ナルト アニメ オリジナル 飛ばす。 アニメ NARUTO 繋がる想い

NARUTOナルト疾風伝

ナルト アニメ オリジナル 飛ばす

そると さんの感想・評価 3. 9 物語 : 3. 0 作画 : 4. 0 声優 : 4. 5 音楽 : 4. 0 キャラ : 4. 0 状態:観終わった 原作の最終回では、ちゃんとナルトは子供のころからの夢、火影になり平和のために頑張ってます。 しかし十数年続けてきたアニメでは、火影になることは叶いませんでした。 諦めさせられたかのようです。 ずっと頑張ってきた主人公なのに、あまりの仕打ち。 アニメの最終回は、SDのようにふざける大蛇丸、そしてヒナタ結婚おめでとうの最後でした。 アニメ制作側曰く、最終回だから好き勝手やったとのことです。 アニメ最終回の虚無感やたるや…これも無限月読の世界かな。 オリジナルは評判が悪いことで有名なNARUTOですが、最終回もまさかのオリジナルです(原作者が関わっていない小説が元)。 NARUTOのオリジナルは原作読んだのか怪しい設定や描写、セリフがてんこ盛りなので、不人気なんですよね。 面白くないのは、仕方のないところもありますが。 原作回でもちょいちょい余計なオリジナル要素を入れるのが割と不快でした。 原作の補完やプラスになるなら歓迎するのですが、矛盾を生み出したり、キャラを不必要に陥れたり、マイナス面が大きすぎるのです。 それでも少年漫画にふさわしい、よく動くカッコいいバトルの作画の良い回も多いです。 影分身が本当にすごい、アニメーターさん尊敬します。 これをレギュラー放送で10年以上続けてきたのは凄い。 ラストバトルも見応えありました。 声優さんもみんな良かったなぁ。 OP・EDもお気に入りが多いです。 製作陣の一握りの人間がやらかしてるのですが、まともな方は大勢いて、本当に残念でありません。 超絶に良い回と苦痛のオリジナル展開が多いので、惜しいですが、相対的な評価がこうなりました。 たわし(ガガ) さんの感想・評価 3. 9 物語 : 3. 5 作画 : 4. 5 声優 : 4. 0 音楽 : 3. 5 キャラ : 4. 0 状態:観終わった このNARUTO世界での忍者はほぼ魔法使いに等しく、諜報戦や暗殺などのスパイとしての忍者ではない。 あと、ほぼ忍者以外の一般人や外国人(白人や黒人)は登場せずにアジア系で統一されてしまっている。 考えてみたらすごい設定だが、忍者の里「木ノ葉」における歴史が後半で出てくるのだが、ストーリーの序盤で国の長である火影が「4代目」であること(実質は三代目だったが)、忍者たちは家系や家柄によってある種の封建社会を立てていることだったり、その大半が世襲制だったりするんだが、後半ではそのほとんどが蘇ったりなんかしたりして話の主軸に加わる。 これは恐らく「NARUTO」という漫画を連載する上で、あらかじめ設定やキャラクター、ストーリーの流れを作っておかないとそうそうできる芸当ではない。 少年ジャンプの中ではファンタジー漫画で設定や世界観をあらかじめ決めてから連載を始めている作品の始祖は「ダイの大冒険」くらいからだろうが、「ワンピース」も含めて、ある程度通して読んでもストーリーに破綻なく構成する構成力のある漫画家がこの頃から増え出してきた時代でもある。 そう「あらかじめ始まりと結末が決まっている。 」のだ。 そういった点では「忍者漫画」としてはイマイチだが、「大河漫画」としては良くできた作品だったと思う。 追記:どっちかといえば陰陽道に近い オキシドール大魔神 さんの感想・評価 4. 6 物語 : 4. 0 作画 : 5. 0 声優 : 4. 5 音楽 : 4. 5 キャラ : 5. 0 状態:観終わった 原作との兼ね合いによるオリジナルは、原作よりは見劣りするが、補完になっていたりする時もあるので悪くはない。 本編については、基本的に原作を再現しつつ、力を入れるべきところには本当に力が入っている。 ペイン戦に至っては力入りすぎて賛否が分かれるような出来になっていた。 個人的には賛成派。 ここぞと言うところでぴったりのBGMも流れるし、ここぞというシーンの瞬間最大風速ならトップクラスのアニメ。 OPも大体当たり。 特に「sign」と「透明だった世界」あたりは映像が神がかっていた。 EDは大体微妙。 今のところは「目覚めろ野性」が一番好きかもしれない。 原作での戦争編後半は酷評されていたし、自分もつまらないと思っていたが、声と音楽がついて動画になるだけで面白くなった。 特にオビトのすり抜け戦とか、原作だと何やっているか分からなかったが、アニメだと演出も相まってすごく分かり易かった。 