記憶 に ご ざいません 配信。 記憶にございません/レンタル・動画配信はいつ?無料でフル視聴する方法【映画】

記憶にございません!|無料視聴できる動画配信サービス10社まとめ!

記憶 に ご ざいません 配信

定額レンタル8プランが利用可能• 10,000 タイトル以上の作品が見放題• 新作・旧作も最大級エンタメが楽しめる!• 初回無料登録で 1100 円分のポイントがもらえる• 30 日間無料で映画やドラマ、アニメが見放題 TSUTAYA TVに登録すれば30日間ドラマや映画、アニメが無料で見放題になるのに加えて1100円分のポイントが付いてきます。 「記憶にございません!」は500円分のポイントで視聴可能なので無料ポイントが600円残るのに加え、30日間ドラマや映画、アニメが無料で見放題です。 レンタル作品もポイントを使って無料視聴することができます。 \ あらすじ / 病院のベッドで目が覚めた男。 自分が誰だか、ここがどこだか分からない。 一切の記憶がない。 こっそり病院を抜け出し、ふと見たテレビのニュースに自分が映っていた。 演説中に投石を受け、病院に運ばれている首相。 そう、なんと、自分はこの国の最高権力者だったのだ。 そして石を投げつけられるほどに……すさまじく国民に嫌われている!!! 部下らしき男が迎えにきて、官邸に連れて行かれる。 「あなたは、第百二十七代内閣総理大臣。 国民からは史上最悪のダメ総理と呼ばれています。 総理の記憶喪失はトップシークレット、我々だけの秘密です」 真実を知るのは、秘書官3名のみ。 進めようとしていた政策はもちろん、大臣の顔と名前、国会議事堂の本会議場の場所、 自分の息子の名前すら分からない総理。 記憶にない件でタブロイド紙のフリーライターにゆすられ、 記憶にない愛人にホテルで迫られる。 どうやら妻も不倫をしているようだし、息子は非行に走っている気配。 監督:三谷幸喜• 脚本:三谷幸喜• 音楽:荻野清子 「記憶にございません!」の評判・口コミ \ 面白くてDVD 買った! / 届きました!映画のDVDを買うのは久しぶり。 」が好きなら絶対ハマるおすすめの映画を1ピック! \ イエスマン /.

次の

『記憶にございません!』配信してるサービス|【無料お試し有】

記憶 に ご ざいません 配信

Microsoft はお客様のプライバシーを尊重しています。 このプライバシー ステートメントでは、Microsoft によって処理される個人データの種類、処理方法、使用目的について説明します。 Microsoft が提供する製品は多岐にわたり、世界中の企業の業務を支援するためのサーバー製品、自宅で使用するデバイス、生徒が学校で使用するソフトウェア、開発者が新製品を作成してホスティングするためのサービスなど、さまざまな製品があります。 本ステートメントでは、Microsoft サービス、Web サイト、アプリ、ソフトウェア、サーバー、デバイスなどの Microsoft 製品について言及しています。 本ステートメントに含まれる製品固有の詳細情報には、関連する追加情報が記載されています。 本ステートメントは、Microsoft とユーザーの間で行われるやり取りおよび以下に挙げた Microsoft 製品のほか、本ステートメントが表示される他の Microsoft 製品に適用されます。 概要 Microsoft は、ユーザーとのやり取りの中で、または弊社の製品を経由して、ユーザーからデータを収集します。 このデータには、ユーザーから直接提供されるものと、ユーザーによる弊社製品の操作、使用、エクスペリエンスに関して弊社が収集するものがあります。 収集されるデータは、ユーザーが Microsoft とやり取りを行う際の状況、プライバシー設定などの選択内容、使用する製品や機能によって異なります。 ユーザーに関するデータはサード パーティからも提供されます。 企業や学校など、Microsoft のエンタープライズおよび開発者向け製品をお使いの組織の方は、弊社によるデータ処理方法については、このステートメントの「」をご覧ください。 お客様が、お客様の組織によって提供される Microsoft 製品または Microsoft アカウントのエンド ユーザーである場合、詳細については、 および のセクションをご覧ください。 使用するテクノロジや共有するデータについては、ユーザーが選択できます。 また、弊社から個人データの提供を要求されても、拒否することができます。 多くの弊社製品では、サービスを提供するために個人データが必要となります。 製品や機能をユーザーに提供するために必要なデータが提供されない場合、ユーザーはその製品や機能を使用できません。 同様に、法令によって個人データを収集する必要がある場合や、ユーザーとの契約を締結または遂行する必要がある場合に、ユーザーからデータの提供を受けることができないと、契約を締結することができません。 お使いの既存製品に関連している場合は、ご使用の停止または取り消しが必要になることがあります。 これに該当する場合は、その時点でユーザーに通知されます。 データの提供が任意であり、個人データを共有しないことを選択した場合は、このようなデータを使用する個人用設定などの機能はご利用いただけません。 全文 Microsoft は、サービスの効率化や弊社の製品におけるエクスペリエンスの最適化など、以下で説明するさまざまな目的で、ユーザーとのやり取りまたは弊社の製品を通じてデータを収集します。 収集するデータの一部は、ユーザーから直接弊社に提供されるデータです。 たとえば、Microsoft アカウントを作成する際、組織のライセンス アカウントを管理する際、Bing へ検索クエリを送信する際、Microsoft イベントを登録する際、Cortana に音声コマンドを行う際、文書を OneDrive にアップロードする際、MSDN サブスクリプションを購入する際、Office 365 にサインアップする際、サポートに連絡する際などに、ユーザーからデータが提供されます。 このデータの一部は、ユーザーによる弊社製品の操作、使用、エクスペリエンスおよび弊社とのコミュニケーションに関して弊社が収集します。 弊社によるデータ処理は、ユーザーによる同意、正当な利益の維持、契約の締結および遂行の必要性、法的義務の順守、以下に示す多様な目的など、さまざまな法的理由と許可 "法的根拠" とも呼ばれます に基づいて行われます。 さらに、サード パーティからもデータが提供されます。 サード パーティから取得したデータは、このステートメントに記載されている方針およびデータの取得先で定められている追加制限に従って保護しています。 サード パーティのデータ提供元は変化しますが、以下はその例です。 収集したデータを補完するために Microsoft が購入する人口統計データのデータ ブローカー。 地域のビジネス レビューやパブリック ソーシャル メディアへの投稿などのコンテンツをユーザーが作成して、そのコンテンツを他のユーザーを利用できるようにするサービス。 メール プロバイダーやソーシャル ネットワークなどの通信サービス このようなサード パーティ サービスやネットワークのユーザー データへの弊社によるアクセスがユーザーから許可された場合。 ユーザー デバイスの位置情報確認を支援するサービス プロバイダー。 Microsoft との共同ブランドによるサービス提供や共同マーケティング活動を行っているパートナー。 Microsoft 製品を通じたエクスペリエンス、または Microsoft 製品のエクスペリエンスを制作する開発者。 Cortana に関連したスキルなど、Microsoft 製品を通じてエクスペリエンスを提供するサード パーティ。 政府の公開データベースなど、公的利用が可能なソース。 企業や学校など、Microsoft のエンタープライズおよび開発者向け製品をお使いの組織の方は、弊社によるデータ処理方法については、このステートメントの「」をご覧ください。 お客様が、お客様の組織によって提供される Microsoft 製品または Microsoft アカウントのエンド ユーザーである場合、詳細については、 および のセクションをご覧ください。 使用するテクノロジや共有するデータについては、ユーザーが選択できます。 個人データの提供を要求されても、拒否することができます。 多くの弊社製品では、サービスの実行とユーザーへの提供のために個人データが必要となります。 製品や機能の動作とユーザーへの提供のために必要なデータが提供されない場合、ユーザーはその製品や機能を使用できません。 同様に、法令によって個人データを収集する必要がある場合や、ユーザーとの契約を締結または遂行する必要がある場合に、ユーザーからデータの提供を受けることができないと、契約を締結することができません。 お使いの既存製品に関連している場合は、ご使用の停止または取り消しが必要になることがあります。 これに該当する場合は、その時点でユーザーに通知されます。 データの提供が任意であり、個人データを共有しないことを選択した場合は、そのデータを使用する個人用設定などの機能はご利用いただけません。 収集されるデータは、ユーザーが Microsoft とやり取りを行う際の状況、プライバシー設定などの選択内容、使用する製品や機能、場所、準拠法によって異なります。 収集されるデータには次のようなものが含まれます。 氏名および連絡先データ。 ユーザーの氏名、メール アドレス、住所、電話番号、その他類似の連絡先データ。 認証情報。 認証やアカウント アクセスに使用するパスワード、パスワードのヒント、類似のセキュリティ情報。 人口統計データ。 ユーザーの年齢、性別、国、希望言語などのデータ。 お支払い情報。 ユーザーのお支払い方法の番号 クレジット カード番号など 、お支払い方法に関連するセキュリティ コードなど、お支払いの処理に必要なデータ。 サブスクリプションとライセンス データ。 サブスクリプション、ライセンス、その他の権利に関する情報。 対話式操作。 Microsoft 製品の使用に関するデータ。 検索クエリなどにより、製品を利用するためにユーザーから提供されるデータの場合や、 エラー報告など、弊社が生成するデータの場合があります。 その他の対話式操作データには次のようなものがあります。 デバイスと使用状況に関するデータ。 ハードウェアおよびソフトウェアに関する情報、製品のパフォーマンス、設定など、ユーザーのデバイスやユーザーが使用する製品および機能に関するデータ。 お支払いとアカウントの履歴。 ユーザーが購入するアイテムや、アカウントに関連付けられているアクティビティに関するデータ。 閲覧履歴。 ユーザーが閲覧した Web ページに関するデータ。 デバイス、接続、構成に関するデータ。 デバイス、デバイス構成、近隣のネットワークに関するデータ。 たとえば、ユーザーのデバイスにインストールされているオペレーティング システムやその他のソフトウエアに関するデータ プロダクト キーなど。 さらに、IP アドレス、デバイス識別子 電話の IMEI 番号など 、地域と言語の設定、デバイスの近くにある WLAN アクセス ポイントに関する情報など。 エラー レポートおよびパフォーマンス データ。 製品のパフォーマンスや製品でユーザーが経験する問題に関するデータ エラー レポートなど。 エラー レポート "クラッシュ ダンプ" と呼ばれることもあります には、エラーに関連するソフトウェアまたはハードウェアの詳細、エラー発生時に開かれたファイルの内容、デバイス上にあるその他のソフトウェアに関するデータなどが含まれます。 トラブルシューティングとヘルプのデータ。 使用している製品や、サポートに必要なその他の情報など、Microsoft にヘルプを依頼する際にユーザーが提供するデータ。 たとえば、契約や認証に関するデータ、Microsoft とのチャットやその他の通信の内容、デバイスの状態に関するデータ、使用している製品 ヘルプのお問い合わせに関連して の情報などが含まれます。 ボットの使用状況データ。 Cortana などの Microsoft 製品を通じて利用可能なサード パーティのボットやスキルとの対話。 関心とお気に入り。 ユーザーが応援しているスポーツ チーム、よく使うプログラミング言語、継続的に調べている株、天候や交通状況などを追跡するために追加した都市など、ユーザーの関心やお気に入りに関するデータ。 ユーザーが明示的に提供している情報の他に、関心やお気に入りは、弊社が収集する他のデータから推測または導出されます。 コンテンツの使用に関するデータ。 弊社の製品からユーザーがアクセスするメディア コンテンツ 例: テレビ、ビデオ、音楽、オーディオ、教本、アプリ、ゲーム に関する情報。 検索とコマンド。 検索機能または関連する生産性向上機能を備えた Microsoft 製品を使用する際の検索クエリおよびコマンド。 音声データ。 ユーザーの声による検索クエリやコマンドなどの音声データ。 背景音が含まれることもあります。 テキスト、手描き入力、タイピングのデータ。 テキスト、手描き入力、タイピングのデータと関連情報。 たとえば、手描き入力データを収集する際には、デバイスでの手描き入力用機器の設置に関する情報も収集されます。 画像のメタデータなど、画像および関連情報。 たとえば、Bing 画像対応サービスを使用するときに指定した画像が収集されます。 連絡先と関係。 他の人との情報共有、連絡先の管理、他の人との連絡、生産性向上のための製品をユーザーが使用する場合は、連絡先およびその関係に関するデータ。 ソーシャル データ。 人や組織に関するエンゲージメントの種類 例: 好み、嫌いなこと、イベント など、ユーザーと他の人や組織との間の関係およびやり取りに関する情報。 位置情報データ。 ユーザーのデバイスの位置情報に関するデータ。 精度はさまざまで、正確である場合もそうでない場合もあります。 たとえば、全球測位衛星システム GNSS GPS など による位置情報データや、近くの携帯電話基地局および Wi-Fi スポットに関するデータが収集されます。 位置情報は、デバイスの IP アドレスや、アカウントのプロファイル内に含まれる場所を たとえば都市や郵便番号レベルの低い精度で 示すデータから推測されることもあります。 その他の入力。 弊社製品の使用時に提供された他の入力。 収集されるデータの例として、Xbox Live の使用時は Xbox ワイヤレス コントローラーで押されたボタン、Kinect の使用時はスケルトン トラッキング データ、その他のセンサーが搭載されたデバイスの使用時は該当する 歩数などの センター データなどがあります。 また、ユーザーが自身の判断で Spend を使用する場合は、サービス提供のためにカード発行元から金銭的な取引データが収集されることもあります。 弊社では、お客様が店舗内のイベントに出席する場合、イベントへの登録時またはイベントの最中にお客様が弊社に提供するデータを収集します。 また、お客様が商品のプロモーション応募する場合、応募フォームに入力するデータが弊社により収集されます。 ファイルおよび通信の内容。 ユーザーが入力、アップロード、受信、作成、制御する、ファイルおよび通信の内容。 たとえば、ユーザーが Skype を使用して別の Skype ユーザーにファイルを送信する場合、送信側と相手側のユーザーに表示するために、弊社はそのファイルの内容を収集する必要があります。 ユーザーが Outlook. com を使ってメールを受信する場合、メールを受信箱に入れ、表示し、返信可能な状態にし、ユーザーが削除するまで保管するため、弊社はメール内容を収集する必要があります。 製品の提供時に収集される他のコンテンツには、次のものが含まれます。 音声、動画、テキスト キーボード、手書き、ディクテーション、その他で入力したもの 、メッセージ、メール、通話、会議出席依頼、チャットなどのコミュニケーション。 お客様がクラウド上で保存、取得、その他の処理を行った、写真、画像、楽曲、動画、ソフトウェアなどのメディアやドキュメント。 録画または録音。 フィードバックと評価。 ユーザーが記入したフィードバック、アンケート データ、製品評価など、ユーザーから弊社に提供された情報や送信されたメッセージの内容。 本声明内の、特定の製品のみを取り扱う各セクションでは、その製品の利用に適用される実際のデータ収集内容を説明します。 要約 Microsoft では、収集したデータを使用して、充実した対話型エクスペリエンスをユーザーに提供します。 データの具体的な用途は次のとおりです。 弊社製品の提供。 これには、更新、セキュリティ保護、トラブルシューティング、サポートの提供も含まれます。 ユーザーが要求したサービスの提供または取引の実行が必要な場合は、データの共有も含まれます。 弊社製品の改善と開発。 弊社製品のカスタマイズと推奨。 ユーザーへの広告と販売。 これには、プロモーショナル コミュニケーション、ターゲット広告、ユーザーに関連する製品やサービスの提示が含まれます。 また、弊社の事業遂行にもデータが使用されます。 これには、業績の分析、法的義務の順守、従業員の育成、調査の実施などの用途が含まれます。 そのために弊社では、シームレスで一貫性のあるパーソナル設定されたエクスペリエンスの提供、情報に基づいた業務判断、その他の正当な目的で、さまざまなコンテキスト ユーザーが使用する 2 つの Microsoft 製品など から収集したデータを結合する場合や、サード パーティのデータを入手する場合もあります。 このような目的での個人データの処理には、自動化および手動 人的 による処理方法の両方が含まれます。 自動化されたメソッドは、多くの場合、手動の方法に関連しサポートされています。 たとえば、自動化されたメソッドには人工知能 AI が含まれています。 これは、コンピューターが認識、学習、理由付け、問題の解決方法を決定する際の手助けとなります。 