子供 口内炎。 子供も飲めるビタミンサプリ~口内炎を予防しよう~

【歯科衛生士が教えます】子供の口内炎症状5選。原因・対処法まとめ

子供 口内炎

種類と原因 口の粘膜に起こる炎症のことをまとめて口内炎と呼びます。 様々な原因と種類がありますので以下にまとめます。 傷などで起こる カタル性口内炎、単純性口内炎 転んで地面に口をぶつけ、傷から地面の細菌に感染したとき、口の中が不衛生なとき、あるいは熱い食べ物で火傷したときなどにできます。 特徴として、傷ついた部分だけ白い口内炎ができます。 1週間程度で自然に治ります。 ストレスで起こる アフタ性口内炎 精神的ストレスや、ビタミン不足など栄養の偏りが原因で起こります。 口の中に1個もしくは数個の小さな潰瘍ができます。 その潰瘍の特徴は表面が白く、まわりが赤く、真ん中がくぼんでいます。 1週間程度で自然に治りますが、よく再発します。 ウイルスの感染で起こる ウイルス性口内炎 ウイルスの感染によって起こる口内炎は、免疫力の弱い子供がかかりやすい病気で、いくつか種類があります。 病名 原因 解説 ヘルペス性口内炎 単純ヘルペスウイルス1型への感染 生後6カ月~3歳の乳幼児に発症しやすい病気です。 急に39度前後の高熱が出て、激しい痛みを伴った口内炎が多数できたり、唇や舌、歯茎が赤く腫れ上がったりします コクサッキーウイルスA群への感染 乳幼児や子供を中心に6月下旬~8月中にかけて流行し、「夏かぜ」とも呼ばれます。 前触れもなく39度以上の高熱が出て、上顎から喉の周辺にかけて口内炎や水泡がたくさんできます コクサッキーウイルス、 エンテロウイルスなどへの感染 ヘルパンギーナと同じく夏に流行し、口の中だけでなく、手のひらや足の裏などに水泡ができます。 発熱するケースは少なく 3割程度 、あまり高熱にならないのが特徴です 4. カビの一種で起こる 通常身体にいる真菌 カビ の一種のカンジダ菌が原因で起こります。 免疫力が低下することでカンジダ菌が増殖し、口内炎が発症します。 口の中にできる白い斑点が特徴です。 生後2~3カ月の赤ちゃんに発症するケースが多い病気で、ミルクの飲みが悪くなることもあります。 その他 食べ物、薬物、金属が刺激となりアレルギー反応を起こす口内炎もあります。

