国立 が ん 研究 センター 中央 病院。 セカンドオピニオン

国立がん研究センター中央病院 同僚ら150人検査へ

国立 が ん 研究 センター 中央 病院

セカンドオピニオン受付再開 セカンドオピニオンの受付を再開しました。 従来通り患者さんやご家族からもセカンドオピニオンの予約を電話で取れるようになりました。 ひきつづき医療機関からのFAXでのお申し込みも承っております。 セカンドオピニオンについて あなたのがんの状態について最もよく知っているのはあなたの主治医ですが、もしも治療についての悩みや疑問がありましたら、各領域のがんの専門家が、これまでの検査や診断、治療の経過について耳を傾け、今後のがん治療について相談いたします。 当院では、難治がん、希少がん、新規治療など、高度かつ専門的な対応が出来るよう、診療情報提供書の事前FAXをお願いしております。 患者さん、医療機関の皆様に置かれましてはご理解とご協力をお願い申し上げます。 セカンドオピニオンに必要なもの• 患者さんご本人の保険証(コピー可) 保険診療ではありませんが、身分確認のためにご提示ください。 紹介状(診療情報提供書)• 画像検査結果(CD・DVD・レントゲンフィルム)• 可能なら、病理レポート• ご家族のみで来院する場合、患者さんご本人の「」、面談されるご家族全員の身分証 注:病理標本は、持参いただいても対応できません。 の手続を行ってください。 料金 自費 44,000円(税込) 時間 医師が紹介状などを確認して報告書を作成する時間も含め、最大1時間です。 予約方法 患者さんやご家族の方• 予約センターに電話をかけ、セカンドオピニオンの予約を申し込みます。 患者さん・ご家族専用電話:03-3547-5130 月曜日から金曜日 9時から16時、土日祝および年末年始を除く• 現在かかっている医療機関に、診療情報提供書 紹介状 を当院予約センターにFAX送信してもらってください。 ファクス番号:0120-489-512または03-3542-2547 24時間受信可。 時間外は翌営業日の受付になります。 医療機関の方 貴院受診中の患者さんやご家族が当院のセカンドオピニオンを希望されましたら、と診療情報提供書(紹介状)をFAXで申込みをお願いします。 ファクス番号:0120-489-512または03-3542-2547 (24時間受信可。 時間外は翌営業日の受付になります。 ) ご不明な場合は予約センター専用番号下へお電話ください。 患者さん/ご家族専用 電話番号:03-3547-5130• 医療機関専用 電話番号:03-3547-5209 事前受付(任意) 予約後、画像検査結果(CD・DVD)と紹介状を郵送、または直接持ち込むことで、面談当日の手続・待ち時間を短縮できます。 この事前受付は任意ですが、9時の予約を取る場合のみ必須です。 事前受付の方法については、下記をご覧ください。 面談当日 「セカンドオピニオンに必要なもの」一式をお持ちの上、予約時間の1時間前までに1階初診受付へお越しください。 なお、「事前受付(任意)」を行った場合は、予約時間の30分前までとなります。