自動化された処理方法 AI を含む の精度を構築、トレーニング、改善するために、自動化された方法で生成された予測と推論の一部を、予測と推論が行われた基になるデータに対して手動で確認します。 たとえば、音声データの小さなサンプリングの短いスニペットを手動で確認し、認識や翻訳などの音声サービスを改善するために匿名化する手順を実行しました。 全文 Microsoft では、収集したデータを使用して、充実した対話型エクスペリエンスをユーザーに提供します。 データの具体的な用途は次のとおりです。 弊社製品の提供。 これには、更新、セキュリティ保護、トラブルシューティング、サポートの提供も含まれます。 ユーザーが要求したサービスの提供または取引の実行が必要な場合は、データの共有も含まれます。 弊社製品の改善と開発。 弊社製品のカスタマイズと推奨。 ユーザーへの広告と販売。 これには、プロモーショナル コミュニケーション、ターゲット広告、ユーザーに関連する製品やサービスの提示が含まれます。 また、弊社の事業遂行にもデータが使用されます。 これには、業績の分析、法的義務の順守、従業員の育成、調査の実施などの用途が含まれます。 そのために、さまざまなコンテキスト ユーザーが使用する 2 つの Microsoft 製品など から収集したデータを結合する場合もあります。 たとえば、Cortana は、ユーザーのカレンダーの情報を使用して、注意喚起メール内に推奨アクション項目を含めることがあります。 また、Microsoft Store は、ユーザーが使用しているアプリやサービスに関する情報を使用して、個々のユーザーに合ったアプリを推奨します。 ただし弊社では、法律で定められている場合に一定の個人データの結合を防止する技術上、手続き上の予防手段を組み込んでいます。 たとえば、法律で定められている場合、ユーザーが認証されていない サインインしていない ときに収集されたデータは、ユーザーを直接的に特定できるアカウント情報 氏名、メール アドレス、電話番号など とは切り離して保存されます。 このような目的での個人データの処理には、自動化および手動 人的 による処理方法の両方が含まれます。 自動化されたメソッドは、多くの場合、手動の方法に関連しサポートされています。 たとえば、自動化されたメソッドには人工知能 AI が含まれています。 これは、コンピューターが認識、学習、理由付け、問題の解決方法を決定する際の手助けとなります。 自動化された処理方法 AI を含む の精度を構築、トレーニング、改善するために、自動化された方法で生成された予測と推論の一部を、予測と推論が行われた基になるデータに対して手動で確認します。 たとえば、音声データの小さなサンプリングの短いスニペットを手動で確認し、認識や翻訳などの音声サービスを改善するために匿名化する手順を実行しました。 Microsoft では、このセクションおよび本ステートメントの「」の記述に基づき、ユーザーが使用する製品の提供、Microsoft の事業の運営、契約上および法律上の義務の遂行、Microsoft のシステムおよびユーザーの安全保護、Microsoft のその他の正当な利益の実現のために必要であれば、ユーザーの同意を得たうえでユーザーの個人データを処理しています。 欧州経済地域から個人データを転送するときは、本ステートメントの「」の記述に従い、さまざまな法的メカニズムに基づいて行います。 個人データの処理には、次のような目的もあります。 弊社製品の提供。 弊社製品の稼働と、充実した対話型エクスペリエンスの提供のためにデータが使用されます。 たとえば、ユーザーが OneDrive を使用している場合にユーザーの指示があれば、ユーザーが取得、削除、編集、転送などの処理を実行できるように、サービスの一環としてユーザーが OneDrive にアップロードしたドキュメントが処理されます。 また、たとえば Bing 検索エンジンに検索クエリを入力した場合には、そのクエリを使用して検索結果が表示されます。 さらに、さまざまな製品、プログラム、アクティビティの機能として通信が組み込まれているため、ユーザーへの連絡時にデータが使用されることがあります。 たとえば、Microsoft では、サブスクリプションの終了が近くなったときに通知したり、ライセンス アカウントに関する説明するために、電話やメールなどの手段でユーザーに連絡することがあります。 さらに、製品の更新プログラムが利用可能になるタイミングを通知するなど、弊社製品の保護を目的としてユーザーに連絡することがあります。 製品の改善。 弊社は、新しい機能や能力の追加を含む、継続的な製品向上のために個人データを使用します。 たとえば、エラー報告の使用によるセキュリティ機能の向上、Bing の検索クエリやクリックの使用による検索結果の関連性の改善や、使用状況データの使用による新機能の優先順位の決定、音声データの使用による音声認識精度の向上などです。 個人用設定。 多くの製品には、ユーザーの生産性や楽しさを拡大する推奨機能など、個人用設定機能が含まれています。 この機能では、ユーザーに関して弊社が保持しているデータ ユーザー、ユーザーによる製品使用およびアクティビティ、ユーザーの興味、ユーザーの場所についての Microsoft による推測など に基づき、自動プロセスによってユーザーの製品エクスペリエンスがカスタマイズされます。 たとえば、設定によっては、Windows デバイスのブラウザーで映画のストリーミングを行うときに、ストリーミング効率の高い Microsoft Store のおすすめアプリを表示することができます。 Microsoft アカウントを使用している場合、ユーザーによる許可があれば、複数のデバイスの設定を同期することもできます。 多くの弊社製品には、個人用設定を行う機能を無効にするコントロールが提供されています。 製品のアクティブ化。 弊社では、ライセンス認証が必要な製品をアクティブ化するために、デバイスとアプリケーションの種類、位置情報に加え、デバイス、アプリケーション、ネットワーク、サブスクリプションの一意の識別子などのデータを使用します。 製品開発。 弊社では、新しい製品の開発のためにデータを使用します。 たとえば、新製品の開発を形成する、コンピューティングおよび生産性向上に関するユーザー ニーズを理解するために、多くの場合は匿名化されたデータが使用されます。 カスタマー サポート。 Microsoft は、製品の問題のトラブルシューティングと診断、ユーザーのデバイスの修理、その他のユーザー ケアやサポート サービスの提供のためにデータを使用します。 この目的には、製品、サービス、トレーニングの提供、品質の向上、セキュリティ保護、またセキュリティ インシデントの調査などが含まれます。 Microsoft がサポート サービスを提供し、セキュリティ インシデントを調査できるように、音声に基づいてユーザーを認証または特定するために通話レコーディングのデータを使用することもできます。 セキュリティ保護とトラブルシューティング。 弊社では、弊社製品のセキュリティ保護とトラブルシューティングのためにデータを使用します。 これには、データの使用による製品とお客様の安全性およびセキュリティ保護、マルウェアおよび悪意のあるアクティビティの検出、パフォーマンスおよび互換性に関する問題のトラブルシューティングによるユーザー エクスペリエンスの向上のほか、弊社製品に関する更新情報をユーザーに通知する用途も含まれます。 セキュリティと安全性の問題を検出するために自動化されたシステムを使用する場合もあります。 安全性。 弊社製品とユーザーの安全性を保護するためにデータが使用されます。 弊社のセキュリティ機能と製品は、悪意のあるソフトウェアの動作を阻止し、悪意のあるソフトウェアがデバイスで発見された場合にユーザーに通知できます。 たとえば、Outlook や OneDrive などの弊社製品では、コンテンツを体系的に自動スキャンし、疑わしいスパム、ウイルス、不正行為を検出したり、詐欺、フィッシング、マルウェアのリンクを示すフラグが付いた URL を特定したりします。 また、通信やコンテンツが契約条項に違反する場合、弊社は通信の送信を阻止するかコンテンツを削除する権限を有するものとします。 更新プログラム。 弊社が収集したデータは、製品の更新プログラムとセキュリティ修正プログラムを開発するために使用されます。 たとえば、ソフトウェア更新プログラムまたはセキュリティ修正プログラムを提供するために、利用可能なメモリなど、デバイスの機能に関する情報を使用することがあります。 更新プログラムと修正プログラムの目的は、弊社製品でのユーザー エクスペリエンスを最大限に向上すること、プライバシーとデータ セキュリティの保護の支援、新機能の提供のほか、デバイスでこのような更新プログラムの処理準備状態を確保することです。 プロモーショナル コミュニケーション。 弊社は、プロモーショナル コミュニケーションを提供するために、収集したデータを使用します。 ユーザーはメール購読への申し込みを行い、また Microsoft からのメール、SMS、郵便、電話によるプロモーショナル コミュニケーションの方法を選択できます。 連絡先データ、メール購読、販売促進通知の管理に関する詳細については、本ステートメントの「」のセクションを参照してください。 関連する製品やサービス。 Microsoft では、弊社製品について関連性が高い、価値ある情報をユーザーに提供するためにデータを使用します。 多様なソースから入手したデータを分析することで、ユーザーに対して最も関連性が高く興味を引く情報を予測し、そのような情報をさまざまな方法で提供します。 たとえば、ユーザーがゲームに関心を持っていると予測した場合は、ユーザーが気に入る可能性の高い新しいゲームについてお知らせします。 Microsoft は、メール、チャット、ビデオ通話でのユーザーの発言内容、文書、写真または個人ファイルをターゲット広告に利用することはありません。 弊社は個人データを使用して、弊社製品やサード パーティのプロパティに広告を表示します。 このようなデータは、弊社とユーザーの間で行われるやり取りや弊社の一部の製品を経由して、またはサード パーティの Web プロパティで収集されます。 ユーザーに関連性の高い内容の広告を表示するために、自動プロセスが使用される場合もあります。 ユーザーに関するデータがどのように広告に使用されるかについては、本ステートメントの「」のセクションを参照してください。 賞品のプロモーションとイベント。 お客様のデータは、Microsoft Stores の実店舗で提供される賞品のプロモーションおよびイベントの実施に使用されます。 たとえば、お客様が賞品のプロモーションに応募すると、当選者の選択や当選したお客様への賞品の贈呈を行う目的にお客様のデータが使用されることがあります。 また、お客様がコーディングのワークショップやゲーム イベントに登録すると、弊社ではお客様の名前を参加予定者の一覧に追加します。 商取引の処理。 ユーザーによる弊社との取引を処理するために、データが使用されます。 たとえば、ユーザーに製品のサブスクリプションを提供するためにお支払い情報を処理し、Microsoft Store から購入された製品を配送するために連絡先情報を使用します。 レポートと事業運営。 業務を分析し、ビジネス インテリジェンスを遂行するためにデータが使用されます。 これにより、情報に基づいた意思決定を行い、業務のパフォーマンスに関するレポートを作成できます。 権利と財産の保護。 不正行為の検出、紛争の解決、契約の施行、財産の保護のためにデータが使用されます。 たとえば、ソフトウェア ライセンスの有効性を確認して不正コピーを減らすためにデータが使用されます。 不正行為など、弊社の権利および他者の権利を侵害する動作を検出および回避するために、自動プロセスを使用することもあります。 法令順守。 法令順守のためにデータが処理されます。 たとえば、お子様のプライバシーを保護する義務を確実に遂行できるように、ユーザーの年齢情報を使用します。 また、ユーザーによるデータ保護の権利の行使を支援するために、連絡先情報と資格情報を処理します。 個人の権利と自由を保護するための適切な技術対策および組織対策を使用して、公益および科学的目的などによる調査を実施するためにデータを使用します。 全文 ユーザーの同意の下、または取引を完了する、またはユーザーが要求した、または認証した製品を提供するのに必要な範囲で、弊社はユーザーの個人情報を共有します。 たとえば、ユーザーから要求があればコンテンツ情報をサード パーティと共有します。 たとえば、友達にメールを送信する場合や OneDrive で写真、文書を共有する場合、またはアカウントを他のサービスとリンクする場合などです。 ユーザーが所属する組織 勤務先や学校など から支給される Microsoft 製品を使用する場合、またはそのような組織から支給されるメール アドレスを使用して Microsoft 製品にアクセスする場合、Microsoft では特定のデータ 対話式操作データや診断データ を共有して組織が製品を管理できるようにします。 ユーザーが購入するための支払情報を提供する際、Microsoft は、不正行為の防止および信用リスクの抑制をするために、支払い手続きや金融サービスを提供している金融機関と支払い情報を共有する場合があります。 さらに、Microsoft 関連会社および子会社間で個人情報を共有します。 また、本ステートメントで明記される目的に従い代理で業務を遂行するベンダーやエージェントと個人情報を共有します。 たとえば、カスタマー サービス サポートの提供や、弊社のシステムおよびサービスの保護の支援を請け負う弊社委託企業は、その業務を遂行するために個人情報へのアクセスが必要となる場合があります。 この場合、それらの企業は弊社の個人情報保護およびセキュリティ要件を遵守しなければなりません。 また、弊社から受け取る個人情報を別の目的で使用することはできません。 また、合併や資産売却などの企業間取引の一環として、個人データを開示することがあります。 最後に、次のいずれかの事項を実行するために必要であると良心に基づいて確信する場合、弊社は、ユーザーのコンテンツ たとえば、Outlook. com のメール内容や OneDrive 上のプライベート フォルダー内のファイルなど を含む個人データにアクセスし、そのような個人データを維持、開示、転送、または保存します。 適用法律を遵守する、または司法機関や他の政府機関などからの正当な法的手続に対応する場合。 顧客を守る場合、たとえば、スパム メールや製品の利用者が詐取されるのを防ぐ、または死亡や重大な傷害を防ぐ場合。 コンピューター システムやネットワークへの攻撃を防ぐまたは停止させることなど、弊社製品のセキュリティを管理し、維持する場合。 サービス使用を統制する条項を執行するなど、Microsoft の権利または財産を保護する場合。 — ただし、他者が弊社のサービスを利用して盗んだ Microsoft の知的もしくは物理的財産を移動させているという情報を受信した場合、弊社はユーザーの個人情報を検査しませんが、司法当局にはそのことについて照会します。 弊社が司法当局やその他の政府当局の要請に応じて開示するデータについて詳しくは、「」を参照してください。 弊社製品の一部には、Microsoft の製品と異なるプライバシー ポリシーを持つサード パーティの製品へのリンクが含まれるか、または他の方法でサード パーティの製品にアクセスできるようにしている場合があることにご注意ください。 これらの製品用に個人データを提供する場合、ユーザーのデータにはそのサード パーティのプライバシー ポリシーが適用されます。 要約 ユーザーは Microsoft によるユーザー データ収集および使用に関して選択を行うことも可能です。 ユーザーは、Microsoft が入手したユーザーの個人データを制御し、Microsoft への連絡または Microsoft から提供されるさまざまなツールを使用することによって、データ保護の権利を行使できます。 場合によっては、お客様によるご自身の個人データへのアクセスや制御が、適用される法令の要求または許可に従って制限されます。 個人データへのアクセス方法および管理方法は、ユーザーが利用する製品によっても異なります。 以下に例を示します。 Microsoft からの興味に基づく広告に個人データを使用するかどうかは、 にアクセスすることで制御できます。 Microsoft から販売促進のメール、SMS メッセージ、電話、および郵便物を受け取るかどうかを選択できます。 自分のデータには、からアクセスし、必要に応じて消去できます。 Microsoft によって処理されるすべての個人データに、上記のツールを使ってアクセスまたは制御できるわけではありません。 上記のツール経由またはご使用の Microsoft 製品から直接利用できない、Microsoft によって処理される個人データにアクセスまたは制御する場合は、「」のセクションに記載されているアドレスまたは を使用して、いつでも Microsoft にお問い合わせいただけます。 では、データ保護の権利を行使するためのユーザー要求に関する集計が提供されています。 全文 ユーザーは Microsoft によるユーザー データ収集および使用に関して選択を行うことも可能です。 ユーザーは、Microsoft が入手したユーザーの個人データを制御し、Microsoft への連絡または Microsoft から提供されるさまざまなツールを使用することによって、データ保護の権利を行使できます。 場合によっては、お客様によるご自身の個人データへのアクセスや制御が、適用される法令の要求または許可に従って制限されます。 個人データへのアクセス方法および管理方法は、ユーザーが利用する製品によっても異なります。 