コンストラクタ インジェクション。 コンストラクタインジェクションが推奨されている理由を自分なりにまとめてみる

S2Container

コンストラクタ インジェクション

意外と分からずに、「とりあえず」とか「なんとなく」で使っちゃうパターンが多い系案件な気がして書いてみます。 こんな事ありませんか?• DIとDIコンテナの違いを説明出来ない• DIとサービスロケータの違いを説明出来ない• DIを使ってるつもりが、サービスロケータになっている• DI、サービスロケータが、ただの「パターン」の1つであることを理解してない DI Dependency Injection を正しく理解する そもそも、Dependeny Injectionを日本語にするとどういう意味になるでしょうか。 多くの人が「依存性の注入」とか応えるのではないでしょうか? 私もそうでした。 きっと何かで読んだのでしょう。 に「依存性の注入」と書いてありますね 補足 なぜ依存性を注入してあげると良いのか、そのメリット等は後述しますが、 DIというのはただのパターンの1つです。 たまにDIコンテナとDIを同一視して使ってるのを見ますが、DIはパターン、 DIコンテナはDI実現をお手伝いするためのフレームワークです。 つまり、別にDIコンテナを使わなくてもDIは実現可能なのです。 DIって本当はどういう意味なのか? 元のにはこう書いてありました。 A dependency is an object that can be used a service. 「Dependency」 依存性と訳していた は、「オブジェクト」です。 つまり、DIとは、「依存性の注入」じゃなくて、「オブジェクトの注入」だった訳ですね。 この時点で、「依存性の注入ってなんだよw」感から開放されました。 オブジェクトならいつも使ってるから分かってますしね。 DIじゃない場合 Sampleクラスで、ログを仕込む例を考えてみましょう。 DIじゃないとこうなります。 え、何が良いの? DIとDIじゃない例を比較して見ます。 DIじゃない例 DIな例 FileLoggerが実装出来るまで、Sampleが実装出来ない FileLoggerがなくてもSampleの実装を進められる FileLoggerからDatabaseLoggerに変える場合、Sampleを修正する必要がある Sampleの呼び出し元を変えるだけでOK SampleのdoSomethingのテストの度に、ファイルにログが吐かれる モックを渡せば良いので、実際にファイルにログは吐かれない 色々便利ですね。 因みに、今回はコンストラクタでDIしましたが、これはコンストラクタインジェクションといい、他にもセッターインジェクション、メソッドインジェクション等、コンストラクタ以外から注入する方法もあります。 でも、これってそのうち引数が大量になってしまうのでは・・ 例えば、コンストラクタでDIした場合、今回の例では良いですが、 Sampleが他にも色んなオブジェクトをコンストラクタで渡したいとします。 仮に、引数を3つに増やして見ます。 ユーザから、どうやらTwitterにつぶやかれてないみたいだから、Twitterでポストした時にちゃんとログに残して欲しいと言われました。 さぁ、TwitterManagerのインスタンスを生成している Sampleを使ってる 場所すべてで修正が必要です。 面倒ですよね。 そこでようやくDIコンテナ! この面倒なインスタンスの生成はすべて別の場所に一括で任せちゃいましょう! というのを解決するのがDIコンテナです。 ここでは実際にPimpleを使った例を紹介します。 このような各オブジェクトの作り方を知ってる container. phpを作ってみます。 loggger' ] 'sample. php だけ修正すれば良い。 という風に出来たのが分かります。 サービスロケータ さて、DIコンテナを使ってDIを実現しましたが、DIコンテナをよくわからずに使うと、 サービスロケータパターンになってしまうことがあります。 logger'] 'sample. という感じですね。 この場合、Sampleクラスは、3つのオブジェクトだけでなく、DIコンテナにも依存することになります。 それ故に、テストする際に毎回コンテナをテストダブルで置き換えて上げる必要が出てきて、若干面倒臭くなります。 また、前のコードではSampleのコンストラクタで必要なクラスが何か LoggerInterfaceとか、SNSManagerInterfaceとか 分かってましたが、DIコンテナを使う事で、 file. loggerに何が入っているかを直接コンテナに見に行くまで分からない。 というデメリットも生じます。 サービスロケータが悪。 という訳ではないですが、このDIコンテナを使った場合にはサービスロケータパターンにならないようにしておいた方が実装やテストが楽になります。 まとめ このように、DIもサービスロケータもただのパターンの1つで、DIコンテナはDIとは別物だ。 という事を認識するだけでも大分実装への意識が変わるかもしれません。