次の

西田 俊朗 先生(大阪府の消化器外科医)のプロフィール:大阪病院

国立 が ん 研究 センター 中央 病院

注:病状などに関する個別相談については、お答えできません。 国立がん研究センター 築地キャンパス 郵便番号:104-0045 東京都中央区築地5-1-1 電話番号:03-3542-2511(代表) ファクス番号:03-3545-3567 中央病院• 受診案内について 電話番号:03-3542-2511• 予約について(初診・がん相談対話外来) 電話番号:03-3547-5130 (土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く 10時から16時) ファクス番号:0120-489-512• 予約について(再診) 電話番号:03-3547-5200 (土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く 8時30分から17時) 社会と健康研究センター 準備中 研究所 電話番号:03-3542-2511(代表) 国立がん研究センター 柏キャンパス 郵便番号:277-8577 千葉県柏市柏の葉6-5-1 電話番号:04-7133-1111(代表) ファクス番号:04-7131-9960 東病院• 受診案内について 電話番号:04-7133-1111• 初診診療予約および 医療相談の予約について 電話番号:04-7134-6991(予約専用ダイヤル)(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く 8時30分から17時15分)• 再診予約案内について 電話番号:04-7134-6999(予約専用ダイヤル)(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く 15時から17時15分)• その他東病院の受診について 電話番号:04-7133-1111(内線 2294から7 医事室) ファクス番号:04-7134-2295(医事室) 国立がん研究センター ホームページに関して 内容に関するお問い合わせ、ご意見・ご希望がある方は、下記までメール、手紙またはファクス番号:でご連絡ください。 リンク、著作物の使用を希望される方、著作権者に関する情報をお知りになりたい方は、こちらをご覧ください。 取材と撮影について 国立がん研究センターにおける取材と撮影については、こちらをご覧ください。

