インターネット接続できない。 インターネットに接続できない時の6つの対処法~Windows10編~ [LAN・無線LAN・Wi

有線でインターネットに接続できない時に想定される原因と対処法

インターネット接続できない

INDEX• インターネットに接続できない時にまずすること パソコンでインターネットを使用している時に、下記のようなケースに遭遇した経験がある人は多いと思います。 昨日まで問題なかったのに、急にインターネットに接続出来なくなった。 パソコンを買い替えたら、接続が出来なくなった。 インターネットをしていると、何故か接続が途切れることがある。 特定のページ(サイト)でインターネットが接続できない。 その他にも様々なケースがあると思いますが、インターネットに接続出来なくなると困りますよね。 そこで大切なのは、「切り分け」を行うことです。 一般にパソコンのサポート業(修理や保守を請け負っている会社)のプロの人などは、原因を特定するために、最初に「切り分け」を行います。 この「切り分け」は、ある程度の知識がないと、なかなか理解できません。 1.パソコンとインターネットのつながりを知る 大前提として、パソコンとネットワークのつながりを把握しておく必要があります。 下記は、有線LANでのネットワークのつながりを図で示したものです。 ネットなどで調べてください。 有線LANのつながり 有線LANケーブルで各機器がつながっている状態です。 無線LANでのつながり• 複数のパソコンが無線LAN(Wi-Fi)でつながっている状態です。 一般にはこちらのタイプでつなげている人が多いと思います。 2.エリアごとに切り分けで考える さて、ネットワークのつながりを確認したところで、問題をエリアごとに切り分けて考えていきます。 「インターネットに繋がらない」ということは、下記の「ドクロ1~7」のどこかでトラブルが起きているということになります。 これをエリアごとに調べていくわけです。 3 .ドクロ1~3までが正常につながっているか確認する コマンドプロンプトを起動して、LAN側のIPアドレスを確認します。 コマンドプロンプトを起動し、ipconfigを入力します。 LAN側のIPアドレスを調べる コマンドプロンプトに「ipconfig」と入力し、「IPv4」と「デフォルトゲートウェイ」の項目を確認します。 上記の画像は、IPアドレスが表示されています。 ルーターのメーカーなどによって異なりますが、大抵の場合は[ 192. 168. x ]という値になっていると思います。 「IPv4」・・・・自分のパソコンの(プライベート)IPアドレス• 「デフォルトゲートウェイ」・・・・ルーター側(LAN側)のIPアドレス LAN側のアドレスにping(ピン)を打つ 「ping 192. 168. x」へpingを打ちます。 上記のように 応答が返ってきていれば、正常に接続されていることになります。 応答が返ってきたという意味 応答が返ってきたということは、上記のことを意味しています。 厳密にはルーターの「LAN側」は問題ないということです。 正しく取得できない場合 表記はそれぞれ多少違うかもしれませんが、上記のようにIPアドレスも何も表示されない状態になります。 この場合、「パソコン — ルーター間」(ドクロ1~3)までの間に何かしらの原因がある可能性が高いです。 それは以下のようなケースです。 パソコン側に問題がある。 有線LANケーブルに問題がある。 ルーターが壊れている。 LANケーブルを付け直す or 交換して様子をみます。 それでも改善しない場合、パソコンを再起動させます。 さらにルーターを再起動 or 初期化させてみましょう。 4.ドクロ4~7までが正常につながっているか確認します 今度は「ルーター — モデム — インターネット」が正常に接続されているか確認してみましょう。 同様にコマンドプロンプトを起動させ、pingコマンドを入力します。 ネットで調べてください。 コマンドは「ping yahoo. jp」です。 これはYahooにピンを打つことによって、ネットワーク全体が正常に接続されているか確認できます。 応答がある場合は、すべての経路がつながっている pingをYahooに打つことによって、何が分かるのでしょうか? すでに「パソコン — ルーター(LAN側)」が正常に接続できているので、原因は「ルーター(WAN側) — モデム — 相手のサーバー」にあります。 わざわざルーターをLAN側とWAN側で調べたのは、ルーターを起点として、原因のエリアを特定したかったからです。 インターネットの接続トラブルで最も多いのもルーターですしね。 Yahooからの応答がないという意味 pingが返ってこないということは、原因は上記の 「ドクロ4~7」に原因があるということになります。 考えられる原因は、以下のようなケースです。 ルーターが不具合を起こしている。 モデムの不具合。 特に、集合住宅の場合などは、自分でモデムをリセットすることは出来ません。 5.pingは返ってくるが、ネットはつながらない場合 「ping yahoo. jp」で応答があるにも関わらず、インターネットが閲覧できない場合は、ブラウザに何からしらの問題がある可能性があります。 プラグインを全て無効化して様子をみるか、ブラウザを再インストールしたほうが良いかもしれません。 あとがき コマンドプロンプトからの操作は初心者の方にはちょっと難しく感じるかもしれません。 しかし、ipconfiやpingなどの操作は、パソコン自体に直接影響を及ぼすためのコマンドではないため、安心して使ってください。 IPアドレスなど難しい専門用語が出てきますが、IPアドレスを確認することは、ネットワークトラブルを解決する上で大事な情報になります。 大切なのは、原因であろう範囲を特定するために、エリアごとに調べていくことです。 初めから何が原因が分からず、あれこれ試すよりも、この記事でご紹介したように、少しづつ調べていったほうが案外早く解決するかもしれません。 これは慣れも必要ですが、急にインターネットに繋がなくなっても、焦らずにコマンドプロンプトからネットワークの接続の有無を調べてみましょう! 取り急ぎ、今日はここまで。 きっと役立つ解決法•

