大阪 産業 大学 webclass。 大阪産業大学 2020年度 オンライン授業(非対面式授業)について│大阪産業大学

大阪産業大学 学生寮・学生会館

大阪 産業 大学 webclass

入試ガイド(入試要項)をお持ちでない方は ダウンロードしてください。 異なる日程を併願する場合でも、調査書または高等学校卒業程度認定試験 大学入学資格検定を含む 合格 見込 成績証明書の提出は1通で結構です。 高等学校卒業程度認定試験で免除科目がある場合、高等学校等の調査書または成績証明書が必要です。 )に出願しない場合は不要です。 顔写真として本人確認ができること。 裏には氏名、生年月日、整理番号 Web出願登録後に表示される8桁の番号 を記入してください。 詳しくは、ダウンロードしてください。 (注意)• 出願書類は、1回の出願登録で複数出願する場合、1部(1枚)のみの提出で結構です。 例えば、一般前期入試と大学入試センター試験利用入試(前期日程)を同時に出願登録した場合、出願書類は1部(1枚)のみで可。 高等学校卒業程度認定試験(大学入学資格検定を含む)合格(見込)者については、「調査書」に代えて「合格(見込)成績証明書」を提出してください。 公募推薦・一般入試を通じて2回目以降の出願は、Web出願ガイダンスで緑色の「再出願」バナーを選択すると、初回のWeb出願で登録した出願者情報が自動的に入力されて、入力作業が短縮できます。 また、大学入試センター試験利用入試またはセンタープラス方式を初めて出願する場合は、再出願で出願登録しても、センター試験成績請求票の送付が必要です。 Web出願用写真貼付台紙に、「『令和2センター試験成績請求票」を貼付して送付してください。 (写真は、流用するため不要です。 AO・スポーツ推薦および文化系クラブ推薦入試受験後の再出願は、緑色の「再出願」バナーからの登録ができません。 赤色の「出願手続き」バナーから新規登録してください。 再度、簡易書留・速達で送付してください。 顔写真として本人確認ができること。 裏には氏名、生年月日、整理番号 Web出願登録後に表示される8桁の番号 を記入してください。 AO入試のエントリーシートは、ダウンロードしてください。 本学Webサイトにアクセスし、プリントアウト後、必要事項を記入し提出してください。 記入用紙は、エントリーシートの中にあります。 ダウンロードしてください。 本学Webサイトにアクセスし、プリントアウト後、必要事項を記入し提出してください。 記入用紙は、エントリーシートの中にあります。 ダウンロードしてください。 ただし、スポーツ健康学部の出願は、事前に出願審査に合格する必要があります。 出願審査については、スポーツ推薦後期入試要項の1ページのスポーツ健康学部 出願審査要項を参照してください。 スポーツ健康学部に出願する場合、出願審査時に提出しているので 再度提出する必要はありません。 顔写真として本人確認ができること。 裏には氏名、生年月日、整理番号 Web出願登録後に表示される8桁の番号 を記入してください。 スポーツ健康学部に出願する場合、出願審査時に提出しているので 再度提出する必要はありません。 スポーツ健康学部に出願する場合、出願審査時に提出しているので 再度提出する必要はありません。

次の

大阪学院大学って評判悪いんですけど何が悪いんですか?チャ...

大阪 産業 大学 webclass

募集人数 1名 現浪 現役・既卒 併願 専願のみ 学習成績 2. 7 (全体の評定平均値) 出願条件 入学後、当該クラブに所属し、学業とクラブを両立させ、クラブ活動を継続する者。 <1次出願資格> 当該学校在学中にスポーツ活動として審査種目のスポーツを行っている者(ただし、アメリカンフットボール、チアリーディングについては、種目は問わない。 また、体操競技は、新体操またはトランポリン経験者を含む)。 <2次出願資格> 1次で受験資格を得た者。 <審査種目> 硬式野球、サッカー、ラグビー、アメリカンフットボール、バレーボール(以上男子)、柔道、剣道、バスケットボール、スキー競技、バドミントン、空手道、日本拳法、少林寺拳法、ゴルフ、硬式庭球、体操競技(以上男子・女子)、陸上競技、チアリーディング(以上女子)。 (100点) 【必】面接(100点) <1次>技量審査。 <2次>小論文、面接。 試験地 本学 検定料 30,000円 募集人数 1名 現浪 現役・既卒 併願 専願のみ 学習成績 2. この場合、出願前に審査を受ける必要がある)。 当該学校在学中にスポーツ活動として対象種目のスポーツを行っている者(アメリカンフットボール、チアリーディングについてはスポーツ種目は問わない。 体操競技は、新体操又はトランポリン経験者を含む)。 入学後、当該クラブに所属し、学業と両立させクラブ活動を継続する者。 <対象種目> 硬式野球、サッカー、ラグビー、アメリカンフットボール、バレーボール(以上男子)、柔道、剣道、バスケットボール、スキー競技、バドミントン、空手道、日本拳法、少林寺拳法、ゴルフ、硬式庭球、体操競技(以上男子・女子)、陸上競技、チアリーディング(以上女子)。 