朝日 小学生新聞 評判。 こども(小学生)新聞はどれがいい?読売・朝日・毎日の比較レビュー

効果倍増!朝日小学生新聞の「活用ノート」で勉強ができる子に!

朝日 小学生新聞 評判

) の3紙について、比較したレビューをお届けします。 (順番に、とくに意味はありません。 ) うちは、いつも配達に来てくれる新聞配達のおにいちゃんが、3紙まとめて1部ずつくれて、 読んでみたら面白かったし、子どもたちが読みたいと言ったので、購読開始しました。 商売上手だな~。 すっかりのせられてしまった。 (^m^) 目次• 親が「 子ども(小学生)新聞」に 期待すること こども新聞を一番読んでいるの都道府県は、 東京都が全国1位! (読売新聞調べ) ついで、埼玉・神奈川・千葉・大阪といった、国公私立中学受験がさかんな地域が、販売部数上位にランクインすることからもわかるように、 中学受験とこども新聞の購読は、相関関係があり、 中学受験をすると決めているご家庭のなかには、小学校入学と同時に購読を始める方もいらっしゃるとか。 小1なり立てじゃ、さすがに漢字は読めないのでは?と心配になりますが、 漢字にはよみがながふってあるので、ひらがな・カタカナが読める幼稚園児から、一応読むことはできます。 一番多いのは、小学校3・4年生から、購読を始めるパターン。 でも、じつは、中学受験をしないお子さまの中にも、購読している子はたくさんいます。 親御さんは、以下のような、 お子さまへのいい影響を期待して、購読にふみきるようです。 親が期待するこども新聞の効用• 読書好きになってほしい• 科学好きになってほしい• 世界情勢を知ってほしい• 日本国内の政治・社会情勢を知ってほしい ほかにも、 スポーツをさせたい、中学受験をさせたい、将来留学させたいなどなど、教育熱心な親御さん像が目に浮かびます。 では、3紙の中から、どのこども新聞を選べばいいのか?くわしく見てまいりましょう。 子ども(小学生)新聞の料金・内容の比較まとめ こども新聞全体に言える特徴は、以下のとおりです。 カラーで見やすい、簡単な表現でむずかしいニュースを解説、枚数が少ない、マンガ・イラスト入り では、読売、毎日、朝日のこども・小学生新聞の、料金と発行頻度、大きさ・ページ数などを、こまかく比較して、みてみましょう。 比較してみると、どの新聞がご家庭の好み・要望にしっくり来るか、一目瞭然。 料金・発行頻度• 毎日と朝日は、母体の新聞の発行日とおなじく、毎日、朝刊として発行されます。 読売は、週1回の発行です。 読む時間が、毎日しっかり取れるお子さまは、毎日発行のものでもたまらずに読んでいけます。 習い事や塾に忙しくて、毎日新聞を読む時間が取れないお子さまは、週1回くらいの方が、プレッシャーにならずに済みます。 料金は、大人向けの新聞と比べると格段にリーズナブルですね。 しかも、おじいちゃん・おばあちゃんが契約者になって、孫宅へ配達してもらえる(料金の請求はじいじばあば)という子育て世代にありがたいサービスも、読売と朝日はしています。 大きさ・ページ数• 読売・・・ ふつうの新聞の半分のサイズ。 20ページ。 うち広告は約2. 5ページ分。 毎日・・・ ふつうの新聞の半分のサイズ。 8ページ。 金・土は12ページ。 うち広告は2ページ分。 朝日・・・ ふつうの新聞サイズ。 8ページ。 うち半分弱が広告。 朝日だけ大型で、読売と毎日は小型です。 小型と言っても、そんなに小さすぎることはなく、小学生の子どもにちょうどいい、持ちやすい大きさです。 読売・・・ 国際政治、国内政治、科学、時事用語解説、英会話、こどもの投書、ファッション、広告はふつうの量• 毎日・・・ 国内政治、国際政治、経済、環境、時事ニュース、広告は少なめ。 朝日・・・ 難関中学の入試問題、国内政治、国際政治、経済、環境、時事ニュース、半分弱が広告 読売は、 エンターテインメント性が高いです。 