アル トゥール ウイイレ。 サガフロンティアの思い出&感想をつらつらと語りました

【ウイイレアプリ2020】将来有望!銅玉の最強若手ランキングTOP10|yasublog

アル トゥール ウイイレ

9月15日に発売されたコナミデジタルエンタテインメントの『ウイニングイレブン 2017』。 「コントロールリアリティ」を掲げ、ボールタッチや戦術などに改良を加えた最新作は、ゲーム総合評価「メタスコア」で90点を獲得し、かなり出来がいいと評判だ。 本作では、欧州リーグのクラブチームを中心に世界各国のクラブチームやナショナルチームを実装。 ただし、ライセンスの関係により実名だったり偽名だったりと混在しているので、ここでまとめて紹介したい。 オフィシャルパートナーシップ コナミとオフィシャルパートナーシップを結んだのは、リーガエスパニョーラから「FCバルセロナ」、プレミアリーグから「リヴァプール」、ドイツブンデスリーガから「ボルシア ドルトムント」、アルゼンチン プリメーラリーグから「リーベル プレート」、ブラジルから「ブラジルサッカー連盟」「コリンチャンス」「フラメンゴ」「レッドブル・ブラジウ」の8チーム&連盟。 これらチームの選手は実名で登場する。 (ブラジルサッカー連盟の一部選手除く) 特にバルセロナとは、プレミアムパートナー契約を結び、選手を3DSフォトスキャンで撮影し、リアルな表情でゲームに登場する。 クラブチーム クラブチームは16の国と地域のリーグ・カップ戦が登場 「イングランドリーグ」 (イングランドプレミアリーグの偽名バージョン。 アーセナル・リヴァプールのみ実名) ・アーセナル ・イースト ドーセットシャー ・ランカシャー クラレット ・ロンドンFCサウスノーウッド ・マージーサイド ブルー ・ヨークシャーオレンジ ・イーストミッドランズ ・リヴァプールFC ・マン ブルー ・マン レッド ・ティーサイド ・ハンプシャー レッド ・ST レッド ・ウィアサイド ・ウェストグラモルガン シティ ・ノースイースト ロンドン ・ハートフォードシャー ・ウェストミッドランズ ストライプス ・イーストロンドン 「イングランド2部リーグ」 (イングランドフットボールリーグ チャンピオンシップの偽名バージョン) ・ウェストミッドランズ ヴィレッジ ・SY レッド ・ウェストミッドランズ シティ ・ランカシャー ブルー ・ハウンズロー ・イーストサセックス ・SW レッド ・ST イェロウ ・サウス ウェールズ ・ダービーシャー ・ウェストロンドン ホワイト ・ウェストヨークシャー タウン ・イーストアングリア タウン ・ヨークシャー ホワイツ ・タインサイド ・ノーフォーク シティ ・ノッツ レッズ ・LN ホワイト ・ノースウェスト ロンドン ・バークシャー ブルース ・ヨークシャー レッズ ・サウスヨークシャー ブルース ・LN アザー ブルー ホワイト ・WM ゴールド 「リーグ 1」 (フランスリーグ。 フルライセンスを取得) ・アンジェSCO ・SCバスティア ・ボルドー ・SMカーン ・ディジョンFCO ・EAギャンガン ・LOSCリール ・FCロリアン ・リヨン ・マルセイユ ・FCメス ・ASモナコFC ・モンペリエHSC ・ASナンシー ・FC ナント ・OGC ニース ・パリ サンジェルマン ・スタード レンヌFC ・ASサンテティエンヌ ・トゥールーズ FC 「リーグ 2」 (フランスリーグ。 フルライセンスを取得) ・ACアジャクシオ ・ミアンSC ・AJオセール ・ブール ペロナ ・スタード ブレスト ・クレルモン フット ・ガゼレク アジャクシオ ・ラヴァル ・ル アーブルAC ・RCランス ・ニーム ・ニオール ・オルレアン ・レッドスターFC ・スタード ランス ・FCソショー ・RCストラスブール ・トゥール ・ESTACトロワ ・ヴァランシアンヌ FC 「イタリアリーグ」 (イタリアセリエAのこと。 