次の

download.pocketinformant.com CoreにおけるDI(Dependency Injection)

コンストラクタ インジェクション

前回は Prism Module 内の View(UserControl)を Prism Shell へ動的に読み込むまでを紹介したので、今回は Prism のコンポーネント間でデータをやり取りするする際の仲介役となる DI コンテナ【Unity】の使い方を紹介します。 又、前回エントリの最後で「次回は TreeViewItem を TreeView へ表示する」と予告しましたが、エントリが予想以上に長くなってしまったため、「TreeViewItem の表示」は次回に延期します。 尚、この記事は Visual Studio 2017 Community Edition で. NET Framework 4. 1 を使用して 、WPF アプリケーションを MVVM パターンで作成するのが目的で、C での基本的なコーディング知識を持っている人が対象です。 データファイルは単一の XML ファイル• データファイルからオブジェクトをデシリアライズして取得する• データファイルの拡張子が作成するサンプルアプリに関連付けられている• アプリ 単独で起動すると【新規データ作成モード】で起動し、デフォルト値を表示する WPF アプリで起動時パラメータを取得する ダブルクリックしたデータファイルの Path を起動時パラメータから受け取るのは Windows Form でもよくあるパターンで、Windows Form では Main メソッドで取得するのが一般的だと思いますが、 WPF では Main メソッドが隠蔽されているため、App クラスの OnStartup メソッドをオーバーライドして取得します。 参考 WPF の Main メソッドを自動生成せず、Main メソッドを自作する方法もあるようです。 (参考先: [管理人は未確認]) まず、ソリューションエクスプローラーの『App. xaml』のコンテキストメニューから [コードの表示] で App クラスをコードエディタで開き、src. 1 のように OnStartup メソッド内で起動時パラメータを取得します。 Empty; if e. Args. それに Prism では Shell に Module の参照を追加しなくても使用できる方法が用意されているため、その場合は Bootstrapper 経由で渡す方法も採れません。 他にもよくあるパターンとしては、DataHolder のような名前の Singleton (static)クラスを作成して Prism Shell、Module の両方から DataHolder を参照してデータを受け渡すと言う方法も考えられますが、DataHolder に依存する作りになってしまいそうです。 Prism では各コンポーネント間が疎結合なので、Windows Form での開発とは少し考え方を変えないと static なクラスを山のように作ってしまうことにもなりかねませんが、 Prism にはコンポーネント間でデータをやり取りする仕組みが当然用意されています。 アプリ内で使用するクラスのインスタンスをアプリ実行時に DI コンテナへ登録する その仕組みとは で プロジェクト作成時に指定した DI コンテナ(ここでは Unity)ですが、DI コンテナの使い方を紹介する前に、まず起動時パラメータを Prism へ渡さないと始まらないので、Bootstrapper に追加したプロパティを経由して起動時パラメータ(データファイルの Path)を渡します。 Empty; if e. Args. Practices. Unity; using Prism. Modularity; using Prism. Unity; using System. Windows; using WpfTestApp. Current. MainWindow. Container. RegisterInstance DataLoader. Load this. Windows; using Prism. Ioc; using Prism. Modularity; using WpfTestApp. Args. RegisterInstance DataLoader. Load this. AddModule InitializationMode. 3 では App. xaml. cs と Bootstrapper の 2 ファイルに記述場所が分かれていましたが、Prism 7. 1 からは Bootstrapper が PrismApplication に統合されたため、App. xaml. cs のみに記述すればよくなりました。 又、Prism 6系・7. 1 以降の両方ともデータファイルの読み込み失敗等の理由で App クラスの起動を中断してアプリを終了したい場合、途中で Return するだけでは終了しないので、CreateShell メソッドで App. Shutdown メソッドを呼び出す必要があります。 アプリの起動を中止したい場合は 14 行目のコメントアウトしている位置で Shutdown メソッドを呼び出すとアプリが終了します。 注意 App. Shutdown を CreateShell メソッドではなく OnStartup メソッドで呼び出した場合、アプリが終了する前に MainWindow が一瞬表示されてしまうのでCreateShell メソッドで呼び出す方が良いと思います。 DI コンテナに登録した型やインスタンスを取り出す方法を紹介する前に、今までにも何度か登場しているサンプルアプリデータクラスや、サンプルアプリデータクラスを Load するための Agent クラスを紹介します。 サンプルアプリのデータの読み込み・生成を行うクラス src. 5 は新規データを生成したり、データファイルからモデルを読み込んだりするための サービス層に位置する static な DataLoader クラスです。 