きめつのイラスト簡単。 キメツ学園 (きめつがくえん)とは【ピクシブ百科事典】

切り紙でかわいいお花を作ろう!子どもでも簡単な図案│銭屋工芸社

きめつのイラスト簡単

こんな方におすすめ• 海や水面が難しいと悩んでいる方• 手軽に背景に挑戦してみたい方 本記事の内容• 特殊ブラシを使って海を手描きする方法• 写真素材を活用して海を描く方法• 海を描くのに便利な効果レイヤー はじめに背景を描く上で重要なことがありまして、それは…、 質感を再現できるブラシを使って描く! ことです。 これらを普通のブラシで描くのは限界があります。 そこで背景の質感を設定した特殊ブラシを使うと、緻密で描き込みの多い背景を描くことができるわけです! また、 写真素材を使うのもコツ。 これはフォトバッシュという、主にゲーム・映画業界のコンセプトアート領域で使われている技法。 (一度は見たことあるかもですが、めちゃくちゃリアルで緻密なイメージボードとか) 写真素材を下地にして描くことで、0から手描きするより、手軽に・短時間で完成度の高いイラストを仕上げられます! 海を描く手順• グラデーションで海の下地を作る• 濃い波を描く• 明るい波を描く• 明るい波を描く~その2~• レイヤーモードを 乗算に変更します。 海からはみ出さないように 海レイヤーにクリッピングします。 赤い矢印の方向にペンを動かします。 ブラシサイズを多きめに設定し、横一直線にブラシを1回動かします。 普通のブラシのように何度もタッチを重ねるのではなく、 1回でスゥーっと動かすのがコツ。 時々ジグザグに細かく動かすと自然な仕上がりになる。 )波を削って形を整えていきます。 加算に変更します。 画面を撫でるように短くスッとタッチすると綺麗に仕上がります。 変形機能(キーボードのCtrl+T〈MACはcommand+T〉 )で複製したレイヤーを移動&サイズ調整します。 サイズの調整&いい位置に移動ができたら、キーボードのEnterキーを押して変形を完了します。 さらに 反射光レイヤーの複製と 移動&サイズ調整を繰り返していきます。 反射光を海全体に満遍なく配置すると綺麗な仕上がりになります。 1枚の写真をイラスト風に加工する• 背景初めての方でも割と手軽に描けます。 たとえば砂浜のイラストを描いているとして、打ちつける波の部分だけ写真素材を使う…といった具合です。 今回使うのはこちらの海の写真。 海といえば青色のイメージがありますが、曇りのため全体的にどんよりと暗いです。 効果レイヤーを活用して、鮮やかな青い海に変えていきます。 色味を鮮やかにしたり、特定の色味を強くしたり、全体に特定の色味を乗せたりできます。 一番上に新規レイヤーを作成、レイヤーモードを オーバーレイに変更します。 グラデーションツール の「昼空」というモードを使用。 今回も赤い矢印の方向にペンを動かしてグラデーションを掛けます。 今回はレイヤーモードは 通常でいきます。 白っぽい水色で波を加筆します。 選択ツールはいろいろ種類がありますが、広範囲を一気に囲うときは 「長方形選択」が最適! 塗りつぶしのボタンをクリックして空を塗りつぶします。 曇り空だったので、濃い水色にします。 上に新規レイヤーを1枚作成、 空を塗りつぶしたレイヤーにクリッピングします。 これで空の部分だけに描くことができ、海の部分にはみ出さなくなります。 先ほどの グラデーションツール の「描画色から透明色」を使って明るい水色のグラデーションを掛けます。 (おまけ)雲も描く せっかくなので夏っぽい雲も加筆しました。 雲は海と同様に専用の特殊ブラシを使って描いたり、雲の写真を加工する方法もあります。 波の写真素材の集め方! 写真素材は フリー素材サイトを活用しましょう。 一番のオススメはというサイト!登録とかなしで無料で利用できます。 素材は商業利用OK・クレジット表記不要です。 神かな ・適当に「港」と打ち込んで素材を検索します。 ・今回は下の写真を使うことにしました。 保存した写真素材を開き、 選択ツールで使いたい部分を囲みます。 囲む形が複雑な場合は、 ペンで描くように自由に選択範囲が作れる 「投げなわ選択」が便利! 選択できたら、 Ctrl+C〈MACはcommand+C〉でコピー、イラストの画面に戻って Ctrl+V〈MACはcommand+V〉で貼り付けます。 サイズや形を変えたい時は 変形機能(Ctrl+T〈MACはcommand+T〉 )を押して変形 この作業を繰り返して海全体に波の写真パーツを貼り付けていきます。 上に新規レイヤーを作成し、レイヤーモードを オーバーレイにします。 加筆は、上に 通常レイヤーを作成して進めていきます。 (ちなみに[硬さ]の項目をレベル3にすると、 エアブラシほど柔らかくなく、かつペンほど硬くない絶妙な描き味になります! どんどん加筆していきます。 写真が粗くなってる部分• 情報量が細かい所• パーツ同士のつなぎ目• 白い明るい波 を重点的に加筆していきます。 1枚の写真をそのまま加工することに比べて、好きなパーツを好きな場所に使える分表現の自由度が高いです! 写真で海を描く2つの方法• 1枚の写真をイラスト風に加工する• 1枚のイラストとして成立させるためには、• ブラシのタッチ• 効果レイヤー• 素材同士を馴染ませる加筆 などなど、様々な技術や知識が必要になります。 1枚のイラストとして完成させられたのならそれはあなたの立派な画力だし、作品。