ユベントスとサッスオーロが偽名だが他18チームは実名) ・アタランタ ・ボローニャ ・カリアリ ・キエーヴォ ・クロトーネ ・エンポリ ・フィオレンティーナ ・ジェノア ・インテル ・PM ブラック ホワイト ・ラツィオ ・ACミラン ・ナポリ ・パレルモ ・ペスカーラ ・ローマ ・サンプドリア ・サンサジューロ ・トリノ ・ウディネーゼ 「イタリア2部リーグ」 (イタリアセリエBのこと。 全クラブ偽名だ) ・MA ゼブラ ・アルヴェジャーロ ・バニャローニ ・CM イェロウ レッド ・ブルティエ ・ER ホワイト レッド ・ER ブラック ホワイト ・DL クリムゾン ・TI イェロウ ブルー ・リトリツァーノ ・PM ブルー ホワイト ・プラストーニャ ・TO ブルー ブラック ・パイラムドヴェーリ ・CM バーガンディ ・ER スカイ ブルー ・スプレモネーゼ ・テッカリーナ ・ドレパヌメーゼ ・DL ブルー ・ヴォッカイオーニ ・LR ホワイト ブルー 「エールディヴィジ」 (オランダリーグ。 アトレティコ マドリーとバルセロナのみ実名) ・PV スカイ ブルー ホワイト ・PV ホワイト レッド ・アトレティコ マドリー ・バルセロナ ・GA シアン ・GA ブルー ホワイト ・PV ブルー レッド ・CT ブルー ホワイト ・AN レッド ホワイト ・CN イェロウ ブルー ・MD ブルー ホワイト ・AN シアン ホワイト ・NC レッド ・AN グリーン ホワイト ・MD ホワイト ・PV ブルー ホワイト ・AN ホワイト レッド ・AS レッド ホワイト ・ED ホワイト オレンジ ・ED イェロウ 「スペイン2部リーグ」 (スペインの2部ラ・リーガ ウン・ドス・トレスのことで全チーム偽名) ・MD カナリア イェロウ ・AN スカーレット ホワイト ・AN イェロウ ブルー ・AN ヴィリジアン ホワイト ・ED ホワイト グリーン ・MD コバルトブルー ・CT レッド ・CT カーマイン ホワイト ・AR バーガンディ ブルー ・ED ブルー バーガンディ ・GA レッド ホワイト ・IB レッド ブラック ・CL レッド ブラック ・CL レッド ・AS ブルー ・MD スカーレット ホワイト ・CT レッド ブラック ・AN ホワイト レッド B ・CN ホワイト ブルー ・MC ネイヴィ ブルー ・CL パープル ・AR ホワイト ブルー 「ポルトガルリーグ」 (ポルトガルリーガ NOSのこと。 SLベンフィカ、スポルティング リスボンのみ実名) ・アリメウソン ・ブレモトン ・SLベンフィカ ・ボルフェソン ・ブレジネ ・TM ブルー レッド ・エストラウポン ・DL アザー ブルー ・マシアデイラ ・メラスジーリョ ・ナルヂンソウ ・ポデフテザ ・DL ブルー ホワイト ・ホヴァネシ ・スポルティング リスボン ・BA イェロウ グリーン ・ヴィシクタン ・ヴェルフォウソン 「その他 ヨーロッパ 」 ・ベルギー「クラブ ブルッヘ」 ・クロアチア「ディナモ ザグレブ」 ・ドイツ「バイヤー レヴァークーゼン」「ボルシア ドルトムント」「シャルケ04」 ・ロシア「CSKAモスクワ」 ・スイス「FCバーゼル1893」 ・トルコ「ベシクタシュ」 ・ウクライナ「ディナモ キエフ」を収録) 「CAMPEONATO BRASILEIRO」 (ブラジルリーグ。 一部選手は偽名) ・アメリカ ミネイロ ・アトレチコ ミネイロ ・アトレチコ パラナエンセ ・ボタフォゴ ・シャペコエンセ ・コリンチャンス ・コリチーバ ・クルゼイロ ・フィゲイレンセ ・フラメンゴ ・フルミネンセ ・グレミオ ・インテルナシオナウ ・パルメイラス ・ポンチ プレッタ ・サンタ クルス ・サントス ・サン パウロ ・スポルチ レシフェ ・ECヴィトーリア 「アルゼンチンリーグ」 (アルゼンチンプリメーラ ディビシオンのこと。 