途中途中入るオリジナルの引き延ばしが辛かったが、マダラやカグヤ戦も最高だった。 「ブラッドサーキュレーター」は曲自体もいいが、物語が進むにつれ映像がマイナーチェンジしていくのも良かった。 納得いかないのがナルトとヒナタが結ばれることだが(しかもそれを劇中でやらず劇場版でやる)、それはともかく、レギュラー放送で劇場版と同じようなレベルの作画を度々やったのは本当に神。 手抜きの箇所がなかったとは言わないが、力を入れるところはちゃんと力を入れていたし、取捨選択が上手い、スタッフの愛が半端ない作品だったと言えるだろう。 今後レギュラー放送のアニメでナルトを超えるようなアニメは出てこないんじゃないかと思うレベルの神作品でした。 Britannia さんの感想・評価 4. 0 物語 : 4. 0 作画 : 4. 0 声優 : 4. 0 音楽 : 4. 0 キャラ : 4. 原作は終了しアニメも間もなく終了する為、視聴再開 拡げた伏線の回収も良く出来ている。 (イタチの時に使われるBGMが切なくて引き込まれる) 筋が通ってるし、良く纏まっている ナイスエンターテイメント! 楽しませてもらいました、忍者アニメの最高峰と評価。 8 物語 : 4. 0 作画 : 3. 0 声優 : 4. 0 音楽 : 3. 5 キャラ : 4. 5 状態:観終わった ナルト出生編とかのあたりは見た!泣いた!! あの話はヤバすぎる~!! そして最終回近くのそれぞれのキャラ子供時代編あたりから見始めた。 結局シリアスなところをすっ飛ばしてしまってるので、本当の意味でナルトを見てることにはならないんだろうなぁ。。。 0 物語 : 4. 0 作画 : 4. 0 声優 : 4. 0 音楽 : 4. 0 キャラ : 4. 色んなストーリーがあって面白いデス。 ナルトの真っ直ぐで諦めないど根性が周りの人々に認められていき、なくてはならない存在になっていき、仲間が増え、絆が増えていくところに感動しました。 そして、長かった忍界大戦もとうとう終わりました。 ナルト・サスケの戦いにも決着し、涙・涙デシタ。 サスケ真伝も以前とは変化したサスケが見れたし、イイお話でした。 シカマル秘伝もシカマルの覚悟だったり、葛藤があり、違う一面が見れて良かったデス。 木ノ葉秘伝はナルトとヒナタの結婚が決まり、みんなの祝福モード半端ないデス。 最終回はちょっとウルウルしました。 長かったお話もとうとう完結デス。 次は時間も変わり、息子にバトンタッチ。 「BORUTO」はどうなることやら…。 ロボ さんの感想・評価 5. 0 物語 : 5. 0 作画 : 5. 0 声優 : 5. 0 音楽 : 5. 0 キャラ : 5. リーでは テンテン 一度でいいから見てみたい! テンテンの本編でのツッコミを ゚O゚ \ - -; ロボ (ポンコツ編) さんの感想・評価 5. 0 物語 : 5. 0 作画 : 5. 0 声優 : 5. 0 音楽 : 5. 0 キャラ : 5. リーでは テンテン 一度でいいから見てみたい! テンテンの本編でのツッコミを ゚O゚ \ - -; sukebee さんの感想・評価 3. 4 物語 : 3. 0 作画 : 3. 0 声優 : 3. 0 音楽 : 4. 0 キャラ : 4. 0 状態:今観てる 観ています。 もうここ最近の話は、原作の方がグダグダしているのも 相まって、アニメ版の方もグダグダ状態なので。 忍界大戦なる物が始まったあたりから、特にその状態が酷く 少々、進展するだけで繰り返されるクドイ回想シーン モブキャラ同士のダラダラとしたどうでも良いやり取り 同人臭いオリジナルストーリー…etc この辺は、全てカットして観ています。 穢土転生なる術で復活した名の通った忍たちとの 戦いを取り上げたオリジナルのストーリーも ただの時間稼ぎで取り捨てされて行く感じで、とても残念。 バニラ さんの感想・評価 3. 0 物語 : 3. 0 作画 : 3. 0 声優 : 3. 0 音楽 : 3. 0 キャラ : 3. 0 状態:今観てる 今更はまったの!!?WW って友達に言われまくりましたが今更ですがNARUTOにどっぷりはまりました。 』、LONG SHOT PARTY『distance』、いきものがかり『ブルーバード』、井上ジョー『CLOSER』、いきものがかり『ホタルノヒカリ』、FLOW『Sign』、秦基博『透明だった世界』、NICO Touches the Walls『Diver』、7!! 『目覚めろ! 野性』、surface『素直な虹』、NICO Touches the Walls『Broken Youth』、HALCALI『Long Kiss Good Bye』、デブパレード『バッチコイ!!! 』、SUPER BEAVER『深呼吸』、SEAMO『My ANSWER』、氣志團『おまえだったんだ』、AZU『For You』、オレスカバンド『自転車』、supercell『うたかた花火』、DOMINO『U can do it! この頃(2007年冬アニメ)の他の作品•