以下に例を示します。 Microsoft からの興味に基づく広告に個人データを使用するかどうかは、 にアクセスすることで制御できます。 Microsoft から販売促進のメール、SMS メッセージ、電話、および郵便物を受け取るかどうかを選択できます。 自分のデータには、からアクセスし、必要に応じて消去できます。 Microsoft によって処理されるすべての個人データに、上記のツールを使ってアクセスまたは制御できるわけではありません。 上記のツール経由またはご使用の Microsoft 製品から直接利用できない、Microsoft によって処理される個人データにアクセスまたは制御する場合は、「」のセクションに記載されているアドレスまたは を使用して、いつでも Microsoft にお問い合わせいただけます。 では、データ保護の権利を行使するためのユーザー要求に関する集計が提供されています。 ユーザーは、以下に説明されている Microsoft 提供のツールを使用するか、Microsoft に連絡することにより、Microsoft が入手したユーザーの個人データにアクセスし、制御できます。 Microsoft がユーザーの個人データを使用することについて同意した場合も、ユーザーはいつでもその同意を取り消すことができます。 ユーザーは、自分の個人データへのアクセス、消去、更新を要求できます。 データを別の場所に移植する場合は、Microsoft から提供されるツールを使用できます。 ツールを使用できない場合は、Microsoft にお問い合わせください。 ユーザーの個人データの Microsoft による使用を拒否または制限することもできます。 たとえば、個人データの使用は、いつでも拒否できます。 直接マーケティングの目的で使用されている場合。 弊社が公益の作業を実行している場合や、弊社またはサード パーティの正当な利益を追求している場合。 この権利は、EU の一般データ保護規制 GDPR などの準拠法で認められている可能性がありますが、弊社では場所に関係なく、ユーザーによるこの権利の行使を認めています。 場合によっては、お客様によるご自身の個人データへのアクセスや制御が、適用される法令の要求または許可に従って制限されます。 勤務先、学校、サービス プロバイダーなどの組織で、Microsoft 製品へのアクセスがユーザーに許可され、ユーザーによる使用が管理されている場合、個人データへのアクセスと制御の方法については、組織の担当者にお問い合わせください。 ユーザーは、Microsoft が入手したユーザーの個人データにアクセスして制御し、Microsoft から提供されるさまざまなツールを使用することによって、データ保護の権利を行使できます。 最も有用なツールは、ユーザーと弊社の関係や、ユーザーによる弊社製品の使用形態によって異なります。 ユーザーが個人データを制御できるように弊社から提供されるツールの一覧を以下に示します。 製品によっては、追加のコントロールが提供されていることがあります。 Microsoft プライバシー ダッシュボード. では、Microsoft アカウントの使用を通じて Microsoft によって処理されるデータを制御できます。 ここでは、Microsoft アカウントに関連付けられている閲覧データ、検索データ、位置情報データの確認や消去などを行うことができます。 Cortana. Cortana がアクセスしたり、 に保存したりする一部のデータを制御することができます。 Microsoft アカウント. ボリューム ライセンス サービス センター VLSC. ボリューム ライセンスのユーザーが契約情報やサブスクリプションおよびライセンスのデータを一元的に管理する場合は、 にアクセスします。 Skype. Skype のチャット履歴と Skype で共有したファイルのエクスポートをご希望の場合は、。 Xbox. Xbox Live または Xbox. com をご利用の場合、Xbox 本体の か、Xbox. com の Web サイトからアクセスすると、課金およびアカウント情報、プライバシーの設定、オンライン セーフティ、データ共有設定などのユーザーの個人データを閲覧または編集することができます。 Microsoft Store. Microsoft Store プロファイルやアカウント情報には、 で [アカウント表示] または [注文履歴] を選ぶことでアクセスできます。 Microsoft. com. microsoft. com でユーザーのプロファイルにアクセスして更新するには、 にアクセスします。 Microsoft Developer Network MSDN の公開プロファイルをお持ちの場合は、 にサインインしてデータにアクセスし、編集することができます。 Microsoft によって処理されるすべての個人データに、上記のツールを使ってアクセスまたは制御できるわけではありません。 上記のツール経由またはご使用の Microsoft 製品から直接利用できない、Microsoft によって処理される個人データにアクセスまたは制御する場合は、「」のセクションに記載されているアドレスまたは を使用して、いつでも Microsoft にお問い合わせいただけます。 ユーザーの個人データの制御に関するご要望には、30 日以内にご対応します。 コミュニケーションの基本設定 メール、SMS、郵便、電話で販売促進についての Microsoft からの通知方法を選択できます。 販売促進メールまたは SMS メッセージを受信していて、今後は受信したくない場合、以下のメッセージにある指示に従ってください。 販売促進メール、電話、郵便物を受け取るかどうかを選択するには、個人用の Microsoft アカウントにサインインし、 を確認してください。 ここでは、連絡先情報の更新、Microsoft 全体での連絡設定の管理、メールの配信停止のほか、連絡先情報を Microsoft パートナーに提供するかどうかの選択を行うことができます。 個人の Microsoft アカウントをお持ちでない場合、Microsoft のメール基本設定は、この から管理できます。 上記の選択は、特定の Microsoft 製品、プログラム、アクティビティの一部である必須サービス コミュニケーションには適用されません。 また、別の購読停止方法を持つ調査やその他の情報コミュニケーションにも適用されません。 広告の選択 Microsoft からの興味に基づく広告の受信を中止するには、 にアクセスしてください。 オプトアウトした場合、その設定は、ご使用の Web ブラウザーに固有の Cookie に保存されます。 オプトアウト Cookie の有効期限は 5 年です。 デバイスから Cookie を削除した場合は、再度オプトアウトする必要があります。 自分のオプトアウトの選択を個人用 Microsoft アカウントとリンクさせることもできます。 そうすると、そのアカウントで使用するすべてのデバイスに適用され、そのデバイスで別の個人用 Microsoft アカウントでサインインするまで適用は続きます。 デバイスから Cookie を削除した場合には、設定を適用するために再度サインインする必要があります。 Microsoft で制御され Windows アプリに表示される広告については、個人用 Microsoft アカウントにリンクしたオプトアウトを使用することも、Windows 設定の広告識別子をオフにすることにより興味に基づく広告をオプトアウトすることもできます。 興味に基づく広告に使用されるデータは、他の必要な目的 製品提供、分析、不正防止を含む に使用されるため、興味に基づく広告をオプトアウトしても、このデータ収集は停止されません。 広告は引き続き表示されますが、ユーザーとの関連性が低くなる可能性があります。 弊社のパートナーのサイト 上記参照 にアクセスして、サード パーティからの興味に基づく広告の受信をオプトアウトすることができます。 ブラウザー ベースの管理 ブラウザーを使用する場合は、特定の機能を使用して個人データを制御できます。 Cookie 管理. 本ステートメントの「」セクションに記載されているブラウザー ベースの Cookie 管理を使用すると、Cookie によって保存されたデータを制御し、Cookie に対する同意を取り消すことができます。 追跡防止. サード パーティのサイトでユーザーに関して収集されるデータは、Internet Explorer バージョン 9 以上 と Microsoft Edge の追跡防止機能を使用して制御できます。 この機能では、ユーザーが追加した追跡防止リストに含まれているサイトで、Cookie を含むサードパーティ コンテンツがブロックされます。 "トラッキング拒否" のためのブラウザー管理 一部のブラウザーは "追跡禁止" DNT 機能を組み込んでいる場合があり、ユーザーが追跡されることを希望されていないという信号を Web サイトに送ります。 DNT 信号をどう解釈するかについてまだ共通理解がないので、Microsoft サービスは、現在ブラウザーの DNT 信号に応答していません。 弊社は他のオンライン業者と連携して、DNT 信号を扱う方法についての共通の理解を定義することに取り組んでいます。 こうした中、ユーザーはデータ収集および使用を管理するための、前述のような Microsoft からの興味に基づく広告の配信をオプトアウトする機能など弊社が提供する他のツールを使用できます。 要約 Cookie とは、ユーザーのデバイスに置かれる小さなテキスト ファイルです。 このファイルにデータが格納され、その Cookie の発行元ドメインの Web サーバーが後で読み取ります。 弊社では、ユーザーの選択や設定の保存、サインインの実行、興味に基づく広告の提供、不正の防止、弊社製品のパフォーマンスの分析、その他の正当な目的のために Cookie および類似のテクノロジを使用します。 Microsoft アプリでは、本ステートメントの「」セクションに記載されている Windows の広告識別子など、追加の識別子を同様の目的で使用します。 また、Cookie の送信に利用したり、使用状況やパフォーマンス データを収集する目的で、"Web ビーコン" が使用されます。 弊社 Web サイトには、サード パーティのサービス プロバイダーの Web ビーコン、Cookie、または類似のテクノロジが含まれる場合があります。 Cookie、Web ビーコン、および類似のテクノロジで収集されるデータを制御するには、さまざまなツールがあります。 たとえば、インターネット ブラウザーのコントロールを使用すると、Cookie を消去またはブロックすることで、閲覧した Web サイトでの Cookie の使用を制限し、同意を撤回することができます。 全文 Cookie とは、ユーザーのデバイスに置かれる小さなテキスト ファイルです。 このファイルにデータが格納され、その Cookie の発行元ドメインの Web サーバーが後で読み取ります。 このデータは、ユーザーのコンピューターを一意に識別する数字と文字から成る文字列で構成されていますが、その他の情報が含まれる場合もあります。 一部の Cookie は、サード パーティによって配置され、弊社に代わって動作しています。 弊社では、ユーザーの選択や設定の保存、サインインの実行、興味に基づく広告の提供、不正の防止、弊社製品のパフォーマンスの分析など、以下で説明する正当な目的のために Cookie および類似のテクノロジを使用します。 Microsoft アプリでは、Windows の広告識別子など、付加的な識別子が同様の目的で使用されます。 弊社の Web サイトやアプリケーションの多くは下記のように Web ビーコンや類似のテクノロジを含んでいます。 Microsoft における Cookie および類似のテクノロジの使用 Microsoft では、コンテキストまたは製品に応じて、以下に示すさまざまな目的のために、Cookie と類似のテクノロジを使用しています。 基本設定と設定の保存. ユーザーのデバイスに基本設定と設定を保存し、エクスペリエンスを強化するために Cookie が使用されます。 たとえば、Microsoft の Web サイトで地域のニュースや天気情報を見るために、お住まいの地域名や郵便番号を入力すると、ユーザーによる設定に従って Cookie 内にその情報が保存され、ユーザーがサイトを再訪問したときに関連の現地情報が表示されます。 Cookie を使用して、優先する言語などの基本設定を保存すると、基本設定を繰り返し指定する必要がなくなります。 ユーザーが興味に基づく広告をオプトアウト 受け取り拒否 した場合、ユーザーのデバイスに配置された Cookie に、オプトアウトの基本設定が保存されます。 サインインおよび認証. Cookie はユーザーの認証に使用されます。 ユーザーが、個人の Microsoft アカウントを使って Web サイトにサインインすると、固有の ID 番号とサインイン時間がユーザーのデバイス上に暗号化した Cookie として保存されます。 この Cookie により、ページごとにサインインすることなく、異なるページへ移動することができます。 同じサイトに戻るたびにサインインしなくて済むように、サインイン情報を保存することもできます。 セキュリティ. 製品をセキュリティで保護し、不正使用や悪用を検出するために役立つ情報を処理するために Cookie が使用されます。 ユーザーが Web サイトに提供する情報の保存. ユーザーから共有された情報を保存するために Cookie が使用されます。 ユーザーから Microsoft に情報が提供されると Microsoft の Web サイト上で製品をショッピング カートに追加するなど 、情報を記憶する目的でデータが Cookie に保存されます。 ソーシャル メディア. 弊社の Web サイトの一部にはソーシャル メディア Cookie が含まれています。 たとえば、ソーシャル メディア サービスにサインインしたユーザーが、そのサービスを使ってコンテンツを共有できるようにする Cookie などがあります。 フィードバック. Microsoft では、Web サイトに関するフィードバックを提供できるようにするための Cookie を使用します。 興味に基づく広告. Microsoft は、ユーザーのオンライン活動に関するデータを収集し、ユーザーにとって関係の深い広告を提供できるように、そして興味を見定めるために Cookie を使います。 本ステートメントの「」のセクションに記載されているとおり、Microsoft から提供される興味に基づく広告は受信を拒否することができます。 広告の表示. Microsoft では、広告をクリックした訪問者の人数を記録するために Cookie を使用します。 また、同じ広告が繰り返し表示されないように、どの広告がユーザーに表示されたかなどの情報を記録する目的にも使用します。 使用状況やパフォーマンス データを収集するために、ファースト パーティおよびサード パーティからの Cookie やその他の識別子が使用されます。 たとえば、弊社は Cookie を使用して Web ページまたはサービスへのアクセス数をカウントしたり、弊社のサイトおよび製品の動作に関する他の統計情報を作成したりします。 パフォーマンス. Microsoft では、弊社製品のパフォーマンスを把握し、改善するために Cookie を使用しています。 たとえば、負荷分散を支援するデータを収集するために Cookie を使用します。 これにより、弊社の Web サイトの稼働状態を維持することができます。 弊社が通常使用する Cookie の例を以下に示します。 このリストはすべてを網羅していませんが、弊社で Cookie を設定する主な目的を示しています。 ユーザーが Microsoft の Web サイトにアクセスすると、そのサイトでは以下の Cookie のすべてまたは一部が設定されます。 MUID、MC1、MSFPC。 Microsoft のサイトを訪問する固有のブラウザーを識別します。 広告、サイトの分析およびその他の運営上の目的に使用されます。 ANON。 ANID ユーザーの Microsoft アカウントに由来する固有の識別子で、ユーザーがどの広告を選好するのか確認する、または運営上の目的で用いられる を含みます。 また、ユーザーが Microsoft アカウントと Microsoft からの興味に基づく広告の表示のオプトアウトを関連付けることを選択した場合、その広告の表示をオプトアウトするというユーザーの選択を保存するためにも使用します。 IP アドレスから判別される国名コードを含んでいます。 PPAuth、MSPAuth、MSNRPSAuth、KievRPSAuth、WLSSC、MSPProf。 Microsoft アカウントによりユーザーがサインインする際に必要な認証の確認に役立ちます。 MC0。 ブラウザーで Cookie が有効になっているかどうかを検出します。 MS0。 特定のセッションを識別します。 NAP。 ユーザーの Microsoft アカウントのプロファイルに基づいてわかる範囲で、ユーザーの国、郵便番号、年齢、性別、言語、職業の暗号化された情報を格納します。 Microsoft が広告主と提携している共同ブランドのサイト上に表示されます。 この Cookie は適切な広告が選択されるよう広告主を特定します。 childinfo、kcdob、kcrelid、kcru、pcfm。 Microsoft アカウントのページに、お子様のアカウントに関連して使用する情報を保存します。 分析の目的で情報を収集するために使用します。 x-ms-gateway-slice。 負荷分散用のゲートウェイを識別します。 