テレビにたとえるなら、「めざましテレビ」のよう。 他局ですが。 毎日は、3紙のなかで、いちばん真面目な感じがします。 特集記事は、毎日らしいな~という論調でした。 朝日は、中学受験で難関中学に合格した子の多くが購読していたと、某受験塾の談話?(ステマ?笑)が紹介されたことが有名ですが、内容は、毎日と同じような内容にプラスして、私立中の受験問題が掲載されていました。 よって、エンタメの読売、vs、淡々と時事ニュースの毎日と朝日、という構図です。 最初は、その都度こどもに読みかたを聞かれるので、不便に感じましたが、 習ってない漢字がどんどん読めるようになっていくので、学習効果はあるかも。 だから、最初はデメリットだったけど、転じてメリットになりました。 エンターテインメント性が高い点は、親の考え方次第では、メリットにもデメリットにも、感じられると思います。 朝日小学生新聞のメリット・デメリット 新聞の画像をクリックすると、Amazonの通販サイトにとびます。 まじめなのが好きなお子さまもいるし、ご家庭によって、メリットにも、デメリットにもなります。 うちの子ども向け新聞購読状況 ちなみに、なごみ家では、先述のとおり、新聞配達のおにいさんがくれた3紙を比べた結果、 一番子どもの反応が良かった、 「読売KODOMO新聞」を、 上の子が小2の時から購読し始めました。 「価格」と 「発行頻度の少なさ」も、読売KODOMO新聞に決めた、大きな理由です。 販売部数が3社のなかで1位なのも、この「気軽さ」が影響していると思います。 スタバのなんとかラテ1杯分です。 大人向けの新聞は、うちは日経を購読していますが、日経の朝刊は主人が仕事に持って行ってしまうため、今じゃなごみの貴重な情報源のひとつとなっている、こども新聞。 いやむしろ、ニュースの解説がわかりやすくて、すごく助かっています。 笑 どうわかりやすいかと言うと、たとえば、「偽証」は「うそをつきました」となり、「重大な過失」は「仕事で大きなミスをしてしまいました」。 わかりやすい~。 子ども達にも、色々と、いい変化がありました。 こども新聞を読みはじめて良かったと思える子どもの変化• 時事ニュースをちゃんと知っている• 新聞を読みたくて、宿題をはやく終わらせるモチベーションに• 本を読むスピードが速くなった• ひとり読書が好きになった うちでは、テレビのニュースやワイドショーをあまり見ないのですが(時間が奪われてしまう感があって…)、 KODOMO新聞を読んでいるおかげで、国内外の話題・世の中の動きについて、小学生の子ども達は、意外とよく知っています。 KODOMO新聞だけじゃなく、週刊の『Newsweek』誌も読んでいるおかげではありますが。 ネットのニュースだと、自分が興味のある情報しかクリックしませんが、新聞だと、自然に(強制的に?)、網羅的な情報に触れることができるので、まんべんなく知識を増やすのに役立っています。 また、毎週木曜日は、KODOMO新聞を読みたい一心で、宿題を早く終わらせることができています。 読むスピードは、格段に速くなったと思います。 その変化がどれだけ新聞の購読からもたらされたのか、実証することはできませんが、定期的に活字を読む習慣がついているためだと、なごみは思っています。 上の子は、新書やティーンズノベルなら数時間で読み切るし、 それがたとえ、ポケモンのクロスワードパズルを解くためであったとしても(笑)、下の子が、小2にしてはスラスラと読めるようになったので、感心しました(親ばか)。 というわけで、子ども(小学生)新聞は、なごみ家の場合、子どもの成長に一役買ってくれているので、購読してよかったと思っています。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の

