田園 都市 線 急行 停車 駅。 田園都市線の渋谷~二子玉川間は各駅停車だけで良いのではないか

東京メトロ半蔵門線・急行の停車駅

田園 都市 線 急行 停車 駅

深夜 早朝を除き、基本的に半蔵門線の電車は、〈中央林間(東急田園都市線)~渋谷~(半蔵門線)~押上~(東武本線)東武動物公園・久喜・南栗橋〉の3社による相互直通運転をしています。 このなかで、東急田園都市線には、急行(準急)・各停があり、東武線には、急行・準急の設定があります。 いかなる場合においても、半蔵門線内渋谷~押上間は、各駅にとまります。 つまり、半蔵門線内で〈急行〉の表示があっても、半蔵門線内は各停であり、それは、乗り入れ先の種別を示しています。 半蔵門線押上方面(久喜・南栗橋・東武動物公園)行きは、東武線の種別を渋谷から、渋谷方面(長津田・中央林間)行は東急線の種別を押上から表示します。 ちなみに半蔵門線の駅は、押上、錦糸町、住吉、森下、清住白河、水天宮前、三越前、大手町、神保町、九段下、半蔵門、永田町、青山一丁目、表参道、渋谷です。 東武線の急行停車駅は、曳舟、北千住、西新井、草加、新越谷、越谷、せんげん台、春日部、東武動物公園と東武動物公園から先の各駅です。 東急線の急行停車駅は、三軒茶屋、二子玉川、溝ノ口、鷺沼、たまプラーザ、あざみ野、長津田、(南町田)です。 これで大丈夫ですか? こんばんは。 No,2です。 従って、半蔵門線内で急行と言っている電車は、「東急線方面のみ」です。 たまプラーザに行く電車は「急行」と、「各駅停車」の2種のみです。 >「区間準急」どちらに乗っても着くんですか?というか、「区間準急」って何ですか? 東武線には準急 浅草~東武動物公園間 という区分があります。 東急線で言う「急行」と同じ意味です。 押上~南栗橋間で新越谷から各駅に停車する準急電車を「区間準急」と呼んでいます。 なので、半蔵門線で走っている「区間準急」は東武線方面「新越谷・東武動物公園・南栗橋」方面にしか無い電車の区分です。 なお、東武線方面行きは区間準急か通勤準急しかありません。 普通電車の乗り入れがない為) もちろん渋谷~押上間は各駅に止まります。 東急線方面には「各駅停車」と「急行」しかありません。 たまプラーザ方面に行く電車は「急行」か「各駅停車」です。 A ベストアンサー まず、東海道新幹線で東京駅まで来て、 「新幹線の改札を出る」という考え方だと上手くいかないと思います。 東京駅はホームが南北方向に伸びていて、西側出口が丸ノ内口、東側出口が八重洲口です。 地下鉄丸ノ内線はその名の通り、駅の西側です。 またJR線路は在来線が西側、新幹線が東側なので、東海道新幹線に乗ってきて単に「新幹線の出口」という探し方をすると、東側・八重洲口に出てしまいます。 これでは逆です。 東海道新幹線で東京駅に着いたら、在来線との乗り換えのつもりで進んでください。 進行方向左側です。 東海道新幹線とJR東日本・在来線との中間改札を通り、丸ノ内側へ進みます。 北通路・中央通路・南通路とあって、それぞれ丸ノ内北口・丸ノ内中央口・丸ノ内南口へと通じます。 そのどれかの改札で外へ出てください。 tokyometro. html くれぐれも東側(八重洲口)を出ないように。 西側(丸の内口)を出さえすれば、迷うほどのことはありません。 まず、東海道新幹線で東京駅まで来て、 「新幹線の改札を出る」という考え方だと上手くいかないと思います。 東京駅はホームが南北方向に伸びていて、西側出口が丸ノ内口、東側出口が八重洲口です。 地下鉄丸ノ内線はその名の通り、駅の西側です。 またJR線路は在来線が西側、新幹線が東側なので、東海道新幹線に乗ってきて単に「新幹線の出口」という探し方をすると、東側・八重洲口に出てしまいます。 これでは逆です。 東海道新幹線で東京駅に着いたら、在来線との乗り換えのつもりで進んでください。 