全クラブ実名) ・CAアルドシビ ・アルセナルFC ・アトレティコ ラファエラ ・CAトゥクマン ・バンフィエルド ・ベルグラーノ ・ボカ ジュニオルス ・CAコロン ・デフェンサ イ フスティシア ・エストゥディアンテス ・ヒムナシア ラ プラタ ・ゴドイ クルス ・CAウラカン ・インデペンディエンテ ・ラヌース ・ニューウェルス オールド ボーイズ ・クラブ オリンポ ・CAパトロナート ・キルメス ・ラシン クラブ ・リーベル プレート ・ロサリオ セントラル ・サン ロレンソ ・CAサン マルティン ・CAサルミエント ・CA タジェレス ・CAテンパーレイ ・ティグレ ・ウニオン デ サンタフェ ・ベレス サルスフィエルド 「チリリーグ」 (チリプリメーラ ディビシオンのこと。 全クラブ実名) ・アウダックス イタリアーノ ・コブレサル ・コロ コロ ・デポルテス アントファガスタ ・イキケ ・デポルテス テムコ ・エベルトン ・ワチパト ・オイギンス ・パレスティーノ ・サンルイス デ キリョタ ・サンティアゴ ワンダラーズ ・ウニオン エスパニョーラ ・ウニベルシダ カトリカ ・ウニベルシダ デ チリ ・ウニベルシダ デ コンセプシオン 「その他 南米 」 (「レッドブル・ブラジウ」を収録) 「AFC Champions League」 (アジアサッカー連盟によるクラブチームのアジアチャンピオン決定戦。 日本からは「FC東京」「ガンバ大阪」「サンフレッチェ広島」「浦和レッドダイヤモンズ」を収録) ・メルボルン ヴィクトリー ・シドニーFC ・広州恒大淘宝 ・江蘇蘇寧 ・山東魯能泰山 ・上海上港集団 ・フォーラド セパハン ・トラクター サジ ・ゾブ アハン ・FC東京 ・ガンバ大阪 ・サンフレッチェ広島 ・浦和レッドダイヤモンズ ・エル ジャイシュ ・レフウィヤ ・アル アリ ・アル ヒラル ・アル イテハド ・アル ナスル FC ・FCソウル ・全北現代モータース ・浦項スティーラース ・水原三星ブルーウィングス ・ブリーラム ユナイテッド ・アル アイン ・アル ジャジーラ ・アル ナスル SC ・ブニョドコル ・ロコモティフ タシケント ・ナサフ カルシ ・パフタコール タシケント ・ベカメックス ビン ズオン ナショナルチーム 5大陸からナショナルチームを収録 「ヨーロッパ」 (スペイン・ポルトガル・イングランド・ドイツ・フランスなど34カ国) ・アルバニア ・オーストリア ・ベルギー ・ボスニア ヘルツェゴビナ ・ブルガリア ・クロアチア ・チェコ ・デンマーク ・イングランド ・フランス ・ドイツ ・ギリシャ ・ハンガリー ・アイスランド ・アイルランド ・イスラエル ・イタリア ・オランダ ・北アイルランド ・ノルウェー ・ポーランド ・ポルトガル ・ルーマニア ・ロシア ・スコットランド ・セルビア ・スロバキア ・スロベニア ・スペイン ・スウェーデン ・スイス ・トルコ ・ウクライナ ・ウェールズ 「アフリカ」 (カメルーン・コートジボワール・ナイジェリアなど14カ国) ・アルジェリア ・ブルキナファソ ・メルーン ・コートジボワール ・エジプト ・ガーナ ・ギニア ・マリ ・モロッコ ・ナイジェリア ・セネガル ・南アフリカ ・チュニジア ・ザンビア 「北中米」 (アメリカ・メキシコなど6カ国) ・コスタリカ ・ホンジュラス ・ジャマイカ ・メキシコ ・パナマ ・アメリカ 「南米」 (ブラジル・アルゼンチン・チリ・コロンビアなど10カ国) ・アルゼンチン ・ボリビア ・ブラジル ・チリ ・コロンビア ・エクアドル ・パラグアイ ・ペルー ・ウルグアイ ・ベネズエラ 「アジア・オセアニア」 (日本・オーストラリア・韓国など17カ国) ・オーストラリア ・中国 ・イラン ・イラク ・日本 ・ヨルダン ・クウェート ・レバノン ・北朝鮮 ・オマーン ・カタール ・サウジアラビア ・韓国 ・タイ ・UAE ・ウズベキスタン ・ニュージーランド クラシックチーム 「ヨーロピアンクラシックス」「ワールドクラシックス」の2チームを収録。