TOptOut。 Microsoft から配信される、興味に基づく広告を受信しないというユーザーの決定を記録します。 ユーザーが Microsoft の Web サイトにアクセスしたときに Microsoft が設定する Cookie のほかに、サード パーティが特定の Cookie を設定することがあります。 ユーザーが弊社のサイトを閲覧すると、サイト分析などのサービスを提供するために弊社が契約している会社によって、Cookie が配置されます。 以下のオプトアウト リンクをご覧ください。 ビデオ、ニュース、広告などのコンテンツを Microsoft のサイトに配信している会社は、独自の Cookie を配置します。 これらの会社では、処理対象データが独自のプライバシー ポリシーに従って使用されるため、Web サイト、アプリ、オンライン サービスでユーザー アクティビティに関する情報の収集および結合が可能になることがあります。 Cookie を制御する方法 多くの Web ブラウザーでは Cookie が自動的に受け入れられますが、Cookie をブロックまたは削除するためのコントロールも提供されています。 Microsoft のブラウザーで Cookie を削除する方法について詳しくは、、、または をご覧ください。 別のブラウザーを使用している場合は、ブラウザーの手順を参照してください。 Microsoft 製品の機能の一部は、Cookie に依存しています。 Cookie のブロックを選択した場合は、サインインできず、Cookie に依存する一部の機能が使用できなくなり、Cookie に依存する任意の基本設定が失われます。 Cookie の削除を選択すると、広告の設定など Cookie によって制御されている個人設定が削除されます。 後にそれが必要な場合、再度設定しなければならないのでご注意ください。 Microsoft ブラウザーの追跡防止機能を含む、Cookie に影響する追加のプライバシー管理については、本プライバシー ステートメントの「」セクションをご覧ください。 Web ビーコンと分析サービス Microsoft の一部の Web ページには、Web ビーコンという電子タグが含まれています。 Microsoft は Web ビーコンを使用して、Microsoft の Web サイトに Cookie を送信し、その Web サイトへのアクセス数をカウントして、ブランド提携による製品の提供を行っています。 弊社が送信する電子通信にも、メッセージの開封や開封後の状況を知るための Web ビーコンまたは類似のテクノロジが使用されています。 弊社の Web サイトに Web ビーコンを設置するだけでなく、弊社が他社と協力して、Web ビーコンをその企業の Web サイトや広告に設置する場合もあります。 これにより、たとえば、Microsoft の Web サイトに掲載された広告へのクリックが、広告主の Web サイトでの商品の購入やその他の行動にどの程度つながったかの統計情報を取得できます。 また、これにより、Microsoft 製品またはサービスの使用と関連して Microsoft パートナーの Web サイトでのアクティビティを把握することもできます。 最後に、通常 Microsoft の製品には、サード パーティの分析プロバイダーが提供する Web ビーコンや類似のテクノロジが含まれており、弊社はこれらのテクノロジを使用して販売促進キャンペーンやその他の活動の効果に関する集約的統計情報を収集します。 これらのテクノロジにより、分析プロバイダーは、自身の Cookie や他の識別子をユーザーのデバイスに設定するか読み取り、これを通じて、アプリケーション、Web サイト、その他の製品でのユーザーのオンライン活動に関する情報を収集します。 ただし弊社は、これらの分析プロバイダーが弊社のサイト上で Web ビーコンを使用してユーザーを直接特定できる情報 氏名やメール アドレスなど を収集すること、またはそれらの情報にアクセスすることを禁止しています。 以下のリンクをクリックすると、データ収集または分析プロバイダーの使用をオプトアウトすることができます。 、、、、 Browser アドオンのインストールが必要です 、、、、、または。 その他の類似するテクノロジ 弊社の製品では、通常の Cookie および Web ビーコンだけでなく、他の類似のテクノロジをあわせて使用してコンピューターにデータ ファイルを保存し、それを読み込む場合があります。 通常、特定のファイルをローカルに保存することによって、ユーザーの設定を維持し、速度やパフォーマンスを向上することができます。 ただし、通常の Cookie のようにユーザーのコンピューター固有の識別子を保存する以外に、これらのテクノロジではユーザーの動作も追跡できます。 これらのテクノロジには Local Shared Objects 別名 Flash cookie や Silverlight アプリケーション ストレージなどがあります。 Local Shared Objects 別名 Flash cookie - Adobe Flash テクノロジを使用している Web サイトは、Local Shared Objects 別名 Flash cookie を使ってコンピューターにデータを保存することができます。 Flash Cookie を管理またはブロックする方法については、 にアクセスしてください。 Silverlight アプリケーション ストレージ. Microsoft Silverlight テクノロジを使用する Web サイトやアプリケーションにも、Silverlight アプリケーション ストレージによるデータ保存を可能にする機能があります。 このようなデータのストレージの管理やブロック方法については、本ステートメントの「」セクションを参照してください。 要約 お客様が、お客様が所属する組織により提供されたアカウント 職場や学校のアカウントなど を使用して Microsoft 製品を使用する場合、お客様の組織は次のことを行うことができます。 製品または製品アカウントのプライバシー関連の設定の管理を含む、ユーザーの Microsoft 製品および製品アカウントの管理。 対話式操作データ、診断データ、およびユーザーの Microsoft 製品および製品アカウントに関連付けられている通信やファイルの内容を含む、ユーザーのデータへのアクセスおよび処理。 職場または学校のアカウントにアクセスできなくなると 勤務先の変更など 、その職場または学校のアカウントでサインインしていた製品については、製品およびその製品に関連付けられているコンテンツ 自分で入手したものを含めて にもアクセスできなくなる場合があります。 多くの Microsoft 製品は、学校や企業など、組織での使用を目的としています。 本ステートメントの「」セクションを参照してください。 組織によって Microsoft 製品へのアクセスが提供されている場合、ユーザーによる Microsoft 製品の使用には、組織のポリシー 存在する場合 が適用されます。 データ保護の権利行使に関する依頼など、プライバシーに関する質問がある場合は、組織の管理者にお問い合わせください。 Microsoft 製品のソーシャル機能を使用する場合、ユーザーのアクティビティがネットワーク上の他のユーザーから認識される可能性があります。 ソーシャル機能やその他の機能の詳細については、対象となる Microsoft 製品に固有のドキュメントまたはヘルプ コンテンツを参照してください。 Microsoft は、お客様のプライバシーやセキュリティの慣行 これらは本ステートメントで規定された内容と異なる場合があります について責任を負いません。 ユーザーが所属する組織から支給される Microsoft 製品を使用する場合、Microsoft がその製品と関連してユーザーの個人データを処理する方法には、Microsoft と組織の間の契約が適用されます。 Microsoft は、組織とユーザーに製品を提供するためと、「」セクションに記載されている製品の提供に関連した Microsoft の正当な事業運営のために、個人データを処理しします。 前述のとおり、組織への製品提供と関連して Microsoft による個人データの処理に関するご質問がある場合は、組織にお問い合わせください。 組織への製品提供に関連した Microsoft の正当な事業運営に関するご質問がある場合は、「」セクションの記載に従って Microsoft にお問い合わせください。 Microsoft の正当な事業運営について詳しくは、「」セクションをご覧ください。 幼稚園から高校までの教育機関から提供される Microsoft 製品 Microsoft 365 Education など について、Microsoft での対応内容は以下のとおりです。 認定された教育や学校の目的に必要とされる以上の学生の個人データを収集したり使用したりすることはありません。 学生の個人データを販売またはレンタルすることはありません。 学生への広告の行動ターゲティングなど、広告やそれに類似した商業目的のために学生の個人データを使用したり共有したりすることはありません。 認定された教育や学校の目的をサポートしたり、親、保護者、または適切な年齢の学生によって認定される場合を除き、学生の個人プロファイルを作成することはありません。 教育サービスを提供するために学生の個人データを共有するベンダー 存在する場合 に対して、学生の個人データについてこれらの同様のコミットメントを実施する義務を負うことを要求します。 要約 Microsoft アカウントを使用すると、Microsoft 製品だけでなく、一部の Microsoft パートナー企業の製品にもサインインできます。 Microsoft アカウントに関連付けられている個人データには、資格情報、名前、連絡先データ、お支払いデータ、デバイスと使用状況データ、連絡先、アクティビティ、ユーザーの興味やお気に入りに関する情報が含まれています。 ユーザーが Microsoft アカウントにサインインすると、製品やデバイスを問わず個人用設定と一貫したエクスペリエンスが有効になると共に、クラウド データ ストレージの使用、Microsoft アカウントに保存されているお支払い方法によるお支払い、その他の機能が可能になります。 Microsoft アカウントには、次の 3 種類があります。 ユーザーが個人のメール アドレスに関連付けて独自の Microsoft アカウントを作成した場合、そのアカウントは 個人用 Microsoft アカウントと見なされます。 ユーザーまたは所属する組織 勤務先や学校など によって、その組織からユーザーに提供されるメール アドレスに関連付けて Microsoft アカウントが作成された場合、そのアカウントは 職場または学校アカウントと見なされます。 ユーザーまたはサービス プロバイダー ケーブル テレビやインターネットのサービス プロバイダーなど によって、そのサービス プロバイダーのドメインが含まれるメール アドレスに関連付けて Microsoft アカウントが作成された場合、そのアカウントは サード パーティ アカウントと見なされます。 Microsoft アカウントを使用して、サード パーティから提供されるサービスにサインインすると、そのサービスに必要なアカウント データがサード パーティによって共有されます。 全文 Microsoft アカウントを使用すると、Microsoft 製品だけでなく、一部の Microsoft パートナー企業の製品にもサインインできます。 Microsoft アカウントに関連付けられている個人データには、資格情報、名前、連絡先データ、お支払いデータ、デバイスと使用状況データ、連絡先、アクティビティ、ユーザーの興味やお気に入りに関する情報が含まれています。 ユーザーが Microsoft アカウントにサインインすると、製品やデバイスを問わず個人用設定と一貫したエクスペリエンスが有効になると共に、クラウド データ ストレージの使用、Microsoft アカウントに保存されているお支払い方法によるお支払い、その他の機能が可能になります。 Microsoft アカウントには、次の 3 種類があります。 ユーザーが個人のメール アドレスに関連付けて独自の Microsoft アカウントを作成した場合、そのアカウントは 個人用 Microsoft アカウントと見なされます。 ユーザーまたは所属する組織 勤務先や学校など によって、その組織からユーザーに提供されるメール アドレスに関連付けて Microsoft アカウントが作成された場合、そのアカウントは 職場または学校アカウントと見なされます。 ユーザーまたはサービス プロバイダー ケーブル テレビやインターネットのサービス プロバイダーなど によって、そのサービス プロバイダーのドメインが含まれるメール アドレスに関連付けて Microsoft アカウントが作成された場合、そのアカウントは サード パーティ アカウントと見なされます。 個人用 Microsoft アカウント. 個人用 Microsoft アカウントに関連付けられたデータや、そのデータの使用方法は、アカウントをどのように使用しているかによって異なります。 Microsoft アカウントの作成. ユーザーは、個人用 Microsoft アカウントの作成時に、一定の個人データの提供を求められます。 弊社は固有の ID 番号を割り当てて、ユーザーのアカウントとそれに関連付けられた情報を特定します。 お支払いを伴う一部の製品では本名が必要ですが、その他の製品は、本名を提供せずにサインインして使用できます。 表示名やメール アドレス、電話番号など、ユーザーが提供する一部のデータは、他のユーザーが Microsoft 製品内で検索して連絡するのに役立つ場合があります。 たとえば、ユーザーの表示名やメール アドレス、電話番号を知っている他のユーザーがそれを使用して Skype 上で検索し、交流を求める場合もあります。 ユーザーが職場や学校のメール アドレスを使用して個人の Microsoft アカウントを作成した場合は、雇用主や学校がユーザーのデータにアクセスできることがあります。 場合によっては、コンシューマー向け製品 Xbox Live など へのアクセスを継続するために、メール アドレスを個人用メール アドレスに変更する必要が生じます。 Microsoft アカウントへのサインイン. Microsoft アカウントにサインインすると、サインインの記録が作成されます。 これには、日時、サインインした製品の情報、サインイン名、アカウントに割り振られた固有の番号、デバイスに割り振られた固有の識別子、ユーザーの IP アドレス、オペレーティング システムおよびブラウザーのバージョンなどが含まれます。 Microsoft 製品へのサインイン. ユーザーがアカウントにサインインすると、さらに高度な個人用設定が可能になるため、製品およびデバイス全体にわたってシームレスで一貫したエクスペリエンスが提供されます。 また、クラウド データ ストレージへのアクセスと使用、Microsoft アカウントに保存されているお支払い方法によるお支払い、その他の拡張機能や設定が可能になります。 ユーザーがアカウントにサインインすると、サインアウトするまでその状態が維持されます。 ユーザーが Microsoft アカウントを Windows デバイス Version 8 以上 に追加した場合、ユーザーがそのデバイスで Microsoft アカウントを使う製品にアクセスすると、その製品へのサインインが Windows によって自動的に行われます。 サインインすると、一部の製品は、Microsoft 製品の使用の一部として プロフィールにユーザーが追加している場合 ユーザーの氏名またはユーザー名やプロフィール写真を表示します。 これには、ユーザーのやりとり、ソーシャル交流および公開投稿を含みます。 サード パーティ製品へのサインイン. サード パーティ製品に Microsoft アカウントでログインした場合は、サード パーティのプライバシー ポリシーに従って、ユーザーのデータがサード パーティに共有されます。 そのサード パーティは、アカウントに割り当てられたバージョン番号 サインイン情報の変更の都度、新しいバージョン番号が割り当てられます や、アカウントが無効になっているかどうかを示す情報も受け取ります。 ユーザーがプロファイル データを共有すると、サード パーティは、そのサード パーティ製品にユーザーがサインインした際に、ユーザーの氏名またはユーザー名とプロフィール写真 ユーザーがプロフィールに写真を追加した場合 を表示できます。 サード パーティは、ユーザーのログイン時または商品購入時に受け取ったデータを、独自の方針とポリシーに従って使用または共有することができます。 サインインする各サービスや製品販売元のプライバシー ステートメントをよくお読みになり、その製品で収集された情報がどのように利用されるのかを確認してください。 職場または学校アカウント. 職場または学校のアカウントに関連付けられているデータおよびその使用方法は、個人の Microsoft アカウントに関連付けられているデータの使用および収集と全般的には類似しています。 勤務先や学校から提供されたアカウントが、Azure Active Directory AAD を使用して管理されている場合、ユーザーは職場または学校のアカウントを使用して、Office 365 などのMicrosoft 製品や組織から提供されるサード パーティ製品にサインインできます。 会社や学校などから求められる場合、ユーザーは、追加のセキュリティ確認のために、電話番号や別のメール アドレスを提供するよう求められる場合があります。 