7 (全体の評定平均値) 出願条件 入学後、当該クラブに所属し、学業とクラブを両立させ、クラブ活動を継続する者。 <1次出願資格> 当該学校在学中に本試験対象の文化系クラブに関連した文化・芸術活動を行っている者。 <2次出願資格> 1次で受験資格を得た者。 <対象クラブ名> 吹奏楽、茶華道(茶道のみ)、鉄道研究(いずれも男子・女子)。 <1次>技量審査およびクラブ面接。 <2次>小論文、面接。 英語と国語で90分。 古文・漢文を除く。 英語と国語で90分。 総合評価方式の出願が必須。 基礎評価方式も併願可。 総合評価方式:調査書、英語の素養、国語の素養の合計350点満点。 基礎評価方式:英語の素養、国語の素養の合計300点満点。 試験日間で、入試問題の難易差により平均点に極端な得点格差が生じたと判断した場合には、「中央値補正法」による得点調整を行うことがある。 公募推薦前期入試(A・B日程)において複数出願の場合、2出願目以降は1出願につき3,000円。 英語と国語で90分。 古文・漢文を除く。 英語と国語で90分。 (100点) 総合評価方式の出願が必須。 基礎評価方式、指定教科重視方式も併願可。 総合評価方式:調査書、英語の素養、国語の素養の合計250点満点。 基礎評価方式:英語の素養、国語の素養の合計200点満点。 試験日間で、入試問題の難易差により平均点に極端な得点格差が生じたと判断した場合には、「中央値補正法」による得点調整を行うことがある。 両方併願の場合もセット割で+3,000円。 公募推薦前期入試(A・B日程)において複数出願の場合、2出願目以降は1出願につき3,000円。 英語と国語で90分。 古文・漢文を除く。 英語と国語で90分。 総合評価方式の出願が必須。 基礎評価方式も併願可。 総合評価方式:調査書、英語の素養、国語の素養の合計350点満点。 基礎評価方式:英語の素養、国語の素養の合計300点満点。 公募推薦後期入試において複数出願の場合、2出願目以降は1出願につき3,000円。 英語と国語で90分。 古文・漢文を除く。 英語と国語で90分。 (100点) 総合評価方式の出願が必須。 基礎評価方式、指定教科重視方式も併願可。 総合評価方式:調査書、英語の素養、国語の素養の合計250点満点。 基礎評価方式:英語の素養、国語の素養の合計200点満点。 両方併願の場合もセット割で+3,000円。 公募推薦後期入試において複数出願の場合、2出願目以降は1出願につき3,000円。 募集人数 3名 現浪 現役のみ 併願 併願可 学外 学習成績 3. 0 (全体の評定平均値) 出願条件 学校長の推薦を受けた者。 次の資格・検定のいずれかを取得またはスコアを満たしている者。 実用英語技能検定準2級、IELTS 3. 0、TOEIC(IPも可)395点、TOEIC Bridge 140点、TOEFL iBT 38点、TOEFL Junior Comprehensive 300点、GTEC(4技能版)820点、ドイツ語技能検定3級、実用フランス語技能検定3級、DELFまたはDELFjunior A2レベル、フランス語による都道府県レベル以上のスピーチコンテスト・暗唱コンクール等の入賞者、日本語検定3級、中国語検定3級、ハングル能力検定3級、韓国語能力試験2級。 試験地 本学 検定料 35,000円 募集人数 25名 現浪 現役・既卒 併願 専願のみ 学習成績 2. 7 (全体の評定平均値) 出願条件 入学後、当該クラブに所属し、学業とクラブを両立させ、クラブ活動を継続する者。 <1次出願資格> 当該学校在学中にスポーツ活動として審査種目のスポーツを行っている者(ただし、アメリカンフットボール、チアリーディングについては、種目は問わない。 また、体操競技は、新体操またはトランポリン経験者を含む)。 <2次出願資格> 1次で受験資格を得た者。 <審査種目> 硬式野球、サッカー、ラグビー、アメリカンフットボール、バレーボール(以上男子)、柔道、剣道、バスケットボール、スキー競技、バドミントン、空手道、日本拳法、少林寺拳法、ゴルフ、硬式庭球、体操競技(以上男子・女子)、陸上競技、チアリーディング(以上女子)。 (100点) 【必】面接(100点) <1次>技量審査。 <2次>小論文、面接。 試験地 本学 検定料 30,000円 募集人数 4名 現浪 現役・既卒 併願 専願のみ 学習成績 2. この場合、出願前に審査を受ける必要がある)。 当該学校在学中にスポーツ活動として対象種目のスポーツを行っている者(アメリカンフットボール、チアリーディングについてはスポーツ種目は問わない。 体操競技は、新体操又はトランポリン経験者を含む)。 入学後、当該クラブに所属し、学業と両立させクラブ活動を継続する者。 <対象種目> 硬式野球、サッカー、ラグビー、アメリカンフットボール、バレーボール(以上男子)、柔道、剣道、バスケットボール、スキー競技、バドミントン、空手道、日本拳法、少林寺拳法、ゴルフ、硬式庭球、体操競技(以上男子・女子)、陸上競技、チアリーディング(以上女子)。 (100点) 事前の出願審査に合格し、受験資格を得ることが必要。 英語と国語で90分。 古文・漢文を除く。 英語と国語で90分。 (100点) 総合評価方式の出願が必須。 基礎評価方式も併願可。 総合評価方式:調査書、英語の素養、国語の素養、基礎体力テストの合計350点満点。 基礎評価方式:英語の素養、国語の素養、基礎体力テストの合計300点満点。 公募推薦前期入試において複数出願の場合、2出願目以降は1出願につき3,000円。 現浪 現役・既卒 併願 併願可 学外 学習成績 - 出願条件 下記の審査種目で活動実績がある者。 <審査種目> 硬式野球、柔道、剣道、サッカー、ラグビー、アメリカンフットボール、バレーボール、バスケットボール、陸上競技、スキー競技、バドミントン、空手道、日本拳法、少林寺拳法、ゴルフ、チアリーディング、硬式庭球、体操競技。 英語と国語で90分。 古文・漢文を除く。 英語と国語で90分。 (100点) 総合評価方式の出願が必須。 基礎評価方式も併願可。 総合評価方式:調査書、英語の素養、国語の素養、競技力書類審査の合計350点満点。 基礎評価方式:英語の素養、国語の素養、競技力書類審査の合計300点満点。 試験日間で、入試問題の難易差により平均点に極端な得点格差が生じたと判断した場合には、「中央値補正法」による得点調整を行うことがある。 <競技力書類審査>競技種目は、本学のスポーツ推薦入学試験対象の競技とし、競技力審査点は、世界大会(Aランク)、アジア大会(Bランク)、国内大会(Cランク)のカテゴリーに分け、大会での順位・出場実績等により多段階方式で加点する。 各大会における、出場、競技成績や出場実績をもとに評価する。 公募推薦前期入試(A・B日程)において複数出願の場合、2出願目以降は1出願につき3,000円。 英語と国語で90分。 古文・漢文を除く。 英語と国語で90分。 (100点) 総合評価方式の出願が必須。 基礎評価方式、指定教科重視方式も併願可。 総合評価方式:調査書、英語の素養、国語の素養の合計250点満点。 基礎評価方式:英語の素養、国語の素養の合計200点満点。 試験日間で、入試問題の難易差により平均点に極端な得点格差が生じたと判断した場合には、「中央値補正法」による得点調整を行うことがある。 両方併願の場合もセット割で+3,000円。 公募推薦前期入試(A・B日程)において複数出願の場合、2出願目以降は1出願につき3,000円。 英語と国語で90分。 古文・漢文を除く。 英語と国語で90分。 (100点) 総合評価方式の出願が必須。 基礎評価方式、指定教科重視方式も併願可。 総合評価方式:調査書、英語の素養、国語の素養の合計250点満点。 基礎評価方式:英語の素養、国語の素養の合計200点満点。 両方併願の場合もセット割で+3,000円。 公募推薦後期入試において複数出願の場合、2出願目以降は1出願につき3,000円。 英語と国語で90分。 古文・漢文を除く。 英語と国語で90分。 (100点) 総合評価方式の出願が必須。 基礎評価方式、指定教科重視方式も併願可。 総合評価方式:調査書、英語の素養、国語の素養の合計250点満点。 基礎評価方式:英語の素養、国語の素養の合計200点満点。 試験日間で、入試問題の難易差により平均点に極端な得点格差が生じたと判断した場合には、「中央値補正法」による得点調整を行うことがある。 両方併願の場合もセット割で+3,000円。 公募推薦前期入試(A・B日程)において複数出願の場合、2出願目以降は1出願につき3,000円。 英語と国語で90分。 古文・漢文を除く。 英語と国語で90分。 (100点) 総合評価方式の出願が必須。 基礎評価方式、指定教科重視方式も併願可。 総合評価方式:調査書、英語の素養、国語の素養の合計250点満点。 基礎評価方式:英語の素養、国語の素養の合計200点満点。 両方併願の場合もセット割で+3,000円。 公募推薦後期入試において複数出願の場合、2出願目以降は1出願につき3,000円。 募集人数 22名 現浪 現役・既卒 併願 専願のみ 学習成績 2. 7 (全体の評定平均値) 出願条件 入学後、当該クラブに所属し、学業とクラブを両立させ、クラブ活動を継続する者。 <1次出願資格> 当該学校在学中にスポーツ活動として審査種目のスポーツを行っている者(ただし、アメリカンフットボール、チアリーディングについては、種目は問わない。 また、体操競技は、新体操またはトランポリン経験者を含む)。 <2次出願資格> 1次で受験資格を得た者。 <審査種目> 硬式野球、サッカー、ラグビー、アメリカンフットボール、バレーボール(以上男子)、柔道、剣道、バスケットボール、スキー競技、バドミントン、空手道、日本拳法、少林寺拳法、ゴルフ、硬式庭球、体操競技(以上男子・女子)、陸上競技、チアリーディング(以上女子)。 (100点) 【必】面接(100点) <1次>技量審査。 <2次>小論文、面接。 試験地 本学 検定料 30,000円 募集人数 5名 現浪 現役・既卒 併願 専願のみ 学習成績 2. この場合、出願前に審査を受ける必要がある)。 当該学校在学中にスポーツ活動として対象種目のスポーツを行っている者(アメリカンフットボール、チアリーディングについてはスポーツ種目は問わない。 体操競技は、新体操又はトランポリン経験者を含む)。 入学後、当該クラブに所属し、学業と両立させクラブ活動を継続する者。 <対象種目> 硬式野球、サッカー、ラグビー、アメリカンフットボール、バレーボール(以上男子)、柔道、剣道、バスケットボール、スキー競技、バドミントン、空手道、日本拳法、少林寺拳法、ゴルフ、硬式庭球、体操競技(以上男子・女子)、陸上競技、チアリーディング(以上女子)。 7 (全体の評定平均値) 出願条件 入学後、当該クラブに所属し、学業とクラブを両立させ、クラブ活動を継続する者。 <1次出願資格> 当該学校在学中に本試験対象の文化系クラブに関連した文化・芸術活動を行っている者。 <2次出願資格> 1次で受験資格を得た者。 <対象クラブ名> 吹奏楽、茶華道(茶道のみ)、鉄道研究(いずれも男子・女子)。 <1次>技量審査およびクラブ面接。 <2次>小論文、面接。 試験地 本学 検定料 30,000円 募集人数 5名 現浪 現役のみ 併願 併願可 学外 学習成績 3. 0 (全体の評定平均値) 出願条件 学校長の推薦を受けた者。 次の資格・検定のいずれかを取得している者。 試験地 本学 検定料 35,000円 募集人数 15名 現浪 現役・既卒 併願 専願のみ 学習成績 2. 7 (全体の評定平均値) 出願条件 入学後、当該クラブに所属し、学業とクラブを両立させ、クラブ活動を継続する者。 <1次出願資格> 当該学校在学中にスポーツ活動として審査種目のスポーツを行っている者(ただし、アメリカンフットボール、チアリーディングについては、種目は問わない。 また、体操競技は、新体操またはトランポリン経験者を含む)。 <2次出願資格> 1次で受験資格を得た者。 <審査種目> 硬式野球、サッカー、ラグビー、アメリカンフットボール、バレーボール(以上男子)、柔道、剣道、バスケットボール、スキー競技、バドミントン、空手道、日本拳法、少林寺拳法、ゴルフ、硬式庭球、体操競技(以上男子・女子)、陸上競技、チアリーディング(以上女子)。 (100点) 【必】面接(100点) <1次>技量審査。 <2次>小論文、面接。 英語と国語で90分。 古文・漢文を除く。 英語と国語で90分。 (100点) 総合評価方式の出願が必須。 基礎評価方式、指定教科重視方式も併願可。 総合評価方式:調査書、英語の素養、国語の素養の合計250点満点。 基礎評価方式:英語の素養、国語の素養の合計200点満点。 試験日間で、入試問題の難易差により平均点に極端な得点格差が生じたと判断した場合には、「中央値補正法」による得点調整を行うことがある。 両方併願の場合もセット割で+3,000円。 公募推薦前期入試(A・B日程)において複数出願の場合、2出願目以降は1出願につき3,000円。 英語と国語で90分。 古文・漢文を除く。 英語と国語で90分。 (100点) 総合評価方式の出願が必須。 基礎評価方式、指定教科重視方式も併願可。 総合評価方式:調査書、英語の素養、国語の素養の合計250点満点。 基礎評価方式:英語の素養、国語の素養の合計200点満点。 両方併願の場合もセット割で+3,000円。 公募推薦後期入試において複数出願の場合、2出願目以降は1出願につき3,000円。 募集人数 4名 現浪 現役のみ 併願 併願可 学外 学習成績 3. 0 (全体の評定平均値) 出願条件 学校長の推薦を受けた者。 次の資格・検定のいずれかを取得している者。 3年次から経済学科、国際経済学科に分かれる。 現浪 現役・既卒 併願 専願のみ 学習成績 2. 7 (全体の評定平均値) 出願条件 入学後、当該クラブに所属し、学業とクラブを両立させ、クラブ活動を継続する者。 <1次出願資格> 当該学校在学中にスポーツ活動として審査種目のスポーツを行っている者(ただし、アメリカンフットボール、チアリーディングについては、種目は問わない。 また、体操競技は、新体操またはトランポリン経験者を含む)。 <2次出願資格> 1次で受験資格を得た者。 <審査種目> 硬式野球、サッカー、ラグビー、アメリカンフットボール、バレーボール(以上男子)、柔道、剣道、バスケットボール、スキー競技、バドミントン、空手道、日本拳法、少林寺拳法、ゴルフ、硬式庭球、体操競技(以上男子・女子)、陸上競技、チアリーディング(以上女子)。 (100点) 【必】面接(100点) <1次>技量審査。 <2次>小論文、面接。 3年次から経済学科、国際経済学科に分かれる。 