次の

【ウイイレアプリ2020】FPトビーアルデルヴァイレルト(1/27)の能力と使い方|ゲームエイト

アル トゥール ウイイレ

国内リーグ戦に限る。 2019年7月9日現在。 2019年6月28日現在。 ( ) アルトゥール( Arthur)こと アルトゥール・エンヒキ・ハモス・ジ・オリヴェイラ・メロ(: Arthur Henrique Ramos de Oliveira Melo、 - )は、・出身の。 ・所属。。 ポジションは。 経歴 [ ] クラブ [ ] 12歳の頃にの下部組織に加入。 2010年のユース選手権で注目を集め、の下部組織に移動した。 2015年1月にでの印象的なパフォーマンスからトップチームの監督によってトップチーム昇格。 の戦でハーフタイムにに代えて投入され、選手初出場。 その後同年の出場はなかった。 2016年はでも最終節の戦で後半にに代えて投入され同リーグ初出場を飾った。 2017年にはとカンピオナート・ガウショで良いパフォーマンスを見せたため、レギュラーメンバーに定着。 また、その引分に貢献した彼のスタイルはやに譬えられ 、やといったクラブから興味を持たれるようになった。 5月にはの戦でプロ初得点を記録、7月には戦でカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAでも初得点を記録した。 その後、グレミオはを制し、に出場したが、彼自身はコパ・リベルタドーレス決勝第2試合で負傷し途中交代を余儀なくされ、FIFAクラブワールドカップ出場メンバーからは外れた。 2018年3月11日、とは、アルトゥールの買取オプションについて、サインを交わすことで合意に達した。 FCバルセロナは、選手の登録権利を2018年の7月中に施行することができる。 クラブが最終的にサインした通りのオプションを行使した場合は、移籍金3千万ユーロに状況に応じて9百万がプラスされるオプションが支払われることになる。 2018年7月9日、とは、3月に両クラブ間で合意に達していたアルトゥールの買取オプションを行使することで合意した。 この合意によりただちにチームに合流することになる。 移籍金は3100万ユーロで、状況に応じて9百万ユーロが加算される。 6シーズンの契約をクラブと結び、契約破棄金は400万ユーロに設定される。 2018-19シーズンはプレシーズンマッチから印象的な活躍を見せ、バルセロナファンの心を掴んだ。 シーズンが始まってからはなかなか出場機会に恵まれなかったが、CLグループステージ第2節戦においてスタメンに抜擢、見事な活躍を見せチームの勝利に貢献した。 そのプレースタイルからの後継者と言われ、メッシから「シャビを思い出す」と称賛された。 2020年6月29日、はとの実質的なトレードでへの移籍を発表した。 移籍金は7200万ユーロ、ボーナスは最大で1000万ユーロ。 2019-20シーズンは流行によりシーズン終了まででプレーする。 代表 [ ] U-17代表としてはに出場した。 また、U-20代表としての出場経験もある。 2017年9月15日にはブラジルA代表に初招集された。 この招集はの、戦に向けての物であったが、この2試合では出場とならなかった。 では主力として優勝に貢献した。 個人成績 [ ] クラブ シーズン リーグ戦 州リーグ カップ戦 南米カップ 通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 2015 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 2016 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 2017 27 1 4 0 5 1 12 0 38 0 2018 7 1 7 3 1 0 3 0 20 4 クラブ シーズン リーグ戦 カップ戦 欧州カップ その他 通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 2018-19 27 0 7 0 9 0 1 0 44 0 タイトル [ ] クラブ [ ] グレミオ• : 2016• : バルセロナ• :2018-19• : 2018 代表 [ ] ブラジル代表• :1回 個人 [ ]• 最優秀新人賞: 2017• : 2017• コパアメリカ ベストイレブン 2019 代表歴 [ ] 出場大会 [ ]• U-17ブラジル代表• 2013年 - (3位)• ブラジル代表• 2019年 - ( 優勝) 試合数 [ ]• 国際Aマッチ 12試合 0得点(2018年 - ) 年 出場 得点 2018 5 0 2019 7 0 通算 12 0 参考文献 [ ]• Vavel. 2017年9月. 2017年9月13日閲覧。 Sportv. 2017年6月. 2017年9月13日閲覧。 90Min. com. 2017年6月. 2017年9月13日閲覧。 Zero Hora. 2017年5月. 2017年9月13日閲覧。 FC Barcelona Web Oficial. 2018年3月11日. 2018年3月12日閲覧。 FCバルセロナ公式ウェブサイト. 2018年7月9日. 2018年7月10日閲覧。 Number Web 2018年10月17日• 2020年6月30日閲覧。 ユヴェントスFC 2020年6月30日. 2020年6月30日閲覧。 FCバルセロナ 2020年6月30日. 2020年6月30日閲覧。 2017年9月13日閲覧。 Globo Esporte 2017年12月4日. 2017年12月5日閲覧。 外部リンク [ ]• - Soccerwayによる個人成績• - transfermarkt.