次の

首藤 昭彦 先生(東京都の乳腺外科医)のプロフィール:国立がん研究センター中央病院

国立 が ん 研究 センター 中央 病院

乳房切除術• 乳房温存術• RFA(ラジオ波焼却法)• ホルモン療法 資格・所属学会 日本外科学会 外科専門医・指導医 日本乳癌学会 乳腺専門医・指導医 役職など• 日本外科学会 会員• 日本乳癌学会 評議員・財務委員会委員・利益造反委員会副委員長• 日本乳癌検診学会 評議員• 米国癌治療学会(ASCO) Active member• 日本乳がん検診精度管理中央機構 検診マンモグラフィ読影認定医師• 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会 乳房再建エキスパンダー責任医師• 雑誌:「乳癌の臨床」 査読委員• 乳がん患者会「あけぼの会」 顧問医 所属病院 来歴等 略歴 1984年 産業医科大学医学部 卒業 1990年 慶應義塾大学外科 専修医終了 医学博士取得 1990年 米国スローンケタリングキャンサーセンター コーネル大学乳腺外科留学 1993年 神奈川県大和市立病院 外科所属 2010年 神奈川県川崎市立井田病院 外科部長 2011年 聖マリアンナ医科大学 乳腺内分泌外科臨床教授 2019年 国立がん研究センター中央病院 乳腺外科長 論文• Human breast carcinoma ZR-75-1 serially transplanted into nude mice--with reference to estradiol dependency and sensitivity to tamoxifen. Jpn J Surg. Jul;19 4 :446-51,1989. Kubota T, Oka S, Utsumi T, Inoue S, Kuzuoka M, Suto A, Arisawa Y, Ishibiki K, Abe O. Antitumor activity of 7-N- 2- 2- gamma-L-glutamylamino ethyl dithio ethyl mitomycin C KW2149 against human tumor xenografts serially transplanted into nude mice. Jpn J Clin Oncol. Sep;19 3 :216-21,1989. Kubota T, Inada T, Inoue S, Kuzuoka M, Arisawa Y, Suto A, Kodaira S, Ishibiki K, Abe O. MTT assay with reference to the clinical effect of chemotherapy. J Surg Oncol. Sep;42 1 :28-32,1989. Suto A, Kubota T, Shimoyama Y, Ishibiki K, Abe O. Enhancement of antitumor activity of mitomycin C against human breast carcinoma xenografts by pretreatment with KM 2210. Gan To Kagaku Ryoho. Jan;17 1 :109-14. ,1990. Japanese. Yamamoto T, Kubota T, Oka S, Josui K, Fujita S, Arisawa Y, Suto A, Inoue S, Kuzuoka M, Ishibiki K, et al. Nude mouse resists hepatic metastasis of the allogeneic tumor, colon-26. Jpn J Surg. Jul;20 4 :487-90,1990 Arisawa Y, Kubota T, Suto A, Kodaira S, Ishibiki K, Abe O. Antitumor activity and pharmacokinetics of a morpholino-anthracycline derivative KRN8602 against human breast carcinoma xenografts serially transplanted into nude mice. Jpn J Cancer Res. Aug;81 8 :827-33,1990. Kubota T, Suto A, Josui K, Ishibiki K, Abe O, Yamada Y, Asanuma F, Kawamura E, Koh J, Shiina E, et al. MTT assay using fresh surgical specimens with reference to the transfer system and reproducibility in "test center" method. Gan To Kagaku Ryoho. Oct;17 10 :2025-30,1990. Japanese. Kubota T, Suto A, Ishibiki K, Abe O, Yamada Y, Asanuma F, Kawamura E, Yamada T, Suzuki Y, Suzuki T. Antitumor activity of fluoropyrimidines and thymidylate synthetase inhibition. Jpn J Cancer Res. Apr;82 4 :476-82,1991. Kubota T, Fujita S, Kodaira S, Yamamoto T, Josui K, Arisawa Y, Suto A, Ishibiki K, Abe O, Mabuchi K, et al. The influence of stromal cells on the MTT assay I --In vitro chemosensitivity of the tumor and stromal cells to mitomycin C. Jpn J Surg. May;21 3 :304-7,1991. Suto A. The influence of stromal cells on the MTT assay II --Study on the nude mouse system. Jpn J Surg. May;21 3 :308-11,1991. Suto A. Establishment of transplantable human colon cancer cell lines, chemosensitivity of colon carcinomas and the serially transplantable strains with MTT assay. Gan To Kagaku Ryoho. Oct;18 13 :2247-53,1991. Japanese. Kase S, Kubota T, Furukawa T, Yamaguchi H, Takeuchi T, Takahara T, Suto A, Kodaira S, Ishibiki K. Clinical usefulness of chemosensitivity testing using the MTT assay. J Surg Oncol. Nov;48 3 :188-93,1991. Furukawa T, Kubota T, Suto A, Takahara T, Yamaguchi H, Takeuchi T, Kase S, Kodaira S, Ishibiki K, Kitajima M. Bradlow HL. Induction by estrogen metabolite 16 alpha-hydroxyestrone of genotoxic damage and aberrant proliferation in mouse