組織によって許可されている場合は、自分で入手した Microsoft 製品またはサード パーティ製品に、職場や学校のアカウントを使用してサインインできます。 職場または学校のアカウントを使用して Microsoft 製品にサインインする場合は、次の点に注意してください。 ユーザーのメール アドレスに関連付けられているドメインの所有者がそのアカウントを制御して、コミュニケーションやファイルの内容などのユーザー データにアクセスし処理する可能性があります。 これには、組織からユーザーに提供される製品および自分で入手した製品に保存されているデータが含まれます。 製品の使用には、組織のポリシー 存在する場合 が適用されます。 自分で入手した製品へのサインインに職場または学校のアカウントを使用することを決める前に、組織のポリシーを確認し、自分のデータへのアクセスを組織に許可してもかまわないか検討する必要があります。 職場または学校のアカウントにアクセスできなくなると 勤務先の変更など 、その職場または学校のアカウントでサインインしていた製品については、製品およびその製品に関連付けられているコンテンツ 自分で入手したものを含めて にもアクセスできなくなる場合があります。 ユーザーが所属する組織のプライバシーやセキュリティ プラクティスは Microsoft のものとは異なる場合があり、Microsoft はこれらに責任を負いません。 ユーザーの組織がユーザーによる Microsoft 製品の使用を管理している場合、データ主体の権利行使に関する依頼など、プライバシーに関する質問がある場合は、組織の管理者にお問い合わせください。 このプライバシー ステートメントの「」セクションもご覧ください。 お使いのアカウントが職場アカウントまたは学校アカウントかどうかが不明な場合は、組織にお問い合わせください。 サード パーティ アカウント. サード パーティの Microsoft アカウントに関連付けられているデータおよびその使用方法は、個人の Microsoft アカウントに関連付けられているデータの使用および収集と全般的には類似しています。 サービス プロバイダーがユーザーのアカウントを制御しており、アカウントに対するアクセスや削除などの操作を行うことができます。 ユーザーはサード パーティから提供された契約条件を慎重に検討し、ユーザーのアカウントに対してサード パーティから実行可能な操作について、理解しておく必要があります。 要約 Microsoft は個人情報の安全性の確保に努めています。 Microsoft はさまざまなセキュリティ技術と手法を用いて、ユーザーの個人情報を不正なアクセス、利用または開示から保護しています。 たとえば、ユーザーから収集した個人情報は、管理された施設の限られた人のみがアクセスできるコンピューターに保存されています。 Microsoft では、機密性の高い情報 クレジット カード番号やパスワードなど をインターネットで送信するときは、暗号を使用してこれを保護しています。 Microsoft は、データ保護に関する準拠法に従います。 これには、セキュリティ違反通知に関する準拠法が含まれます。 要約 Microsoft で収集された個人データは、お住まいの地域か米国、または Microsoft、その関連会社、子会社、またはサービス プロバイダーの施設が稼働している他の国において保存および処理される可能性があります。 Microsoft は、オーストラリア、オーストリア、ブラジル、カナダ、フィンランド、フランス、ドイツ、香港特別行政区、インド、アイルランド、日本、韓国、ルクセンブルク、マレーシア、オランダ、シンガポール、南アフリカ、英国、および米国に主要なデータ センターを置いています。 通常、主要なストレージ場所はユーザーの地域または米国内とします 多くの場合、データ センターのバックアップを他の地域内に置きます。 ストレージ場所は、業務効率やパフォーマンスの向上のほか、サービス停止またはその他の問題の発生時にデータを保護するための冗長性確保を実現できるように選択されます。 弊社は本ステートメントに基づいて収集するデータが、本ステートメントの規定およびデータの所在地で適用される法律の要件に従って処理されていることを保証するために必要な対策を講じています。 弊社では、欧州経済地域、イギリス、およびスイスから他の国へ個人データを転送しますが、その中には、データ保護のレベルが適正であると欧州委員会で認められていない国もあります。 たとえば、そのような国の法律では同じ権利が保障されていない場合や、苦情を処理できるようなプライバシー監督機関が存在しない場合があります。 弊社では、このような転送を行う場合、ユーザーの権利や保護が該当データに適用されるように、契約などの多様な法的メカニズムを採用しています。 Microsoft が個人データの処理を行う国における個人データ保護の妥当性に関する欧州委員会の決定について詳しくは、 の記事をご覧ください。 Microsoft Corporation は、欧州連合、イギリス、およびスイスから米国へ転送される個人データの収集、使用、および保持に関して米国商務省が規定する、EU - 米国間プライバシー シールド フレームワークおよびスイス - 米国間プライバシー シールド フレームワークに従います。 Microsoft Corporation は、プライバシー シールド原則の順守を証する証明書を米国商務省から交付されています。 サード パーティ エージェントが弊社に代わって個人データを処理する際に、いずれかのプライバシー シールド フレームワークの原則に従わなかった場合、損害を引き起こした事象に関して弊社に一切の責任がないことを弊社が証明した場合を除き、弊社が責任を負うものとします。 自己証明申請において特定されている Microsoft Corporation の米国の関連会社も、プライバシー シールド原則に従います。 詳しくは、 の一覧をご覧ください。 このプライバシー ポリシーの条項とプライバシー シールド原則との間に矛盾がある場合は、プライバシー シールド原則が優先します。 プライバシー シールド プログラムの詳細および証明書については、 を参照してください。 Microsoft で直接解決できないプライバシー シールド フレームワークに関する苦情については、関連する EU データ保護機関、EU の個人に関する紛争を解決するためのヨーロッパのデータ保護機関によって設立された委員会、スイスの個人に関する紛争を解決するためのスイス連邦データ保護情報委員会 FDPIC と協力して紛争の解決にあたります。 データ保護機関の連絡先については、弊社にお問い合わせください。 プライバシー シールドの原則で詳しく説明されているように、他の方法で解決できない苦情に関しては、拘束力のある仲裁という手段も用意されています。 Microsoft は、米国連邦取引委員会 FTC の調査権および執行権の対象です。 要約 Microsoft は、製品を提供し、ユーザーの要求した取引を遂行するために、また法的責任を遵守、紛争の解決、契約の遂行など正当な目的を遂行するために必要な期間、個人データを保管します。 このような必要性は、データの種類、ユーザーと弊社での取り決め、または各製品の使用形態によって異なるため、実際の保管期間も大きく異なることがあります。 保管期間を決定するためのその他の条件には、次のようなものがあります。 ユーザーがデータを提供、作成、管理する際に、そのデータをユーザーが意図的に削除するまで Microsoft 側で保管していることが求められるか。 これには、OneDrive に保存された文書、Outlook. com の受信トレイに保存されたメール メッセージなどが含まれます。 このような場合は、データをユーザーが積極的に メールを Outlook. com 受信トレイから削除済みアイテム フォルダーに移動してからそのフォルダーを空にするなどの方法で 削除するまで、Microsoft 側での保存を目指します。 ユーザーが削除済みアイテム フォルダーを空にした場合、そのフォルダーにあったアイテムは、最終的に削除されるまでに最大 30 日間、Microsoft のシステムに残ります アカウントに保管できるデータ量を超過した場合など、他の理由で、これより早くデータの削除が必要になることもあります。 Microsoft プライバシー ダッシュ ボードなど、ユーザーがいつでも個人データにアクセスして削除できるような、自動化されたコントロールが存在するか。 このようなコントロールがない場合は通常、短い保存期間が適用されます。 個人データが機密情報かどうか。 個人データが機密情報の場合は通常、短い保存期間が適用されます。 特定の種類のデータに対し、Microsoft が特定の保管期間を適用および発表しているか。 たとえば、Bing 検索クエリの場合は、保存されている検索クエリが匿名化されます。 そのために、IP アドレスは 6 か月後に、特定のアカウントまたはデバイスの特定に使用される Cookie および他のセッション間識別子は 18 か月後に完全に削除されます。 ユーザーが長期間保存に同意しているか。 その場合は、同意内容に従ってデータが保存されます。 Microsoft に、データを保管または削除する法的または契約上、またはこれに類似した義務があるか。 たとえば、該当する司法管轄区で強制力のあるデータ保存に関する法律、調査に関連するデータの保管に関する行政命令、訴訟目的で保存されているデータなどを考慮する必要があります。 反対に、違法なコンテンツの削除が法律によって求められた場合は、その処理を行います。 要約 カリフォルニア在住のユーザーについては、カリフォルニア州消費者プライバシー法 CCPA: California Consumer Privacy Act に従って個人データが処理されます。 プライバシー ステートメント内のこの CCPA セクションには、CCPA が必要とする情報が含まれており、プライバシー ステートメントが補足されています。 Microsoft では個人情報を販売しません。 このため、個人データの販売をオプトアウトするための機能は提供されていません。 ユーザーには、 i Microsoft がどのデータを収集、使用、開示、販売しているかという情報の開示と、 ii 個人データの削除を要求する権利があります。 このような要求は、自分で行うことも、委任代理人を通じて行うこともできます。 お客様が認定エージェントを利用する場合、CCPA の権利を行使する方法に関する をエージェントに提供します。 Microsoft アカウントをお持ちの場合、権利を行使するには、 を使用する必要があります Microsoft アカウントへのログインが必要です。 ダッシュボードの使用後に、追加の要求やご質問がある場合は、「」セクションに記載されているアドレスまたは を使用して、Microsoft にお問い合わせください。 アカウントをお持ちでない場合も、権利を行使するには、上記の方法でお問い合わせください。 要求にお応えする前に、確認のためにお住まいの国、メール アドレス、電話番号などの追加情報をお尋ねする場合もあります。 CCPA の権利を行使する場合、差別待遇を受けない権利があります。 CCPA 権限を行使したユーザーを Microsoft が差別することはありません。 個人情報の処理. 以下の箇条書きリストでは、Microsoft が収集する個人情報のカテゴリ、個人データのソース、処理の目的、および個人データの共有を受ける第三者のカテゴリを示します。 各カテゴリに含まれるデータの説明については、「」セクションをご覧ください。 個人データのカテゴリ• 氏名および連絡先データ• 個人データのソース: Microsoft が共同ブランドによるサービスを提供するユーザーおよびパートナーとの対話• 受信者: サービス プロバイダーおよびユーザー指定のエンティティ• 資格情報• 個人データのソース: ユーザーおよびユーザーが所属する組織との対話• 受信者: サービス プロバイダーおよびユーザー指定のエンティティ• 人口統計データ• 個人データのソース: ユーザーとの対話およびデータ ブローカーからの購入• 受信者: サービス プロバイダーおよびユーザー指定のエンティティ• お支払い情報• 個人データのソース: ユーザーおよび金融機関との対話• 受信者: サービス プロバイダーおよびユーザー指定のエンティティ• サブスクリプションとライセンス データ• 個人データのソース: ユーザーおよびユーザーが所属する組織との対話• 受信者: サービス プロバイダーおよびユーザー指定のエンティティ• 対話操作• 個人データのソース: ユーザーとの対話 そのような対話から Microsoft が生成するデータを含む• 受信者: サービス プロバイダーおよびユーザー指定のエンティティ• コンテンツ• 個人データのソース: ユーザーおよびユーザーが所属する組織との対話• 受信者: サービス プロバイダーおよびユーザー指定のエンティティ• 録画または録音• 個人データのソース: ユーザーとの対話および一般公開されているソース• 受信者: サービス プロバイダーおよびユーザー指定のエンティティ• フィードバックと評価• 個人データのソース: ユーザーとの対話• 受信者: サービス プロバイダーおよびユーザー指定のエンティティ 上に示した箇条書きリストでは、個人データの各カテゴリの主要ソースと処理目的を示しましたが、Microsoft 製品用または Microsoft 製品を通じたエクスペリエンスの開発元など、「」セクションに記載されているソースからも個人データが収集されます。 同様に、法的義務の順守、従業員の育成、調査の実施など、「」セクションに記載されている目的でもすべてのカテゴリの個人データが処理されます。 業務または商業目的での個人データの開示. 「」セクションに示されているように、弊社では、さまざまな業務または商業目的で個人データを第三者と共有します。 個人データを共有する主な業務上の目的および商業目的は、上の表に記載されている処理目的です。 ただし、「」セクションに記載されている業務上の目的および商業目的で、すべてのカテゴリの個人データを第三者と共有します。 要約 広告は、製品の提供、サポート、改善に役立ちます。 Microsoft は、メール、チャット、ビデオ通話でのユーザーの発言内容、文書、写真または個人ファイルをターゲット広告に利用することはありません。 弊社製品内およびサード パーティのプロパティ内の広告用には他のデータが使用されます。 以下に詳細を示します。 Microsoft は、、MSN、Bing などの Microsoft Web プロパティに表示される広告の一部を選択して配信するために、収集したデータを使用することがあります。 Windows 10 のプライバシー設定の一部として広告識別子が有効になっている場合、サード パーティは、アプリ内に表示される広告を選択して配信するために、広告識別子にアクセスして使用することができます。 これは、Web サイトが cookie に保存された一意の識別子にアクセスして使用するのとほぼ同じしくみです。 弊社では、収集したデータを Verizon Media、AppNexus、Facebook などのパートナー 以下を参照してください と共有することがあります。 これにより、ユーザーにとって有用で関連性の高い広告が、弊社の製品やこれらのパートナーの製品に表示されます。 広告主は、Microsoft が広告主のサイトでアクティビティ、購入、アクセスなどの情報を収集できるように、自社のサイト上に Web ビーコンを配置するか、類似のテクノロジを使用することを選択できます。 弊社は、広告主に代わってこのデータを広告の提供に使用します。 表示される広告は、個人情報を処理したデータに基づいて選択される場合があり、ユーザーの興味とお気に入り、位置情報、トランザクション、弊社製品の使用方法、検索クエリ、表示したコンテンツなどが使用されます。 たとえば、MSN で自動車に関するコンテンツを表示すると、車に関する広告が表示される場合があります。 Bing で "シアトルにあるピザ屋" を検索すると、シアトルにあるレストランの広告が検索結果に表示される場合があります。 さらに、ユーザーについて長い期間にわたって学習した、他の情報に基づいて選択される広告が表示されることもあります。 その学習情報には、人口統計データ、位置情報データ、検索クエリ、興味とお気に入り、弊社の製品とサイトの使用状況データ、および弊社の広告主やパートナーのサイトとアプリから収集したユーザーに関する情報が利用されます。 本ステートメントでは、これらの広告を "パーソナライズド広告" と呼びます。 たとえば、 でゲーム コンテンツにアクセスした場合、MSN でゲームのオファーが表示される可能性があります。 パーソナライズド広告を提供するために、弊社では、ブラウザーが弊社の Web サイトと対話したときに、収集した情報 IP アドレスなど を利用してデバイスに配置されている複数の Cookie をまとめます。 パーソナライズド広告を受け取らないように設定した場合、これらの Cookie に関連付けられたデータは使用されません。 ユーザーが Microsoft サービスを使用する場合に、Microsoft でユーザーに関する情報を使用してパーソナライズド広告を提供することがあります。 Microsoft アカウントを使用してログインしており、Microsoft Edge がパーソナライズド広告用にオンライン活動を使用できるように同意した場合は、Microsoft Edge の使用中にオンライン活動に基づいて製品とサービスの提供内容が表示されます。 Microsoft Edge、またはサード パーティの Web サイトやアプリにアクセスした場合など、ブラウザー間でのオンライン活動に関して Microsoft アカウントのプライバシーや広告設定を構成するには、 のダッシュボードにアクセスしてください。 