ジョジョ六部 アニメ。 【落ち着け】「ジョジョ第5部がアニメ化決定」とのニュースがネットで拡散中 / 待てッ……これは! 公式発表じゃないぞジョジョーーーッ!!

【朗報】ジョジョ6部、ついにアニメ化が現実味を帯びてくる

ジョジョ六部 アニメ

すごいなジョジョアニメのOP!!www 私のボキャブラリーが貧弱貧弱ゥ!! 命からがら、必死に 排水溝というか下水溝のような場所にたどり着き逃亡を図ろうとするものの、そこには 思わぬ伏兵が待ち構えていました。 自身が流した麻薬を使ったのかどうかはわかりませんが、 完全にトんでる眼をした麻薬中毒者。 ディアボロは彼にナイフで腹を刺され、絶叫しながら意識を失いました。 気が付くと 手術台の上に全裸で横になっているディアボロ。 そこに入ってくる検死医モニカ・ユルテッロ。 淡々と 死体発見現場や状況を語りながら、 検死の準備を進めます。 ディアボロはここでも尊大に 『おい女!ここはどこだ!』などと叫びますが、彼の声は彼女には届きません。 そして 生きたまま腹を裂かれ、肝臓を取り出されました。 原作では 取り出された瞬間の肝臓も映っていましたが、 アニメでは隠されていましたね。 そして 次にディアボロが気がつくと、彼は車が多く往来する、どこかの都市にいました。 ナイフで刺され、肝臓を摘出され…… 夢にしては生々しすぎる、想像を絶する苦痛を感じていたディアボロは、もはや 憔悴しきっていました。 そんなディアボロを心配して 近づいた一人のおじさんが声を掛けますが、振り返った際に かわいい小型犬のワンちゃんに吠えられ 『ビグゥッ!』として後ずさって段差につまづいてしまう帝王(笑)。 そして車道に飛び出してしまったディアボロの目前に猛スピードの車が迫り…… ディアボロはここにきてようやく、 さきほどから自分の身に起きている異常な事態の原因に気がつきます。 「あのゴールド・エクスペリエンス・レクイエムの……!」 場面は変わって 決戦の場に。 テヴェレ川に落ちた ディアボロの死体を確認しようと必死になっているミスタとトリッシュを尻目に、 ジョルノは全てを心で悟っていました。 もうディアボロはどこへも向かうことはありません。 『自分自身が死んだ』という真実にさえ到達することはなく、彼は永遠に『死の過程』だけを繰り返す 無間地獄へと堕とされました。 「終わりのないのが『終わり』 それが『ゴールド・エクスペリエンス・レクイエム』」 ディアボロは、草原のような、牧場のような場所にいました。 目の前には 一人の幼女。 「うずくまっておじちゃん オナカ痛いの?」 もはや ディアボロはすべてに疑心暗鬼となり、この何の変哲も無い幼女にすら怯えまくります。 近付く幼女。 自分は何回死ぬのか。 次はいつ、どこから襲われるのか。 恐怖と絶望に完全に支配され発狂寸前のディアボロは、 断末魔の如き絶叫を上げました。 『数秒後か数分後には確実に死ぬ。 このエピソードは、時系列的には空港でジョルノが涙目のルカをやった直後となっています。 ポルポから、ルカの件について調べろと言われたブチャラティが仲間たちのもとに戻ってきてからこのエピソードは動き出します。 このエピソードが無ければ、五部の見方は全く変わってくると思います。 事情を知らないミスタとトリッシュは、 コロッセオで重傷を負い待っているであろうブチャラティのもとへ向かおうとします。 複雑な表情を浮かべ、歩き出そうとするジョルノですが、 何かにつまづいたトリッシュが一瞬で消えてしまいました。 焦るミスタですが、 トリッシュがつまづいたのはあの亀、ココ・ジャンボ。 そして ココ・ジャンボにはポルナレフの魂がしがみついて内部空間に残っており、ポルナレフは幽霊としてココ・ジャンボの中で過ごす事になりました。 これからも、 矢はポルナレフが管理していくという事になるのでしょうかね。 GERへの変化は不可逆ではなく、一度変化したからといって恒常的にその状態になるという訳ではないようです。 もしくは、 一度矢を刺して覚醒したら、次からは矢無しでも覚醒出来る……とかなのでしょうかね? 半公式扱いされる 五部の後日談小説 『恥知らずのパープルヘイズ』では、 ジョルノは通常のゴールド・エクスペリエンスを使っているので、 レクイエム化は一時的な変化という形なんでしょうか。 補佐としてミスタが付き、 ポルナレフも後見人として見守ります。 2がポルナレフ、No. 3がミスタとなっています。 これは、 『2を倍にすると4になるから』という理由で、ミスタがポルナレフにNo. ただ、 急いで始めてクオリティが下がるのは嫌なので、しっかりと準備期間を経た上でスタートしてほしいなとも思います。 仰られた解釈も確かにありますよね。 当初の石の形を見る限り、『ボスに腹をブチ抜かれて死ぬ』というのが本来のブチャの運命だったのかなという気はします。 教会でブチャがリビングデッドとなり、その後も活動出来た理由の一つとして、ジョルノの治癒だけでなく、『眠れる奴隷のエピソード内でのミスタの行動が影響したのでは』というのは確かにあると思います。 『ブチャラティが教会で死んでいた=ミスタが石を破壊しなかった』場合、アバやナランチャは死ななかったかもしれませんね。