次の

子供の口内炎はなぜできるの?原因と治療、自宅での対処法

子供 口内炎

口内炎で病院へ!何科を受診すべき? 口内炎の専門医というと 「口腔粘膜疾患外来」を受診することになるのですが、 よほどの大病院でもなければ見かけませんよね。 近場の内科じゃダメなの?• 口の中だし歯科なんじゃ… といろいろ考えてしまうかもしれませんが、実は口内炎の受診は特別「ここ」という明確な決定はありません。 たとえば専門科のひとつである 「耳鼻咽喉科」ですが、 これも病院によっては口内炎を見ていただけない場合もあります。 逆に、 「口腔外科」や 「口腔外科を併設する歯科」で受診できる場合もあります。 とくに「口腔外科を併設している歯科」はおすすめですが、 場合によっては口内炎の診察を受け付けていないこともあります。 そしてもう一つ、口内炎は口の中の粘膜の疾患にあたりますので 「皮膚科」も専門ではあります。 こうして見るとどこに行けば良いのか分からなくなってきてしまいますが、 比較的全般的に診察してくれて無難なのは「皮膚科」でしょう。 ただしどうしても「皮膚科でなければダメ」ということではないので、 やはり事前に電話などで、口内炎の診察をしているかどうか確認しておく方が良いでしょう。 また、 「内科」でも診療を受け付けている場合もあり、 口内炎かどうかすら不安ではあるが、自覚症状が口内炎だけである場合には 大きめの病院にかかって、受付等で相談して適切な科を案内してもらうのも一つの手ですね。 口内炎!病院での治療方法はどんなもの? 病院での治療方法は、その病院や医師によって実にさまざまです。 基本的にはまず 視診したあと、 洗浄や消毒して 薬を処方するというのが一般的ですが、 薬にもいくつか種類があり、 内服薬・塗り薬・貼り薬など使い方や状況によっていろいろあります。 スポンサードリンク 食事が摂れないなど症状がひどいようであれば、 「レーザー治療」「高周波治療」など、 一気に症状を緩和してから、薬を処方する治療法がとられる場合もあります。 また、ヘルペス菌など疾患の原因が明らかである場合は、それに対する 抗菌剤を処方されることもあります。 極めて軽度の場合は、軟膏などの塗り薬が処方され、あとは自宅療養で様子見・食生活などの指導という場合もあります。 しかしどの治療法も効果がなく、頻繁に再発するようであれば、ただの口内炎ではない可能性もあるので要注意です。 2週間以上症状が続き、何度も再発するようであれば疑ってみて、受診もしくは再受診されることをおすすめします。 口内炎!子供の場合は何科を受診する?小児科? 大人よりも子供の口内炎のほうが厄介で、 一概に「この科で良い」というのは大人以上に断言しにくい部分があります。 ハッキリ原因が分かっている場合は別ですが、 子供の不調というのは、本人が適切に説明できないことが多く、 「どういう症状がいつからあって、今どんな状態か」というのが曖昧になりがちです。 ですので、 子供の場合はひとまず「小児科」を受診することをおすすめします。 原因が分からない以上、専門性を追求してもあまり意味がありませんし、 もしかしたら何かの病気の併発症状として口内炎になっているのかもしれません。 例えばヘルパンギーナや手足口病なんかも口内炎が出ることがありますし、 その場合は小児科で判断が可能です。 さらに長引くようでしたら「耳鼻咽喉科」を受診するのも良いでしょう。 もし喉や鼻の粘膜にも疾患が見られるような場合、がんなどの可能性も考慮してしっかりと診察してもらう必要があります。 さいごに 口内炎というのは軽度な印象を持っている方が多く、はっきりと何科を受診すべきか分からない症状の一つですね。 風邪で免疫が落ちて発症することもあれば、 がんなどの大きな疾患の予兆であったという例もあります。 ビタミンを補給していれば治ることもあれば、頻繁に再発することもある、なんとも曖昧な疾患なのです。 しかし病院に行くかどうか悩むほどの口内炎なのであれば、あなた自身にとって異常であるといえます。 「軽度かもしれない」とためらわずに、1度受診しておくと安心ですよ。 おすすめは「皮膚科」ですが、あなたが受診しやすいところ【かかりつけ医など】に一度相談してから 改善しなければ、適切な病院や科を紹介してもらうのが一番良いかもしれませんね。 19,982件のビュー• 13,301件のビュー• 12,350件のビュー• 8,766件のビュー• 8,681件のビュー• 8,203件のビュー• 6,571件のビュー• 5,071件のビュー• 4,627件のビュー• 4,367件のビュー カテゴリー• 最近の投稿•

次の

子供が口内炎になる3つの原因!ツライ症状を楽にする方法とは?