Q PASMOとSUICAのどちらのカードが、便利で使い勝手がいいですか? 東京近辺に住んでいます。 今まで不便も感じなかったためどちらのカードも作っていませんでしたが、今回どちらか1つのカードを作ろうと考えています。 事前に申込書などで情報収集しましたが、今ひとつ2つのカードの違いが分からず・・(PASMOでJRだけの定期は作れない、SUICAでメトロだけの定期は作れないようですが、どちらもどちらの路線にキャッシュレスで乗れるようなので、その他の違い メリットやデメリットなど があまりよく分かりません。 年会費がかかることとあまりカードは増やしたくないので、この2つのカードの特徴や使い勝手など、またどこかお勧めのカードなどがあれば、どなたか、何かアドバイスがいただけると嬉しいです!! A ベストアンサー SUICAとPASMOは、現在の所全くコンパチブルです。 ただし定期券だけは多分違うかも知れません。 最初に登場したのがJRのSUICAで、後追いで私鉄等のPASMOが登場したのですが、仕様を全く同じに作って表面の体裁だけを変えたもの もちろんSUICAかPASMOかの情報はありますが なので、電子マネーとして使う上では、利用者から見れば全く同じです。 ただし、JR系の液ではPASMOは買えませんし、私鉄系でSUICAは買えません。 買う場所 駅 によってどちらが入手できるかが決まります。 またどちらも記名式と無記名式があります。 カード内部に所有者情報があるかどうかの違いです。 定期券として購入したものは、当然の事ながら記名式になります。 単なる乗車券変わりのカードとしてカッタ場合には、無記名式も選べるようです。 ただし紛失した時の扱いが違うでしょう。 費用はどちらも購入時に500円かかります。 この費用は、カードが不要になって駅に返却する場合には、返金してくれます。 要するにカードの借用料のようなもので、それ以外に年会費などは一切かかりません。 利用の上で言えば、かつてはSUICAではバスに乗れませんでした。 現在のSUICAは乗れますから、全く差はありません。 古いSUICAは無料で取り替えてくれます。 そしてJRのSUICAで私鉄線だけを乗車券として利用することも、逆にPASMOでJR線のみを利用することもできます。 JRには電子グリーン券の機能があります。 主にJR管内なので普通列車の指定席ですが、駅の乗車券の自販機でグリーン券を購入すると、その情報がSUICAに書き込まれます。 グリーン券は出ませんが、車掌にSUICAを見せれば、読み取り機に通してそれでOKです。 コンビニなどでの買い物に関しても、SUICAとPASMOは同一扱いです。 JR系の売店にはSUICA、私鉄系の売店にはPASMOと表示されていますが、他方でも全く同じ扱いです。 チャージも全く同じで、JRの駅でMASMOにチャージ、その反対も全く同じにできます。 コンビニでも同じです。 最近の話ですが、JR東海管内の駅でもJR東日本のSUICAで買い物ができる様になりました。 ですから、現在は利用者にとっては、どれを持っていても実質的な差が全くないと言えるでしょう。 逆に言えば、定期を買うのでなければ、録れか1枚だけを買えば良いということになります。 SUICAとPASMOは、現在の所全くコンパチブルです。 ただし定期券だけは多分違うかも知れません。 最初に登場したのがJRのSUICAで、後追いで私鉄等のPASMOが登場したのですが、仕様を全く同じに作って表面の体裁だけを変えたもの もちろんSUICAかPASMOかの情報はありますが なので、電子マネーとして使う上では、利用者から見れば全く同じです。 ただし、JR系の液ではPASMOは買えませんし、私鉄系でSUICAは買えません。 