ドコモ 株価。 モーニングスター [ PTS価格 株式会社NTTドコモ ]

NTTドコモ (9437) : 株価診断・理論株価 [NTT DOCOMO]

ドコモ 株価

【ご注意】• 市場を特定したい場合は、銘柄コードに続けて拡張子(例:4689. t)をつけてください。 各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。 前日比については、権利落ちなどの修正を行っておりません。 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 全市場(東証、福証、札証も含む)の出来高・売買代金に関しては、最低20分遅れで表示しています。 各項目の意味と更新頻度については「」をご覧ください。 Yahoo! ファイナンスは、、、、、、、からの情報提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

次の

NTTドコモ (9437) : 株価/予想・目標株価 [NTT DOCOMO]

ドコモ 株価

Contents• NTTドコモの株価まとめ 画像引用:NTTドコモ 株価情報 株価:2954 時価総額:9,537,371百万円 PER:16. 41倍 PBR:1. 80倍 配当利回り:4. 日本の平均利回りである2. 41%を超えているところはうれしいですね。 スマホやインターネットといった世の中に必要な通信事業で財務も良好、年々増配しているため長期保有銘柄としておすすめです。 事業内容 画像引用:NTTドコモ NTTドコモの主な事業は通信事業、スマートライフ事業、その他の事業です。 通信事業はモバイル通信サービス(5Gサービス、LTE(Xi)サービス、FOMAサービス)、光通信サービスおよびその他の通信サービス(光通信サービス、衛星電話サービスなど)が含まれれています。 スマホやインターネット関連の事業ですね。 そして3つの事業の中で一番利益率が高い事業でもあります。 営業利益8663億円。 スマートライフ事業は、コンテンツ・ライフスタイルサービス(dTV、dヒッツ、dショッピング)、金融・決済サービス(dカード、dカードGOLD)が含まれています。 エンターテイメント関係やdポイント決済の事業ですね。 営業利益681億円。 その他事業は、法人ソリューション(法人IoT、システム開発・販売・保守受託)とあんしん系サポート(ケータイ補償サービス、あんしん遠隔サポート)です。 営業利益792億円。 メインの収入源は携帯電話などの通信事業です。 この会社の一番の強みです。

