高良 健吾 映画。 高良健吾が教師役で出演! 池田エライザ初監督『夏、至るころ』

高良健吾おすすめ出演映画5選!個性派イケメン俳優の真骨頂を見よ!

高良 健吾 映画

『アンダー・ユア・ベッド』は、大石圭の同名原作を映画化したサスペンスドラマ。 他人から存在を無視されてきた男が、愛する女性をベッドの下から監視し続ける狂気の愛を描く。 『呪怨 黒い少女』や『リアル鬼ごっこ』シリーズを手がけた安里が監督を務め、高良、西川可奈子、安部賢一、三河悠冴、三宅亮輔がキャストに名を連ねた。 本作で高良が演じた三井直人は、恐ろしく存在感がなく、30年間名前で呼ばれたことがないという異色の人物像。 高良のキャスティングはかなり初期段階で決まっていたそうで、「普通は脚本ができてからキャスティングするのですが、プロデューサーと話し合いをしてこのキャラクターは高良さんがいいのではないかと打診しました」と安里監督。 続けて、安里監督は「『ラストシーンで自分がどんな顔をするんだろう、それが台本を読んで思ったことでした。 だから演じてみたいんです』と最初に高良さんは語っていたんです。 普通の役者さんだと、『最後はどんな顔をすればいいんですか?』と監督に聞いてしまうと思うのですが。 この言葉を聞いて、高良さんにオファーして間違いなかったと思いましたし、会ってすぐに本音でぶつかり合うことができました」と当時を振り返った。 高良は昨年は連続ドラマ『モトカレマニア』(フジテレビ系)にも出演していたが、『アンダー・ユア・ベッド』の三井は真逆とも言っていい役柄。 「実生活にも影響が出ないか心配だった」と語る安里監督に対し、高良は「役に引きずられるのは嫌なんです。 だって、それは作品にはいらないことですから。 でも、演じる以上は少なからず出てしまうので、それを分かった上で演技をコントロールしたいと思っていました。 三井も20代の僕だったら自分自身と常に同化していないといけないと思っていたように思います。 でも、それは作品に対して正しいアプローチになるとは限らない。 経験を重ねて30代の今だったからこそ演じられた役だったと思います」とコメント。 安里監督も現場ではその意識を感じていたそうで、「三井になるときと、そうではないときのスイッチを意識的に入れている感じはしました。 ただ、メイキング映像で振り返ってみると、やはり今日の雰囲気とは全く違う高良さんでした(笑)。 人それぞれの役の向き合い方があると思うので、役に憑依することが悪いことではないと思いますが、いつもいつも憑依することができるわけではない。 僕もいろんなアプローチを試しながら、その都度新しい発見をしています。 それが役者の面白さででもある」と、自身の役作りの方法についても言及。 台詞として目立ち過ぎないようなその役になることができる声ですね」と自身の演技アプローチを明かした。