次の

ストーンオーシャン

ジョジョ六部 アニメ

すごいなジョジョアニメのOP!!www 私のボキャブラリーが貧弱貧弱ゥ!! 命からがら、必死に 排水溝というか下水溝のような場所にたどり着き逃亡を図ろうとするものの、そこには 思わぬ伏兵が待ち構えていました。 自身が流した麻薬を使ったのかどうかはわかりませんが、 完全にトんでる眼をした麻薬中毒者。 ディアボロは彼にナイフで腹を刺され、絶叫しながら意識を失いました。 気が付くと 手術台の上に全裸で横になっているディアボロ。 そこに入ってくる検死医モニカ・ユルテッロ。 淡々と 死体発見現場や状況を語りながら、 検死の準備を進めます。 ディアボロはここでも尊大に 『おい女!ここはどこだ!』などと叫びますが、彼の声は彼女には届きません。 そして 生きたまま腹を裂かれ、肝臓を取り出されました。 原作では 取り出された瞬間の肝臓も映っていましたが、 アニメでは隠されていましたね。 そして 次にディアボロが気がつくと、彼は車が多く往来する、どこかの都市にいました。 ナイフで刺され、肝臓を摘出され…… 夢にしては生々しすぎる、想像を絶する苦痛を感じていたディアボロは、もはや 憔悴しきっていました。 そんなディアボロを心配して 近づいた一人のおじさんが声を掛けますが、振り返った際に かわいい小型犬のワンちゃんに吠えられ 『ビグゥッ!』として後ずさって段差につまづいてしまう帝王(笑)。 そして車道に飛び出してしまったディアボロの目前に猛スピードの車が迫り…… ディアボロはここにきてようやく、 さきほどから自分の身に起きている異常な事態の原因に気がつきます。 「あのゴールド・エクスペリエンス・レクイエムの……!」 場面は変わって 決戦の場に。 テヴェレ川に落ちた ディアボロの死体を確認しようと必死になっているミスタとトリッシュを尻目に、 ジョルノは全てを心で悟っていました。 もうディアボロはどこへも向かうことはありません。 『自分自身が死んだ』という真実にさえ到達することはなく、彼は永遠に『死の過程』だけを繰り返す 無間地獄へと堕とされました。 「終わりのないのが『終わり』 それが『ゴールド・エクスペリエンス・レクイエム』」 ディアボロは、草原のような、牧場のような場所にいました。 目の前には 一人の幼女。 「うずくまっておじちゃん オナカ痛いの?」 もはや ディアボロはすべてに疑心暗鬼となり、この何の変哲も無い幼女にすら怯えまくります。 近付く幼女。 自分は何回死ぬのか。 次はいつ、どこから襲われるのか。 恐怖と絶望に完全に支配され発狂寸前のディアボロは、 断末魔の如き絶叫を上げました。 『数秒後か数分後には確実に死ぬ。 このエピソードは、時系列的には空港でジョルノが涙目のルカをやった直後となっています。 ポルポから、ルカの件について調べろと言われたブチャラティが仲間たちのもとに戻ってきてからこのエピソードは動き出します。 このエピソードが無ければ、五部の見方は全く変わってくると思います。 事情を知らないミスタとトリッシュは、 コロッセオで重傷を負い待っているであろうブチャラティのもとへ向かおうとします。 複雑な表情を浮かべ、歩き出そうとするジョルノですが、 何かにつまづいたトリッシュが一瞬で消えてしまいました。 焦るミスタですが、 トリッシュがつまづいたのはあの亀、ココ・ジャンボ。 そして ココ・ジャンボにはポルナレフの魂がしがみついて内部空間に残っており、ポルナレフは幽霊としてココ・ジャンボの中で過ごす事になりました。 これからも、 矢はポルナレフが管理していくという事になるのでしょうかね。 GERへの変化は不可逆ではなく、一度変化したからといって恒常的にその状態になるという訳ではないようです。 もしくは、 一度矢を刺して覚醒したら、次からは矢無しでも覚醒出来る……とかなのでしょうかね? 半公式扱いされる 五部の後日談小説 『恥知らずのパープルヘイズ』では、 ジョルノは通常のゴールド・エクスペリエンスを使っているので、 レクイエム化は一時的な変化という形なんでしょうか。 補佐としてミスタが付き、 ポルナレフも後見人として見守ります。 2がポルナレフ、No. 3がミスタとなっています。 これは、 『2を倍にすると4になるから』という理由で、ミスタがポルナレフにNo. ただ、 急いで始めてクオリティが下がるのは嫌なので、しっかりと準備期間を経た上でスタートしてほしいなとも思います。 仰られた解釈も確かにありますよね。 当初の石の形を見る限り、『ボスに腹をブチ抜かれて死ぬ』というのが本来のブチャの運命だったのかなという気はします。 教会でブチャがリビングデッドとなり、その後も活動出来た理由の一つとして、ジョルノの治癒だけでなく、『眠れる奴隷のエピソード内でのミスタの行動が影響したのでは』というのは確かにあると思います。 『ブチャラティが教会で死んでいた=ミスタが石を破壊しなかった』場合、アバやナランチャは死ななかったかもしれませんね。

