木村情報技術 女性。 木村 由佳|社員インタビュー|新卒採用|採用情報|東芝

木村情報技術 株式会社の採用/求人

木村情報技術 女性

製薬企業を中心にWeb講演会事業を手掛ける木村情報技術株式会社(佐賀県佐賀市、代表取締役木村隆夫、以下「木村情報技術」)と、医療機関向け医薬品を手掛けるキッセイ薬品工業株式会社(本社:長野県松本市、代表取締役会長兼最高経営責任者:神澤陸雄、以下「キッセイ薬品」)は、両社で共同開発を行っておりましたオートメーションディテールシステム『AI-Detail』を正式リリースしましたのでお知らせします。 『AI-Detail』は、医療従事者が必要とするスライド情報を自動抽出しAIがディテールを行う、オートメーションディテールシステムです。 両社は『AI-Detail』の活用により、多忙を極める医療従事者に対し、24時間365日効果的に情報提供を行うニーズに応じることを期待しています。 製薬協の作成要領に合わせたシステム設計 日本製薬工業協会が策定した「医療用医薬品製品情報概要等に関する作成要領」に準じてシステム設計しています。 スライドの自動取り込み 情報提供資材であるPowerPointをアップロードすると、自動でスライドタイトルとノートを取り込むので、担当者の手間を大幅に削減します。 利用者自身でディテール内容を最終決定 利用者が指定したキーワードから該当のスライドを自動抽出。 重要度・関心度の高いスライドを利用者自身で選択します。 数千人~数万人規模の映像配信ができ、Web講演会運営・配信の売り上げシェアNo. 重点領域である泌尿器、腎・透析、糖尿病、及びRare Disease(難病・希少疾患)領域において、新薬を発売するとともに研究開発に取り組んでいます。 詳細につきましては、キッセイ薬品ウェブサイト()をご参照下さい。 jp URL:•

