クレジット カード ポイント 還元。 クレジットカードの還元率を解説!ポイントを貯めるコツとは?|クレジットカードの三井住友VISAカード

三井住友カードのポイント還元制度がVポイントにリニューアル、何がどう変わる?

クレジット カード ポイント 還元

ポイント還元率とは? ほとんどのカード会社では、クレジットカードの利用金額に応じて独自のポイントを付与するポイントサービスを行っています。 クレジットカード利用金額に対してどれだけポイントが加算されるのかは、ポイント還元率で決まります。 例えば「1,000円の買い物をクレジットカードで支払うと、5ポイントが加算される」という場合、ポイント還元率は0. 「1,000円の利用で1ポイント加算」ならば、ポイント還元率は0. 1%となります。 つまり、ポイント還元率が高いクレジットカードは「ポイントがたまりやすい」といえるでしょう。 ここでは、ポイント還元率について詳しく紹介します。 ポイント還元率が高いカードはおトク ポイント還元率が高いカードは、長い目で見るとおトクです。 クレジットカードの利用金額が小さいとあまり差は感じられないかもしれませんが、利用金額が大きくなると、獲得できるポイントにかなりの差が出てきます。 例えば、ポイント還元率0. 5%と0. 1%のクレジットカードで利用額が大きくなると、獲得ポイントの差は以下のようになります。 <ポイント還元率0. 5%のクレジットカード>• 利用金額10万円・・・500円分のポイント• 利用金額50万円・・・2,500円分のポイント <ポイント還元率0. 1%のクレジットカード>• 利用金額10万円・・・100円分のポイント• 利用金額50万円・・・500円分のポイント このように、利用総額が50万円になると2,000円分もポイント数に差がつきます。 つまり、支払い金額が同じでも、ポイント還元率が低ければ損をするともいえるのです。 ポイントを使うときの交換率にも注目しよう クレジットカードの利用でためたポイントは、商品券など、さまざまなものに交換できます。 ここでぜひチェックしておきたいのが、1ポイントがいくら換算になるかです。 ここでは、交換する商品によって交換率が設定されている、JCBカードの「Oki Dokiポイント」を例に説明します。 例えば、Oki Dokiポイントをキャッシュバックに使う場合は、1ポイント=3円として使えます。 しかし、Amazon. jpでショッピングする場合は、1ポイント=3. 5円分として使用することができます。 さらに、JCBギフトカードなら、1,050ポイントで5,000円分のギフトカードに交換できますので、1ポイント=約5円という高交換率です。 ポイントサービスでクレジットカードを選ぶなら、ポイント還元率もさることながらポイント交換率にも注目しましょう。 ポイントをより多くためるには? いくらポイント還元率の良いクレジットカードでも、使わなければポイントはたまっていきません。 クレジットカードで支払えるものはできるだけクレジットカードで支払うのが賢い方法です。 「そんなにカードばかり使えない」と思う方もいるかもしれませんが、クレジットカードで支払えるものは意外と多くあります。 ここでは、ポイントをより多くためる方法を紹介します。 「必ず払わなくてはならないもの」はクレジットカード払いに設定する 生活をしていると、電気、水道、ガスといった公共料金をはじめ、インターネットプロバイダーや携帯電話の利用料金など、毎月さまざまな出費をしています。 ほかにも、住民税や自動車税などの各種税金も課せられますし、場合によっては健康保険料や国民年金保険料も自分で支払わなければならない人もいるでしょう。 公共料金はクレジットカード払いにほぼ対応しており、各種税金は自治体によっては対応可能です。 可能な範囲でこれらをすべてクレジットカードで支払えば、より多くのポイントを獲得することができます。 場合によっては、家賃などもクレジットカードで支払えるケースもありますので、月々の支払いや定期的に支払うものがクレジットカードで支払えるかどうか確認してみましょう 少額でもクレジットカードで支払う ポイントをためるもうひとつのコツは、少額でもクレジットカードで支払うことです。 