フェザー 級 体重。 那須川天心の身長・体重は何階級?メイウェザー・亀田興毅との差では有利不利?

ザ・おやじファイト

フェザー 級 体重

ボクシングの階級 男子プロボクシングの階級は、体重別に17階級に分けられています。 一番軽いのはミニマム級 47. 62キロ以下一番重いのはヘビー級で90. 72キロ以上になります。 階級名 体重表記(kg) 体重表記(ポンド) ヘビー 90. 719kg〜 200以上〜 クルーザー 79. 379〜90. 719kg 175〜200 ライトヘビー 76. 204〜79. 379kg 168〜175 スーパーミドル 72. 575〜76. 204kg 160〜168 ミドル 69. 853〜72. 575kg 154〜160 スーパーウェルター 66. 678〜69. 853kg 147〜154 ウェルター 63. 503〜66. 678kg 140〜147 スーパーライト 61. 235〜63. 503kg 135〜140 ライト 58. 967〜61. 235kg 130〜135 スーパーフェザー 57. 153〜58. 967kg 126〜130 フェザー 55. 338〜57. 153kg 122〜126 スーパーバンタム 53. 524〜55. 338kg 118〜122 バンタム 52. 163〜53. 524kg 115〜118 スーパーフライ 50. 802〜52. 163kg 112〜115 フライ 48. 988〜50. 802kg 108〜112 ライトフライ 47. 627〜48. 988kg 105〜108 ミニマム 47. 627kg以下 105以下 ちなみに、ポンドというのはアメリカの表記基準です。 ボクシングの本場がアメリカなので、外国ではポンドで表されますね。 1ポンド=約0. 454kg=約0. 4536kg=57. 153kg となります。 階級は日本と世界で競技人口の集中する層が異なります。 世界のボクシング競技者人口で見ると、日本人の世界チャンピオンは軽量級に集中しますね。 これは骨格と筋肉量の違いによっておこり、アジア人が最も力を発揮できるのが軽量級になるからです。 フェザー級やSフェザー級あたりになると結構厳しくなる印象。 ちなみに、僕の階級は当初、ライト級でしたが途中から1階級下のスーパー・フェザー級に変更しました。 この一階級の差についてはどんな影響が出るのか?については下の段落で説明します。 日本人世界王者の階級表 過去、現役含めて一般にも有名な日本人世界チャンピオン達を階級別で分けました。 ほんとはもっと多いチャンピオンがいるんですがそこは独断と偏見で割愛を(悲) リストにするとスーパーバンタム級以下の軽量級に偏っているかが良くわかります。 逆にミドル級でチャンピオンになった村田選手と竹原選手がいかに凄いのかもわかりますよね。 竹原さんは若い人には「ガチンコの人」ってイメージかもしれませんが、ボクシング界では初のミドル級のチャンピオンになった凄い人なんです! この中には複数階級を制覇したチャンピオンもいます。 ボクシングで体重を測るには? 