次の

大筒木カグヤ (おおつつきかぐや)とは【ピクシブ百科事典】

ナルト アニメ オリジナル 飛ばす

プロフィール 誕生日 8月15日 星座 しし座 血液型? 型 身長? cm 体重? と呼ばれたのである及びその弟であるの母親。 かつてに宿っていたチャクラの実を口にして力を得て乱世を治めた。 人々からは「兎の女神」として信仰されていたのと同時に、「鬼」として恐れられてもいた。 三大瞳術を極めており、両目に、額の第3の目はとの力を合わせ持った「輪廻写輪眼」を有していた。 更に骨を媒介・変形させる事で攻撃に応用する 屍骨脈の祖である術と推察される、突き刺した者がボロボロに崩れる「共殺しの灰骨」を使用していた。 の出身である「かぐや一族」の始祖となってもいる。 あまりにも絶大なる力を得た事で、次第にその力に溺れていったカグヤは、歪んだ支配欲と独占欲に取り付かれていく事になり、無限月読の力で人々を家畜同然に扱っていた事から、とにも反抗されてしまう。 彼らとの死闘の末、六道・地爆天星によって封印され、その本体は月となった。 しかし、封印される前に自分の意思であるを残し、復活への布石を打っていた。 カグヤ復活には封印された十尾の抜け殻の外道魔像を口寄せできる『輪廻眼』、そして十尾のチャクラの分散体である『尾獣』を集めて十尾を復活させ、更に無限月読により世界中の人々のチャクラを集める必要があった。 忍宗を開き世を平安に導いたハゴロモが、後に自身の後継者に2人の息子の内の弟を選んだのを見計らい、選ばれなかった兄を唆かしてアシュラと対立させ、ハゴロモが兄弟2人が手を取り合っていけるようにと作った石碑に刻まれた言葉を、無限月読によって世に幸福が訪れるかのように書き換えた。 その結果、1000年に渡りインドラの子孫の、アシュラの子孫のとのいざこざを起こした。 それ以降、黒ゼツは戦乱の時代の裏でインドラとアシュラの転生者に近づきながら、復活の機会を虎視眈々と狙い続け、そして遂にとの代に、その好機が訪れる。 マダラは柱間に敗れた後に、の力に関心の強かったが自身の遺体を処分しないであろうことを読み、自身の左目のにうちはの禁術の1つ「イザナギ」が時間差で発動するように転写封印を起動させて復活した後、戦いの中で食いちぎっていた柱間の体の肉片を自身の体に移植し、を開眼することに成功する。 その際、黒ゼツはイザナギで蘇生する前にマダラの中に入り込み、オビトが拾われるまで潜んでいた。 輪廻眼の開眼者が現れるのをずっと待っていた黒ゼツは、マダラにあたかも自分が彼の意思であるかのように思い込ませ、第四次忍界大戦でマダラの体を奪い、遂にカグヤを復活させた。 最終決戦においては額の輪廻写輪眼による時空間移動や、一撃必殺の「共殺の灰骨」を駆使してナルト達を追い詰める。 さらに封印を逃れるため、六道仙人から封印の鍵を授かった片方であるサスケを別空間に隔離。 しかし、六道仙術を開花したナルトの多重影分身による物量攻撃で時間を稼がれ、その間にサクラの力を借りたオビトによりサスケを連れ戻され合流を許す。 高重力の空間に誘い込み二人を灰骨で抹殺せんとするが、飛び込んできたカカシとオビトが盾となり、さらにオビトが神威でカカシを守ったことで、どの道死ぬ運命だったオビトを葬るにとどまる。 しかもこれが仇となり、六道化したことで瞳力の増大していたオビトが魂となってカカシに憑依、万華鏡写輪眼の力を貸し与えたことで神威が再び使用可能になる。 その間にナルトの攻撃で黒ゼツの寄り添う左腕を失い、続く仙法・超尾獣螺旋手裏剣で暴走しかかるもどうにか尾獣を安定させ、膨張求道玉で空間もろともの抹殺にかかる。 真っ先にカカシを灰骨で葬らんとするも、完成体須佐能乎は粉砕したものの肝心のカカシは右目の神威によるすり抜けで回避し、逆に彼の「神威雷切」で右腕を切断されてしまう。 その間にナルトとサスケが左右から迫って来るが、左手側のサスケは影分身の変化であったことを見抜いていたカグヤはそちらに灰骨を放ち、ついで右手側のナルト本体には地上に縫いとめられた黒ゼツが灰骨を放つが、落下するカカシが間髪入れず左目の神威を発動して妨害する。 さらに待機していたサスケが「天手力」で崩壊する分身ナルトと入れ替わり、左右から迫る2人から逃げようとする。 