コンビニでお弁当や飲み物を買う、カフェでコーヒーを注文するなど、1回あたりの支払いが500円程度だとしても、それが10回、20回ともなれば、総額は5,000円、1万円にもなります。 そう考えれば、たとえ数百円の支払いでも、クレジットカード払いにしたくなりませんか。 少額であっても、使えるところではカードで支払うことを習慣づけ、ポイントをどんどんためていきましょう。 カード会社によってポイントアッププログラムに違いはありますが、例えば下のようなものがあります。 ・獲得ポイントが数倍にアップする入会キャンペーンを利用 新規入会から数ヵ月のあいだ、高い倍率が適用されるクレジットカードがあります。 このタイプのクレジットカードは、大きな出費が予想される時期に合わせてクレジットカードを作れば、高倍率の期間中にポイントを稼ぐことができます。 ・獲得ポイントが数倍にアップするキャンペーン クレジットカード入会時以外にも、期間限定のキャンペーンでポイント還元率が一時的に高くなることがあります。 キャンペーン内容をチェックし、おトクな情報を逃さないようにしましょう。 JCBカードのOki Dokiポイントとは? 次に、JCBカードのポイントプログラムで使える、Oki Dokiポイントを紹介しましょう。 Oki Dokiポイントは通常、クレジットカードの利用金額1,000円につき、1ポイントずつ加算されます。 1回あたりの金額が1,000円未満であっても、毎月の利用総額に対して加算されるので無駄がありません。 たまったポイントは、主に下のような使い道があります。 商品と交換する Oki Dokiポイントは、JCBが用意している商品カタログのなかから、希望の商品を選んで交換できます。 家電やキッチン用品、食品、美容アイテムなどのほか、テーマパークのチケットやレストランの食事券もあります。 Amazon. jpで使う Amazon. jpでのショッピングに、Oki Dokiポイントを使うことができます。 交換率は1ポイント=3. 5円分となっており、1ポイントから使うことができます。 マイルやほかのポイントに移行する Oki Dokiポイントは、JALやANAなど、提携航空会社が運営しているマイレージサービスのマイルに移行できます。 また、nanacoポイントやdポイント、楽天スーパーポイントなど、提携各社のポイントにも移行することができます。 移行先によっては交換率が高めに設定されている場合もあります。 ポイント移行商品などの申し込み可能ポイントは商品によって異なります。 クレジットカードの利用額に充当する Oki Dokiポイントは、毎月の利用金額に充当することができます。 個人カードだけでなく法人カードでも利用金額に充当することができ、交換率は1ポイントあたり3円換算です。 1ポイントから使うことが可能です。 ポイントがたまりやすいJCBカードは? 最後に、JCBカードのなかでポイントがたまりやすいカードをピックアップして紹介します。 それぞれに特徴があるため、自身の生活スタイルに合ったカードを選ぶことが大切です。 還元率の高さが魅力の「JCB CARD W」「JCB CARD W plus L」 ポイント還元率で選ぶなら、年会費が無料の「JCB CARD W」と「JCB CARD W plus L」の2枚がおすすめです。 つねに通常の2倍のポイントを獲得できます。 また、「入会後の3ヵ月間はポイント4倍」など、おトクなキャンペーンが実施されることがあるため、より多くのポイントを獲得できるチャンスがあります。 ポイントが4倍!「JCB CARD R」 「JCB CARD R」は、年会費は無料で、学生の申し込みも可能なリボ払い専用のクレジットカードです。 つねに通常の4倍のポイントを獲得できます。 しかも、新規入会後の3ヵ月間はポイント6倍となるキャンペーンが実施されるなど、一般的なカードと比べ還元率が高いカードです。 提携しているJCB ORIGINAL SERIESパートナーでの利用ならさらにポイント加算されます。

次の

三井住友カードのポイント還元制度がVポイントにリニューアル、何がどう変わる?

