レーザーテック 株主優待。 【株主優待】ホンダ系シート部品メーカーの「テイ・エス テック」から株主優待が届きました

レーザーテック|株配当と株主優待の権利確定日はいつ? (TYO:6920)

レーザーテック 株主優待

上場廃止によるソニーFHの日経平均除外に伴い、昨日、新規採用銘 柄として同社が選出された。 今後のパッシブファンドの買い入れインパクトを先取り する動きが優勢になった。 もともと最有力候補と位置付けられ、足元株価は堅調な推 移が続いていたが、正式発表をあらためて好感する流れに。 7月28日終値を基準に買い 入れ需要が発生、大和証券では18. 48日分の買い入れインパクトと試算している。 上半期営業利益は220億円前後で前年同期比半減になったもようとの観測が報じ られた。 5月の下方修正数値を約30億円下回る水準。 塩ビ樹脂など化学品の販売が低迷 し、自動車向けガラスもメーカーの生産調整の影響が強まったもよう。 ただ、通期の 市場想定が35%減益程度であることから、ネガティブなインパクトは限定的。 また、 足元では塩ビ価格が上昇傾向にあり、自動車向けガラスの供給も戻りつつあるとされ る。 前日に第1四半期決算を発表、営業利益は29. 9億円で前年同期比82. 0%増 と大幅増益になっている。 通期の収益予想は非開示だが、据え置きの売上収益予想は3 50-380億円のレンジ、上限値に対しても第1四半期の進捗率は26. 4%と上振れ推移とみ られる。 増員しているコンサルタントの戦力化が業績拡大の背景。 事業活動制約の中 での高い業績成長を評価する動きが強まっている。 モルガン・スタンレーMUFG証券では投資判断を「イコールウェイト」から 「オーバーウェイト」に、目標株価も2200円から3200円に引き上げた。 低採算事業の 選択と集中、戦略分野への早期先行投資などポートフォリオ改革を着実に実行、従来 以上に強靭な経営基盤を確立しつつあると考えているもよう。 WFH需要によるネットワ ーク投資加速、国内洋上風力発電市場の立ち上がりなど中期的な事業環境も好転と。 ヨシムラフード 971 -300 ストップ安。 前日に第1四半期決算を発表、経常利益は0. 9億円で前年同期比59. 0%減 益となった。 通期では9. 2億円、前期比24. 6%増益の見通しであり、予想外の低調スタ ートと受けとめられている。 前日にかけて株価の上昇ピッチが速まってきていた反動 も強まる形に。 新型コロナの影響によるホテル・飲食店の稼働率低下で海外事業が低 迷した。 営業外で為替差損が発生したことも経常利益の押し下げ要因に。 前日に発表した第1四半期決算が好材料視される。 営業利益は7. 3億円で 前年同期比68. 4%の大幅増益、据え置きの通期予想22億円、前期比18. 7%増に対する 進捗率は33. 3%に達している。 「巣ごもり消費」としての娯楽需要の増加も背景に、 主力の電子書籍流通事業が順調に拡大している。 会社側でも実績値は計画を上回って いるとしており、あらためて高い成長力を評価する流れが強まる形に。 前日に第1四半期の決算を発表、営業利益は3. 2億円で前年同期比約倍増 となっている。 据え置いている通期計画5. 2億円に対する進捗率は61. 7%に達してお り、大幅な業績上振れが想定される形になっているようだ。 クラウド市場の急速な拡 大によるメリットを引き続き享受している。 今期の大幅減益見通しがネガティブ視さ れた経緯もあり、評価余地は依然大きいとの見方にもなっているようだ。 レーザーテック 10240 -650 大幅続落。 前日に蘭ASMLが決算を発表。 4-6月期決算は大幅増益となったものの、市場 予想は下回る水準であった。 7-9月期見通しは売上高が市場予想を上回る一方、粗利益 率は下振れとみられる。 市場の期待が高い銘柄であり、前日の米国株式市場では5%超 の下落となった。 EUV向けフォトマスクの欠陥検査装置を手掛ける同社にも売りが波及 する展開に。 なお、本日は半導体製造装置各社が総じて売り優勢となった。 東京衡機 382 +80 ストップ高。 前日に第1四半期の決算を発表、営業利益は1. 5億円で前年同期比3. 2倍と 大幅増益になっている。 据え置きの上半期計画2. 2億円、同31. 3%増に対する進捗率は 70. 5%となっている。 主力の試験機事業が大幅増収益となったほか、商事事業、海外 事業などすべてのセグメントで損益は改善している。 想定以上の好スタートを受け て、業績上振れを織り込む動きが先行している。