次の

【簡単!目の描き方】かわいい目を描くコツ

きめつのイラスト簡単

描き手の人数が多いため格安で質の低い商品も一部ありますが、注文前に実際のサンプルが数多く見られるので事前確認すれば大丈夫です。 ココナラの特徴は他サイトよりもはるかに安くお手軽に、 世界で一つだけの『あなたオリジナルの似顔絵イラスト』が手に入れられることです。 オリジナリティ 独自性 という要素は ブランディングにも直結する大きな利点です、以降で紹介する無料アプリなどではなかなか実現できない要素となります。 サービスを提供しているイラストレーターの数がとにかく多い• 多くのイラスト作家を見比べて好きなタイプの絵柄を見つけられる• 完全オリジナルの似顔絵が手に入ってビジネスやブログなどにすぐ使える• 他の似顔絵制作サイトに比べてはるかに安い値段 5千円未満が相場 で頼める• 作家によってはオプションで通常ない希望が頼めることも(無理強いはだめ)• 公式サイト: パソコンから写真を取り込んで、バーを操作することで色を変えたり線のタッチを変えて自分の好きなように加工ができます。 写真からだいぶ印象をはなしていくことで 絵のようなタッチにすることも案外楽に出来ます。 似顔絵風という印象を簡単に取り入れたい場合に向いているかもしれません。 キャラデザ 公式サイト: 全身の似顔絵イラストが写真数点で依頼できます。 フルオーダーメイドで体型や自由なポーズ、仕事で着用する制服や愛用品まで含め キャラクター デザインできます。 他の似顔絵商品にはない最大の売りは 表情パターンが複数ついていることで、 ブログやSNSの会話アイコン・プロフィール画像で喜怒哀楽の感情表現がおこなえます。 スポンサードリンク 似顔絵を使うときに知っておきたい、3つのこと 似顔絵イラストを手に入れたら、どういった目的に使いたいのか? 最近の似顔絵イラスト購入の用途としては、主に次のようなものが多いんじゃないでしょうか。 SNSやブログのアイコン用• ビジネスなどの名刺やブランディング用• ウェルカムボード・結婚式の引出物など用• 特別なプレゼント用 それぞれの用途に 適したクオリティや見合った値段があります。 もしビジネス・ブログなどに使う時はあなた自身のイメージにも大きく影響するので、 無料アプリ系の似顔絵は選ばないほうがいいでしょう。 どこでも見かけるような無料系アプリ・サイトを使っていると、ビジネスなのに細かいところに投資をしない人・・・だと思われかねません。 ブランディングもやりにくく安っぽく見られてムダに損する可能性があるので、くれぐれも気をつけましょう! 無料アプリから有料業者サイトまで、写真から似顔絵を作る時の価格はさまざま 似顔絵商品の値段は、完全に ピンキリとなっています。 アプリでスマホの写真をカンタンにデジタル加工して提供する無料のものもあれば最初に紹介したようななどの格安似顔絵イラスト制作サービス、有名クリエイターや似顔絵界の重鎮が描く高額商品まで・・・種類や用途次第で金額も全然変わってくるのがわかるでしょう。 ¥0 ・・・アプリを使った無料の写真加工• ¥500~5000 ・・・ココナラなど格安で頼めるサイトや、お手軽さを売りにしたもの• ¥5000~ ・・・キャラクター性やブランドイメージまで絵に取り入れて作成するもの 情報発信などで似顔絵イラストを使っていくなら極端すぎる印象のものを選ぶよりも、 ある程度 「一般受け」を優先することが大切かもしれません。 写真の写し ・・・写真の向きや表情と基本的に同じ、 キャラクター性はほぼない• デフォルメしたもの ・・・頭身を下げてキャラクター化するものなど、 キャラクター性が高い• 誇張したリアル系 ・・・目が小さい、鼻が大きい、唇が厚いなどの身体の特徴的な部分をことさらに目立たせてリアルなデフォルメを施す絵画的なもの、 人によって好き嫌いが大きく分かれるのでビジネスなどには向かない さらに、絵を描く範囲として• 顔だけのもの• バストアップ(胸下あたりまで)のもの•