クレジット カード ポイント 還元

「キャッシュレス・消費者還元事業」クレジットカードの還元額の上限は、月額1万5,000円。 会社によって、請求時値引き・ポイント還元に分かれる! 画像引用元:キャッシュレス消費者還元事業 クレジットカード会社の公式サイトで事前登録や申し込みは不要。 キャッシュレス・消費者還元事業に参加している対象店舗で、クレジットカードを利用するだけで、自動的にポイント還元されます。 ポイント還元の上限額は、1カードにつき、月額1万5,000円相当(9か月間で最大13万5,000円相当)。 転売目的での購入など不適切な利用を防ぐため、クレジットカード各社が足並みをそろえました。 ただし、還元方法や家族カード・追加カードの取り扱いが各社によって異なります。 「キャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元事業)」については、参考記事で確認してください。 クレジットカード利用分の還元額上限は、月額1万5,000円相当。 複数枚保有する場合でも、1枚ごとにそれぞれ月額1万5,000円相当の上限が設定。 カード会社によって、家族カードの扱いが異なる。 クレカの通常ポイントに加え、ポイント還元事業のポイントも付与。 ポイントの2重取りが可能。 会計時の支払い回数は、一括払いに加え、リボ払い、分割払い、ボーナス払いでもポイント還元の対象。 ただし、金利・手数料、キャッシング利用は対象外です。 クレジットカードの付帯ポイントは、従来通り利用金額に対して付与され、いつもと同じようにポイントを獲得することができます。 クレジットカードと紐づけた「iD」「Apple Pay」「Google Pay」での利用は、本カードの利用分に含まれます。 「アメックス」は、期間中13万5,000円還元。 月額1万5,000円の上限を超えた場合でも、還元額は一律1万5,000円となり、次月に繰り越しはできません。 ただし、アメックス(アメリカン・エキスプレス・カード)のように、月額ではなく期間中の利用で13万5,000円相当とする会社、東急カードのように月額5万円相当と独自色を打ち出している会社もあります。 旅行予約やバイク購入、飲み会の幹事など、大きな支払いをする場合、アメリカン・エキスプレス・カードや東急カードで支払うのがお得です。 ポイント還元方法は、1ポイント1円で計算し、クレジットカードの利用分を金融機関の口座から引き落としする際に、請求金額と相殺(請求時値引)する方法、カード会社の独自ポイントとして還元する方法に分かれています。 多くのクレジットカード発行会社は、請求金額から減算する方式(利用金額が還元金額を下回る場合は、決済日に支払い口座に振り込み)を採用していますが、楽天カードやオリエントコーポレーションなど一部の会社は、自社のポイントで還元します。 なお、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートなど、即時還元(会計時にその場で値引き・ポイント付与など)を実施する店舗で利用した場合、店舗側の還元が優先されるため、クレジットカードでの追加の還元はありません。 複数枚所持で、還元額を増やすことが可能。 家族カードを合算するカード会社に注意 複数枚カードを保有している場合はどうなるかと言うと、1枚ごとに上限1万5,000円が設定されてあるので、2枚、3枚と枚数が多いほど還元額の上限枠を実質的に増やすことが可能です。 クレジットカード発行会社が同じ会社でも、それぞれのカード1枚1枚ごとに設定されています。 注意したいのが、家族カード・追加カードの取り扱いです。 ポイント還元額の上限を本カードと合算する会社(アメリカン・エキスプレスや三井住友カード)もあれば、家族カードを別カードとして上限を設定する会社(ジェーシービーやイオンクレジットサービス)もあります。 自分のカード会社は、どちらの方式で計算しているのか要確認です。 家族カードを本カードと別枠で計算する会社なら、本カードと家族カードで、それぞれ月額1万5,000円還元となり、合計3万円となります。 合算する場合は、家族カード利用分も本カードに含まれ、1万5,000円還元のままになります。 一方、三井住友カードだと、本カードと家族カード利用分が合算され、2万円分の還元になります。 しかし、上限が1万5,000円を超えた分は切り捨てられるため、5,000円分の還元を受けることができません。 家族カードを発行している家庭は、家族利用分も考慮しないと、同じ買い物でも、 結果的に損する形になるので要注意です。 