カスミ&カンナ デッキ。 株式会社カスミの口コミ・評判(一覧)|エン ライトハウス (2320)

株式会社カスミの口コミ・評判(一覧)|エン ライトハウス (2320)

カスミ&カンナ デッキ

の水着姿より幾分露出度が下がったが、それでも10歳の少女の私服としては前衛的すぎるものであり、 海外進出の際にアメリカの放送倫理規定に引っかかったため、途中からを抱かせて腹部の肌を極力隠すようになったという逸話がある。 靴は赤いスニーカーだが、「靴下が嫌いでいつも」という妙なオリジナル設定が追加されている。 当時既に実生活ではほとんど廃れていたファッションであり、かえって子供も一定数いるとか。 その他、『週刊ポケモン放送局』ではチャイナドレスを着ていたりした。 後述の姉たちからの評価に反してモテている描写も多く、あるキャラからは「8年後が楽しみ」とも言われている。 ゲームでの成長を考えるとその予測は当たるのだろうが、ため、それが見られる機会は当分来ないと思われる。 性格 トレーナーとしてはサトシより先輩であるため、精神年齢も彼よりやや高い。 とは言え感情の起伏が激しく、時に手も出る暴力系ヒロインの一面も持つ。 初期にはサトシに対する的な照れ隠しの一面もあったが、放送の長期化に伴う度重なるサトシの鈍感化によって強気な一面が際立つことに。 また、ミーハーで面食い・家事能力も低いなど彼女自身の女子力も決して高くはなく、むしろ 良くも悪くも サトシと対等に渡り合えると言った方が適当かもしれない。 歴代ヒロインの中でも、これだけ頻繁にサトシと喧嘩したのは彼女だけである。 ストーリーが進むにつれてサトシに対して家族愛・姉弟愛的な感情も強調されるようになり、サトシが度に最終的に理解を示しつつ人一倍気にかけ見守っていた。 厳しい物言いをしながらも、仲間の危機には身を呈して救おうと奮闘するなどしっかり者で度胸ある人物である。 2人の不足分はタケシが補っており、逆にタケシがお姉さん相手に暴走した時にはカスミがブレーキ役を担うなど、バランスの取れた関係であった。 ちなみにサイドストーリーにて、自分に想いを寄せてくる相手に「誰か好きな人がいるんですか?」と問われた際、カスミは動揺して口ごもってしまった一方、は 何やらニヤニヤとしていたが……? 家族 「4姉妹の末っ子」という設定であり、も登場した。 両親は未登場だが、小説版にて「ジムをやっていけない」と 娘たちを残して出ていったという解説がなされている。 姉たちもそれぞれに癖の強い性格 長女のサクラはまだマシだが で、ジムの副業として水中ショーを始めて収入を得たまでは良かったものの、ジムの方はほとんど放置状態にしてしまい、その水中ショーもカスミ抜きの3人で売り出した挙句「 美人三姉妹とその出涸らし」とこき下ろす始末であった。 カスミの性格はこうしたハードな生育環境に起因する部分もあるのだろう。 作中では 第1話から登場しており、サトシがへ向かう道中で釣りをしていたが、断る間もなく彼に自転車を盗られ、雷で黒焦げにされてしまった。 旅に同行した理由は、サトシに破壊された自転車を弁償してもらうため。 この世界において自転車は結構な高級品らしい。 最終的には新品の自転車が手に入ったことと、姉3人が福引で当てた世界一周旅行に行くために留守番を押しつけてきたことからサトシと別れるが、その際は名残惜しさすら感じていた。 別れ際にサトシにハンカチをプレゼントしている。 現在はオレンジ諸島で知り合ったの協力を得ながら、全くと言っていいほど仕事をしない三姉妹に代わってジムの運営を行う日々が続く。 