ガードマン 彼女 顔。 警備員(ガードマン)の仕事経験ある人に質問です!僕は5ヶ月前に警備...

不幸顔の女

ガードマン 彼女 顔

??? 「あの時、捕まえ損ねたイレギュラーハンターがこれほどの能力を持っていたとは・・・・・」 ドップラーはエックスの戦闘を見ながら感心する。 すぐ脇ではドラえもんが拘束されたままぐったりしている。 「これは何としても手に入れねばならん。 ・・・・いでよ、ヴァジュリーラ!マンダレーラ!」 ドップラーが叫ぶとヴァジュリーラ、マンダレーラの二人が高速で目の前に現れる。 「お呼びですか?ドップラー博士。 」 「あのイレギュラーハンターを捕獲せよ。 できるだけ無傷でな。 」 「「はっ!偉大なるドップラー博士のために!!」」 二人はドップラーの命令を聞くなりすぐさま姿を消した。 「クックックッ・・・・・まどろっこしいな。 生け捕りとはね。 」 そこへ暗い人影が立つ。 ドップラーはその姿を見るなりため息をついた。 「また、お前か・・・・・・パワーアップまでして再生してやったというのに・・・・・。 いい加減、ワシの指示通りに動いてはくれんのかね・・・・・」 「再生してくれたことには感謝しているが奴らには恨みがあるんでね・・・・・・俺は俺のやり方で行かせてもら・・・・う、うっ!?」 彼は突然頭を押さえて膝をついた。 「・・・・・またか。 一体どうしてそんな作用が起こるのやら・・・・・」 「と、とにかくだ・・・・・・・俺は俺のやり方でやらせてもらう・・・・・・・・・鎮静剤プログラムチップももらって行くぜ・・・・・・・・・」 そう言うとドップラーからメモリーチップを受け取って退散していった。 「・・・・・フン、まあよい。 それにしても本当にあのイレギュラーハンターが二度もあのお方を倒したとは思えんが・・・・・・・・」 ドップラーは拘束されているドラえもんを見る。 「だが、まずはお前をどうするかだな。 」 ハンターベース 尋問室 「じゃあ、君はハンターベースを襲っていた時の記憶は残っていないのかい?」 バッファリオ討伐から戻ってきたエックスは、本部へ戻るなり気を失っていたマックが目を覚ましたという報告を聞き、彼に問いただすべく尋問を行っていた。 しかし、どういうことかマックはハンターベースを襲った時の記憶はないという。 「はい・・・・・・俺にも何のことなのやら・・・・・・覚えているのは式典でホーネックと飲み合って酔って指定された部屋で寝ていたことぐらいです・・・・・その後のことは何をしていたのか・・・・・・・・・うぅ・・・・」 ジャイアンに叩かれたのが未だに響くのかマックは後頭部を押さえる。 この様子だとこれ以上聞いても仕方ないだろうと思いエックスは尋問を終了させることにした。 「ありがとう、マック。 君の処遇については上層部とケイン博士と話し合って決める。 とりあえず、この後はケイン博士からメンテンナンスを行ってもらうよう手配させるよ。 」 「は、はあ・・・・・・・」 エックスはそう言うと尋問室から出て行く。 外ではマーティがラッシュを連れて待っていた。 「どうだったの?」 「あぁ、それがハンターベースを襲った時の記憶はないそうなんだ。 」 「本当?もしかしたら嘘ついているんじゃないの?」 エックスの言葉にマーティは聞く。 「いや、それはないと思う。 マックは、仕事に関しても嘘の報告は一度もしたことがないし、洗脳された件もオストリーグやテクノの例もある。 おそらくドップラー博士にコントロールされていたんだ。 