現浪 現役・既卒 併願 専願のみ 学習成績 2. この場合、出願前に審査を受ける必要がある)。 当該学校在学中にスポーツ活動として対象種目のスポーツを行っている者(アメリカンフットボール、チアリーディングについてはスポーツ種目は問わない。 体操競技は、新体操又はトランポリン経験者を含む)。 入学後、当該クラブに所属し、学業と両立させクラブ活動を継続する者。 <対象種目> 硬式野球、サッカー、ラグビー、アメリカンフットボール、バレーボール(以上男子)、柔道、剣道、バスケットボール、スキー競技、バドミントン、空手道、日本拳法、少林寺拳法、ゴルフ、硬式庭球、体操競技(以上男子・女子)、陸上競技、チアリーディング(以上女子)。 3年次から経済学科、国際経済学科に分かれる。 現浪 現役・既卒 併願 専願のみ 学習成績 2. 7 (全体の評定平均値) 出願条件 入学後、当該クラブに所属し、学業とクラブを両立させ、クラブ活動を継続する者。 <1次出願資格> 当該学校在学中に本試験対象の文化系クラブに関連した文化・芸術活動を行っている者。 <2次出願資格> 1次で受験資格を得た者。 <対象クラブ名> 吹奏楽、茶華道(茶道のみ)、鉄道研究(いずれも男子・女子)。 <1次>技量審査およびクラブ面接。 <2次>小論文、面接。 3年次から経済学科、国際経済学科に分かれる。 英語と国語で90分。 古文・漢文を除く。 英語と国語で90分。 (100点) 総合評価方式の出願が必須。 基礎評価方式も併願可。 総合評価方式:調査書、英語の素養、国語の素養の合計250点満点。 基礎評価方式:英語の素養、国語の素養の合計200点満点。 試験日間で、入試問題の難易差により平均点に極端な得点格差が生じたと判断した場合には、「中央値補正法」による得点調整を行うことがある。 公募推薦前期入試(A・B日程)において複数出願の場合、2出願目以降は1出願につき3,000円。 3年次から経済学科、国際経済学科に分かれる。 英語と国語で90分。 古文・漢文を除く。 英語と国語で90分。 (100点) 総合評価方式の出願が必須。 基礎評価方式も併願可。 総合評価方式:調査書、英語の素養、国語の素養の合計250点満点。 基礎評価方式:英語の素養、国語の素養の合計200点満点。 公募推薦後期入試において複数出願の場合、2出願目以降は1出願につき3,000円。 3年次から経済学科、国際経済学科に分かれる。 現浪 現役のみ 併願 併願可 学外 学習成績 3. 0 (全体の評定平均値) 出願条件 学校長の推薦を受けた者。 次の資格・検定のいずれかを取得している者。 英語と国語で90分。 古文・漢文を除く。 英語と国語で90分。 (100点) 総合評価方式の出願が必須。 基礎評価方式も併願可。 総合評価方式:調査書、英語の素養、国語の素養の合計250点満点。 基礎評価方式:英語の素養、国語の素養の合計200点満点。 試験日間で、入試問題の難易差により平均点に極端な得点格差が生じたと判断した場合には、「中央値補正法」による得点調整を行うことがある。 公募推薦前期入試(A・B日程)において複数出願の場合、2出願目以降は1出願につき3,000円。 数学と選択科目で90分。 古文・漢文を除く。 (100点) コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II、国総から1科目選択(数学と選択科目で90分)。 総合評価方式の出願が必須。 基礎評価方式、指定教科重視方式も併願可。 総合評価方式:調査書、数学の素養、英語または国語の素養の合計250点満点。 基礎評価方式:数学の素養、英語または国語の素養の合計200点満点。 試験日、選択教科(科目)間で、入試問題の難易差により平均点に極端な得点格差が生じたと判断した場合には、「中央値補正法」による得点調整を行うことがある。 両方併願の場合もセット割で+3,000円。 公募推薦前期入試(A・B日程)において複数出願の場合、2出願目以降は1出願につき3,000円。 英語と国語で90分。 古文・漢文を除く。 英語と国語で90分。 (100点) 総合評価方式の出願が必須。 基礎評価方式も併願可。 総合評価方式:調査書、英語の素養、国語の素養の合計250点満点。 基礎評価方式:英語の素養、国語の素養の合計200点満点。 公募推薦後期入試において複数出願の場合、2出願目以降は1出願につき3,000円。 数学と選択科目で90分。 古文・漢文を除く。 (100点) コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II、国総から1科目選択(数学と選択科目で90分)。 総合評価方式の出願が必須。 基礎評価方式、指定教科重視方式も併願可。 総合評価方式:調査書、数学の素養、英語または国語の素養の合計250点満点。 基礎評価方式:数学の素養、英語または国語の素養の合計200点満点。 選択教科(科目)間で、入試問題の難易差により平均点に極端な得点格差が生じたと判断した場合には、「中央値補正法」による得点調整を行うことがある。 