買う場所 駅 によってどちらが入手できるかが決まります。 またどちらも記名式と無記名式があり... Q またまたYou Tubeの投稿動画からです。 youtube. これはそういう路線があるので疑問でも何でもないのですが、 どうしても分からないのはこの動画につけられたコメントからです。 今は消されてしまっていますが、以前この動画に 『半蔵門線内は急行にするほど駅数も多くないし、それぞれの駅が通過されちゃ困る必要な駅だから。 』っていうコメントが書いてあったんです。 でも!渋谷から押上までは30分かかります。 半蔵門線よりもはるかに駅数の少ない副都心線には急行があり、特に乗り換えのない西早稲田、東新宿、北参道は通過していますよね? なら半蔵門線内でも 特に乗り換えのない青山一丁目、半蔵門、九段下、神保町、水天宮前、清住白河などは通過しちゃダメなのでしょうか? 青山一丁目駅は 乗り降り客が多い駅見たいだからダメそうですけど・・。 神保町は古本屋さんの駅だからダメなんでしょうかね?乗り換えはないけど。 でも九段下とか 半蔵門、三越前とか、清住白河とか、乗り換えもないですし、『通過されちゃ困る必要な駅』って言うほど・・・なのでしょうか? 東西線内でも南砂町~浦安間は快速通過になってるみたいです杯。 このコメントの中の『通過されちゃ困る必要な駅』な理由を教えていただけたら、と思います。 何卒よろしくお願いします。 またまたYou Tubeの投稿動画からです。 youtube. これはそういう路線があるので疑問でも何でもないのですが、 どうしても分からないのはこ... A ベストアンサー 半蔵門線に各停以外の種別がない理由は (1)各停の優等列車の待避設備が無いから。 (2)列車の間隔が空き、1時間に運転可能な本数が減少してしまうから。 (3)通過駅を設けても、所要時間に差がないから。 そもそも急カーブ、急こう配など線形が悪く速度が出ない等)が考えられます。 他線の場合、東西線は葛西駅に待避設備があり、副都心線は東新宿に、都営新宿線は岩本町等に待避設備があるようです。 youtube. これとは別に通過駅について考えてみます。 例として全線に渡って急行運転を行っている都営新宿線の場合を考えてみたいと思います。 都営新宿線(新宿~住吉間とします)の急行の通過駅で、乗り換えがある駅は、新宿三丁目、九段下、小川町、(岩本町)となります。 これらがなぜ通過されているか。 私はこのように基準を作ってみました。 (1)自社線(東京都交通局・都営)の乗換えがある駅は停車 (2)他社線(東京メトロ等)の乗換えがある駅は通過 (3)他社線の乗換駅でも急行の速達性を損なわず(=停車駅が多くなりすぎない)、停車することで利便性を高める駅は通過 としているのだと思います。 これによると、新宿三丁目、九段下、小川町はいずれも東京メトロと(他社線だけ)の乗換えとなっており、停車しなくても構いません。 住吉は例外的ですが、新宿線東側では乗換えできる駅が少なく、利便性を持たせるために停車させているのだと考えることができます。 半蔵門線でもしこれらの基準に沿って、急行を設けるとしたら、 半蔵門、神保町、水天宮前、清澄白河、住吉、錦糸町の5駅で自社線との乗換えがありません。 ただ利用者の利用状況を見極めて、通過させるかの判断は必要かもしれません。 自社線との乗換駅のうち、渋谷~永田町(赤坂見附)間では銀座線と同じ経路なので、青山一丁目(銀座線、都営大江戸線)は通過できそうです。 表参道では千代田線と、永田町では有楽町線や南北線と乗換えがあるので通過はできなさそうです。 半蔵門線に各停以外の種別がない理由は (1)各停の優等列車の待避設備が無いから。 (2)列車の間隔が空き、1時間に運転可能な本数が減少してしまうから。 (3)通過駅を設けても、所要時間に差がないから。 