」 「そうだとしたら博士の目的は一体何なのかしらね?今はどこにいるかはわからないけど・・・・・・」 「そうだな・・・・・・」 2人がそう言いながら会話をしているとゼロたちが戻ってきた。 「エックス。 」 「ゼロ、君たちの方も戻ってきたのかい。 」 「まあな。 骨川たちが収集してくれたデータはじじいに預けてきた。 時間はかかるだろうがドップラーが何を企んでいるかの手掛かりにはなるだろう。 」 「そうか。 」 「それともう一つ。 剛田のおかげでホーネックの奴を連れ戻せた。 ついでに工場にあった新型ライドアーマー二機も手に入れられた。 」 「すごいじゃないかジャイアン。 」 「ま、まあな!ちょっと迷惑かけちまったけどよ。 」 ゼロの後ろにいたジャイアンは腕を組みながら恥ずかしそうに言う。 「それよりのび太、その赤い犬みたいなロボットは?」 スネ夫は二人の傍にいるラッシュを見て言う。 「コイツはラッシュ。 ライト博士がマーティのサポートメカとして送ってくれたんだ。 」 「ラッシュ!?これが!?」 『ワン、ワン!』 ラッシュは尻尾を振りながら吠える。 「わあ、ワンちゃんだ!」 玉美はラッシュを撫でる。 するとラッシュも嬉しそうだった。 「う~ん・・・・・・・確かに見えなくもないけど・・・・・」 「のび太、次はどこへ行くんだ?」 「次は、巨大ダムの方へと向かう予定だよ。 あそこをイレギュラーが占拠した上に水質を変えられて近辺の都市が困っているからね。 」 「ダムか。 水着か釣り竿でも持ってくればよかったぜ・・・・・・」 「ジャイアンってば。 遊びに行くんじゃないんだよ。 」 「でも、やっぱり水の流れるところに行くからそれにあった服装にした方がいいわね。 」 スネ夫がジャイアンに注意するもののしずかはある程度妥協する。 「困ったな・・・・・・・動きづらい場所だからできれば行かない方がいいと思うけど・・・・・」 「まあ、アタシたち三人でカバーすればいいんじゃない?」 「俺も助けられた方だから認めざるを得んな。 」 一同は一旦休息を取るとダムへと向かった。 巨大ダム 水路 「うわぁ~!!何だこの汚い水は!?」 すぐ脇の水路を流れる水を見てスネ夫は絶句する。 「元々このダムは水質がきれいでダムの方でも魚が釣れる観光スポットだったんだ。 それがここまで汚染されるなんて・・・・・・・・」 「気をつけろよ。 汚い上に水質が強めの酸性に変わっていやがる。 」 エックスたちは汚染水に触れないように慎重に移動していた。 幸い事前に「テキオー灯」である程度の環境でも適応できるようにしていたため軽く触れるぐらいなら大丈夫だが万が一ということもあるため常に警戒をしていた。 しばらく昇っていくと少し開けた場所へたどり着いた。 「ここは汚染水とかは流れていないようだ。 」 エックスは辺りを確認すると部屋へと入っていく。 『ウゥ~~~!!!』 「ラッシュ?」 突然唸り始めたラッシュにマーティは驚く。 今までの人懐っこい様子が激変してまるで近くに何かがいるかのように警戒し始めたのだ。 「急に唸り始めちゃってどうしちゃったのかしら?」 「何か嫌な前触れじゃなきゃいいけど・・・・・・・」 『ウゥウ~!!!ワン、ワンワンワン!!』 ラッシュはとうとう吠え始める。 流石におかしいと思い辺りを警戒するとエックスの目の前に捕縛用のリングが無数に向かってきていた。 「エックス危ない!!」 「!?」 エックスは、すぐさまリングを避けるとバスターを展開して破壊する。 