台風 進路 予報。 【最新2020】台風1号の進路予想・米軍予想!東京(関東)や大阪(関西)への影響は?

気象庁|台風予報の精度検証結果

台風 進路 予報

フィリピンに上陸、縦断後の18日には減衰するものの沖縄県の方面である北東に向かう進路予想図となっている。 カテゴリー• 167• 101• 1 最新投稿5記事 アーカイブ• 2 Google等の第三者配信事業者が、 クッキー[ Cookie( ブラウザの閲覧ごとに各々の端末に保存される小さなファイル )]を使用してユーザーで有るあなたに、当「 茨城瓦版 」や他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて広告を配信します。 Googleが広告のクッキーを使用することに拠りユーザーであるあなたが、そのサイトや他のサイトにアクセスした際の情報に基づいGoogleや、そのパートナーが適切な広告をユーザーである、あなたに表示できます。 あなたは、にアクセスすれば、パーソナライズ広告に使われる第三者配信事業者のCookieを無効に出来ます。 第三者配信事業者や、広告ネットワークの配信する広告が、当サイト「 茨城瓦版 」に掲載されます。 対象となる第三者配信事業者や、広告ネットワークの適切なウェブサイトへのリンクを掲載します。 に、 アクセスすれば第三者配信事業者が、パーソナライズド広告の掲載で使用するCookieを無効に出来る事を、ここに明示します。