一瞬「天ノ御中」で氷の世界に移動しようかとも考えたが、サスケが炎遁を使えることから断念。 直上へ飛行し回避を試みるも、まさにその瞬間、待ち構えていたサクラが渾身の鉄拳を叩き込んでその場に押しとどめ阻止。 「またしても……このチャクラの祖であるワラワが……このような分散したチャクラ共に敗れるとは……」 「何故だ……!!!?」 そのまま2人の持つ陰陽の印を打ち込まれ、「六道・地爆天星」により始球空間にて新たな月として封印される。 さらに黒ゼツもナルトによって共に封印され、次なる復活は絶望的となった。 人物 六道仙人曰く、鬼と呼ばれており、ナルトも「心が無いようだった」と語っている。 六道仙人はチャクラの実を口にした時に何かが始まっていたとも推測した。 戦闘中、チャクラを奪いながらもナルトとサスケに我が子の面影を見出し涙を流すなど、ハゴロモとハムラに母としての情は持ち合わせていたが、その愛情は二人を自らの所有物と称するなど酷く歪んだものであった。 使用術• 白眼 両目に開眼している。 大筒木一族の大半はこの瞳術が使用可能。 輪廻写輪眼 チャクラの実を食したことで額に開眼。 天之御中 額の輪廻写輪眼に宿った固有の術。 始球空間・溶岩の空間・酸の海の空間・砂漠の空間・高重力の空間を一瞬で行き来する。 これらの空間の間はとんでもなく遠く離れており、最高峰の時空間忍術である神威を以てしても、サクラの百豪のチャクラを得た上で流血するほどの負担をかけてやっと接続することができるほど。 黄泉平良坂 血継網羅の術の一つ。 空間に穴を開けて自在に行き来する。 カグヤであれば、天之御中による空間をこれで行き来することも可能。 ただし、カグヤが通れるほどに空間の穴を広げるには少し時間がかかる。 共殺の灰骨 メインの攻撃手段。 全身から突き出す、あるいは掌から射出する骨を敵に突き刺す。 この骨は「灰骨」の名の通り非常に脆いが、突き刺した対象もろともボロボロに崩壊するという文字通り必殺の攻撃。 八十神空撃 柔拳のルーツに当たる体術。 チャクラを溜めた掌で空気を弾き、立て続けの衝撃波を叩き込む。 完成体須佐能乎をあっさり破壊するほどの破壊力を持つ。 兎毛針 髪の毛を千本のように飛ばす。 白眼で点穴を見切って打ち込めばチャクラの使用を妨害できる。 ナルティメットストーム4では求道玉らしき黒いチャクラを棘状に形態変化させて伸ばす攻撃をイベントで見せている。 膨張求道玉 巨大な求道玉を生成・膨張させ、全てを烏有に帰して新たな空間を創り出す。 終焉求道玉 ナルティメットストームでの奥義。 膨張求道玉を攻撃に使用した技で、始球空間に敵を引きずり込み、膨張求道玉を爆裂させて空間ごと吹き飛ばす。 疾風伝でのオリジナルエピソード 原作ではカグヤの過去は不明だったが、疾風伝でのオリジナルエピソードとして放送された。 神樹を追うように地球へと漂着し、当時の世界における祖の国の国主テンジに拾われて結ばれて2人の子を身ごもる。 しかし、以前から祖の国と領土問題により敵対し、挑発を繰り返していた華の国が、和平交渉のために華の国に出向いていたテンジや重臣たちが留守の間に祖の国に侵攻、カグヤが匿われた屋敷も攻め込まれるが、彼女は瞳術で敵兵を殺戮した。 しかし華の国は、これを祖の国に攻め入る口実として利用し、和平交渉に出向いていたテンジに対しカグヤの首を差し出すよう命じ、彼女は祖の国の軍勢からも追われる身となる。 付き人の犠牲を払いながらも神樹の元にたどり着き、神樹の実を口にして現在の姿へと変貌する。 黄泉比良坂で異空間を開いて月を召喚し、無限月読を発動させ、人々を神樹に縛り付けたが人間を絶やさないために記憶を改竄した上で一部の人々を解放した。 ちなみにこの件はアニメオリジナルエピソードであるが、制作にあたって岸本氏の監修を受けているため公式設定と考えて差し支えないだろう(設定に矛盾が生じるのは今に始まったことではないが……)。 2年後では… 劇場版 『』では、彼女の子孫であるがの敵として立ちはだかる。 外伝 連載終了後の外伝作品 『』において、サスケの行った調査によれば、彼女が白ゼツの兵団を作っていたのは自身の存在を脅かす者との戦いに備えてのことである可能性があると判明し、第四次忍界大戦後に十数年のあいだ平穏となった世に新たな争乱が起こることを予感させている。 そして 『』にてその脅威とされる存在、とが訪れた。 新世代 しかし、このモモシキとキンシキは何と 一族のしたっぱであり、その後の物語 『』において、遂にとが出現する。 そしてその脅威を打ち倒す鍵は、ナルトの息子・が握っているようである。 