次の

レーザーテック(株)【6920】:株主優待

レーザーテック 株主優待

会社概要 A. 1960年有限会社東京ITV研究所として創業し、1962年に日本自動制御株式会社を設立いたしました。 創業者内山康は、大手電機メーカーに入社しましたが、自分で会社を興し、独自の新製品を開発したい、それも世界でまだ誰も成功していないような初めてのものを自ら開発したいという強い想いから、独立を決意し、1960年に(有)東京ITV研究所を設立しました。 1986年、社名を「日本自動制御株式会社」から「レーザーテック株式会社」に社名変更をしました。 当社はこの年、走査型カラーレーザー顕微鏡(世界初)を開発し、半導体以外の新たな事業分野の開拓に乗り出しました。 そして、中核技術である「光応用技術」を社名の前面に押し出すことでイメージチェンジを図りました。 前身の「日本自動制御」という社名は、1976年の「LSIフォトマスク欠陥検査装置」の開発で、既に半導体業界では広く知られおり、当時の日本のハイテク・ベンチャー企業の代名詞ともなっておりましが、あえてその名を捨てることで、過去の実績にとらわれず常に前を見て最先端技術製品を開発していくという想いもこの社名にこめられています。 1976年に世界初のLSIフォトマスク自動欠陥検査装置を開発し、半導体原価の革命的な低減に貢献しました。 この装置の開発により事業の礎を築き、以降 光学系技術をコアに、共焦点カラーレーザー顕微鏡を開発。 さらに、液晶用フォトマスク欠陥検査装置、半導体マスクブランクス検査装置など世界標準機となる数々の新製品を生み出し、2009年には太陽電池変換効率分布測定機の開発などで新規分野への積極的な進出も図り、業容の一層の安定、拡大に取り組んでおります。 2008年には開発力の一層の強化と、装置の高度化、大型化に対応するため、現在の新横浜に新社屋を建設し移転、今日に至っております。 経営理念;「世の中にないものをつくり、世の中のためになるものをつくる」 お客様のあらゆる課題やニーズを掴みながら、コアである光応用技術を深化させ、最速の開発スピードで、独創的な新製品を提供しています。 半導体関連装置を中核とし、エネルギー・環境関連装置、FPD関連装置及びレーザー顕微鏡の開発、製造、販売、サービスの提供を行っております。 毎年9月末です。 開催日時や場所等については、毎年6月30日時点での株主の方へ、9月初旬にご案内いたします。 特に設けておりません。 安定的な利益還元を行うとともに、業績に応じた配当政策を行い、連結での配当性向35%を目処とした利益配分を基本方針としております。 通常は、中間配当は3月上旬に、期末配当は9月末に発送しております。 決算・財務関連 A. 決算期は毎年6月30日です。 当社では決算発表を年4回行なっており、中間決算と期末決算においては決算説明会を開催しています。 今後の決算発表日の予定についてはIRカレンダーをご覧ください。

次の

【超初心者向け】レーザーテックの今後の株価はどうなる?

レーザーテック 株主優待

会社概要 A. 1960年有限会社東京ITV研究所として創業し、1962年に日本自動制御株式会社を設立いたしました。 創業者内山康は、大手電機メーカーに入社しましたが、自分で会社を興し、独自の新製品を開発したい、それも世界でまだ誰も成功していないような初めてのものを自ら開発したいという強い想いから、独立を決意し、1960年に(有)東京ITV研究所を設立しました。 1986年、社名を「日本自動制御株式会社」から「レーザーテック株式会社」に社名変更をしました。 当社はこの年、走査型カラーレーザー顕微鏡(世界初)を開発し、半導体以外の新たな事業分野の開拓に乗り出しました。 そして、中核技術である「光応用技術」を社名の前面に押し出すことでイメージチェンジを図りました。 前身の「日本自動制御」という社名は、1976年の「LSIフォトマスク欠陥検査装置」の開発で、既に半導体業界では広く知られおり、当時の日本のハイテク・ベンチャー企業の代名詞ともなっておりましが、あえてその名を捨てることで、過去の実績にとらわれず常に前を見て最先端技術製品を開発していくという想いもこの社名にこめられています。 1976年に世界初のLSIフォトマスク自動欠陥検査装置を開発し、半導体原価の革命的な低減に貢献しました。 この装置の開発により事業の礎を築き、以降 光学系技術をコアに、共焦点カラーレーザー顕微鏡を開発。 さらに、液晶用フォトマスク欠陥検査装置、半導体マスクブランクス検査装置など世界標準機となる数々の新製品を生み出し、2009年には太陽電池変換効率分布測定機の開発などで新規分野への積極的な進出も図り、業容の一層の安定、拡大に取り組んでおります。 2008年には開発力の一層の強化と、装置の高度化、大型化に対応するため、現在の新横浜に新社屋を建設し移転、今日に至っております。 経営理念;「世の中にないものをつくり、世の中のためになるものをつくる」 お客様のあらゆる課題やニーズを掴みながら、コアである光応用技術を深化させ、最速の開発スピードで、独創的な新製品を提供しています。 半導体関連装置を中核とし、エネルギー・環境関連装置、FPD関連装置及びレーザー顕微鏡の開発、製造、販売、サービスの提供を行っております。 毎年9月末です。 開催日時や場所等については、毎年6月30日時点での株主の方へ、9月初旬にご案内いたします。 特に設けておりません。 安定的な利益還元を行うとともに、業績に応じた配当政策を行い、連結での配当性向35%を目処とした利益配分を基本方針としております。 通常は、中間配当は3月上旬に、期末配当は9月末に発送しております。 決算・財務関連 A. 決算期は毎年6月30日です。 当社では決算発表を年4回行なっており、中間決算と期末決算においては決算説明会を開催しています。 今後の決算発表日の予定についてはIRカレンダーをご覧ください。

次の