後ろにいたゼロとマーティもバスターでリングを破壊した。 「なんなんだこれは・・・・・・・」 エックスは、破壊されたリングを拾って見てみる。 「ちょっと見せて!」 しずかは何か見覚えがあるのかエックスからリングの破片を受け取って見る。 「どうしたのしずかちゃん?何かこれに見覚えでも・・・・・・」 「ドラちゃんを捕まえたロボットが使っていたのと同じものよ!」 「なっ!?」 「フッフッフッフフフ・・・・・・・どこかで見たかと思ったらあの時の人間か。 」 動揺しているエックスたちの目の前にヴァジュリーラが降りてきた。 「お、お前は!?」 「私はヴァジュリーラ。 ドップラー博士の右腕として多くのレプリロイドを葬ってきた。 」 「ヴァジュリーラ・・・・・・しずかちゃん、あいつがドラえもんを?」 「えぇ、私たちを襲ったロボットよ!」 エックスは、バスターを構えてヴァジュリーラと対峙する。 「・・・・ここは俺が足止めをする。 みんなは先に奥へ進んでくれ。 」 「なっ、何を言い出すんだよのび太!?」 エックスの発言にジャイアンは驚く。 「ドラえもんを捕まえた奴なんだぞ!?一人で・・・・・・・」 「今は、このダムを占拠しているイレギュラーを一刻も早く討伐してダムの汚染を止めるのが優先だ。 ゼロ、マーティ、みんなを頼む。 」 「エ、エックス・・・・・・・」 「早く!」 「っ!?」 エックスに怒鳴られてマーティは後を引く。 「・・・・・今は、エックスの言う事が正しい。 俺たちは一足先にイレギュラーを討伐しに行く。 エックス、無茶をするなよ。 」 「あぁ。 」 「のび太、死ぬなよ。 」 そう言うとゼロたちは不安な表情をするマーティを含めて先に奥へと向かって行った。 「仲間を先に行かせるとは・・・・・・・私も舐められたものだな。 」 「・・・・・ドラえもんをどこへやった?」 「ドラえもん?・・・・・あぁ、あの変なポンコツタヌキのことか。 奴ならドップラー博士が研究している。 」 「ドラえもんに手を出してみろ!そんなことをすれば俺が許さない!!」 エックスは今までにない険しい顔でヴァジュリーラを睨みつける。 「フン、まあいい。 博士の命令だ、消えてもらう。 」 ヴァジュリーラは、火炎を飛ばして攻撃を開始する。 一方のエックスもバスターで威嚇射撃をしながらヴァジュリーラへと向かって行った。 「パラスティックボム!」 エックスのバスターからヴァジュリーラに目掛けて針付きの爆弾が発射される。 「笑止!」 ヴァジュリーラは、火炎をさらに飛ばして爆弾を爆発させる。 「こんな遅い弾では俺に近づくことはできん。 」 「ならこれならどうだ!フロストシールド!!」 続いてバスターから先端に氷を装着した小型ロケット弾が放たれる。 ヴァジュリーラはまた火炎を飛ばして破壊するが着地した瞬間何かが足に刺さったのを感じる。 「こ、これは!?」 足元を見ると先ほど破壊したはずのフロストシールドがまきびしのように床に着き刺さり、ヴァジュリーラの足に穴を空けていたのだ。 「この武器は一回だけじゃ終わらない。 床に落ちればわずかな時間だけまきびしのような状態になって残るんだ。 」 「おのれ!」 ヴァジュリーラは、ビームブレードを展開してエックスに斬りかかる。 エックスも斬られまいと必死に避けながら至近距離でバスターを放つ。 「エックス・・・・・・・お手並み拝見とさせてもらうぞ。 今のお前の実力をな。 」 その様子を見ている者がいるとも知らずに。