Student. Student. Student. Physicals. TestPoints. DataLoader クラスはソリューションに新規追加した WpfTestAppServices プロジェクト内に作成しています。 サンプルアプリデータ本体 src. 6 がサンプルアプリで内で使用するデータ本体で、XML データファイルからデシリアライズさるクラスです。 info『DataContract 属性』を付加する場合は、【System. Runtime. Serialization】の参照追加が必要です。 このクラスもソリューションへ新規追加した WpfTestAppModels プロジェクト内に作成しています。 using System. Collections. Runtime. Serialization. [System. Runtime. Serialization. [System. Runtime. Serialization. [System. Runtime. Serialization. 本来、このようなデータを単一のデータファイルに保存することは一般的ではないでしょうが、そのような要求があったと仮定してください。 又、2 つのリストで使用している 【System. Collections. ObjectModel. ObservableCollection】はメンバを追加・削除すると通知してくれるコレクションクラスです。 WpfTestAppData クラス内に定義している『』と『』、『』は、次回以降で必要になった時に改めて紹介しますが、で見ることもできます。 一言で言うと、 DI(Dependeny Injection)は『依存性注入』と言うデザインパターンの 1 つで、 DI コンテナは DI を実行するためのライブラリを表します。 【Unity】は DI コンテナなので DI を実行するために Prism に内蔵された機能です。 もっと簡単に言うと、 DI コンテナ の【Unity】は型やインスタンスを自由に出し入れできるグローバルなオブジェクト保管庫のようなもので、 DI コンテナに登録した型やインスタンスはいつでも・どこでも取り出すことができる便利な保管庫だと考えれば分かりやすいかもしれません。 Prism で使用できる DI コンテナは何種類かありますが、ここでは プロジェクト作成時に Unity を選択した場合のみの方法を紹介しています。 (管理人は Unity 以外使ったことがありません) ただ、DI コンテナの考え方自体は変わらないはずなので、DI コンテナ自体の使用方法が少し違う(属性を付加する必要がある等)だけで、ここで書いた情報が応用できるかもしれません。 DI コンテナの RegisterInstance メソッドでインスタンスを登録 前章で既に紹介していますが、Prism 内の DI コンテナへ型やインスタンスを登録するには PrismApplication. RegisterTypes メソッドや、IModule. RegisterTypes メソッドのパラメータに渡される IContainerRegistry を利用します。 using System. Windows; using Prism. Ioc; using Prism. Modularity; using WpfTestApp. RegisterInstance DataLoader. Load this. Prism 7. 1 の IModule には OnInitialized メソッドのパラメータに IContainerProvider が渡されるようになったので、そのパラメータを通じて DI コンテナへアクセスできますし、 IContainerProvider. Resolve メソッドで登録された型やインスタンスを引き出すことが可能です。 ですが、IModule 内で登録したインスタンスを引き出したとしても、実際に引き出した型を使いたいのは UserControl の VM である場合が多く、IModule から VM へ引き渡す方法を別途考える必要があるのかと悩みましたが、 VM で DI コンテナに登録したインスタンスを引き出すには、【VM のコンストラクタに引き出したい型のパラメータを追加する】だけです。 Prism 6. 3 の VM で Unity コンテナを受け取る 例えば NavigationTree(Prism Module 内の UserControl)の VM で IUnityContainer のインスタンスが欲しい場合は、src. 8 のようにコンストラクタへ IUnityContainer 型のパラメータを追加します。 Prism 7. 1 では本項目の内容は実行できませんが、飛ばさず読んでもらえるとありがたいです。 using Prism. Mvvm; using Microsoft. Practices. Unity; namespace WpfTestApp. container. IUnityContainer 型のオブジェクトは Prism 6. 3 内部で自動的に登録されているため、開発者が DI コンテナへ登録しなくてもコンストラクタにパラメータを追加するだけで注入されます。 これをコンストラクタインジェクションと言います。 DI コンテナの使い方を知っている人たちからすれば、「それが何か?」かもしれませんが、管理人のように使い方を知らなかった人間からすれば、『そんな書き方が出来ること自体が驚き』でしたw DI コンテナってすごいですねw どんな原理で動作しているか未だによく分かっていませんw 独り言 管理人の探し方が悪いのでしょうが、DI コンテナをどのように使うかというようなドンピシャの情報は見つかりませんでした。 (Prism、Unity のような複合キーワードで検索してたからかもしれませんが…)ここを見ると分かりやすく書かれてるよ!って所があれば教えて欲しいです。 どんな原理で動いているか分からなくても使い方がわかれば先に進めます。 