概要 還元の上限額 1カードにつき、月額1万5,000円相当のポイント 還元方法 請求時値引・ポイント還元 家族カード・追加カード 本カードと合算して計算、本カードと別枠として計算 還元するタイミング 1か月の取引を翌月・翌々月の請求時に還元 クレジットカード発行会社ごとの違い 現在、判明しているクレジットカード発行会社の対応についてまとめてみました。 クレジットカード発行会社名 主なクレジットカード 還元方法 家族カード・追加カードの扱い アメリカン・エキスプレス・カード 請求時値引 基本カードと合算 イオンカード 請求時値引 家族カードは別カード NTTドコモ dカード オリコカード ポイント還元 セゾンカード 請求時値引 家族カードは別カード JCBクレジットカード 請求時値引 家族カードは別カード 東急カード TOKYU POINT 三井住友VISA・マスターカード 請求時値引 基本カードと合算 NICOSカード わいわいプレゼント 楽天カード 楽天スーパーポイント(通常ポイント) ワイジェイカード Yahoo! JAPANカード クレジットカード発行会社の多くは、1か月間の還元上限額を1万5,000円相当分までと設定。 アメックスのように期間中13万5,000円相当分、東急カードの月額5万円相当分まで還元とする会社もあります。 カード利用額が多い人は、東急カードを新規発行するのもありですね。 クレジットカード発行会社の還元方法、還元タイミング、家族カード・追加カードの扱いなどについて、10月1日の制度開始前までに確認しておきましょう。 自分が保有しているクレジットカードを見直す絶好の機会なので、還元率の高いカードや特典が充実しているカードなど、より自分にあったカードに乗り換えましょう。 なお、クレジットカードを作成する場合、公式サイトで直接申し込むのは損です。 ポイントサイトを経由して新規発行するだけで、数千円~1万円程度のポイントを獲得でき、ちょっとしたお小遣い稼ぎになります。 ポイントサイトについては、参考リンクで確認してください。

次の

「インヴァストカード」のメリットは?還元率1%、自動ポイント投資、年会費実質無料など投資初心者にうれしいクレジットカードの特徴を紹介

クレジット カード ポイント 還元

ポイント還元率とは!?クレジットカード還元率の基礎知識 クレジットカードを利用すれば利用金額に応じてポイントが付与されます。 まずはクレジットカードのポイント還元率について、少し解説しておきましょう。 クレジットカードによって還元率は異なり、一般的に流通系クレジットカードはポイント還元率が高く、銀行系クレジットカードはポイント還元率が低い傾向にあるのです。 ポイント還元率とは!? ポイント還元率とは、利用した金額に対してポイントが獲得出来る割合のことです。 獲得ポイント数を円に換算し、利用金額で割った率となります。 100円利用1円分のポイント:還元率1%• 200円利用で1円分のポイント:還元率0. 1,000円利用で5円分のポイント:還元率0. 5% 100円利用で1円分のポイントがつく場合の還元率は、1%となるということですね。 基本還元率が1%以上ならお得なカード まずは基本の還元率を抑えておきましょう。 近年では高還元カードの改悪が相次ぎ、基本還元率(標準還元率)が1%あるカードなら充分お得だと言えるでしょう。 でもこのようなカードは極一部に過ぎず、多くのカードの還元率は0. 5%止まりです。 標準還元率のレベル判定• 5%:一般的• 75%:やや高い• 0%:高い• 2%~1. 5%:かなり高い ただ利用次第で標準還元率にポイントが上乗せされるので、実際の還元率はもう少しアップすることも。 ポイント優遇店などの兼ね合いで、標準還元率が低いからといってメリットのないカードとは限りませんよ。 標準還元率でも特典でポイントアップ 通常クレジットカードは、一定の条件下においてボーナスや特典という形で還元率がアップします。 例としては以下のようなものです。 指定オンラインモールを経由する• 還元率が上がる特約店で利用する• 誕生月など一定期間内のカード利用• 一定金額以上カードを利用する 中でも各カード発行会社が運営するオンラインモールは、経由して買物すればポイント倍率が大幅にアップしますよ。 クレジットカードには通常いくつかのポイントアッププログラムが用意されており、それらを上手に組み合わせれば、どなたでも還元率を底上げすることができるのです。 クレジットカードを選ぶ際には、ベースの還元率の高さだけでなく、ポイントプログラムの充実度や、自分がよく利用するお店の還元率も是非チェックしてくださいね。 ポイントは有効期限が切れる前に使い切ろう ところでせっかく貯めたポイントも、そのままでは消えてしまうってご存知ですか?