次の

気象庁

台風 進路 予報

台風の実況 気象庁では、台風の実況を3時間ごとに発表しています。 台風の実況の内容は、台風の中心位置、進行方向と速度、中心気圧、最大風速(10分間平均)、最大瞬間風速、暴風域、強風域です。 この円内では、いつ暴風が吹いてもおかしくありません。 また、青い線は現在までの台風の経路を示します。 台風の予報 気象庁は、台風の1日(24時間)先までの12時間刻みの予報を3時間ごとに発表し、さらに5日(120時間)先までの24時間刻みの予報を6時間ごとに発表します。 予報の内容は、各予報時刻の台風の中心位置(予報円の中心と半径)、進行方向と速度、中心気圧、最大風速、最大瞬間風速、暴風警戒域です。 破線の円は予報円で、台風の中心が到達すると予想される範囲を示しています。 台風の大きさの変化を表すものではありません。 予報した時刻に、この円内に台風の中心が入る確率は70%です。 また、予報円の中心を結んだ白色の点線を表示することもできますが、台風の中心が必ずしもこの線に沿って進むわけでないことに注意してください。 予報円の外側を囲む赤色の実線は暴風警戒域で、台風の中心が予報円内に進んだ場合に5日(120時間)先までに暴風域に入るおそれのある範囲全体を示しています。 台風の強さ(中心気圧や最大風速)は台風が進むコースによって大きく変わる場合があります。 したがって、中心位置の予報が変われば、強さの予報も大きく変わる場合があるため、常に最新の予報をご利用ください。 また、台風情報で発表する台風の最大風速、最大瞬間風速は台風により吹く可能性のある風速の最大値を示します。 このため、地形や竜巻のような局所的な気象現象などの台風以外の影響により、一部の観測所で観測値がこれらの値を超える場合があります。 なお、台風の動きが遅い場合には、12時間先の予報を省略することがあります。 暴風域や暴風警戒域のない台風の場合には、予報円と強風域のみの表示になります。 さらに、台風が日本に接近し、影響するおそれがある場合には、台風の位置や強さなどの実況と1時間後の推定値を1時間ごとに発表するとともに、24時間先までの3時間刻みの予報を3時間ごとに発表します。 下の図は24時間先までの情報の例です。 それぞれの地域で警戒が必要となる時間帯がより詳しくわかります。 「経路図選択」で「24時間」か「24時間拡大」を選択した場合は下の図のように6時間刻みの予報を、「24時間拡大詳細」を選択した場合は3時間刻みの予報をご覧いただけます。 緑のグラフはそれぞれ24、48、72、96、120時間先までの暴風域に入る確率を積算値で示します。 早ければ値が出はじめる時間帯から(上図では13日12時から)、暴風域に入る可能性があります。 値がピークの時間帯(上図では13日21時~14日0時)は、最も暴風域に入っている可能性が高い時間帯です。 また、値が小さくなった時間帯(上図では16日6時まで)でも、まだ暴風域に入っている可能性があることに注意が必要です。 暴風域に入る確率は、台風の予報円の大きさを考慮して計算されています。 一般的に情報の発表時刻から先の時間になるほど予報円が大きくなり、広い地域に低く確率が予報されます。 このため台風が離れているときに確率が低い地域でも、台風が接近することで確率が高くなることがあります。 暴風域に入った場合の危険は大きいため、発表されている確率が低くても、確率の変化傾向やピークの時間帯に注目し、常に最新の予報をご利用ください。 分布表示 また、地域ごとの確率に加えて、下の図のような確率の分布図を発表します。 分布図では、北緯20~50度、東経120~150度で囲まれる領域を対象として、緯度方向0. 4度、経度方向0. 5度毎に5日(120時間)先までに暴風域に入る確率を示します。 気象庁ホームページでは、「台風情報」のページの「情報選択」で「」を選ぶとご覧いただけます。 下の図は表示例です。 「台風に関する気象情報(全般台風情報)」には、台風の実況と予想などを示した「位置情報」と防災上の注意事項などを示した「総合情報」があります。 「位置情報」は、ラジオやテレビを通して言葉で伝えたり、新聞記事として掲載したりすることなどに利用されています。 気象庁ホームページでは、「台風情報」ページの「情報選択」で「」を選ぶとご覧いただけます。 以下に情報の例を示します。 平成28年 台風第18号に関する情報 第5号 (位置) 平成28年9月30日21時50分 気象庁予報部発表 (見出し) 台風第18号は、フィリピンの東を 1時間におよそ20キロの速さで北へ進んでいます。 (本文) 台風第18号は、30日21時には フィリピンの東の 北緯14度50分、東経136度40分にあって、 1時間におよそ20キロの速さで北へ進んでいます。 