広告に関連した弊社の個人データ利用の詳細については、以下をご覧ください。 広告業界におけるベスト プラクティスとコミットメント. Microsoft は、 NAI の会員であり、NAI の行動規範を遵守します。 弊社はまた、次の自主規制プログラムにも従います。 米国:• ヨーロッパ:• 健康関連広告ターゲッティング. また、弊社は広告主の依頼に応じて、カスタマイズされた健康関連の興味のカテゴリに基づき、広告をカスタマイズします。 お子様と広告. Microsoft アカウントで 16 歳以下の年齢であることが確認できるお子様に対しては、パーソナライズド広告は配信しません。 データ保持期間. 弊社は、パーソナライズド広告について最長 13 か月間個人情報を保管します。 ただし、ユーザーがそれよりも長い期間個人情報を保管することに同意した場合は、この限りではありません。 データ共有. 弊社は、広告主のサイトや広告で弊社が収集した個人情報に関するレポートを、広告主と共有する場合があります。 他の広告会社が収集した情報. 広告主は、弊社が表示するその広告中に広告主の Web ビーコン または、その広告主の他の広告パートナーのもの を含め、自らの Cookie の設定と読み込みを行う場合があります。 さらに、Microsoft は広告サービス提供を強化するためにサード パーティの広告会社と提携し、また、そのようなサード パーティが弊社サイトに広告を表示するのを許可します。 これらのサード パーティは、ユーザーのコンピューターに Cookie を置くことがあり、また、Web サイトまたはオンライン サービス全体でユーザーのオンライン活動に関する情報を収集することがあります。 現在、このような企業の例として、、、、、、 などが挙げられます。 各企業の個人データに対する取り扱いや選択肢に関する詳細な情報については、前述のリンクのいずれかを選択してください。 これらの企業のうちの多くは、 または のメンバーでもあります。 どちらの組織も、参加企業のターゲティング広告をオプトアウト 中止 するための簡単な方法を紹介しています。 要約 Microsoft 製品で年齢情報を収集する場合に、その製品を使用するために保護者の同意または承認を必要とする年齢の範囲がお住まいの法域で定められていれば、Microsoft 製品では、その年齢に該当するユーザーをブロックするか、製品を使用する前に保護者による同意または承認を提示するよう求めます。 弊社が該当年齢のお子様に対し、製品を提供するために必要以上のデータを要求することはありません。 保護者による同意または承認が得られた後は、お子様のアカウントは他のアカウントと同様に扱われます。 その場合、お子様は Outlook や Skype などの通信サービスにアクセスし、すべての年齢の他のユーザーと自由に通信し、データを共有できます。 保護者は同意の変更や取り消しを行うことができます。 また、同意または承認を提示したお子様の個人データを確認および編集し、削除を要求できます。 たとえば保護者は、お子様の個人用 にアクセスして [許可] を選択できます。 要約 Microsoft では、プレビュー、インサイダー、ベータなど無料の製品および機能 以下、"プレビュー" を提供しています。 ユーザーはこれらを評価して、製品使用に関するデータ フィードバックや、デバイスまたは使用状況に関するデータなど を Microsoft に提供できます。 結果として、プレビューは一般の製品よりも多くのデータを自動的に収集し、管理機能に劣るなど、一般的な弊社製品とは異なるプライバシーとセキュリティ対策が採用されている可能性があります。 プレビューに参加される場合は、お客様のフィードバックまたは一般リリース後も製品の継続使用を希望するかどうかについて、当社よりご連絡する場合があります。 要約 このプライバシー ステートメントは、以下の要素を鑑みて、透明性を高めるために必要に応じて更新されます。 ユーザー、監督機関、業界、その他の関係者からのフィードバック。 弊社製品に対する変更。 弊社のデータ処理アクティビティまたはポリシーに対する変更 弊社が本ステートメントの改訂版を掲載する際は、ステートメントの冒頭にある "最終更新日" を更新し、変更内容を「」のページに記載します。 個人データの処理目的に対する変更など、データ収集の元の目的と矛盾するような重要な変更を本ステートメントに加える場合には、このような変更を実施する前に、変更点をお客様の目に触れやすい形式で掲載するか、お客様に直接、通知を送信します。 Microsoft がお客様の情報をどのように保護しているかを確認していただくためにも、本プライバシー ステートメントを定期的に確認することをお勧めします。 要約 プライバシーに関する懸念、苦情、または Microsoft の最高プライバシー責任者または EU データ保護担当者への質問がある場合は、当社の を使用してご連絡ください。 30 日以内にご質問または疑問にお答えします。 ユーザーは、データ保護の監督機関または法域内のその他の関係当局に対し、問題提起または苦情申し立てを行うことができます。 Microsoft が管理元である場合、別途規定されている場合を除き、本ステートメントの対象である製品を通じて弊社が収集する個人データの管理元は、Microsoft Corporation と 欧州経済地域、イギリス、およびスイスを対象として Microsoft Ireland Operations Limited です。 弊社所在地は次のとおりです。 お住まいの国、地域の Microsoft 子会社については、 の一覧を参照してください。 フランスの準拠法が適用される地域のユーザーは、死亡後の個人データの使用に関する具体的な指示を で Microsoft に送信することができます。 技術またはサポートに関するご質問は、 にアクセスして、Microsoft のサポート サービスの詳細を参照してください。 個人用 Microsoft アカウントのパスワードに関して不明点がある場合は、 にアクセスしてください。 要約 エンタープライズおよび開発者向け製品とは、主に組織や開発者による使用を目的として提供および設計される、Microsoft 製品および関連ソフトウェアです。 次のものが含まれます。 OST でオンライン サービスとして言及されているクラウド サービス。 Office 365、Microsoft Azure、Microsoft Dynamics365、Microsoft Intune などが含まれます。 これらについては、組織 弊社のお客様 と Microsoft との間で、サービス 以下、"エンタープライズ オンライン サービス" に関する契約が締結されます。 その他のエンタープライズおよび開発者向けクラウド ベースのサービス PlayFab サービスや Cortana Skills Kit のようなツールなど。 Windows Server、SQL Server、Visual Studio、System Center、Azure Stack、オープン ソース ソフトウェア 例: Bot Framework ソリューション などの、サーバー、開発者向け、およびハイブリッド クラウド製品 以下、"エンタープライズおよび開発者向けソフトウェア"。 StorSimple など、ストレージ インフラストラクチャで使用されるアプライアンスとハードウェア 以下、"エンタープライズ アプライアンス"。 オンボーディング サービス、データ移行サービス、データ サイエンス サービス、エンタープライズ オンライン サービスの既存のサービスを補完するサービスなど、エンタープライズ オンライン サービスで利用可能な、OST で言及されている専門サービス。 エンタープライズおよび開発者向け製品において、Microsoft のプライバシーに関する本ステートメントと、お客様と Microsoft の契約条件の間に不一致が生じた場合は、お客様と Microsoft の契約条件が優先します。 お客様のプライバシーとお客様のエンド ユーザーのプライバシーに影響を与える選択肢を含む、弊社のエンタープライズおよび開発者向け製品の機能と設定の詳細については、製品のドキュメントも参照してください。 以下のご契約条件に、本ステートメントまたは で定義されていない内容がある場合には、以下の定義が適用されます。 お客様がエンタープライズおよび開発者向け製品を試用、購入、利用、サブスクライブする場合、またはそのような製品のサポートまたは専門サービスを受ける場合、Microsoft はお客様からデータを受信し、データの収集および生成を行います。 これらの個人データは、サービスの提供 サービスの改善、保護、更新を含む 、弊社の正当な事業運営の遂行、お客様との通信に使用されます。 お客様が Microsoft の営業担当者にご相談になる場合、弊社はそのご相談の基礎情報として、お客様の氏名、連絡先データ、お客様の組織に関する情報を収集します。 お客様から Microsoft のサポート担当者へのご連絡の際に、弊社は問題を診断および解決するために、デバイスと利用状況のデータやエラー報告を収集します。 お客様が製品代金を支払う際、弊社は支払いを処理するために、連絡先データとお支払いデータを収集します。 お客様に Microsoft がお知らせを送信する場合、弊社はお知らせの内容をお客様に合わせてカスタマイズするためにデータを利用します。 お客様が専門サービスに関して Microsoft とやり取りするとき、弊社はお客様が指定する連絡窓口の名前とデータを収集し、お客様がリクエストしたサービスを提供する目的でお客様によって提供された情報を使用します。 エンタープライズおよび開発者向け製品を使用すると、プライバシーの慣行が異なる Microsoft またはサード パーティの他の製品やオンライン サービスを購入、サブスクライブ、使用することができます。 これらの他の製品およびオンライン サービスには、それぞれのプライバシー ステートメントとポリシーが適用されます。 要約 Microsoft は、エンタープライズ オンライン サービスを提供するため、Microsoft uses ユーザーから提供されるデータ 顧客データ、個人データ、管理者データ、支払データ、サポート データを含む と、エンタープライズ オンライン サービスの使用に関連して Microsoft が収集および生成するデータを使用します。 データの処理方法については、 および をご覧ください。 個人データ。 個人データの管理元はお客様であり、このようなデータを処理するのが Microsoft です。 ただし、 a お客様が個人データを処理し、Microsoft が二次処理を行う場合、 b Microsoft が正当な事業運営のために個人データを処理する場合 この場合は Microsoft が管理元になります 、または c に記載されている場合は例外です。 Microsoft が個人データの管理元になるのは、サービスの提供に関連して、正当な事業運営のために個人データを処理する場合です。 その内容には、請求書の準備と送付、アカウントの管理、補償、財務報告、ビジネス プランニングと製品戦略、アクセシビリティ、プライバシー、エネルギー効率に関するコア機能の強化、Microsoft 製品に対する不正、サイバー犯罪、サイバー攻撃の防止などがあります。 個人データは通常、正当な事業運営に使用する前に集計されます。 これにより、個人を特定できなくなります。 個人データは、正当な事業運営に必要な処理をサポートしつつ、個人を最も特定しにくい形で使用されます。 管理者データ。 管理者データは、エンタープライズ オンライン サービスのサインアップ、購入、管理に際して Microsoft に提供される情報です。 弊社は、エンタープライズ オンライン サービスの提供、トランザクションの実行、アカウントへのサービス提供、詐欺行為の検出と防止、法的責任の順守のために管理者データを使用します。 管理者データには、ユーザーから提供された氏名、住所、電話番号、メールアドレスに加え、アカウントに関連する集約的な使用状況データ 選択されたコントロールなど が含まれます。 ユーザーが、同僚や友人にエンタープライズ オンライン サービスの使用を促す招待状を送付する目的に限定してそれらの人々の連絡先情報を Microsoft に提供することに同意した場合は、その情報が管理者データに含まれます。 弊社からそれらの人々に連絡する際の通信内容には、ユーザーの氏名やプロフィール写真などの情報が含まれます。 弊社は、必要に応じて、新機能、セキュリティ、またはその他の技術的な問題など、エンタープライズ オンライン サービスのアカウント、サブスクリプション、請求、更新に関する情報をお客様にお知らせするために管理者データを使用する場合があります。 契約条項に定められているように、エンタープライズ オンライン サービスの利用に関するサード パーティからの問い合わせについても、お客様にご連絡します。 このようなプロモーション目的でないご連絡を停止することはできません。 弊社では、他の製品やサービスの情報やキャンペーンについてユーザーにご連絡する場合や、Microsoft のパートナーとお客様の連絡先を共有する場合があります。 このようなパートナーが提供するサービスやソリューションによってお客様のニーズが満たされる場合やエンタープライズ オンライン サービスの使用が最適化される場合、お客様の組織のアカウントに関する限定的な集計情報がパートナーと共有されることがあります。 十分な権限がない限り、Microsoft が機密情報や連絡先情報を認定パートナーと共有することはありません。 お客様はアカウント プロファイル内で、このような情報を受け取るかどうかの設定の管理や、情報の更新を行うことができます。 支払データ。 弊社は、トランザクションの実行や詐欺行為の検出と予防のために、支払データを使用します。 サポート データ。 お客様は、エンタープライズ オンライン サービスのテクニカル サポートを受ける場合に、データを提供するか Microsoft によるデータの収集を承認します。 弊社は、テクニカル サポートを提供する目的で、OST に従ってサポート データを処理します。 エンタープライズ オンライン サービスの中には、デバイスにローカル ソフトウェア エージェント、デバイス管理アプリケーションなど のインストールが必要であるものや、ローカル ソフトウェアのインストールによって機能が拡張するものがあります。 お客様の指示により、ローカル ソフトウェアはトラブルシューティングを目的として、 i デバイスまたはアプライアンスとエンタープライズ オンライン サービスとの間でやり取りされるデータ 顧客データを含む 、または ii ログやエラー報告を Microsoft に転送することがあります。 ローカル ソフトウェアを含むエンタープライズ オンライン サービスは、デバイスと使用状況のデータも収集します。 これらは、弊社製品の品質、セキュリティ、整合性の向上のために Microsoft に転送され、分析されます。 OST で定義されている Bing Search サービスは、このプライバシー ステートメントの「」セクションで説明するように、検索クエリなどのデータを使用します。 要約 エンタープライズおよび開発者向けソフトウェアとエンタープライズ アプライアンスは、効率的に動作して最適なエクスペリエンスを提供するためにデータを収集します。 収集されるデータは、お客様の使用する機能や、お客様の構成および設定によって異なりますが、一般にデバイス データと使用状況データに限定されます。 お客様は、弊社に提供する情報を選択できます。 弊社で収集するデータの例を次に示します。 エンタープライズおよび開発者向けソフトウェアのインストールまたはアップグレード時に、問題が発生しないことを確認するために、デバイス データと使用状況データを収集する場合があります。 お客様がエンタープライズ ソフトウェアまたはエンタープライズ アプライアンスを使用する場合、お客様の操作環境に関する情報を取得してセキュリティ機能を改善するために、弊社はデバイス データと利用状況データを収集する場合があります。 エンタープライズ ソフトウェアまたはエンタープライズ アプライアンスを使用しているときにクラッシュが発生した場合、お客様は、Microsoft による問題の診断とカスタマー サポートの提供に役立つエラー報告を弊社に送信することができます。 Microsoft は、エンタープライズおよび開発者向けソフトウェアとエンタープライズ アプライアンスから収集したデータを、弊社製品の提供と品質向上、カスタマー サポートの提供、製品のライセンス認証、お客様との連絡、弊社の業務の遂行のために使用します。 Microsoft SQL Server は、リレーショナル データベース管理プラットフォームであり、単独でインストールできる製品 SQL Server Management Studio など が含まれています。 Microsoft によって収集されるデータの種類および用途の詳細と、プライバシー オプションを管理する方法の詳細については、 をご覧ください。 組織では、管理者がグループ ポリシーを通じて適切な利用統計情報の設定を SQL Server で指定できます。 HoloLens. HoloLens ヘッドセットは、アプリやソリューションによる複合現実エクスペリエンスを可能にする、Wi-Fi 接続を備えたスタンドアロン型 Windows コンピューターです。 Microsoft では診断データを収集して、問題を解決し、HoloLens で実行される Windows を最新で安全な状態に保ち、適切に動作させるために使用します。 