神樹とカグヤの関係性 NARUTOの作品の中でも特に不明なのが、神樹と大筒木カグヤの関係性であるがBORUTOにて徐々に謎が解かれ初めている。 疾風伝でハゴロモ・ハムラとの戦いが描かれたが、実はここまで明かされても十尾の帰趨がよくわかっていない。 岸本氏によるオフィシャルデータブック「陣の書」の「忍博聞録・忍術創生秘録」で「十尾はカグヤが神樹と一体化した姿である」と明記されている。 例えば「兎の女神」の異名は、「月には兎がいる」という伝承に由来していると思われる。 「を食べて力を手にした」という点は『』にてを食べた原初の女性に、「」という点はやなど各神話のと共通している。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

ナルト オリジナルを飛ばす場合は1〜135

ナルト アニメ オリジナル 飛ばす

タグはやで登録されている事も多い。 29歳 体重 67. 29歳 性格 冷静沈着、気楽 好きな食べ物 の塩焼き・の 嫌いな食べ物 ・甘いもの 戦って見たい相手 好きな言葉 チームワーク 趣味 (イチャイチャシリーズ) アカデミー卒業年齢 5歳 中忍昇格年齢 6歳 任務経験 Sランク 42回 Aランク 298回 Bランク 414回 Cランク 190回 Dランク 197回 概要 CV:、 少年期 を出た、、たち三人のを指導する上忍師であり、ナルトたちやその同期たち等から『』と呼ばれる。 屈指の実力者であり、1000種類以上の技を写し取り自分の技にしてきたため 写輪眼のカカシ又は コピー忍者のカカシと呼ばれ手配書(ビンゴブック)に名前が載るなど他国にも名が知られている。 原作・アニメ共に彼を主にした話も多く、実質的に主人公ナルトと第二の主人公と言えるサスケに継ぐ、とも言える立場。 容姿 父のサクモ譲りの逆立てたをした長身痩躯の男性で、瞳は気味で平時はの状態が多い。 全体的な容姿は父親譲りで、第二次忍界大戦時にサクモに息子夫婦を殺されたのは初めて会った時、と勘違い(ないし勘違いしたふりを)してカカシに襲い掛かっている。 左目をで覆っており、顔の下半分もで覆っている。 右目は生来のものだが、左目はカカシが12歳の時にチームメイトのを庇う為に負傷し、左瞼に縦のが残っている。 左目を失ったカカシだが、 後にとして生きていた事が判明した がカカシに託したという特殊な洞察眼を医療忍者の手によって移植され、後天的となった。 移植された写輪眼は常に作動状態でチャクラを消耗し続けるため、チャクラ消費を抑えるために額当てで隠したり、左目を閉じたりしている。 しかし、口のマスクは幼少期からずっと付けている模様で、マスクの下の素顔は長らく謎だった。 ファンブックにおいて何度かナルト達が素顔を暴こうとするものの、毎回に終わっている他、綱手の承認のもと暗部も調べようとして失敗していることがから言及されている。 しかし『』の、親子の反応を見る限りでは顔立ちは整っていることが伺える。 ところが、2015年に開催された連載完結記念 岸本斉史 NARUTO展の入場者特典である「新伝・風の書」にて、遂に素顔が解禁され、ファンの間に衝撃が走った。 後に『』第689話「」 2016年7月28日放送 で 映像化及びアニメ化される。 性格 口癖 な性格で、 「ま! ファンの中には交じりと捉える者がいるて、チームメイトのオビトを叱る様子はまさに状態。 幼少期からこの口調で父親の口調とは異なるため、亡くなった母親の口調を模倣したものの可能性がある。 遅刻癖 顔合わせにはしょっちゅうし、バレバレの言い訳を並べてはナルトとサクラに突っ込まれ、サスケには呆れられている。 しかし、この遅刻癖はらも知っている他、などのようにその遅刻理由がの名が刻まれた慰霊碑で自分を戒めるためのものということを知る者もいる。 ちなみに遅刻癖があったのは元々オビトの方で、カカシはそれを咎める側であった。 仲間思い 非常に仲間思いで人望も厚い。 任務を行う上ではが大事だと主張し、僅かながらもを見せたナルト達を試験合格と見なした。 ちなみにナルト達の班が初めてのチームであり、彼らを試験に合格させるまで全ての班を問答無用で落としてきたらしい。 父親のサクモの性格も仲間思いと紹介されていることから、この性格は父親譲りであることが伺える。 元来な性格だったのと複数の忍犬を使役することからな面があり、食生活の酷さから成長期にも関わらず小柄なナルトのために野菜を与えたりと細やかな気配りをしている。 アニメオリジナルエピソードでは自分か部隊長を務めた任務での出来事を切っ掛けにの教員となったが問題児で遺恨の対象の九尾を宿したナルトに上手く接せられず、担任を辞めようとした際は悩みを聞いてやり、滝隠れの忍に襲われたイルカとナルトを救い、イルカがナルトに向き合う切っ掛けを与え、ナルトがイルカに心を開くことになる。 