小学生新聞は読ませるべき?おすすめ小学生新聞をご紹介します [ママリ]

朝日 小学生新聞 評判

『月刊ジュニアエラ』と『月刊Newsがわかる』 「受験に役立つ!」「受験勉強にもお役立ち!」 両誌ともに表紙に「受験」の文字が。 「ジュニアエラ」と「Newsがわかる」、どちらも図解タップリで見ごたえ、あります。 当然、「どちらを読めばいいんだろう…?」と最初は悩むわけです。 「基本的にはどちらか1誌だよな!」ということで、本人に選ばせようと試みたものの結局選びきれず「2冊買ってしまった」という声もよく聞きます。 そんなに高価というわけでもないので「ジュニアエラ」と「Newsがわかる」の両方を読ませればよいとも言えますが…。 『面白い記事だけざっと目を通して、難し気な記事は読み飛ばしてしまう』子がほとんどというのと、『毎月となると「チリモツモレバ…」』で、あれやこれや鑑みると、やっぱり両方毎月買うというのは考えもの。 ひとつに絞って、隅から隅まで読み倒してほしいなぁというのが親の正直な願いというものです。 『月刊ジュニアエラ』も『月刊Newsがわかる』も図書館にあることが多いので、存分に読み比べることができます。 バックナンバーも一緒においてあることがあるので、興味のあるページをピックアップしてぐんぐん読み進めるという手もありますね。 いそがしい今ドキのこどもたちにはもってこいの「要所をまとめてインプット」ができちゃいます。 それでは、まず、「ジュニアエラ」についてみてみましょう。 ジュニアエラ 毎号、数本の時事ニュースをくわしく掘り下げて解説する「ニュースが知りたい」を中心に、2009年4月に創刊されて以来、音楽・映画・本・スポーツ・科学、その他挙げきれない程多岐にわたったジャンルのコーナーを生み出してきたジュニアエラ。 こどもたちの心をガッと掴んで離さないその記事づくりには定評があります。 とりわけ、10ページ程度で構成された特集記事が逸品。 本文にはすべてふりがながついています。 あくまで時事ニュース系が主軸ですが、そのほかにも魅力あるコーナーがもりだくさんなのにはびっくり。 ほんとうにもう、てんこ盛りなんです。 なかでも、子供たち・親たち両方から注目されている連載のひとつに「子ども地球ナビと」というページがあります。 この「子ども地球ナビ」では、世界各地で暮らす子どもたちの生活ぶりを「何時起床、何時お祈り、何時登校・・・」といった風に、事細かにタイムスケジュールとともに掲載しています。 国によってあまりにも違う暮らしぶりに驚いた読者も多いのではないでしょうか? また他にも「ワークファイル」という連載では子供たちあこがれの職業を詳しく紹介。 具体的にどんな事をやっているのか等等、詳しくリサーチされていて、かゆいところに手が届く内容になっています。 自分のやりたい仕事や全く知らなかったいろんな職業を、ワクワクしながら覗き見ることができるというわけです。 ほかにも、身近な製品が出来るまでの過程を文章ではなく漫画によって解説する「ものづくり・現場ルポ」のコーナーなども。 時事問題ニュース検定的なページは「ジュニアエラ検定」。 隣に「ニュースの入試問題」もありますね。 さいごに、ジュニアエラの場合、その月のニュース一覧はコリゴリ博士と一緒に振り返る格好です。 みやすくまとまってます。 「ジュニアエラ」は毎月15日の発売です。 月刊 junior AERA ジュニアエラ の購読者の声を集めてみました• 大人の私が読んでも新鮮な感じがし、分かりにくい、ニュースの事なども、身の回りの世間の内容が分かりやすくて面白いです。 選挙のしくみなど、子供から聞かれてもひとことではとても説明しきれないことがうまくまとめてあって、とても助かる。 