子供 口内炎

私も口内炎が出来易い体質です。 ストレスがたまるとすぐに口内炎ができます。 市販の軟膏やビタミンを取ってなんとかしのいでいます。 あまりひどいと病院で焼いてもらいます (内科でやってくれます) 口内炎のできる位置で原因も違うと聞いたことがあります。 何か精神的なストレスがあるのかもしれません。 20代になった今は昔ほどは出来なくなりましたが、それでもよく出来ます。 対策としては 疲れを感じたらすぐ休むとか ビタミンを毎日摂取するとか 出来始めたらすぐ軟膏を塗るとか そんなことしか言えませんが あまり悲観的にならずに 詳しい病院などで解決法を見つけて行ってくださいね。 ユーザーID:• 私もそうでした。。。 私ももの心ついてからずうぅーーーっと口内炎に 悩まされてきました。 常に口の中に複数出来ている 状態でした。 痛い時はビタミンB2など飲みましたがすぐに効く筈もなく、ひたすら治るのを待ちました。 口内に塗る、塗り薬「ケナログ」なども試したけれどいまいち・・・そんな中、遂に対応策が見つかったのです!それは何とも簡単な事、「毎日マルチビタミンを飲む」事でした。 効果はてきめん、40年間口内炎が出来続けていたのに、全然出来ない、出来ても朝と夜ビタミンを飲むと酷くならずに治ります。 あくまでも、ビタミンB2とかの単体でなく、総合ビタミンですのでお間違えなく!これで予防できるといいですね。 ユーザーID:• 私もそうでした。 私も小学校から高校卒業の頃まで口内炎に苦しみました。 ひどい時は2-3週間巨大な口内炎の痛みが続いたりしました。 あまりにひどい時は病院でビタミン剤や塗り薬をもらっていましたが、あまり効いた記憶はありません。 私は喘息もちの虚弱児だったのですが、大学に入る頃までに徐々に体質が改善され、喘息が消えるとともに口内炎も稀にしか出なくなりました。 多分、漢方薬を含む薬での治療、栄養管理、スポーツをするなど、親が私のためにしてくれたことを通して体質が改善されたのだと思います。 今は口内炎が出来ても一週間ぐらいで治りますし、それも年に2-3回です。 体力がないことや虚弱体質から来るものだったら、根気よく自分に合う方法を見つけて体質改善するのが一番だとおもいます。 ユーザーID:• 幼い頃から好き嫌いもなく、肉、魚、野菜もしっかり食べていましたけど、しょっちゅう、口内炎ができていました。 つい最近 私は30代です 、内科に別の事情で言った時に、ついでに食物アレルギーの検査をして驚きました。 小麦、米、そば、ピーナッツ・・軽くアレルギーがあり、甲殻類については「食べないように」と先生から言われました。 大豆と魚はOKでした。 米、小麦などは今まで知らずに摂取してきましたし、これからも食べないわけにはいきません。 幸い、軽いアレルギーなのでまあ、大丈夫だと思います。 これからはわかりませんが ですが、エビ・カニはアレルギーも強く、摂取しないようにと言われています。 もしかしたら、幼い頃から頻繁に頭痛が起きたことや、頻繁に口内炎ができたこと、疲れやすくダルイのはアレルギーが原因だったのでは?・・・と今更、素人ながらに考えているのですが・・どうでしょう? ちなみに私は幼い頃から強い花粉症で、ヒノキ、ハウスダストなど、一般に知られているものはほとんどアレルギーにひっかかります。 ユーザーID:• 魚を食べないと 私の父が口内炎になりやすい体質です。 食事中に「ガシッ」と口の中を噛んでしまい、その後口内炎になり、直径5ミリのクレーターに発展します。 痛そうです。 父の食事風景を見ていると、高速でアゴが動いています。 そして数回(10回未満)で飲み込んでいます。 要は食べるのが早いのです。 思うにきちんと噛み砕けていないのが原因で消化不良にでもなっていて、それで口内炎ができるんじゃないかと。 素人考えですが。 病気の進行がずいぶん違います。 あと、海藻も良いらしいです。 父が口内炎の時は、母がよくワカメのたっぷり入った味噌汁を作っていました。 