次の

”男嫌い”って思わないで!ガードが堅い女性のホンネ5つ | 大学生の困った!を解決するCampus Magazine

ガードマン 彼女 顔

電車で座席に座っていると、前に男女のカップルが立って話をしていた。 男の方はけっこうなイケメンだが、女の方は覇気のない不幸顔だった。 どうみても女の方がイケメン男に好意を持っている口調だ。 でもあいにくと女は不幸顔。 何でもっとくっきりしたアイラインを引かない? 目の下のクマだって化粧で何とかなるでしょ? 口紅だって、思い切って赤とか塗ってみたらどうなのさ? 着ているものも地味だし、やっぱ振られるんだろうな。 相手はイケメンだもん。 かわいそうに。。。 なんて思っていたら、突然不幸顔の女が私を見て睨んできた。 何? この女、人の心が読めるのか? 慌てて視線を逸らす私。 よくよく考えたら、あんまりジロジロと不幸顔の女を見ていたから睨んだんだ。 (きっとね) 心の中でそっと彼女に謝った。 不幸顔だなんて思ったりして、すみません。 どうぞ幸せになってください。。。

次の

女性警備員について

ガードマン 彼女 顔

「ふわぁ」 あたしはあまりの眠さに欠伸をする。 一時限目が始まる前の教室。 しかし、殆どの生徒は集まっている。 さすがは日本有数のお嬢様学校と言ったところか。 しかし、昨日の事は本当に失敗だった。 結から聞いた話によると、あたしは浴場で鼻血を出血死するんじゃないかと言う位に出して気絶したらしい。 全くあり得ない失態だ。 このままでちゃんと姫子を守れるのか? 「大丈夫でしたか?昨日、浴場で何かあったんですか?」 「いやいや、欲情とかしてないし!あたし女だし!!!」 「?やっぱり変ですよ。 顔が赤いし、今日は休んだ方が……」 姫子は本当に心配している様で、あたしの顔を覗き込んでくる。 「いや、大丈夫。 本当に何でもないから」 そんな目から逃れるように、あたしは顔を反らした。 その時、幸か不幸か、授業開始のチャイムと共に講師が入って来た。 しかし、その講師はあまりに教室とミスマッチで、場違いだった。 世界史講師兼礼拝堂管理者、罪業 ざいごう 断 だん。 神代女学院敷地内には大きな礼拝堂があり、それを管理する男性教諭が、罪業断 ざいごうだん だ。 その役目に準じた漆黒の神父服に身を包んではいるが、その体格と表情があまりに不似合いだった。 二メートル近い長身に筋骨隆々とは言わないまでもがっしりとした体格。 顔つきは淡白ながら目つきは鋭く、感情が宿っている様には思えなかった。 まるでマネキンかロボットの様な、そんな表情だ。 それだけではない。 彼の、最も異様な点、異常な点、異質な点。 彼が彼たらしめる特徴。 それは……。 彼の顔の右半分は飾り気のない仮面で隠されていたのだ。 「ねぇ、あの先生何で仮面なんて付けてるのかしら?」 「昨日寮の先輩から聞いたけど、昔事故にあって大きな傷を顔に作ちゃったらしいわよ」 「何かちょっと怖いわよね……人間らしくないって言うか…」 「そう?私はタイプかも」 そんなざわめきが教室を支配した。 普通の生徒もあの講師の近寄りがたい雰囲気は感じているようだ。 「授業を開始する。 先ずはこの一年のシラバスを配る。 授業スケジュールを追って説明しよう」 感情の一切が読み取れない声が教室に響く。 その声に、先程までの教室のざわめきはぴたりとおさまった。 あたしはその中、気になって姫子の方を見た。 「!?」 姫子は明らかに違っていた。 顔色が今まで話していた時と明らかに違う。 青ざめた唇に汗を垂らし、震える彼女はとても脆くて、直ぐにでも壊れてしまいそうだ。 いや、もうすでにそれは既に壊されている様な……。 あたしは見かねて発言した。 「先生!姫子が具合悪そうです!保健室まで運んでってもいいですか?」 威圧的な左目がわたしを見る。 やはり感情は読み取れない。 [newpage] 「……いいだろう。 送り届けたら直ぐに帰ってくるように」 あたしを一瞥すると、直ぐにこれから配るであろうシラバスに視線を落とした。 「ありがとうございます!さあ、姫子!」 姫子に手を差し伸べる。 俯いたまま彼女は手を取る。 「すいません……」 ぼそりと、小さな声で彼女は言った。 肩を貸して彼女を教室から出す。 神代女学院の校舎構造をここで話しておこう。 一階に第一学年の教室全4クラス。 (この学校は一学年4クラスで構成されている。 ) 保健室、美術室、生物室、体育館への渡り廊下。 二階に第二学年教室と職員室、校長室、音楽室、図書室。 三階に第三学年教室、PC室、科学室、屋上への階段。 この様に結構大きな校舎となっているが、保健室は教室と同じ一階なので迷わず、思ったより早く着いた。 「保険医の先生は……いないみたいね……」 「だ、大丈夫です……」 姫子はそう言って、肩を貸した姿勢から少し離れた。 表情も幾分かはマシになったらしい。 「どうしたの姫子?」 「何でもないんです。 何でも……ないんです」 首を振って彼女は言う。 普通じゃない。 そんなことは一目でわかる。 あの男性教諭に異常なほど恐怖している。 本当にそれは罅が入った伽藍造りの様で、今すぐにでも粉々になってしまいそうで、だから、だから、だから……。 「!?」 「大丈夫だから。 安心して」 あたしは、彼女を抱きしめていた。 何をしたらいいのか解らなかったし、これが正しい行動なのかも解らなかったし、何故自分がこんなことをしているのかも解らなかった。 でも、事実は、現実は確かで。 あたしは生まれて初めて、女の子を抱きしめた。 「ひゅ~。 あっついねぇ」 と。 保健室の引き戸が開け放たれる。 見られた! あたしと姫子は顔を真っ赤にしておたがい離れた。 「何?たってるの?たっちゃってるの?」 その少女は悪戯っぽい笑みを浮かべてあたし達をおちょくる。 上はジャージ。 下は昔懐かしのブルマ。 ベリーショートの髪の毛に少女と言うよりは女の子と呼んだ方が適切な、幼い顔つきと体つきだった。 [newpage] 「たってるって……何がよ!あたし達は女の子だけど!?」 「何言ってるのキミ?フラグが建ってるかって言ってんだけど?」 しまった!てっきり下ネタかと思ってしまった! 「ってかフラグもたたねーよ!」 いや、あたしの中の人の関係から百合とかにはならないけどさ。 「あの、そろそろ教室に戻った方が……」 姫子のその一言があたし達の下品で下らない漫才を止めた。 さっきまで抱きしめられていたのに幻滅されたんじゃないだろうかと不安に思った。 「ああ。 そうね。 それじゃあたしは行くわね」 少しテンションが下がったが、行動に出ない様に気をつけて引き戸に向かう。 その時、あの少女とすれ違った時、小声で彼女は耳打ちしてきた。 「昼休みになったらPC準備室に来てね。 真護クン」 「!?」 絶句する。 この少女は、自分の正体を知っている! 「お……おまえ!?」 「さ、この続きは昼休みだよ。 早く教室に行った行った!」 シッシと手を払って彼女はわたしを保健室から追い出した。 さすがに昨日の事もあるし、あの得体の知れない少女と姫子を二人きりにするのも不安だったので、あたしは保健室の入り口で姫子がよくなるのを待っていた。 丁度一時間目終了のチャイムが鳴った位に姫子は保健室から出てくる。 直ぐにあたしは彼女に駆け寄った。 「もう様子は大丈夫なの?」 「平気です……。 あの、待ってなくても良かったのに……」 俯きがちに彼女は言った。 「友達が具合悪くしているのは心配だもの!授業なんて後でいいわ!」 「友達……」 彼女は途端、困惑した様な表情になる。 「友達って、迷惑をかけてしまうものでしょうか?」 「え?」 彼女は悲しそうに言った。 「すみません。 あり得ないと思う。 そんなあたしの困惑に追い打ちをかける様に、彼女の口は動く。 それは絶対に自分が許さない。 そう思った。 ジャージ姿の女の子。 あたしの正体を知っていた彼女。 その表情はどこか凄惨な笑みを浮かべている。 この状況が愉しいと言う様に。 滑稽だとでも言う様に。 「人間の関係性なんて儚くて脆い物だよ?ほら、有名などっかの三年B組の先生も言ってるでしょ?人という字は互いに寄り添っているって。 つまり、人は他者に依存して、そこから自分を見ることで自分を保っているんだ。 一緒にいると楽しいとか、これは愛なんだとか、それってやっぱり自己主張の手段でしょ?本心から誰かの為に何かを一生懸命やっている人って本当にいるのかな?」 何なんだ? コイツは本当に気に喰わない。 悪辣なんてモンじゃない。 捻くれているなんてレベルじゃない。 まるで、まるで……。 「何よ……全部知ってるみたいに!!」 「だって、ボクは何でも知っているもん」 彼女はそんな言葉を至極簡単に言い放った。

次の