自己犠牲 仲間思いな反面自分の命を軽んじることが多く、チームメイトたちを立て続けに亡くし、チームメイトたちではなく自分が死ぬべきだったと自分を責め続けた故に生き急ぐような生き方をしていた。 作中でも仲間を助けるために躊躇なくその身を犠牲にしようとする様子が頻繁に描写される。 そんなカカシを同期たちが案じている他、劇場版では木ノ葉隠れの里を救うために死を覚悟の上でのもとへ向かっている。 趣味嗜好 が大好きで、特にの書くを毎回楽しみにしている。 18歳の誕生日以降読んでおり、カカシはそのテーマを愛であり、娯楽としての楽しみの他に忍者として必要な何かが根底に流れているような気がしてならないとコメントしている。 アニメ版ではチラリとの店頭に並んであるイチャイチャシリーズの新刊の表紙を見ただけでを放り出してガン見していたりと の熱演もあって マニアっぷりが強調されていた。 ただしするのはさすがに恥ずかしい模様。 因みに自来也の作家としての処女作にして恩師の愛読書であるド根性忍伝に関しては劇場版のドラマCDにて「俺の興味の無い方の自来也さんの代表作」と評している。 また同ドラマCDでは忍者学校に入学してから、即ち5歳以前からを一日も欠かさずに書き続けていることが判明している。 また幼少期は料理本などを読んで自ら料理を作るなどしており、後にチームメイトとなるとからかなりの高評価を得ている他、二人の死後に「忍 如何に死すべきか」という本を読むなどしている。 交流関係 後述の来歴のように両親を幼少期に亡くし、チームメイトと恩師も戦死してしまったカカシ。 復讐に囚われるを諭すも、一番大事な人間を殺してやろうかと言われた際には「みんな殺されてる」と回答している。 しかし、特別重きを置く人々が亡くなっているだけで、仲間思いのカカシと親しい人間は決して少なくない。 教え子であるを大切にしており、ナルトたちもカカシを信頼している。 ナルトと彼の同期生たちの上忍師仲間の、とはアカデミー在学期間も被っている。 特に幼少期から自分を一方的にライバル視していたとの交流は長く、ガイ曰くカカシは永遠のライバル。 戦績もほぼ互角だが、中にはただのも含まれてたり、そもそもカカシがどう見ても全く相手にしていないため、実際の実力がどうなのかは不明であるが50勝49敗と勝ち越してるとのこと。 また暗部時代の後輩である()からは先輩と呼び慕われている。 来歴 生い立ち 父の死 カカシは第二次忍界大戦の英雄、「木ノ葉の白い牙」と恐れられた天才忍者の一人息子として生まれ、男手一つで育てられた。 第二次忍界大戦後の人手不足、及び第三忍界大戦の予兆があったことを考慮に入れても、5歳でを卒業し 平時は6歳で入学、12歳卒業 、翌年には6歳で試験に合格するなど幼少期から忍として非凡な才能を持ち合わせていた。 忍者登録番号が5歳上のと4歳上のの間に挟まっていることからどちらか一方、または二人と同じタイミングで卒業したと思われる。 だが中忍となった後、父親のサクモはカカシが7歳の頃、人命を優先した違反による任務失敗で受けた中傷から心身ともに衰弱し、。 孤児となったカカシは父親の汚名を背負うこととなり、このことが以後のカカシの性格形成に大きく関わってしまう。 また母親に関する描写はサクモの口から言及がある程度で、幼少期以前に亡くなっている。 サクモの弁によればカカシがペイン戦で一度死亡した年齢よりも若くに亡くなっているようで、「母さんほどじゃなかったが」という発言からもかなり若い頃に亡くなったことが推察できる。 上忍昇格、チームメイトの死 父が批判された原因は命令違反をしたせいだと考え、ルールや規則を守る事に固執するようになる。 一個人として優秀な実績を残すものの配属されたチームで年上の先輩、同僚との間で問題を起こし続けたまだ若いカカシを案じつつも、第三次忍界大戦下という時勢から戦力として投入しなければならないことからによって預かりとなが結成される。 やがて成長したカカシは戦時中で飛び級が可能であったことを考慮に入れてもわずか12歳でに昇格した。 これはおそらく木ノ葉の最速記録であろう。 上忍になりたての潜入任務中にチームメイトのにより仲間の大切さを気付かされ、そしてその親友の死によりカカシの考え方は大きく変わった。 本来しか持てないはずのを持っている理由、しょっちゅう遅刻をする理由は、全てに由来している。 この写輪眼を見事に使いこなし第三次忍界大戦では「 写輪眼のカカシ」の異名を大国中に知らしめた。 