足 の 指 が つる 治し 方。 土踏まずがつるのはなぜ?治し方を紹介します!

手の指がつる原因として考えられる病気一覧

足 の 指 が つる 治し 方

足の指がつる原因 足の指がつったり、腕がつったりと、「つる」という症状は全身に現れます。 なかでも筋肉が多い手足は頻繁に生じるといえます。 では、つるとはいったいどのようなことが身体で起こっているのでしょうか。 つるとは、筋肉が収縮し、痙攣してしまう状態を指し、有痛性筋けいれんともいい、筋肉が過度な緊張状態にあります。 では、足の指がつってしまう原因を以下に挙げてみたいと思います。 足の疲労 立ちっぱなしの仕事をしている、運動をした、筋肉痛があるなどの疲労を蓄えたまま、マッサージなどを行わないと、筋肉が縮んだままになってしまい足がつりやすくなります。 ミネラル・電解質の不足 身体が正常に働くために必要なミネラルと電解質。 電解質とは、水に溶けると電気を流す性質のある成分を指し、別名ミネラルです。 聞き覚えのある成分名としては、ナトリウム、カリウム、クロール(塩素)やカルシウム、マグネシウムがあります。 これらが不足すると、水分量の調節がうまくいかなくなり、筋肉が収縮してしまい、つってしまいます。 体温低下 身体が冷えていると、血行不良が生じ、神経がうまく機能しなくなることでつりが生じるといわれています。 慢性疾患 糖尿病や肝臓に疾患を抱えていると、つりが起きやすいといわれています。 これらの疾患は、神経の働きに異常をきたすばかりか、血液に毒素が溜まってしまうことでつりやすくなってしまいます。 スポンサードリンク 足の指がつったときの治し方 では、足の指がつった際、どのように治せばあの強烈な痛みを一刻も早く和らげることができるのでしょうか。 個々の原因とともに治し方をご紹介したいと思います。 まず、足の疲労ですが、足を酷使したな〜という日には、足の筋肉をマッサージして、ほぐし、筋肉をやわらかくするようにもみましょう。 そして、ミネラルや電解質不足には、サプリでも食品でも良いので、不足しないよう、先に挙げたようなカルシウムやマグネシウムを摂取するように心がけましょう。 また、身体の冷えに由来するつりは、身体を冷やさないようにすることや、アルコールの過剰摂取による脱水状態を控えましょう。 寝る前に白湯を飲むことも、水分不足の解消につながり、オススメです。 慢性疾患が原因の場合は、元となる病気の治療が優先されますので、専門医の判断を仰ぐことが先決です。 また、足の指をつってしまった際には、ゆっくりとつっている方向とは反対側に指をそらせてあげれることを繰り返すと筋肉の収縮が徐々に緩和され、痛みがやわらぎます。 まとめ 辛い足指のつり。 原因には防げるものが多いので、ご自身の原因がいったいなんなのかをつきとめ、頻繁につりが起こるという方は対策を講じましょう。

次の

手や指がつる原因や対処法は?足がつるのと関係あるの?

足 の 指 が つる 治し 方

足の指がつる原因 頻繁に足の指がつってしまうのはなぜ? 一度起こすと繰り返しつりやすくなるケースが多いようです。 足がつることが慢性化する原因としては、 筋肉量が減っている、脱水状態、冷え、血行不良、神経障害等によるものが考えられます。 足の指がつる主な原因 筋肉の疲労(運動後) 運動等により筋肉を使い過ぎると、 疲労が溜まり、神経系統とスムーズに連携できなくなります。 すると、 筋肉が緊張状態になり、収縮や痙攣を起こし、つりやすくなると考えられています。 電解質不足(マグネシウム、カリウム、カルシウム等) 筋肉の動きをコントロールする働きを持つ マグネシウム、カリウム、ナトリウム等のミネラル成分不足により、 筋肉が正常に機能できなくなると、筋肉の異常収縮が起こり、足がつりやすくなると考えられています。 水分不足(脱水) 脱水状態になると、 筋肉を拡張したり収縮したりする自動調節機能が低下し、筋肉が収縮状態のままもとに戻れずに足がつりやすくなると考えられています。 慣れない状態で 足に負担を掛けることで、筋肉の疲労や血行不良等を起こすためと考えられています。 また、ヒール以外にもぺたんこのパンプスやスニーカーでも足指をつるという人は、 歩き方や歩く距離が普段と異なって、いつもはあまり使っていない筋肉を使った場合につりやすくなると考えられます。 寒い・冷えると足の指がつりやすくなる 寒くて足が冷えると、 筋肉が硬直して血行不良を起こしやすくなります。 すると、 筋肉が収縮し、足がつりやすくなる場合があります。 また、 寒くて体をぎゅっと縮めていると、筋肉が緊張した状態になります。 すると、 筋肉が動く(収縮する)ために必要な栄養分が届かなくなり、つりやすくなると考えられています。 足の指をつらない為の予防法 頻繁につるのは病気の可能性も 頻繁に足の指をつる場合は、次の病気の可能性があります。 電解質異常(低カルシウム血症、低カリウム血症、低ナトリウム血症、低マグネシウム血症等) 症状…多尿・口渇・食思不振・胃部不快感、頭痛 等• 血管病変(血管炎、閉塞性動脈硬化症、下肢静脈瘤等) 症状…あざ、しびれ、倦怠感 等• 代謝性疾患(低栄養、腎臓病、糖尿病等) 症状…疲れやすい、口渇、多尿 等• 内分泌疾患(甲状腺機能低下症、アジソン病等) 症状…体重増加、食欲減退、倦怠感 等• 脳疾患(脳梗塞等) 症状…手足のしびれ、脱力感 等• 自己免疫疾患(スティッフパーソン症候群等) 症状…筋肉のこわばり 等• 神経筋疾患(腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、筋萎縮性側索硬化症等) 症状…腰痛、首こり、しびれ、痛み、筋肉のこわばり 等• 肝機能障害 症状…食欲不振、倦怠感、浮腫 等 心配なときは何科を受診すべき? まずは 整形外科を受診しましょう。 糖尿病や腎臓病など、何か持病がある方は主治医に相談するのも良いですね。 参考URL 一般社団法人甲府市医師会 こむらがえり クラシエ 漢方薬で治る!? 就寝中の痛い足のつり!おすすめ漢方薬と予防ポイント 同友会グループ 夜中に足がつることはありませんか? 健康保険組合連合会けんぽれん 足がつる.

