、悪化させないようにしてください。 お腹が鳴るのを止める方法! 毎日恥ずかしい思いをしていれば、お腹が鳴るのを止める方法がないのかを真剣に悩みます。 会議や授業中など、集中しなければならない時にかぎって、お腹が鳴ることがあるので冷や汗ものです。 なんとか鳴らないように、くの字になったり、祈りをささげたりしても通じず シーンとなったとき、キュルキュル、グゥーなんてお腹が鳴ったら恥ずかしい! それを何とか止める方法をご紹介します。 背筋を伸ばし胃の活動を一時的に抑制 背筋を伸ばすことで、お腹の鳴る回数を減らしたり、止めることができます。 お腹の中は腹腔(ふくこう)と呼ばれていて、風船のように膨らんだ状態になっています。 お腹が鳴りそうに鳴った時に、 背筋をピーンと伸ばすことで腹腔の容積が小さくなり、胃の活動を一時的に抑えることができます。 あっと思ったら、スッと背筋を伸ばすと、お腹がグッと締まって抑えられるわけ。 思い切り息をすって一時的に胃の活動を抑制 あっ!鳴りそう そんな時は、上記でお伝えした背筋を伸ばして、鼻から思い切り空気を吸い込みましょう。 ポイントは、 鼻から空気を吸いお腹を膨らますイメージで行います。 お腹に空気を溜めることで、一時的に胃の活動を抑えることができます。 息を吐きながら背中を叩いて胃の中の空気を移動させる 上記でお伝えした、鼻から息を吸い口から少しずつ息を吐きだします。 その時に、背中(胃の後ろあたり)をこぶしでトントンと軽く叩きましょう。 すると胃の中の空気が少しずつ移動してくれます。 背中を叩くので、周りを気にしないとできませんが、背筋を伸ばし背中が凝ったようなふりをして叩く。 もしくは、事前にやっておくことです。 水分補給をする お腹が空いて「グゥー」となりそうな時に、私が良くやるやり方ですが、水分補給ができるという前提です。 ひと口もしくは、ふた口飲んで空腹期収縮時に起きる、強い収縮を強制的に抑えてしまいます。 もし、糖分の入った飲み物であれば、少しだけ長く鳴るのを抑えられます。 まとめ お腹がグルグル鳴る原因について見てきました。 主な原因は• 自然現象• 食べ物や飲み物• ストレスや病気 この3つから鳴るケースがありますが、特に注意をしたいのはストレスや病気によるものです。 グルグル鳴る以外の症状がある場合は、すぐに病院へ行きましょう。 迅速な行動によって、早く治ることに繋がります。 ストレスや病気以外でお腹が鳴ることは、ある意味自然なことですから、それほど気にする必要はありませんが・・・。 恥ずかしさは残ってしまいます。 そんな時は、4つの止める方法を実践してみてくださいね。

次の

お腹の音がグルグル鳴る原因、空腹との関係は?止める方法も紹介!