次の

【9437】NTTドコモの株価分析。高配当利回りと株主優待も魅力なので、長期保有に適した銘柄です

ドコモ 株価

Contents• NTTドコモ(9437)について NTTドコモは 携帯電話の無線通信サービスを展開する会社です。 ソフトバンク、auと同じく三大キャリアの1つとして世間には知られています。 NTTドコモの会社概要は次の通りです。 会社名 株式会社NTTドコモ 営業種目 通信事業、スマートライフ事業、その他事業 決算期 ここに説明文を入力してください。 本社 東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー 営業開始日 1992年7月1日 資本金 9,496億7,950万円(2017年3月31日現在) NTTドコモは会社の 認知度が非常に高い企業の1つであり、実際にこの記事を読んでいるあなたももしかしたらNTTドコモのスマホを使用しているかもしれませんね。 また、NTTドコモの前身は電話回線・インターネットを取り扱うNTT(日本電信電話)であり、通信事業に関しては長い歴史がある企業です。 NTTドコモ(9437)の株価推移とチャート NTTドコモの株価推移をチャートを見ながら解説していきます。 <NTTドコモの日足> 2019年2月~2020年4月までの日足ですが、2020年年始~4月はコロナショックがあったにも関わらず、一時的なへこみはあるものの 右肩上がりで株価は上昇しています。 そうだね、ただ今は上昇トレンドに乗ってるから、投資妙味が本当にあるのか、業績、配当金なども含めて見てみよう! NTTドコモ(9437)の業績分析 NTTドコモの業績についての分析を紹介します。 まずはNTTドコモの業績サマリーを見てみましょう。 引用: 2019年年3月期では、売上(営業収益)・営業利益ともに伸びていおり、 本業での収益は堅調に推移していることがわかります。 純利益は前期比でやや落ちていますが、そもそも純利益が6,000~8,000億円の巨額の収益があり、本業も堅調なので全く問題ない範疇であると思います。 7%、 営業利益が前期比+2. 7%と堅調に成長しています。 マザーズに上場するような成長過程の企業と比べると、、通信大手として出来上がっている会社なので成長率は低くなります。 ただ、売上が4兆8,000億、営業利益が1兆円ある中でも数%の成長でも、 成長額としては800億円、200億円と非常に大きな数値になっています。 また、売上高に占める営業利益である 「営業利益率」も約20%と非常に高く、 高収益体制であることは非常に高評価と言えます。 NTTドコモの事業領域• 通信事業:モバイル通信(端末販売含む)、光通信• スマートライフ事業:コンテンツ配信(dTV、dマガジンなど)、金融・決済サービス(dカードなど)• その他事業:法人ソリューション、あんしん系サポート このセグメント別の利益がどのように推移しているかを見てみましょう。 引用: セグメント別収益では、 全体の80%を主力の通信事業で稼いでおり、残りをスマートライフ事業とその他事業で稼いでいることがわかります。 コンテンツ配信、金融系のスマートライフ事業は売上高(営業収益)は前期比で停滞していますが、利益は伸びています。 NTTドコモとしても、通信事業に次ぐ柱は育てていきたいと考えていると思うので、次年度決算での注目ポイントとしても スマートライフ事業の売上高(営業収益)、営業利益が成長しているかを見ていく必要がありますね。 比較を見てみようか! <大手3キャリアの売上・利益比較> (単位:億円) NTTドコモ (2019年3月) ソフトバンク (2019年3月) KDDI(au) (2019年3月) 売上高(営業収益) 48,408 37,463 50,803 営業利益 1,0136 7,194 10,137 経常利益 10,002 6,315 10,102 純利益 6,636 4,307 6,176 同業比較で行くと、NTTドコモとKDDIがほぼ同等になっており、ソフトバンクが追従する形となっています。 楽天モバイルの参入でどうなるかはありますが、5G通信の導入があってもほぼこの構図は変わらないと個人的に考えています。 そのため、 財務内容も抜群であり、全く何の心配もなく、資産も潤沢に保有しています。 決算期 自己資本比率 総資産 剰余金 有利子負債倍率 2017年3月 56. 7% 6,263,826 3,354,140 0. 27 2018年3月 57. 4% 6,574,555 3,672,344 0. 27 2019年3月 57. 1% 7,330,416 4,144,133 0. 28 自己資本比率は驚きの50%超えになっており、剰余金で考えても4兆円以上保有しています。 したがって、NTTドコモで注目していくべきは、今後の売上・利益がどのように増えていくかという成長戦略と言えますね。 引用: NTTドコモの成長戦略としては、画像にもあるように次の2つです。 今の時代は顧客満足度をいかに高めるかなので、ニーズを取り込むのも大事! また2つ目の中期成長では、 スマート事業である「金融」、 次世代通信である「5G」の商用化の推進があります。 金融に関しては、NTTドコモが力を入れているd払いがどこまで浸透し、 シェアを取れるか、dポイント経済圏を拡大できるかが焦点になりそうです。 引用: 還元イベントを打ち出して、順調にアプリダウンロード数は増えているので、今後さらに提携を増やして、消費者への定着を確認していく必要があります。 5G通信については、今後さらなる発展が待ち遠しい分野であり、NTTドコモとしてもさらに利益が期待できる分野ですね。 引用: 単純に5G通信を担うだけでなく、 様々な横展開ができれば、事業領域も拡大しますし、売上高・利益の成長につながると考えられます。 NTTドコモの配当金、株主優待• 配当金:1株当たり120円(2019年3月期)• 用: 2020年4月15日の株価3,261円から考えると、 配当利回りは3. 6%であり、なかなかいい利回りだと思います。 過去からの配当金の推移も増額されてきていますので、大きな変化がなければ1株当たりの配当金は維持されていくと思うので、投資家としては面白いと考えれます。 ドコモがdポイントに力を入れていることもわかるね! NTTドコモ(9437)の今後の株価見通し NTTドコモの株価の今後の見通しですが、結論から言うと非常に面白い位置であると言えます。 6%、さらに株主優待としてdポイントが進呈されることを考えると NTTドコモへの投資妙味はあると言えます。

次の