帯状疱疹 市販。 [医師監修・作成]帯状疱疹に市販薬は効かない?病院の薬の費用、服用期間、副作用など

帯状疱疹とは 医療機関で出してもらえる薬と薬局で買える市販薬について

帯状疱疹 市販

先ずは帯状疱疹について説明します。 帯状疱疹は、みずぼうそうと同じウィルス・帯状疱疹ウイルスが原因で引き起こされます。 帯状疱疹と言われると馴染みがない方が多いかもしれませんが、 もとは水疱瘡と同じウィルスのために水痘・帯状疱疹ウイルスに初めて感染した時は水疱瘡として発症します。 水疱瘡が治った後、加齢やストレスや過労などが原因で免疫力が低下してしまうと潜んでいたウイルスが再び活動を始めます。 それが皮膚まで到達すると、帯状疱疹として発症するのです。 皮膚病なら家にある市販の塗り薬でも治ると思う方もいるかもしれません。 確かに市販薬アラセナSと処方薬アラセナAは、成分が同じなのでどちらでも効果があると言われています。 しかし、 アラセナSは帯状疱疹には使用しない様に国が定めています。 効果が出なかったり症状を悪化させる塗り薬もありますので、帯状疱疹は病院から処方された薬を使用して治療しましょう。 帯状疱疹の症状の1つに水ぶくれがあります。 もし水ぶくれが破れた場合に、感染を防ぐ目的で使用するのがゲンタシン軟膏です。 その主成分であるゲンタマイシン硫酸塩が配合された市販薬は、現状販売されていません。 ゲンタシン軟膏を使用したい場合は、病院からの処方箋が必須になります。 市販薬でも、ゲンタシン軟膏とは成分が違いますが同じ様な効果が期待出来る塗り薬はあります。 【市販薬一例】 ・田辺三菱製薬から販売されている『フルコートF』 ・ゼリア新薬から販売されている『ドルマイコーチ軟膏』 ・ジョンソンエンドジョンソンから販売されている『テラマイシン軟膏a』 ・第一三共ヘルスケアから販売されている『ベトネベートN軟膏AS』 全て第2類医薬品なので、薬剤師さんが常駐していないドラッグストアでも購入出来ます。 皮膚の治療薬と言えば、リンデロンを思い浮かべる方もいると思います。 ですが、 リンデロンは帯状疱疹には使用してはいけません。 何故ならステロイドが含まれているからです。 ステロイドには、免疫システムの過剰な働きを抑える免疫をおさえる作用と、炎症を抑える作用があります。 なので湿疹や皮膚炎の治療には効果的なのですが、帯状疱疹を含む皮膚感染症の場合は別です。 病気の元となるウィルスの感染によって引き起こされるのが感染症です。 私達の体は病気のもとが入り込むと、免疫を作って体を守ろうとしている細胞が体の中で戦っているのです。 そのため腫れたり痒くなったりするのは、免疫を作る細胞が病気の元と闘っている為に出るものです。 頑張って免疫を作る細胞が活躍しているのに、免疫をおさえる作用のあるステロイドが入っている薬を塗ってしまうと、免疫を作る細胞の力が弱まってしまいます。 そうなると病気の元となるウィルスの増殖が止められなくなり、結果として症状が悪化してしまうのです。 リンデロンは市販されていないので、自己判断で使用するという事は少ないかもしれません。 ですが、 病院から処方された以外は使用しない様に気を付けましょう。