お腹 が グルグル なる

ホーム お腹がゴロゴロ、グゥー、ポコポコ鳴る?? お腹から聞こえる?不快な音?個人差はありますが、誰でもきっと心当たりがありますよね(汗) とは言え、本人が気にするほど、他人には聞こえていない場合も多いものです。 スポンサードリンク お腹が、ゴロゴロ、ポコポコ、グウグウなどと言ったような音がこれにあたります。 絶対に誰にでも、多かれ少なかれ経験した事のある症状の一つです! 胃や大腸で鳴る音すべてが腹鳴と言われるものですね。 例えば、お腹がすくと、グゥーとか、キュー?とか鳴りますよね?(笑) 他には、お腹がすいていなくても、お腹のガス?などの影響で、ポコポコいったりゴロゴロ?と音がするのも腹鳴と言う事になります。 なかなか辛い悩みですが、ひとりで悩まないで、一度医師に相談してみましょう。 腹鳴の原因とは? 胃の消化液や分泌物、食べ物や飲んだ物などが、お腹の中を移動する時に起こり、つまり蠕動運動が引き金になっています。 この時に聞こえてて来る音が、 腹鳴の正体です(汗) 胃の場合、飲み込んだ空気の影響も大きいですが、大腸から聞こえる場合は、大腸内で発生したガスの影響も大きくなります。 便秘の人は、悪玉ガスを多く発生させやすいので、特に要注意です。 そして、腹鳴の音が大きく感じるのは、もしかしたら過敏性大腸炎であったり、大腸に何らかの炎症がある場合も考えられます。 それは、腸内に炎症があると、分泌液が増えるので、 腹鳴の音が大きくなる傾向があるからです。 たかがお腹の音ではありますが、このように病気のシグナルになっている場合もあるので、この重要なサインを見逃さないようにしましょう^^ 原因が分かれば、治療もできますからね^^ 心当たりがある方や、心配な人は、その改善策として、腸内細菌を増やし、お腹の環境を整えましょう。 食物繊維が豊富なので、お通じスムーズになり、腸内環境が改善されれば、悪玉菌退治になり、ガスの発生を抑えられます。 腹鳴が気になる人は、まず腸内環境の改善から始めると結果が出やすいです^^免役機能の6割以上~を占めるのが大腸なので、大腸が健康なのに越した事はありません^^ ここで、少し余談になりますが、ヨーグルトにも相性たるものが、しっかりと存在します。 いろいろ市販されているものを食べて見て、その中で一番、お通じが良くなった乳酸菌を選ぶのがコツです^^ ヨーグルトに入っている乳酸菌は、メーカーによって全然違いますからね^^;お腹と乳酸菌との相性があっても、全く不思議はないですよね(笑) あと、腹鳴が気になる人は、できるだけオナラを我慢しないようにしましょう。 我慢したオナラは、当然の事、元に戻ろうとするので、逆流してしまいます。 やっかいな事に、オナラが逆流して行く過程でも、オナラのような音が出る事もあります。 逆流音というものですね。 それに、オナラを我慢すると言う事は、出ようとした有毒ガスを、またお腹の中に、また戻す行為です。 外に出る事ができなくなったオナラは??血液と一緒に運ばれ、全身を巡り巡って行きます。 結果、顔には吹き出物?が出やすくなってしまいます。 便秘ぎみだと、吹き出物が出やすい?のは、それが理由です(汗) また、逆にですが、腸がねじれて詰まってしまう腸閉塞を発症した場合は、お腹で鳴る音が小さくなります。 大腸に異常が生じ、詰まる事で、蠕動運動が正常にいかなくなりますからね・・。 とは言え、実際は、腸閉塞になると、激しい痛みを伴う事も多いので、腹鳴を気にしている余裕はないかもしれません(汗) どちらにしても、腹鳴によって各消化器官の健康の度合いをある程度ですが、推測する事が可能です。 お腹が減ると何故?お腹が鳴るのか? 胃は、食べ物が入ってくると、まず消化するために、胃酸(消化液)を出しながら収縮運動を繰り返し、十二指腸から大腸に運ばれ消化されていきます。 やがて胃は、からっぽ!の状態になるわけですが、お腹が鳴るのは、まさにこの瞬間ですよね? 胃は胃の中が、からっぽ?になったらと言って、次の食べ物が入ってくるまでは、一休み!!なんて事はしません。 少しは休憩しますが、一定の周期でまた収縮運動を繰返します。 