次の

インターネットに接続できない時の簡単な対処法

インターネット接続できない

インターネットにつながらなくなった場合に、アプリやツールを使って機器の設定をやり直す方法をご案内します。 突然接続できなくなる主な原因は、通信機器(モデムやルーター)のケーブル・コンセントの抜けや断線、機器の一時的な動作停止によるものです。 それらの確認を行っても接続が復旧しない場合、機器の再設定を行うことで問題が解決することがあります。 なお、このアプリ・ツールは初期設定にもご利用いただけます。 スマートフォン・タブレットで設定する [お客さまサポートアプリ]を使ってルーターの設定を行います。 アプリで設定できるのは、Wi-Fi接続ができるブロードバンドルーターです。 App StoreまたはGoogle Playからアプリをダウンロードして設定を行ってください。 Androidをお使いのお客さま パソコンで設定する(Windowsのみ) [OCNかんたん設定ツール]を使ってルーターの設定を行います。 接続したいパソコンにツールがすでに入っているか、またはIPv6回線や他の回線でダウンロードする必要があります。 パソコンで以下のページを開き、ツールをダウンロードして設定を行ってください。 ツールを使った詳しい設定方法は以下のリンクをご参照ください。 ルーター機能を備えた機器が配線上に複数ある場合は、ツールを利用しないでください。 本来設定が必要な機器以外に設定してしまい、インターネットが利用できなくなる可能性があります。 配線や設定を確認する インターネットにつながらない場合の設定確認方法を接続サービスごとにご案内します。 ご利用の回線を以下より選択してください。 OCN光、OCN 光 with フレッツなど。 OCN ADSL「フレッツ」。 コミデプラン・ライト・フラットプランなど。 OCN モバイルONE、ホットスポットなど。