中心の気圧は985ヘクトパスカル 中心付近の最大風速は30メートル、 最大瞬間風速は40メートルで 中心から半径60キロ以内では 風速25メートル以上の暴風となっています。 また、中心から半径280キロ以内では 風速15メートル以上の強い風が吹いています。 台風の中心は、12時間後の1日9時には フィリピンの東の 北緯16度20分、東経135度25分を中心とする 半径70キロの円内に達する見込みです。 中心の気圧は985ヘクトパスカル 中心付近の最大風速は30メートル、 最大瞬間風速は40メートルが予想されます。 予報円の中心から半径130キロ以内では 風速25メートル以上の暴風域に入るおそれがあります。 24時間後の1日21時には フィリピンの東の 北緯18度25分、東経133度20分を中心とする 半径110キロの円内に達する見込みです。 中心の気圧は980ヘクトパスカル 中心付近の最大風速は30メートル、 最大瞬間風速は45メートルが予想されます。 予報円の中心から半径170キロ以内では 風速25メートル以上の暴風域に入るおそれがあります。 48時間後の2日21時には 沖縄の南の 北緯22度40分、東経129度20分を中心とする 半径200キロの円内に達し、 強い台風になる見込みです。 中心の気圧は970ヘクトパスカル 中心付近の最大風速は35メートル、 最大瞬間風速は50メートルが予想されます。 予報円の中心から半径280キロ以内では 風速25メートル以上の暴風域に入るおそれがあります。 72時間後の3日21時には 奄美群島近海の 北緯27度30分、東経128度40分を中心とする 半径260キロの円内に達し、 非常に強い台風になる見込みです。 中心の気圧は950ヘクトパスカル 中心付近の最大風速は45メートル、 最大瞬間風速は60メートルが予想されます。 予報円の中心から半径370キロ以内では 風速25メートル以上の暴風域に入るおそれがあります。 なお、台風の中心が予報円に入る確率は70%です。 今後の台風情報にご注意下さい。 また、24時間先までの3時間刻みの予報など、台風が日本に接近し、影響するおそれがある場合に発表する情報を含む、詳細な情報も発表します。 情報の形式は上記の情報と同様です。 気象庁ホームページでは、「」のページで、「位置詳細」をクリックするとご覧いただけます。 「総合情報」は、台風の見通しや予想雨量など防災にかかわる情報や災害への留意点、台風の発生や上陸などの情報を掲載するために発表します。 気象庁ホームページでは、「」か、「」のページでご覧いただけます。 以下に情報の例を示します。 平成30年 台風第24号に関する情報 第68号 平成30年9月29日16時41分 気象庁予報部発表 (見出し) 大型で非常に強い台風第24号は、29日夜から30日明け方にかけて奄美 地方に最も近づくでしょう。 沖縄・奄美では暴風や高波、大雨、高潮に厳重 に警戒してください。 30日から10月1日にかけては、西日本から北日本 にかけての広い範囲で暴風や高波、大雨、高潮に厳重な警戒が必要です。 (本文) [台風の現況と予想] 大型で非常に強い台風第24号は、29日15時には那覇市の北西の海上にあって、1時間におよそ20キロの速さで北北東へ進んでいます。 中心の気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルで中心の東側280キロ以内と西側220キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっています。 台風は沖縄地方に最も接近して、29日夜から30日明け方にかけては奄美地方に最も近づく見込みです。 台風の動きが遅いため、沖縄・奄美では影響が30日にかけて続くでしょう。 その後、台風は速度を速めながら北東に進み、30日には非常に強い勢力を維持したまま西日本にかなり接近または上陸し、10月1日にかけてさらに速度を上げて東日本や北日本にかなり接近・通過するおそれがあります。 また、西日本から伊豆諸島付近にのびる前線が、30日朝には西日本や東日本を北上し、30日は北日本まで北上する見込みです。 [防災事項] <暴風・高波> 沖縄地方では猛烈な風や猛烈なしけ、奄美地方でも猛烈なしけとなっています。 沖縄・奄美では、30日にかけて猛烈な風や猛烈なしけとなる見込みです。 西日本から北日本でも、30日は非常に強い風や猛烈な風となり、海は大しけとなり、西日本と東日本の太平洋側の海は猛烈なしけとなるでしょう。 紀伊半島から東日本太平洋側では、記録的な暴風となるおそれがあります。 