そして、その時に生き残った仲間であるが『NARUTO』本編に登場しない理由も、まだカカシがこの後に経験したによるものであった。 この時に万華鏡写輪眼を開眼した。 暗部就任、恩師の死 チームメイト二人を喪い、に魘されつつも任務を熟すカカシを案じ、担当上忍であったがに就任後、カカシを 暗殺戦術特殊部隊 に所属する。 一時はミナトの命によりの護衛任務を行っていたが、によって恩師夫婦が殉職する。 暗部所属時代に 後の、当初はと名乗る との出会っている他、は暗部部隊長時代の部下でもあった。 左腕には暗部の証の刺青が刻まれており、正規部隊に戻った後も残っている。 暗部から上忍師へ 父親(母親も既に死亡)、チームメイト、恩師など親しい人を亡くし続けるも写輪眼を託したオビトとの約束から里の仲間を守るためカカシは暗部の任務に没頭する。 しかし、死に急ぐように生きていたカカシを案じた同期の、、らのへの嘆願により正規部隊に戻り、下忍を引率する上忍師となる。 卒業直後に行われる最終試験では、過去の自分への戒めと上述のチームメイトたちの悲劇から「仲間を大切にしないクズ」や「年相応の子供らしい素直に言うことを聞くだけのボンクラ」を認めず、、、ら以前に担当した下忍は全員不合格にしていた。 余談だがでは不合格にした下忍達はその演習がきっかけでいずれも改心していることが判明している。 第一部 ナルト・サスケ・サクラが最終試験に合格後はの隊長に就任し、三人を統率し様々な任務をこなす。 なお、カカシが上忍師に振り分けられたのはののナルトとの生き残りサスケの監視役としてからの密命を受けたためと思われる。 過去の経験が影響しているのか、味方の危機には身を挺して臨むところがあり、の任務ではとの戦いでその実力を見せ付ける。 その後、下忍となって間もない第七班をに推薦。 中忍試験の前後においてはナルトが(ミナトの師匠なのでカカシの大師匠)との修行でを習得する中、同じ写輪眼を持つサスケに自身の必殺技を伝授。 「木ノ葉崩し」においてはサクラ達にサスケの追跡を命ずる傍ら、上忍としてガイらと共に敵を殲滅する。 「木ノ葉崩し」後に、里に侵入したメンバーの、の2名と仲間と共に交戦するもイタチの瞳術「月読」によって戦闘不能に追い込まれるが、ガイの救援によって辛くもイタチと鬼鮫を退却させる。 ガイの助けと火影として里に帰還したの治療によって回復するが、その後は上忍としての任務が多忙となり、サスケの「里抜け」には間に合わなかった。 第二部 と万華鏡写輪眼に宿る固有の術の一つ「神威」を本編で初使用。 これはカカシが写輪眼の視界に捕らえた任意の位置の空間を引きちぎって別の場所に強制的に飛ばすという術で、物理的殺傷力のみならず応用性も高い術だったのだが、カカシが写輪眼の本来の持ち主であるうちは一族ではないためかチャクラの消費が膨大で使うたびに寝込んでしまうというリスクがあった他、当初は術を発動してから空間を引きちぎるまでに時間がかかってしまい、動く対象を捉えきれないという使い勝手の悪さが目立った。 後に術の発動スピードはかなり高速化され、爆発の術をとっさに爆発が起こった空間をまるごと飛ばす事で爆発を防いだり、飛んで行くクナイをワープさせて意表を付く、ゼロ距離からの杭攻撃よりも速く飛ばすなどかなり応用の幅が増えている。 戦では戦闘型である修羅道を撃破するも、ペイン六道の中でも圧倒な力をもつの前に苦戦。 天道の能力と攻略法を見抜きと協力しあと一歩のところまで追いつめるも戦闘不能になりを逃がすために神威を使用し死亡する。 その後、死の世界で父・サクモと再会し、ようやく父親との和解を果たす。 その後の技「外道輪廻転生」により黄泉の国からの蘇生を果たした。 第四次忍界大戦では大戦が終了する終局間近まで己が持てる全てを尽くしやなどの強敵に対しやといった面々と共にナルトらを援護する活躍を見せた。 との戦いでは機転を利かせて仮面を破壊するが、に驚愕する。 彼の変貌の原因が自分にある事を知るとショックを受けるが、ナルトの叱咤により落ち着きを取り戻した。 最終決戦、チャクラの祖であるとの戦いでは、写輪眼を元の持ち主であるオビトに返してしまったうえ以外効かない相手だったので何もできず、「せめて弾除けにはなろう」と、瀕死だったオビトと共にナルト・サスケに向けられたカグヤの攻撃を受けようとするが、「お前はまだ生きるべきだ」と言うオビトによって自身も庇われ、自分だけ救われてしまう。 この時、旅立つオビトの魂に「ちょっと早い火影就任祝い」として一時的に両目の写輪眼を譲り渡される。 これにより、カカシが以前使えていた空間を引きちぎる攻撃を司る「左目の神威」と自身の体を含めた任意の物体を時空間に出し入れする防御を司るオビトの「右目の神威」、そしてさらに両目の万華鏡写輪眼に固有術を宿したものだけが開眼できる「」まで開眼。 