次の

3DCGデザイナー(東京)(ID: 41010

木村情報技術 女性

1970年、神奈川県横浜市生まれ。 1994年米国大学日本校を卒業後、医薬品業界向けのコンサルティングを主業務とするユート・ブレーンに入社。 医療・医薬品業界のオピニオンリーダーとして、朝日新聞夕刊の『凄腕つとめにん』、マイナビ2010『MR特集』、女性誌『anan』など数多くの取材を受けている。 講演の対象はMR志望の学生から製薬企業の幹部、病院経営者まで幅広い。 受講者のニーズに合わせ、"今日からできること"を必ず盛り込む講演スタイルが好評。 とくにMR向けの研修では圧倒的な支持を受けており、受講者から「勇気づけられた」「聴いた内容を早く実践したい」という感想が数多く届く。 2015年夏からは才能心理学協会の認定講師も務めている。 一般向け書籍の三部作、『病院のしくみ』『よくわかる医療業界』『医療費のしくみ』はいずれもベストセラーになっている。 <最近の主な講演・研修テーマ>• 地域包括ケアに求められるMRの"5ツール"~3つのアウトカムを改善するMRが勝ち(価値)残る~• 2018年度改革の序章となる2016年度診療報酬改定のポイント• 2016年度診療報酬改定のポイント ~2018年度改革の序章となる改定が糖尿病領域とバイオシミラーに及ぼす影響~• 地域包括ケアと診療報酬改定がもたらすもの ~「異物」と認識されないようにするには、免疫システムになるしかない~• 心と尻に火をつけるマネジメント研修 ~シェア・オブ・ディテーリングの向上を目標とした部下指導のヒント~• 医療環境の変化と薬局&薬剤師に期待される役割• 現在起きていることから未来を読む~現状維持が不可能な時代のMRのあり方~• 2015年から起きる変化と求められるアウトカム• 病院の機能分化の現状とこれから ~2025年前後までに起きる出来事~• 地域包括ケアシステムにおけるMR像• 医療環境変化に対する製薬企業・MRの対応• 医療環境の変化と『病院のしくみ』 ~プロモーション費を請求できる"5ツールMR"を目指して~• 環境が変わると制度が変わる。 制度が変わると"きょうそう"が変わる• 新任急性期施設担当者研修• 地域包括ケアと卸、MSの対応を考える• 製薬企業が取り組まなければいけない3つの課題• ダイバーシティと感情マネジメント• 新任急性期施設担当者研修(e-ラーニング・コンテンツ)• 地域包括ケア元年への対応とエリア・マーケティングの実践• エリア管理者が考える今後必要とされるMRとは• 薬剤師が『地域』と『経営』のキーパーソンになるために• 地域医療構想と地域包括ケアが薬局経営にもたらすもの• 地域包括ケアと人工知能の"良い加減"のど真ん中に立つ薬剤師• 30年に一度の「2018年度改定」に向けた医業経営の変化• 医療制度の現状と課題~糖尿病領域と〇〇に及ぼす影響~• 地域医療構想と地域包括ケア時代への対応~安心産業のキーパーソンに求められる3つのアウトカム~• 今後の精神科医療の方向性~精神科も地域包括ケアの時代~• 医療制度の現状と今後の医療連携の課題• 地域包括ケアと2018年度ダブル改定への対応~ゲートオープナーとしての役割が期待される診療所~• 医療制度の現状と課題~変化に対応するための準備とは~• 2018年度診療・介護報酬同時改定のポイント• これだけは知っておきたい2018年診療報酬改定のポイント お名前 必須• 名 フリガナ• セイ カタカナ• メイ カタカナ メールアドレス 必須 入力例:foo example. com 確認のためもう一度入力してください 会社名 必須 部署名 郵便番号 入力例:123-4567 都道府県 必須 市区町村・番地・建物名 必須 電話番号 必須 入力例:03-1234-5678、0312345678 何がきっかけでお問い合わせいただきましたか? 必須• インターネットでの検索• 知人からの紹介• ダイレクトメール• 講演会やセミナーを見た• 営業電話• メディア掲載情報を見た• メールマガジン• ブログを見た• 著書を見た• その他 お問い合わせ 必須 『木村情報技術株式会社へのお問い合わせ』における 個人情報の取り扱いについて 木村情報技術株式会社 以下「弊社」という では弊社へお問い合わせをいただくお客さま 以下「お客さま」という が、本ウェブサイトその他を通じて弊社にご提供・開示いただくお客さまご自身の個人情報について、以下のとおり取り扱っております。 お客さまにおかれましては、以下の内容にあらかじめ同意の上で、ご自身の個人情報の提供・開示をお願い申し上げます。 利用目的 弊社では、以下の目的で、お客さまの会社名、氏名、E-Mailアドレス、電話番号等の個人に関する情報 以下「個人情報」 を収集いたします。 お問い合わせに対する回答を行うため• ご請求いただいた資料などの送付を行うため• 資料の送付ができなかった場合にご連絡を行うため• 統計データの作成・分析を行い、問い合わせ窓口のサービス向上をはかるため 2. 個人情報を提供されることの任意性について お客様が弊社に個人情報を提供されるかどうかは、お客様の任意によるものです。 ただし、必要な項目をいただけない場合、各サービス等が適切な状態で提供できない場合があります。 個人情報の管理について 弊社では、お客さまの個人情報を、弊社の責任のもとで厳重に管理いたします。 セキュリティについて 弊社ウェブサイトにおいてお客さまに個人情報を提供していただくページには、SSL セキュア・ソケット・レイアー と呼ばれるデータを暗号化して通信する仕組みを使用しておりますので、万が一、送信データを第三者が傍受した場合でも、内容が盗み取られる心配はございません。 またサーバーのデータはファイア・ウォールという不正アクセスを防止するシステムを採用しております。 これらの技術によりご登録いただいたお客さまの個人情報が外部に漏れることのないよう、情報の管理・保護に万全を期しております。 Cookieについて 本ウェブサイトでは、お客さまに一層便利にご利用いただくため、一部のページで「Cookie」という技術を使用する場合があります。 Cookieにより、ウェブサイトはお客さまのコンピュータを識別することができるようになりますが、お客さまのお名前、ご住所、電話番号、メールアドレスといった個人を特定可能な情報 個人情報 を取得することは一切ありません。 お客さまは、ご利用いただくブラウザの設定によりCookieの受け取りを拒否したり、Cookieを受け取ったときに警告を表示させたりすることができます。 個人情報の第三者への提供について 弊社は個人情報を以下のいずれかに該当する場合を除き、第三者へ提供いたしません。 法令に基づく場合• 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき• 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき• 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき 7. 個人情報に関する問い合わせ 個人情報の開示、訂正、削除や利用、提供の中止の申出等に関しましては、弊社個人情報保護方針記載のお問い合わせ窓口までご連絡くださいますようお願いいたします。 木村情報技術株式会社 個人情報管理責任者 橋爪 康知 同意確認 必須• 個人情報の取扱いに同意する.