次の

有線でインターネットに接続できない時に想定される原因と対処法

インターネット接続できない

Wi-Fi接続アイコンは小さくて目立たないため、普段あまり意識して見ることはないかもしれません。 でも、このアイコンはWi-Fiの接続状態を表す便利なもの。 この機会に覚えておくと何かトラブルが起きたとき役に立ちます。 Windows10では、タスクバー(画面の右下にある時刻等の表示がある場所)にあるWi-Fiのアイコンを見ると、Wi-Fiの接続状態が分かります。 アイコンの種類は5種類あって、それぞれ次の状態を表しています。 正常にWi-Fi とインターネットに接続している状態のときに表示されるアイコンです。 このアイコンが表示されている時、Windowsパソコンは、Wi-Fi には接続されていますが、インターネットには接続されていません。 この状態でWi-Fi アイコンをクリックすると、接続先の Wi-Fi ネットワークの下に「インターネットなし、セキュリティ保護あり」と表示され、ローカルネットワーク上(同じWi-Fiグループの中)の他の PC やプリンターを表示することはできますが、Webサイトやメールの送受信はできません。 このアイコンは、ワイヤレスネットワークアダプターが認識されていないことを示しています。 ワイヤレスネットワークアダプターとは、パソコンをワイヤレスネットワークに接続するデバイスで、ほとんどのノートパソコンやタブレット、一部のデスクトップ PC には、ワイヤレスネットワークアダプターが既にインストールされています。 そのため、このアイコンは、ノートパソコンのWi-Fiスイッチがオフになっているケースによく見られます。 ワイヤレスアダプターは検出されて、ワイヤレスネットワークの範囲内にありますが、Wi-Fiに接続されていない場合、このアイコンが表示されます。 このアイコンが表示された時は、パソコンやルーターの再起動などを試みる事で接続が可能になることがあります。 ネットワークアダプターが検出されない、または有効化されていない場合に、このアイコンが表示されます。 ネットワークアダプターとは、コンピュータに他のコンピュータへ接続する機能を追加するための拡張カードのことです。 LANアダプター、LANボードとも呼ばれ、ネットワークアダプターにはLANケーブルを接続するためのコネクターが備わっていて、そこにケーブルを挿して通信を行います。 2つ目~4つ目のアイコンが表示されているときは、どれもインターネットへの接続ができません。 症状は同じでも原因はそれぞれ。 アイコンの状態を見ることで、原因を絞り込むことができるのです。 スポンサードリンク あらためて「インターネットなし」とはどういうこと? Wi-Fi接続アイコンの意味を確認できたところで、あらためて「インターネットなし」とはどういうことかご説明しましょう。 「インターネットなし」という状態は、上記でご説明したアイコンの2つめ、ビックリマークがついたアイコンの状態のことをいいます。 このアイコンが表示されている時、Windowsパソコンは、Wi-Fi には接続されていますが、インターネットには接続されていません。 つまり、パソコンと無線LANルーターの接続は間違っていないということです。 「インターネットなし」と表示されるとき、Wi-Fiのアイコンにはビックリマークがついている(アイコンの2つめ)であるケースが多くみられます。 これは、Wi-Fiには接続されているけれど、インターネットには繋がっていない。 つまりパソコンと無線LANルーターの接続は基本的には間違っていないことになります。 また、同時に「セキュリティ保護あり」と表示されることがありますが、これはトラブルではなく正常な状態です。 「セキュリティ保護あり」と表示されるのはなぜ? また、「インターネットなし」と同時に「セキュリティ保護あり」と表示されることがあります。 これは、無線LANルーターに接続するためのパスワードが設定されていて、パスワードを知っている人だけが接続可能な状態であることを示しています。 つまり、「セキュリティ保護あり」という表示は、エラーではありません。 「インターネットなし」がでたら他のパソコンやスマホも チェック ! 他の端末で接続が可能かどうかを調べることで、原因が端末にあるのか、接続機器にあるのか原因を絞り込むことができます。 他のパソコンやスマホでネットに接続可能か確認してみましょう。 もし、Wi-Fiアイコンにビックリマークがついて「インターネットなし」と表示されたら、まず確認して欲しいことがあります。 それは、繋がらなくなったパソコンではなく、それ以外のパソコンやスマホで無線LANにつながるかどうか試してみることです。 それを確認することで、無線LANにつながらない原因が、パソコンにあるのか、接続機器にあるのかが分かります。 スポンサードリンク どの端末でもつながらない場合は… 他の端末(パソコンやスマホ)で試しても、Wi-Fiにつながらない、インターネットに接続ができない場合は、問題は端末ではなく接続機器側にあります。 接続を確認した上で、モデムやルーターを再起動 「インターネットなし」と表示される場合、トラブルの原因は無線LANルーターではなく、モデムにあるケースが多くみられます。 ただ、掃除などでモデム等を動かした際、コンセントが緩むこともありますので、モデム・ルーター双方の接続を確認したうえで、次の手順で電源を入れなおしましょう。 接続機器側に問題があった場合、再起動することで問題が解決するケースが多くあります。 