キンカン ジャム レシピ。 きんかんジャムを作る|レシピ&グルメノート

ジャムのレシピ

キンカン ジャム レシピ

スポンサーリンク きんかんジャム 子どもの頃は、庭の金柑をもいでは、そのまま食べて満足してました。 皮が美味しいんですよね。 でも、ジャムにするともっと美味しかったんです。 作り方はオレンジマーマレードとほぼ同じ。 煮こぼしてあく抜きし、種を取り除いて刻んだら、グラニュー糖を入れて煮るだけです。 この種取りがちょっと面倒なんですけどね。 まずは、金柑を洗ってあく抜きのため5分くらい茹でます。 ゆでている内に、ぷしゅっぷしゅっと皮がはじけますよ。 ザルにあげて少しさましてから、種とへたを丁寧に取り除きます。 わりとつるんと種の部分は出ますが、数が多いからそれなりに手間。 小さな種は指について取りにくいんですよね。 そんなときは、水をはったボウルをそばに置き指を洗いながら作業します。 皮と実をざくざくと切ったら、砂糖の量を決めるために計ります。 厚手の鍋に、皮と実、グラニュー糖、レモン汁、ひたひたになるくらいの水を入れて煮ます。 途中で味をみて、酸味が足らないようなら米酢やレモン汁を足します。 ラム酒やブランデーなんかもちょいと足しますね。 隠し味としてお醤油をちょっと入れたりもします。 このあたりは、味見をしながら適当です。 そうそう、煮込んでいると、こんな小さな種が出てきたりするんですよ。 口にいれたときの舌触りに影響するので、それも取り除きます。 でもって、だいたい弱火で30分程度煮詰めると出来上がりです。 ジャムの瓶を煮沸&自然乾燥させ、瓶もジャムも熱々のうちに瓶詰めです。 大小4個の瓶に収まりました。 サンドイッチ用のパンにぬって、いっただっきま~す! 甘すぎないので、たっぷりのせても大丈夫。 パイやタルトのフィリングにもなるし、ソーダで割って金柑サワーもよいし、うふふ、しばらく幸せな金柑ジャム生活が続きます。 きんかんジャム レシピ 【材料】ジャム瓶4個分• きんかん……800g(皮と実で600g)• グラニュー糖……300g• 水……250〜300ml• レモン汁(または酢)……大さじ3• ラム酒(またはブランデー)……大さじ1 【作り方】• きんかんを5分ゆでて、種をとって皮と実にする。 さらに水、レモン汁を入れて煮る。 途中ラム酒を加え、30分くらいかけて煮詰め、全体的にとろりとしたら出来上がり。 途中味見をして、酸味が少なければお酢を足す。 隠し味にお醤油やスパイス(バジルやミント、シナモンなど)を加えてもいい。