「写輪眼のカカシ」の名に恥じぬ闘いを見せカグヤとの戦いに大きく貢献した。 大戦終結後はの後任としてに任命される。 本来なら投獄されるはずのサスケの罪を、大戦終結の功績やナルト達の嘆願をあつめて不問とした。 最終回ではその座を次代に譲り、夜ガイを放った代償として右足の一部を壊死し、骨折も含めて忍者生命を断たれた入院中のガイと会っている。 ガイ曰く 「木の葉一の技師」であり、木の葉はもちろん忍のなかでも彼以上に手数を持つ者はいないだろう。 その他、体術、忍術、幻術、頭脳、嗅覚においても超一流クラスの実力を有しており、忍界一の分析力を有している。 得意とするのは主に性質変化は雷・水・土の三種だが、写輪眼によってコピーしてきたお陰で5つ全ての属性の忍術と陰陽遁全て扱えるオールラウンダーの忍である。 また、負傷していたが復帰したことで流れたとはいえ上役のから に推薦され、名声、力、徳を兼ね揃えていると大名側の役人に評される。 ナルト曰く「以上の体術に以上の索敵、以上の写輪眼に以上の頭脳…半端ないってばよ」とのこと(『疾風伝』開始当時)。 また、連載初期にという木ノ葉秘伝体術奥義をナルトにかましている。 写輪眼 普段は隠している左目には傷があり、 になっている。 この写輪眼により、相手は術などをコピーされてしまう為、周りから コピー忍者と恐れられている。 この写輪眼の能力で相手の行動をある程度見抜きつつ、相手にチャクラエネルギーを集中させた腕で素早い突きをお見舞いする カカシの場合は雷を切ったという逸話から とも という強力な技を持っている。 後年、この洞察眼を失うものの、コピーをして習得した技は失われていない。 弱点 欠点はに欠ける事で、加えて写輪眼も正規に覚醒したものではない(本来はうちは一族限定のもの)為、使いすぎると重度の負担がかかってしまう。 加えて彼の代名詞であるオリジナル技、()は大量のチャクラを消費するため初期頃は一日最大4発が限度だった。 実際写輪眼を使用した後に数日間寝込んでいる描写があり、設定染みた頻度で病院に入院した。 後期ではある程度克服したのか連続で使用している。 彼自身 まだまだ発展途上の忍でもあったということ。 第四次忍界大戦における戦歴 第四次忍界大戦時においては、第3部隊長を任され活躍。 により復活した波の国で一度戦った元のと再び戦い、その際に彼の愛刀である 断刀・首切り包丁を譲り受け以降の戦いでしばらく使用していた。 その後先行してと戦闘していたナルトとにガイとともに合流。 をはじめとしたと戦闘する。 穢土転生解術後はトビと戦闘。 持ち前の分析力で彼の能力を見抜き突破口を開いた。 口寄せ動物 カカシが契約を交わしで呼び寄せるのは8体の、単体でも口寄せ可能。 8体とも「」の描かれたちゃんちゃんこを着ている。 特にカカシが最も信頼を置くパグ犬風の パックンはのと異なり人語を解する他、知能も高く、木ノ葉崩しの際にはカカシに変わりナルトたちを指揮する。 NARUTOの公式キャラクター人気投票において、第一回:1位、第二回:2位、第三回:1位、第四回:2位、第五回:3位、第六回:2位、第七回:3位と常に上位の位置についており、全7回の合計では 主人公のナルトを抑え第1位である。 NARUTOのキャラの中でも比較的早くに考えられたキャラでもあり、初期設定では目つきがもっと鋭く口調で話す予定だったらしく、を髣髴とさせる。 またの年齢設定が下がる以前の構想だったためか、本編では互いに敬語で話し合うイルカが初期設定版では同期なのかカカシにタメ口で声を掛けている。 名前の候補はカカシの他にクワ、カマ、ボタン、エノキがあり、はカカシとエノキで迷ったが、最終的にはカカシを選んだ。 余談だが、という女性キャラクターが登場するにナルトに封印されているとなったキャラクターが登場する作品がある。 原作第16話の扉絵にはベッドで眠るカカシが描かれており愛読書の、、の写真、そしてナルトから貰ったとされる植木のウッキー君が枕辺に飾られている。 ウッキー君は2003年にグッズ販売された際はチャイニーズイエローバナナという品種だった。 青年期を、少年期をが演じているがアニメの中期、後期では井上演じる12歳のカカシと田村演じる14歳のカカシとが混在している。 アカデミー入学時という設定上5歳未満の筈だがアニメが5歳卒業設定を忘れている可能性があるのと、中忍試験はチーム戦なのでまだ中忍になれていなかったオビトとリンの付き添いという可能性が高い。 の声を演じたはオーディションでカカシ役を受けていた。 関連イラスト.

次の