秋元 湖 バス 釣り。 今季最後?の秋元湖: 釣りのこととか・・・

平湖と柳平湖のおかっぱりバス釣りポイント | 琵琶湖おかっぱりナビ

秋元 湖 バス 釣り

1~23. 朝一は2. 5mラインのウィードエリアに入り釣りを開始。 アングリースティックの表層ミドストでウィードのエッジを攻めました。 ウィードエリアのスモールは散ってしまったか?? 前回反応の良かった南斜面にブレイクに大きく移動しました。 カットテールのダウンショットリグのドゥードリングで、DEEPのブレイクを探ります。 2時間近くまともなバイトが無くて、対岸の北斜面に大きく移動する事にしました。 干潮のピークが迫っていて、厳しい時間帯に突入するか?と覚悟していたのですが、まずまずバイトがあり、 7mフラットで32㎝490gをゲットしました。 食わせるのに時間が掛かったが、 25㎝追加! 8mラインで24㎝を追加します。 満潮のピークになってしまってバイトが遠くなり、どうするか迷いますが、良いのをもう1本釣ろうと思い、釣りを続けます。 もう帰ってもいいな笑。 もう少し釣りを続けても良いかなと思ったのですが、雨がまた降って来て本降りになる予報だったので、釣りを終了しました。 水温が適温になり、活性が上がって来てるかなぁ??と思ったのですが、それほどでは無くて、ウィードエリア表層ミドストパターンには嵌らず結構苦戦しました。 DEEPのブレイクを攻めても、急激な状況変化があり、中々スモールを追加できず。 結局は、この時期安定した釣果が出せる、DEEPフラットパターンだったなぁという感じでした。 でも、DEEPのフラットの釣りなら、バイトがますます微妙になりますが、安定した釣果を出せるのではないでしょうか? 今度の3連休に、相棒のKちゃんが釣りしに来る!と言っていたので、情報入ればUPしたいと思います。 Kちゃんと準備していると、エレキ装着フローターの方が先に出船。 僕は、北側インレットの沖の2. 5mラインに広がるウィードエリアから釣り開始。 アングリースティックのウィールヘッドの表層ミドストで釣り始めました。 場所を変え、トレースするコース変えながら、 29cm 27cm 27cmで6本出して、3本ほどバラシ。 夏場の高水温の時期は、水の通しの良いウィードエリアの表層ミドストが強いです。 太陽が出て来て、反応が悪くなり、ポイントを移動しました。 Kちゃんは苦戦している模様。 ウィードエリアから外れるとバイトが無くなりました。 北斜面のブレイクに来て、6mラインから釣り始めて、7mラインで、 カットテールのダウンショットリグのドゥードリングで30cm420gが出て、口からワカサギを吐き出したので、ディープワカサギパターンか?と思ったのですが、連荘では掛らず。 2本バラしてしまいました。 南東の風が吹いて来て、泡立った悪い水が流れてくると、ますます反応が悪くなりバイトが無くなりました。 Kちゃんも反応が悪いので、対岸の南斜面のブレイクへ移動します。 Kちゃんのフローターに引っ張ってもらいました。 エレキだと移動が楽だなぁ。 岸際にキャストし、キャスティングドゥードリングで釣ると、バイトはあるがサイズが上がらず、コバッチーの猛攻を受けます。 カウント出来ないサイズを5,6匹釣って、君達じゃないんだなぁ。 ポイントを大きく移動して、小倉川のインレットの沖の8mラインに入ってしばらく釣りますがバイトが無く、2. 5mラインのウィードエリアに移動しました。 ここでも中々バイトが無くて苦戦しますが、ようやく掛けたスモールを2本バラシて、満潮のピークになり、全く活性が無くなり、15:00に釣り終了としました。 Kちゃんは苦戦してましたが、南斜面のブレイクで数を伸ばして8本になったとの事。 朝一は、ウィードエリアの活性が高く何とか釣れましたが、やはり、高水温と悪い水が組み合わさるこの時期は、釣りが難しいですね。 ディープのワカサギパターンになり始めましたので、もう少し水温が下がった時期に、また釣りに来たいと思います。 今回は、僕がサーフのヒラメをやろうとしているので、Kちゃんからサーフ用のロッドを譲り受けました。 少し硬いかも?との事でしたが、シーズンが終わる前に、サーフにも出撃したいと思っています。 次回、Kちゃんは、9月の3連休に来るみたいです。 僕は今、休みが少ないので、何とも言えないのですが、9月初めの2日か3日辺りに来れれば良いなぁと思っています。 Kちゃんと一緒の釣りは、10月の3連休になるでしょうか? 9月2回目の3連休は、秋元湖へ行って来ました。 9月23日 日 6:30~15:30 水温 18. そんな中でもダウンショットリグのドゥードリングでは、時間が掛かるものの確実にスモールを掛けて行きました。 Kちゃんは、ベイトオンリーの男の釣りでした。 リアクションベイトのシーバス用テールスピンジグを駆使してスモールゲットして行きました。 朝一は、定番のフラットエリアに入り、 8mフラットでドゥードリングで27㎝。 