実際にボクサーはどうやって体重を測っていると思いますか? もちろん体重計に乗りますが、一般のデジタル体重計ではなく、こんなアナログ体重計を使っています。 よく、この上にしゃがんで測っているボクサーの姿勢を見たことあるんじゃないでしょうか。 どこのボクシングジムにも必ずこの体重計があり、これで測ります。 また、試合前の公式計量もこのアナログ体重計です。 この体重計を使う理由は、デジタル体重計だと測る地域や内部表示で数グラムの誤差が出ることが多々あります。 それに比べてアナログ体重計は、実際に重りが内臓されており自分の体重と相対的に測れるんで誤差が出ないんです。 わかりやすく言うと、天秤式ってことですね。 ボクシングの階級はかなり細かいグラム数まで区切られます。 そのため、体重計は誤差が無い天秤式がマストなんですね。 昔と今の階級名の違い 日本のプロボクシングは、日本ボクシングコミッション(JBC)という団体が運営しており、1988年までは階級に「ジュニア〜級」や「ライト〜級」などの呼称がありました。 後に、WBAとWBCという世界的団体でルール統合が行われ、JBCもそのルールに合わせて、現在の「スーパー〜級」という呼称に統一されたんです。 戦後の昔のチャンピンオンによく、ストロー級やジュニアバンタム級などの呼称になっているのはこういう理由からです。 一階級の差 階級のところでも触れましたが、僕は現役時代にライト級からスーパーフェザー級に一階級下げてを味わっています。 ライト級 58. 967kg~61. 235kg スーパーフェザー級 57. 153kg~58. 967kg となり、通常時の体重が約65kgなので、 ライト級だと約4kg スーパーフェザー級だと約6kg 減量することになります。 な~んだ。 たった2kgか!と思うじゃないですか! 実際に僕も減量始まったら最初は結構落ちてたんで、「あっ!いけるいける!」と思ってたんですが、ところがどっこい。 ダイエット経験がある人ならわかると思いますが、何も運動していない状態から2kg落とすのと、ハードな練習を続けご飯を減らしながら2kgを落とすというのは、 まるで体に対する負荷が違います。 よくTVでボクシングエリートが、家族の助けで栄養管理を考えた食事メニューを作ってくれるの見ますが、ああいうのって本当に大事なんです。 話がそれましたが、減量に入った時のあと2kgって本当に大変。 減量すれば当然、体のキレは出ますが、反面、筋肉・スタミナも落ちますし諸刃の刃であることは間違いないです。 減量の最後は、あと何百グラム落とせるかというギリギリの世界なので、 ボクシングの階級が細かいところまで区切られているのはこういった理由があるんです。 なので、ボクサーは試合前に減量という戦いに勝たなくてはいけないんですね。 ちなみに、最近体重超過で王座剥奪の話題が多いですが、僕らペーペーボクサーでも、体重超過なんぞした日には周りから 村八分並みの扱いを受けていました。 いくら強くても体重管理も出来ないヤツ=根性ないヤツというレッテルが貼られ、ジムも管理不足という汚名を受けます。 階級制である以上、ボクシングって結構大変です。