受験の時事問題対策として効果てきめんでした。 月刊なのでさすがに旬なニュースをタイムリーにというよりかは後追いなかんじにはなってしまうけれど、系統だってまとめて解説してあるのは本当にわかりやすい。 入試における時事問題は11月までのできごとが範囲なので、雑誌の方は12月で辞めました。 無駄無く効率的に使うことができたんじゃないかなぁと思っています。 塾に行かせているなら時事問題集は塾で購入できることも多いので、それにプラスして、というスタンスでラスト一年間だけジュニアエラを読んでみる、でもいいと思います。 ちなみにメインで活用していた朝日小学生新聞に掲載されていた国立中高一貫用の総合学習のコーナーが、思いのほか実践にとっても役に立ちました。 では次、「Newsがわかる」を紐解いてみたいと思います。 月刊 News ニュース がわかる 1999年3月15日に毎日新聞社より創刊された、こどもの社会科・時事問題対策にとても役立つ、ニュースをよりわかりやすく説明した小中学生向け雑誌です。 10歳からを対象年齢としており、なかでもメイン読者層は小学校4年生かた中学1年生となっているようですが、小学校低学年であっても中学生以上であっても楽しんでニュースを理解できるような内容・構成になっているのでご安心を…! 学校教材として使われていたり、大手の進学塾でも購読を勧められるなど、私立中学入試における対策本としても注目されている雑誌でもあります。 紙面はオールカラーでなおかつ図や表・イラストを沢山使用しているので、まるで図鑑を見ているようなワクワク感に包まれます。 もちろん、掲載される記事は毎日新聞にのっとって正確です。 紙面の大きさはA4、ページ数が68ページ。 子供にも扱いやすいサイズで負担にならないボリュームなので、毎日届く新聞じゃ「積ん読」になりかねないという子には、同じ時事問題を学んでいくのだったらこの月1ペースで発行される雑誌スタイルの方が性に合うということもあるかもしれませんね。 こちら「Newsがわかる」の時事問題ニュース検定的なページは「N検 NEWS時事能力検定」。 「Newsがわかる」の今月のニュース一覧は「NEWSファイル」で。 政治・経済・スポーツ・社会、etc…ジャンル別になっていますね。 「Newsがわかる」も「ジュニアエラ」と同じ、毎月15日発行。 一部380円で書店で購入することができます。 月刊 News ニュース がわかるの購読者の声を集めてみました• 二年生の下の子は写真など眺めている感じで、四年生の息子は熟読していますね。 小学生新聞もよいけど、これはさらに読みやすくまとまっていて、すーっと頭に入ってくる感じがします。 ページ数は少ないのですが、それが子供には読みやすく凝縮されていると言った感じです。 下の子は絵や写真を、上の子は気になるページのみつまみ食い。 実は、私母親がメインで読んでます。 自分みたいな時事問題に弱い大人が初心に帰って社会を知るにはとても判りやすい。 新聞だと読むのが追いつかないので、ちょうどいい。 一見わかりにくい社会のできごとも実に噛み砕いて解説してあるので、親子共々ためになっている。 さいごに、『月刊ジュニアエラ』と『月刊Newsがわかる』の紙質のちがいについて。 下の写真の左が『月刊Newsがわかる』、右が『月刊ジュニアエラ』です。 黒の部分を並べてみました。 『月刊ジュニアエラ』はマットな感じ。 『月刊Newsがわかる』はつるつるした感じ。 同じ黒ですが、ずいぶんと印象が違うことがわかります。 個人的にはマットな紙質のほうが落ち着いた感じでテカらず読みやすいなと感じましたが、どうでしょうか?.