その姉たちは 半分雑用係としてではあるが ケンジを狙っている様子。 他人のポケモンであっても放ってはいられず、初対面時ボロボロに傷ついたを見て、その事態を招いたサトシに(事情を訊かずにいきなり)ビンタを食らわせたほど。 その後相手に相性や実力差を考えず、に無茶なバトルをさせた彼を再び平手打ちしており、。 自身が得意とするのポケモンには特に愛情が深く、を「可愛い」とまで言い切れるほど。 例外的にだけは苦手としていたが、それは後に克服して手持ちに加えている。 反対にのポケモンに対しては拒絶反応が強く、やのように外見が纏まったもの以外 特に森での遭遇率が高かった系や系など には露骨な嫌悪感を見せることが常。 「虫は無視なの~!」 それでも無用なバトルで傷つけることは避けており、最低限の気遣いはしていた。 当初は嫌悪していても、自分を助けてくれたポケモンに対しては非礼を詫びることも。 また、実家のハナダジムが引き取った等のみずポケモンも多数存在し、ギャラドスもそこから自身の手持ちに引き入れたパターンである。 トゲピーは後述するのため、突発的に持たされることとなったであるが、彼女はも、しっかりとまで育て上げた。 ポケモンに対する愛の強さが最も現れたエピソードと言えるだろう。 再登場 AG編~BW編 編44話「カスミ登場!トゲピーとまぼろしの王国」にて、自身の名を冠して再登場。 ホウエン来訪の目的は「トゲピー祭」なる祭典への参加。 元ネタとなるゲームのイベントが存在しない、アニメオリジナルエピソードである。 このイメージチェンジは「常時へそが隠れるようにする」という目的が主であるが、インナーさえ脱いでしまえば以前と変わらない露出度にすることが可能であり、ジャケットの形状や全体的に黄色い配色もあって、前衛的なファッションセンスは健在であると言える。 しかし、AG編134話「オツキミやま!ピィとピッピとピクシーと!」を最後に再び降板し、以後4世代以後の人物・地域との面識は生じていない。 一応編ではOPムービー ポケモン嘘予告 とナレーションで出演した他、カスミ型のルアーが登場しており、編では「エピソードN」の回想シーンで声の出演をしたり、オーキドの口から名を聞けたりと、なんだかんだ約16年にわたり出演していた。 だがDP編を最後に降板したもカスミ同様、回想での登場を最後に出番そのものがなくなって久しい。 初代同行者2人の皆勤賞記録も編で途絶えてしまった。 SM編 編42話・43話にて「戦慄のミラージュポケモン」以来約11年の長き沈黙を破り、タケシと共に再登場。 の12年ぶりの共演が実現した。 服装は無印時代に戻っているが、水着 ゲーム版の水着と同じタイプ のインナーが垣間見えるようになり、同じみずポケモン使いであると水着姿を披露した。 むしポケモン嫌いは相変わらず。 またからは「 元祖ジャリガール」と呼ばれていた。 落書きが再登場した際、手持ちのヒトデマンはを描かれていた。 更にをも会得しており、43話では改装されたでのとスイレンの相手にコダックで変則的な前哨戦を行い、サトシとはギャラドスを使い久しぶりの全力バトルをする。 実は、これまでカスミになつくあまりバトルを拒んだり、戦うにしても相手がトゲピーだったため全く本気を出せなかったりしたピカチュウが、全身全霊でカスミと激突した初のバトルである。 結果サトシが勝利し、サトシにとってはハナダジムでの 20年越しの初勝利となった 無印編ではロケット団の乱入で決着がつかなかった。 キーストーンはヘアゴムの飾りとして身に付けているが、取得経緯は不明。 メガシンカ時の詠唱は 「強く雄々しく美しく、私の青いスイートハート!メガシンカ!!

