徳島 コロナ 情報。 新型コロナ:徳島大学、次世代光技術で新型コロナ抗原検出へ :日本経済新聞

徳島県(補助金・助成金・融資情報)

徳島 コロナ 情報

GW明けの徳島県の学校の休校状況を報告しております。 学校の休校は各自治体により決定されるため、徳島県内でも足並みが揃っておりません。 今後ニュースが入りました、随時記事を更新していきます。 小中学校は、2週間は「再開スタート期間」として分散登校を実施し、1クラスで2つの教室を使うなど感染防止策を徹底するということです。 市立高校は、県立高校と足並みをそろえるため今月21日から再開しますが、最初の2日間は分散登校とし、23日から部活動を、25日から授業を、再開することにしています。 学習の遅れについては、小中学校は夏休み期間中に授業を行うことなどで対応するということです。 臨時休校に伴う学習の遅れへの対応としては、夏休みの大幅な短縮などにより授業時間を確保するとしています。 4日に決定される緊急事態宣言の期限が21日以降になった場合はその日まで延ばす。 これを受け、6市町村も20日まで延長する。 県立学校で休校が延長されるのは高校33校、中学校2校、中等教育学校1校と特別支援学校11校。 県教委が当初予定していた7、8両日の登校日は中止し、2週間後の21、22両日のどちらかに設定できるとした。 徳島市教委は徳島市立高校を同様に休校延長する。 公立の幼稚園20園、小学校30校、中学校15校を5月24日まで臨時休校とすることを決めたと述べました。 園児と小学1年生から3年生、特別支援学級の児童で家庭で子どもだけで過ごさなければならない場合、引き続き5月24日まで幼稚園と小学校で一時預かりを実施することにしています。 阿南市も徳島市同様、市内の公立の小中学校合わせて32校について、5月24日まで臨時休校を延長することを決めました。 榊浩一教育長が28日の県議会臨時会文教厚生委員会で明らかにした。 県教委は、現在発令されている緊急事態宣言の期間である6日までの休校を決めている。 7日以降も宣言が出された場合は休校措置を継続し、7、8両日は登校日にして生徒の健康状態の把握や家庭学習の指導などに充てる。 宣言の対象地域から外れた場合は、周辺府県の状況などを踏まえて再開の可否を判断する。 再開する場合は7~24日を「再開スタート期間」とし、感染リスク軽減のための時差登校や短縮授業などの特別措置を取る。 部活動は対策を徹底した上で、9日から再開可とする。 休校期間中は引き続き登校日を設けず、2~6年生を対象としていた13日からの自主登校は全学年に拡充する。 学童保育クラブは通常通りの運営に切り替え、午後3時から利用できる。 県教委が5月末まで休校を延長した場合や、町独自の休校期間中に感染拡大の兆しが出た場合は5月末まで延ばす。

次の

新型コロナ:徳島大学、次世代光技術で新型コロナ抗原検出へ :日本経済新聞

徳島 コロナ 情報

「居住地は発表してほしくなかった」。 徳島県内で初めて新型コロナウイルスへの感染が確認された60代女性が徳島新聞の電話取材に応じた。 集団感染したクルーズ船から下船した県内在住者は6人しかおらず、出発前に周囲にクルーズ船旅行を伝えていた中での発表だったため、「個人を特定しているのと同じで、会見後はストレスで眠れなかった」と、当事者としての心境を語った。 女性は症状はなかったが、自身の安心のために2月25日の昼に検査を受けた。 同日午後8時に陽性の結果が判明。 同15分に保健所の担当者から連絡が入り、検査結果や入院の手続き、マスコミへの公表に関する説明を受けた。 その後、再度連絡があり、下船後の移動手段や居住自治体名などの公表内容が伝えられた。 女性は会見での発表内容について、「県内在住者の下船者は6人のみで個人の特定につながる」と不安に駆られ、居住地の公表を拒否。 下船後に乗った飛行機の便名についても「なぜ公開するのか」と抗議した。 会見直前まで、保健所を通じて居住地と飛行機の便名の発表を控えるよう訴え続けたが、十分な説明がないまま午後11時50分ごろ会見を迎えた。 会見翌日、旅行に行くことを伝えていた友人らから電話とメールが多く届いた。 陽性なのか聞かれてうそをつきたくなかったので、返信ができなかった。 女性は「心配していた通り、友人らから連絡が相次ぎ、保健所からの電話も取ることができないぐらいショックを受けた。 後になって、友人からは、ネット上に家が特定されるような書き込みもあったと聞いた。 子や孫は県外だが、もし県内にいたら、子は職場に出勤できず、孫が学校でいじめに遭っていたかもしれない。 そんなマイナスの思いが次から次へと頭に浮かんだ」と話す。 その上で「個人情報を出された本人の気持ちを察する人はいない。 感染防止だとしても、そこまでして公表が必要なのか疑問だ」と語った。

次の

おトクに徳島めぐり!県民みんながお出かけ!とくしま応援割

徳島 コロナ 情報

情報公開待ち 他府県では、家庭内感染が多数発生しています。 10代~20代の若年層が外出先で感染した後、自宅で高齢の家族にうつしてしまっているケースが多い状況です。 また、やむを得ず県外の職場に出勤している方が感染源になる例も多発しています。 不要不急の外出を避け、マスク着用・消毒・手洗いを徹底し、少しでも体調不良の場合は体裁を恐れず関係各所に報告し自主隔離。 大切な人の命を守るために、数年後に大切な人と一緒に過ごす未来のために、今日できることを実施しましょう。 徳島県のPCR検査実施数の推移 徳島県における新型コロナウィルスPCR検査実施数は以下となります。 陽性患者 5 入院 2 退院 3 死亡 0 年代別退院者数 年代 退院 年代 退院 10歳未満 — 50代 — 10代 — 60代 1 20代 2 70代 0 30代 0 80代 — 40代 — 90代 — 総計 3 新型コロナ感染者累計グラフ 徳島県における最新の感染者数累計です。 居住地 感染者数 居住地 感染者数 徳島市 1 神山町 1 鳴門市 1 藍住町 1 年代別新型コロナ感染者数とグラフ 徳島県における最新の年代ごとの感染者数をまとめました。 年代 感染者数 年代 感染者数 10歳以下 0 50代 0 10代 0 60代 1 20代 2 70代 1 30代 1 80代 0 40代 0 90代 0 総計 5 2020年4月徳島県新型コロナウイルス感染者情報 徳島県の4月の新型コロナ感染の詳細情報についてまとめています。 に解熱、味覚嗅覚障害が出現。 保健製薬環境センターによる検査の結果、新型コロナウイルス感染症と確定。 8度の発熱と頭痛あり。 PCR検査の結果、新型コロナウイルス感染症と確定。 2の発熱、咳、咽頭違和感あり。 保健製薬環境センターによる検査の結果、新型コロナウイルス感染症と確定。 保健製薬環境センターによる検査の結果、新型コロナウイルス感染症と確定。 クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号下船後、徳島県によるフォローアップの結果、陽性が確定しました。

次の