年金 免除 申請 書。 国民年金保険料の免除申請は毎年するのですか。 江戸川区ホームページ

年金 申請書ダウンロード|日立トリプルウィン

年金 免除 申請 書

退職すると年金はどうなる? 会社に勤めている間は、厚生年金という年金の種類に加入しているものです。 給料から天引きされていたため、あまり気にしていなかったという人もいるかもしれません。 退職をして離職期間がある場合、年金はどのようにすればいいのでしょうか? 離職期間中は国民年期に加入しなくてはならない 日本では、20歳以上60歳未満の全員に年金の加入が義務付けられています。 会社に勤めている間には厚生年金に加入しており、会社が保険料の半分を負担してくれています。 退職をしてそのまま転職先に再就職する場合には、転職先にて厚生年金の加入手続きができます。 しかし、すぐに就職をしない場合、国民年金に切り替えなくてはならないのです。 国民年金に切り替える期間について 国民年金に切り替える手続きは、退職した日から14日以内に行わなければなりません。 もし手続きを行わなければ、保険料が納付できないことになるため、年金未納期間が発生してしまいます。 そうすると、後から保険料をまとめて請求されたり、未納期間が老齢基礎年金に反映されないため年金受給額が減額したりすることになるのです。 そのため、国民年金に切り替える手続きは非常に大切なのです。 退職特例免除制度で保険料が免除される?! 会社を退職してすぐに就職をしなければ、収入が入ってこないことになります。 そうすると、国民年金に切り替えを行ったとしても保険料が支払えないことが不安になるでしょう。 そいった場合には、年金免除制度を利用することができるのです。 退職特例免除とは 退職や失業をした場合、本来支払う必要のある年金の保険料を全額もしくは一部免除されるという制度が退職特例免除です。 保険料の支払いが難しいという経済状態にある場合には保険料の軽減制度を利用できますが、こちらは前年の所得額による審査が必要になります。 そして、前年の所得によって全額免除や4分の3免除、半額免除、4分の1免除が決まります。 しかし、退職特例免除の場合は前年の所得は0円として審査されるため、全額免除されるのです。 退職特例免除の利用条件 退職特例免除を利用するには、一般的な年金免除特例とは違った利用条件になります。 一般的な年金免除特例を利用するには、申請する本人の前年所得や配偶者などの前年所得によって審査されることになります。 つまり、前年の所得が少なくなければ利用できないとう厳しい利用条件があるのです。 しかし、退職特例であれば、退職者本人の所得は審査から除外されることになります。 そのため、一般的な年金免除の特例に比べると退職特例の方が審査基準は優しくなるのです。 そして、退職特例免除を利用するには、退職・失業をしているということが条件になります。 退職・失業をしていることさえ証明できれば利用することができ、退職理由なども審査基準に影響されることはありません。 将来年金へ影響はあるのか? 離職期間中は年金が免除されても、将来の年金に影響があるのではないかと不安になる人も多いでしょう。 しかし、年金が免除されている期間も保険料を納付していることにカウントしてもらえます。 ただし、退職特例免除によって保険料が全額免除された場合には、2分の1の保険料が納付したことになるため、満額納付したことにはなりません。 そのため、免除を受けた期間の将来年金は、半額受給できるということになります。 ずっと満額納付するよりも受給できる金額は減ってしまいますが、メリットは多いと言えるでしょう。 年金の免除を受けるための申請方法とは? 離職期間中に保険料の支払い免除を受けるのであれば、免除申請を行わなければなりません。 手続きは面倒だと考える人もいるかもしれませんが、書類はHPよりダウンロードできますし、書類は郵送でも可能なので自宅にいながらでも手続きは可能です。 将来の年金のためにも大切な手続きなので、放っておかずに免除を受けましょう。 申請に必要なもの 年金免除の申請を行うために、まずは必要な書類などから準備をします。 国民年金保険料の免除申請書• 年金手帳や納付書など基礎年金番号が分かる書類• 離職したことが証明できる書類 国民年金保険料の免除申請書は、各市町村の国民年金窓口にてもらうこともできますが、日本年金機構HPよりダウンロードすることも可能です。 また、離職したことが証明できる書類は、「離職票」や「退職証明書」です。 これらは退職した会社から発行してもらう必要があります。 申請方法 申請に必要なものを揃えたら、免除申請書に記入をします。 そして、住民票のある市区町村の国民年金窓口に提出します。 審査は日本年金機構で行われるため、年金事務所に直接郵送することも可能です。 審査結果は2~3カ月後に郵送にて送付されます。 申請できる期間について 年金免除の申請は、保険料の納付期限から2年後が申請期限になっています。 申請は退職日の前月からすることができ、退職した年の2年後の6月までが期限です。 それ以降に申請しても時効になってしまうので、出来る限り早く手続きを行いましょう。 また、年金免除の申請手続きは毎年行わなければなりません。 免除申請は7月から翌年6月というサイクルになっています。 そのため、離職期間が長引くようであれば、7月には新たに申請することを忘れずに行いましょう。 まとめ 退職したから国民年金を支払うことは難しいと未納状態を続けると、将来的にもらえる年金が減額してしまいます。 しかし、退職特例によって免除を受けられるので、新しい仕事を始めるまでの間は利用することを検討してみてください。 退職コンシェルジュでは、退職者向けにさまざまなサポートサービスを提案しています。 退職後の生活が不安という場合には給付金のサポートサービスをご利用いただけます。 まずは無料相談より、ご相談ください。 退職コンシェルジュとは.