次の

カスミ(トレーナー) (かすみ)とは【ピクシブ百科事典】

カスミ&カンナ デッキ

『』・『』・『』および『』・『』と『』に登場。 作中の時代設定から、10代前半の前2シリーズと10代中~後半に成長した後3シリーズに大別できる。 時期によって髪の色にばらつきがある等と異なり、色で統一されている。 「」の異名を持つほどの活発な性格も一貫しており、状のジムにてを常用している。 配下のトレーナーもスイマーばかりで、ポケモンと共に自身の水泳能力も鍛える事をモットーとしているようだ。 一方でファッションは頻繁に変わり、お洒落にも気を遣っている様子が伺える。 『RGBP』・『FRLG』では共通して短めの髪を部分的に状に結んでいるが、服装は『RGB』が肩紐なしのビキニに、『ピカチュウ』がアニメからの逆輸入(後述)、『FRLG』がセパレート型の青いにウォーターシューズとそれぞれ異なっている。 この内『ピカチュウ』バージョンで見せたものが例外的かつ現状唯一の陸上服である。 また、『FRLG』バージョンの水着は『RGBP』時代のの絵柄がベースとなっており、これも他メディアからの逆輸入と言える。 『GSC』・『HGSS』では3年の時間経過を反映して背と髪が伸びた。 サイドテールは止め、代わりに前髪を跳ね上げたやや変則的なとなっている。 特に『HGSS』では頭身が大きく上がっているため、かなり大人びた雰囲気になる。 服装は共通してワンピース型の白い競泳水着にを羽織るというもので、ラッシュガードの柄が両シリーズで異なっている。 足下は再びビーチサンダルとなった。 『BW2』はゲスト的な出演で『HGSS』のグラフィックが流用されたため、これが最新のスタイルとなる。 『GSC』・『HGSS』では、女性ジムリーダーでは珍しい(というかほぼ唯一の)パートナー持ちである描写がなされている事も特筆される。 ハナダの岬で彼氏とデートをしている所に割って入らないとジムでのバトルが始まらないのである。 この一件により、両シリーズではプレイヤーをオジャマムシ扱いしてくる事になる。 とは言えこの彼氏、 10代前半の少年(少女)が近づいてきただけで彼女を置いて逃げ出すというドヘタレであり、 その後二度と戻ってこないため容姿も名前も謎である。 よって二次創作での描写はまず不可能で、ほとんど無かった事にされているキャラになっている。 一体彼女はどこに惹かれたのだろうか・・・ 『RGBP』・『GSC』の外伝的作品である『ポケモンスタジアム』シリーズにも登場するが、バトル施設の中にいるのみで特に設定の追加は無い。 パーティにみずタイプ以外のポケモンが入るが、これも他のジムリーダーと共通の措置なので特別な言及は無い。 グラフィックも当時の公式絵に準じている。 ちなみに『HGSS』以降、ジム戦以外のポケモンバトルは市外で行う事になるのだが、 彼女は着替える事無くやってくる。 他のジムリーダーも同様で、ゲームの仕様上仕方の無い事なのだが、恰好が恰好だけにに見えてしまう・・・ 使用ポケモン 先述の通り一貫してスターミーを連れているのが特徴で、彼女のパートナーとなっている。 2番目のジムにして早くも対戦環境の最前線にいるポケモンを繰り出すわけで、戦法が限られる『RGBP』時代は 序盤の難所と恐れられた。 もっとも、『RGB』で最初にを選んでいた場合、前のタケシで既に苦戦を強いられている。 そもそもタケシ戦は遠回りできず、カスミ戦でも24・25番道路へ遠回りできないと誤解したためか、それに気づかずカスミ戦に固執するプレイヤーも多かった。 『FRLG』では習得技の見直し等で多少戦いやすくなったが、スターミーの技も主力が「」から「」に代わり、混乱の追加効果が付くようになった。 これにより、有利タイプであっても先手を許せばそのまま自滅する可能性が生じるようにもなってしまった。 『ポケモンスタジアム』シリーズでは、先述の通りみずタイプ以外のポケモンも繰り出す。 選定に特にこだわりは見出せず、バランス重視の編成となっている。 『GSC』・『HGSS』以降はアニメからの逆輸入も伺えるパーティとなっている。 ポケモンの種類・戦法が更に多様化するが、いずれもストーリー後半での戦いとなるため十分な育成と対策が可能であり、以前ほどの脅威では無くなった。 赤・緑・青・ピカチュウ・FRLG• Lv18• Lv21 Let's Go! ピカチュウ・イーブイ• コダック Lv18• スターミー Lv19 Let's Go! ピカチュウ・イーブイ 強化版• ゴルダック Lv56• ジュゴン Lv56• Lv56• スターミー Lv56• Lv57 ポケモンスタジアム2 ジムリーダーの城 表• スターミー• ジムリーダーの城 裏• スターミー• 金・銀・クリスタル・HGSS• Lv42 HG・SSでは49• Lv42 HG・SSでは49• Lv44 HG・SSでは52• スターミー Lv47 HG・SSでは54 HGSS 強化後• スターミーLv60• Lv54• Lv54• ヌオー Lv56• ラプラス Lv56• Lv60 ポケモンスタジアム金銀 ジムリーダーの城 表• スターミー• ゴルダック• ジムリーダーの城 裏• スターミー• BW2 PWT・カントーリーダーズトーナメント• スターミー エース• ゴルダック• ラプラス• カメックス PWT・ワールドリーダーズトーナメント• スターミー エース• ランターン• ラプラス• ヌオー• カメックス PWT・ダウンロードトーナメント• スターミー• ブルンゲル• 他媒体では シリーズの初代ヒロインとして活躍。 声優は。 詳細は「」の記事を参照のこと。 アニメより高い。 なぜか黒髪(2巻8話から修正された)。 作者は当初13歳として描いていたようだが、その程度の誤差では説明が付かないくらいのの持ち主。 途中から服装が変わり、が見えそうなヘソ出しのトップス、下は尻肉が見えそうな(画像左)になった。 お尻を突き出したり、胸を強調するようなポーズになることが多い。 さりげなく下乳が見えたこともあった。 ちなみに1巻でサトシと戦った時は、調の際どい水着という性的な姿で登場した(画像右)。 入浴シーンでは あまりの露出の多さに、編集者が独断でタオルを描き足したという逸話もある。 他にも気味であったり(しかも若干自覚症状あり)、3姉達がしっかりしすぎたキャラになっていたので 年上のサトシから出がらし呼ばわりされたりと、他媒体の斜め上を行くキャラ付けがなされており、総じてであったと言える。 なお、『』 未完 ではへそ出し服なのに脱いだらになっていたという事があった。 ピクシブ内で「電撃ピカチュウ」で画像検索をすると、上記のスリングショットを着た黒髪のカスミが大量にヒットする。 フィギュア化 プレミアムバンダイにて半裸タケシに続き、2015年秋に 『RGB』時代のビキニ姿のフィギュア化が決定した。 当時の公式絵に準じた表情は、現代から見るとかなり目付きが悪く見えるが、そういう時代もあったのである。 関連タグ 他のみずタイプの使い手 関連記事 親記事.