mammary epithelial cells. J Natl Cancer Inst. Apr 15;84 8 :634-8,1992. Telang NT, Suto A, Wong GY, Osborne MP,• Telang NT Persistent estrogen responsiveness of ras oncogene-transformed mouse mammary epithelial cells. Steroids. Jun;57 6 :262-8,1992. Suto A, Bradlow HL, Wong GY, Osborne MP,• Genotoxic damage and aberrant proliferation in mouse mammary epithelial cells. Recent Prog Horm Res. 48:481-8,1993. Telang NT, Suto A, Bradlow HL, Wong GY, Osborne MP. Alteration in proliferative and endocrine responsiveness of human mammary carcinoma cells by prototypic tumor-suppressing agents. Steroids. May;58 5 :215-9,1993. Suto A, Bradlow HL, Kubota T, Kitajima M, Wong GY, Osborne MP, Telang NT. Experimental down-regulation of intermediate biomarkers of carcinogenesis in mouse mammary epithelial cells. Breast Cancer Res Treat. Sep;27 3 :193-202,1993. Suto A, Bradlow HL, Wong GY, Osborne MP, Telang NT. Asymptomatic primary mucinous cystadenocarcinoma of the appendix with a large abdominal mass: report of a case. Surg Today. 24 10 :915-7,1994. Suto A, Tsuyuki A, Hiraoka N, Hosoda Y, Kikuchi K, Fujishiro Y. Single-cell suspension assay with an MTT end point is useful for evaluating the optimal adjuvant chemotherapy for advanced gastric cancer. Jpn J Cancer Res. Jul;85 7 :762-5,1994. Saikawa Y, Kubota T, Furukawa T, Suto A, Watanabe M, Kumai K, Ishibiki K, Kitajima M. Asymptomatic pancreatic islet cell tumor glucagonoma : case report Nippon Geka Gakkai Zasshi. Feb;99 2 :124-8,1998. Japanese. Suto A, Takayama S, Miki H, Izumika H, Tanahashi T, Suzuki H, Takeshita T, Ohmiya H, Kijima H. Invasive lobular breast carcinoma mimicking medullary carcinoma. Acta Cytol. May-Jun;42 3 :812-5,1998. Terasaki Y, Sato S, Yoshida H, Iezumi K, Suto A, Takeshita T, Omiya H, Kijima H. Heterogeneous expression of nm23 gene product as a predictor of lymph nodal status in human breast cancer. Int J Oncol. Dec;13 6 :1141-6,1998. Yoshida H, Kijima H, Terasaki Y, Suto A, Takeshita T, Omiya H, Shimojima K, Shimbori M, Sato T, Sato S, Onoda N, Yamazaki H, Tamaoki N, Ueyama Y, Nakamura M. Gallbladder carcinoma with lymphoid stroma: a case report with immunohistochemical analyses. J Clin Gastroenterol. Apr;28 3 :256-8,1999. Kijima H, Suto A, Takeshita T, Omiya H, Tsuchida T, Yamazaki H, Nakamura M, Ueyama Y. Carcinosarcoma of the ampulla of Vater: a case report with immunohistochemical and ultrastructural studies. Am J Gastroenterol. Oct;94 10 :3055-9,1999. Kijima H, Takeshita T, Suzuki H, Tanahashi T, Suto A, Izumika H, Miki H, Terasaki Y, Nakamura M, Watanabe H, Tamaoki N, Omiya H. In Vitro and In Vivo modulation of growth regulation in the human breast cancer cell line MCF-7 by estradiol metabolites. Breast Cancer. Apr 2;6 2 :87-92,1999. Suto A, Telang NT, Tanino H, Takeshita T, Ohmiya H, Osborne MP, Kubota T. Bcl-2 expression in breast cancer is down-regulated by trans-arterial administration of chemotherapeutic agents. Oncol Rep. Sep-Oct;8 5 :1019-22,2001 Sato T, Kijima H, Suto A, Sato S, Yoshida H, Terasaki-Fukuzawa Y, Shimbori M, Onoda N, Osamura RY, Takeshita T. Decreased nm23 expression, but not Ki-67 labeling index, is significantly correlated with lymph node metastasis of breast invasive ductal carcinoma. Int J Mol Med. Jan;9 1 :25-9,2002. Terasaki-Fukuzawa Y, Kijima H, Suto A, Takeshita T, Iezumi K, Sato S, Yoshida H, Sato T, Shimbori M, Shiina Y. Resistant mechanisms of anthracyclines--pirarubicin might partly break through the P-glycoprotein-mediated drug-resistance of human breast cancer tissues. Breast Cancer. 