診断データは、お使いのデバイス用に選択した診断データ設定に応じて、HoloLens および関連する Microsoft の製品やサービスを改善するのにも役立ちます。 HoloLens は、HoloLens エクスペリエンスおよびデバイス カメラ、マイク、赤外線センサーなどを含む に関連するデータも処理、収集します。 これらのデバイスにより、動作と音声によるナビゲーションが可能になります。 カメラを使用して、虹彩認証により自動的にサインインするよう選択することもできます。 そのためには、HoloLens は虹彩の画像を取得して、主要ポイント間の距離を計測し、個人を特定する数値を生成して、保存します。 この情報は HoloLens に保存され、誰にも公開されず、ユーザーはいつでもこのデータを HoloLens から削除できます。 このデータは HoloLens デバイス上で処理され、保存はされません。 HoloLens は、ユーザーのいる環境に基づいて追跡ポイントを導き出し、空間内のサーフェスを把握します。 ユーザーは、その上にデジタル アセットを配置することができます。 この環境データに関連付けられる画像はなく、HoloLens デバイス上にローカルに保存されます。 このデータは、いつでも HoloLens から削除できます。 ヘッドセットのマイクで音声コマンドを使用して、ナビゲーション、アプリの制御、検索語句入力などができます。 要約 Office は、Word、Excel、PowerPoint、Outlook などの仕事効率化サービスおよびアプリケーションで構成されています。 Outlook の詳細については、本ステートメントの「」のセクションを参照してください。 Office は、クライアント ソフトウェア アプリケーションやコネクテッド オンライン サービスで構成されています。 さまざまなプラットフォームに対応し、多数の相互依存エクスペリエンスを提供します。 さまざまな Office サービスで、ファイルの内容を設計や推奨に使用し、ドキュメント内で他のユーザーと共同作業を行い、Bing や Cortana など他の Microsoft 製品やサード パーティ製コネクテッド製品の機能を利用できます。 組織では、管理者がこれらのコネクテッド サービスを無効にすることができます。 Version 1904 より前の Office 365 をお使いの場合は、Microsoft Office セキュリティ センターのプライバシー オプションでプライバシー設定を変更できます。 詳細については、「」を参照してください。 詳細については、「」を参照してください。 Office ローミング サービス. Office ローミング サービスを使用すると、Office を実行する各デバイスで Office の設定を最新状態に維持できます。 ユーザーが Microsoft アカウントまたは組織が発行したアカウントを使って Office にサインインすると、Office クライアント ポリシー サービスが有効になり、カスタマイズした Office の設定の一部 最も最近使用した文書のリストや文書内の最後に見た場所など を Microsoft サーバーに同期できます。 別のデバイスから同じアカウントで Office にサインインすると、Office ローミング サービスが Microsoft サービスよりユーザーの設定をダウンロードしてそれを別のデバイスに適用します。 また、Office ローミング サービスは、Office. com へのサインインにより、カスタマイズされた Office 設定の一部を適用します。 Office からサインアウトすると、Office ローミング サービスは Office 設定をデバイスから削除します。 カスタマイズされた Office 設定に変更をすると、それは Microsoft へ送信されます。 Microsoft Update. Office は、Microsoft Update サービスまたはクイック実行サービスを使用し、セキュリティやその他重要な更新を行います。 Microsoft Update の詳細については、本ステートメントの「」セクションを参照してください。 クイック実行更新サービス. クイック実行更新サービスを使用すると、特定の Microsoft Office 製品をインターネット経由でインストールできます。 また、クイック実行更新サービスは自動的にデバイス上のクイック実行対応製品に対するオンライン更新を検出し、自動的にダウンロード、インストールします。 Office 翻訳. Office 翻訳は、トレースなしのコネクテッド エクスペリエンスとして設計されています。 では、Office が Microsoft Translator に送信する翻訳リクエストのいかなる部分もログに記録されず、送信されたテキストが Microsoft Translator サービスの品質を向上させるために使用されることはありません。 また、お客様のデータのいかなる部分の記録も Microsoft によって保持されることはありません。 診断データ. 診断データは、 i Office のセキュリティと最新状態の維持、 ii 問題の検出、診断、修復、 iii 製品の強化を目的として使用されます。 このデータに、ユーザーの名前やメール アドレス、ユーザー ファイルの内容、Office に関連しないアプリに関する情報は含まれません。 ユーザーは、診断データの収集レベルとして "必須" または "オプション" を選択できます。 インストールされたデバイスで Office のセキュリティと最新状態を維持し、正しく動作させるために必要な最小限のデータを収集します。 オプション. 製品の強化や、問題の検出、診断、修復に役立つ追加データを収集します。 詳細については、「」を参照してください。 コネクテッド エクスペリエンス. Office では引き続き、クラウド ベースのサービスによってサポートされ、これらに接続されているクライアント アプリケーションで、さらに多くのエクスペリエンスを提供します。 これらのコネクテッド エクスペリエンスの信頼性、最新状態、安全性の維持、正常な動作の確保を目的として、コネクテッド エクスペリエンスを使用するたびに必要なサービス データが収集されることがあります。 Office は、クライアント ソフトウェア アプリケーションと、創作、通信、および共同作業を効率的に行うためのコネクテッド エクスペリエンスで構成されています。 OneDrive for Business に保存されているドキュメントに対する他の人との共同作業や、Word 文書の内容を別の言語に翻訳する作業は、コネクテッド エクスペリエンスの例です。 コネクテッド エクスペリエンスには次の 2 つの種類があります。 コンテンツを分析するエクスペリエンス. ユーザーの Office コンテンツを使用して、デザインに関する推奨、編集の提案、データ インサイトなどの機能をユーザーに提供するエクスペリエンス。 PowerPoint デザイナーや Word のエディターなどはその例です。 オンライン コンテンツをダウンロードするエクスペリエンス. ドキュメントを強化するためにテンプレート、画像、3D モデル、ビデオ、参考資料などのオンライン コンテンツを検索してダウンロードするエクスペリエンス。 Office のテンプレートや PowerPoint クイックスターターなどはその例です。 Version 1904 より前の Office 365 をお使いの場合は、Microsoft Office セキュリティ センターのプライバシー オプションでプライバシー設定を変更できます。 これらのプライバシー設定を使用すると、コネクテッド エクスペリエンスを構成できます。 たとえば、オンライン コンテンツをダウンロードするコネクテッド エクスペリエンスを有効にして、コンテンツを分析するコネクテッド エクスペリエンスを無効にすることができます。 コネクテッド エクスペリエンスを無効にすると、ドキュメントの共同作成や、オンライン ファイル ストレージなど、他のエクスペリエンスも無効になります。 ただし、このプライバシー設定を使用してコネクテッド エクスペリエンスを無効にしても、Outlook でのメールボックスの同期や、以下に記述する重要サービスなど、特定の Office 機能は引き続き使用できます。 特定の種類のコネクテッド エクスペリエンスを無効にした場合、そのコネクテッド エクスペリエンスに対応するリボンまたはメニュー コマンドがグレー表示されるか、そのコネクテッド エクスペリエンスの使用を試みたときにエラー メッセージが表示されます。 一部のサービスは、Office を正しく動作させるために重要であり、無効にできません。 たとえば、Office を使用するための適切なライセンスの有無を確認するライセンス サービスは重要です。 これらのサービスに関して必要なサービス データは、ユーザーが構成した他の設定に関係なく収集され、Microsoft に送信されます。 詳細については、「」を参照してください。 コネクテッド エクスペリエンス用の必須サービス データ 必須サービス データとは、クラウドベースのコネクテッド エクスペリエンスを提供し、これらのエクスペリエンスのセキュリティと正常な動作を確保するために使用されるデータです。 次に示す 3 種類の情報が必須サービス データと見なされます。 ユーザー コンテンツ: Word 文書に入力されたテキストなど、Office を使用してユーザーが作成したコンテンツ。 機能データ: アプリの構成情報など、コネクテッド エクスペリエンスがタスク実行のために必要とする情報。 サービス診断データ: サービスのセキュリティ、最新状態、正常な動作を確保するために必要なデータ。 このデータはコネクテッド エクスペリエンスに厳重に関連付けられているため、診断データ レベル "必須" または "オプション" から切り離されています。 必須サービス データについて説明するために、PowerPoint デザイナーを使用した例を以下に示します。 PowerPoint デザイナーは、プレゼンテーション用のスライドを作成する際に利用可能なコネクテッド エクスペリエンスです。 PowerPoint デザイナーを使用すると、自動的に生成されたデザインのアイデアから選択することによって、スライドの品質を高めることができます。 ユーザーがスライドにコンテンツを追加する際には、デザイナーがバックグラウンドで動作し、プロフェッショナルなレイアウト デザインに合うようにコンテンツが調整されます。 このコネクテッド エクスペリエンスを有効にするために Microsoft に送信される必須サービス データには、次のようなものが含まれます。 ユーザー コンテンツ: ユーザーがスライドに追加したテキストや画像など。 機能データ: どのスライドで作業中であり、そのスライドはどのようなレイアウトであるかなど。 サービス診断データ: デザインのアイデアがスライドに正しく適用されたかどうか、サービスの呼び出しが正しく実行されたかどうかを示すイベントなど。 PowerPoint デザイナーを含むコネクテッド エクスペリエンスのカテゴリを無効にすると、この機能がオフになり、この必須サービス データは一切 Microsoft に送信されません。 詳細については、「」を参照してください。 要約 OneDrive により、実質的にどんなデバイス上でもファイルを保存、アクセスできます。 また、他人とファイルを共有し、協働することができます。 OneDrive アプリケーションのバージョンによっては、ユーザーが個人向け OneDrive とビジネス用 OneDrive の両方にサインインしてアクセスできる場合があります。 個人用には個人用 Microsoft アカウントで、ビジネス用には、Office 365 を使用するための会社や学校のアカウントを使ってサインインします。 OneDrive をユーザーが使用するとき、弊社は、サービスを提供し、向上させ、保護する目的で、ユーザーが保存するコンテンツだけでなく、サービスの使用に関するデータを収集します。 たとえば、ユーザーが後で検索できるように OneDrive 文書のコンテンツのインデックス化が行われるケースや、写真の撮影場所に基づいて写真を検索できるように位置情報が使用されるケースがあります。 弊社はまた、デバイス情報を収集して、ユーザーがコンテンツを複数のデバイスをまたいで同期化したり、カスタマイズした設定をローミングするなどした、パーソナル化されたエクスペリエンスを提供できます。 ユーザーがコンテンツを OneDrive に保存すると、そのコンテンツが配置されているフォルダーでの共有アクセス許可が引き継がれます。 たとえば、公開フォルダーにコンテンツを保存すると、コンテンツは一般公開となり、インターネット上でそのフォルダーを閲覧できるすべての人に公開されます。 プライベート フォルダーにコンテンツを保存すると、コンテンツは非公開になります。 OneDrive アカウントで同期したデバイスから Facebook などのソーシャル ネットワークにコンテンツを共有すると、コンテンツはそのソーシャル ネットワークにアップロードされるか、そのコンテンツへのリンクがソーシャル ネットワークに投稿されます。 これにより、ソーシャル ネットワーク上のすべての人からコンテンツにアクセスできるようになります。 コンテンツを削除するには、ソーシャル ネットワーク リンクの投稿ではなく実際にアップロードされた場合 と OneDrive から削除する必要があります。 リンクを経由して友人と OneDrive のコンテンツを共有する場合は、リンクが含まれるメールが友人に送信されます。 リンクには認証コードが含まれているので、リンクを持つ人は誰でもユーザーのコンテンツにアクセスできます。 ユーザーの友人が他人にリンクを送信すると、ユーザーがその他人とコンテンツを共有することを選択していなくても、その他人もユーザーのコンテンツにアクセスできるようになります。 OneDrive のコンテンツへの許可を取り消すには、アカウントにサインインして、許可レベルを管理する特定のコンテンツを選択します。 リンクを効果的に無効にするには、リンクへの許可を取り消します。 ユーザーが再度リンクを共有することを設定しない限り、コンテンツへアクセスを可能にするリンクは使用できません。 OneDrive for Business で管理されるファイルは、個人用 OneDrive に保存されるファイルとは別に保存されます。 OneDrive for Business は、メール アドレスやパスワードなどの認証用の個人情報を収集し、Microsoft や Office 365 サービスのプロバイダーに転送します。 要約 Outlook は、コミュニケーションの向上による仕事効率化を目的とした製品で、Outlook. com、Outlook アプリケーション、および関連サービスが含まれています。 Outlook. com. Outlook. com は、Microsoft による主力のコンシューマー向けメール サービスで、outlook. com、live. com、hotmail. com、msn. com が末尾に付いたアドレスを持つ電子メール アカウントが含まれています。 Outlook. com には、ソーシャル ネットワーク上で友達同士をつなぐ機能があります。 Outlook. com を利用するための Microsoft アカウントを作成する必要があります。 Outlook. com でメールボックスからメールまたはアイテムを削除すると、アイテムは一般的に削除済みフォルダーに移動し、受信箱に戻さなければ、またはフォルダーを空にしたり、サービスが自動的にフォルダーを空にしたりしなければ これらの処理のうち最初の処理の日から 、約 7 日間削除済みフォルダーに保存されます。 削除済みアイテム フォルダーが空になると、削除済みアイテムは最大 30 日間システムに残り、その後最終的に削除されます そのデータをさらに長期間保管することが法的に求められる場合は例外。 Outlook アプリケーション. Outlook クライアント アプリケーションは、デバイス上にインストールして、メール、カレンダー アイテム、ファイル、連絡先のほか、メールやファイル ストレージ、他のサービス Exchange Online や Outlook. com など やサーバー Microsoft Exchange など にあるその他のデータを管理できるソフトウェアです。 Outlook アプリケーションでは、サードパーティ プロバイダーを含む、さまざまなプロバイダーの複数のアカウントを使用できます。 アカウントを追加するには、Outlook に対してメール サービスやファイル ストレージ サービスのデータにアクセスするためのアクセス許可を付与する必要があります。 Outlook にアカウントを追加すると、そのアカウントにあるメール、カレンダー アイテム、ファイル、連絡先、設定その他のデータが自動的にデバイスと同期します。 Outlook モバイル アプリケーションを使用している場合は、データが Microsoft サーバーとも同期され、さらに多くの機能が利用可能になります。 たとえば、高速検索や、個人用設定による重要度の低いメールのフィルター処理ができるほか、Outlook アプリケーションを離れることなく、リンクされたファイル ストレージ プロバイダーからメールの添付ファイルを追加できます。 Outlook デスクトップ アプリケーションを使用している場合は、データを弊社のサーバーと同期するかどうかを選択できます。 アカウントはいつでも削除でき、アカウントと同期するデータはいつでも変更できます。 