私もそんな場面に何度も立ち会ってきました。 ただ、再起動の作業をする場合は、電源を切る順番、電源を入れ順番、電源を入れるまでの待ち時間を必ず守りましょう。 あわてて再起動してしまうと、誤作動がクリアされないまま同じトラブルが発生することがあります。 電波干渉を解消する 家の中には、目にはみえなくてもいろいろな電波が飛び交っています。 その電波同士が干渉しあって電波が飛びにくくなり、無線LANの接続ができない場合もあります。 電波干渉を起こす可能性あるものとしては、電子レンジ、コードレス電話、ワイヤレスマウスなどが考えられますが、電波干渉によって無線LANの接続ができない場合は、チャンネルを変更することで症状を改善できる可能性があります。 なお、無線の規格には下記の種類があり、それぞれ長所と短所があります。 電波干渉を受けやすいのは、2. 無線通信では、複数の端末が同時に通信が可能になるよう周波数帯域を13ほどに分割しています。 この分割した帯域のことをチャンネルといいます。 電波干渉はルーターのチャンネルを変更することで解消することができます。 チャンネル変更の方法は、使用しているルーターによって違いますが、大まかな方法は次のとおりです。 最近のパソコンには、トラブルに対処する機能が搭載されていて、「ネットワーク診断」もそのひとつです。 ネットワーク診断だけで修復できない場合も、原因の絞り込みは可能です。 Windowsパソコンには、ネットワークの問題を診断して解決してくれる「ネットワーク診断」という機能があります。 全ての問題が解決できるわけではありませんが、試してみる価値はあります。 Windows8. セキュリティソフト セキュリティソフトを入れ替えた、アップグレードした、など変更を加えた直後からインターネットに接続できなくなった場合、原因はセキュリティソフトにある可能性が考えられます。 その場合は、一時的にウイルス対策ソフトやファイアウォールを停止して、インターネットに接続可能か確認しましょう。 確認ができたら、セキュリティソフトを有効にもどすことを忘れずに! ウイルス対策ソフトが原因で無線LANに接続できない場合もあります。 ウイルスソフトを一時的に停止して、接続ができるか確認してみましょう。 ウイルスソフトを停止して接続が可能になる場合は、ウイルス対策ソフトが原因ということになりますので、ウイルス対策ソフトのメーカーに問い合わせをしてください。 プロバイダーに原因があるケースも これまでのポイントを確認しても、まだ無線LANにつながらない、インターネット接続が出来ない場合は、プロバイダー(接続業者)側に原因がある可能性があります。 その場合は、プロバイダーのサポートセンターに問い合わせをしましょう。 プロバイダや回線業者のサポートセンターの電話番号をご存知ですか?トラブルが起きてから慌てないためにも、契約時の書類や無線LANルーターなど接続機器のマニュアル、保証書、SSIDやパスワードなどを整理しておくことをオススメします。 スポンサードリンク まとめ 「Wi-Fiに繋がらない」と一言で言っても、いろんなケースがあり、Windows10の場合、Wi-Fiアイコンを見る事である程度絞り込みが可能です。 今回は、「インターネットなし」のケースをご紹介しましたが、それぞれのアイコンの意味を知っているだけでも問題解決のヒントになるのではないでしょうか? ぜひ参考にしてください。 パソコンインストラクターが教える快適ネット診断 私の経験上、ネット環境は光回線業者に依存します。 光回線業者というのはその名の通り、光回線を提供している業者で、代表例としてはNTTの「フレッツ光」やソフトバンクが提供している「ソフトバンク光」、他にはドコモ光やNuro光といったものが存在します。 規制が緩和されてから色んな業者が参入し、どれが最適かわからない人も多いですが、この仕事を始めて10年以上、いろんな方のPCを見てきましたが、 家庭内のネット環境で断然トラブルが少ないのは「フレッツ光」です。 ネット回線は領土の奪い合いと言われていますが、NTTはこの事業にいち早く参入しており、良質な回線を確保しているのだと思います。 ネットトラブルで困っている方は一度フレッツ光への変更を検討してみてはいかがでしょうか? 最大45000円のキャッシュバックキャンペーンもやってるので、お得に変更が可能です。 また、フレッツ光の人で、ソフトバンクやOCN, BigLobeなどのサービスを受けている人におススメなのが、「光コラボ」です。 フレッツ光の回線を使いつつ、各業者の特典などを享受可能なので、もしソフトバンク光やOCN光などに変更を考えている方がいましたら、この「光コラボ」を検討するのもおススメします。 ポケットWifiは自分専用のWifiを持ち運べるというイメージですので、1人暮らしの方、自分以外の家族がネットを使わない場合にも利用可能です。 また、格安スマホとのコンビネーションも抜群で、ネットはよく使うけど、電話はあまりしない方は使い方次第で大きく料金を改善することが可能です。 ポケットWifiはコースによって、使用可能な容量と料金が決まっていますが、後述するWimaxのように一日の利用制限がないことが特徴です。 まとまった作業が発生するときも安心です。 ただ、 ほとんどのポケットWifiは契約時に2年縛り、3年縛りの契約リスクがあります。 そんな中、近年いくつかのメーカーが所謂 「縛りのないポケットWifi」サービスの提供を始めています。 詳細は以下にまとめておりますので、検討時の参考にしていただければ幸いです。

次の