次の

柄本佑、高良健吾、アフロ(MOROHA)、有村架純ら競演 行定勲監督のリモート映画『a day in the home』Huluで配信へ

高良 健吾 映画

2016年に事務所移籍し、その前後から仕事が減少している女優・井上真央さん(いのうえ・まお 32歳)が、今年完全復活しそうだと週刊誌『週刊新潮』のWeb版『デイリー新潮』が報じており、1歳年下の俳優・高良健吾さん(こうら・けんご 31)との親密な関係についても伝えています。 これに伴い出演していたCMなども終了し、表舞台から姿を消した状態となりましたが、同年末までに俳優・岸部一徳さん代表の事務所で、岸部四郎さん、塩見三省さん、岸本加世子さん等が所属する『アン・ヌフ』へ移籍し、2017年10月期放送の『明日の約束』(フジテレビ系)で主演、昨年6月公開の映画『焼肉ドラゴン、同9月放送のスペシャルドラマ『乱反射』に出演するなどしています。 しかし、今年に入ってからまだ出演作が1本も無く、再び1年近く表舞台から姿を消した状態にあるのですが、『デイリー新潮』によれば、 今年は井上真央さんが復活する年になりそうだといいます。 その理由について関係者は、 「12月に周防正行監督(62)の最新作、『カツベン!』が公開されます。 周防監督といえば『Shall we ダンス?』や『それでもボクはやってない』が高く評価された名監督。 主演は成田凌(25)、ヒロイン役は黒島結菜(22)。 そして井上真央さんは助演という位置づけですが、この作品でかなりの存在感を発揮していると、既に評判なのです」と明かしています。 同関係者はさらに、 「実は井上さんと高良健吾(31)さんの仲がとても親密だと評判になっているんです」と明かしています。 井上真央さんと高良健吾さんは、2011年上半期放送のNHK連続テレビ小説『おひさま』で夫婦役を演じ、その後『花燃ゆ』でも共演し、今年12月公開の『カツベン!』でも再共演しています。 まさかとは思いますけど……」と語っています。 この報道に対してネット上では、• 高良健吾とのほうがお似合い• 松潤と本当に交際してるのかどうか知らないけど、付き合うなら高良健吾の方が良いと思う• 松潤にはもったいないよ、こんな良い子。 2人の交際が事実なら待たせすぎだよ• 花男が好きだったので、このまま結婚してくれたら嬉しかったけど。 真央ちゃんには幸せになってもらいたいなぁ。 まだ付き合ってたとは知らなかった、長いですね。 真央さんに結婚願望があるなら叶えてくれるステキな人がいればいいし、結婚はまだ無理でも松本さんがいいならそれでもいいし、幸せと思うようにすればいい。 応援してます• 松潤が長い間待たせても一途なら良かったけど、別の女性と意味のわからない噂があったし、花男って何年前よ。 周知の二人なのに、結婚してくれないなんて不幸でしょ。 松潤はいい加減ケジメつけてくれないと、大人の女の敵だよ。 映画カツベン公開はとてもたのしみ。 次作映画 舞台もあるの?本当ならものすごくうれしい。 井上真央ちゃんの演技はすばらしいから見れるのが楽しみだな。 早く正式な発表待ってます• 真央ちゃんは演技が上手だしきれいだしもっとドラマや映画で活躍してほしいです。 今年齢的にも一番良いときだと思うので、出ないともったいない。 などのコメントが寄せられています。 井上真央さんの仕事が減少した原因は事務所移籍だけでなく、主演作の大コケも大きな要因と言われており、移籍前に主演した『花燃ゆ』は全話の期間平均視聴率が12. 0%で大河ワーストの『平清盛』と並び、事務所移籍後に主演したドラマ『明日の約束』は高い評価を得ていたものの、実話を基にした暗い内容で、万人受けする作品ではなかったことから視聴率が伸びず、全10話の期間平均視聴率は5. 7%と大コケしていました。 こうしたことも仕事減少の原因として挙げられているのですが、井上真央さんは子役時代から昼ドラマ『キッズ・ウォー』シリーズ(TBS系)などで活躍し、女優としての評価は高いことから、今後の活躍に期待する声が多く上がっていますね。 また、高良健吾さんとの親密関係も大きな注目を集めており、井上真央さんは2005年にドラマ『花より男子』で相手役を務めた嵐・松本潤さん 35 との関係が以前から噂されており、結婚秒読みとも囁かれたことがありましたが、2016年12月に松本さんと人気セクシー女優・葵つかささん 28 との4年にわたる交際がスクープされ、嵐ファン等の間でも物議を醸しました。 なお、『週刊新潮』は2017年10月時点で、井上真央さんと松本潤さんは完全に破局したと報じており、松本さんが結婚を切り出さないために、2年ほど前に一度破局し、その後復縁する可能性はあったものの、葵つかささんとのスキャンダルによって、2人の関係は完全終了したとしていました。 しかし、今回『デイリー新潮』が報じた記事では、2人の関係が継続していることを関係者が証言しているため何とも言えませんが、今後の井上真央さんの活躍と共にプライベートの動向にも引き続き注目したいですね。

次の

高良健吾、有村架純の特集企画の様子も 行定勲監督がディレクター務める映画祭の特別映像が公開(ぴあ)