ポイントには有効期限があるので、放ったらかしにしていると古いものから順に失効してしまいます。 ポイントが失効する期限は、以下のようにポイントプログラムによっても全く違うので、カード入会後は必ずご確認を!中には簡単な手続きで期限を先送りできる場合もあります。 延長条件あり• 無期限 ポイントは使うからこそ現金払いよりお得になるものであり、貯まったポイントを一切利用せずに失効させてしまっては、意味がありません。 「期間限定ポイント」の有効期限は短いことに注意 特に通常よりも早く失効する「期間限定ポイント」の取り扱いにいは要注意です。 通常ポイント:ポイント有効期限まで使える• 期間限定ポイント:一定期間内しか使えない 例えば、の場合、キャンペーンなどで高倍率で獲得できるポイントには、期間限定ポイントが含まれているのです。 常に使い切っていれば、有効期限の近いポイントから順に消化されて無駄がありません。 それには貯めることばかりでなく、有効なポイントの使い道を考えておくことも大切ですね。 さて次章からは、いよいよ還元率が高いクレジットカードをご紹介していきます。 ポイントは知らない間にポイントが失効していることも。 ポイントには貯める楽しみもありますが、レートの高いものと交換する予定がないのなら、普段からこまめに使い切る方が無駄がありませんよ。 年会費無料で高還元のクレジットカード新登場!JCB CARD W(plus L) 2017年10月24日より、JCBより高還元クレジットカード「JCB CARD W」と「JCB CARD W plus L」が新しく発行されました。 39歳以下の方対象の、高還元でハイスペックのクレジットカードです。 年会費無料!基本還元率1. 0%のJCB CARD W(plus L) JCB CARD Wのポイントは通常カードの2倍の為、基本還元率が1%と高還元です。 しかも年会費は永年無料!39歳以下の方限定ですが、一旦入会してしまえば40歳すぎても引き続き利用を継続頂けます。 JCBパートナー店であるセブンイレブンやAmazonでJCB CARD Wを利用した場合、還元率は2%と非常に高還元です。 また、や海外利用分も利用付帯しますので、39歳以下の方は今が入会のチャンスですね。 JCBカードならQUICPay(nanaco)でポイント2重取りもできる QUICPay(nanaco)をセブンイレブンで利用すると、nanacoポイントとJCBのポイントの両方を一度の支払いでもらうことができます。 セブンイレブンはJCBパートナー店ですから、JCBのポイント2%にnanacoポイント0. 5%を合わせて、合計還元率が2. 5%まで上がりますよ。 女性の方は、お守リンダ(女性向けオプション保険)やリンダリーグなど女性に嬉しい特典が付帯する、JCB CARD W plus Lを是非選んでくださいね。 少額決済が多い方におすすめ!オリコカード・ザ・ポイント Orico Card The POINT(オリコカード・ザ・ポイント)は、年会費が無料ですから維持コストが0円です。 維持費0円ですから獲得したポイント分、そっくりそのままお得という事になりますね。 基本還元率が1. 0%!年会費無料のオリコカード・ザ・ポイント Orico Card The POINT(オリコカード・ザ・ポイント)はベースの還元率が1. 0%なので、一般的なカードよりもおトクなのです。 例えば10万円使った時のポイント獲得数を比べてみると、以下のようになります。 カード利用10万円に対して付与されるポイント• オリコカード・ザ・ポイント:1,000ポイント(1,000円分)• 一般的な(還元率0. 5%)カード:500ポイント(500円分) ここで注目して頂きたいのは、カードを使えば使うほど両者の獲得ポイント数の差は開いていく一方だということですね。 入会後半年間は還元率2. 0% Orico Card The POINT(オリコカード・ザ・ポイント)が凄いのは、新規入会後の半年間、なんと基本の還元率が2倍の2. 0%になることです。 今どこを探しても年会費無料で基本還元率が2. 0%のクレジットカードは見つかりません。 入会前には是非必要な物や使いたいサービスをリストアップしておきましょう。 ただ上限は5,000ポイントなので、2. 0%が適用されるのは総額25万円までとなります。 100円単位のポイント付与も高還元の理由 Orico Card The POINT(オリコカード・ザ・ポイント)は100円単位でポイントが貯まります。 クレジットカードの中には1,000円単位でしかポイントが貯まらないカードも数多く存在しているのです。 