次の

きめつの刃のアニメイラストが神過ぎる!作画やLiSAの新曲が神マッチして思わず息を飲む色彩!

きめつのイラスト簡単

炎の描き方のコツ 炎の描き方の流れを簡単に 解説するとこのような感じです。 しかし、多くの初心者は 彩度を コントロールする意識が弱いため 不自然な印象になって しまうことが多いのです。 このようなハイコントラストな 光の設定では明るいゾーンは、 ほぼ白なので彩度が低いのです。 カゲの中は私たちが想像するよりも 実際は鮮やかなのです。 炎の描き方の基本 炎の描き方 今回のモチーフの3色下絵を紹介します。 今回の下絵はコチラです。 明るく鈍い黄色 鮮やかなオレンジ 暗くやや鮮やかな赤紫 の3色です。 それでは実践パートに入っていきましょう。 炎の描き方:実践編 炎の描き方を動画で解説してみました。 動画とあわせてご参照ください。 下絵の裏を鉛筆で真っ黒に塗り、 上からボールペンでなぞって 画面に転写していきます。 この初めに塗る下塗りを インプリマトゥーラといいますが インプリマトゥーラは、 中間トーンよりやや明るめの色を 半透明に塗ると良いでしょう。 今回は中間の明るさがオレンジなので 黄色とオレンジの中間の色を作って ジェルメディウムを混ぜ、 半透明な絵の具を作っていきます。 転写した下絵の周囲を マスキングテープでカバーしていきます。 筆に絵の具を馴染ませていきます。 インプリマトゥーラは早い手の動きで 半透明で均一な塗膜ができるように 下塗りをしていきます。 今回は暗いゾーンが赤紫色なので 赤紫のグレーを作っていきます。 最終的な仕上がりよりも やや明るめやや鈍目に 不透明な絵の具を作り塗っていきます。 モチーフの立体感や光源の位置を 感じながら陰の形を塗っていきます。 初めのうちはこのように明暗の境目付近に 注目してモチーフの形を探るように 塗っていきましょう。 今回は明暗の境目である稜線付近に 現れるモチーフの質感も この段階から再現していきます。 ホイップクリームのくだけた表情や イチゴの表面の細かい凹凸も 感じながら陰の形を塗っていきます。 このようなざらついた質感は 筆に絵の具をあまり付けず、 筆を速く動かすことで 再現していきます。 このような筆のタッチを ドライブラシといいます。 陰の形をぬりながら、このような 質感を表現していくときの重要なのは 全て同じタッチにしない ということです。 同じ陰のゾーンでも モチーフの稜線付近はカサついたタッチで塗り、 背景部分などはマットに平面的に塗る などの工夫をして絵の具の付き方に 差をつけることで質感を感じる絵 になっていきます。 明暗の境目が把握できたら、 大きい平筆で暗い面を塗って いきましょう。 不透明でマットな面を塗る場合は このように複数回塗り重ねると 良いでしょう。 初めは半透明な絵の具でざっくりと塗り 2回目にマットに塗ることで 下絵の鉛筆の線を参考にしながら 陰の中に溶け込んでしまっている モチーフの形を探りながら 暗い形を決めることが出来ます。 今回は不透明な鈍い黄色を 塗っていきます。 下塗りの色よりも明るい色を 作るのがポイントです。 明るいゾーンは初めのうちは全て、 不透明でマットに塗りこむのがポイントです。 この段階である程度自然な光や 立体感を感じるでしょうか? もし感じないようであれば、 塗った色が間違っている可能性が あるので、確認してみましょう。 お次は不透明なベースの上に 黄色の半透明な絵の具を かけていきます。 ジェルメディウムを混ぜて 絵の具の透明感と粘り気を上げて、 半透明な黄色い塗膜を重ねていきます。 明るいゾーンは最終的に彩度が低く なるので、鮮やかになりすぎないように 注意しましょう。 今回も ジェルメディウムを混ぜて絵の具の 透明感と粘り気を上げて、 半透明な塗膜を重ねていきます。 先ほど塗った黄色のゾーンよりも 鮮やかになるように 塗り重ねていきます。 