お腹が鳴るのは、胃がからっぽ!になった時、胃の収縮運動の最中に起こります。 この音は、お腹のガスが移動する時に起こっているので、つまり、胃が休憩している時は、とても静か!とは言え、胃がまた動き出すと、またお腹が鳴りだします^^; 確かに、空腹感を感じて、お腹が鳴るタイミングには、波がある!!のは、このせいで すね。 上記ようなサイクルでお腹はなるので、もしお腹がすいて、グゥーッと鳴り出しそうな時は、大きく息を吸い込んで、お腹を大きく膨らました状態をキープしておきます。 お腹が鳴りそうな峠を越したな?と思ったら、ゆっくりと膨らませていたお腹を元に戻します。 お腹を膨らんだ状態をキープするだけなので、もちろんですが、呼吸はして下さいね(笑) お腹を膨らませる事で、お腹のガスが移動する時に音が出づらくなる原理ですね^^ 自分のお腹を見ながら呼吸すると、呼吸のタイミングで、お腹が膨らんだり、凹んだりするのが分かりますよね? 、つまり、お腹が鳴りそうな時は、お腹を凹ませておかない!と言う事です。 雑学 腹鳴の原因となる、大腸のガスについて 実は、大腸ってオナラを作る工場?のようなものなのだとか? ???? って思うところですが、私達が食事をするために口から入ってきた食べ物の中には、胃や十二指腸で完全に消化されなかったものが、たくさん運ばれてきます。 例えば、なかなか消化しされないような食べ物を食べた時などは、この消化されなかった残りカスが大腸に住むバクテリアの餌になるようです。 実はこのバクテリアが、大腸の中で、この残りカスを食べてガスを出しているのです。 そして、あのオナラの音は、肛門周辺の筋肉が振動する音なので、できるだけ、この筋肉が振動しないように、オナラを出せば無音(ミュート)になります^^; とは言え。 食物繊維を控えなくてはいけない?と言うわけではありません。 大腸の働きを整えるには、食物線維は必須ですからね。 有害物質を排出し、癌を予防し大腸環境を整え、便秘を解消してくれるのも食物繊維です。 そして、 腸内のゴロゴロ、キュルキュル、グルグルっと聞こえるオナラ以外の腹鳴は、胃や小腸、大腸が食べ物をドロドロの液体にするために、かき混ぜている音です。 空気が、口から入った空気が、体内の消化システムを通り抜ける時間は、たったの30分程度なんだそうです。 早ッって感じですね。 お腹がすいた時の腹鳴は、自然な事ですが空腹でもないのに腹鳴がある場合や、他の症状として、お腹の痛みなどもあったりする場合は一度、消化器内科を受診して原因を探ってみるのも、一つの手だと思います。 呑気症だったり、他の消化器疾患が原因だったりしてもいけませんので、早めに原因を見つけて治療に入るのは良い事だと思います。 呑気症? 呑気症は、無意識の間に、空気をいっぱい飲み込んでしまう傾向があると、お腹にガスが溜まりやすくなります。 また、本人は、自覚がない事も多いのですが、奥歯をギュッと噛み締めてしまう癖のある人は要注意です。 唾液と一緒に、奥歯を噛み締めた時に、少しづつではありますが空気を飲み込み、その空気が胃や大腸に溜まりやすくなるからです。 ふだんの生活の中で、奥歯に力が入っていないか?時々確認してみましょう。 もし、奥歯を噛み締める癖があると感じたなら、噛まないように意識して治していきましょう。 意識するだけで腹鳴の予防につながりますからね^^そして、早食いはダメです!食事は、良く噛んでゆっくり食べる事で、飲み込む空気の量が少なくて済みます。 多かれ少なかれ、空気を飲み込まない人はいませんからね、それでも、そのほとんどはゲップとして出ますので、あまり神経質にならなくても大丈夫です。 胃の上部に空気が溜めておけば、括約筋の働きで、そのうちゲップとして空気を排出する事ができますからね^^ 一言メモ 最後に・・・ 民間療法にはなりますが、ガス解消には 山椒も効果的です。 山椒の成分が、脳を刺激し、胃腸などの、内臓機能を活発にしガスを排出する効果があるからです。 この悩みは、本当に切実です。 一人でも、多くの方の悩みが解消されますようにm(__)m スポンサードリンク 関連記事•

次の