そもそも急カーブ、急こう配など線形が悪く速度が出ない等)が考えられます。 他線の場合、東西線は葛西駅に待避設備があり、副都心線は東新宿に、都営新宿線は岩本町等に待避設備があるようで... A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3? また電車によって所要時間は若干変わって来るので、これは参考ということにしておいて下さい。 A ベストアンサー No. 1です。 行きの事についてもう少し詳細に説明します。 表参道駅の千代田線コンコースは半蔵門線の二層下の階にあります。 ちなみに貴方が乗車される千代田線は表参道では一番線です。 千代田線のホームから階段で一層上がりますと改札口のフロアに付きます。 そこから三番線の半蔵門線に乗ります。 「渋谷、田園都市線方面」と表記されていると思いますので、すぐにお分かりになると思います。 半蔵門線のフロアは改札階の一つ上になります。 表参道の半蔵門線は銀座線と同じホームに停車しますのでお間違えのないようにして下さい。 帰りも同様です。 駒澤大学から、渋谷、押上方面の東急田園都市線に乗車し、表参道で下車します。 ちなみにこの電車は六番線に停車します。 そこから二番線の千代田線、大手町、北千住方面に乗り換えます。 ここからの千代田線も我孫子、柏行き等ありますが、金町なら何に乗車されてもよいかと思います。 がんばって下さいね! Q 青山一丁目駅に通勤することになりました。 そのため現在、引越しを検討しています。 青山一丁目駅には、半蔵門線、銀座線、都営大江戸線が通っていますが、一番通勤ラッシュがマシなのはどの線でしょうか? 過去の質問の中で乗車率の比較を見つけましたところ東京メトロは相当混むようですね。 そしてどの線も結局同じようなものという回答を複数見かけましたが、大江戸線ならまだマシなのでしょうか? ちょうど空くようなポイント(駅)なんかはないのでしょうか? ちなみに私が現在よく利用するのは、西武池袋線(乗車率160%というデータを見ましたが、体感としてはもっと混んでる気がします)と埼京線(なんか色んな意味で最強線…気持ち悪いです)で、どうにかもうちょっとラクに通勤したいと思っております。 大江戸線の始発駅である「光が丘」に住んで、始発を待って座ればいいんでしょうか…。 A ベストアンサー No. 1-3さんのご回答も参考いただきつつ、補足です・・・ ・現在西武線ご利用ということであれば、大江戸線が一番馴染みやすいでしょうか? 光が丘からであれば、次に出る電車(もしくは1本見送れば)には基本的に座れます。 青山一丁目までは30分。 小さくて乗りにくい、という声も勿論ありますが、座っていけるのは非常に便利です。 なお練馬春日町以降は座れません。。。 帰りは時間帯にも寄りますが、新宿で座れるか、練馬まで立ちんぼか、どちらかでしょう。 9時までであれば光が丘のショッピングセンター開いてますし、それを回っても、11時まであいているスーパーなどもあり、買物は苦にならないかと思います。 ただ、駅すぐ近くに単身者マンションなどがないため(光ヶ丘団地のため)、徒歩10分程度で物件を探すことになるかと思います。。。 ・次いで、皆さんお勧めの半蔵門線です。 押上 or 清澄白河発であれば、朝、大江戸線光が丘とほぼ同条件で座れるといってよいでしょう。 清澄からは20分程度、押上からはプラス10分、といったところです。 ただし押上始発は本数が減ります(清澄で半分ぐらい間引きされるため)。 行きも帰りも、その点がストレスになるかもしれません。 夜は座れることもそうでないことも、といった感じでしょうか。 清澄どまり、押上どまりであればどこかで座れるでしょうが、東武線直通はNG、というところです。 清澄の場合、少々困るのは、スーパーが近所にないという点です。 