一度塗っただけでは、鮮やかさが 足りないので複数回塗り重ねて、 ちょうど良い鮮やかさになった ところで次の色へ移ります。 今回の絵は明暗のコントラストが 強いので、黒い絵の具も少し混ぜます。 ジェルメディウムを混ぜて絵の具の 透明感と粘り気を上げて、 半透明な塗膜を重ねていきます。 広い面を塗る時は 筆の後が残らないように手を素早く動かし 何度か塗り重ねることで、ムラのない きれいな塗膜を作っていきます。 赤紫のゾーンも先ほどと同様 ちょうど良い鮮やかさになるまで 塗り重ねていきます。 黄色のゾーンより鮮やかで オレンジほど鮮やかではない ちょうど良いラインを目指して 塗り重ねていきます。 このように透明な絵の具を 重ねるときは 鮮やかさを上げながら、 明るさの段階を増やす意識で 塗っていきましょう。 透明色を塗り重ねると、画面は 暗くあざやかになっていきます。 また色相環上では 黄色に近づくほど色は明るく、 青紫色に近づくほど 色は暗くなっていきます。 なので基本的に透明色を重ねて、 絵にモチーフの固有色を 追加していく場合 黄色から青紫に向けて順番に 色を追加していくと良いでしょう。 今塗っている赤は若干黄色が 混ざっています。 ややオレンジ寄りの赤なのです。 モチーフの固有色をいきなり 重ね塗りすると、浮いてしまう ことが多いので 今回の光の色である黄色を混ぜた オレンジ寄りの赤を一旦塗っておくことで 自然な印象に仕上げることが出来ます。 画面を徐々に暗く徐々に 鮮やかにしていくことが 立体的で鮮やかな絵を描く コツなのです。 ベースにオレンジがあるので、 不透明で隠蔽しながら塗っていく 必要があります。 この時もモチーフの固有色を いきなり塗るのではなく モチーフの固有色に若干光の色である 鈍い黄色を混ぜて塗っています。 次はピンク色のロウソクを 塗っていきます。 この時も モチーフの固有色に若干光の色である 鈍い黄色を混ぜて塗っています。 モチーフの固有色を追加するときは その空間の光の色を若干混ぜて、 やや白っぽく塗るのがコツです。 お次は炎の周辺や、白い ホイップクリームの稜線付近に 透明で鮮やかなオレンジを 重ね塗りしていきます。 ピンボケを作る最もシンプルな方法は 色の境界線を見つけて 2つの色をパレットに再現し、 混ぜ合わせて中間色を作って 境界線上に塗るという方法です。 かなり面倒な作業ではありますが これを機械的にやっていくだけで 無限の色を感じるようなピンボケの グラデーションを作ることが出来ます。 画面の隅を暗い赤紫で 塗っていきます。 この絵のように中心に光源があって 周囲が暗闇の設定を描く場合 画面の四隅を暗くすると より自然な光を演できます。 ここからは不透明な絵の具を作って 今あるベースに薄く擦り付けるようにして さらに明るさの段階を増やしていきます。 塗りムラが気になる部分も必要な色を 作って修正していきます。 次にハイライトを白で描きおこします。 最も明るいゾーンがあざやか過ぎるので ほんの少しだけ黄色が混ざった 白を塗っていきます。 このようにハイライトの部分は 基本的にほぼ白なので、 彩度が低いのです。 また、今回のモチーフはイチゴや 溶けたロウソクなど、光沢のある部分 があるので 光源の光が反射しています。 これを細かい点を打つように 再現していきます。 全体の色の雰囲気やキワの表情を 確認し満足が行ったら マスキングテープをはがして完成です。 完成 今回はこのような 仕上がりになりました。 この絵のように暗い空間に ぼんやり光る光源があるような 設定の絵は 全体の色の関係を合わせ、 各モチーフの稜線付近を少し 描写するだけで自然な空間を 描けてしまいます。 また、ホイップクリームやイチゴなどは 形の厳密さは さほど重要ではありません。 人物や動物など形に特徴がある モチーフで練習をし、 疲れてしまった時には 今回のようなモチーフで光や質感を 描写する楽しみを思い出してみるのも 良いかもしれません。

次の