30日までに予想される最大風速(最大瞬間風速)は 沖縄地方、奄美地方、九州南部、四国地方、近畿地方 45メートル(65メートル) 東海地方 40メートル(60メートル) 九州北部地方、関東甲信地方 35メートル(50メートル) 北陸地方 30メートル(45メートル) 中国地方、東北地方 25メートル(35メートル) 30日までに予想される波の高さは 沖縄地方、奄美地方、九州南部、四国地方、近畿地方、東海地方 13メートル 伊豆諸島 12メートル 関東地方 10メートル 九州北部地方 8メートル 東北地方 7メートル です。 暴風やうねりを伴った高波に厳重に警戒してください。 北日本では、10月1日にも、非常に強い風や猛烈な風が吹き、海は大しけとなる見込みです。 暴風に厳重に警戒し、高波に警戒してください。 30日から10月1日は、西日本から北日本にかけての広い範囲で暴風や大しけとなるため、交通障害、停電、果実の落下などの農作物の被害が発生するおそれがあります。 早めの対策が必要です。 <大雨・雷・突風> 台風周辺や前線付近では、大気の状態が非常に不安定となっており、紀伊半島付近では猛烈な雨を観測しました。 活動が活発な前線や台風本体の雨雲の影響で、30日にかけて南西諸島から東日本では雷を伴った非常に激しい雨や猛烈な雨が降り、大雨となるでしょう。 北日本でも10月1日は、非常に激しい雨が降り大雨となる見込みです。 30日18時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、 九州南部、九州北部地方 500ミリ 奄美地方、四国地方、近畿地方、東海地方 400ミリ 沖縄地方、中国地方 200ミリ 関東甲信地方、北陸地方 150ミリ その後、10月1日18時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、 東海地方 300から500ミリ 近畿地方、関東甲信地方、北陸地方 200から300ミリ 中国地方、東北地方 100から200ミリ 北海道地方 100から150ミリ 四国地方 50から100ミリ の見込みです。 土砂災害、低地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒してください。 また、台風周辺だけでなく台風から離れた地域でも落雷や竜巻などの激しい突風に注意してください。 発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。 <高潮> 台風の接近・通過に伴い、沖縄・奄美では29日は海岸や河口付近の低地での高潮に対する厳重な警戒が必要です。 西日本から東日本でも、30日は高潮となる所がある見込みです。 高潮に厳重な警戒が必要です。 なお、潮位が堤防を越えなくても、潮位が高い中で高波があると波が海岸堤防を越えて浸水するおそれもあります。 高潮や高潮と重なり合った波浪による浸水などにも厳重に警戒してください。 予想される最高潮位は、高い所で 沖縄県 標高 2.0メートル 鹿児島県(奄美地方) 標高 2.1メートル です。 [補足事項等] 次の「平成30年 台風第24号に関する情報(総合情報)」は、29日23時頃に発表する予定です。 「総合情報」は必要に応じて図形式の情報で示すことがあります。 気象庁ホームページでは、「」のページでご覧いただけます。 以下に情報の例を示します。 平成30年台風第7号に関する沖縄地方気象情報 第5号 平成30年6月30日10時48分 沖縄気象台発表 (見出し) 台風第7号は沖縄の南を北上し、7月1日に沖縄本島地方にかなり接近する見込みです。 沖縄本島地方では、暴風や高波に警戒してください。 また、大東島地方や先島諸島でも、強風や高波に十分注意してください。 (本文) [台風の現況] 台風第7号は、30日9時には沖縄の南の北緯20度25分、東経129度50分にあって、ゆっくりした速さで北西へ進んでいます。 中心の気圧は992ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートルで、中心の東側390キロ以内と西側280キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。 [台風の今後の予想] 台風第7号は、沖縄の南を発達しながら北上し、7月1日昼過ぎから夜にかけてに、沖縄本島地方にかなり接近する見込みです。 [防災事項] <暴風・強風> 大東島地方では、台風第7号と太平洋高気圧の間の気圧の傾きが大きい影響で、強い風が吹いています。 台風第7号の北上に伴い、沖縄本島地方は30日夜のはじめ頃から、先島諸島は7月1日明け方から、風が強く吹く見込みです。 沖縄地方では強風に注意してください。 沖縄本島地方では、7月1日はさらに風が強まり、7月1日昼過ぎから夜にかけて暴風となる見込みです。 暴風に厳重に警戒してください。 