次の

カスミ (KASUMI)

カスミ&カンナ デッキ

の水着姿より幾分露出度が下がったが、それでも10歳の少女の私服としては前衛的すぎるものであり、 海外進出の際にアメリカの放送倫理規定に引っかかったため、途中からを抱かせて腹部の肌を極力隠すようになったという逸話がある。 靴は赤いスニーカーだが、「靴下が嫌いでいつも」という妙なオリジナル設定が追加されている。 当時既に実生活ではほとんど廃れていたファッションであり、かえって子供も一定数いるとか。 その他、『週刊ポケモン放送局』ではチャイナドレスを着ていたりした。 後述の姉たちからの評価に反してモテている描写も多く、あるキャラからは「8年後が楽しみ」とも言われている。 ゲームでの成長を考えるとその予測は当たるのだろうが、ため、それが見られる機会は当分来ないと思われる。 性格 トレーナーとしてはサトシより先輩であるため、精神年齢も彼よりやや高い。 とは言え感情の起伏が激しく、時に手も出る暴力系ヒロインの一面も持つ。 初期にはサトシに対する的な照れ隠しの一面もあったが、放送の長期化に伴う度重なるサトシの鈍感化によって強気な一面が際立つことに。 また、ミーハーで面食い・家事能力も低いなど彼女自身の女子力も決して高くはなく、むしろ 良くも悪くも サトシと対等に渡り合えると言った方が適当かもしれない。 歴代ヒロインの中でも、これだけ頻繁にサトシと喧嘩したのは彼女だけである。 ストーリーが進むにつれてサトシに対して家族愛・姉弟愛的な感情も強調されるようになり、サトシが度に最終的に理解を示しつつ人一倍気にかけ見守っていた。 厳しい物言いをしながらも、仲間の危機には身を呈して救おうと奮闘するなどしっかり者で度胸ある人物である。 2人の不足分はタケシが補っており、逆にタケシがお姉さん相手に暴走した時にはカスミがブレーキ役を担うなど、バランスの取れた関係であった。 ちなみにサイドストーリーにて、自分に想いを寄せてくる相手に「誰か好きな人がいるんですか?」と問われた際、カスミは動揺して口ごもってしまった一方、は 何やらニヤニヤとしていたが……? 家族 「4姉妹の末っ子」という設定であり、も登場した。 両親は未登場だが、小説版にて「ジムをやっていけない」と 娘たちを残して出ていったという解説がなされている。 姉たちもそれぞれに癖の強い性格 長女のサクラはまだマシだが で、ジムの副業として水中ショーを始めて収入を得たまでは良かったものの、ジムの方はほとんど放置状態にしてしまい、その水中ショーもカスミ抜きの3人で売り出した挙句「 美人三姉妹とその出涸らし」とこき下ろす始末であった。 カスミの性格はこうしたハードな生育環境に起因する部分もあるのだろう。 作中では 第1話から登場しており、サトシがへ向かう道中で釣りをしていたが、断る間もなく彼に自転車を盗られ、雷で黒焦げにされてしまった。 旅に同行した理由は、サトシに破壊された自転車を弁償してもらうため。 この世界において自転車は結構な高級品らしい。 最終的には新品の自転車が手に入ったことと、姉3人が福引で当てた世界一周旅行に行くために留守番を押しつけてきたことからサトシと別れるが、その際は名残惜しさすら感じていた。 別れ際にサトシにハンカチをプレゼントしている。 現在はオレンジ諸島で知り合ったの協力を得ながら、全くと言っていいほど仕事をしない三姉妹に代わってジムの運営を行う日々が続く。 その姉たちは 半分雑用係としてではあるが ケンジを狙っている様子。 