8 4 :333-8,2001. Kubota T, Furukawa T, Tanino H, Suto A, Otani Y, Watanabe M, Ikeda T, Kitajima M. Docetaxel enhances the cytotoxicity of anthracyclines by increasing intracellular drug accumulation. Oncol Rep. Jul-Aug;9 4 :777-81,2002. Egawa T, Kubota T, Suto A, Otani Y, Furukawa T, Watanabe M, Kumai K, Kitajima M. Antitumor activity of doxorubicin in combination with docetaxel against human breast cancer xenografts. In Vivo. Jan-Feb;17 1 :23-8,2003. Egawa T, Kubota T, Suto A, Otani Y, Furukawa T, Saikawa Y, Watanabe M, Kumai K, Kitajima M. Fine-needle aspiration cytology of breast lesions: a review of cytological analysis using smooth muscle actin SMA immunostaining. Anticancer Res. Sep-Oct;23 5b :4175-9,2003. Sato S, Kijima H, Suto A, Yoshida H, Sato T, Shimbori M, Terasaki-Fukuzawa Y, Onoda N, Araki K, Tsuruno K, Takeshita T. Antitumor effect of combination of S-1 and docetaxel on the human breast cancer xenograft transplanted into SCID mice. Oncol Rep. June;15 6 :1517-22,2006. Suto A, Kubota T, Fukushima M, Ikeda T, Takeshita T, Ohmiya H, Kitajima M. 周術期管理の実際・乳房温存術。 外科治療 8(104): 542-548,2011. 首藤昭彦、池田正• 乳がんの最新知識 乳がんは今後どうなる? 臨床看護 37(7):937-941、2011. 首藤昭彦、池田正• PEM(Positron Emission Mammmography)と乳がん術前MRIの比較検討。 乳がんの臨床 28(1):128-129,2013. 印牧義英、嶋本裕、川本久紀、首藤昭彦、福田護、岡田幸法、岡本聡子、中島康雄、津川浩一郎、前田一郎、小澤幸彦、片山敦• 乳がん診療のトピックス 術前化学療法の効果判定の実際 INNERVISION 29巻8号 P57-60. 2014 首藤昭彦、印牧義英• Oncologic outcomes and technical considerations of nipple-sparing mastectomies in breast cancer:experience of 425 cases from a single institution. Breast Cancer, 23 6 :851-860,2016. Shimo A, Tsugawa K, Tsuchiya S, Yoshie R, Tsuchiya K, Uejima T, Kojima Y, Shimo A, Hayami R, Nishikawa T, Yabuki Y, Kawamoto H, Sudo A, Fukuda M, Kanemaki Y, Maeda I. Japanese Research Group for the Development of Breast Cancer Screening Guidelines. The Japanese Guidelines for Breast Cancer Screening. Jpn J Clin Oncol 46 5 :482-92, 2016. Hamashima C; Japanese Research Group for the Development of Breast Cancer Screening Guidelines, Hamashima C C, Hattori M, Honjo S, Kasahara Y, Katayama T, Nakai M, Nakayama T, Morita T, Ohta K, Ohnuki K, Sagawa M, Saito H, Sasaki S, Shimada T, Sobue T, Suto A• Spontaneous regression of occult breast cancer with axillary lymph node metastasis: A case report. Int J Surg Case Rep. 2019;63:75-79. Takayama S1, Satomi K2, Yoshida M2, Watase C2, Murata T2, Shiino S2, Jimbo K2, Suto A• Towards Circulating-Tumor DNA-Based Precision Medicine. J Clin Med. 2019 Sep 2;8 9. Hironaka-Mitsuhashi A, Sanchez Calle A, Ochiya T, Takayama S, Suto A. Anthracycline could be essential for triple-negative breast cancer: A randomised phase II study by the Kanagawa Breast Oncology Group KBOG 1101. Breast. 2019 Oct;47:1-9. Narui K, Ishikawa T, Shimizu D, Yamada A, Tanabe M, Sasaki T, Oba MS, Morita S, Nawata S, Kida K, Mogaki M, Doi T, Tsugawa K, Ogata H, Ota T, Kosaka Y, Sengoku N, Kuranami M, Niikura N, Saito Y, Suzuki Y, Suto A, Arioka H, Chishima T, Ichikawa Y, Endo I, Tokuda Y• Participants in a randomized controlled trial had longer overall survival than non-participants: a prospective cohort study. Breast Cancer Res Treat. 2019 Aug;176 3 :631-635. Ohno S, Mukai H, Narui K, Hozumi Y, Miyoshi Y, Yoshino H, Doihara H, Suto A, Tamura M, Morimoto T, Zaha H, Chishima T, Nishimura R, Ishikawa T, Uemura Y, Ohashi Y. 【共著】首藤昭彦、池田正 :乳癌薬物療法 オンコロジークリニカルガイド 乳癌とホルモン受容体 pp 10-14. 2016 その他• 【受賞】1994年 6月 慶應義塾大学医学部外科学教室 刀林賞• 【受賞】2000年 5月 第1回 Breast Cancer優秀論文賞.

次の