両方併願の場合もセット割で+3,000円。 公募推薦後期入試において複数出願の場合、2出願目以降は1出願につき3,000円。 募集人数 1名 現浪 現役のみ 併願 併願可 学外 学習成績 3. 0 (全体の評定平均値) 出願条件 学校長の推薦を受けた者。 次の資格・検定のいずれかを取得またはスコアを満たしている者。 実用英語技能検定準2級、TOEIC(IPも可)430点、基本情報技術者合格、ITパスポート合格、ウェブデザイン技能検定3級、情報技術検定1級、CGクリエイター検定エキスパート、CGエンジニア検定エキスパート、Webデザイナー検定エキスパート、画像処理エンジニア検定エキスパート、マルチメディア検定エキスパート。 英語と国語で90分。 古文・漢文を除く。 英語と国語で90分。 (100点) 総合評価方式の出願が必須。 基礎評価方式も併願可。 総合評価方式:調査書、英語の素養、国語の素養の合計250点満点。 基礎評価方式:英語の素養、国語の素養の合計200点満点。 試験日間で、入試問題の難易差により平均点に極端な得点格差が生じたと判断した場合には、「中央値補正法」による得点調整を行うことがある。 公募推薦前期入試(A・B日程)において複数出願の場合、2出願目以降は1出願につき3,000円。 数学と選択科目で90分。 古文・漢文を除く。 (100点) コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II、国総から1科目選択(数学と選択科目で90分)。 総合評価方式の出願が必須。 基礎評価方式、指定教科重視方式も併願可。 総合評価方式:調査書、数学の素養、英語または国語の素養の合計250点満点。 基礎評価方式:数学の素養、英語または国語の素養の合計200点満点。 試験日、選択教科(科目)間で、入試問題の難易差により平均点に極端な得点格差が生じたと判断した場合には、「中央値補正法」による得点調整を行うことがある。 両方併願の場合もセット割で+3,000円。 公募推薦前期入試(A・B日程)において複数出願の場合、2出願目以降は1出願につき3,000円。 英語と国語で90分。 古文・漢文を除く。 英語と国語で90分。 (100点) 総合評価方式の出願が必須。 基礎評価方式も併願可。 総合評価方式:調査書、英語の素養、国語の素養の合計250点満点。 基礎評価方式:英語の素養、国語の素養の合計200点満点。 公募推薦後期入試において複数出願の場合、2出願目以降は1出願につき3,000円。 数学と選択科目で90分。 古文・漢文を除く。 (100点) コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II、国総から1科目選択(数学と選択科目で90分)。 総合評価方式の出願が必須。 基礎評価方式、指定教科重視方式も併願可。 総合評価方式:調査書、数学の素養、英語または国語の素養の合計250点満点。 基礎評価方式:数学の素養、英語または国語の素養の合計200点満点。 選択教科(科目)間で、入試問題の難易差により平均点に極端な得点格差が生じたと判断した場合には、「中央値補正法」による得点調整を行うことがある。 両方併願の場合もセット割で+3,000円。 公募推薦後期入試において複数出願の場合、2出願目以降は1出願につき3,000円。 募集人数 1名 現浪 現役のみ 併願 併願可 学外 学習成績 3. 0 (全体の評定平均値) 出願条件 学校長の推薦を受けた者。 次の資格・検定のいずれかを取得している者。 実用英語技能検定準2級、実用数学技能検定2級、CGクリエイター検定エキスパート、CAD利用技術者2級、建築CAD検定3級、福祉住環境コーディネーター検定3級。 英語と国語で90分。 古文・漢文を除く。 英語と国語で90分。 (100点) 総合評価方式の出願が必須。 基礎評価方式も併願可。 総合評価方式:調査書、英語の素養、国語の素養の合計250点満点。 基礎評価方式:英語の素養、国語の素養の合計200点満点。 試験日間で、入試問題の難易差により平均点に極端な得点格差が生じたと判断した場合には、「中央値補正法」による得点調整を行うことがある。 公募推薦前期入試(A・B日程)において複数出願の場合、2出願目以降は1出願につき3,000円。 数学と選択科目で90分。 古文・漢文を除く。 (100点) コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II、国総から1科目選択(数学と選択科目で90分)。 総合評価方式の出願が必須。 基礎評価方式、指定教科重視方式も併願可。 総合評価方式:調査書、数学の素養、英語または国語の素養の合計250点満点。 基礎評価方式:数学の素養、英語または国語の素養の合計200点満点。 試験日、選択教科(科目)間で、入試問題の難易差により平均点に極端な得点格差が生じたと判断した場合には、「中央値補正法」による得点調整を行うことがある。 