他人のポケモンであっても放ってはいられず、初対面時ボロボロに傷ついたを見て、その事態を招いたサトシに(事情を訊かずにいきなり)ビンタを食らわせたほど。 その後相手に相性や実力差を考えず、に無茶なバトルをさせた彼を再び平手打ちしており、。 自身が得意とするのポケモンには特に愛情が深く、を「可愛い」とまで言い切れるほど。 例外的にだけは苦手としていたが、それは後に克服して手持ちに加えている。 反対にのポケモンに対しては拒絶反応が強く、やのように外見が纏まったもの以外 特に森での遭遇率が高かった系や系など には露骨な嫌悪感を見せることが常。 「虫は無視なの~!」 それでも無用なバトルで傷つけることは避けており、最低限の気遣いはしていた。 当初は嫌悪していても、自分を助けてくれたポケモンに対しては非礼を詫びることも。 また、実家のハナダジムが引き取った等のみずポケモンも多数存在し、ギャラドスもそこから自身の手持ちに引き入れたパターンである。 トゲピーは後述するのため、突発的に持たされることとなったであるが、彼女はも、しっかりとまで育て上げた。 ポケモンに対する愛の強さが最も現れたエピソードと言えるだろう。 再登場 AG編~BW編 編44話「カスミ登場!トゲピーとまぼろしの王国」にて、自身の名を冠して再登場。 ホウエン来訪の目的は「トゲピー祭」なる祭典への参加。 元ネタとなるゲームのイベントが存在しない、アニメオリジナルエピソードである。 このイメージチェンジは「常時へそが隠れるようにする」という目的が主であるが、インナーさえ脱いでしまえば以前と変わらない露出度にすることが可能であり、ジャケットの形状や全体的に黄色い配色もあって、前衛的なファッションセンスは健在であると言える。 しかし、AG編134話「オツキミやま!ピィとピッピとピクシーと!」を最後に再び降板し、以後4世代以後の人物・地域との面識は生じていない。 一応編ではOPムービー ポケモン嘘予告 とナレーションで出演した他、カスミ型のルアーが登場しており、編では「エピソードN」の回想シーンで声の出演をしたり、オーキドの口から名を聞けたりと、なんだかんだ約16年にわたり出演していた。 だがDP編を最後に降板したもカスミ同様、回想での登場を最後に出番そのものがなくなって久しい。 初代同行者2人の皆勤賞記録も編で途絶えてしまった。 SM編 編42話・43話にて「戦慄のミラージュポケモン」以来約11年の長き沈黙を破り、タケシと共に再登場。 の12年ぶりの共演が実現した。 服装は無印時代に戻っているが、水着 ゲーム版の水着と同じタイプ のインナーが垣間見えるようになり、同じみずポケモン使いであると水着姿を披露した。 むしポケモン嫌いは相変わらず。 またからは「 元祖ジャリガール」と呼ばれていた。 落書きが再登場した際、手持ちのヒトデマンはを描かれていた。 更にをも会得しており、43話では改装されたでのとスイレンの相手にコダックで変則的な前哨戦を行い、サトシとはギャラドスを使い久しぶりの全力バトルをする。 実は、これまでカスミになつくあまりバトルを拒んだり、戦うにしても相手がトゲピーだったため全く本気を出せなかったりしたピカチュウが、全身全霊でカスミと激突した初のバトルである。 結果サトシが勝利し、サトシにとってはハナダジムでの 20年越しの初勝利となった 無印編ではロケット団の乱入で決着がつかなかった。 キーストーンはヘアゴムの飾りとして身に付けているが、取得経緯は不明。 メガシンカ時の詠唱は 「強く雄々しく美しく、私の青いスイートハート!メガシンカ!!

次の