次の

人気の金柑ジャムの作り方!簡単な種の取り方と苦くならないコツ

キンカン ジャム レシピ

もくじ• 金柑酒を作るための下準備 用意する材料 【材料】 金柑 1キログラム 氷砂糖 300グラム ホワイトリカー(35度) 1. 8リットル レモン(お好みで) 1個 分量の目安は、• 金柑1に対して• ホワイトリカー1. ビンの選び方と使うときの注意点 果実酒用の瓶 4または5リットル用 果実酒用のビンを使う時の注意点です。 分量が多いので大きめの5Lのビンを使います。 小さいびんよりも、4L以上のビンのほうがあとで混ぜやすいです。 大きくて大変ですが、ビンは使う前に大鍋で煮沸消毒します。 煮沸消毒は水から入れて煮沸します。 熱湯に急に入れるとビンが割れる場合があります。 ビンは水分が残らないよう拭くか、乾かしてから使います。 煮沸出来ない時は、少量のホワイトリカーで拭くと良いです。 金柑酒の作り方 では作り方です。 金柑のへたを取り除く へたの部分は取り除き、きれいに洗います。 水洗いして一晩水に漬ける 水洗いしたあと、一晩水に漬けます。 水に漬けることで苦味を取ります。 水分が残らないように拭く ざるにあげ、水分が残らないようにキッチンペーパーで拭く、または自然乾燥させます。 お天気のいい日なら、外に出しておくと1時間ほどで乾きます。 水分が残っていると、ホワイトリカーが薄くなります。 フォークで金柑に穴を空ける フォークで数カ所、穴をあけます。 穴をあけることで、金柑の風味がほどよく出ます。 レモンの皮を剥ぎ厚めの輪切りにする レモンは皮をはぎ、厚めのスライスにします。 外皮の部分には苦味があるので、取り除いておきます。 金柑、レモン、氷砂糖をビンに入れる 煮沸消毒したビンに、金柑、レモン、氷砂糖を入れます。 ホワイトリカーを注ぐ ホワイトリカーを注ぎます。 氷砂糖が溶けるまで、時々、ビンを大きく回して混ぜます。 工程は以上です。 2週間から1月ぐらい冷暗所で保存します。 時々、ビンを大きく回して混ぜます。 氷砂糖が溶けて、ほんのり色がついたら完成です! 注ぎやすい瓶(ビン)に小分けして、冷蔵庫で保管します。 金柑を取り出す 1ケ月したらレモンと金柑をすべて取り出します。 柑橘系は、あまり長くつけておくと苦味が出てくるからです。 取り出した金柑で、甘露煮やジャムができますよ。 お湯や• サイダー など、お好みの量で割ります。 うちの旦那さんは、晩酌にサイダーで割って飲むのが好きです。 「美味い!甘さもちょうどいい!」と言って毎晩、喜んで呑んでます。 甘党の人にはぴったりですね。 金柑好きで辛党の母は「美味しいわねー、でもちょっと甘いわ」と言ってました。 氷砂糖の量は、お好みで調整すると良いと思います。 金柑酒に関する雑学 ホワイトリカーを使う理由 金柑酒を作るとき、35度という高い度数の果実酒用のホワイトリカーを使います。 たとえば、うちの旦那さんがよく飲む、もっと度数の低い焼酎ではできないのでしょうか? ホワイトリカーを買いに行った時、お店の人が言ってました。 酒税法により、20度以下のお酒を使って果実酒を作ることはできないんですよ。 それと、果実の水分が出てくるとアルコールが薄くなるので、35度を使う方が多いですよ。 なるほど・・だからみんな果実酒を作る時は、専用のホワイトリカーを使うんですね。 ガッテンです。 氷砂糖を使う理由 果実酒を作る時、氷砂糖を使います。 これは、初めは濃度の高いアルコールが果実の中へ染み込んでいき、そして氷砂糖が溶けていくにしたがって、今度は果実のエキスがお酒に溶け出すという「浸透圧の作用」を利用するためです。 それによって金柑の味がを引き出され、熟成されていくのだそうです。 また、砂糖はカビや腐敗を防ぐという効果があります。 徐々に氷砂糖が溶け、ほんのりと色がついてきます。 出来上がるまで少し時間がかかりますが、その様子を見るのも楽しいです! 金柑酒の効能 ビタミンやカルシウムなどを多くふくむ金柑酒は、体調不良の際の栄養補給や、精神安定剤としても効果があると言われます。 うちの旦那さんは、喉が痛い時や風邪の予防、動脈硬化の予防に金柑酒を飲んでいます。

次の

【見るレシピ】金柑(キンカン)ジャムの作り方 沢山もらったキンカンはジャムにするのをオススメします!

キンカン ジャム レシピ

ジャムの甘さについて 一般的に甘さを表現する言葉に「糖度」と言う言葉が使われています。 糖度とは、100gの液体の中に、糖分が何g含まれているかを表したものです。 ・糖度40%未満 ・糖度40%以上55%未満:低糖度 ・糖度55%以上65%未満:中糖度 ・糖度65%以上:高糖度 糖度が高い程、保存できる期間も長くなるようです。 高糖度、中等度の未開封びん詰めジャムの賞味期限が2年以内、低糖度の未開封びん詰めジャムの賞味期限が1年半になっているようです。 日本ジャム工業組合さんより抜粋 自家製ジャムの糖度を量る場合、糖度計があれば簡単に調べることが出来ますが、なかなか糖度計を持っている人はいないと思います。 そこで糖時計が無くても、大体の糖度が分かる計算式がこちらになります。 1を計算します。 1=50 0. 1をかけた数字に砂糖(200g)の分量を足します。 出来上がったジャムの重さを総量で割ると糖度が出ます。 5=糖度50で低糖度のジャムになります 2. 6 で割ります。 6=416. 666... 果物の重さ500gと砂糖の重さ200gの合計700gが、416gになるまで煮詰めれば糖度60の中糖度ジャムが出来ます。 2を見ると分かると思いますが、同じ分量の砂糖を使っても、出来上がりの量によって糖度が変わってきます。 我が家でジャムを作る場合、ほとんどが果物の重さに対して40%の砂糖を加えていますが、糖度とは異なります。 例えば、20%の砂糖で糖度50にする場合、果物の重さ 500 +砂糖の量 100 =600gを、300gまで煮詰めます。 同じように40%の砂糖で糖度50にする場合、果物の重さ 500 +砂糖の量 200 =700gを、500gまで煮詰めます。 これで分かるように、砂糖の分量を多くすると煮詰める時間が少なくて済みますし、出来上がったジャムの固さが固くならずに済みます。 なので、我が家の砂糖が果物の重さに対して40%なのは、ジャムを煮詰めて好みの固さになるのがこの比率なんです。 ちなみに、アヲハタさんの商品「55イチゴジャム」の糖度は50だそうです。 余談ですが、同じジャムでも「プレザーブスタイル」と言うのがあります。 プレザーブスタイルとは、果実の原形を残した状態のジャムだそうです。

次の