自炊etc. の買物は、まもなく水天宮前にピーコックができますので、そこを利用するということになるでしょうか。 押上は昔からの商店街があってなかなかよい風情です。 ・最後に銀座線ですが、確かに渋谷方面行き、あるところからは空きますが、赤坂見附ぐらいまでは大混雑です。 しかもどの駅でも乗り降りが激しく、一番ストレスたまりやすいでしょう。 (帰りも同様) 逆に渋谷発ですと2駅ですが、今度は渋谷近辺に住まうハードルが高いため、どこか別の線から乗換え、ということになります。 比較的乗り換えやすいのが井の頭線沿線です。 勿論込みますが、1駅の神泉、2駅の駒場東大前あたりであれば、我慢はできる範囲でしょう。 ただこちらも買物はややしづらい環境があります。 下北沢あたりまでいくとまた変わってきますが・・・。 以上、ご参考になれば幸いです。 1-3さんのご回答も参考いただきつつ、補足です・・・ ・現在西武線ご利用ということであれば、大江戸線が一番馴染みやすいでしょうか? 光が丘からであれば、次に出る電車(もしくは1本見送れば)には基本的に座れます。 青山一丁目までは30分。 小さくて乗りにくい、という声も勿論ありますが、座っていけるのは非常に便利です。 なお練馬春日町以降は座れません。。。 帰りは時間帯にも寄りますが、新宿で座れるか、練馬まで立ちんぼか、どちらかでしょう。 9時までであれば光が丘のショッピングセン... A ベストアンサー No3です。 東急田園都市線の混雑率は「関東私鉄でワースト上位」です。 はっきり言ってJRの方がもっと混んでいる路線が有りますね。 「痴漢」で有名な埼京線とか 混雑が酷いので痴漢が出来るという状況か? 快速電車が15両編成になっている常磐快速線とか・・・。 この辺りは乗車率200%超えている筈。 上を見たらキリないですねえ。 たまプラーザでは急行に乗れないと言うことは「ダイヤが大幅に乱れている」時でもないと無いと思います。 当然ですが、発車直前にホームに着て乗れるとは考えないでね。 先発急行の発車直後から次発急行待ちが並んでいますので その点では鷺沼より遙かにましです。 座席が埋まってしまうのは、5時台後半からでラッシュ時間は7時頃~8時頃でしょうかね? 僕は7時半頃の急行で通勤してます 帰宅ラッシュの方が酷い 急行の本数が単純に減るので当然と言えば当然か・・・ 終電近くはかなり酷いので帰宅が遅くなる場合は要注意。 まじめに渋谷駅でドドド!という乗り込む人の音が聞こえます。 もっとも僕は最近立ったまま寝てますけど 笑 なお、渋谷発1:00と1:30に深夜急行バス 関東の元祖 がたまプラーザ駅経由で青葉台駅まで走っています。 No3です。 東急田園都市線の混雑率は「関東私鉄でワースト上位」です。 はっきり言ってJRの方がもっと混んでいる路線が有りますね。 「痴漢」で有名な埼京線とか 混雑が酷いので痴漢が出来るという状況か? 快速電車が15両編成になっている常磐快速線とか・・・。 この辺りは乗車率200%超えている筈。 上を見たらキリないですねえ。 たまプラーザでは急行に乗れないと言うことは「ダイヤが大幅に乱れている」時でもないと無いと思います。 当然ですが、発車直前にホームに着て乗れる... A ベストアンサー まず、東京駅構内図を参照下さい。 jreast. 次ぎに「大手町構内図」です。 tokyometro. ここは東西線のホームの上です。 ここで左折してしばらく進むと階段の下り上りがあり、図の「丸の内線・半蔵門線へ」の通路にきますので右折して下さい。 約200mほど歩くと半蔵門線のホーム(図の薄紫色)の上に到着します。 なお、#1の方も回答しておられるように、この乗り換えは決して便利なものではありません。 目的地を補足くだされば、もっと便利なルートがあるはずですので、それをご案内できるでしょう。