次の

子ども向け新聞は学力向上に役立ちます!|大手3紙を比較しおすすめを発表!

朝日 小学生新聞 評判

読売KODOMO新聞が今の小学生に必要とされている理由 3大小学生新聞のどれを見ても、さすがしっかり考え抜かれて作られていて、感心します。 そんな3紙の中で、なぜ「読売KODOMO新聞新聞」が圧倒的に支持されているのでしょうか? 一番人気なのは理由があります。 その1 小学生新聞 発行部数NO1! 読売KODOMO新聞は、実は三大子供新聞(小学生新聞)の中では後発です。 にもかかわらず、なんと 発行部数がダントツのNO1。 発行の歴史云々にかかわらず、シンプルに読売KODOMO新聞に魅力を感じて購読を始め購読し続けている、ということ。 購読者に内容が認められていることの証明とも言えます。 その2 受験業界大手の四谷大塚協力の学習系ページが熱い! 受験期には、教科ごとのポイントを徹底的に解説してくれる大手進学塾 四谷大塚が監修の特集ページも。 あの四谷大塚が監修なので、その解説は当然とてもわかりやすいです。 本当の入試問題をかみ砕いて丁寧に解説するチャレンジ道場も定評があります。 その3 図解とイラストで視覚に訴えかけるからダントツにわかる! 文は短く子供に把握できる分量、イラストや図表でさらにわかりやすく。 図鑑でも有名な 小学館協力記事もあり、見出しや挿絵の方からパッと目に飛び込んできて 「なんの記事なのか」が一瞬でイメージできます。 だから難しい世の中の仕組みやニュースの動きもすんなり子供に届きます。 お子様ランチ1回程度でこの内容、コスパがいいです。 家計に響かない範囲で子供の好奇心をすくすく育んでいけるから、気負いなく始め気軽に続けていくことができます。 子供新聞の情報量、ちょうどいい?一日分読むのに何分かかる? 多すぎず、少なすぎず、のちょうどよさ.... もの足りなければ「もの足りない」と言われてしまうわけだし.... 個々で感覚や読む能力は違うわけだし... と、これは各社とても悩みどころでもあるのだろうと想像してしまいますが、長年培ったものではじき出されたボリュームなのでしょう。 まず、毎日発行の2紙、朝日小学生新聞と読売KODOMO新聞の情報量は、読めない量では決してありません。 では一日分の子供新聞を隅々まで読むのに、どのくらいの時間がかかるのか。 実際はその子その子の集中力がものをいうところでもありますが、 全部の記事を読むのに概ね何分かかるのか、ある日の朝日小学生新聞でテストして見ました。 漫画なども含みます。 (クイズ系や問題は含まず)• 小学2年:50分• 大人:35分 結構かかりました。 クイズを解いたり問題や課題をやろうものならさらに時間を要します。 子供には... ファイトが必要です。 正直、毎朝隅々まで読むというのは難しそうです。 コンテンツ(連載や特集など)は曜日によって内容がので何とも言いがたいところもありますが、各曜日読んでいる中での体感も交えて、ざっとかいつまんでであれば15〜20分程度でおおよその内容はつかめるのではと思います。 ただ実際は子供が読むわけです。 小学3・4年で、 全体をざっと読み(どんなニュースやコンテンツかを強調箇所で把握し、合わせて図解やイラストを見る)で20分〜30分程度で読めそうです。 読売は形態が違い週1回発行なので、20ページあるとはいえ1週間のうちに合間合間でちょこちょこ読んでいれば問題なく読み終われます。 所感としては、新聞を読むことがしんどくて嫌いになってしまっては元も子もないので、情報ボリュームはちょっともの足りないぐらいが継続していくという観点では心地良いのかなと。 問題集でも部活動でも、おやつでも。 足りないぐらいがちょうどいいことはたくさんありますね...。 小学生新聞はどの時間に読むのがいい? 朝の10分読書風なことをしているのですが、うちの子はとにかく早起きなので、時間がたっぷり..。 というわけで、読書プラスいわばだらだらとフリーダムに過ごす時間があります。 そこで新聞を広げて漫画とか読んでていいよーということとしました。 「漫画とか」と、わざわざつけるのがポイント。 朝が無理な場合ですが、帰宅後は習い事や宿題、人によっては学童ということもあるのでほとんど寝るまでに時間がないことも多いです。 今時の小学生は忙しいので、 土日にまとめて読み流すのもすごく親子共々キリキリせず、精神的にもラクです。 子供が新聞を自分だけで読む習慣をつけるために気をつけた事4つ 子供が小学生新聞を「自分だけ」で読むことを「習慣化」させたい.. ですよね? 