次の

力石徹と矢吹丈の減量は何キロでどれくらいの期間だったのか

フェザー 級 体重

- 2019年 1月月1日午前12時32分PST この時はメイウェザーさんのパンチを受けた那須川天心さんが、3度に渡りダウンしてしまいTKOで試合ストップとなりました。 ボクシング界のレジェンドと言われるメイウェザーさんには、敵わなかったんです。 ただし、那須川天心さんが全くいいところがなかったと言うわけではありません。 そもそも、メイウェザーさんと那須川天心さんは体重や身長の差が大きかったからです。 どれくらいの体格差があったのでしょうか。 メイウェザーの身長・体重差 試合前の計測では、メイウェザーさんの身長と体重は身長173cm・体重66. 7kgでした。 体重66. 7kgは契約体重ギリギリでしたがクリアしています。 既にこの時点で那須川天心さんにはハンディがありました。 身長、体重ともにメイウェザーさんの方が上回っていたからです。 身長・体重差は メイウェザーさんの身長と体重は身長173cm・体重66. 7kgです。 対する那須川天心さんの計測結果は、身長165cmで体重は62. 1kgでした。 計算すると 身長では8cm、体重では4. 6kgの差があります。 これは一階級異なるほどの差です。 これで、那須川天心さんに勝てと言うのは酷と言えます。 亀田興毅戦での身長・体重差はどれくらいあった? 那須川天心さんと亀田興毅さんは、AbemaTVの名物企画「勝ったら1000万円」シリーズで対戦しました。 - 2019年 6月月22日午前9時46分PDT ルールはボクシングルールで3分3ラウンド戦いました。 亀田興毅さんが那須川天心さんをKOで倒せば1000万円獲得できたのですが、那須川天心さんは1000万円を守り抜きました。 亀田興毅さんとはどれくらいの身長・体重差があったのでしょうか。 亀田興毅の身長・体重 公表されている亀田興毅さんの身長と体重は、身長が165. 9cmで体重は現役時代は約53. 5kgのバンタム級でした。 今回の企画では「減量はしない」と語っていることから、50kg代の後半と見られています。 身長・体重差は 那須川天心さんの身長と体重は、身長165cmで体重は58~62. 1kgです。 亀田興毅さんは身長が165. 9cmで体重は50kg代の後半ですから、 2人の体格差はほぼ無視しても良い数値であると言えます。 ですから互角の勝負となっても良かったのですが、亀田興毅さんは既に現役を引退しています。 那須川天心さんが終始試合をリードしていたのは致し方のないことでしょう。 メイウェザーとの勝負は不利だった? 先程も述べた通り那須川天心さんとメイウェザーさんの身長と体重の差は、身長では8cm体重では4. 6kgもありました。 この差は一階級異なるほどの差です。 身長はともかく体重でこれだけ違いがあるとまず勝負になりません。 相手が素人ならともかく、ボクシング界のレジェンドと称されているメイウェザーさんですから、この勝負は最初から勝敗が付いていたようなものです。 亀田興毅との勝負は有利だった? 那須川天心さんと亀田興毅さんの体格差はほとんどありません。 そして那須川天心さんは現役で20歳です。 一方、亀田興毅さんは引退していて年齢も32歳です。 ですから 不利なのは亀田興毅さんの方と言えます。 実際、試合は3ラウンドとも那須川天心さんがリードしていました。 この試合で亀田興毅さんが那須川天心さんをKOで破るというのは無理難題な話なんです。 まとめ• 那須川天心さんはキックボクサーで格闘家。 神童、キックボクシング史上最高の天才と称されている。 那須川天心さんの階級はRISEではフェザー級とバンタム級、ムエタイではフェザー級とスーパーバンタム級、総合格闘技ではフライ級となっている。 那須川天心さんとメイウェザーさんの身長・体重差は身長では8cm体重では4. 6kgもあった。 那須川天心さんと亀田興毅さんの体格差はほとんど無かった。 那須川天心さんとメイウェザーさんの体格差は一階級異なるほどの差。 那須川天心さんが圧倒的に不利だった。 那須川天心さんと亀田興毅さんは体格差は無いが、現役で20歳と若い那須川天心さんの方が有利だった。 以上、那須川天心さんとメイウェザーさん、亀田興毅さんの体格の差などについて見てきました。 那須川天心さんとメイウェザーさんは本来は戦うリングが異なります。 那須川天心さんに勝てというのは無茶な話でしょう。 一方、亀田興毅さんは既に引退していて年齢も32歳です。 那須川天心さんをKOで倒せというのは酷な話です。 エキシビジョンマッチや番組の企画に目くじらを立てるわけではありませんが、もう少しイーブンな試合を見せて欲しいと思います。

次の

ボクシングの階級と体重一覧!1階級落とすのってどのくらい大変?