ちなみに、吹奏楽でできるのは口内炎じゃなくて唇の端が切れる口角炎じゃないでしょうか。 これもビタミンB2で楽になりますね。 ユーザーID:• 体質は遺伝かも こんにちは。 私も同じです。 親やきょうだいもそうなので、体質の遺伝だと思っています。 私の場合、皮膚や粘膜の保護にはたらくという「ビタミンB群」の多く含まれる食品に、苦手なものが多いので、余計になりやすいような気がします。 たとえばレバー、納豆、バナナなど。 そこで、一番効果を感じられたのはサプリメントです。 残念ながら評判のいい『チョコラBB』は私には効きませんでした。 ドラッグストアに行けば何種類かあると思うので、ご自分で価格や用法をチェックして、よいと思われるものをお試しになってはいかがでしょうか。 ユーザーID:• 歯並び等は良いですか? 子どものころから、しょっちゅう口内炎ができて痛い思いをしています。 大人になった今も変わりません。 疲れたときやストレスがたまったとき、口の中を噛んでしまったときはもちろん、何もなくてもできます。 一度に2つも3つもできることも稀ではありません。 食事の栄養バランスは気を付けていますし、ビタミン剤も飲んでいます。 歯磨きは1日3回以上しています。 それでもやっぱりできるのです。 体質だから仕方ないかな…と半ばあきらめ気味。 ふだんと違う痛みがあったり、あまりに続くようなら病院に行こうと思いますが、今のところはそのままです。 そういえば、納豆も良いらしいですね。 ちなみに、管楽器と口内炎はそれほど関係ないと思います。 楽器にもよっても多少違うかもしれませんが。 あとは、吹き方でしょうか。 口に押し付けすぎていたり、くわえる楽器の場合に必要以上に強くくわえていたりすると、口の中を傷つけてしまう可能性はあると思います。 個人的には楽器によって口内炎ができると感じたことはありませんが、口内炎ができてしまうと楽器が吹くときに痛くてツライです。 ユーザーID:• 便乗 私も小学生の頃から、口内炎に長いこと悩まされました。 口が腫れてしまって、ごはんが食べられず、私の母親も心配してくれていました。 私の経験では、年を取るにつれてなくなっていきましたが、原因は疲労、睡眠不足だったのでは?と思っています。 小学生・中学生の頃が一番ひどかったのですが、当時毎日練習のある部活に入り、習い事などもしていました。 やりたい事も沢山あって、小・中学生のわりに睡眠不足だったかな?と今思います。 あとは、周りに気を使いすぎる性格で、余計体力が消耗していたような…(笑) 現在は大人になり、自分の体調が大体分かってきて、睡眠不足や生理痛(体にストレスがかる)になると口内炎ができます。 できる前に、私もビタミンB錠を飲んでおきます。 子どもの頃から、口内炎をなくすためにいろんな物を食べてみましたが、薬よりも、日頃の疲労(心身共に)や睡眠不足を防ぐ方が効くような気がしています。 体質もあると思うのですが、今の中学生は忙しいとよく聞きます。 息子さん、お疲れ気味ではないですか? 皆さんの回答で、少しでもよくなることを願っています!! ユーザーID:• おすすめ口内炎対策 私も物心付いてから昨年までの20年以上、口内炎に悩まされました。 私の場合、ないことがないくらい頻繁に口内炎が出来、かつ巨大で数も多かったので、地獄のようでした。 皆さんがおすすめしているビタミンBやC、ビール酵母など、悪くはないのですが、即効性はなく、またすぐ口内炎を再発する、という繰り返しでした。 ですが、昨年めぐり合った「ミネラル73」は私に合っていたようで、これを飲み始めてから、口内炎はほとんどできなくなりました かなり自分では感動しました!)。 この商品はマクロビオティックを扱う自然食品のお店で買うことが出来ます。 また、1ボトル3675円で数ヶ月持つので、お財布にも優しいです。 ここで商品の宣伝をするつもりはないのですが、悩んでいらっしゃる方に是非、お役に立てればと思い書き込みました。 いろいろ試してみてください。 トピ主さんにあったサプリが見つかりますように。 ユーザーID:.

次の