同じ1%の還元率でも1,000円単位でポイントが付与されるケースと、100円単位でポイントが付与されるケースでは、長い目でみると大きな差が生まれます。 7,900円の商品を購入したケースを例に考えてみましょう。 たとえ9円でも長い目で見れば大きな金額になりますし、カードの利用回数が多ければ、その分差がつくのです。 月の累計金額に対するポイント付与も高還元の理由 Orico Card The POINT(オリコカード・ザ・ポイント)が高還元な理由は、100円単位でのポイント付与だけではありません。 月の累計額(利用金額の合計)に対して100円単位でポイントが付与される点も高還元の理由の1つです。 カードによっては利用毎にポイントが付与されるカードも多数存在しています。 たとえ100円単位でポイントが付与されても利用毎でのポイント付与では、毎回端数が切り捨てられてしまうのです。 【月の累計で100円単位でポイント付与される場合】 890円の利用10回:月累計8900円:89円分のポイント獲得 上記の例では月の利用額が同じでも、利用毎に対するポイント付与と月の累計額に対するポイント付与では、9円分差がつきます。 同じ還元率でも、利用毎にポイントが付与されるカードと、月の累計金額に対してポイントが付与されるカードでは、端数分差が生まれるのです。 Orico Card The POINT(オリコカード・ザ・ポイント)は、100円単位で且つ月の累計金額に対してポイントが貯まりますので、高還元カードとしておすすめのクレジットカードと言えるでしょう。 2種類の電子マネーでもポイントが貯まる クレジットカードでポイントを貯める時に常に心がけたいことは、現金決済を極力避けること。 できる限りカードを使って、ポイントの取りこぼしを防ぎます。 でも時にはカード決済しにくい場合もあります。 例えばコンビニでコーヒーだけ買うのにカードを出すのは、ちょっと気が引けますよね。 そんな時に便利なのが電子マネーです。 電子マネーならば、レジのリーダーにかざすだけで手軽に支払いが完了します。 実はOrico Card The POINT(オリコカード・ザ・ポイント)は、以下の2種類の電子マネー標準搭載の、とても珍しいクレジットカードなのです。 Orico Card The POINT(オリコカード・ザ・ポイント)は、基本還元率が1. 0%で、100円単位の月累計でポイントが貯まる高還元カードです。 少額の場合は、標準搭載の2種類の電子マネーも活用しましょう。 こちらでもポイントが貯まりますよ。 実質年会費無料!基本還元率1%!ローソンや高島屋で高還元dカード dカードは初年度の年会費が無料です。 次年度以降も年に1度以上利用すれば無料となる為、実質年会費は無料と言ってよいでしょう。 dカードの基本還元率は1. 0%と高く、dカードの利用によって貯まるポイントは、幅広い店舗や企業で利用できるです。 dポイントは提携店で1ポイント1円として利用できますから、ポイントの使い道に困る事はないでしょう。 ローソンで5%!高島屋で3%!マクドナルドで2%還元 dカードは特約店で利用すると、還元率が一気にアップします。 dカードをローソンで利用すると、合計還元率が5%と驚異の高還元カードになりますよ。 dカード決済で3%OFF• dカード決済で1%ポイント還元• dカード提示で1%ポイント還元• dカードも100円単位でポイントが貯まりますので、1,000円単位でポイントが貯まるカードよりも端数分お得ですね。 ただし、月の累計額ではなく利用ごとでの付与となります。 電子マネーiDが標準搭載 dカードも電子マネーiDが標準搭載されています。 新たな申込みや手続きは一切不要で、カードが届けばすぐに電子マネーを使い始めることができますよ。 電子マネーiDはカード一体型でチャージ不要です。 残高不足もなければ、いちいち入金する手間もかかりませんので、とても便利ですよ。 dカードは、基本還元率も高く、ローソンやマクドナルドをよく利用する方におすすめの高還元カードです。 還元率は常に1. 2%以上をキープ!リクルートカード リクルートカードは年会費永年無料で、しかもベースの還元率が1. 2%もある高還元率カードです。 電子マネーチャージでもポイントが貯まるお得なクレジットカードとなります。 年会費無料!基本還元率1. 2%リクルートカード• ポンパレモール:1. 2%+ショップ利用3. じゃらんnet:1. 2%+宿泊予約2. ホットペッパービューティー:1. 2%+クーポン予約2. 最高2,000万円の海外旅行保険利用付帯• 最高1,000万円の国内旅行保険利用付帯• 安心のショッピング保険付帯 一番手軽なのが、様々なリクルートの参画サービスを利用することです。 このようにカード決済1. 