両方併願の場合もセット割で+3,000円。 公募推薦前期入試(A・B日程)において複数出願の場合、2出願目以降は1出願につき3,000円。 英語と国語で90分。 古文・漢文を除く。 英語と国語で90分。 (100点) 総合評価方式の出願が必須。 基礎評価方式も併願可。 総合評価方式:調査書、英語の素養、国語の素養の合計250点満点。 基礎評価方式:英語の素養、国語の素養の合計200点満点。 公募推薦後期入試において複数出願の場合、2出願目以降は1出願につき3,000円。 数学と選択科目で90分。 古文・漢文を除く。 (100点) コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II、国総から1科目選択(数学と選択科目で90分)。 総合評価方式の出願が必須。 基礎評価方式、指定教科重視方式も併願可。 総合評価方式:調査書、数学の素養、英語または国語の素養の合計250点満点。 基礎評価方式:数学の素養、英語または国語の素養の合計200点満点。 選択教科(科目)間で、入試問題の難易差により平均点に極端な得点格差が生じたと判断した場合には、「中央値補正法」による得点調整を行うことがある。 両方併願の場合もセット割で+3,000円。 公募推薦後期入試において複数出願の場合、2出願目以降は1出願につき3,000円。 募集人数 1名 現浪 現役のみ 併願 併願可 学外 学習成績 3. 0 (全体の評定平均値) 出願条件 学校長の推薦を受けた者。 次の資格・検定のいずれかを取得している者。 実用英語技能検定準2級、基本情報技術者合格、ITパスポート合格、CAD利用技術者2級、建築CAD検定3級、福祉住環境コーディネーター検定3級、3R・低炭素社会検定(3R部門または低炭素社会部門のリーダー<概ね60点以上>)、eco検定(環境社会検定試験)合格。 現浪 現役・既卒 併願 専願のみ 学習成績 2. 7 (全体の評定平均値) 出願条件 入学後、当該クラブに所属し、学業とクラブを両立させ、クラブ活動を継続する者。 <1次出願資格> 当該学校在学中にスポーツ活動として審査種目のスポーツを行っている者(ただし、アメリカンフットボール、チアリーディングについては、種目は問わない。 また、体操競技は、新体操またはトランポリン経験者を含む)。 <2次出願資格> 1次で受験資格を得た者。 <審査種目> 硬式野球、サッカー、ラグビー、アメリカンフットボール、バレーボール(以上男子)、柔道、剣道、バスケットボール、スキー競技、バドミントン、空手道、日本拳法、少林寺拳法、ゴルフ、硬式庭球、体操競技(以上男子・女子)、陸上競技、チアリーディング(以上女子)。 (100点) 【必】面接(100点) <1次>技量審査。 <2次>小論文、面接。 現浪 現役・既卒 併願 専願のみ 学習成績 2. 7 (全体の評定平均値) 出願条件 入学後、当該クラブに所属し、学業とクラブを両立させ、クラブ活動を継続する者。 <1次出願資格> 当該学校在学中に本試験対象の文化系クラブに関連した文化・芸術活動を行っている者。 <2次出願資格> 1次で受験資格を得た者。 <対象クラブ名> 吹奏楽、茶華道(茶道のみ)、鉄道研究(いずれも男子・女子)。 <1次>技量審査およびクラブ面接。 <2次>小論文、面接。 数学と選択科目で90分。 古文・漢文を除く。 (100点) コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II、国総から1科目選択(数学と選択科目で90分)。 総合評価方式の出願が必須。 基礎評価方式、指定教科重視方式も併願可。 総合評価方式:調査書、数学の素養、英語または国語の素養の合計250点満点。 基礎評価方式:数学の素養、英語または国語の素養の合計200点満点。 試験日、選択教科(科目)間で、入試問題の難易差により平均点に極端な得点格差が生じたと判断した場合には、「中央値補正法」による得点調整を行うことがある。 両方併願の場合もセット割で+3,000円。 公募推薦前期入試(A・B日程)において複数出願の場合、2出願目以降は1出願につき3,000円。 数学と選択科目で90分。 古文・漢文を除く。 (100点) コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II、国総から1科目選択(数学と選択科目で90分)。 総合評価方式の出願が必須。 基礎評価方式、指定教科重視方式も併願可。 総合評価方式:調査書、数学の素養、英語または国語の素養の合計250点満点。 基礎評価方式:数学の素養、英語または国語の素養の合計200点満点。 選択教科(科目)間で、入試問題の難易差により平均点に極端な得点格差が生じたと判断した場合には、「中央値補正法」による得点調整を行うことがある。 両方併願の場合もセット割で+3,000円。 公募推薦後期入試において複数出願の場合、2出願目以降は1出願につき3,000円。 