高良 健吾 映画

2016年に事務所移籍し、その前後から仕事が減少している女優・井上真央さん(いのうえ・まお 32歳)が、今年完全復活しそうだと週刊誌『週刊新潮』のWeb版『デイリー新潮』が報じており、1歳年下の俳優・高良健吾さん(こうら・けんご 31)との親密な関係についても伝えています。 これに伴い出演していたCMなども終了し、表舞台から姿を消した状態となりましたが、同年末までに俳優・岸部一徳さん代表の事務所で、岸部四郎さん、塩見三省さん、岸本加世子さん等が所属する『アン・ヌフ』へ移籍し、2017年10月期放送の『明日の約束』(フジテレビ系)で主演、昨年6月公開の映画『焼肉ドラゴン、同9月放送のスペシャルドラマ『乱反射』に出演するなどしています。 しかし、今年に入ってからまだ出演作が1本も無く、再び1年近く表舞台から姿を消した状態にあるのですが、『デイリー新潮』によれば、 今年は井上真央さんが復活する年になりそうだといいます。 その理由について関係者は、 「12月に周防正行監督(62)の最新作、『カツベン!』が公開されます。 周防監督といえば『Shall we ダンス?』や『それでもボクはやってない』が高く評価された名監督。 主演は成田凌(25)、ヒロイン役は黒島結菜(22)。 そして井上真央さんは助演という位置づけですが、この作品でかなりの存在感を発揮していると、既に評判なのです」と明かしています。 同関係者はさらに、 「実は井上さんと高良健吾(31)さんの仲がとても親密だと評判になっているんです」と明かしています。 井上真央さんと高良健吾さんは、2011年上半期放送のNHK連続テレビ小説『おひさま』で夫婦役を演じ、その後『花燃ゆ』でも共演し、今年12月公開の『カツベン!』でも再共演しています。 まさかとは思いますけど……」と語っています。 この報道に対してネット上では、• 高良健吾とのほうがお似合い• 松潤と本当に交際してるのかどうか知らないけど、付き合うなら高良健吾の方が良いと思う• 松潤にはもったいないよ、こんな良い子。 2人の交際が事実なら待たせすぎだよ• 花男が好きだったので、このまま結婚してくれたら嬉しかったけど。 真央ちゃんには幸せになってもらいたいなぁ。 まだ付き合ってたとは知らなかった、長いですね。 真央さんに結婚願望があるなら叶えてくれるステキな人がいればいいし、結婚はまだ無理でも松本さんがいいならそれでもいいし、幸せと思うようにすればいい。 応援してます• 松潤が長い間待たせても一途なら良かったけど、別の女性と意味のわからない噂があったし、花男って何年前よ。 周知の二人なのに、結婚してくれないなんて不幸でしょ。 松潤はいい加減ケジメつけてくれないと、大人の女の敵だよ。 映画カツベン公開はとてもたのしみ。 次作映画 舞台もあるの?本当ならものすごくうれしい。 井上真央ちゃんの演技はすばらしいから見れるのが楽しみだな。 早く正式な発表待ってます• 真央ちゃんは演技が上手だしきれいだしもっとドラマや映画で活躍してほしいです。 今年齢的にも一番良いときだと思うので、出ないともったいない。 などのコメントが寄せられています。 井上真央さんの仕事が減少した原因は事務所移籍だけでなく、主演作の大コケも大きな要因と言われており、移籍前に主演した『花燃ゆ』は全話の期間平均視聴率が12. 0%で大河ワーストの『平清盛』と並び、事務所移籍後に主演したドラマ『明日の約束』は高い評価を得ていたものの、実話を基にした暗い内容で、万人受けする作品ではなかったことから視聴率が伸びず、全10話の期間平均視聴率は5. 7%と大コケしていました。 こうしたことも仕事減少の原因として挙げられているのですが、井上真央さんは子役時代から昼ドラマ『キッズ・ウォー』シリーズ(TBS系)などで活躍し、女優としての評価は高いことから、今後の活躍に期待する声が多く上がっていますね。 また、高良健吾さんとの親密関係も大きな注目を集めており、井上真央さんは2005年にドラマ『花より男子』で相手役を務めた嵐・松本潤さん 35 との関係が以前から噂されており、結婚秒読みとも囁かれたことがありましたが、2016年12月に松本さんと人気セクシー女優・葵つかささん 28 との4年にわたる交際がスクープされ、嵐ファン等の間でも物議を醸しました。 なお、『週刊新潮』は2017年10月時点で、井上真央さんと松本潤さんは完全に破局したと報じており、松本さんが結婚を切り出さないために、2年ほど前に一度破局し、その後復縁する可能性はあったものの、葵つかささんとのスキャンダルによって、2人の関係は完全終了したとしていました。 しかし、今回『デイリー新潮』が報じた記事では、2人の関係が継続していることを関係者が証言しているため何とも言えませんが、今後の井上真央さんの活躍と共にプライベートの動向にも引き続き注目したいですね。

次の