2%に加えて、更にポイントが上乗せされます。 特にオンラインモールのポンパレモールは、ネットショッピングするだけで合計4. 2%も還元されます。 中には20%という高倍率の商品もあり、常に最新情報をチェックしていると思わぬお得が見つかりますよ。 その他ホットペッパーグルメやポンパレでも、同様に多くのポイントを獲得できます。 Pontaポイントとの連携でより便利 リクルートポイントはちょっと前にPontaポイントと統合され、Pontaはポンパレモールでそのまま利用できます。 Pontaは汎用性が高く、多くのお店で利用できます。 以下一例としてあげた有名店においても「Pontaを貯める・使える」の両方が可能です。 ローソン• ライフ(限定店舗)• 高島屋• ケンタッキーフライドチキン• 昭和シェル、その他 Ponta WebでリクルートIDとPonta会員IDを登録しておけば、更にポイント獲得のチャンスが広がりますよ。 リクルートカードはベースの還元率が1. 2%もありますから、ただ使っているだけで他のクレジットカードよりおトクになりますね。 REX CARD (レックスカード)は年会費無料で基本還元率1. 25%と高還元 REX CARDは基本還元率1. 25%を誇る希少な高還元カードです。 こちらのカードのすごいところは、還元率が高いだけでなく付帯保険も充実している点ですね。 還元率1. 25%の業界最強水準!REX CARD (レックスカード) REX CARD (レックスカード)は基本還元率が一般のカードより高い為、どこで利用しても高還元なのです。 特約店を利用した時だけ高還元というわけでなく、利用先を選ばず高還元なカードは、よく利用する特定のお店が決まっていない方におすすめの1枚と言えるでしょう。 REX CARD (レックスカード)は標準還元率が高いので、プロバイダ料金や電気料金など、毎月発生する支払いを積極的にカード決済にすれば節約にも繋がりますよ。 年会費無料にも関わらず海外旅行保険自動付帯 REX CARD (レックスカード)がすごいところは還元率だけではありません。 年会費無料にも関わらず、疾病・傷害治療の補償がついている海外旅行保険が自動付帯します。 年会費無料のカードの場合、海外旅行保険が付帯しても利用付帯であったり、疾病・傷害治療の補償がない場合が多い為、REX CARD (レックスカード)の補償内容は充実していると言えますね。 また、国内旅行傷害保険も利用付帯ではあるものの、入院・通院時の補償もある充実ぶりです。 また、REX CARD (レックスカード)は優待も豊富なクレジットカードです。 Suica系最強カード!基本還元率1%の高還元ビックカメラSuicaカード ビックカメラSuicaカードの年会費は、初年度無料、次年度も年に1度でも利用すれば無料ですから、実質無料と言えますね。 また、ビックカメラSuicaカードは2種類のポイントが0. 5%ずつ同時に付与され、合計で1%になるという、他にはない仕組みになっています。 ビックポイント:0. 5%還元• JRE POINT:0. 5%還元• 合計還元率1% 例えば公共料金の支払いに使っても、ビックカメラのビックポイントとJR東日本の共通ポイントであるJRE POINT、毎回必ず2種類のポイントを獲得できるのです。 ビックカメラ利用で11. 5%還元 でも何と言ってもビックカメラSuicaカードが凄いのは、ビックカメラの利用で最高11. 5%もの還元率を叩き出せることでしょう。 これにはちょっとしたコツがあって、まず最初にこのカードでSuicaクレジットチャージして、そのSuicaを使ってビックカメラでショッピングするのです。 Suicaチャージ:1. 5%還元• ビックカメラでSuica利用:10%還元• 合計還元率11. 5% これで1. 5%分のJRE POINTと10%分のビックポイントが獲得できるんですね。 実店舗で11. 5%ものポイントが貯まるカードは他には見つかりません。 Suicaチャージでポイント3倍(還元率1. 5%) ビックカメラSuicaカードはへのチャージでポイントが3倍(還元率1. 5%)獲得できるカードですから、普段Suicaを利用する方にもおすすめのクレジットカードですね。 ビックカメラSuicaカードなら、モバイルSuicaの年会費(通常税込1,030円)も無料で利用頂けますし、定期券の購入やオートチャージでもポイントを3倍獲得できますから、通勤や通学でJRを利用する方にもお得なカードです。 ビックカメラSuicaカード利用で貯まるJRE POINTは加盟店で1ポイント1円で利用できますし、1ポイント1円としてSuicaにチャージして使う事もできますよ。

次の