会社や学校などの組織によって提供されたアカウントを追加している場合、組織のドメインのオーナーがポリシーと制御 たとえば、多要素認証やデバイスのデータをリモートで消去する機能を必須とするなど を実装すると、Outlook の使用方法に影響が及ぶ場合があります。 Outlook アプリケーションが収集および処理するデータの詳細については、本ステートメントの「」のセクションを参照してください。 要約 Skype により、ユーザーはボイス、ビデオ、SMS、インスタント メッセージ通信を送受信できます。 このセクションでは、コンシューマー版の Skype について説明します。 Skype for Business を使用している場合は、本ステートメントの「」のセクションを参照してください。 これらの機能を提供するため、Microsoft は、通信日時、通信の一部である番号やユーザー名など通信に関する使用データを収集します。 Skype プロフィール. Skype プロフィールには、Microsoft アカウントを設定するときに指定した情報が含まれます。 Skype または、Skype for Business など、Skype と連携する製品 で他のユーザーから見つかるように、プロフィール設定に応じて Skype プロフィールが Skype パブリック検索ディレクトリに含められ、他のユーザーに推奨されます。 プロフィールには、ユーザー名やアバターに加え、プロフィールへの追加または他のユーザーへの表示を指定した他のデータが含まれます。 Skype の連絡先. Outlook. com などの Microsoft サービスで連絡先を管理している場合、管理されている連絡先が Skype の連絡先リストに自動的に追加されます この機能はオフにすることができます。 ユーザーの許可がある場合、Skype はデバイスやその他のアドレス帳を確認し、友人を Skype の連絡先として自動的に追加します。 メッセージを受け取りたくないユーザーはブロックできます。 パートナー企業. Skype の普及を図るため、弊社は他の企業と提携して、その会社のサービスを介した Skype の提供を許可しています。 Microsoft 以外の企業を通じて Skype を使用する場合、ユーザーの個人データの扱いには、その企業のプライバシー ポリシーが適用されます。 弊社は、適用法令の順守、有効な法的手続への対応、またはパートナー企業や現地事業者の法令順守や法的手続への対応の支援のために、ユーザーのデータにアクセスし、そのデータを転送、開示、および保全する場合があります。 そのようなデータには、保存されているビデオ メッセージ、ボイスメール、ファイル転送、インスタント メッセージの内容など、プライベートなコンテンツが含まれます。 Skype Manager. Skype Manager を使用すると、グループ 家族など の Skype 使用状況を 1 か所で管理できます。 グループを設定したユーザーは、Skype Manager 管理者として、そのグループ内の、自己の情報へのアクセスに同意したメンバーの使用パターン トラフィック データ、購入明細などの詳細情報 を閲覧することができます。 追加した情報 ご自身の氏名など は、そのグループ内の他のユーザーが閲覧できます。 グループのメンバーは、 にアクセスして Skype Manager に対する同意を取り消すことができます。 プッシュ通知. 電話やチャットなどのメッセージの着信をお知らせするために、Skype アプリでは、デバイス上の通知サービスが使用されます。 多くのデバイスでは、このようなサービスが他の会社から提供されています。 たとえば、電話を掛けている相手がだれであるかをユーザーに知らせたり、新しいチャットの最初の数文字を表示したりするためには、ユーザーに通知を提供するよう Skype が通知サービスに伝える必要があります。 この情報は、デバイスの通知サービスを提供する会社が独自の規約とプライバシー ポリシーに従って使用します。 通知サービスの提供会社によって収集される個人データについては、Microsoft は責任を負いません。 Skype 通話と Skype メッセージの着信に通知サービスを使用しない場合は、Skype アプリケーションまたはご使用のデバイスにある設定でオフにしてください。 翻訳機能. 翻訳機能の使用時には、Microsoft の音声認識および翻訳サービスを提供、向上させるため、音声データとテキスト データが使われます。 レコーディング機能. Skype の一部のバージョンはレコーディング機能を搭載しており、音声通話やビデオ通話のすべてまたは一部をキャプチャして共有できます。 レコーディング データは会話履歴の一部として保存され、通話の相手先である人物またはグループと共有されます。 あらゆる通信は、法的な責任を理解したうえでレコーディングする必要があります。 これには、通信に参加するすべての当事者から事前に了解を得る必要があるかどうかも含まれます。 Microsoft は、ユーザーによるレコーディング データの使用またはレコーディング機能の使用について責任を負いません。 Skype ボット. ボットは、Microsoft またはサード パーティによって提供されるプログラムで、ニュース検索やゲーム プレイなど、多くの便利なことに使用できます。 ボットの機能によっては、ユーザーの表示名、Skype ID、国、地域、言語のほか、ボットと共有したメッセージ、オーディオ、ビデオ、コンテンツにアクセスされることがあります。 ボットとの 1 対 1 またはグループでの会話に参加する前に、ボットのプロファイルとプライバシー ステートメントをご確認ください。 不要になったボットは削除できます。 ボットをグループに追加する前に、グループ参加者の情報がボットと共有される点について、参加者の同意を得てください。 Skype での推奨事項. 使用可能な場合は、Skype で、時間とタスクを管理し、情報を検索し、作業をこなすのに役立つ提案を行うことがあります。 たとえば、Skype では、リマインダーを作成するように文脈に応じたメッセージを表示したり、Microsoft サービスを使用してタスクを作成することを推奨したりすることがあります。 このデータは、Microsoft 製品の品質向上目的にも使用されることがあります。 Skype の特定の機能には、字幕などのアクセシビリティ機能が含まれます。 Skype 通話では、通話の参加者が音声からテキストへの変換機能を有効にすることができます。 この機能を使用すると、ゲーム内チャットの音声をテキストとして表示できます。 ユーザーがこの機能を有効にすると、他の通話の参加者は通知を受け取りません。 Microsoft は、音声キャプションをユーザーに提供するために、この音声データとテキスト データを使用します。 要約 Bing サービスには、検索、マッピング サービス、Bing ツール バー、Bing デスクトップ アプリなどがあります。 Bing サービスでは、手描き入力またはタイピングされたテキスト、音声データ、画像など、さまざまな形式でデータが収集および処理されます。 また、Bing サービスは、MSN アプリ、Office、Cortana の一部の機能 Bing パワード エクスペリエンスと呼ばれます など、他の Microsoft サービスにも含まれています。 ユーザーが検索を実行したとき、または検索の実行やコマンドの入力を伴う Bing 装備のエクスペリエンスの機能を使用したとき、Microsoft は、ユーザーが テキスト、音声データ、画像の形式で 指定した検索またはコマンドを、ユーザーの IP アドレス、位置情報、Cookie や同様のテクノロジに含まれる一意の識別子、検索の日時、ブラウザー構成と共に収集します。 たとえば、Bing の音声対応サービスをご利用の場合、スピーチ機能に関連した音声入力およびパフォーマンス データは Microsoft へ送信されます。 また、Bing の画像対応サービスを使用した場合は、指定した画像が Microsoft に送信されます。 Bing 装備のエクスペリエンス Cortana に質問、Bing 検索など を使用して Web ページやドキュメント内の特定の語句を検索すると、文脈的に関連する検索結果を提供するために、その語句と一緒に、前後のコンテンツも Bing に送信されます。 検索候補. 検索候補機能については、検索を実行するために Bing パワード エクスペリエンス Microsoft Edge ブラウザーでの検索候補とおすすめサイトなど に入力した文字とクリックした項目が Microsoft に送信されます。 これにより、Microsoft は、検索する文字の入力に合わせて適切な検索候補を提供することができます。 この機能のオンとオフを切り替えるには、Bing Search を使用する際に にアクセスします。 Microsoft Edge ブラウザーなど、他の Bing パワード エクスペリエンスでこの機能を制御する方法は他にもあります。 検索候補の表示は Windows 10 検索ボックスでオフにすることはできません。 Windows で、この機能を使用しない場合は、いつでも検索ボックスを非表示にすることができます。 Bing デスクトップおよび Bing ツール バーに関する Bing エクスペリエンス向上プログラム. ユーザーが Bing デスクトップまたは Bing ツール バーを使用し、Bing エクスペリエンス向上プログラムに参加している場合、弊社では、ユーザーが閲覧する Web サイトのアドレスなど特定の Bing アプリケーションがどのように使用されているかについての情報も収集し、検索ランキングや関連性を向上させます。 個人情報保護の観点から、弊社ではユーザーを特定する際、またユーザーに連絡やターゲティング広告をする際には、Bing エクスペリエンス向上プログラムで収集したデータを使用することはありません。 Bing デスクトップまたは Bing ツール バー設定により、いつでも Bing エクスペリエンス向上プログラムを無効にできます。 最後に、弊社は Bing エクスペリエンス向上プログラムを通じて収集した情報を 18 か月後に削除します。 保持および匿名化. 弊社は、保存されている検索クエリを匿名化します。 そのために、IP アドレスは 6 か月後に、特定のアカウントまたはデバイスの特定に使用される Cookie および他のセッション間識別子は 18 か月後に完全に削除されます。 Microsoft アカウント個人用設定. Bing サービスの中には、ユーザー個人の Microsoft アカウントにサインインすると拡張エクスペリエンスを提供するものがあります。 たとえば、複数のデバイス間で検索履歴を同期できます。 これらの個人設定機能を利用し、興味、お気に入りをカスタマイズして、ユーザーのアカウントをサード パーティ サービスに接続することができます。 個人用設定を管理する場合は 、ユーザーのデータを管理する場合は にアクセスしてください。 検索履歴の管理. 個人の Microsoft アカウントでサインインすると、Microsoft プライバシー ダッシュボード で検索履歴を消去できます。 Bing の [設定] にある Bing 検索履歴サービスでは、ブラウザーを使用した Bing 検索で入力した検索条件およびクリックした結果を再確認できます。 このサービスを使用すると、デバイス上の検索履歴を消去することもできます。 履歴を消去すると検索履歴サイトに履歴が表示されなくなりますが、Microsoft の検索ログにある情報は削除されません。 この情報は前述のように、匿名化された状態で保存されるか、プライバシー ダッシュボードへの指定に従って処理されます。 Bing で Microsoft Search を使用して会社または学校の Microsoft アカウントにサインインしている場合は、Bing での Microsoft Search の検索履歴をエクスポートすることができますが、削除することはできません。 Bing での Microsoft Search のサービス管理者は、すべてのエンタープライズ ユーザー間の集計された検索履歴を表示することができますが、ユーザー別の特定の検索を表示することはできません。 Bing を使用するサード パーティ サービス. Yahoo! などのサード パーティ サービスを使用する際には、Bing 装備のエクスペリエンスにアクセスできます。 これらのサービスを提供するために、Bing ではこれらのパートナーから検索クエリや関連データ 日時、IP アドレス、一意の識別子 などを受信します。

次の

逮捕状が出てるのに、テレビニュースでモザイクがかかって見...

記憶 に ご ざいません 配信

それなら動画配信サービスの無料お試し期間がお得でオススメ! 『記憶にございません!』は、記憶喪失になった総理大臣を主人公にした三谷幸喜監督の映画! 動画配信サービスのお試し期間を利用すれば、『記憶にございません!』を実質無料で視聴することが可能です。 本記事で 『記憶にございません!』を配信しているオススメのサービスをご紹介します。 『記憶にございません!』を配信してるサービス 『記憶にございません!』を配信してるオススメのサービスは、U-NEXTです。 U-NEXTなら、DVDを借りに行かなくても、わざわざ外出しなくても、今すぐ『記憶にございません!』を見ることが出来ます。 映画にドラマにアニメ、大人向け作品まで、幅広いジャンルと豊富なコンテンツ数が用意されていて、新作系の配信にも力を入れています。 そんなU-NEXTの動画には、• 月額料金で見放題の作品• 有料のレンタル作品 上記2種類があり、『記憶にございません!』は「レンタル作品」として配信中。 有料なのかとガッカリされるかもしれませんが、無料トライアルの特典を使えば0円なので、ご安心ください。 有料会員なら、 毎月1. 200円分のポイントが貰えるので、有料コンテンツも1. 200円までなら追加料金不要でお得に視聴できます。 無料で見放題を楽しんで、更に600円貰えるみたいな…トライアルのお得感がスゴイね U-NEXTは動画のラインナップが豊富なので、『記憶にございません!』以外にも見たいと思っていた映画やドラマやアニメが配信されているかも。 2006年の『THE有頂天ホテル』公開後から13年もの構想を経て制作された最新作です。 病院のベッドで目を覚ました男は、記憶喪失により自分が誰なのか、どこにいるのかもわからない…テレビでは、首相が演説中に投石を受けて運ばれるニュースが…その首相・黒田啓介がなんと自分だった! というストーリーで、中井貴一が演じるのは史上最低の支持率2. 3%をたたき出し、石を投げられる程に国民から嫌われた総理大臣。 ディーン・フジオカ、小池栄子、草刈正雄、石田ゆり子、田中圭…豪華俳優陣が出演しています。 お金と権力が大好きな政治家から、普通の、むしろ純朴なおじさんと化してしまった黒田啓介は、政策はもちろん大臣たちの顔も名前も忘れ、我が子の名前も忘れている始末です。 しかし国民の混乱を避けるため、その件はトップシークレット扱いとされ、秘密を知る秘書官たちのフォローにより、なんとかギリギリのところで総理大臣としての公務をこなすのですが、とにかく問題だらけ 笑 映画館で観たけど、みんな一緒になってひたすら笑ってて最高だったなぁ あらすじ 病院のベッドで目が覚めた男は、自分が誰だか、ここがどこだかわからず、一切の記憶がない。 病院を抜け出し、ふと見たテレビのニュースには、演説中に投石を受けて病院に運ばれている首相=自分が映っていた。 男は部下らしき男に官邸に連れて行かれ…。 役名 俳優 黒田啓介 中井貴一 井坂 ディーン・フジオカ 番場のぞみ 小池栄子 古都裕 二階堂ふみ 鶴丸大悟 草刈正雄 黒田聡子 石田ゆり子 山西あかね 吉田羊 スーザン・セントジェームス・ナリカワ 木村佳乃 寿賀さん 斉藤由貴 柳友一郎 山口崇 大関平太郎 田中圭 小野田治 梶原善 南条実 寺島進 八代 ジャルジャル後藤 黒田篤彦 濱田龍臣 口コミ 『記憶にございません』みましたが、最高すぎです。 各キャラクター全て愛しい。 総理と秘書官2人のさんこいち好きだな。 特に何考えてんか分からなそうで分かりやすい井坂さん。 始まって10分。 映画館に行くタイミング逃したから、やっと見れたわ。 そして はハンサム。 三谷ワールドにしっくりきてるわ。 続く… — Kay kayngm 映画「記憶にございません」を家族で昨夜鑑賞。 三谷ワールドに久しぶりに浸る。 三谷さんの脚本はシニカルに富すぎる部分があったので 昔はそんな好きではなかったけど、今回は家族で爆笑しながら観た。 ヨメはんは酔いに任せてラスト号泣していた。 — dragon riceshower62 『記憶にございません』を観た。 三谷幸喜作品は笑えて面白い。 内容は最終的にはこうなるんだろうなって思うけど、笑える部分が多くて面白い。 U-NEXTの無料トライアル特典を利用すれば、今すぐ『記憶にございません!』を無料で見ることができます。 DVDやBlu-rayみたいにレンタルに出かけて、返却に行くという手間も不要で手軽! 違法サイトのようなウイルス感染の不安や、低画質、邪魔な広告等のイライラ、ストレスもありません。 「今すぐ無料で見たい!」を叶えてくれるU-NEXTの無料トライアルはとてもお得でオススメです。 しかも、 無料トライアル期間内に解約をすれば料金も発生しないから安心! せっかくの映画鑑賞タイム、できれば快適に越したことはありませんよね。 無料トライアルを活用すれば今すぐ無料視聴できるうえに、期間内の解約で料金は発生しません。 『記憶にございません!』を見てみたい、出来ればお金をかけたくない、DVDをレンタルしに行くのはちょっと…なんて時に、ぜひ活用してみてくださいね。 現時点ではすでに配信が終了している場合もございますので、最新の動画配信状況やサービス内容につきましては、U-NEXT公式サイトでご確認ください。 vod-life.

次の