次の

ジョジョの奇妙な冒険 (じょじょのきみょうなぼうけん)とは【ピクシブ百科事典】

ジョジョ六部 アニメ

本日2018年1月12日、ネットはあるマンガの話題で持ちきりになった。 その作品の名は『ジョジョの奇妙な冒険』。 言わずと知れた波紋使い(?)・荒木飛呂彦先生による超人気作である。 話を聞くと、なんと ジョジョの第5部のアニメ化が決定したというではないか。 マジかよ! 第4部まではすでにアニメ化済みだが、ついに5部もか! ひゃっほォォォォオオオイ!! このニュースは瞬く間に拡散し、私(あひるねこ)を含む多くのジョジョ、特に第5部ファンは歓喜に包まれた。 だがしかし……。 喜ぶのはまだ早かったのである。 ・みんなの夢 ジョジョはすでに第4部『ダイヤモンドは砕けない』までアニメ化済みだ。 ならば、次は第5部『黄金の風』が来ると考えるのが自然。 ジョルノならずとも、まさに 第5部ファンには夢がある状態だ。 だからこそ、今回のアニメ化決定の報道に多くのファンが沸くのも当然なのである。 ・公式ではない だが、ちょっと待って欲しい。 アニメの公式サイトにも、公式Twitterにも、5部アニメ化決定のニュースなんて どこにも書いていないではないか。 こいつはくせえッー! 早合点のにおいがプンプンするぜッーーー!! つまり、これは 公式発表ではないということだ。 ・商標情報が根拠か アニメ化決定の根拠として挙げられているのが、「特許情報プラットフォーム」で公開されている商標情報だ。 私も確認してみたが、そこには確かに 『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』という文字があった。 正直、これでアニメ化を期待するなと言う方が無理がある。 ・今は待とう しかし、公式からの発表ではない以上、手放しで「アニメ化が決まったーーー!」と喜んでしまうと、 もしも違った場合のダメージが大きすぎる。 そう、この世からアリーヴェデルチする可能性もあるのだ。 そうならないためにも、今は公式からの発表を共に待とうではないか。 だが、こればかりは「命令」できない! おまえが決めるんだ……。 自分の「歩く道」は……自分が、決めるんだ……。 参照元:Twitter 執筆:.

次の