次の

足のすねがつる7つの原因!治し方はマッサージではダメなの!?

足 の 指 が つる 治し 方

もくじ• 足がつったときの治し方 つった直後の対処法 下記のストレッチやマッサージを行ってください。 <すねやももがつったとき>• 足の力を抜きながら、筋肉の緊張をほぐしつつ、足首をゆっくり回す。 膝を伸ばした状態で座り、つっている方の足のつま先をもってゆっくり手前に引く。 立った状態で壁に手を当てながら、アキレス腱を伸ばすように足を前後に開き、つっている方の足のふくらはぎをゆっくり伸ばす。 <ももがつったとき>• つっている方の足全体をほぐすように軽めにマッサージする。 足をつった場合の対処法として 重要なポイントは、縮んだ筋肉を伸ばすことです。 この対処ができていないと、筋肉が過度に収縮した状態が続いてしまい、痛みが長引く恐れがあります。 動くようになったら• つった足を蒸しタオル等で温める。 つった足に力をいれずに優しくマッサージする。 無理に動かしたり、急に運動したりせず安静にする。 つった足をお風呂やシャワーで温めるのも有効です。 痛みや違和感が数日経っても治らないときは 歩行が困難なほどの痛み、触ると激しく痛む、痛みが長期間続く等の場合には、 筋肉断裂や肉離れが起きている恐れがあります。 この状態を放置してしまうと、症状が悪化して回復が遅くなるので、早めに整形外科を受診してください。 足がつる原因• 筋肉の疲労 運動時に筋肉を使うと、体内のミネラル分が急激に消費され、筋肉が正常に機能するために必要なエネルギー伝達ができなくなり、筋肉疲労を起こすため。 脱水状態 睡眠中の発汗、運動による発汗、下痢等を起こすと、体内のミネラルも一緒に排泄されてしまい、気付かないうちにミネラルバランスが乱れてしまうため。 栄養不足 血液が不足したり、血液の流れが滞ったりすると、体の隅々まで栄養分を送るのが困難になるため。 体の冷え 体が冷えると、血管が収縮し血流が悪くなったり、冷えにより筋肉が緊張状態になったりするため。 加齢 加齢に伴う筋肉量の低下、血液を生成する働きの低下により血行不良を起こすため。 妊娠中 胎児に血液や栄養分を送ることでママ自身の電解質などが不足してしまうため。 足がつるのを予防するためには? 下記の対策を実践することで、足がつるのを予防する効果が期待できます。 ストレッチ 夜眠りにつく前等に、横になりながら、足首をゆっくり前後に動かしたり、回したりを数回繰り返す。 運動を適度に行う 適度な運動を毎日継続し、筋肉を維持して血流を良くする。 疲労を溜めない 十分睡眠をとり、疲労を溜め込まないようにする。 足湯(入浴) 足ツボを温めることで刺激を与えて、血行をよくする。 レッグウォーマーを着用する(体を冷やさない) 締め付けないタイプのレッグウォーマーを着用して、足首が冷えないようにする。 寝る前に常温のスポーツドリンク等を1杯飲む(水分、ミネラルの補給) 寝ている間にも汗をかくので、寝る前にスポーツドリンク等をゆっくり飲んで、水分と電解質などを補充しておく。 ハイヒールの履き過ぎに注意する ハイヒールは、足に負担を掛けやすく、筋肉疲労を誘発する場合があるため。 足のつり予防が期待できる食べ物を摂る(栄養バランスのよい食事を摂る) 足がつるのを予防する食事 筋肉の動き(収縮)をスムーズにする働きを持つカルシウムや、神経の興奮を抑制して筋収縮を促す働きを持つマグネシウム、疲労回復を促進するタウリン、ビタミンB1、クエン酸等を摂るのがおすすめです。 カルシウム…乳製品(チーズ、牛乳)、魚介類、大豆製品• マグネシウム…海藻類、ごま、アーモンド、ひじき• タウリン…イカ、エビ、タコ、カキ• ビタミンB1…うなぎ、豚肉、卵、豆類• クエン酸…梅干し、レモン、酢 漢方なら芍薬甘草湯 漢方薬の 芍薬甘草湯を、運動前や就寝前に飲んでおくと、足のつり予防が期待できます。 また、つった後も痛みが長く続く場合にも有効です。 (甘草による副作用が起こる恐れがあるため、 服用回数に注意が必要。

次の