次の

【FP予想4/4】欧州5大リーグ試合結果&みんなでFPを予想しよう

アル トゥール ウイイレ

国内リーグ戦に限る。 2019年7月9日現在。 2019年6月28日現在。 ( ) アルトゥール( Arthur)こと アルトゥール・エンヒキ・ハモス・ジ・オリヴェイラ・メロ(: Arthur Henrique Ramos de Oliveira Melo、 - )は、・出身の。 ・所属。。 ポジションは。 経歴 [ ] クラブ [ ] 12歳の頃にの下部組織に加入。 2010年のユース選手権で注目を集め、の下部組織に移動した。 2015年1月にでの印象的なパフォーマンスからトップチームの監督によってトップチーム昇格。 の戦でハーフタイムにに代えて投入され、選手初出場。 その後同年の出場はなかった。 2016年はでも最終節の戦で後半にに代えて投入され同リーグ初出場を飾った。 2017年にはとカンピオナート・ガウショで良いパフォーマンスを見せたため、レギュラーメンバーに定着。 また、その引分に貢献した彼のスタイルはやに譬えられ 、やといったクラブから興味を持たれるようになった。 5月にはの戦でプロ初得点を記録、7月には戦でカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAでも初得点を記録した。 その後、グレミオはを制し、に出場したが、彼自身はコパ・リベルタドーレス決勝第2試合で負傷し途中交代を余儀なくされ、FIFAクラブワールドカップ出場メンバーからは外れた。 2018年3月11日、とは、アルトゥールの買取オプションについて、サインを交わすことで合意に達した。 FCバルセロナは、選手の登録権利を2018年の7月中に施行することができる。 クラブが最終的にサインした通りのオプションを行使した場合は、移籍金3千万ユーロに状況に応じて9百万がプラスされるオプションが支払われることになる。 2018年7月9日、とは、3月に両クラブ間で合意に達していたアルトゥールの買取オプションを行使することで合意した。 この合意によりただちにチームに合流することになる。 移籍金は3100万ユーロで、状況に応じて9百万ユーロが加算される。 6シーズンの契約をクラブと結び、契約破棄金は400万ユーロに設定される。 2018-19シーズンはプレシーズンマッチから印象的な活躍を見せ、バルセロナファンの心を掴んだ。 シーズンが始まってからはなかなか出場機会に恵まれなかったが、CLグループステージ第2節戦においてスタメンに抜擢、見事な活躍を見せチームの勝利に貢献した。 そのプレースタイルからの後継者と言われ、メッシから「シャビを思い出す」と称賛された。 2020年6月29日、はとの実質的なトレードでへの移籍を発表した。 移籍金は7200万ユーロ、ボーナスは最大で1000万ユーロ。 2019-20シーズンは流行によりシーズン終了まででプレーする。 代表 [ ] U-17代表としてはに出場した。 また、U-20代表としての出場経験もある。 2017年9月15日にはブラジルA代表に初招集された。 この招集はの、戦に向けての物であったが、この2試合では出場とならなかった。 では主力として優勝に貢献した。 個人成績 [ ] クラブ シーズン リーグ戦 州リーグ カップ戦 南米カップ 通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 2015 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 2016 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 2017 27 1 4 0 5 1 12 0 38 0 2018 7 1 7 3 1 0 3 0 20 4 クラブ シーズン リーグ戦 カップ戦 欧州カップ その他 通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 2018-19 27 0 7 0 9 0 1 0 44 0 タイトル [ ] クラブ [ ] グレミオ• : 2016• : バルセロナ• :2018-19• : 2018 代表 [ ] ブラジル代表• :1回 個人 [ ]• 最優秀新人賞: 2017• : 2017• コパアメリカ ベストイレブン 2019 代表歴 [ ] 出場大会 [ ]• U-17ブラジル代表• 2013年 - (3位)• ブラジル代表• 2019年 - ( 優勝) 試合数 [ ]• 国際Aマッチ 12試合 0得点(2018年 - ) 年 出場 得点 2018 5 0 2019 7 0 通算 12 0 参考文献 [ ]• Vavel. 2017年9月. 2017年9月13日閲覧。 Sportv. 2017年6月. 2017年9月13日閲覧。 90Min. com. 2017年6月. 2017年9月13日閲覧。 Zero Hora. 2017年5月. 2017年9月13日閲覧。 FC Barcelona Web Oficial. 2018年3月11日. 2018年3月12日閲覧。 FCバルセロナ公式ウェブサイト. 2018年7月9日. 2018年7月10日閲覧。 Number Web 2018年10月17日• 2020年6月30日閲覧。 ユヴェントスFC 2020年6月30日. 2020年6月30日閲覧。 FCバルセロナ 2020年6月30日. 2020年6月30日閲覧。 2017年9月13日閲覧。 Globo Esporte 2017年12月4日. 2017年12月5日閲覧。 外部リンク [ ]• - Soccerwayによる個人成績• - transfermarkt.

次の