つまり、上記のように コンストラクタにパラメータを追加するだけで DI コンテナのインスタンスが取得できるので、後は DI コンテナから Resolve メソッドで登録している型やインスタンスを取り出すことができます。 ですが、 VM 内部で Resolve すると言うことは、WpfTestAppData に依存していることになり DI パターンとは言えません。 DI コンテナの Unity へ登録済みのインスタンスを VM のコンストラクタへインジェクション DI コンテナでインジェクションできるのは Prism 内部で自動的に登録されたオブジェクトだけでなく、コンテナへ登録した型やインスタンスであれば何でもインジェクションできます。 IRegionManager や IEventAggregator (何をするためのクラスなのかは別の機会に紹介します)等も同様に Prism(6. 3、7. 1共に)が内部で自動的に登録してくれているため、コンストラクタへパラメータを追加するだけで勝手にインジェクションされます。 上記のコンストラクタを public Constructor IRegionManager rm, IEventAggregator ea に変更するだけで、2 つのパラメータにインスタンスがインジェクションされるので試してみてください。 登録済みのオブジェクトは何でもインジェクションしてくれると言うことは、src. 8 を src. RegisterTypes 等で開発者が登録したデータオブジェクトもインジェクションされます。 文章だけだと伝わりにくいかもしれないので、実際に書いて動かすのが 1 番手っ取り早いです。 ユニットテスト等を考えると、WpfTestAppData 用に IWpfTestAppData インタフェースを別途定義して、DI コンテナへは型を登録する方が良いのかもしれませんが、 面倒なので 今後の説明の都合上インスタンスを登録する方を選択しました。 これで、 どの VM でもコンストラクタへパラメータを追加するだけで WpfTestAppData のインスタンスが受け取れるので、疎結合で組み立てた Prism アプリケーション内のどこでもデータの受け渡しが可能になります。 Prism 7. 1 以降でもインジェクションの動作自体は上記で紹介した方法から変わっていません。 【UnityContainer】のようなライブラリ自体の名称が見えなくなっただけで、 Prism 6 系で使用していた時と変わらず DI コンテナへの登録やコンストラクタインジェクションも使用できます。 今まで紹介した内容をまとめると、 Prism 7. RegisterTypes メソッドか、IModule. RegisterTypes(登録はどこか 1 か所で行えば良い)でインスタンスを登録して、VM 等のコンストラクタへ必要な型のパラメータを追加すれば自動的にインジェクションされる。 これを Unity のコンストラクタインジェクションと言うことになります。 DI コンテナは【型やインスタンスを自由に出し入れできるグローバルなオブジェクト保管庫】だと紹介したのは上記のようなことができるからです。 これで DI コンテナ(Unity)の使用方法を理解してもらえたかどうかは分かりませんが、何を書いているのか分からないような所があればコメントでも頂ければ回答します。 (管理人が理解している範囲内ですが…) アプリ起動時に取得したデータを Module 内の VM へ渡すことができたので、後は受け取ったデータを元に TreeViewItem を作成するだけですが、これ以上は長くなり過ぎるので今回はここまでとします。 次回こそは、TreeView へ TreeViewItem を表示する方法を紹介します! 又、ここまで作成したソリューションをに上げておきます。 この記事の公開直前に気が付いたんですが、Livet 2. 0 がリリースされていました! しかも ReactiveProperty のメンテナーであるかずきさんが、Livet のメンテナーも引き受けられたようなので、かなり心動かされて Livet への鞍替えを真剣に考えてしまいました。 やはり国産で MVVM への対応がきめ細かいと言う評判をよく見かけるフレームワークなので(現時点で詳細は未調査)悩みましたが、ここまで Prism を調べてきたのに今更 Livet へ鞍替えするのはさすがに躊躇しました。 Livet の対応について、あまり詳しい内容は調べていませんが、Xamarin へは未対応(? 未調査です)のような気がするので、やはり当面は Prism 推しで行こうかとは考えています。 Livet が Xamarin に対応!とか Livet と ReactiveProperty が連携して… 的な発表があった場合には乗り換えを再検討してしまうかもしれませんが、かずきさんのブログに新機能への対応はしないような記載があるので、そんな状況は起こらなさそうですが… チャックさん、読んで頂いてありがとうございます。 2 以降ではできなくなりました。 方法が全く無い訳では無いと思いますが、現時点で管理人は試したことがありませんし、Prism のフレームワークとしてのシナリオから逸脱する設計になると思うので基本的にはお勧めできません。 MVVM パターンを初めて間もない時期と言うなら尚更お勧めしません。 > DatePickerコントロールで数値が変わったらAppかModuleでおこなったRegisterInstance メソッドでの登録を上書きをしたい 上の文章から何となく想像すると、MVVM パターンで設計する場合の VM と Modelの分離ができておらず Model で完結すべき処理が VM に染み出しているような感じがしています。 DatePicker コントロールにバインドしたプロパティの値変更タイミングで VM が保持しているエンティティ系モデルの内容を書き換えたいと言うのであれば DI コンテナを介在せず Model のメソッドを呼び出すのが MVVM パターンのお作法だと思います。 アプリの動きや構成をもう少し詳しく書いてもらえるともうちょっと具体的な回答ができるかもしれませんが….