フェザー 級 体重

ボクシングの階級 男子プロボクシングの階級は、体重別に17階級に分けられています。 一番軽いのはミニマム級 47. 62キロ以下一番重いのはヘビー級で90. 72キロ以上になります。 階級名 体重表記(kg) 体重表記(ポンド) ヘビー 90. 719kg〜 200以上〜 クルーザー 79. 379〜90. 719kg 175〜200 ライトヘビー 76. 204〜79. 379kg 168〜175 スーパーミドル 72. 575〜76. 204kg 160〜168 ミドル 69. 853〜72. 575kg 154〜160 スーパーウェルター 66. 678〜69. 853kg 147〜154 ウェルター 63. 503〜66. 678kg 140〜147 スーパーライト 61. 235〜63. 503kg 135〜140 ライト 58. 967〜61. 235kg 130〜135 スーパーフェザー 57. 153〜58. 967kg 126〜130 フェザー 55. 338〜57. 153kg 122〜126 スーパーバンタム 53. 524〜55. 338kg 118〜122 バンタム 52. 163〜53. 524kg 115〜118 スーパーフライ 50. 802〜52. 163kg 112〜115 フライ 48. 988〜50. 802kg 108〜112 ライトフライ 47. 627〜48. 988kg 105〜108 ミニマム 47. 627kg以下 105以下 ちなみに、ポンドというのはアメリカの表記基準です。 ボクシングの本場がアメリカなので、外国ではポンドで表されますね。 1ポンド=約0. 454kg=約0. 4536kg=57. 153kg となります。 階級は日本と世界で競技人口の集中する層が異なります。 世界のボクシング競技者人口で見ると、日本人の世界チャンピオンは軽量級に集中しますね。 これは骨格と筋肉量の違いによっておこり、アジア人が最も力を発揮できるのが軽量級になるからです。 フェザー級やSフェザー級あたりになると結構厳しくなる印象。 ちなみに、僕の階級は当初、ライト級でしたが途中から1階級下のスーパー・フェザー級に変更しました。 この一階級の差についてはどんな影響が出るのか?については下の段落で説明します。 日本人世界王者の階級表 過去、現役含めて一般にも有名な日本人世界チャンピオン達を階級別で分けました。 ほんとはもっと多いチャンピオンがいるんですがそこは独断と偏見で割愛を(悲) リストにするとスーパーバンタム級以下の軽量級に偏っているかが良くわかります。 逆にミドル級でチャンピオンになった村田選手と竹原選手がいかに凄いのかもわかりますよね。 竹原さんは若い人には「ガチンコの人」ってイメージかもしれませんが、ボクシング界では初のミドル級のチャンピオンになった凄い人なんです! この中には複数階級を制覇したチャンピオンもいます。 ボクシングで体重を測るには? 実際にボクサーはどうやって体重を測っていると思いますか? もちろん体重計に乗りますが、一般のデジタル体重計ではなく、こんなアナログ体重計を使っています。 よく、この上にしゃがんで測っているボクサーの姿勢を見たことあるんじゃないでしょうか。 どこのボクシングジムにも必ずこの体重計があり、これで測ります。 また、試合前の公式計量もこのアナログ体重計です。 この体重計を使う理由は、デジタル体重計だと測る地域や内部表示で数グラムの誤差が出ることが多々あります。 それに比べてアナログ体重計は、実際に重りが内臓されており自分の体重と相対的に測れるんで誤差が出ないんです。 わかりやすく言うと、天秤式ってことですね。 ボクシングの階級はかなり細かいグラム数まで区切られます。 そのため、体重計は誤差が無い天秤式がマストなんですね。 昔と今の階級名の違い 日本のプロボクシングは、日本ボクシングコミッション(JBC)という団体が運営しており、1988年までは階級に「ジュニア〜級」や「ライト〜級」などの呼称がありました。 後に、WBAとWBCという世界的団体でルール統合が行われ、JBCもそのルールに合わせて、現在の「スーパー〜級」という呼称に統一されたんです。 戦後の昔のチャンピンオンによく、ストロー級やジュニアバンタム級などの呼称になっているのはこういう理由からです。 一階級の差 階級のところでも触れましたが、僕は現役時代にライト級からスーパーフェザー級に一階級下げてを味わっています。 ライト級 58. 967kg~61. 235kg スーパーフェザー級 57. 153kg~58. 967kg となり、通常時の体重が約65kgなので、 ライト級だと約4kg スーパーフェザー級だと約6kg 減量することになります。 な~んだ。 たった2kgか!と思うじゃないですか! 実際に僕も減量始まったら最初は結構落ちてたんで、「あっ!いけるいける!」と思ってたんですが、ところがどっこい。 ダイエット経験がある人ならわかると思いますが、何も運動していない状態から2kg落とすのと、ハードな練習を続けご飯を減らしながら2kgを落とすというのは、 まるで体に対する負荷が違います。 よくTVでボクシングエリートが、家族の助けで栄養管理を考えた食事メニューを作ってくれるの見ますが、ああいうのって本当に大事なんです。 話がそれましたが、減量に入った時のあと2kgって本当に大変。 減量すれば当然、体のキレは出ますが、反面、筋肉・スタミナも落ちますし諸刃の刃であることは間違いないです。 減量の最後は、あと何百グラム落とせるかというギリギリの世界なので、 ボクシングの階級が細かいところまで区切られているのはこういった理由があるんです。 なので、ボクサーは試合前に減量という戦いに勝たなくてはいけないんですね。 ちなみに、最近体重超過で王座剥奪の話題が多いですが、僕らペーペーボクサーでも、体重超過なんぞした日には周りから 村八分並みの扱いを受けていました。 いくら強くても体重管理も出来ないヤツ=根性ないヤツというレッテルが貼られ、ジムも管理不足という汚名を受けます。 階級制である以上、ボクシングって結構大変です。

次の