次の

申請免除 横浜市

年金 免除 申請 書

年金免除申請とは? 年金免除申請は、仕事を辞めて収入がなくなったり、減ってしまったりして国民年金保険料が収められない人が行う手続きです。 審査に通れば、一時的に下記のような保険料の免除 納付猶予 が受けられます。 全額免除 保険料全額を免除• 納付猶予 保険料納付を猶予• もちろん納付期間にも加算されますし、免除された分をのちほど追納することで、満額年金を受け取ることも可能ですのでご安心下さい。 ただ注意が必要なのは 必ず自分で条件を確認して申請する必要があるということです。 年金事務所や市町村役場がこの制度を教えてくれることはありませんのでご注意下さい。 現在【7割を超える方が免除対象であるにもかかわらず申告していない】ようです。 年金免除の審査基準は? 年金免除の審査基準には 前年度の所得が対象となります。 例えば、前年度の所得が122万円未満ならば全額免除。 失業した場合も前年度の所得は0円となり全額免除となります。 ) ちなみに過去の未納期間については、2年前まではさかのぼって申請することができます。 「なんだ審査があるのか」と少し面倒に感じますが、日本国民の4人に1人は国民年金保険料が免除されていますので、申請しないのはハッキリと損です。 そのため免除申請の審査条件はかなり緩いですので、まずは一度相談に行かれることをオススメ致します。 申請せずに未納となり後悔するのは老後ですよ。 年金免除申請に必要なものは? 年金免除申請をするために必要なものはなんでしょうか? 必要なものは下記の通りです。 【国民年金保険料免除・納付猶予申請書】 これは必ず必要なものでできます。 また「市区町村役場」「年金事務所」の窓口でも貰えます。 【年金手帳 基礎年金番号通知書 】 現在はマイナンバー 個人番号 がわかれば不要かも。 私は必要なかったです。 【マイナンバーカード 個人番号がわかればOK 】 個人番号は必ず必要です。 【印鑑 シャチハタ不可 】 申請場所• 自分の住民登録をしている「市区町村役場」または「年金事務所」• 郵送も可能。 保険料の免除申請年度は「 7月から翌年の6月末まで」です。 7月に免除申請すれば、翌年の6月分までは免除が受けられます。 今回私は2018年7月3日に【2018年6月分-2019年6月分】までの申請をしました。 またこの 免除申請は毎年行う必要がありますので、その点も注意が必要です。 具体的にはどういう人がどの免除や猶予の対象になるの? 本当は窓口に相談しに行くのが一番手っ取り早いのですが、忙しい人のために 免除や猶予の対処となる目安を簡単に書いておきます。 【無職の方】 現在無職の方は実家暮らしでなければ「全額免除」に該当する可能性が高い 実家暮らしの場合は「納付猶予」に該当する可能性が高い• 【学生さん】 学生さんは「学生納付特例制度」という制度に該当する可能性が高い• 【個人事業主の方】 収入がほぼない、個人事業主の方は「全額免除」に該当する可能性が高い ある程度、毎月収入がある個人事業主の方は「一部免除」に該当する可能性が高い• 【失業中の方(雇用保険被保険者証か離職票がある方)】 「雇用保険被保険者証」か「離職票」があれば、ほぼ「全額免除」となります。 最低でも「一部免除」には該当するかと思います。 私の場合は「個人事業主として開業しているが、失業中と認定されている」というレアケースですが、前会社の離職票を提出することで、おそらく「全額免除」になると役場の職員の方に言われました。 このように人それぞれ色々なケースがありますので、上記の目安だけで判断せずに窓口で相談することをオススメします。 免除申請の結果がわかるのはいつ? 私の場合は「2018年7月3日」に申請をして、結果が送られてくるのは「2018年10月半ば」と案内がありました。 おおよそ 3ヶ月かかるということですね。 ちなみにこの免除申請中に届く「国民年金納付書」は一旦手元にとっておいて、免除申請の結果が届いた後、破棄してくださいとのことでした。 もちろん免除申請が通らなければ、この用紙でちゃんと払わなければなりませんけどね。 免除申請の結果は下記記事をご覧下さい。

次の

国民年金の免除申請ってどうやるの?手続き方法や必要書類を確認!