次の

東急田園都市線の路線図

田園 都市 線 急行 停車 駅

はっきり言いますと、現行の急行停車駅から停車駅を減らす事が出来ると思いますか? まず、半蔵門線内ですが、退避設備が無いため通過列車を設定する事はできません。 この時点であなたの構想は実現不能となります。 さらに田園都市線内での現行の急行停車駅を吟味してみます。 まず、乗換駅となっている三軒茶屋・二子玉川・溝の口・あざみ野・長津田は停車駅からは外しがたいでしょう。 二子玉川は通過すると下り線側から大井町線に乗り換えるときに著しく不便になります。 さらに、緩急接続を行っている鷺沼も停車駅カウントしていいでしょう。 さらに、東急の戦略上、たまプラーザ・青葉台と南町田(現行土休日停車)も外せないかと。 両駅とも東急グループ主導で開発した大型商業施設があります。 鉄道会社として、沿線に商業施設を作り、そこに電車でお客さんを運び、買い物をしてもらう、というのはごく自然なやり方です。 ここで、その商業施設の最寄り駅を優等通過駅とするのは戦略上自殺行為に等しく、東急がそんな事をやるほどバカだとは思えません。 さらに、先の方の回答にもありますが、田園都市線は混雑の平準化のため、ラッシュ時の急行を準急に格下げし、二子玉川~渋谷間各駅停車にしました。 そんな中で特急を設定するのはなおさら訳が分からない行為になります。 正直言って「特急を作ったら? 」という発想が出ること自体、私には理解できません。

次の

東急田園都市線の路線図

田園 都市 線 急行 停車 駅

あざみ野に急行が停車するようになったのはつい最近のことです。 地下鉄が出来てあざみ野の駅利用者が増えたためです。 元々はあざみ野は通過してました。 たまプラーザは7万人弱、あざみ野駅は13万人が利用する駅です。 ところが、あざみ野の13万人のうち、半分以上は地下鉄との乗り換え客です。 それに対して、たまプラーザ駅は東急が田園都市開発の威信をかけて作った、一台人造都市の玄関です。 東急は田園都市開発の要として、このたまプラーザ周辺と青葉台の2大拠点を作ったのです。 まさに東急の街なんです。 たまプラーザ駅が開業したのは1966年のこと。 田園都市線に急行の前身である快速が登場したのは、1977年(昭和52年)のことで、当時の東急の沿線ではこの2駅にとめることは当然だったと思います。 なお、あざみ野駅が開業したのも1977年のことで、快速登場のわずか5ヶ月前のことです。 快速停車駅として扱うにはまだ誕生間もない駅で、当時のあざみ野駅は今の状況からはとても信じられないくらい「何もない駅」だったのです。 あざみ野駅の利用客はだんだん増えていきますが、たまプラーザには遥かに及ばずでした。 今でも街としてはたまプラーザの方が大きい街です。 しかし、状況が変わったのが1993年の市営地下鉄あざみ野延伸開業の年です。 この年にあざみ野駅は利用者が2倍に増え、翌年の1994年にはとうとうたまプラーザ駅を抜きました。 ところが、そのうちの半分以上が単なる乗換え客で、逆に田園都市線の混雑を悪化させただけでした。 東急としては思わぬ余波で、急行を止めると大変なことになるとして、急行を止めるわけには行かなくなりました。 そこに、大井町線の複々線化が決定し、グリーンラインの建設も進みそうなことも相まって、将来的には混雑緩和の見込みが立ったことと、横浜市の要請もあって2002年からやっと急行停車駅になったのです。 したがって、停車駅としては新参者ですし、駅としては乗り換え客が多いだけの小駅にすぎません。 30年以上停車している急行停車駅からすると、あざみ野に停車するようになって急行が通過になったら、こんどは東急沿線各地から文句が出ることになります。 いまさら「たまプラーザ」を通過させるわけには行かないのです。 もし東急が3駅停車を嫌ってるなら、今でもあざみ野には急行は止めなかったでしょう。 もしそういったことをするなら、急行とは違う種別を登場させることになると思います。

次の