25㎝をゲット!! しかし、魚探にはスモールが反応するものの、日が出て来て凪の状態で食わない時間が続き大苦戦。 昼を過ぎて風が出て来たタイミングで少し活性が上がり、ポイントをど真ん中に変えてスプリットショットリグで、 8. 5mラインで28㎝。 40近い奴をラインブレイクでバラします。 スプリットシンカーをラインを1回転させて固定した所から切れてしまいました 涙。 定番のフラットエリアに戻り、 8. 5mライン、9mラインで22㎝を1本ずつ。 5mラインで20㎝。 8mラインで31㎝420gをゲットしますが、その後、魚探のバッテリーが無くなり、魚探無しの釣りになり、バイトが出なくなってしまいました。 Kちゃんも苦戦して、15:30で釣りを終了としました。 以前と違って、ラッシュになりそうでならず、数が伸ばせませんでした。 Kちゃんは、10月の連休にリベンジしに来るみたいなのでお楽しみに~。 takecyは、ノーマル仕様。 最近、エレキ装着していないので、バッテリーがヤバイかも!? 朝イチは、風が弱い予報でしたが、白波一歩手前で、かなり厳しい状況でした。 それからは、6~8mラインのフラットに入り、ドゥードリングで 金太郎飴のように25cmがパラパラ釣れました。 5本くらいバラシたかな? 25cmを追加して、反応が全く無くなり、風が収まる気配が無いので、10:30釣り終了としました。 陸地に上がると風が弱くなり、登山の様に下山すると晴れるの法則になって、Kちゃんと二人苦笑いです~。 まだウィードに付いているスモールをミドストで狙うと出ます! 27cm でも反応は悪い。 それでも、 25cmクラスをポツポツ釣って3本。 ウィードエリアを後にして、南斜面のブレイクからフラットへ。 ここで1時間粘るも反応なし。 魚探には出てるんですけどね~。 大移動して北斜面のフラットへ。 やはり、こちらの方が反応がある。 しかし、1本掛け損なってからは、反応が無くなります。 止めても動かしてもダメで、僕の集中力も切れてしまった 涙。 再びウィードエリアに入るも、日が登ってしまっては流石に厳しく、これ以上は無理と判断し、早めに上がりました 涙。 得意な釣りが全く機能せず、これからの釣りは保留ですね。 バーチカルなドゥードリングに34cm450gが出るもパターンではない! サンスンにすれば小ばっち~君しか掛からないし 涙 あまりに厳しい状況で、サンスンのドゥードリングで何とかまともなサイズを釣って釣りを終了としました。 今回は、冷たい雨でしたので、温泉へ 秋元湖近くの 中ノ沢温泉 扇屋旅館さんで汗を流して帰りました。 結構寂れた感のある温泉ですが、泉質は良いのでおススメしますね。 日帰り入浴600円になります。 お盆休み後半へ続く~。 久しぶりに秋元湖に行って来ました~ 笑。 そこをウィードの上っ面を引っかからない様にロッドを立てて、表層をミドストで狙いました。 ターンしている事もあり朝マズメでも活性は低い。 1本バラしたりしてちょっとてこずりながらも 3匹目を釣って1時間が経過。 時間をかければ数を伸ばすことが出来るが探している魚ではないので、インレットの沖に進む。 ウィードの沖のアウトサイドエッジをイモグラブのスプリットショットで狙う事にした。 コン!と軽快なバイトがあり、 1本追加!!そして1本バラシ! 日が昇って来て、バイトが無くなって来た。 ようやくインレットの沖の沖、水通しの良い5mラインのフラットに来て、カットテールのダウンショットリグにチェンジ。 広範囲にキャスティングドゥードリングで探って行くと、 ゴンッ!!!!!と強烈に襲い掛かるようなバイト!! フッキングも決まるとこれまでにない重量感と強烈な引きに大物を確信。 乗せられないバイトがあるがこのエリアの反応は良く 1本追加。 東岸の先に見えるのは安達太良山です。 山登りをする様になり安達太良山にも登山する様になりました。 もう1本追加するが、その後2本バラシしてから反応がなくなり、南岸際に行くがここは水が悪く反応が無い。 ストロングパターンにはならなかったな!最近はそう。 ラッシュが単発で終わります。 最後に朝一反応の良かったウィードエリアで勝負します。 日が昇り格段に活性が落ちて来て、ミドストでも中々反応は無い。 カットテールにネイルシンカーを打ち込み、ボトムから中層までネコリグでほわほわ誘う作戦に変更。 何とか1本追加。 でもこの釣りも結構時間が掛かる。 そして1本バラシ 泣。 風が出て水面が波立って来たので、表層ミドストにチェンジ! 乗らないバイトが何度もあり苦戦しながらも 1本追加!ウィードに絡まって中々楽しめました 笑。 最後に1本釣って、二桁で〆ようと思ったのですが、痛恨の手元でバラシてしまい、9匹で釣りを終了しました 泣。 まぁ午前中で二桁近く釣ったなら、今の僕的にはまずまず満足かな 笑。 今後は、お盆休みにKちゃんと再び秋元湖に来る予定です。