次の

[医師監修・作成]帯状疱疹の痛みのピークはいつまで?痛み止めの薬などの治療法について

帯状疱疹 市販

スポンサーリンク 帯状疱疹になると、どうしても皮膚の症状が気になりますよね。 しかし実は、帯状疱疹の原因は体内の神経にウイルスが感染した事にあります。 そのため、内服薬でウイルスを抑制する必要があるのです。 しかし、痛い発疹も同時に何とか治したいですよね。 そこで今回は、帯状疱疹で使用する塗り薬について、紹介します。 消炎鎮痛薬 消炎鎮痛薬であるフエナゾール軟膏は、かゆみや痛みを静めるための薬です。 帯状疱疹の症状が比較的軽いケースの場合に使われます。 抗ウイルス薬 帯状疱疹の症状が、重症とまではいかなくても、 症状が1つ進行してしまっている場合には、 抗ウイルス薬を含有する軟膏を、消炎鎮痛薬と併用します。 抗ウイルス薬であるアラセナA軟膏は、 帯状疱疹の発症初期に使用すると効果的な薬です。 軟膏基剤 軟膏基剤である、ソルベースというものです。 マクロゴールという軟膏があります。 こちらは、皮膚への付着が弱いので、ガーゼに伸ばして貼付します。 水泡に効きます。 皮膚治療薬 皮膚治療薬である、サトウザルベというもので、 亜鉛華軟膏という薬があります。 こちらは、鎮痛、鎮痒、収斂、消炎剤分類される薬です。 スポンサーリンク 皮膚を保護して炎症を抑える働きがあり、 水分の吸収に優れているので、 かき壊して液が出ているところに塗る事が出来ます。 しかし、匂いがきつく拭き取りづらいという難点があり、 過剰な乾燥を招きやすいので、注意が必要です。 ステロイド ステロイド外用薬も使われる事があります。 しかし、ステロイドは免疫力を下げてしまう可能性があるため、 積極的には使われません。 その強力な抗炎症作用があるので、 症状によっては抗ウイルス薬と一緒に使用される場合があります。 使用する場合は、医師の判断が必要です。 初期に現れる痛みやかゆみを抑えてくれます。 しかし、重い腎障害や肝障害、消化性潰瘍ながある場合は、 急性腎不全や肝障害、血小板減少などの副作用が出る事がるので、 使用は控えるようにしましょう。 ・・・いかがでしたか? 帯状疱疹の治療には、このような塗り薬の種類があるのです。 しかし、帯状疱疹の原因は体内にあるので、軟膏だけでは治す事は難しいです。 内服薬と塗り薬を併用して、しっかりと治療する事が大切ですよ! スポンサーリンク 帯状疱疹の薬で塗り薬はどのようなものがある?記事一覧.

次の

帯状疱疹が治るまでの期間は?原因・症状の経過・発症時の注意点を解説

帯状疱疹 市販

先ずは帯状疱疹について説明します。 帯状疱疹は、みずぼうそうと同じウィルス・帯状疱疹ウイルスが原因で引き起こされます。 帯状疱疹と言われると馴染みがない方が多いかもしれませんが、 もとは水疱瘡と同じウィルスのために水痘・帯状疱疹ウイルスに初めて感染した時は水疱瘡として発症します。 水疱瘡が治った後、加齢やストレスや過労などが原因で免疫力が低下してしまうと潜んでいたウイルスが再び活動を始めます。 それが皮膚まで到達すると、帯状疱疹として発症するのです。 皮膚病なら家にある市販の塗り薬でも治ると思う方もいるかもしれません。 確かに市販薬アラセナSと処方薬アラセナAは、成分が同じなのでどちらでも効果があると言われています。 しかし、 アラセナSは帯状疱疹には使用しない様に国が定めています。 効果が出なかったり症状を悪化させる塗り薬もありますので、帯状疱疹は病院から処方された薬を使用して治療しましょう。 帯状疱疹の症状の1つに水ぶくれがあります。 もし水ぶくれが破れた場合に、感染を防ぐ目的で使用するのがゲンタシン軟膏です。 その主成分であるゲンタマイシン硫酸塩が配合された市販薬は、現状販売されていません。 ゲンタシン軟膏を使用したい場合は、病院からの処方箋が必須になります。 市販薬でも、ゲンタシン軟膏とは成分が違いますが同じ様な効果が期待出来る塗り薬はあります。 【市販薬一例】 ・田辺三菱製薬から販売されている『フルコートF』 ・ゼリア新薬から販売されている『ドルマイコーチ軟膏』 ・ジョンソンエンドジョンソンから販売されている『テラマイシン軟膏a』 ・第一三共ヘルスケアから販売されている『ベトネベートN軟膏AS』 全て第2類医薬品なので、薬剤師さんが常駐していないドラッグストアでも購入出来ます。 皮膚の治療薬と言えば、リンデロンを思い浮かべる方もいると思います。 ですが、 リンデロンは帯状疱疹には使用してはいけません。 何故ならステロイドが含まれているからです。 ステロイドには、免疫システムの過剰な働きを抑える免疫をおさえる作用と、炎症を抑える作用があります。 なので湿疹や皮膚炎の治療には効果的なのですが、帯状疱疹を含む皮膚感染症の場合は別です。 病気の元となるウィルスの感染によって引き起こされるのが感染症です。 私達の体は病気のもとが入り込むと、免疫を作って体を守ろうとしている細胞が体の中で戦っているのです。 そのため腫れたり痒くなったりするのは、免疫を作る細胞が病気の元と闘っている為に出るものです。 頑張って免疫を作る細胞が活躍しているのに、免疫をおさえる作用のあるステロイドが入っている薬を塗ってしまうと、免疫を作る細胞の力が弱まってしまいます。 そうなると病気の元となるウィルスの増殖が止められなくなり、結果として症状が悪化してしまうのです。 リンデロンは市販されていないので、自己判断で使用するという事は少ないかもしれません。 ですが、 病院から処方された以外は使用しない様に気を付けましょう。

次の