募集人数 1名 現浪 現役のみ 併願 併願可 学外 学習成績 3. 0 (全体の評定平均値) 出願条件 学校長の推薦を受けた者。 機械設計技術者3級の資格を取得している者。 数学と選択科目で90分。 古文・漢文を除く。 (100点) コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II、国総から1科目選択(数学と選択科目で90分)。 総合評価方式の出願が必須。 基礎評価方式、指定教科重視方式も併願可。 総合評価方式:調査書、数学の素養、英語または国語の素養の合計250点満点。 基礎評価方式:数学の素養、英語または国語の素養の合計200点満点。 選択教科(科目)間で、入試問題の難易差により平均点に極端な得点格差が生じたと判断した場合には、「中央値補正法」による得点調整を行うことがある。 両方併願の場合もセット割で+3,000円。 公募推薦後期入試において複数出願の場合、2出願目以降は1出願につき3,000円。 募集人数 1名 現浪 現役のみ 併願 併願可 学外 学習成績 3. 0 (全体の評定平均値) 出願条件 学校長の推薦を受けた者。 次の資格・検定のいずれかを取得している者。 情報技術検定2級、第三種電気主任技術者合格、乙種危険物取扱者。 数学と選択科目で90分。 古文・漢文を除く。 (100点) コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II、国総から1科目選択(数学と選択科目で90分)。 総合評価方式の出願が必須。 基礎評価方式、指定教科重視方式も併願可。 総合評価方式:調査書、数学の素養、英語または国語の素養の合計250点満点。 基礎評価方式:数学の素養、英語または国語の素養の合計200点満点。 選択教科(科目)間で、入試問題の難易差により平均点に極端な得点格差が生じたと判断した場合には、「中央値補正法」による得点調整を行うことがある。 両方併願の場合もセット割で+3,000円。 公募推薦後期入試において複数出願の場合、2出願目以降は1出願につき3,000円。 募集人数 1名 現浪 現役のみ 併願 併願可 学外 学習成績 3. 0 (全体の評定平均値) 出願条件 学校長の推薦を受けた者。 次の資格・検定のいずれかを取得している者。 土木施工管理技術検定2級学科合格、建築施工管理技術検定2級学科合格、管工事施工管理技術検定2級学科合格、造園施工管理技術検定2級学科合格、測量士補、建築CAD検定准1級。 試験地 本学 検定料 35,000円 募集人数 1名 現浪 現役のみ 併願 併願可 学外 学習成績 3. 0 (全体の評定平均値) 出願条件 学校長の推薦を受けた者。 次の資格・検定のいずれかを取得している者。 電気工事士2種、第三種電気主任技術者科目合格、実用数学技能検定準1級、基本情報技術者合格、ITパスポート合格、ITストラテジスト合格、システムアーキテクト合格、プロジェクトマネージャ合格、ネットワークスペシャリスト合格、データベーススペシャリスト合格、エンベデッドシステムスペシャリスト合格、情報セキュリティスペシャリスト合格、ITサービスマネージャ合格、システム監査技術者合格。 試験地 本学 検定料 35,000円 各入試の旧教育課程履修者に対する経過措置については、直接学校にお問い合わせいただくか、募集要項等でご確認ください。

次の

教室利用状況

大阪 産業 大学 webclass

WebClass 学 生 用 クイックガイド WebClass では、 授 業 用 教 材 と 自 学 自 習 用 教 材 の 2 種 類 の 教 材 を 使 用 できます。 授 業 用 教 材 には、 履 修 登 録 している 科 目 授 業 毎 に 教 員 が 用 意 した 教 材 が 公 開 されています。 教 材 としては、 授 業 で 使 用 する 教 材 に 加 え、 予 習 ・ 復 習 用 のレポート 課 題 やテストなどがあります。 教 員 の 指 示 に 従 って 学 習 してください。 自 学 自 習 用 教 材 には、 履 修 科 目 に 関 係 なく 学 習 できる 教 材 が 登 録 されています。 04 大 阪 産 業 大 学 情 報 科 学 センター 1. Portal-OSU ポータルシステム にログインします。 科 目 名 をクリックします。 トップ 画 面 が 表 示 されるので、「 教 育 支 援 システム」 をクリックします。 掲 載 された 情 報 をクリックすると、 詳 細 が 表 示 されますので、 内 容 を 確 認 してください。 各 教 材 が 表 示 されます。 タイトルをクリックし、 学 習 を 開 始 します。 表 示 された 時 間 割 から 科 目 名 をクリックします。 講 義 情 報 詳 細 画 面 の「コースナビ 画 面 へ」をクリ ックします。 WebClass にログインします。 -1-.

次の