次の

コンサナリスト事業部|お問い合わせ|木村情報技術株式会社

木村情報技術 女性

回答者 2. 5 入社を決めた理由: 医薬品業務のWEB講演会受注のトップシェア企業として間接的に医療に貢献できると思い入社しました。 「入社理由の妥当性」と「認識しておくべき事」: 大手企業を含めて製薬企業と取引できる点は医療業界の一部を担っていると思いました。 ただ、取引相手からするとあくまでIT企業です。 医療には貢献していません。 大手製薬企業と取引があるからかもしれませんが自分達もそのくらいの立ち位置と勘違いしている社員が目立ってる印象です。 名前もよく聞かない製薬企業を低く見ている社員もいました。 就職活動しても自分達はその低く見ている製薬企業より応募または人気佐賀県の方以外は結構下かなと思います。 回答者 2. 5 イベント系の営業、技術は全国出張でいろんなところに行ける機会があります。 もちろん交通費、宿泊費は取引相手持ちです。 人によっては出張なびを使用せず、自分でポイントが貯まるホテルを選択される場合も聞いたことがあります。 とてもいい風土で働きやすい企業です。 土日もイベントがなければしっかり休む事ができます。 ただ社内行事を大切に大切にしている企業ですので、休日に行事がある際は割と多くの社員が出席をしています。 社員行事は多めの企業と認識してよいと思います。 年末の営業日の最終週には全社員が佐賀県に集まって会議と忘年会に強制的に参加しています。 全社員が一同に集まる為、普段電話やネットでしか顔を合わせて話したりできる貴重な場と思っている社員もいると思います。 一年の終わりを佐賀県で過ごせる魅力的な企業です。 回答者 2. 5 強み: 医薬品業界のWEB講演会受注のトップシェアを誇っていること。 弱み: 医薬品業界頼み。 WEB講演会の本社企画が飽和状態となり、エリア企画といわれる地方の小規模なWEB講演会で数を伸ばしているが、いつそれも飽和状態になるかどうかです。 社長のトップダウン。 普段の威圧感のある態度もあり、空気が重くなる事もしばしば見受けられました。 よく、会社を存続させる為にあえて厳しい事を言っていると自分の発言に保険をかけているようにも見えて驚きです。 以前に比べたら温厚にはなったと聞いています。 飲み会の時の態度は違いますが、それは魅力的でないと認識しないといけないと思います。 事業展望: ホームページではリモートWEB講演会を実施されているとありました。 演者の勤務先または自宅に行くとありましたが、ウィルスを持ち込まない様に心がける必要があるのに相手先から嫌がられないかなと思います。 遠隔システムを有効に使っての営業はされているとは思いますが、よくわからない現状だと思います。

次の