年金 免除 申請 書

ページ番号1001523 更新日 平成30年3月8日 法定免除 生活保護による生活扶助の援護を受けているとき又は障害年金の1級・2級の受給者は、届出により保険料が全額免除されます。 手続きに必要なもの• マイナンバーカード又は番号通知カードと本人確認できるもの(運転免許証、パスポートなど)• 年金手帳• 印鑑(みとめ印)• 保護証明書(生活保護による生活扶助を受けている方のみ。 年金証書(障害年金1級・2級を受給している方のみ。 ) (注)本人以外の方が代理で手続きする場合には、 委任状と代理人の本人確認できるものが必要です。 申請免除 保険料納付が経済的に困難な方には、申請年度の前年の所得金額が一定額以下で申請して認められれば、保険料が全額あるいは一部免除されます(申請者本人だけでなく、配偶者、世帯主の所得状況も関係します。 申請時点から2年1か月前までの期間について、さかのぼって申請ができます。 (注)一部の納付が免除された場合は、一部納付保険料を納めないと未納扱いになります。 手続きに必要なもの• マイナンバーカード又は番号通知カードと本人確認できるもの(運転免許証、パスポートなど)• 年金手帳• 印鑑(みとめ印) (注)上記以外の書類が必要になる場合があります。 (注)本人以外の方が代理で手続きする場合には、 委任状と代理人の本人確認できるものが必要です。 特例免除 災害や失業等があった方は、特例として災害や失業等のあった月の前月から本人の所得にかかわらず免除が受けられます。 ただし、配偶者・世帯主の所得によっては免除が認められない場合もあります。 手続きに必要なもの• マイナンバーカード又は番号通知カードと本人確認できるもの(運転免許証、パスポートなど)• 年金手帳• 印鑑(みとめ印)• 災害や失業等があったことを証明できる書類の写し(次表のとおり) 雇用保険の被保険者であった方 雇用保険受給資格者証(ハローワークが発行。 ) 雇用保険被保険者離職票(ハローワークが発行。 ) 雇用保険被保険者資格喪失確認通知書(ハローワークが発行。 ) 雇用保険特例受給資格者証(ハローワークが発行。 ) 雇用保険の適用を受けていなかった方 離職証明書(事業主が記入。 ) 市県民税の普通徴収に変更された納税通知書 公務員であった方 退職辞令(退職証明書) 自営業者等で事業の休止・廃止をした方 総合支援資金の貸付決定通知書(都道府県社会福祉協議会が発行)及びその申請をした時の添付書類 履歴事項全部証明書又は閉鎖事項全部証明書(法務局が発行) 異動届出書、個人事業の開廃業等届出書又は事業廃止届出書(税務署等へ提出した受付印のあるもの) 廃止届出書(控)又は廃止届証明書(保健所へ提出した受付印のあるもの) その他、公的機関が交付する証明書であって、失業の事実が確認できる書類 震災、風水害、火災その他これらに類する災害にあわれた方 り災証明書(市町村が発行(和歌山市は総合防災課)) 被災状況届 (注)上記以外の書類が必要になる場合があります。 (注)本人以外の方が代理で手続きする場合には、 委任状と代理人の本人確認できるものが必要です。 (注)この特例免除については、配偶者・世帯主が災害や失業等があった場合にも対象になります。 (注)災害による特例については、被害金額が財産のおおむね2分の1以上の損害を受けている場合が対象です。 納付猶予制度 同居している世帯主の所得にかかわらず、本人と配偶者の所得が一定以下の20歳以上50歳未満の方は、申請により保険料の納付を後払いにできます。 申請時点から2年1か月前までの期間について、さかのぼって申請ができます。 手続きに必要なもの• マイナンバーカード又は番号通知カードと本人確認できるもの(運転免許証、パスポートなど)• 年金手帳• 印鑑(みとめ印) (注)上記以外の書類が必要になる場合があります。 (注)本人以外の方が代理で手続きする場合には、 委任状と代理人の本人確認できるものが必要です。 学生納付特例制度 本人の所得が一定以下の学生は、申請により在学期間中の保険料の納付を後払いにできます。 申請時点から2年1か月前までの期間について、さかのぼって申請ができます。 (注)学生納付特例の対象とならない学校もあります。 (日本年金機構のホームページで確認していただけます。 ) 手続きに必要なもの• マイナンバーカード又は番号通知カードと本人確認できるもの(運転免許証、パスポートなど)• 年金手帳• 印鑑(みとめ印)• 在学期間がわかる在学証明書(原本)又は学生証(裏面に有効期限、学年、入学年月日の記載がある場合は裏面も含む。 )の写し (注)上記以外の書類が必要になる場合があります。 (注)本人以外の方が代理で手続きする場合には、 委任状と代理人の本人確認できるものが必要です。

次の