せせらぎ 通り クリニック。 せせらぎ通りクリニック(北海道旭川市)の産婦人科の口コミ・評判|ベビーカレンダー

田園調布の内科・小児科・皮膚科・在宅医療・往診

せせらぎ 通り クリニック

訪問診療のご案内 ご自宅で楽しい生活を過ごせるように 当クリニックご利用にあたって せせらぎ在宅クリニックでは、患者さんの住み慣れたご自宅での暮らしに寄り添い、心のこもった診療を目指しています。 在宅医療は患者さんのご自宅で診察を行うため、普段通りの「自分らしさ」でリラックスして医師と向き合うことができます。 われわれは、何よりも患者さんの気持ちを考えて親身に耳を傾けます。 そんな安心感が患者さんを含め、ご家族の方々の心に余裕を生み、ご自宅での療養をより良いものにします。 私たち訪問医は患者さんの「かかりつけ医」として、プライマリーケア(総合診療)を推進し、患者さんのどんな病気でもご相談に乗ります。 患者さんの「家で過ごしたい」「楽しく過ごしたい」を支えるため、お気軽に何でもご相談ください。 訪問診療開始までの手続きと流れ 簡単3ステップで訪問診療を開始できます。 総合的にどんな病気でもご相談に乗ります。 お気軽にお問合せください。 訪問診療のお申込みに必要なもの 訪問診療をお申込みの際は、現在の主治医から「診療情報提供書」を頂いてください。 なお、この「診療情報提供書」は受診相談の時に必要な書類となります。 訪問診療費については診療費の目安をご覧ください。 訪問診療の現場とは 当クリニックの1日のスケジュールです。

次の

せせらぎ通りクリニック(北海道旭川市)の産婦人科の口コミ・評判|ベビーカレンダー

せせらぎ 通り クリニック

訪問診療のご案内 ご自宅で楽しい生活を過ごせるように 当クリニックご利用にあたって せせらぎ在宅クリニックでは、患者さんの住み慣れたご自宅での暮らしに寄り添い、心のこもった診療を目指しています。 在宅医療は患者さんのご自宅で診察を行うため、普段通りの「自分らしさ」でリラックスして医師と向き合うことができます。 われわれは、何よりも患者さんの気持ちを考えて親身に耳を傾けます。 そんな安心感が患者さんを含め、ご家族の方々の心に余裕を生み、ご自宅での療養をより良いものにします。 私たち訪問医は患者さんの「かかりつけ医」として、プライマリーケア(総合診療)を推進し、患者さんのどんな病気でもご相談に乗ります。 患者さんの「家で過ごしたい」「楽しく過ごしたい」を支えるため、お気軽に何でもご相談ください。 訪問診療開始までの手続きと流れ 簡単3ステップで訪問診療を開始できます。 総合的にどんな病気でもご相談に乗ります。 お気軽にお問合せください。 訪問診療のお申込みに必要なもの 訪問診療をお申込みの際は、現在の主治医から「診療情報提供書」を頂いてください。 なお、この「診療情報提供書」は受診相談の時に必要な書類となります。 訪問診療費については診療費の目安をご覧ください。 訪問診療の現場とは 当クリニックの1日のスケジュールです。

次の

医療法人社団せせらぎ通りクリニック(北海道北海道旭川市永山六条11丁目6

せせらぎ 通り クリニック

メンタルヘルスサイト「せせらぎメンタルクリニック」にお越しくださりありがとうございます。 このサイトの院長(管理人)の事を少しだけ紹介させて頂きます。 せせらぎメンタルクリニック院長 Masato 精神科医(精神保健指定医) 中学時代、引っ越しを契機に学校になじめなくなり不登校に。 スクールカウンセラーに救われ、将来はメンタルヘルスの仕事を就きたいと思うようになる。 その後頑張って勉強し、1浪の末になんとか医学部に入学。 医師免許取得後は、2次救急病院で臨床研修を積んだあと、精神科医へ。 総合病院、精神病院、メンタルクリニック、訪問診療などで幅広く精神科の患者さんと向き合い、その後に神奈川県で開業。 現在は開業医として幅広く患者さんの診療に当たっている。 【院長(サイト管理人)より】 はじめまして、Masatoと申します。 私は神奈川県で精神科医として働いています。 このサイトは当初、開業するメンタルクリニックのサイトとして2014年に作成しました。 しかし諸事情あり、予定通りに開業が出来なくなってしまいました・・・。 開院の予定がなくなってしまったことでサイトも閉じようかとも考えましたが、せっかく設置したサイトを消してしまうのも勿体無いと思い、「せっかくサイトを作ったのだから、役に立つようなメンタルヘルス情報を配信しよう!」と考えました。 考えてみると、普段精神科医として多くの患者さんとお話をしている中でたくさんの気付きがあります。 「これは大切なことだから、多くの方に伝えたい」 「こういうことを意識すれば、もっと穏やかに過ごせるのに・・・」 「この情報を教えてあげていれば、患者さんはこんなに苦しまずに済んだのに」 と感じる機会はとても多いのです。 診察の中で、患者さん一人一人に伝えていくことも意味のあることですが、このようなサイトを通してたくさんの方に伝えていけば、精神的につらい想いをして苦しむ方を少しでも少なくできるかもしれません。 現在ではおかげ様で多くの方にこのサイトを見て頂けるようになりました。 それに伴い、私自身もこのサイトに記事を書く事が1つの生き甲斐になってきました。 現在では無事開業し、日々患者さんと向き合い続けています。 患者さんを救うためにはまだまだ勉強が足りません。 最近では、患者さんの診療をさせていただきながら、いただいた質問や診療中に疑問に感じた事、自分でもっと勉強したいと思った事などを記事にしています。 このサイトの記事が、こころが疲れている方々のお役に少しでも立てるのであれば嬉しく思います。 これからも、できる限り多くの方のお役に立てるような記事を書き続けていきたいと思っています。 【メンタルヘルス向上のヒント】 【こころの病気】 - - - - -恐怖症 -- -- -- -- -- - - - - - - 【こころと身体の病気】 【お薬()】 - - -- -- -- - --超短時間型 --- --短時間型 --- --- --- --- --中時間型 --- --- --- --- --- --- --長時間型 --- --- -メラトニン受容体作動薬 -- -オレキシン受容体拮抗薬 -- -三環系抗うつ剤 -- -- -- -- -- -四環系抗うつ剤 -- -- - -- -- -- -- -- - -- -- -- - -- -- -その他 -- -- -- () - - - - - - - - - - - - - - 抗精神病薬 - -- -- -第2世代抗精神病薬 -- -- -- -- -- -- -- -- -- - - - - - ADHD治療薬 - 抗酒薬 - 漢方薬 - - - - 向精神薬の副作用 - - - 【精神科への受診】 【こころの検査】 【治療法】 【精神疾患と取り巻く制度】.

次の