予想される最大風速(最大瞬間風速) 30日 沖縄本島地方 15メートル(25メートル) 大東島地方 15メートル(25メートル) 先島諸島 13メートル(25メートル) 7月1日 沖縄本島地方 30メートル(40メートル) 大東島地方 15メートル(25メートル) 先島諸島 18メートル(30メートル) <高波> 沖縄地方の沿岸の海域では、うねりを伴い波が高くなっており、30日は次第にしけるでしょう。 海上や海岸付近では、うねりを伴った高波に十分注意してください。 7月1日は沖縄本島地方では、大しけとなる見込みです。 うねりを伴った高波に警戒してください。 予想される波の高さ(いずれもうねりを伴う) 30日 7月1日 沖縄本島地方 5メートル 7メートル 大東島地方 4メートル 4メートル 先島諸島 4メートル 5メートル <大雨・雷・突風> 沖縄本島地方では台風第7号の影響により、30日昼過ぎから1時間に30ミリの激しい雨が降り、7月1日は1時間に60ミリの非常に激しい雨が降る見込みです。 土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意してください。 なお、沖縄本島地方では、7月1日は、警報級の大雨となるおそれがあります。 7月1日12時までの24時間に予想される雨量は、多い所で 沖縄本島地方 200ミリ その後7月2日12時までの24時間に予想される雨量は、多い所で 沖縄本島地方 100から200ミリ 沖縄本島地方では、7月1日にかけて、積乱雲が発達し、落雷や竜巻などの激しい突風による被害の起こるおそれがあります。 屋外活動などには注意してください。 また、発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、頑丈な建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。 なお、天気の急変にも注意が必要です。 大東島地方では、7月1日にかけて発達した積乱雲の下での落雷や突風、急な強い雨に注意してください。 <高潮> 沖縄本島地方では、7月1日は台風第7号の接近に伴い、潮位が高くなる見込みです。 海岸や河口付近の低地では、高潮による浸水や冠水に警戒・注意してください。 注意が必要な期間と予想される最高潮位(標高) 沖縄本島地方 7月1日 朝 1.4メートル 今後、地元の気象台が発表する警報や注意報、気象情報、竜巻注意情報に留意してください。 次の情報は、30日16時30分頃に発表する予定です。 発達する熱帯低気圧の情報 24時間以内に台風になると予想した熱帯低気圧の情報 上のような台風の情報に加えて、24時間以内に台風になると予想した熱帯低気圧の情報も発表します。 気象庁ホームページでは「」のページでご覧いただけます。 下の図は情報の表示例です。 熱帯低気圧の実況の内容は、中心位置、進行方向と速度、中心気圧、最大風速(10分間平均)、最大瞬間風速です。 熱帯低気圧の予報の内容は、12時間先、24時間先の中心位置(予報円の中心と半径)、進行方向と速度、中心気圧、最大風速(10分間平均)、最大瞬間風速です。 なお、熱帯低気圧の動きが遅い場合には、12時間先の予報を省略する場合があります。 発達する熱帯低気圧に関する情報 さらに、熱帯低気圧が24時間以内に台風になり、日本に影響を及ぼすおそれがある場合には、次のような「発達する熱帯低気圧に関する情報」を発表します。 気象庁ホームページでは、「台風情報」のページの「情報選択」で「」を選ぶと、ご覧いただけます。 以下に情報の例を示します。 発達する熱帯低気圧に関する情報 第03の01号 平成28年8月31日16時25分 気象庁予報部発表 (見出し) 熱帯低気圧が今後24時間以内に台風に発達し、沖縄地方に接近する見込み です。 (本文) 31日15時の観測によると、熱帯低気圧が 沖縄の南の 北緯21度20分、東経124度25分にあって、 1時間におよそ15キロの速さで東北東へ進んでいます。 中心の気圧は1002ヘクトパスカル、 中心付近の最大風速は15メートル、 最大瞬間風速は23メートルとなっています。 熱帯低気圧は今後24時間以内に台風となる見込みで、 その中心は、24時間後の1日15時には 沖縄の南の 北緯23度25分、東経127度35分を中心とする 半径200キロの円内に達する見込みです。 中心の気圧は1000ヘクトパスカル、 最大風速は18メートル、 最大瞬間風速は25メートルが予想されます。 なお、熱帯低気圧や台風の中心が予報円に入る確率は70%です。 今後の情報にご注意下さい。 このように、台風や発達する熱帯低気圧に関する情報は気象庁本庁や各地の気象台から随時発表しますので、最新の情報を使うようにしてください。