次の

コンストラクタインジェクションが推奨されている理由を自分なりにまとめてみる

コンストラクタ インジェクション

SpringでField InjectionよりConstructor Injectionが推奨される理由を調べてみたメモです。 警告内容を見てみると、フィールドインジェクションは推奨されません、とのこと。 「Field injection is not recommended. 」 警告の詳細を見てみると下記のように書いてあります。 「Field injection is not recommended. Spring Team recommends: "Always use constructor based injection in your beans. Always use assertions for mandatory dependencies. "」 つまり、Spring Teamは、beanのインジェクションには常にコンストラクタインジェクションを使うように、と推奨しています。 自分は今までずっとフィールド・インジェクションを使用してきました。 理由は、• 記述が簡潔なこと• 依存関係の追加、削除も簡単なこと• 特に問題が発生したことが無いこと• コンストラクタ・インジェクションを推奨する理由が分からないこと などです。 ということでフィールド・インジェクションではなくコンストラクタ・インジェクションが推奨される理由を調べて見ました。 うまく日本語記事が発見できなかったのですが、英語の記事はたくさんあったので、 自分なりにまとめてみたら、だいたい理解することができました。 コンストラクタ・インジェクション Spring 4. 3からは単一のコンストラクタの場合、 Autowired不要になります ConstructorInjection. コード量も圧倒的に少ないです。 新しい依存関係を追加する場合も、フィールドにクラス名を追加して Autowiredをつけるだけなのでとても簡単です。 例えば下記の様に多くの依存関係を持ったクラスの場合、 コンストラクタ・インジェクションだと記述が大変になると思ってました。 でもその考えがそもそも間違っていることが分かりました。 HasManyDependencies. そうすることで、DIコンテナを使用せずに化してが可能となり、 また、別のDIに切り替えることも可能になります。 しかし、フィールド・インジェクションを使用している場合、 そのクラスで必要な依存関係を化する方法がありません リフレクションを除き。 そのクラスを化し、依存関係のクラスを使用すると、初期化されていないためが発生してしまいます。 つまり、DIコンテナ以外では再利用できないことになります。 コンストラクタ・インジェクションを使用することで、化する際に必要な依存関係を 強制することが出来ます。 [Tips] を使用してコンストラクタ・インジェクションを簡単に書く を使用してコンストラクタ・インジェクションを簡単に書くことができます。 しかし、依存関係の明確さは薄れてしまう気がします。 Spring4. 3以降 Spring4. 3以降ではコンストラクタ・インジェクションで Autowiredを省略できます。 RequiredArgsConstructorは初期化されていないfinalなフィールドをパラメータに取るコンストラクタを生成します。 NonNullが付与されたフィールドはnullチェックが実行され、パラメータがnullの場合はが投げられます。 2以前 Spring4. 【参考】 こちらの記事を参照しました。 多くの議論が書かれているので是非読んでみて下さい。 makingさんに指摘してもらったので修正しました。 僕も今はコンストラクタインジェクション派で、今まで書いた全部の本サンプルコードを書き直したいと思っている。 ブログのコードはfinalつけたほうがいいと思う。 — Toshiaki Maki making 終わり。 サンプルコードは下記に置きました。

次の