ボンゴレ ビアンコ レトルト。 手軽にできるボンゴレスパゲッティのおすすめレシピ20選

コストコの3食パスタソース『ボンゴレビアンコ』はパエリア作りにもおすすめ

ボンゴレ ビアンコ レトルト

kurashiru. 炊飯器で炊き込むだけ、という超簡単なレシピ。 パスタソース1人分に対し、米は1合です。 材料 ・米 1合 ・ボンゴレソース 1食分 ・パセリ 適量 作り方 1. 米1合で、水の量も1合の目盛りに合わせます。 ボンゴレソースを入れます。 混ぜ合わせ、炊飯器に入れて通常通り炊くだけです。 パセリを適量加えて混ぜるだけ。 あさりの香りが食欲をそそる ボンゴレピラフの完成です。 お米を研いで、ボンゴレソースを入れるだけ。 あとは普通通りご飯を炊くだけなので超簡単なレシピです。 ボンゴレソースに具材が入っているので、味付けはこれだけでOK.

次の

コストコの3食パスタソース『ボンゴレビアンコ』はパエリア作りにもおすすめ

ボンゴレ ビアンコ レトルト

だんだんと春が近づいてきましたが、アサリの旬は2~4月であるのを御存知ですか? アサリは春に産卵するのですが、産卵を控えたこの時期のアサリは身も肥えておいしいんです。 そこで今回はボンゴレビアンコを美味しく作るためのコツを科学的に御紹介したいと思います。 ボンゴレビアンコは一見作るのが難しそうなイメージがありますが、コツを掴めば簡単ですし、意外と手早くできてしまうパスタのスタンダードの一つです。 春前のアサリで作るボンゴレビアンコ、ぜひトライしてみてください。 貝の旨みがたっぷり! ボンゴレビアンコのレシピ 材料 1人分• アサリ 200g• スパゲッティ(1. 2mm) 80g• Aにんにく(みじんぎり) 1かけ• A赤唐辛子(輪切り) 1本• Aオイル 大さじ3• 白ワイン 60cc• 塩 15gと30g• 粗挽き黒こしょう 適宜• スパゲッティの茹で汁 大さじ2• パセリ(みじん切り) 小さじ1 科学その1:パスタの麺は細麺がオススメ 今回使用するパスタは細麺タイプですが、これは麺の表面積を大きくすることで水分が絡み付く性質を利用します。 そうすることでアサリから出る旨味水分もパスタの麺により取り入れることができ、より美味しいボンゴレパスタを作ることができるのです。 砂抜きしないと食べた時に砂も混じってジャリっとしてしまいます。 あさりが均等に丁度入りきる平らなバットにアサリを重ならないように並べ、水(500cc)に対して塩大さじ1を加えて上にキッチンペーパーを被せ、冷蔵庫に約2時間置いておき、その後貝と貝を擦りつけるようにしながらよく洗います。 ちなみにプチ科学。 アサリは海水と同じ塩分濃度でないと砂をはいてくれません。 海水は3. 0%~3. 8%と言われています。 すなわち500ccに対して15gになります。 あさりの殻が開くまで2~3分ほど蒸し煮にし、あさりの殻が開いたら粗挽き黒こしょうを加え汁が白っぽくなるまで煮詰める。 科学その2:ボンゴレビアンコのアサリは弱火で 通常、酒蒸しなどでは強火で加熱することが多いですが、それだとあさりの身にストレスが加わり旨味成分コハク酸が失われるのと身が固くなっておいしくありません。 なので、旨味成分を最大限に生かすためにフライに入れたときに弱火のままでかるく温めてから蒸してあげることで身も柔らかく美味しくなります。 火を止めてから絡めて器に盛り、パセリを散らす。 科学その3:パスタを茹でる時の塩の濃度は1% パスタを茹でる際に塩を入れるのは広く取り入られていますが、難しいのはその濃度ですよね。 茹でる際に塩を入れると、パスタに塩味をつけるのはもちろんですが、麺につやコシを与える効果もあります。 適量の濃度は塩1%。 茹でるお湯の量に合わせて調整してみてください。 意外と簡単にできてしまうボンゴレビアンコ、特にポイントは「科学その2:ボンゴレビアンコのアサリは弱火で」、丁寧に火を入れることで、アサリの旨味を最大限に引き出すことができるんです。 アサリの美味しいこの季節にぜひ試してみてください。 フードプレゼンター k e i 明治11年創業の老舗ホテル、富士屋ホテルでフレンチの修行を積み退社後、ドラマ、映画、舞台などで俳優活動をしながら調理師免許、フードコーディネーター認定書を取得。 様々な媒体、 フードイベントで活動している次世代料理男子。 彼女がときめく魔法のレシピ ブログ:Facebook:インスタグラム: 編集:フードクリエイティブファクトリー.

次の

お手軽なのにレトルト超え!ただ煮込むだけの簡単ボンゴレが美味すぎた!

ボンゴレ ビアンコ レトルト

合食|ボンゴレビアンコパスタソース|1,288円 こちらがコストコのチルド食品コーナーで見かける合食 『ボンゴレビアンコパスタソース(VONGOLE BIANCO PASTA SAUCE)』(品番:20324)。 殻付きのあさりが入ったソースが3食分セット(1袋280g、合計840g)で、お値段は1,288円(税込)です。 1食あたり約430円という計算になりますね。 製造者のは水産加工食品メーカーでして、コストコではやといった商品でもおなじみです。 あさりの食感&風味はちょうどよい仕上がり 本品の調理方法は、湯煎するだけ。 鍋に湯を沸かしたら、パックのまま投入して約3分温めます。 それを茹でたパスタと和えればできあがり。 写真は2食分の量ですが、ご覧のようにスープが多いので、スープパスタ状態になります。 スープは、白ワインとにんにくが効いており、さっぱりしつつもうまみ十分。 そのままスプーンですくって飲んでもおいしいですよ~。 殻付きのあさりは、「ふっくら」とまでは言えないものの、それなりに柔らかい食感をキープ。 そして、噛めばその風味がパッと広がってくるので、ボンゴレに期待する満足感はちゃんと得られます。 カラーピーマンの香りや甘みも、アクセントとして効果的。 粉チーズをかけてコクを加えてもいいですね。 全体的にはやさしい味わいなので、誰にでもおすすめできる一品と言えそうです。 炊飯器で作れるパエリアがグッド! 本品を使って、パエリアも作れますよ。 まず、本品のスープを使って炊飯します。 炊きあがったら、具材を加えて蒸らせばできあがり。 炊飯器でごく簡単に調理可能です。 スープを吸ったお米は、ベチャッとなることもなく、もっちりとした歯ごたえ。 そして、スープのうまみが中までしっかり浸透しています。 パスタよりも、味がよく馴染んでいますね~。 あさりも、お米と一緒に噛みしめると一体感のあるおいしさ。 これはパスタよりいいかも! * * * 『ボンゴレビアンコパスタソース』は、あさりの食感と風味がグッドなレトルト食品です。 パスタ(というかスープスパ)もいいけど、パエリアにしていただくのがおすすめですよ。 おすすめ度.

次の