次の

【夏バス攻略】夏のバス釣りに欠かせないポイントとおすすめルアーをご紹介!

秋元 湖 バス 釣り

2009年9月5日 秋元湖(フローター) たぶん今季最後になるであろう秋元湖に行ってきました。 夕方から予定が入っていたので午前中だけの釣行です。 まずはバタバタ金魚で北岸を攻めます。 が、30分位無反応の嵐。 それでもめげずに投げ続けると、ようやくバイト! が乗らない・・・ ルアーをドッグウォーカーに変えて探るも1回バイトがあっただけ。 で、 定番のT. Dペンシルにチェンジ。 そしてようやくキャッチ。 でも15cmくらい・・・ そこで思い切って北岸から南岸に移動。 これが吉とでたらしく、馬の背を攻めて22cmと30cmを連続キャッチ。 2回派手なバイトもあったがそれは乗らず・・・ ここでのキャッチにほぼ満足してしまったので移動してエントリーポイント近くのウィードエリアへ。 時間的に日も高くなって来たのでもうダメかな?と思いつつウィードの際を攻めているとHIT。 あれ?ラインが出ていく。 ドラグが緩んでいたと思いチョイ締める。 リールを巻くとなんか重い。 走られてウィードを巻きこんで重くなった? なんて思いながらリールを巻いていると、見えた魚体は結構良いサイズ。 で、無事にキャッチ。 37cmでした。 この1本で満足したので終了。 結果:4本 久々に良い釣りが出来た気がします。 では動画をどうぞ YouTube URL.

次の

秋元湖バス釣りポイント おすすめ4選! 実績ルアーも紹介!

秋元 湖 バス 釣り

景色は最高です。 ・・・・・・・・・・。 ですが、釣れません。 事前の情報と違って、なかなか釣れません。 島周りではバイトもあり、魚影も見かけるのですが、なかなかルアーに反応してくれません。 キャンプ場前のシャローもナイスサイズの見えバスはいるのですが、反応がいまいちです。 発電所前も同様。 ルアーの選択が正しくないようです。 見ていると少し深い場所から水面の虫を食いに出ているようです。 虫系ルアーが良さそうで、実際、レンタルボートのオーナーさんは、ナイスサイズをゲットしていました。 やっぱり、スモールマウスバスをやるんだったら、虫系ルアーも持って行くべきでした。 まぁ、そうは言っても、22~4cm程度のバス数匹と、チビバス、あとギルが釣れました。

次の