次の

デジタル台風:台風進路予想図(Google Maps版)

台風 進路 予報

台風進路予想をしているは日本だけじゃない 台風進路予想、見たことはありますよね? 大人になっても台風進路を見たことがない人はまず、いないと思います。 ただ、日本人が目にする台風進路、99%が気象庁の台風進路です。 日本だから当然ですね。 しかし、台風進路をしているのは日本だけではありません。 韓国、中国、といったアジアの国はもちろんアメダス、ヨーロッパも台風進路をしています。 え?じゃあ、一番進路予想が当たるのはどこ? という疑問が出てきます。 答えはタイトル通りECMWFです。 私は、あなたにこの台風進路予想を見てほしいというのが結論です。 台風専用の、日本の台風進路予想見たいなページがあるんです。 細かいことは下で説明しますね 下の図は、気象庁の公開されている資料から抜粋したものです。 検索すると簡単に出てきます。 ちょっと見づらいですが、気象庁は4位ぐらいですね。 一番下が、誤差が少なく、成績が良いということです。 一番下をずーっと進んでいるのは・・・ECMWFですね。 そう、ECMWFの台風進路は成績が一番いいのです。 一番あたる台風進路なんです。 順位としては、ECMWFの台風進路に近いのはNCEPとUKMOです。 NCEPはアメリカの気象局、NOAA(アメリカ海洋大気局)の一部です。 UKMOはイギリスです。 イギリスの気象局も成績は非常に良い・・・ECMWFから何か情報が得られるのでしょうか? 日本はここ数年、世界のTOPとは話されている状況です。 頑張って日本! ECMWFの太平洋進路予想はたどり着きにくいので、リンクを張ります まず、最初に のリンクを張っておきます。 ECMWFとは ヨーロッパ中長期予報センター(European Centre for Medium-Range Weather Forecasts)を省略して ECMWFです。 ヨーロッパの国々で協力して運用している気象機関です。 中期とついています。 気象では中期といえば3日先から週間天気ぐらいのことを指します。 最近は2週間も中期に入る時があります。 中期より先は長期ですね。 予想であるのは半年先の季節予報まででしょう。 ECMWFとはヨーロッパの国々で協力して3日先から半年ぐらい先までの予想について研究している機関ということです。 研究だけでなく、コンピューターの計算結果も発表しています。 しかも、参加しているのは本部のあるイギリスをはじめフランス、ドイツ、イタリア、ギリシャ、スイス、スペイン などなど、ヨーロッパの主要な国はだいたい参加していると思っていいぐらいですね。 多数の先進国が協力し優秀な研究員を多数雇用しています。 予算面でも協力しているので潤沢。 ヨーロッパの上手いやり方ですね。 ECMWFの研究は日本の10年先を行っているといわれたりします。 本当か!?と疑いたくなりますが、ECMWFの10年前の予報精度と現在の日本の天気予報の精度を比べると 丁度同じです! 残念ながら認めるしかないですね。 今日、紹介するのはそのECMWFの台風進路です。 ECMWFの台風進路予想をみてみよう! です。 はい、英語ですね。 予想を見るときは Forcasts(予想)をクリックしてください。 ECMWFのホームページの画面構成では言語選択も可能ですが日本語は準備されていません。 英語の細かな意味はわかりませんが、英語で「予想」を意味する言葉は幾つかあります。 気象で予想を見るときは、forcasts です。 ここまでは、台風進路でなくECMWFの予想した天気図を見る場合と同じです。 その後、chartsをクリックです。 charts は海図を意味する単語ですがWether Charts で天気図。 その略でしょう。 さあ、 chartsをクリックです。 もちろん、charts以外を選択してもいろんな情報を見ることはできますが、目的の進路予想は図に分類されます。 charts をクリックして出てくるのが下の画面です。 鍵のついているマークはパスワードを要求されます。 知っている人しかデータを見ることは出来ません。 ここで 、台風を意味するTropical Cyclones を選択しましょう。 さぁ、台風の画面まできました。 残りはあと少しです。 ここで、2択です。 上が、最新の台風予想です。 もちろん、ECMWFの台風進路です。 台風進路予想は通常の予報と違って、誤差幅の大小を出すためアンサンブル予報という方法を使っています。 そして、最後の画面です。 下の画面から活用中の台風を選択します。 ここで台風を選択すると、台風の進路予想が表示されます。 最近では、気象庁も台風の進路を色分けして表示しているので少しはなじみもあるでしょうが ECMWFの台風進路はコースを通る可能性ごとに色分けして表示しています。 また、右側には台風の中心気圧の予想が書かれています。 棒グラフのようになっていますが、箱ひげ図といって、台風の中心気圧がどの程度の誤差幅の中で変化するかを 表示しています。 「ここからここまでの範囲が想定されます」という意味です。 予想される風速についても同様です。 台風の最大風速はどれぐらいか、ECMWFの台風進路とともに予想してくれるのは素晴らしいサービスです。 最後に、 のリンクを張っておきます。 ここまで道のりを紹介しておいてなんですが、結局このリンクをブックマークしてけば解決です。 ECMWFの台風進路はスマホからだとたどるのが大変 ECMWFの台風進路にTOPページからアクセスするのは大変です。 長いですね。 ということで のリンクをクリックすれば一発でECMWFの台風進路予想にたどり着きます! ECMWFの高解像度予想でも台風の進路予想は見れる ECMWFの予想は、台風進路予想だけではありません。 普段の天気予報用の予想もあります。 下の図の用な予想です。 この図を見て、低気圧の動きを追えば、台風進路予想と同じように台風の動きを予想することもできます。 この予想図は 高解像度予想といって、 最初に紹介した台風進路予想とは少し違うものです。 だから結果も少し違ってきます。 この2つを比較して台風の進路を予想するのがプロも行っている予想の方法です。

次の