期待しないことが大事とはわかっていても、こっそり望んでしまう最終形態は「読む習慣化」でしょう。 「これってどういうこと?」「なにこれ?」「ねえ、見て見て!」とか言われた時に どんなにめんどくさくてもどんなに忙しくても「決してスルーしない」• 「おーそれいいねぇ」「行きたいねぇ」「考えとくわ.. 」など、まずは同調もしくは先送り。 最初1〜2週間はとにかく一緒にパラパラめくって読む・眺める。 それ以降も たまには一緒に読む。 ほんのちょっとでも可。 完全なほったらかしにはしない。 「読みなさーーーい!」は禁句。 お金かかってるから無駄にしないで〜が顔を出しちゃうとアウトです。 そのたった一言で、以降読まなくなる可能性が高いです。 新聞を読んでお母さんお父さんに話しかけると、「へぇ」とか「いいねぇ」とか「今度やってみようか?」とか... 肯定的なワクワクするような会話ができると俄然「新聞=楽しい!」ってなります。 反対に、「今忙しいんだけど!」「無理じゃない?」「行けるわけないじゃん」「ふーん(気の無い返事)」「...... (MUGON)」だと、 「新聞読んでもいいことないや、どうせ行けやれないし聞いてくれないし買ってくれないし」になります。 新聞を読む毎日に希望を感じないと、どうにもモチベーションが下がります。 新聞じゃなくて習い事だってなんだって、家族の反応次第というところありますよね。 全くそれとおんなじなんですよね。 そして一番の関門、「期待しない」。 期待しないというのはとても難しいのですが、期待しないことを諦めない、という感じでしょうか...。 子供新聞を紙で購読することの意義 例えば昆虫にしか興味のない男の子。 図書館に行けばたくさんのジャンルの本があるのにもかかわらず昆虫関連の本ばかり選んで借りてきます。 選べるとなると、好きなものを選びそのことに詳しくなる一方、好きなこと以外の情報に触れようとはなかなかしません。 インターネットでいいんじゃないかと思いますが、やはり興味のあることしかクリックしません。 それは大人も子供も同じです。 また、小学生にネットのルールを把握させパソコンやスマホを問題なく使わせることはハードルが高いという問題もありますよね。 紙ものの良いところは、 そこにバサっと転がっていれば、「見出しが目に飛び込む」というところ。 見出し以外にも視覚的に訴えかけるビジュアルもですね。 見出しや図解がパッと目に入るだけで、すべてを読まなくても「今こんなことが起こっている」「こんな事件があった」「世の中で問題になっていること」等をざっと知ることができる、それがその子の何かの琴線に触れればより知ろうとするだろうし、やがて枝葉が広がる可能性もあります。 そんな 次なる大きな興味をもつきっかけになる可能性を秘めているところが、紙の子供新聞を購読する醍醐味なんじゃないでしょうか。 自由研究はじめまとめる系の課題も出ることがあるので、「お母さん、〇〇検索して〜印刷もして〜!」というよくあるやりとりなしで、気になるところを 子供が自分ですぐ切り取ってスクラップできるところもメリットだと思います。 圧倒的に受験に有利。 小学生新聞を読み倒そう! 平成23年4月から実施されている新学習指導要領では、小学校、そして中学・高校での「新聞の活用」がはっきりとうたわれています。 現在では、国語や社会科の授業をはじめとして、様々な教科に「新聞」がぐいぐいと活用されているようです。 新聞離れが激しい現代人でありますが、世の学生さんたちにとって避けては通れないのが、この「新聞を読む」ということ。 「新聞」というメディアを最大限に活用して、いかに自分の考えをディベートしていくかが学習の、果ては成績UPの肝になると思ってまちがいないでしょう。 そんな今後教育の場でますます重要視されるであろう「新聞」に抵抗なく慣れ親しんでいくことができたらと、小学生の頃から子供用の新聞をとろうと考えているお父さん・お母さん方も増えてきています。 なかでも私立中学や中高一貫校受験を考えている家庭では、「朝日・毎日・読売、それぞれの小学生新聞、どこがどう違うのか?」「小学生新聞の具体的な活用方法は?」「受験にも役立つ小学生新聞って?」などなど、小学生新聞をとるにあたって真剣に迷っているおうちも多いみたいです。 とりわけ 中高一貫校の試験では、理科、国語、算数といった「教科」という概念よりも、たとえば「おせちの由来」など、日常や生活にまつわる深い知識がもとめられることでも知られています。 そういった生活上の知識のようなものは、 塾よりも新聞のほうが情報を得られるかもしれませんね。

次の